2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本の伝統建築の最先端技術を生かして、和風の巨大建造物を作るプロジェクトは可能か(part107スレ)
- 2014/02/10(Mon) -
267 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/17(月) 16:16:23.17 ID:uZ2v/lsX
台湾九フンの喫茶店のババアが
「千と千尋のモデルはココだ。
 宮崎駿がココでスケッチして映画にしますんでよろしくと言っていた」
ってTVで大嘘つきまくっている。
日本のTVでも鵜呑みにして、そうナレーションしちまってる。

ジブリ側 「宮崎は取材していないし参考にもしていない」

第一メイキング見れば
「兎に角建物が中華風にならない様に」と修正しまくってるのに。

従軍慰安婦とかもこうやって捏造されて来たんだなあ。

268 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 16:27:13.62 ID:C7V5kven
でもさ、中華街の風景を参考にしてデザインしない限りは中華風になんか絶対ならないのに、
「中華風にならないように修正した」ってアピールしてるのはおかしくね?
そもそも、俺にはあの街は中華風にしか見えんのだが
両親が盗み食いした店だってどう見ても中国系の料理店だろ

269 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/17(月) 16:45:01.30 ID:uZ2v/lsX
中華風にならない様にしていたのは油屋の設計だったと思う。
親が食っていた店は「日本の中華風の店」=結局日本に見える。俺にはね。
少なくとも喧伝してる九フンでは無い。
http://rocketnews24.com/2013/06/08/338002/

こうやって3Dで開けば九フンなんかモデルにしてない、って明白。
しかしココまで正確に細部まで再現しておきながら看板文字間違う、ってのも面白い。

宮崎がスケッチしていた とか大嘘がムカつく。アニメ作家は人前でスケッチなんか滅多にしない。

272 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/17(月) 21:37:32.38 ID:25stqFkv
九分が本当は千尋のモデルではないが、それが話題となって、
大勢の日本人を始めとする外国人観光客が訪れ、一大観光名所になっている。
宮崎監督もそれを知ってて、あえて否定はしていないと、何かで見た事がある。

ただ、事実かどうかは別として、九份自体はとても魅力的な町なので、
行って損はしないし、全然腹は立たないな。
オバちゃんが嘘をついたのは良くないけど、千尋のモデルになったというふれこみで、
寂れていた町は活気をとりもどし、観光客も楽しめるんだから、みんな幸せになれる。

274 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/17(月) 23:59:23.79 ID:uZ2v/lsX
>宮崎監督もそれを知ってて、あえて否定はしていない

うん それも美談だろうな。しかし、だ。
そう言う優しい放置が数十年後、宮サン亡き後、
九フンこそが千尋の起源!みたいな定着デマになってしまう可能性も捨てきれない。
テッテ的に日本を表現した作品が、だ。

さっきTVで 精進料理を研究している と言うオランダ女性シェフが来日
精進料理喰った後、厨房見学したい・・・ と言い出した。
女将の返答が
「いま団体さん接客中でテンテコ舞いだし、厨房狭いし、人入れないし・・・ねえ・・・」
と 日本人同士なら「お断り」のサイン読むのだが
オランダ女性に
「そんな修羅場なら なお見たい!」とズンズン踏み込まれてアタフタしていたw

日本的優しさの脆弱性を痛感。

275 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 00:30:47.99 ID:tK2bn6cT
世の中間違って定着している事なんて一杯ある
それぐらい気にしてたら胃潰瘍になるぞw
あと、千と千尋は実際は外国的な要素も濃い
姉妹の妹の家はかなり洋風な感じだし、
音楽も東南アジアのガムランとかそれの音階が使われているものがある

276 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 12:47:57.46 ID:FpsKP5C1
京の茶漬けを知らない通訳は京都から追い出すべき

277 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 15:24:18.52 ID:tK2bn6cT
焼いた八つ橋って日本の伝統的なお菓子なのに、
日本人から好まれないような味をしているのが気になって仕方ない
人気的には生の肉桂がほとんど入ってない奴のが圧倒してるし
それとも現地人には好評で、他県の人間の口に合わないだけなのか

278 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 17:01:28.05 ID:dMx2Je/L
>>277
八つ橋はニッキ(シナモン)味で日本に古くからある香辛料でできてるんだが
「日本人から好まれない味」って何基準か知らんがご年配の方は大好きな味だぞ
あ、単にお前が「日本人じゃない」んなら納得

279 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 17:38:55.54 ID:tK2bn6cT
>>278
ツイッターとかyahoo知恵袋とかで検索するとあの味が大嫌いって人が多いよ
おたべとか聖とかの餡が入ったタイプは結構人気が高い
むしろ、シナモンどっさり入っているのって外人の方が好みそうな味じゃね?
チャイとかアップルシナモンパイみたいなシナモン味の飲み物食べ物は外国の料理に多いし

280 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 21:41:00.22 ID:aueVi0lI
シナモンと思うから「日本人は嫌いなんじゃね?」って思うんだろ。
ニッキつまり肉桂は年配(爺さん婆さんくらいの世代?)には人気、伝統の味だよ。

281 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 22:14:45.35 ID:Sqh/LEax
まあ、八つ橋以外でニッキなんて口にする機会なんてほぼ無いけどな。俺の場合。
シナモンなら時々あるけど。

282 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 22:34:05.56 ID:tK2bn6cT
>>280
さっきから老人世代に限定してるようだけど、
若い世代には不人気って事かい?

283 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 00:21:22.60 ID:m7id4AoP
私も、まあ若いとは言えないが、ニッキは余り食べて嬉しい味ではないな。
ニッキ飴とかもそうだが結構様々なおかしには使われてるけどね。

284 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 01:00:30.09 ID:SZi/GKwk
ニッキ水20年飲んでないわ

285 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/19(水) 01:44:27.98 ID:vKdf+S6K
台場がシナボンでシナモン臭マンマンの時期もあったなあ・・・

286 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 01:57:23.33 ID:3nfufaIe
まあ、ニッキは若い子には不評だと思うよ
私はアラサーだけども、やっぱり好きじゃないな
ニッキそのものに親しみがないし、もっと甘くて美味しいものがいっぱいあるからさ
甘味が少なかったor高価だった時代の人だと馴染みがある味なんじゃない?

287 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 03:03:21.77 ID:c12vMlwv
林檎系のお菓子作ったり食べたりする人ならシナモンは馴染みあるだろう
林檎入れたケーキとかのお菓子作る時、シナモン入れないとぼんやりした味になるんだよね

288 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 03:19:33.35 ID:3nfufaIe
>>287
ニッキとシナモンは似てるし近縁の香辛料だけど別の物だよ
ニッキは辛味があって、ちょっと刺激がある
シナモンはさわやかな感じ

今の八つ橋に入ってるニッキがどういうものかは知らないけど

289 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 05:20:45.15 ID:T/KkUjjG
昭和世代なら誰しもクールとニッキで悩んだ経験があるはず

290 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 07:09:09.46 ID:ddCiHid6
ああ,浅田飴ねw

291 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 10:11:54.26 ID:lrQwqD6Y
胡椒も江戸時代あたりは和食によく使われてたしなー
わさびや長ネギが薬味に使われなくなる可能性も否定できない

292 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/19(水) 13:17:43.30 ID:vKdf+S6K
スペインだかの有名シェフが日本で柚子知って使ったら
数ヶ月で欧州中で流行に。
山椒も同じパターンで一気に広まったらしい。

293 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 16:08:40.48 ID:94YVFdJp
若くてピチピチの20代だけど生八つ橋は大好き
焼いてあるやつは氏ね

294 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 16:28:14.28 ID:xto3nJdA
子供の時はニッキ嫌いだったなー
ニッキパイプだっけお祭りで買える
あれで嫌いになった気がする

大人になってからだんだん好きになったな
そうそう食べる機会はないがニッキ飴とか美味しく感じるようになった
八つ橋は生の方が好きだけど焼いてあるのは味以前に硬くてつらいんだわ
ニッキの辛みと刺激は子供にはきついんだろうな
ニッキそのものが甘いわけじゃないし

295 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/19(水) 18:17:39.17 ID:vKdf+S6K
森田日記はシャンソンやってる

296 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 21:58:06.96 ID:2fZJ5+p9
焼いてある方の八つ橋って
シナモンスティックみたいに使ったら美味しそう。

297 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 22:23:51.44 ID:iCENQoQk
>>296
郡上八幡桜間見屋の肉桂玉との比較だけど、
そこまでシナモンが強くないから香り付けにはいいのかも。

298 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 23:28:15.29 ID:lrQwqD6Y
牛乳を入れてチャイ風にしたのがあってもいいかもしれない
京菓子にはインドの菓子がルーツなものもあるから、
インド風の味付けのお菓子もあまり違和感ないはず

329 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/23(日) 18:16:27.95 ID:8WIey175
話題のスレ
京都土産に八つ橋買ってくるか?言うと「馬鹿、あんな不味いもん買ってくるな」って怒られるよね
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1371905304/

358 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/25(火) 22:35:37.30 ID:n0tG9zSF
硬い八つ橋買って食べてるが、なんで他の若い人に人気ねーのかわかんねーわ
シナモンっぽい匂いのガッツリ系スナックやん。チャイともマッチしてるわ

**************

299 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/20(木) 07:22:22.15 ID:HEUHlaCH
昔、仏政治家が 日本人は蟻みたいだ と言って問題になったが
アレも東京の雑踏映像は何時も早回しだったからだよね。
パリもロンドンもNYも早回しにすりゃ蟻に見えるっての。

301 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 19:47:33.22 ID:FG/rpokU
アジア人「西洋人って不器用で類人猿みたいですね」
って言ったらボロクソ言い返してきそうだな

305 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 11:37:27.42 ID:LlEis01H
>>301
実際西洋人はネアンデルタールの血を
色濃くひいてるらしい。

306 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 12:58:11.47 ID:b2nIt+1J
遺伝子混入があるのはヨーロッパにコロニーがあったクロマニヨン人の筈
ネアンデルタールはアジア人にちょっと混じってると言われてる
それが人種の差の元になってたら面白いよね

307 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 13:37:06.50 ID:x1BB4Zpv
>>306
いやネアンデルタール人は結構色々なとこに混じってるようよ
http://openblog.meblog.biz/article/2632809.html

308 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 14:31:59.26 ID:M8ZGCHSS
どうでもいい

309 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 17:00:16.17 ID:uVxviyNR
DNAで見るとネアンデルタール人は現生人類のアフリカ脱出前に分化してるって
研究報告があったはず
混血してるなら人種が別れる前にある程度混じってる可能性が高い

310 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 19:54:36.41 ID:b2nIt+1J
>>307

前はネアンデルタールは混血がなかったことになってたけど、
この辺は21世紀に入ってから新しい学説が出て来たものが多いよね
おかげで某マンガが丸々1話無かったことにされたりとかw

311 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 20:01:30.68 ID:x1BB4Zpv
まあデニソワ人とかホモ・フローレシエンシスとか色々な
「我ら以外の人類」が出てきているので楽しいところ

312 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/21(金) 20:33:14.27 ID:WIYg4BUt
日本は国土も体格も世界一小さい!
だから小日本と言われるんだ!!

とココ変でシナ男が吠えておったが
ソイツ155cm位だった。

313 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/21(金) 20:57:30.29 ID:h9876GH1
>国土も体格も

ツッコミ所満載だな
小日本()

314 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/21(金) 23:34:43.71 ID:RP2vK/aM
つか、混血ではクロマニヨン人の混血が最近否定されてたはずじゃなかったっけ?

336 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 11:30:05.27 ID:6+UsRRqV
>>299
あれはただ蟻にたとえただけじゃなくて
わざわざ「黄色い蟻」って言ったんだよ。
弁護の余地なんて1ミリもないのさ。

337 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/24(月) 14:05:55.59 ID:GUbVRMxd
欧州でコッチの顔まじまじと見て 「本当は黄色く無いんだね・・・」
と言う馬鹿はまだいるらしい。

輸入洋雑誌に日本人が載ってると
何ともドス黒い顔に映っててキモいが
色校で白人が白人の肌色(だと自然に感じる色)に合わせるからだ、と聞いて得心した。
逆に日本の雑誌に載った白人は
「ワシこんな赤ら顔ちゃうでえ」と思うらしい。

338 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 14:24:55.12 ID:yogKtDOD
インド系の宗教画見ると、インド人ってすげーカラフルだなって勘違いする

339 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/24(月) 15:21:59.84 ID:GUbVRMxd
ソニーだっけ インド輸出用のハイビジョンはインド用に発色を変えているとか。

343 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 16:57:00.92 ID:6+UsRRqV
カメラがフィルムの時代、
日本製のフィルムは日本人の肌が綺麗にうつるように調整されていて
アメリカ製のフィルムは白人の肌に合わせてるってな話はあった。

**************

523 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) ??:??:?? ID:HiMPcCkk
日本の伝統建築の最先端技術を生かして、和風の巨大建造物を作るってプロジェクトは無いのかな
外国だとスペインのキリスト教教会、タイの仏教寺院、インドのヒンドゥー教寺院など、
宗教施設の建設としてそういうプロジェクトがある

524 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) ??:??:?? ID:F4OLKLcj
スカイツリー「・・・」

525 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) ??:??:?? ID:HiMPcCkk
>>524
「伝統建築」や「和風」とまで書いたのに、そう解釈するなんて文盲か?
まぁ、外国の建物で具体例を出すとこんなんだよ
タイ 

インド 

526 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) ??:??:?? ID:FWU+mx6X
出雲大社御本殿の復元?
経済的に難しそうだ

527 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
復元も重大プロジェクトだけど、それとは別に新しく作るイメージだな
最先端の重機を駆使し、現代の宮大工職人の技術の粋をつぎ込むが、
それでいて建物自体は釘を使わないなど、伝統的な作りに仕上げるという感じだ
流石にすべての部分で近代的なものを使うなとは言わんが、
木造をあきらめて、コンクリート造りにするなんてのは勘弁してほしい

528 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:miqoG8uI
スカイツリーの心柱は、中々じゃないかな?

529 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
そういう話じゃないんだがな

530 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
うーん、日本版サグラダファミリアって言うとわかりやすいかな
>>525のタイの建物もタイ版サグラダファミリアみたいに言われてるし、
インドのもコンセプト的にはそれらにかなり近い

531 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:9dDOUC80
和風の建築デザインで巨大建造物?
お城風の旅館ならありそうだけど

532 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:5etQEBRc
>>523
伊勢神宮の遷宮とか。
社だけでなく、神宝とか橋とか大規模に更新しているんだが。

533 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:rIgHlJKk
古いものを直すとかじゃなく完全に新しいものを建てるとなると
宗教施設は難しそうだね予算的に
宗教施設に税金投入は色々無理そうだし

造れるとしたら劇場とか宿泊施設とかかなぁやっぱり

534 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:U/E1M3fE
名古屋城熊本城の本丸御殿復元でいいじゃん
名古屋城は天守の本格復元もあるかもしれんしな

535 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
インドでさえ>>525を4・5年で作ったのに、日本では無理なのか?

536 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:9dDOUC80
>>535
技術的には問題ないでしょうけど、
企画次第じゃないですかね

どちらかというと東京都で計画があった江戸村みたいなのが面白いかも
区画1つ分で江戸の町並みを再現する奴

537 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
再現ってのは、昔の人間でも作れた程度のものを作るって事
そうではなく、最先端の技術を活用した伝統的な建物を作ってほしいんだよね

538 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:nXgjODRA
「油屋」でも建てるかい?
現実的にもうそんな木材が無い。姫路城の昭和の大修理でさえカナダからの輸入品。

539 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:10evOrOV
地方なら昔の町並みを再現できるだけの土地は確保できるかもしれないけど財源が難しいね
逆に都心は土地が確保できない
アッチが立てばコッチが立たず

540 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
ブータンやイタリアの都市みたいに、
近代化しつつもそういうのが上手く行っている所の違いはなんだろうな

541 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:miqoG8uI
>>540
イタリアは、国中が世界遺産みたいなもんだし
金は、掛かっているよ

542 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:K/v5cTv/
>>537
奈良の平城京の大極殿のような、最先端の調査と伝統の技術による
創造に近い「復元」は、「最先端の技術を活用した伝統的な建築物」に近いと思う。

なんつか、日本の場合「伝統的様式」を使用する場合は、「伝統的である意味」まで
伴わないとその気にならないところがあるような気がする。
だからこそスカイツリーのような「伝統的な技術を活用した最先端の様式」という
逆方向の活用形が発達するのでは。

543 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:RU6jxO+M
一連の流れで
何時だか忘れたけど日本の城みたいな見た目で作られたラブホが
運営詰まって売りに出されてたの思い出したわ
あれ買い手ついたのかな

544 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/15(月) ??:??:?? ID:GcQqSOuM
>>542
料理に関しては、外来の料理に伝統的な技法を取り入れたものもあれば、
素材・味わい・見た目はほぼそのままに、
調理法等に最先端の技術を取り入れたものも珍しくないんだから、
建築に関しても、素材や様式はほぼそのままに、
最先端の技術を取り入れたものが普通にあってもいいと思うんだよね

545 : Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc [sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:KEjRwpDC
>>523
そういうものを作る「意味」を、そもそも日本の宗教界はもたんでしょう。
別に宗教がなきゃ日本人をまとめあげることができないお国柄ではないし。
タイやインドは宗教が密接に絡んでいるから、そういうものを作る意味がある。
日本で同様の事例は、実に奈良時代(全国に国分寺を作った当たり)にまで遡らないとないぞ。

あとはまあ、客寄せ目的のそれなりに新興勢力な宗教団体ならありえるけどねえ。
※牛久大仏は……東本願寺派だから、新しいと言えば新しいけど、微妙か

546 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:6ndfVp66
>>545
日光東照宮も当時の伝統建築・彫刻の粋を集めた感じじゃん

547 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:4Goi3/oj
>>544
新築の茶室とかがそれにあたるんでないかい。

548 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:fSxhInWf
木は余っているよ
ただ輸送手段考えると海外の方が安いだけで…

549 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:LhrSuSDT
>>542
>奈良の平城京の大極殿のような、最先端の調査と伝統の技術による
>創造に近い「復元」は、「最先端の技術を活用した伝統的な建築物」に近いと思う。

奈良の復元「大極殿」の木組みのショボさは異常だぞ。
あれに比べりゃ京都平安神宮の方が余程マシ。

ちなみに平安神宮は元々明治28年に開催された内国勧業博覧会のメインパビリオンで
平安京の大極殿を二分の一の縮尺で模造したミニチュア。

550 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:CZc/Pzvm
でもまあ新興宗教がばんばん本殿を建てまくってもあんま部外者には関係ないし、
近寄りたくも無いしなあ。

新興宗教本部の巨大建築ってよくあるけど、
(木造伝統工法のように見える中では)例の念仏宗とかね。

551 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:6ndfVp66
>>550
画像見たけど結構いい感じだな
彫刻もすばらしい

日本の場合、仏教の寺院よりも神道の神社の方が豪華な物を作りやすそうだと思う
堅苦しい感じにするよりも、日本の歴史を映画や彫刻で学べるような施設を中にいれたりしてほしい

552 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:12Ty8Cls
京都迎賓館じゃダメなのか?

553 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:6ndfVp66
鉄筋コンクリートを使いつつも、
見た目はとても伝統的な感じに仕上げているのは興味が注がれるが、
技術の粋をつぎ込んだ感じとは言えず、求めているものとは大きく違うな
もっと大きく、それでいてさらに繊細で、東照宮や山車のような、無数の非常に精密な彫刻が欲しい

554 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:4Qj7KnSV
やはり大阪城のようにエレベーターを付けてこそ便利というもの

555 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:UmGBXiKZ
お、おぅ

556 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:12Ty8Cls
>>553
建築基準法や消防法に引っ掛かって、新しくは作れないんじゃないか?
かやぶき屋根も規制で、新しく作れないと聞いた事がある。
(今建ってる建物の補修ならOK)

557 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/16(火) ??:??:?? ID:C7T8fAQB
>>556
建築基準法で規定されている工法は一般向けなんで、
日本建築センターとかで評定受ければ、どんな工法でもOKだけどね。

すごくコストかかるけど。

560 : Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc [sage] 投稿日:2013/07/17(水) ??:??:?? ID:7ZyuY94d
>>546
ありゃ徳川幕府の権威づけに利用してるでしょうが。
幕府の創設者が神様になってるんですから(w

ついでに言えばあれだけ絢爛豪華なものを作れる「財力」がある、
って諸大名に見せつける意味もある。
家光の時の、いわゆる「寛永の大造替」では、その費用57万両以上(一説には百万両とも)を、
全額幕府が出している(諸大名への工事参加要請もなし)わけで。

561 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/17(水) ??:??:?? ID:Vkj3lFi1
>>554
ハイテク土塁もやり方次第ですごいものができそうだけどね
企画する側の知識量と思い入れのバランスが難しい

562 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/17(水) ??:??:?? ID:FnTt9mgb
>>561
集積した石を3Dスキャンandシミュレーションして、穴太積みとか。胸熱。

***************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本の食べ物は甘い(part107スレ)
- 2014/02/03(Mon) -
354 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/25(火) 20:52:52.21 ID:n0tG9zSF
日本人だからわからんけど、和食や和菓子って外人からしたらエスニック料理に見えるのかな?
豆腐料理なんかは結構薬味入れてスパイシーだったり、中華みたいに胡麻油で炒めるのあるよな

355 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/25(火) 21:03:39.71 ID:Zd7nrVTE
豆腐自体の評価は良かったはず(多分レパートリーが増えるから
でもガチの菜食主義者にはやっぱ住みにくいみたいな話は聞く

ソースはネット(キリッ

356 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/25(火) 21:06:28.31 ID:DI28NBPv
かつおだしがアウトみたいだからね

357 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/25(火) 22:32:37.81 ID:feS+Xo1H
そもそも異文化の味付けそのものが一番の障害でないの?
同じ国ですらあるし
おふくろの味は大きいと思うよ

359 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/25(火) 22:45:42.26 ID:n0tG9zSF
>>367
和食・和菓子の味ってベーシックな感じで外人にも受けやすいと思うけどな
料理を自分で作るにしても、材料はそこらへんで売ってるし、
有名メーカーの商品なら原材料も細かく明記されてて、
うっかり動物性のものが含まれているものを摂取してしまった・・・なんてのは少ないと思うよ
ちょっと大きなデパート行けば、大量のタイ料理を作るのに申し分ない材料
(ココナッツパウダー・フレーク・ジュース、高級タイ米、糯米粉、タピオカ、スパイス、金時豆、
 ビーフン数種、トムヤムクンスープ、バナナ、マンゴー)
がそこまで高く無い価格で買えるのが日本という国の凄さ。
お菓子に使うバナナの葉も芭蕉の葉で完全に代用できるしね。

362 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 13:41:38.88 ID:x4WRkaNe
外国人が和食を見る目って、俺らがタイ料理とかを見る目と同じなんかな?
どのぐらい異質に見えて、どのぐらい違和感があって、どのぐらい美味しそう、
もしくはまずそうに見えてるんだろう・・・?
「外人は甘い豆が苦手」とか「」とかって話はあるが、そういうのって正直外れてるんだよな

363 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 13:57:56.84 ID:4tzANbTU
食い物といえば、アメリカのドラマを見ていると
中華のテイクアウトを食うシーンがよく出てくる。

しかし紙製の箱になった容器はうつるんだけど
その中にどんな食いものが入ってるかはあまりうつらない。

何かうまそうで、すっげぇ興味があるわ。

364 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/26(水) 15:03:57.07 ID:7n0Zemuy
南米は菓子もジュースもキンキンに甘いのだが
肉料理とかは砂糖使わない。
和食は総て微妙に甘辛いのでトータルで気持ち悪くなるらしい。
ジーコが
きつねうどんなんか人間の食物では無い、と吐きそうになっていた。

365 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 15:48:32.27 ID:x4WRkaNe
きつねうどんってそんなに駄目なのか

366 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 17:39:02.71 ID:x4WRkaNe
パッタイやサテだって甘辛い料理だってのに、良く外人は棚に上げてそんな事言えるもんだ

367 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 18:23:44.75 ID:+MRzzpbm
タイやインドネシアの料理を出して南米人に反論しても無意味だべ

368 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/26(水) 18:54:44.95 ID:7n0Zemuy
酢の物も焼き鳥タレもうな重もすき焼きも酢飯もカツ丼も天つゆも 
微妙に「甘い」んで気持ち悪いんだとさ。
向こうは肉なら岩塩とコショウだけ、とかだからさ。

ガキの頃砂糖と塩混ぜて舐めたら吐きそうになったが 
きつねの揚げの甘辛さ なんかそう感じるんだろうな。

369 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 19:20:27.47 ID:5BGKMJXV
「食事」というカテゴリーの中では、許容できない味なんだろう>甘み
ケチャップで餃子を食べると言われたら、ほとんどの日本人は「げっ」と思うだろ。

370 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 19:27:44.29 ID:Bzf+iFv6
いや、マヨネーズよりは有りだと思うぞ>餃子にケチャップ

371 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 19:31:26.66 ID:x4WRkaNe
塩気や辛味がありつつ、甘みも感じられるのってよくあると思うけどなー
中華や東南アジアとかだとスイートチリソースみたいな
甘くて酸っぱい(さらに辛い)みたいなタレが良く使われるし、
韓国料理もヤンニョムは醤油と唐辛子と砂糖が入っててしょっぱくて辛くて甘い
インドのカレーも海老とかのシーフード系は甘みが強いし
欧米でもイギリスカレーにインド風の甘いジャム(チャツネ)を入れて食べたりする
むしろ、和食どうこうよりも南米人の味覚が独特なんじゃねーかとw

372 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 19:37:25.13 ID:x4WRkaNe
>>370
インドのパコラっていう海老や野菜を使った餃子みたいな料理は、
店で頼むとソースとしてケチャップが添えられることが多いな
でも甘くない天心はつけるとしてもせいぜい酢醤油辛子だなぁ
トマトの味が強くて風味が壊れそうだし

ちなみに俺はタイ料理っぽく、さつま揚げを表面カリカリになるまで
炒めてから、スイートチリソースで食べてる

373 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/26(水) 19:56:22.29 ID:7n0Zemuy
寿司が世界に広まったのは 生魚はダメだがスモークサーモンなら食える って人に
「スモークサーモン握り」出したから、という説がある。
ソレが切っ掛けでトロやイカやを摘む様になった、と。
そういえば生鮭の握りなんて30年前は無かったよね。(当方関西)
欧州だと鮭が握りのメインだ。

374 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 19:56:51.95 ID:VzJo8Zk2
食事に甘辛いのダメなんてめんどくさい連中だな

つ塩飴

375 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 20:06:24.30 ID:jTghKv/u
>>369
揚げ餃子なら有りだと思う

>>370
マヨも醤油ちょっと混ぜたらいけそう

376 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 20:51:32.90 ID:x4WRkaNe
タイの菓子は伝統的なものでも甘くて少ししょっぱかったりするな
でもそれがいい

377 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 21:19:04.15 ID:THqofqLu
>>372
それを厚揚げでやるとベトナムの屋台料理になるな
タマに作るけど普通に飯が進んでいい

378 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/26(水) 22:54:42.88 ID:GAPW5QCF
>>364
来日して、うどん大好きになったエムボマは・・・

379 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 01:49:16.16 ID:WZoGQRW/
>>373
鮭は寄生虫がいるから、昔は食べなかった。
今は食べるようになったけど、少しもおいしいとは思わない。

ウィキペディアにはこう書いてある。

刺身(必ず冷凍し、解凍したものを用いる。
もしくは衛生管理の行き届いた無菌状態の生簀で完全養殖したもの。
寄生虫を恐れられていたサケの刺身食が始まったきっかけは、
1980年代後半にノルウェーの養殖業者が日本へ輸出向けに考案した後者製品である)

サケ類には裂頭条虫科のサナダムシや、アニサキスが寄生していることが多いため、
冷凍処理を行わないものを生食することは感染のおそれが高い。
アニサキスは鮭の身を加熱するか、ルイベのように(厚労省や各国の公的機関が通達する手順で)
一旦冷凍することで死滅する。死骸になってもゴムのような弾力があるが、
見た目心理的なことを除いて魚肉とともに食べても問題なく害もない。
寿司屋などで食される刺身は、
生け簀で養殖された個体か原則的に冷凍されたものを解凍したものである。

410 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 23:29:21.11 ID:mpzfY+nB
>>379
寄生虫云々言ったら、サバもイカも食べられないわな。
腹痛は、アニーにお任せ

380 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 03:17:55.93 ID:88MurHbk
出回ってるトラフトサーモンは新参なんで寄生虫の心配はほとんどないよ
名前だけサーモンで正体は海水で養殖できるように世代改良したニジマスだけど

381 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 04:24:22.20 ID:TO2pGZWh
>>380
ふむ、サケが海を回遊しなくなってマスになり、また海に戻してマスザケか。

382 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 08:04:36.36 ID:v1WsOZVL
>>368
脳が拒否するものはしょーがないわな。
南米のフェジョアーダとかは日本人でも「甘くないぜんざい」と
認識しちゃって食えないって人がいるし。

383 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/27(木) 08:22:16.73 ID:GnpS0XAK
塩鮭だと思って齧ったら砂糖鮭だった、みたいな。おえー。

385 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 10:39:19.42 ID:fqpxCaf/
砂糖醤油で餅はいけるが、御飯では無理。
習慣や先入観は消しきれん。

386 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 11:34:33.51 ID:r2JqjhF/
おはぎって小さい頃に食べたりしてないと日本人でも凄い抵抗感ありそうだと思う

387 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 12:56:56.68 ID:sFUDuBQI
おはぎは子供のころ苦手だったよ。
なんでごはんに甘い砂糖ときな粉かけてるんだろうと思ってた。
いまじゃすっかり平気だけど

391 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/27(木) 14:06:32.99 ID:GnpS0XAK
香港っって生鮭の握り大好きで一番メインなんだよな。
寿司パック売り場自体が鮭色一色。
http://mangonaoko.exblog.jp/8679759/

鮭握りに砂糖かけてバーナーで炙って砂糖溶かしてマヨかける。
日本人なら確実に吐けるw

392 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:00:37.28 ID:1UgqYJ74
>>391
ローカライズってのは仕方がない事なんだろうね
ラーメン、カレー、肉じゃが 
まあどんなに原型とかけ離れた味でも無理やり食わされるもんでもないだろうし
日本人騙って本場の味とかいわなければいいんじゃない?

393 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:21:30.62 ID:r2JqjhF/
そもそも、なぜマグロが高級寿司のメインみたいになっているのかが理解できない

394 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:32:01.77 ID:r2JqjhF/
>>392
肉じゃがってビーフシチューのローカライズって言われてるけど、正直信じられないんだよな
日本のカレーがイギリスやインドのと比べてあの程度の変更で済んでいるのを見るとね
肉じゃがは言うまでも無く醤油の味が強いけど、
日本のカレーで醤油の味が感じられるのは蕎麦屋のものぐらいしかないし

395 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:54:26.34 ID:sNcJE9IW
肉じゃがって、カレー粉きらしたんで、
醤油で味付けしましたっぽいような。

396 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 17:27:31.93 ID:r2JqjhF/
>>395
インドどころか、イギリスのカレーの面影も無いだろw

江戸時代の料理本を読んでいたんだが、
たまに「これ、外国のあの料理じゃね?」ってのがあるんだよな
例えば鶏飯なんてのは、タイや中国で食べられているカオマンガイに似すぎている
他の文化に関しても、あまりに国風化しすぎて、
まるで外国から影響を受けてないように見えてるだけなのかもしれない

397 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/27(木) 18:22:07.45 ID:GnpS0XAK
オブラートで粉薬飲むの日本人だけなのか・・・
天才料理人フェラン・アドリアの映画で
日本で発見したオブラートで食材包むテクを披露していた。

398 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 18:28:31.27 ID:f1zeQuaX
頭痛薬を水に溶かして飲む、というのも海外ドラマでお目にかかるシーンだな。

399 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 19:03:29.06 ID:hGtu7+tM
>>395
「伝説」では、東郷平八郎が留学時代の思い出のシチューを
口頭で「こんな感じの料理つくれや」と料理人にいったら、
料理人が適当に作ったてな感じ。

400 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 19:04:51.97 ID:r2JqjhF/
どんだけ伝えるの下手なんだよ

401 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 19:42:28.74 ID:1UgqYJ74
ルー入れるまではあんまり変わらんでしょ

外国人が本国で肉じゃが作ろうとして醤油ダシが無いので
慣れ親しんだデミグラスソース入れてみた
って考えるとさほど違和感が(味は全然違うが)

ベースの調理法は比較的普通でも味付けで化けたケースでないかな?

パクチー入れるとなんでも東南アジア料理になっちゃうみたいな

402 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 19:51:42.38 ID:qii6/UBp
肉じゃがを作ろうとしていても、味付け段階でいつもカレーにしてしまったり。

403 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 20:37:05.49 ID:90dA3MHW
>>396
その辺は収斂進化というかまぁありえる選択肢として似通ったんじゃない?
もちろん何かしらの形で伝播した可能性もあるけど

404 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 20:52:38.97 ID:GsKYSMe5
>>397
薬用の柔らかいオブラートって日本発なんだね
もともとはオランダ語で無発酵の薄焼きパン(硬質オブラート)だそうな
初めて知ったわ

>>398
アルカセルツァーかな
溶かすと泡が出る
二日酔いの薬の定番で頭痛薬としても定番らしい

405 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 20:56:54.00 ID:MzxMjFts
>>399
一説によると東郷平八郎が料理人に命じた内容が
「牛肉とタマネギとジャガイモと人参を一緒に煮込んだ煮込み料理」と言うだけだったと言う話も…。
確かにビーフシチューの説明としちゃ間違っちゃ居ないけどね。

406 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 20:59:23.20 ID:r2JqjhF/
>>405
シェフがインド人や中国人だったらもっと面白いことになってたなw

407 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 21:10:46.31 ID:g6DvyIEv
>>405
しらたきはドコから出てきたんだろうな

408 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 21:19:26.14 ID:hGtu7+tM
>>407
てか「しらたき」の歴史って、どんなの?

409 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 21:33:26.99 ID:g6DvyIEv
肉じゃがはアイリッシュシチューと見た目や味がほぼ一緒らしいね
こっちの味は塩胡椒とコンソメのみ
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4302713.jpg
(※リンク先消滅)

>>408
??
提督の説明には入ってないしらたきが何で肉じゃがに入ったのかと思っただけ

412 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/28(金) 10:14:06.40 ID:kpcn5uCj
ベルモットみたいな甘口のリキュールはあっても
それをみりんの様に積極的に料理に使うって事ないのかな。

417 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/28(金) 16:34:26.96 ID:8G+JCReP
>>412
ベルモットとジンのカクテル「マティーニ」。
よく考えたものですね。

ジンだけで「ドライ・マティーニ」と言いますけど、これはちょっとね。

418 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/28(金) 19:20:23.67 ID:kpcn5uCj
酒がからんでるだけで最後の方は中2レベルの発想だと思うw

マティーニ
・ドライジン 45ml ドライベルモット 15ml
 飾 オリーブ レモンピール

モンゴメリーマティーニ
・ジン :ベルモット 15:1 (辛口)

リンスマティーニ(ヘミングウェイ)
・ ミキシンググラスに氷とベルモットを
 入れてステアベルモットは捨てる

ウオッカマティーニ(007)
・ ジンではなくウオッカ
 ミキシンググラスでなくシェイクで

エクストラドライマティーニ
・ ベルモット一滴

スプレーマティーニ
・ 霧吹きで一吹き

チャーチルマティーニ
・ ドライマティーニの瓶をチラ見しながらジンを飲む

419 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/28(金) 22:41:54.18 ID:+0FZFyKn
日本酒は温度によって大幅に味が変わるらしいが、
外国の米酒は温度が違ってもあまり味が変わらないんだろうか?
それとも、日本のは外国のと比べて、
あえて温度に影響されやすいように作り上げているのかな?

423 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 12:03:34.59 ID:WRm614Wq [1/3回]
そうだね。で、外国の酒って温度次第で味変わらないの?

424 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 12:04:24.92 ID:IQOT5GIE [1/1回]
ワインとか、温度高いと酸化進んで劣化するよ

425 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 12:20:59.55 ID:WRm614Wq [2/3回]
なんだ、変わるんやん

426 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 12:40:27.35 ID:OR3cZDek [1/1回]
暖めて飲む酒そのものが限られてるのだが、まずはソコからジャポニスムが掘り出せるのジャマイカ

427 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 16:11:58.28 ID:bgzGNUdL [1/1回]
西洋ヒストリカル小説読むと、しょっちゅうワインを暖めてるな。

430 : Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc [sage] 投稿日:2013/06/30(日) 01:14:55.06 ID:DfBXQGqc [1/1回]
>>425
その頃のワインは、「ちょっとアルコールの入った濃縮ぶどうジュース」ですよ。
だから水割りして飲むのが普通(でないと甘すぎる)だったので、
その派生としてお湯割りがあったわけで。

酒そのものを暖めて飲む、しかも「まったく同じ酒を冷やから熱燗まで温度かえて飲む」
ってのはわりと珍しい。

432 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/30(日) 09:38:08.07 ID:uPmM1iCw [1/1回]
>>419
>>日本酒は温度によって大幅に味が変わるらしいが、

分子の状態で味が大幅にかわるんだよ、
温度が同じでも次のようなことでおいしくなる

・酒に振動を与える、カクテルでシェークするのも同じことなんだけど
 一般的に振動を与えるとおいしくなる酒が多いよ。

・赤外線を与える、簡単な確認方法は風呂上りに手が暖かい状態だと
 赤外線がよくでている状態で、氷の入った酒を手で覆ってみな
 氷が解ける分温度があがらないけど味はうまくなっている 

433 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 10:21:26.25 ID:/3kNSw92 [1/1回]
>>432
>一般的に振動を与えるとおいしくなる酒

富士見酒でつな
http://drunkuma.blog11.fc2.com/?m&no=11

434 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 10:44:01.52 ID:n6Hz99Hs [1/3回]
温度で味が変わらないのなら温度管理なんて必要ないな

435 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 11:08:19.96 ID:xUllDxCT [1/6回]
日本酒は~というならば、外国の米酒も温度によって味が変わるかどうか試してみたいんだが、
日本の酒屋だと外国の米酒なんて朝鮮か韓国のものしかないんだよなぁ

436 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 12:05:16.69 ID:D8hiOlvj [2/3回]
>>433
くそっ先越された
でも名前があるとは知らなかった
ネーミングが素敵すぎるw

437 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/30(日) 13:08:19.91 ID:ofQarcEO [1/1回]
日本酒は国内需要落ちるばっかだから
海外に売り出すしか無いだろう。

俺も「廉価な日本酒は不味い」と思い込んでいたが(実際不味かった)
菊水ふなくち のアルミ缶で目からウロコ。

子供の頃 労務者が地べたに菊水アルミ置いて与太ってるの見て
合成酒みたいなモンだろう、という偏見が刷り込まれていた。スマン菊水。

ポール・ギルバードも菊水に惚れ込んで
ギターに「菊水」ロゴ入れておる。

438 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 13:21:46.47 ID:xUllDxCT [2/6回]
清酒ってもともと日本の酒の中では高級品(低級品は濁酒)だし、
需要が少なかったり、安物がまずかったりするのは当たり前

439 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 14:35:53.76 ID:FEwrqbrU [1/2回]
日本酒を海外に売り出したところで寿司の二の舞になる気も
普及できたとしても極一部(日本産ブランドにこだわった金持ち相手)を除いて
ほとんどが特アのまがい物になりそう
アルコールのブランド商売としてはワインという強力な市場があるし
低価格ではビールがあり、人気がでたら途上国で粗製乱造品が競争相手
海外で成功するのは(外人から見た)最上品だけだろうね

440 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 14:45:47.62 ID:SHypEYme [1/1回]
>>437
いわゆる廉価な日本酒ってのは、
日本酒を通常の三倍に薄めて減った分のアルコールを糖蜜から造ったアルコールで補い
薄まった旨味成分と糖分と酸味をアミノ酸調味料と砂糖、酸味料で補って作る物。
合成酒も同じだけど、日本酒の量が三分の一どころか香り付け程度にしか入ってないらしい。
何れも戦中の米不足時代に開発され、
戦後も安酒として多用され、日本酒の評判を落とした代物だからそりゃあ不味いでしょう。

菊水ふなくちなんかのまっとうな日本酒の醸造用アルコールはもろみから香り成分が出やすいようにと入れる物で(後、腐敗防止)
高級酒でも香りが命の吟醸酒などでは純米よりアルコール添加有りの本醸造の方が多かったはず
純米よりもこちらの方が良いと言う人も多いしね。

441 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 17:41:52.46 ID:xUllDxCT [3/6回]
いっそのこと、何倍まで増量できるかチャレンジ・販売してほしいわ
ラベルの右下にはジュースの果汁みたいに「清酒○%」(5倍なら20%、10倍なら10%)と表記
俺的には清酒1%のが飲んでみたい

442 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 19:05:36.95 ID:D8hiOlvj [3/3回]
>>439
そのためにも厳格なルール作りが必須
外で闘おうって時に政府が全くサポートしない現状はどうかしてる
「平等」ってこわいね

443 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 20:52:42.74 ID:H9hggigf [1/1回]
特亜のまがいものなんて流通できないよ。
酒ってものは、飲めば一発でわかる。
どんなヤツでもうまい酒とまがいものの酒の区別くらい付くもんさ。
しかも難しい二段階発酵の日本酒だ。まがいもの作ろうったって
簡単じゃないぞ?

444 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:21:48.06 ID:n6Hz99Hs [2/3回]
酔えれば安ければ安いほど良いって奴もいるぞ

445 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 21:35:37.34 ID:xUllDxCT [4/6回]
日本酒の場合、特亜以前に日本人自身が利益優先で質の悪い酒を海外で売りそうだと思うけどね
大手のメーカーは、戦争が終わってだいぶ経って、米不足が解消されてからも
利益のために水増し酒ばかりを作り続けてきたわけだし
今ではだいぶマシになったが、それは消費者が質の高い酒を求めるようになったからで、
大手メーカーが自分からなんとかしようとしたわけじゃない
日本酒の製造を認められた日本のメーカーが、
日本酒の枠にギリギリ収まるような粗酒を海外で売るなんて事になれば、
日本酒の製造が認められていない外国のメーカーが、
日本酒ではないものを日本酒として販売するよりもタチが悪い

446 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 22:33:46.30 ID:FEwrqbrU [2/2回]
質を問わなきゃ
必ずしも国産米でなきゃならんとも限らんのでは?
麹菌の種類で風味が色々と変わるんでしょ

447 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 23:35:37.17 ID:xUllDxCT [5/6回]
米の種類も味わいに影響を与えるだろ

448 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 23:45:19.12 ID:n6Hz99Hs [3/3回]
インディカ米に黒麹で

449 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/30(日) 23:47:35.71 ID:xUllDxCT [6/6回]
もうそれアジアの米酒だろ

450 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 01:12:01.81 ID:DL1wV8aJ [1/1回]
ニダの握った寿司食ってる層に判別できるかという懸念

451 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 01:28:51.58 ID:xQQGi1jf [1/1回]
だよね
ワインみたいにきちんとルールや取り決めがないとどんどん寄生されるぞ

455 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 13:20:16.08 ID:4OA2+8no [1/1回]
>>446
キリンビールがブラジルで日本酒作ってるね
元々は、日系人向けだったらしいけど、
今は現地のおしゃれなレストランで人気だそうな

飲ませてもらったが、かなりの甘口
日本で淡麗辛口が流行る前の味が好まれてるらしい

456 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 15:39:46.30 ID:7Vc7h7Wa [3/4回]
日本人って甘い酒を子供じみているとか言って嫌うのに、
日本酒の甘さを引き立てようとしてホットで飲んだり、
言う割にはスーパーでカクテルやリキュールとかが色んな種類が売られているよな

457 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/07/01(月) 16:00:36.42 ID:xVuDGb4I [1/1回]
日本料理は砂糖を使いすぎだと思う。

458 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 17:20:34.79 ID:O4dlsI6f [1/1回]
アーネスト砂糖っていうくらいだしな

459 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 20:25:38.27 ID:bXzmF0mE [1/1回]
>>457
砂糖が貴重品だった時代は野菜屑を煮詰めて代用にしてたらしいね

460 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 21:04:12.88 ID:x63+LN3V [1/1回]
>>459
代用てか、「純粋に甘さだけを出せる調味料」って
世界中どこでも殆ど無かったんじゃないかのう
(少なくとも、かなり最近になるまで)

安価な砂糖の供給で、伝統的な味付けが壊滅した
なんて話を聞いたりするし
(まあ、それだけ甘味に飢えていたのだけど)

461 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 21:50:19.80 ID:7Vc7h7Wa [4/4回]
唐辛子の入ってないトムヤムクンやキムチなんて想像できないけど、
タイや韓国、ブータンの料理は逆に辛みが強くなる方向で味が大きく変化したらしい
タイや韓国は元々辛さが少ない香辛料が多用されるような感じだったらしいから、
もっとインドや中国料理に近かったかもしれんね。ブータンは唐辛子を香辛料というよりも、
野菜として使うけど、元々は米とチーズがメインっぽい

473 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/07/04(木) 11:23:59.83 ID:RNl4N/8Q [1/1回]
ポトマック通信 ラーメンお持ち帰り 産経7月4日

中華街の一角に、ラーメン専門店が開店し、行列ができるほどの盛況だ。
“ラーメン砂漠”といわれるワシントンで、
おいしい日本風ラーメンにありつくのは至難の業だった。

さっそく訪れてみた。メニューは塩、しょうゆ、みその3種類。
生ビールと焼きギョーザ、塩を注文した。

ラーメン店でおいしいラーメンを味わうという、日本では当たり前のことに心の底から感動し、
小さな幸せに浸っていた
まさにその時だ。驚く光景を目の当たりにした。
近くの客が伸びきったラーメンをプラスチック製容器に詰めて持ち帰ったのだ。

米国で食べ残しの持ち帰りは当たり前だが、このときばかりは「禁じ手」という言葉が頭をかすめた。すしをしょうゆにジャブジャブつけて食べる光景は見慣れていたが、
伸びたラーメンの持ち帰りという荒業には驚いた。店も米国人の味覚と習性に合わせ、
持ち帰り容器を備えているから感心だ。
店員に聞くと「持ち帰りたがるお客さんはたくさんいる」そうだ。

日本人店長はいう。「そりゃ、熱いうちに食べてほしいですよ」。
日本人の好む食べ方を押しつけてはいけないが、おいしいラーメンも味わってほしい。
この間合いが難しいのだとか。常連客には連邦最高裁判事もいる。
彼女も持ち帰るのだろうか。(佐々木類)

475 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/04(木) 19:15:20.08 ID:rjWd+81+ [1/2回]
>>473
日本の外国由来の料理は禁じ手だらけじゃないか

イタリア人のシェフは日本からアメリカ行くとアルデンテが理解してもらえなくてガッカリしたとか
麺のコシが無くなるのに持ち帰りも都合がいいのかもしれないな
煮えたスープマカロニあたりが味覚のベースなのかな?

476 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/04(木) 19:23:14.31 ID:oOmQrId3 [1/2回]
日本人って欧米の料理や菓子が好きだよね
和食や和菓子との共通点が結構あるんかな

477 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/04(木) 19:41:13.48 ID:rjWd+81+ [2/2回]
日米で人気があるのははPCFバランス構成に特化しているような 
チーズバーガーや甘くて脂っこいてグルテンとか
砂糖と油とタンパク質による食欲への直接攻撃

歴史ある国(?)はダシ(うまみ成分≒アミノ酸)をより活用しているような
だし汁、野菜スープ、魚介スープ、コンソメ、トマト

スパイスで変化も付けているか

478 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/04(木) 23:27:09.89 ID:oOmQrId3 [2/2回]
洋菓子の方はなんで人気があるのかわからないな

479 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 00:44:10.14 ID:0l0ru1qq [1/2回]
見た目が可愛いから女性うけするんでないの>洋菓子

480 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 01:37:04.16 ID:2sTcFPwq [1/3回]
それだったら他の国の可愛らしい感じのお菓子も人気出てるはずだし、
和菓子見た感じ、よっぽどグロテスクでも無い限りあまり見た目気にしてないと思う

481 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 01:44:16.79 ID:Wi+Is3a3 [1/1回]
ケーキとなるとも、ギューヒとなるなかれ。

482 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 02:17:43.21 ID:z2uUioZS [1/1回]
食べてすぐ横になると牛になるって嘘だったじゃないですかー!

483 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 03:23:28.92 ID:LGCSon3U [1/1回]
そうだね、豚になるもんね

484 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 04:11:58.90 ID:0l0ru1qq [2/2回]
>>480
他の国の可愛らしい感じのお菓子ってどこの国のどんなお菓子?
パッと思いつかないから、ネームバリューとか宣伝力の問題かもね
後、あんまり日本のお菓子に似ていない方が「異国情緒」を感じるかもしれない

485 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 10:11:54.28 ID:uumWB22w [1/1回]
太った豚の体脂肪率は20%前後

486 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 13:16:26.66 ID:8FbO43oF [1/1回]
和菓子の致命的弱点
乳分てんこ盛りだからな洋菓子は。
人は乳にひかれるのです。

487 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 17:03:34.68 ID:uHa7/O/N [1/1回]
幼いころのクリスマスの記憶とセットで刷り込まれてるだけじゃね?

488 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 19:29:06.17 ID:2sTcFPwq [2/3回]
>>486
インド菓子もミルクたっぷりだけど知名度低いぜ

489 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 23:49:56.15 ID:2sTcFPwq [3/3回]
>>484
前書いたけど、タイのお菓子は結構かわいらしい方だと思うよ

490 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 01:18:41.13 ID:OFmpUV5W [1/1回]
和菓子の舌触りはようじょの肌そっくりだから :(;゙゚'ω゚'):

491 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 01:28:00.96 ID:LjIs/YHj [1/3回]
水羊羹みたいな幼女とかグロだろ

492 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 11:33:49.84 ID:Ij7XsVPw [1/1回]
「タイ お菓子」でググった画像を見てみたけど、そこまで美味しそうじゃない…
なんというかカラフル過ぎたり、揚げ物が多かったり…

まあ、洋菓子もそんな食べないけどね
クリームは油分多過ぎて気持ち悪くなるし

493 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 20:29:56.70 ID:LjIs/YHj [2/3回]
>>492
揚げ菓子の方はあまり知らなかったわ

タイはもち米を使ったお菓子も多いから、受け入れやすそうだと思うんだけどね
色合いに関しても和菓子と比較してそこまで派手な感じは受けないし、
小振りな大きさのも多くて、女性にも好まれるサイズだと思う
例えば、ここに載っているお菓子はもち米、ココナッツ、卵あたりを使ったものが多く、
khao tom mad やkhanom chunなど、実際に食べていけそうだと思ったものもある

ここに無いっぽい奴だと、砂糖で味付けしたココナッツを餡にした団子や、
砂糖と塩で味付けした暖かいココナッツミルクに団子を入れたもの、
バナナにココナッツロングをかけ、バナナの葉でくるんで蒸したもの、
カオ・ラームっていう竹の中に米など(白米・黒米、豆入り・具無し等、色んなパターンがある)
を入れ、蒸したものとかもおいしかったよ

494 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 21:37:08.83 ID:rfdV6c1z [1/1回]
>>492
>クリームは油分多過ぎて気持ち悪くなるし

日本の(安い)洋菓子は、ホイップクリームやマーガリンといった偽物使ってるのが多いからな。
保存の問題もあるけど、日本は生クリームが高いんだよ。

ちゃんと生クリームやバターを使った洋菓子なら胸焼けすることはないよ。
食べ過ぎれば別w

495 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 22:20:56.38 ID:LjIs/YHj [3/3回]
材料や調理器の問題でどうしても高くなってしまうが、高いと売れず、
妥協して安くしたらしたで、「洋菓子なんてこの程度のものか」と思われてしまう
外国の食べ物に限らず、和食・和菓子無いだけでも似たような事があるからな
例えばうなぎや日本酒とかね

497 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/07(日) 02:16:11.68 ID:Bl071kEG [1/1回]
>>493
確かにそこの写真のは美味しそう…
もち米系は確かにいいかもね、個人的には食べてみたいし
でもココナッツは日本人女性でも好き嫌い激しいのでは

>>494
そうなんだ、お菓子作りとかしないから全然知らなかった
教えてくれてありがとう、今度は成分表示気にしてみる

498 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/07(日) 03:15:03.98 ID:FA9vJ81U [1/1回]
煎餅と価格の流れで思ったけど濡れ煎ってなんであんなに高いんだ
大好きだけど頻繁には買えない・・・

499 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/07(日) 08:09:56.64 ID:mPEgHdDa [2/2回]
>>497
ココナッツミルクを使ったお菓子はコンビニやスーパーでも割とあったりするし、
アジア系料理屋だとデザートでよくあったりして、今では結構受け入れられていると思う
もし駄目なら、ココナッツミルクを使わない風にアレンジしてみるのもありだと思うよ

500 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/09(火) 01:34:43.67 ID:u/BQsV9+ [1/1回]
日本でココナッツ関係と言えば、やはり圧倒的にナタデココだろうな
と言っても、今は結局微妙な定着度で、かつてのブームは昔話だが
昔話と言えば、ナタデナイスボートってのもあったな

501 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/09(火) 08:48:34.72 ID:8jweIJAp [1/2回]
日本の寺には椰子の木やバナナの木の近縁種を植えているところが割とある(実は成らない)
寺の本堂や仏塔自体も東南アジアチックに見えてくるw

502 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/09(火) 09:58:48.08 ID:0QaULl0H [1/1回]
松尾バナナ

504 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/09(火) 18:46:37.92 ID:rKohC+gc [1/1回]
>>500
日本でココナッツと言えば、日清のココナッツサブレだろJK

505 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/09(火) 20:07:23.78 ID:8jweIJAp [2/2回]
なんにしても洋菓子系だな
あと、半生なタイ菓子はタイ菓子で味のバリエーションがあまりない気がしてきた
京菓子の半生菓子は材料同じで見た目や食感で差別化してるけど、タイ菓子は花形にしたり、
いろんなフルーツを模したり、ぷるぷる半透明にしたり、って感じでそれとほぼ同じ感じに見える
洋菓子は団子や餅っぽい菓子はすくないけど、
洋菓子店のラインナップ見るとバリエーション自体は異常だと感じるね

506 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/10(水) 16:26:40.47 ID:9OTnz4ki [1/1回]
「うん すごく好きなんだ・・・ココナッツ」

507 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/07/10(水) 23:24:56.14 ID:OXYGVgZS [1/1回]
ラインナップが多いと書いたが、洋菓子は米を使った菓子が少ないかも
米の菓子が主流の地域では小麦粉を使った菓子もそれなりにあったりするんだけど、
小麦粉の菓子が主流の西洋だと、米を使った菓子はライスプディング、
アメリカ菓子を洋菓子に含めれたとしても、ポン菓子ぐらいしか思い浮かばない
西洋でも米はちゃんと取れるし、菓子作りに熱心な地域に思えるのに謎
団子なんて超基礎的な菓子で、インド人でさえ思いついたのに
http://www.givoli.com/recipes/43

(インドのkozhukattaiという菓子)

****************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
カレーと米と日本食(part107スレ)
- 2014/01/26(Sun) -
110 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/05(水) 03:44:01.45 ID:kzW4zp3x
「食事を済ます」と言う表現は日本だけらしい。
各自とっとと喰って次の仕事をやる、って前乗り姿勢が常に既に日本的なんだって。
後進国じゃ飯食ったら 今日も生き延びた、とその日終わり。

頭の悪い韓流ファンが
「韓スターは目が合うと ご飯食べた?腹減ってない? って言ってくれるんです、
 コンナ優しい感性日本には無い!」
と言ってたが ソレは3食欠くのが日常の後進国共通の挨拶。
東南アジアじゃ「飯喰ったか?」の挨拶は基本。

「腹ペコなんだろ、おい、コレで飯でも喰いな・・・」
と札ビラ切って少年を部屋住みにする893と同じ構造。

各自「食事を済ます」
と言う我々日本人が普通に使っている慣用句自体が 凄い事なんじゃな。

114 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 12:10:19.95 ID:Czq+N5FE
飯食ったら、自分の食器を台所に持って行くという家庭も多いんじゃないか?
母親が「さっさと食べちゃいなさい! 片付かないじゃないの!」
というのも日本だけか?

日本企業の社員食堂も、食べ終わったら席を空けて、
食器毎に洗い場にきちんと戻すという感じだよね。

115 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 12:22:48.83 ID:qg/K1Fis
アメリカの刑務所ってどんなシステムなんだろう。
自分のぶんは盆にのせてテーブルに運ぶよね。
でも映画とかだと食い終わる前に乱闘になったりするので
どう始末するのか分からん。
テーブルに置いておくと片付け役がなんとかするのかな。

116 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 12:30:05.08 ID:WVCQ0cew
日本でも50年ほど前はご飯食べた?腹減ってない?の挨拶は当たり前だったと
ばあさんから良く聞いたよ。

117 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 12:59:39.41 ID:e0HCJ50/
>>116
60~80代の人と話して、そんな挨拶の話は聞いたことがない。

118 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 13:01:23.55 ID:nB5wPo8K
以前見た写真ではトレーがワゴンの上に乱雑に積み上げられて、一部は床の上に散乱していたが……。
それがすべてでは無いだろうけど。

119 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 13:17:43.27 ID:VcUHbcTO
>>117
都市部か農村かだけでも違うと思うぜ

120 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 13:22:37.12 ID:nB5wPo8K
時間帯にも依るが、「お昼食べた?食べて行きんさい」は普通の社交辞令でしたね。
確かに最近はあまり聞きませんが。
友達の家に行っても、「おなか空いとらん?」はおかしな言い方ではありませんね。
まあ40年は前の話ですけれど。
私の祖母世代にはもう少し切実な思いがあったのかも知れません……。

121 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 13:24:01.86 ID:paZ89Ghb
うむ、知り合いのじいさんばあさんの一人に、
夕方頃に会うとご飯食べたか絶対訊いてくる人が居るわ
知ってるのはその人一人だけだから、比率としては非常に少ないが
そういう習慣がある地方があるんだろうね
ちなみにその人の出身地を聞いた事は無いが特に名前が左右対称だったりはしない

123 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 14:59:14.91 ID:tTVKGtM3
鹿児島のど田舎(鹿児島市とか、ある程度栄えてる所は除く)だと、
未だに40代くらいのおばちゃんが子供(20歳前後くらいまで)には言うね
もちろん、御飯時の時間帯だけだけど…「ご飯食べてく?」「この時間だし、ご飯食べる?」みたいに
都心部でも、母親同士が仲のよい小さな子供相手になら似たようなこと言うんじゃない?
もちろん、親御さんに連絡した上で

125 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 19:26:39.15 ID:Z6gQQEJw
>>110
中国の地方なら今でも挨拶代わりに「ご飯食べた?」って言うって遠藤誉さんの本に書いてた
おそらく韓国での挨拶は中国から伝播したものなんじゃね?

131 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 12:25:04.38 ID:3wM7v+V8
「今日は暑いですね」って挨拶も、一部が外国人には奇妙に思えるとかっていう話があったよな。

**************

151 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 00:53:35.58 ID:XHOvtjwd
インドのカレーは食材に合わせてルーの味付けも上手に変化させているけど、
食材に合わせ過ぎたがゆえにカレーとは呼びづらい味付けになっちゃってる場合があるんだよな
キーマベイガンって言うそぼろと茄子のカレーは
まるで四川風の味付けにした麻婆茄子みたいな感じだったし、
プラウンカリーって言う海老のカレーはクリーミーでマイルドすぎて印度版シチューって感じだった

152 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 01:05:21.85 ID:OwVtiNYH
そもそもインド人にカレーと言う概念が

153 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 01:06:21.85 ID:XHOvtjwd
茄子のカレー、海老のカレーって説明してたけど?

154 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 07:08:25.19 ID:Z1NU2dO5
日本人の場合のカレーは肉が主役だけど、インドは野菜が主役なんだよな。
ベジタリアンが多く、リシュケシュみたいに街全体がベジタリアンみたいな地域も結構あるからね。
日本人にはインドは色んな意味で住みづらい。

155 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 07:58:21.55 ID:XHOvtjwd
日本だって四足の動物食うのは最近まで禁止だったろ
肉を使ってない美味しい料理が沢山あるんだから、
むしろ日本人には住みやすい方だよ

156 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 08:00:54.39 ID:riiI4mvf
インドったって地域によって全然違うしな
キリスト教徒が多い南部の海辺の町だったら
シーフードのメニューが多いし牛肉だって普通にある
それでもベジミールがあるのは単に貧乏だから

あとインドのカレーってつまりおかずだから
汁っぽいのもとろみがついてるのもあるし味付けもいろいろ
日本のおかずがいろいろあるのと同じ

157 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 08:26:29.53 ID:Z1NU2dO5
俺はベジタリアンは苦手だなあ。日本人は牛肉を食べてなかったといっても、
魚が豊富にとれてたからね。動物性タンパク質を魚介類から得ていた。
植物性のタンパク質だけでは、身体も精神も弱る。

158 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 08:33:15.66 ID:XHOvtjwd
インドのベジタリアン地域でも
魚だけはokってとこもあるよ

159 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 08:49:33.53 ID:QIVjiPXe
「日本のカレー」は、インド北部のにわりと似ているらしいなぁ

160 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 08:54:43.94 ID:Z1NU2dO5
それに4足動物を食べることをタブー視した時期は
日本列島の歴史のなかではほんの一瞬でむしろ例外。
20万年前にアフリカで誕生したホモ・サピエンスの一部が
3,4万年前までには既に日本列島に移り住んでいた。
彼らはマンモス、猪、兎など何でも食べていた。
後に仏教が入ってタブーになったが、すぐにまた元に戻っただけでこっちの方が遥かに長い。

161 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 10:36:10.35 ID:N414Qf8H
つ「やまくじら」

江戸時代、肉を食わないと言うのは建前であって、
都市部では江戸御府外である深川にはそれを食わす専門店もあったし、
いわんや田舎においてや。

162 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 12:05:02.99 ID:/6297a1y
信州名物、牛の醤油煮。幕府献上品。

163 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 12:36:24.51 ID:+zeZqx6A
肉牛の飼育はやってたのかな?

イメージとしては、農耕用の牛を廃用した時に出る肉を利用してるような気がする

164 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 12:53:36.59 ID:OV+K7hmK
信州名物、イナゴの佃煮・蜂の子。
長野に学校給食にザザムシがでる学校があったなあ。

166 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/10(月) 14:18:14.73 ID:lQKcmQb1
ヤコペッティの世界残酷物語(インチキモンドエクスプロイテーションムービー)
に日本人が蛇屋(ゲテモノ屋)で蛇食ってるシーンがあり、
アフリカでは「日本人は蛇喰う野蛮人」ってなイメージが根強かった。

アフリカの土人娘が日本人文化人類学者と結婚する事に成ったのだが
親族は「日本なんか行ったら日本人に喰われてしまう。蛇だって喰うんだから!」
と反対していた。

土人が先進国日本に何言うとるか!
と思ったがコイツ等は 最近まで他所の村人喰ったり喰われたりしとった訳で
逆にリアルな恐怖なのだなあ。と気付いた。

167 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 16:23:07.75 ID:IbGwO+ht
近江牛

168 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 18:12:00.04 ID:ClYJXire
あんたがたどこざの歌詞も知らない日本人のスレはここですか?

169 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 18:42:27.83 ID:XHOvtjwd
通りゃんせは3番まで知っているから許してくれ

170 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 21:15:01.75 ID:2awemp2/
肉牛の飼育は確か藩主体でやってたんじゃないか
農家が飼ってた牛は農民は食べんでしょう。
死体は肉としてではなく革の材料として売ったとは思うが

171 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:20:12.06 ID:XHOvtjwd
【画像】中国のカツカレーが中華料理にしか見えない (´・ω・`)

日本のカレーは外人には和食に見えるのかな?

172 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:48:41.99 ID:FyQZE6lO
4足といやコレマジ?
めんどくさすぎて外食産業が入りづらすぎ・・・
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/x3/1365168896/640

173 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:37:59.71 ID:XHOvtjwd
四足の動物が禁止されるのはまだわかる。
意外と人間的というか生々しい仕草や行動が多くて食いづらい気持ちになったり、
ヤバそうな感じがするし。
実際、現代人でも韓国人とかが犬を殺して食うのを見てかわいそうとか言っちゃう人いるからね。
中国は逆に、人間に近い生き物を食べるほど、健康的になれるって考えがあるから、
人間そのものさえ食うようになった。

175 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 02:40:14.35 ID:UQKc6zAM
昔の日本人は4本足動物を食べなかったらしいので、
ボタンというのはたぶん5本足の動物の肉だな
タヌキ汁のタヌキとは、恐らく10本足ぐらいの謎のUMAだったはず

176 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 03:10:43.02 ID:2XHCWNmL
当時は甲羅があるってだけで亀とかたつむりを仲間とか言ってた時代だから。
実際は亀はかたつむりよりもまだ人間に近い生物だし、かたつむりは亀よりも圧倒的にタコに近い生物。

177 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 04:14:58.55 ID:UQKc6zAM
昔はウサギも四足じゃなかったんだろうな

178 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 05:40:46.13 ID:YYiwkDqn
あれ?足の数じゃなくて、仏教的な価値観の問題じゃなかったっけ?
こう、生まれ変わった時に牛とかに生まれ変わる可能性があるから、
もしかしたら今いる牛とかはご先祖様の生まれ変わりかもしれないから食べないという…

動物の肉それ自体は、血を穢れとして嫌うから血抜き前の動物を嫌がる人が多かったからでないの?
こっちは神道だろうけど…
だから動物の血抜きをしたり、皮を剥いで加工したりする職業が賎業扱いだったのでは…

179 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 07:55:32.47 ID:SYhaTrS/
汚れの意識は東日本と西日本、特に関西と東北・関東で随分と違う。
東は縄文文化の中心だったから、大和朝廷が日本列島の実権を掌握し、
半ば強制的に稲作をさせられた後も狩猟的な文化が色濃く残った。
だから1部の人に動物を殺して皮を剥ぐ仕事を押し付けても、
差別するのは肌感覚としていまいちピンと来なかった。
そういうことはみんなやってたじゃんみたいな意識があった。
ところが西では貴族という汚れ仕事を他人に全て押し付けても平気な人達がいたから、
汚れの意識が物凄く洗練し今でも色々と問題になっている。

180 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/11(火) 09:28:31.48 ID:BpfL8fE/
台湾ではカツカレーを新宿curryと言う。
天津丼が天津に存在しないのと同じ。

188 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 15:42:33.90 ID:hJzAOU0x
日本人が蛇を食う、の話だけど
鰻や鱧や穴子を食べてるの見たら「蛇食ってる」と思うかもな
TVの企画でアフリカの内陸部から日本に来た人達は魚を「手足が無くて鱗だらけだから蛇」と言ってたし

191 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 20:41:00.89 ID:vnGdyIlb
箸文化のちょっと前の欧米での認識は
「チョップスティックww木の棒ッ切れでチマチマ喰ってられっかよwwww」
そんな認識だった
それが現在では寿司をはじめとしての高級感溢れるものを食するには当然のもの
自由に扱えるスキルはある種のステータスになっている。
日本のいろんな情報が急速に変わっているのはたしかだ

192 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 20:44:25.73 ID:o1kS4dyI
>>188
イギリスでもウナギ食うが

193 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 21:14:22.31 ID:ND/nNeDO
>>192
あれは食い物じゃない!

194 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 23:43:28.17 ID:2XHCWNmL
調理の仕方が悪いだけなのに、
素材やアイデア自体を否定されると悲しくなるよな

195 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 00:23:09.20 ID:qIGp2FQ/
>>191
昔日本じゃナイフとフォークでテーブルマナーよろしく食べられたら、
洗練されたオサレさんだったのが、
逆転したわけだな。

196 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 00:37:37.38 ID:JuF/Ju0X
日本の学校の給食って、大人だとあまりなじみが無いような料理が結構な頻度で普通に出てくるよね
タンドリーチキンとか一か月に一回ぐらいの

197 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 00:40:37.05 ID:JuF/Ju0X
タンドリーチキンとか一か月に一回ぐらいのペースで出てたし、ミネストローネとかも良くあったけど、
ここ数年飲んだことない
意外と家庭だとなじみがあるような中華料理とかは少なかったな。
麻婆豆腐や酢豚、チンジャオロースなんて出ないし、
せいぜいソフト麺のラーメンもどきがたまにある程度だった。
チャーハンはたまにあったかもしれないって程度

198 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 02:20:55.67 ID:AmIyUuTI
>>193
でも日本人かて蒟蒻芋でゼリー状の食い物作るやないですか
うなぎゼリーかて一緒ですよ一緒

まぁ食べた事ないから言えるのかもしれんけど

199 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 02:28:01.06 ID:qtuFzhws
>>198
子供の時から煮こごりは苦手だった。今でも食べたいとは思わない。

200 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 03:00:09.82 ID:vU/W/imo
>>191
1990年代半ばに観たフランス映画で
アッパーミドルの奥様たちの優雅なランチシーンの場所が
日本料理店だった。

気軽なランチではなく、きちんとお洒落したファッションでのランチ。

フランス映画のタイトルは忘れてしまったが、
フランスでいい暮らしをしている人たちにとって
「きちんとした日本料理店」は「高級感」「お洒落」を感じさせるものなんだ
とわかって、そのシーンだけずっと覚えてる。

201 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 07:42:49.16 ID:JuF/Ju0X
外人はジャポニカ米を食えないが

203 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 08:04:18.77 ID:yf+9qm2y
先入観なんか呆気なく変わるんだよ。
昔は盆栽=残酷、寿司刺身=野蛮、箸=下等みたいなイメージだったが、
今はクールを通り越して完全に定着した。

204 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 08:11:22.55 ID:JuF/Ju0X
幕末だとインドカレーなんて土人のどろどろしたくそ汚い食い物とか言われてたしな
それが今や、中村屋のインドカレーなんて大抵のスーパーにあるし、
都会の大型商業ビルに店舗を構えるインド料理屋も多い

205 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/12(水) 09:15:56.14 ID:U74+LN11
子猫が自ら小瓶に入っている微笑ましい写真に
bonsaicatとデマキャプションが添付され
ジャップ非難の嵐になった事がある。

村崎太郎の猿回しは世界で大ウケだが
アメリカでだけは 「残酷!」と酷評。
首輪が黒人奴隷思わせる、って事らしいが
村崎「ソレはお前等が黒人にやらかして来た事だろう!」

犬の首輪は良いが猿の首輪は残酷・・・って無茶苦茶なロジック。

206 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 10:31:57.98 ID:AmIyUuTI
米って自分らの正当性が疑われる事を臭わせると(それがたとえ偶然でも)凄いまくしたててくるよね

某番組で従軍慰安婦の話になった時 
話の流れでコメンテイターが「アメリカも過去にはやってましたね」って言ったら
普段は冷静な米の偉い人が
「や それはコレコレこーであってそういうのとは・・・」って言い訳ばっか言い始めて
「アメリカは本音と建前が大きすぎる」とツッコまれてた

彼らにとって「正義」ってのが凄い拠り所なんだな・・・と
そういう意味では今回の傍受の事件は相当な大打撃

207 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 10:57:02.64 ID:Plddyf0z
>>205
常日頃から飼育してるかどうかの差だろうな。
猿は飼育される動物ではないから残酷、っていう単なるイメージ。

208 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/12(水) 11:45:56.27 ID:U74+LN11
映画「ウオール街」で
俺もココまで成功したか・・・
とペントハウスで玩具の手動寿司マシン回して食うのにはワロタ。

中東の戦線だかで 功労者には米軍から分捕ったブリックパックのジュースが賞与されて
数百人の前で誇らしげに飲むンだよ。
皆「どんな味すんだろー」と羨望の生唾。
飲む方もストロー刺すまではィィんだが「ストロー吸う」と言う概念が無いらしく
ブリックを傾けて飲んでいたw
出て来んだろw

209 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 12:28:52.79 ID:S7o8DInz
「デスパレートな妻たち」での食事シーン。
3人の奥様連中は箸を使っているのに、
配管工の旦那だけフォーク、というのがあったな。

210 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 14:29:53.61 ID:axXQpXjN
昔、松田聖子が、ナイフとフォークで寿司喰ってたが、今でもやってるのかねw

211 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 15:17:08.61 ID:ElPnfHBM
>>207
猿なんて欧米じゃ特殊な動物だからな
そもそも野生の猿が存在する先進国は地球上で日本だけ

212 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 20:35:50.43 ID:JuF/Ju0X
猿って昔の人はどういう風に認識してたんだろうな?
獣だけど人みたいで、人に近いことが出来るが人じゃないという

213 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/12(水) 23:10:55.37 ID:8qWT9Ssp
>>212
まぁ、言われてきたのは、人より毛が3本足りないのが猿の筈だが・・・

214 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/13(木) 00:49:57.75 ID:HXMOxDzq
カレーって同じ名前でも地域や店によってまるで別もんだから困る
「エッグカレー」とかパターンありすぎだろ

215 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/13(木) 13:52:47.51 ID:7PPLe61+
京大の哲学者が
大戦中英国の捕虜になり雑用させられていたんだが
英国女性が皆平気で全裸になるので淫乱だなあと思っていたら
結局有色人種なんざ奴隷で人間だとは思われてなかった と言うオチだったと。

241 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 00:14:44.74 ID:jLGFaixi
インドカレーよりイギリス式のカレーの方が日本人ウケが良かったのって何故?
カレー粉があって作るのが簡単だったから?

242 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 03:22:00.31 ID:H9E6Yltf
>>241
てか当時(明治)の日本人は、「スパイスを一からブレンドして作るインドカレー」
なんてものを知らないだろう。インドとの直接交流なんて無かったのだから

243 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 08:21:22.47 ID:8f7+X9Y1
あのとろみがカレーの第一印象を植え付けてしまったからどっちが良いかでは単純比較できないっしょ
日本への流入時期が違う

244 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 11:24:40.00 ID:AW0hY/TA
単純に辛味汁かけ飯はイギリス海軍から導入したもので、
インドから習ったものでは無いからじゃなかろうか。

245 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 13:11:35.34 ID:jADkM5yY
最近は都会だとインド人経営のカレー屋なんかが良くあるけど、
ナンかサフランライスかを選ぶ形式なのに
今まで一緒に食いに行った同僚数十人のうち、ライスを選んだのは自分一人しかいないんだよな
お前ら日本人なら飯一択だろ

246 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 13:48:55.39 ID:P50EFbHR
うちでは飯炊いてもナンはつくらんだろ

247 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/15(土) 14:36:10.83 ID:5CisbrEn
ディック・リーが
来日当初 「ふっくら炊いた日本米」の美味さが分からず吐き気がして食えなかった
と言っていた。
東南アジアの米常食だとそうなる奴は多いらしい。

シナに至っては 美味い米 と言う概念さえ無く
富裕層が高い日本米喰って初めて 米って美味いんだな、と気付くらしい。

248 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 15:38:17.39 ID:jLGFaixi
昔は味覚に合うように日本食らしくアレンジしたが、
今はあえて外国料理として、より日本食からは
遠い味の物を楽しもうって考えなんじゃないかな
東南アジア由来のフルーツがより外国らしい味付けで食べられるように、
洋風アレンジしたりするのもそれでつじつまが合う
現地の調理法だと和菓子に近い見た目盛り付けで異国感薄いし
もし中華料理屋にナンの中国版みたいのがあったら、みんな米じゃなくてそれ食ってたと思うね

249 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 20:40:21.04 ID:8f7+X9Y1
エゲレス人がフィッシュ&チップスのお店のアップを始めました

250 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 22:17:14.72 ID:H9E6Yltf
>>249
まともに料理して提供したら、日本で売れるんじゃないかと
>フィッシュ&チップス

天麩羅だしねぇ。

251 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 23:13:28.94 ID:jLGFaixi
料理店はいろんな美味しい料理が出せないと成り立たない
天ぷら専門店だって具の種類は豊富だしな

252 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 07:33:04.87 ID:nI2kwHMM
>>247
東南アジアの方でも高級米とかなるとそれなりにふっくらしたものもあるみたいよ。
シンガポールかどっかのコックが日本で店開いたときに、
「本物を食べてもらいたい」とそういう米輸入して出したら、逆にお客から
「日本人向けにアレンジしてるの?」と聞かれたとか。

253 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 07:35:54.45 ID:z2bOaI/v
インディカ米をちゃんと炊ける自動炊飯器って無いのかねぇ?

254 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 08:53:53.92 ID:Zhrh7+rq
ちゃんとの定義すら確立してないうちは無理だな

255 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 12:45:40.60 ID:T2nj8SY0
>>253
インドや東南アジアで売られている炊飯器はインディカ米を美味しく炊けるぞ
日本ではジャポニカ米に合わせた炊飯器しか売られてないだけ
ただし、日本のでも水や時間を調整すればそれに近い感じに炊ける

これについて探している最中に知った事なんだが、
江戸時代では米の炊き方として湯取り法も使われていたらしいな
あの時代の文化は意外性が強くて、ほんと驚かされる

256 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/16(日) 16:48:35.78 ID:Mlup/yYS
外人客は安上がりで喜ぶぞ。
原宿の「てんや」連れていったら半年程感謝された。
原宿≒天丼
とインプリントされたらしく また原宿で天丼・・・とばっか。
今度はE・クラプトンが世界一と絶賛する原宿の普通のとんかつ屋連れて逝こう。

257 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 18:58:08.75 ID:Efxnqhsa
インディカ米の消費地で正しいとされる炊き方が、日本人に合う炊き方だとは限らないぞ
例えばイランでイランの米を最も美味しく炊ける炊飯器は日本では使えない
なぜなら1割が「おこげ」になる設計だから

海外から何かを持ってくる場合、
そのままで良い場合と日本式に調整しなければならない場合があるが、
食に関しては大部分が後者になる
インディカ米のレシピは日本では確立されておらず、よって何が日本人に適正なのかは
コンセンサスがないので、どこのメーカーも軽々には対応に踏み出せない

264 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/06/17(月) 11:33:55.95 ID:uZ2v/lsX
昔神保町の天ぷら屋にイラン兄ちゃんが居たが
帰国して天ぷら屋で大成功しとるらしい。

****************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(3) | TB(0) | ▲ top
甘さの感じ方とぼっちの捉え方の変遷(part107スレ)
- 2014/01/19(Sun) -
7 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/05/21(火) 09:46:37.21 ID:7tHJlqUo [1/1回]
溜池通信<5月20日>(月)
○法人会長は地元の東証上場企業、ブルボンさんである。
そういえば子どもの頃に、よくブルボンの洋菓子を食べたものである。
もともと新潟は「柿の種」など米菓の本場なので、
ブルボンも当地では戦前からの長い歴史を持つ大手製菓会社である。
で、以下はブルボンの社長さんから聞いたお話。

○日本企業では、常に製品の革新を怠らない。
お菓子メーカーも同様で、消費者の好みや健康志向などに合わせて、
毎年のように仕様を変えていく。そうすると長い時間の間に味はどんどん変わっていき、
例えば羊羹などでも使う砂糖量は昔に比べて激減しているのだそうだ。
かくして日本人は、いつしか「甘くないお菓子」に慣れるようになった。

○最近のわれわれがアメリカ製のケーキなどを食べると、
「甘過ぎる。信じられない。アメリカ人て味音痴だよね」などと感じるのは、
われわれの舌が変わってしまったのであって、昔はそれが普通だったのである。
何しろアメリカ企業は、それが「売れるもの」であるなら、
まったく変えずに同じものを出し続けるモノグサな連中なんで。

○ということで、COSTCOあたりで売っているアメリカのお菓子は、文字通り「どどーん」という感じで見ているだけで胸焼けがしそうである。
対照的に、日本製品は気の利いたパッケージに小分けにされて入っている。
おそらくアジア市場では、日本製品に競争力があるんじゃないかと思うが、
このあたり、いかにも日米の企業行動の違いの典型例という気がする。

9 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 11:42:44.95 ID:nQMdWWNV [1/2回]
アメリカから欧州の本番志向になったんじゃ
ギブミーチョコレートのチョコからベルギーやフランスのチョコに
パッケージもそれに伴って変わった

11 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 14:23:10.98 ID:nQMdWWNV [2/2回]
本物志向でw失礼

12 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 23:04:17.83 ID:iDpSdIEb [1/1回]
インド人の多くが自宅から職場に弁当を持っていくようになったのは、
植民地だった故に仕事場のメニューがイギリス風でそれが口にあわなかったかららしいが、
戦後の日本でも似たような事とか無かったのかな?
戦後の給食は基本的に米やそれの加工品なんてなかったし

13 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 23:51:30.39 ID:Fnotq4qp [1/1回]
>>7
昔の炭酸飲料なんて、激甘だったよね。
ファンタだったか、飲んだ後に舌に色が付くとか喉が渇くとか。w

>>12
終戦直後の給食は脱脂粉乳とコッペパンだけで、しかも当時は昼食を食べられない
子供が大勢いる食糧難の時代だったから贅沢言えなかったのでは。
脱脂粉乳が不味かったと言う話はよく聞くが。

14 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 00:03:03.37 ID:FiFBBH3L [1/1回]
>>12
全く別の板でそれ聞いて感心した
普段はバラバラなくせにインド人やるじゃん

15 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 12:51:27.59 ID:Ai9fTsrb [1/1回]
飲んだことないけど、脱脂粉乳が悪いんじゃなく
たぶん、まずい脱脂粉乳を飲まされてたんだろうな。

同じ世代の人はタイ米の評価もよくないけど
同じ理由か、それか日本米と炊きかたが違うなんて聞くな。
タイ米はゆでて、湯は捨てるそうじゃない。

ずいぶん前だけど
日本米に適した炊飯器が朝長く寝てられる便利さもあってか
タイ米の国でも浸透しつつあって
味が犠牲になっているなんて話を聞いたことがあるが
その後どうなったんだろう。

16 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/05/22(水) 16:13:06.76 ID:Yof+hX7L [1/1回]
東南アジアはまだ
甘くも無い只の水や茶のボトルに銭なんか出せるか! と言う段階らしい。
秋葉の外人客が皆500ml缶嬉しそうに飲んでいるが
500mlは日本にしか無いので思わず買ってしまうらしい。

17 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 17:34:22.31 ID:2fj3/Opi [1/1回]
アメリカ製のネットリした甘さなら、日本でも缶入りゲータレードを飲めば味わえるよ

18 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 20:30:34.43 ID:usK6vQ/s [1/2回]
タイなんかの料理は割と和食に近いながら(食べた感想)、
和食だとありえない要素がある故に敬遠されている気がするね
タイ米が味は良いのに日本人から好かれないのもそれかと
不気味の谷現象の料理版って感じかな

19 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 20:39:05.17 ID:cWf2Pp42 [1/1回]
トムヤムクンをおいしく感じる日本人なんか少数派だろうな。

20 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 22:03:26.85 ID:usK6vQ/s [2/2回]
むしろ、あれは和食とは遠いから有名

21 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 23:26:49.05 ID:RWQOj9Gq [1/1回]
>>15
あの脱脂粉乳は主に飼料用だったから…
おまけにアメリカで在庫があまり過ぎてて処理に困ってたヤツだし…
パナマ運河経由で運んでた時点で傷んでたし…

いや、もちろんアメリカでも人間が口にしていたし、栄養はあるし身体にいいんだよ?
ただね、やっぱ味まで気を回して作るような品物じゃなかったからさ…

22 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/22(水) 23:52:29.73 ID:AKc692uo [1/1回]
菓子メーカーは甘さを減らすことに努力し、
農家は甘くする(糖度を上げる)ことに努力する。

23 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 04:06:47.57 ID:htNxL1nA [1/1回]
>>21
>パナマ運河経由で運んでた

すげー遠回りだなw
欧州で売れなかった分を持ってきたのか

24 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 04:16:35.55 ID:eFETkkwO [1/1回]
>>7
死んだじーちゃんが昔の羊羹は歯が痛くなるほど甘かったって言ってたな
だがそれがうまい!と
最近のはみんな甘さ控えめで淋しがってた
羊羹はさすがに作らなかったけど、おしるこはじーちゃん用に鍋を分けて特別甘くしてた
今度アメリカの激甘菓子でもお供えしてみようかな

25 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 04:52:02.04 ID:3jcNavYA [1/1回]
バクラヴァでも供えとけ

26 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 11:30:37.18 ID:L2JB2w6w [1/1回]
>>18
日本向けにアレンジしたタイ料理じゃないのか?

27 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 12:11:54.56 ID:1RVTwALE [1/2回]
>>18
現地人向けの製品の輸入品を食べたからそれはないよ
輸入業者が後から製品に張った紙にしか日本語書いてないし

28 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 13:03:36.50 ID:B2gMM158 [1/1回]
>>15
タイ米は日本の米とは別物
ちゃんとタイと同じように茹でこぼして蒸らす方式で炊いて
タイ料理に合わせて食べればむしろ日本人にもそういうものとして受け入れやすいけど
日本の米と似たものだと考えると痛い目を見る

そういう前知識なしで米騒動の時にタイ米を食べざるを得なくなったときに
日本の米と同じように扱おうとしたり日本の米に近づけようとして
大失敗したのがトラウマになってるんだと思う

タイ料理屋でタイ米は美味しく食べられても家でタイ米買って食べようとする人が少ないのは
”白米”として”日本風おかず”に合わせて食べるって食べ方に致命的に合わないってのもあるけど
チャーハンやバターライスにして食べればいいって言っても毎回そればかりで
白米食べられないのはきついし日本風におかずで食べたり丼ものにしたりはできないからね

29 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 18:56:07.14 ID:qInGd2ns [1/1回]
かつての米騒動の時は、タイ米を大枚はたいて買ったんだよな

30 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 20:36:27.75 ID:1RVTwALE [2/2回]
当たり前だが、東南アジアやインド風のおかずはタイ米に合うんだよね
でも日本はそういったおかずの普及率も低いというね…
インドカレー、タイカレー、茄子と豚肉の炒め物、魚のすりみの揚げ物、ガパオ(甘辛いそぼろ)、
海老とビーフンのサラダ、タンドリーチキン、甘いタレに浸けた鳥の串焼き…
味や材料的には問題無さそうなのになぁ

31 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:07:51.78 ID:odqNYE6R [1/1回]
>>29
                ハ        _
    ___         ∥ヾ     ハ
  /     ヽ      ∥::::|l    ∥:||.
 / 聞 え  |     ||:::::::||    ||:::||
 |  こ ?  |     |{:::::∥.  . .||:::||
 |  え      |     _」ゝ/'--―- 、|{::ノ!
 |  な 何   |  /   __      `'〈
 |  い ?   ! /´   /´ ●    __  ヽ
 ヽ      / /     ゝ....ノ   /´●   i
  ` ー―< {           ゝ- ′ |
        厶-―    r  l>        |
      ∠ヽ ゝ-―     `r-ト、_,)      |
      レ^ヾ ヽ>' ̄     LL/  、   /
      .l   ヾ:ヽ ` 、_      \\ '
     l    ヾ:ヽ   ト`ー-r-;;y‐T^
      |    ヾ `ニニ「〈〉フ /∥. j

32 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:39:03.86 ID:+VMfiQiU [1/1回]
実は>>29のレスは、言葉のルーツを考えるとダジャレとして成立しないらしい。
「タイ王国」の「タイ」という言葉の起源は古代中国語の「大」で、
「大枚」の「大」とルーツが全く同じ。
つまり、「この塩辛、塩辛い」とか「干し芋を干した」ってのが駄洒落として成立しないのと同じ。

33 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 02:14:01.12 ID:mHLcLB7h [1/1回]
いつになく無慈悲な返しですね。

34 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 13:53:11.02 ID:BXbTKbQg [1/1回]
ぐぐってみたら、タイの語源=古代中国語の大って本当に有力な説なんだね

35 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 18:28:33.28 ID:3g/8QAh0 [1/1回]
強風で京風ラーメンが食えんかった

36 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/25(土) 04:10:34.21 ID:2eTX8kfr [1/1回]
アジアの国名って半分ぐらいは中国かインド由来じゃね?

37 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/25(土) 11:31:35.79 ID:MmuBdf6U [1/1回]
地球上に存在する単語の半分ぐらいはどっかの由来だろ

38 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/26(日) 13:59:23.54 ID:7J+jQuco [1/1回]
日本だと餅と果物を混ぜたのは有りだけど、
餅米と果物を合わせたものはゲテモノ扱いだよななんでだろう?

39 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/26(日) 19:19:20.06 ID:Z8mabWRL [1/1回]
苺大福に文句を言ってきたらおめーらだってパンにジャム塗ってるじゃんと言い返せ
あんこに文句を言ってきたらおめーらだってチョコ食べてんじゃんと言い返せ

40 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/27(月) 07:38:39.98 ID:Y4qaaPrA [1/1回]
日本の中での話なんだが

41 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/27(月) 09:25:21.79 ID:X/R0JGbN [1/1回]
>>39は天狗が書き込みました 私じゃないです

*************

42 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 07:33:06.67 ID:pMlXEq3/ [1/1回]
日本のアニメやドラマって成人して結婚もして(さらには子供が)いる夫婦が
親と同居している作品が多いよな
サザエさん、ちびまるこ、ドラえもん(本編の時代だと祖父母は故人だが亡くなるまで同居していた)、コボちゃん、渡る世間は鬼ばかり…
成人して実家暮らしって日本的な価値観だとかなり情けない事と思うんだけど、
ああいう作品って実家暮らしを肯定してるように感じる

43 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 09:29:13.68 ID:5WGcu/38 [1/1回]
>>42
日本的な価値観だと、成人しても実家暮らしは普通だろう
特に長男や一人娘とかは
だって家を継ぐんだもの

44 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 10:46:12.78 ID:KL2XB0Qd [1/2回]
>>42
全然情けなくない。一体、どこの価値観だ?
ちゃんと嫁さんもらって、引退した親を面倒見て、子供も作って育てる。
それが立派な大人だろう。

45 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 12:26:04.41 ID:CI5oymUJ [1/1回]
情けないというのは西洋の価値観だとは思うけど
環境のきびしい地域だと、西洋でも大家族を肯定する価値観は普通にあるか。

46 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 12:47:07.95 ID:EWUnGOjN [1/1回]
というか「家族」に関する価値観はここ50年で目まぐるしく変わっていってるから
今の形 ちょっと前の形が正しいとは到底思えないな(現に家庭の形が崩壊しかかってるし
何度も紆余曲折を経て安定した形に留まり
それが100年単位で続けばそれが初めて良い形になるのだと思う

「子は大人になったら家から出るべき」とか「男女で家事を分担すべき」みたいなのは
ちょっと感情論が入りすぎだと思う
もちろん男女の格差はなくすべきだし子が独立していくのは応援すべきだとは思うが
↑みたいな意見が当然になってる今の日本は考えが硬直してしまってる人が多いような気がする

47 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 13:26:53.49 ID:XD6Pox6t [1/1回]
>>46
正しい家族の形の話じゃなく、
サザエさんや渡る世間~に出て来るような伝統的で日本的な価値観の話でしょ?
だったら、成人後も家を継いで親の面倒みつつ結婚し、
子供を育てるのが伝統的なもので普通じゃん?

後、「男女で家事を分担すべき」が今時とおっしゃいますが、昔の農民は普通に分担制だよ
女性にばっかり家事が任されてたのは、むしろ明治から昭和(平成も?)にかけての最近のこと
まあ、武家とか商人とか、ある程度の金持ち層や地位がある層は違ったけども
(でも金持ち層は奉公人が家事やるから、女性はあんま家事してなかったけども)

48 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 14:20:57.93 ID:/cj9xOJ9 [1/1回]
うちの親はどちらも普通に一人暮らしの経験ゼロだわ

49 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 14:39:49.87 ID:02lLmNRW [1/1回]
地方やライフスタイルによって変わって来るね

先祖代々の田畑持ってたり、家業を継ぐ必要のある人は、
家を守るために親と同居する必要があるけど、
転勤族で全国を移り渡って、やっと購入した郊外のニュータウンに建てた一戸建てを、
田畑や家業を守る感覚で継ぐ必要あるのか疑問。

サザエさんやドラえもんの作者が若いころは、家を守るために親と同居するのが普通。
まして、女子が一人暮らしなんて、ヤリマンビッチ扱いで、嫁の貰い手も無い時代だね。

50 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 17:50:37.75 ID:KL2XB0Qd [2/2回]
弟が家を継いだら、行き遅れの姉は家を出て、
一人暮らしをしないといけないのが現代。

51 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 01:30:38.63 ID:wCiNoGJW [1/1回]
核家族の割合って戦後に増えたみたいなイメージだけど
そうでもないって何かの統計で数字を見たんだが何だったか忘れた。

52 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 02:06:22.20 ID:MwpZIKa7 [1/3回]
でも、江戸時代に結婚した長男がマイホーム立てて親と同居し始めるとかしてたとは思えないな

54 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 09:03:08.12 ID:2DYnNJFw [1/1回]
>>52
江戸時代の長男は、実家に住み続けるのが普通

55 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 20:17:57.61 ID:MwpZIKa7 [2/3回]
日本って一人ぼっちな人間を見下したり、嘲笑したりするってお国柄なのに、
私生活に関しては多くの人間が一人暮らしや、少数人数での暮らしを望むのが良くわからん
職場や学校が実家から遠いって理由で一人暮らししてるならまだわかるけど、
同じ敷地内に家を二軒建てて別居するとか意味が分からん

56 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 21:38:37.88 ID:F4VHiK6O [1/1回]
>>55
一人暮らしと独りぼっちって全く別ものじゃん…何意味分からんこと言ってんの…

57 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 22:39:45.24 ID:MwpZIKa7 [3/3回]
いや、たいして変わらん

58 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 01:25:24.27 ID:CS9T8ubl [1/1回]
一人暮らし:別に誰かと仲が悪かったりハブられてるわけではない。
行く所に行けば他人とワイワイやってる
一人ぼっち:他人との交流がない

全然違うじゃん

59 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 01:45:41.39 ID:wo3eFhAJ [1/4回]
それは極端な例だ

60 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 06:38:42.67 ID:X16sGHes [1/1回]
ぼっち=人間関係を示す言葉
独り暮らし=世帯の構成人数を示す言葉
が正解

61 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 07:07:17.47 ID:RsNxYyPx [1/1回]
恋人がいる独り暮らしはボッチになるのだろうか

62 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 07:58:15.31 ID:wo3eFhAJ [2/4回]
家族がいるけど、そいつらと一緒に暮らすのが嫌だから、
独り暮らしや少数人数での暮らしを始めるんじゃないの?
うちの近所だと、親と別居してる人にはそういうのが多いぞ

63 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 09:33:27.44 ID:ShaPjlEJ [1/2回]
↑のぼっちと一人暮らしの話は
凝り性とオタ叩きにも同じ事が言えるな

64 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 11:14:14.43 ID:KapOsGmE [1/1回]
ぼっちって、もののけ姫のラスボスだろ

65 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 12:19:45.68 ID:hMk6X1oR [1/1回]
進撃のでいだらぼっち。

ぼっちという言葉だけ見ると、たぶん同じ語源だろうね。

66 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 16:41:19.26 ID:jbiMt4fx [1/1回]
ダイダロス?

67 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 18:43:23.97 ID:wo3eFhAJ [3/4回]
ボッチの語源は法師らしいよ

69 : 日出づる処の名無し[] 投稿日:2013/05/31(金) 19:09:54.20 ID:nPUNmaEl [1/1回]
>>65
大太郎法師(だいだらぼっち)

独法師(ひとりぼうし) →教団に所属しない流浪の僧侶、それが転じて孤独な人

*************

67 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 18:43:23.97 ID:wo3eFhAJ [3/4回]
話代わるが、日本から外国に文化や物がもたらされる際に、
それに欧米的な要素が加わってしまうことってあるんだろうか?
アジアから日本にもたらされた食品やレシピなんかはは何故か名称が英語になってたり、
現地的なイメージよりも西洋的なイメージが付与してたりする事が多いと感じる

68 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 19:00:38.19 ID:blp02aJG [1/1回]
>>67
そりゃ、日本だって海外のものを取り込む時に魔改造するわけだから、
文句を言う筋合いじゃなかろうよ。

70 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 19:19:05.92 ID:wo3eFhAJ [4/4回]
いや、東南アジアの国から日本に伝わってきたのに、
何故西洋的な要素や印象が強まったのか?って話よ
先ほど宮崎のアンテナショップよったけど、マンゴーを使った菓子は洋菓子的な物が多くて、
和菓子的な物は少なく、東南アジアの菓子に似た物は皆無だったし

71 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 20:09:04.36 ID:6F/XqNuh [1/1回]
>>67
インドでは春巻きの英訳がスプリングロールだったんで、たまげたw

72 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 20:25:17.17 ID:JqGtD2rz [1/1回]
>>67
近代フランス料理( ヌーベルキュイジーヌ )なんてまさにそれ

73 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 20:34:01.53 ID:ShaPjlEJ [2/2回]
>>67
薔薇は東アジア原産じゃなかったっけ?
いかにも西洋って感じなんで知った時はビックリした
文化じゃないし加わったってレベルじゃないほど改良されてると思うけど

74 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 20:40:49.87 ID:btOeW6yX [1/3回]
>>70
東南アジアのお菓子は日本人には馴染みがうすく、
マンゴーの味・食感・水気が和菓子への応用が難しいから
マンゴーを使い(応用し)やすく、日本人にとって身近になった
洋菓子で使われているだけだろ。

東南アジアのお菓子が日本人にとって馴染み深いものとなったら
東南アジア風のお菓子が現れるかもしれないが
現在では東南アジアのお菓子はまだまだ日本人には馴染みうすいし、
味や見た目が日本人好みではないんだろう。

因みに、
マンゴーの原産地はインド~インドシナ半島周辺らしいが
現在の日本のマンゴー輸入国第1位はメキシコ。

75 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 20:51:53.87 ID:l1kjRJQe [1/1回]
少なくとも、マンゴーはトロピカルフルーツで欧米のイメージはない

76 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 20:57:19.38 ID:btOeW6yX [2/3回]
>>67>>73
wikiから。

>北半球の温帯域に広く自生しているが、
>チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが主産地で
>ここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播した。

>日本はバラの自生地として世界的に知られており、
>品種改良に使用された原種のうち
>3種類(ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナシ)は日本原産である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9

77 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 21:13:15.62 ID:EHDFGiba [1/1回]
園芸バラの原種にハマナスだと・・!?

78 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 21:41:29.54 ID:btOeW6yX [3/3回]
日本でのバラに関する記述の始まり。

>日本では「常陸風土記」や「万葉集」に「うばら」「うまら」として記されているのが
>最も古い記録です。



>今から千何百年も前に、常陸の国にバラが咲いていたし、
>歌に詠まれるほどにもバラは身近にあったということになるのでしょう。
>余談ですが、現代でも茨城県の県の花はバラです。
http://www.roseraie.jp/history/history_j_01.html

79 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 00:04:47.92 ID:ocPROgrg [1/5回]
>>74
見た感じも食べた感じも、外国のものの割にはなじみやすそうな感じだったけどなぁ
http://thai-food-lesson.blogspot.jp/ 
(タイ等のお菓子を紹介してる外国のブログ。OlderPostを押すと次のページ)

80 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 09:58:43.14 ID:YDulG+Rm [1/1回]
食べてみたいなぁ。どっかで輸入してないだろうか

>>78
そ、そんな頃からあったんすか・・・!

81 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 10:05:51.16 ID:ocPROgrg [2/5回]
実店舗もネットショップも「タイ 食材」とかで検索するとすぐ見つかるよ

82 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 10:06:45.22 ID:ocPROgrg [3/5回]
あ、東南アジアの菓子輸入している店の話ね

83 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 14:29:13.28 ID:KngU1C/V [1/1回]
日本において、スイーツ(菓子)が広まる、積極的に食べる層の形成には、
女性の支持と企業努力が不可欠。

日本でマンゴーが広まったきっかけは、日本商社のマンゴー輸入から。

>>79のお菓子は
見た目があまり評価されないと思う。
キレイ、カワイイ、一目でおいしそうに見える等の利点がないと日本女性にうけない。

さらに、東南アジアのお菓子はよく「ココナッツミルク」を使用するが
日本人にはココナッツミルクがあまり好きではない人が少なからずいるので
日本人にとってココナッツミルク使用菓子は好き嫌いがわかれるスイーツ。

日本における東南アジア菓子の普及は
多数の女性支持と、一般化するまで粘り強く事業展開できる企業が出現しない限り
実現されないと思う。

84 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 16:24:35.80 ID:ocPROgrg [4/5回]
となると、日本で普及に成功した洋菓子は女性受けが良かったんだろうか?
ココナッツミルクはダメでも、牛乳は大丈夫だったんかね?

85 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 19:00:29.34 ID:ruyoi3qc [1/1回]
あんま癖の強いのは駄目なんじゃないの

86 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 19:57:29.09 ID:wR8Wk8Eg [1/1回]
ココナッツミルクって
好きの嫌いのいう以前にどんな味かわからん。

87 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 23:12:53.16 ID:EZGMrBtY [1/1回]
>>83
ムーンケーキウマそうじゃね?

あくまで私見ですが、ほかはちょっと見てくれが昭和っぽいというか
確かに最近の若い女性に受けそうとは思えない

88 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 23:49:47.71 ID:ocPROgrg [5/5回]
ムーンケーキは華僑の菓子(月餅?)っぽくね?
画像に漢字入ってるし

89 : Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc [sage] 投稿日:2013/06/02(日) 13:06:34.96 ID:ogeuZpa9 [1/1回]
>>80
真に恐ろしいのは、
「そんな頃からあった」ではなく、
「そんな頃の情報が現在まで普通に残っている」ことです(w

たとえば同年代のローマ帝国とか、「文献」あされば情報を得ることはできるでしょうが、
日本では街の書店で買えちゃうんですから、万葉集(現代語訳)……

90 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/02(日) 16:31:01.28 ID:CmAxhFnK [1/1回]
マンゴーを表す単語はインド・中国から「あんまら」「あんら」という発音(サンスクリット語:amraの転化)で伝わっていたが、
今の日本では「マンゴー」の方がスタンダードになってるな

92 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 01:57:55.04 ID:/bEL6MwE [1/2回]
ライチも元々は日本語で「レイシ」と言われてたが、最近は「ライチ」の方が一般的だな

93 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 02:18:01.98 ID:f5GaApL9 [1/1回]
クイーンズライチ

94 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 04:11:19.79 ID:sAJtArQZ [1/1回]
ノイエライチ

95 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 09:14:32.89 ID:aOUUSv2y [1/1回]
ライチのジュースとかカクテル大好きなのにあんま見かけない…orz
アメリカには普通に売ってるんだけど、日本はなんであんまないんだろ?
名前が中国っぽく感じて馴染みがないから?

96 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 12:40:01.37 ID:KquReXtU [1/1回]
>>67
日本からじゃないけど、紙は西洋で洋紙になり、磁器はマイセンなどの独自様式が生まれたね

97 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 20:16:53.43 ID:/bEL6MwE [2/2回]
名前が中国っぽい食品なんて日本に五万とある
豆腐なんて現地とほぼ同じ発音だし

98 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 20:40:26.87 ID:8iNXv9AC [1/2回]
>>95
ライチは一時期流行った気がする
楊貴妃の好んだ果物とかいうキャッチフレーズで
ジュースじゃなく果物本体の方だけど
それも生だと痛みが早いのか冷凍ものメインだったな

中国産ライチは農薬問題があるんじゃなかったかな
カクテルに使うライチのお酒ディタとかは
ちょっと品揃えのいい酒屋なら普通に買えるんじゃね?
バーとかではディタオレンジとかチャイナブルーとかは定番だよね?

99 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 22:17:41.60 ID:ss+UFr2u [1/1回]
ライチって弾力があって
イカみたいな食感だっけ?

100 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 22:38:33.37 ID:51XVNA0k [1/2回]
>>98
あー、うん、果物は確かにみかける
ジュースがな…市販のな…
バーでも安いとこはあんまないわ、チャイナブルーは結構あるけど

…そうか、私が貧乏で良いバーに行けてないだけか…orz
市販の…っ!市販のライチジュースを…っ!

101 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 23:19:15.62 ID:8iNXv9AC [2/2回]
>>99
イカ……似てない事もない、か?
確かに弾力はあるがイカほどではないと思った
ナタデココよりもうちょっと弾力低めだった気がする
結構華やかな香りと甘い味、美味しいけど人によってはちょっとくどいと感じるかもしれない

>>100
ジュースは確かにあんまり見かけないなー
ネット通販ならあるにはあるみたいだけど
バーのカクテルもライチジュースのカクテルよりライチリキュールのカクテルが多いかな
お酒の方がジュースより応用効くし長期保存できるからかもね
チャイナブルーがあるところならディタ置いてるって事だから
頼めば別のカクテルも作ってもらえると思うよ

102 : 日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 23:38:39.25 ID:51XVNA0k [2/2回]
>>101
そうなんだ!?確かに、メニューにあるものしか頼んだことないわ…
今度言ってみるよ!ありがとう!!!ネットも見てみるー!!
たまーに見かけるのって外国人がよく行く、輸入ものが多いスーパーくらいなんだよね
で、大抵アメリカのジュースなんだ…ライチと何か別の果物の混ざってるやつ…
ライチ単品ジュース探してみるわ…

103 : Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc [sage] 投稿日:2013/06/04(火) 00:03:23.83 ID:P4ciPtLA [1/1回]
>>102
意外と、業務スーパーにあったりするのよこれが。
※ライチサワーの原料に転用できるから

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本の醤油と中国の醤油って別モノ?(part106スレ)
- 2014/01/11(Sat) -
904 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 11:52:56.97 ID:dvCfj7X1
フランス人が
豆腐と油揚げの味噌汁食いながら
「味噌も豆腐も油揚げもメイドフロム大豆ですね日本人凄い・・・」

906 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 12:37:33.18 ID:ETvQnnrs
味噌と豆腐は日本が作った訳じゃないんだけどなぁ…

907 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 12:55:53.84 ID:bhgB0aWR
横には納豆と醤油がw

908 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 13:07:50.95 ID:IRvpziy+
だが最強はEDAMAMEだった

909 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 13:40:33.98 ID:2XREMHjx
>>906
学僧がいなければ日本の食事も寂しいものであったろうね。
日本式の味噌醤油は現代の中国ではどんな具合に残っているのだろう。廃れちゃったのかな。
豆腐は四川に残ると聞いた事もあるが……あんな内陸に?と思わないでは無い(ニガリとか)。

910 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 17:29:27.02 ID:29SHzckD
岩塩も精製する際に苦塩が出るのジャマイカ

911 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 18:32:51.22 ID:4f6vkvJa
>>909
現代の中華料理に日本式醤油を使う料理人が増えて、
伝統を重んじる立場の料理人からは、良く思われて無いらしい。

912 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 18:57:24.44 ID:h6ecLLus
中華の醤油まずいですやん

913 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 19:34:39.41 ID:dvCfj7X1
中華の料理人は張り切って来日しても
日本人は酢豚とチンジャオロースとチャーハンと餃子しか頼まない・・・
こんなモン中華じゃ無いのに・・・
と落胆するらしい。

914 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 20:42:47.27 ID:4f6vkvJa
>>913
あとエビチリなw

中華街に行って、エビチリがメニューに無い店に行くと美味しいよ
かなり探さないと無かったけど、まだ店あるのかな・・・

915 :日出づる処の名無し:2013/05/07(火) 21:43:36.66 ID:NqUPH8tD
以前チキンをおかずに中華粥食ったがうまかった

916 :日出づる処の名無し:2013/05/08(水) 00:36:43.30 ID:dzkkp3tl
本場中国で中華三昧を頼んだ俺に隙は無かった

917 :日出づる処の名無し:2013/05/08(水) 09:51:07.17 ID:U+Nm2eRb
文句あるのかよう!

918 : [―{}@{}@{}-] 日出づる処の名無し:2013/05/08(水) 11:22:56.96 ID:Y3dClOIO
南国の食べ物飲み物って和に近い部分が割とあるんだけど、
日本人がイメージする南国らしい食べ物飲み物って、和に近い部分が消滅している気がする
南国だとフルーツと米(お菓子の場合はもち米)はかなり密接な関係で、
ココナッツミルクに白玉を浮かべたお菓子や、
バナナをくるんだ甘いちまき、パイナップルを使った混ぜご飯、
タピオカ粉と米粉とココナッツミルクでつくるぷるぷるしたお菓子など、
かなり多種多様なものがあるんだけど、日本ではフルーツのイメージだけが残って、
もち米のイメージは完全に消滅してるし
だから、日本で南国をイメージしたお菓子よりも、
南国現地で作られたお菓子の方が和に近い味がしたりするんだよね
調味料や飲み物に関しても、醤油やどぶろく、米焼酎に近いものは知名度がかなり低い
インドネシアのケチャップマニス
(醤油っぽいが甘く、コクがある)なんかは日本人の口に合いそうな味なんだけどなぁ

919 :日出づる処の名無し:2013/05/08(水) 13:54:25.27 ID:U+Nm2eRb
パリの寿司屋
例により無茶苦茶なモノで寿司とは言えないのだが繁盛
厨房のシナ人
「寿司なんてバカでも作れるヨ 米に生魚乗せるだけ」

920 : [―{}@{}@{}-] 日出づる処の名無し:2013/05/08(水) 16:50:42.49 ID:Y3dClOIO
日本人が日本のと同じ寿司をパリで出して失敗して、
他のアジアの人間がアレンジした寿司が成功した、みたいな経歴があるんじゃね?
寿司ってフランス人の味覚からは程遠い味だと思うし

921 :日出づる処の名無し:2013/05/08(水) 18:14:01.17 ID:U+Nm2eRb
欧州は オカズと白米喰う って概念が無いから
ご飯に味が無い、と醤油かけて喰う。
んで ゴハンのタレ 売り出して儲けてる奴がいる。

とんかつ屋でドイツらしき観光客見たがゴハン食わない。
んで どうするか見てたら最後、茶碗にソースドバドバで美味そうに食うて・・・

スーパーで外人が「キューリのQちゃん」手にコレは何だ?
店員「コレはね ライスと一緒に イートイート」とかっこむ仕草。
漬物で飯食う習慣無いンだから そんなんで判るかいや ボケ。
ジャパニーズピクルス ってええやんっけ!

922 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 01:55:24.78 ID:tmLwnatr
>>921
>ご飯に味が無い、と醤油かけて喰う。
最近は醤油じゃなくて、ふりかけが人気らしい。w

923 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 12:21:52.46 ID:QRYVPFsH
>922
だいぶ進化してきたじゃないか。
TKGまで、あと一歩かな。

924 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 12:28:11.43 ID:hUcbeF27
飯はしょーゆやふりかけよりずばり塩をかけるとうまい 最近塩がわるものになっているようだが

925 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 12:28:41.93 ID:dqq+jPYp
TKGって言い方は流行らないし流行らせない

926 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 15:48:09.87 ID:CITuD2Ms
日本以外の国の 生卵に対する嫌悪感は尋常では無い。
実際危険だし。日本の卵が衛生的過ぎるんだが。
半熟も嫌う。生よりキモいバロットと変わらない と知り合いの台湾人。
アフリカ人が すき焼き生卵を見て吐きそうになっていた。
ジャングルじゃ生卵食わないもんな・・・

927 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 16:44:16.61 ID:CuYf03Pw
TPPになったら統一基準でごちゃまぜになって、ゆで卵以外食えなくなりそうだね。

929 : [―{}@{}@{}-] 日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 20:31:03.82 ID:hZTdAUcH
生卵より東南アジアの半分孵化した奴のがよっぽどヤバイと思うんだけどなあ

930 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 20:39:08.73 ID:SQ/gDl3L
>>926
アメリカ人だと半熟の目玉焼きや、ドレッシングに混ぜた形で
生卵に近い物は食べてるらしいね

931 : [―{}@{}@{}-] 日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 22:31:12.54 ID:hZTdAUcH
soysauseって日本の醤油だけじゃなくて
中国やインドネシアの伝統的な大豆由来の調味料も含まれるんだよな

932 :日出づる処の名無し:2013/05/09(木) 23:40:18.44 ID:B/gdPKxc
>>926
アメリカは半熟のオムレツとかもあるし、半熟は大丈夫でしょ。
生卵がなあ…

933 :日出づる処の名無し:2013/05/10(金) 04:18:14.90 ID:49gebNo+
生食文化が無いところに生食広まっても
衛生的にいい事ないから、取り入れんな
こっち見んなほっとけ、としか思わない。

934 :日出づる処の名無し:2013/05/10(金) 21:03:34.13 ID:9+fsiggt
取り入れなくて良いけど一々文句言うな
こっちは好きで生喰ってんだよ

936 :日出づる処の名無し:2013/05/11(土) 15:53:31.62 ID:YEFuiKeH
カニカマが売り出された時
親が「こんな人馬鹿にした商品が有るか!!」と起こっていた。
今や日本どころか世界のベストセラー

938 :日出づる処の名無し:2013/05/12(日) 01:44:08.40 ID:2AJWVuah
三国人のアレンジ寿司を有難がって食ったり、
適当な外人って結構多いんだなーと感じる

939 :日出づる処の名無し:2013/05/12(日) 11:59:04.29 ID:a//neJyR
サイゼリヤをイタリア人たちが検証
コンナモノイタリア料理とは程遠いと。

940 :日出づる処の名無し:2013/05/12(日) 14:35:56.78 ID:4ksE0c5m
地域地域の人が美味しいと思うものを食べれば宜しい。
コメとネタを同時に食す料理は一般名詞で「スシ」と呼ばれるようになった。
それだけのこと。

……サイゼ行ってくるか。

941 :日出づる処の名無し:2013/05/12(日) 15:45:08.27 ID:e/fhNTnv
サイゼリアってイタリアンレストランでも何でもない只のファミレスだろ
ジョナサンやガストなんかと何も変わらん

942 :日出づる処の名無し:2013/05/13(月) 10:11:37.19 ID:aJouPfkr
昔は本格イタリアンと言うウタイだったんだよ。
コースもあった。

944 :日出づる処の名無し:2013/05/13(月) 14:58:57.80 ID:+J8Lf1G6
>>909
麺に加えるカン水、ニガリの一種が入っているんだが、元は内モンゴルのとある地方で取れてた水です。
日本の現在の醤油はたまり醤油といって、
虚無僧で知られる普化宗の祖・無本覚心が作った金山寺味噌の副産物を直祖とします。
ですから中国の醤油とは、材料(豆だけ)も製法もコンセプト(味つけを重視しない)も違う別物です。
名前が同じだけ。

946 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 01:44:09.44 ID:odNQQpp9
>>944
おお、なるほど。つまりは日本風の醤油は廃れた訳では無く、元々支那には無かったのですか。
しかし現代中国でも使う人が出ていると言うことは、
味覚的には受け入れ可能なところはあるのでしょうね。
考えてみたら味の素好きですものね(笑)

947 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 07:35:52.60 ID:BVRwVUky
醤油はまだ中国のそれの面影残っているけど、
ケチャップなんかはもはや全くの別物だな
あれは元々のケチャップの良さを排しすぎ
トマトや大豆の味をメインにするなよ

948 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 10:56:40.87 ID:yjfKgIR2
醤油は、面影というか漢字を充てただけ。
日本の醤油は英語でソイ・ソースと、言ってソイ(豆)からつくる。
中国は髪の毛や魚等を原料としたりして、
結果的に醤醢と、アミノ酸が出来るから似てるだけ。>>944の言うとおり。
付け加えるなら、大戦中、技術継承がなされなかったので、現在の技術は復刻。
そして、現在では米国等に専用の巨大な工場を持ち、世界的な調味料に至る。

他にも、似たような物に、羊羹がある。
字面通り、中国というか、モンゴルでは羊から作るのだが、
日本では小豆から作る。見た目が似てるが、全く別モノ。
近年はお菓子として、中国に輸入されてます。

949 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 12:03:08.84 ID:p6fFRpXF
醤油はアメリカで売り出した時
その色からゴキブリ汁だとのデマに悩まされた。

950 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 12:10:05.44 ID:BVRwVUky
中国の醤油って大豆由来じゃないのか
となると、黒大豆が主原料のインドネシアのケチャップの方がよっぽど醤油に近いんだな

951 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 14:29:11.04 ID:5rKiPjNO
>>942
サイゼて昔(?)はコースとか出してたんすか

日本国内でイタリアンフレンチ中華やってる店って普通に日本人が多いが、
海外で日本食売りにしてる店のシナ人朝鮮人の多さったら・・・自国で店開いても儲からんの??

952 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 16:34:39.58 ID:p6fFRpXF
若い人には「昔ガストや山田うどんにコースが有った」と言われる位の驚きだろうけど
バーミャンやサイゼリヤには3000円位のコースが有ったんだわ20年以上昔。

アラスカの超僻地にも自称日本料理屋があって。
カニカマやマヨやらもう無茶苦茶でコレのどこが日本料理なのか!ってな生ゴミ状態。
エスキモーは少数民族対策で皆生ポ状態。食う寝るだけの生活で
皆超肥満。
日本食は美味い美味いと その生ゴミを喰らっていた。

予想通りその自称日本料理屋はチョン夫婦経営。
「韓国料理つったって客なんか来ないし・・・日本料理つーしか無いだろ」

つまり超僻地の生ポをチョンが騙してる と言う全く日本に無関係の日本料理屋なのであった。

953 :日出づる処の名無し:2013/05/14(火) 17:22:06.29 ID:AG/HTtDT
ソイソースって、日本人が「しょうゆ」って教えたのを
外人の空耳でソイになったって聞いたけどほんとかね

日本料理じゃないけど、20年程前のイスタンブールの中華料理屋が
すさまじい不味さでびっくらこいたことがある
中華って誰が作っても味の素さえあればある程度の味は出せるもんだと思ってたんだが…
経営者は中国人ではなさそうだった

955 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 10:38:51.97 ID:PgG+3h+H
>薩英戦争後に、その近代兵器のすごさを認識した薩摩藩はイギリスと貿易を始めますが、そのとき
>輸出した醤油を鹿児島弁のまま輸出しました。(鹿児島弁で醤油のことを「そい」と言います。)
>それで、醤油=ソイのままイギリスに渡り、醤油が英語でソイソース(soy sauce)となったのでした。

956 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 11:26:00.42 ID:5uA+SwvP
大豆が原料のソースだから醤油がソイソースなんじゃ無くて、
ソイソースの原料だから大豆がソイビーンズなんだね。

957 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 13:37:47.85 ID:TdBAK8KY
アメリカに大豆を広めた張本人(↓)

http://www.youtube.com/watch?v=W5B2icDl28s

うそじゃないよ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~rakusyotei/daizu1-8.html

958 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 13:54:39.41 ID:nKVP/Bvc
いや、中国語→日本語→オランダ語→英語みたい。
http://www.etymonline.com/index.php?allowed_in_frame=0&search=soy&searchmode=none

959 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 14:25:47.93 ID:PgG+3h+H
漢字の醤油は中国語起源って当たり前じゃないのか

960 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 14:36:34.71 ID:0il3KwLR
ソイレントグリーンていうくらいだからな
中国起源だな

961 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 17:13:53.96 ID:CfNZzXSC
(゚Д゚)ハァ?

962 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 18:32:57.00 ID:Vb4UvSea
醤のジャン→ショウ
この発音の変化は理解出来ない

963 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 19:41:54.04 ID:0il3KwLR
順序としたら逆なんじゃね?

>>961
人肉ネタだ
すまん

964 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 22:46:27.92 ID:jCBTSMWk
>>962
でも
将(日本語発音で「しょう」)が、ピンインで”jiang”だしねぇ(「じあん」て感じか)。

965 :日出づる処の名無し:2013/05/15(水) 22:47:22.63 ID:jCBTSMWk
>>963
おまけに今となっては、伝来当時から千年くらい経過してるしなぁ

967 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 00:14:22.33 ID:ZHdzJWPR
>>964,965
文字で見るとそんな変化あり得ないと思えても、口と耳での伝達だとそこまで変化するものなんかな?
まぁ、西洋とか東南アジアとかオセアニアでも理解できない変化はあるな
特にカエサル→ツァーリ、ナガラ→アンコール、クリスマス→カリキマカは理解不能だった

968 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 03:24:05.77 ID:eb0bYypn
>>967
米人が「空手」と言ってるのがクァラーリとしか聞こえなくて困ったことがある

969 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 03:58:41.01 ID:AOdfBUyq
>>967
普通に一般人が大勢往来出来る地域は音と耳だろうけど、
かなり離れてる所は音じゃなく文字で伝わったんでない?
その国の言葉によって、アルファベットって読み方違うじゃん?
文字を読んで自分の国の言葉風に発音したら全然違う発音になったんだと思うよ
例えば人名で言うと、同じアルファベットの綴りでも国によって発音が違うでしょ?
ベル薔薇のアンドレだって、フランス語:アンドレ→英語:アンドリュー→イタリア語:アンデレ
→スペイン語:アンドレス→ドイツ語:アンドレアス→ロシア語:アンドレイ、じゃん
ヨーロッパの狭い地域でこれだよ
交通が不便だった昔ならローマとロシアじゃ大分違ったろうし、海を渡る中国と日本なら言わずもがな

970 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 10:12:49.78 ID:3XIu7d9r
そもそも、日本国内だって方言が聞き取れないほど変化するんだから、
国も時代も違えば、似ても似つかない音になるのは仕方ない。

971 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 11:19:25.51 ID:EAl2JQD+
クリスマス→カリキマカをぐぐったら、
ハワイ語には[s]がなく、したがって耳で[s]を聞くと脳で[k]と認識される、
みたいな説明があったよ
文字じゃなく音だけで、そういう変化を生むそうな

972 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 11:37:11.92 ID:S54yrmF1
チェコ人が
我が国で日本のドラマ『オゴノイヌ』を知らない人は居ない。大人気だったんだ!
と 主題歌歌い出した。

さてオゴノイヌとは?

973 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 12:59:37.48 ID:3XIu7d9r
黄金の犬か?

ぐぐったらそんな題名のドラマがあったらしいが、全然知らん

974 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 14:21:14.34 ID:/SwfKT0y
水戸黄門とか?

975 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 14:57:03.93 ID:2TDeMsP6
大河ドラマの、黄金の日々かな?

976 :日出づる処の名無し:2013/05/16(木) 17:06:12.96 ID:S54yrmF1
黄金の犬なんです。
そうそう北方領土の露助は皆
自国のTVよりオモロイと
日本のTVばっか見ていて お前ヤポンスキーか、と水戸黄門唄うんだよ。

大河「いのち」はキューバで大人気で 石野真子は国賓待遇らしい。
キューバ出身のメジャーリガー達が来日して
「日本で何したい?」 「イシノマコに会いたい!」だって。

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(5) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。