2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
戦隊ヒーロー物はなぜ5人なのか(part16スレ)
- 2009/08/24(Mon) -
687 :日出づる処の名無し:03/11/09 03:00 ID:G1pdufYj
自由の定義ってさ、自分の意思のまま行動することが出来るという事、だと思うんだけど、
個人としての自由はその定義でいいんだけど、集団としての定義で見ると50点だよな。

誰かを殺したいとか、持っているものをうらやましいから強奪したい、となった時、
個人としては思うままにやるのが自由だけど、集団として考えれば、
逆に誰かに攻撃を受ける、即ち自由を侵害されるという事になり、
故に自由というのは、他者の自由を侵害しない範囲で自分の意思で行動できる事、
という定義に必然的になるよな・・・・

だから共同体のルールを守ること、とか、法律を守ることというのは自由を守ることに
必然的になるわけだよな。

馬鹿ほど自由というものの意味を履き違えるものだよなと思う。

691 :日出づる処の名無し:03/11/09 03:10 ID:G1pdufYj
何が言いたいのかというと、好き勝手に法律を無視したり、公共心というものが無い奴は、
全然自由というものを知らない奴なんだろうなという事。

アメリカみたいに、億万長者になっても、塀に囲まれた町に住んで、
ガードマンに守られながら暮らすような生活は全然自由でもないし、
哀れな生活なんじゃないのかな?という事。
まるでサファリパークの中で生活しているみたい。
自分の国なんだから、どこで住もうと、真夜中に散歩しようと、
安全な国の方がよっぽど自由な生活だし、これこそ贅沢な暮らしなんじゃなかろうか?

1億円を一人占めしてしまえば確かに金持ちだが、1億人で分けてしまえばわずか1円だよね。
1億人全部が豊かになるには途方も無い金額がかかるんだよね。
ある意味、日本みたいに全員がそこそこ豊かになれる社会というのは、
アメリカなんかと比べても莫大に金が掛かっている社会なんじゃないのかな?と思うけどね。
インドだって、パキスタンだって、金持ちは日本人なんかよりも遥かに豪勢な生活をしているけど、
それを持ってインドやパキスタンは豊かであるとは言わないからな。

俺は最近、真の金持ち国家というのは、日本のような国を言うんじゃないかと思っているよ。

706 :_:03/11/09 12:09 ID:kpFYXqvf
>>691
>ある意味、日本みたいに全員がそこそこ豊かになれる社会というのは、
>アメリカなんかと比べても莫大に金が掛かっている社会なんじゃないのかな?と

社会インフラ(教育/ガス・水道・電気)が整っているかとか、
衛生面が充実してるかとかというのは、重大な問題だからねぇ。
インドや他の諸国などだと、法律で廃止したはずの身分制度が
未だに社会整備の足を引っ張ってる状況だし。

あと日本の場合、気候にメリハリがあるわりには、
そこそこマイルドな範囲に落ちついている(地震を除けば)というのも、
見逃せない点だと思う。
不毛の大地・凍土ばかりが広がる地域だとか、
密林だらけの地域を多く抱える国って、決して少なくないから。

707 :706:03/11/09 12:11 ID:kpFYXqvf
ごめん、文がなんか変になった。スルーしてください。
ただひとつ、アメリカみたいに優勝劣敗がひどい国には、
日本はなってほしくない。まぁあえて言えば、敗者復活のやりやすい国になって欲しい。
出世街道を外れたら立ち直れないというのは
カンベンしてくれ。。。

708 :日出づる処の名無し:03/11/09 12:32 ID:tF07fk21
>>707
敗者復活の可能性があるのはどちらかと言うとアメリカじゃない?
シリコンバレーの成功してる社長は平均して3回くらい会社を潰してる。
勝ち組と負け組の差はデカいが。

710 :日出づる処の名無し:03/11/09 13:59 ID:MVv95pDS
出世街道を外れたら立ち直れないのはむしろ日本

711 :日出づる処の名無し:03/11/09 14:20 ID:6wQYzk9n
>>708-710
707じゃないけど、707はアメリカの方が敗者復活しやすいと書いてると思うけど
でも敗者と勝者って考えがすでにアメリカに毒されてないか

712 :日出づる処の名無し:03/11/09 14:24 ID:MVv95pDS
そうか、そうだね
アホなこと言いました

713 :日出づる処の名無し:03/11/09 14:51 ID:IoMj389s
素直に主張を撤回する>>710>>712は非常に日本的。
少なくともその点でアメリカに毒されていない。

**********

787 :日出づる処の名無し:03/11/10 16:44 ID:d4xjeSel
マトリックスが斬新だと皆が思ったのは、単にスローモーションでアクションをやったと
いう事だけではなく、アクションそのものというよりは、静止シーンの決めポーズ的な
動作が新しい感覚として受けたんじゃないかなと思う。

キアヌの服装は思いっきりチャイナ服のイメージだし、決めポーズは歌舞伎の見得だよね。
ハリウッドのリアル嗜好では、あんな不自然なポーズは在りえない。
かっこいいんだけどね。あれは間違いなく歌舞伎の伝統を引く日本の特撮戦隊ものや、
アニメの影響がバリバリだよ。

何で皆そこを指摘しないかね?

かっこよさがマトリックスの斬新さだけど、その原点は数々の決めポーズにあるのにね。
嘘だと思ったらもう一度よく見直してごらん。

788 :日出づる処の名無し:03/11/10 17:12 ID:nL4JAuw4
>>787
誰でも気がつく当たり前の事なので、皆指摘さえしない。
それともコピペか?

789 :日出づる処の名無し:03/11/10 17:23 ID:ZW4FqIQl
>>787
確かに見得きってるなあ。
歌舞伎>戦隊>マトリクス
そういう流れなのかあ。

790 :日出づる処の名無し:03/11/10 17:29 ID:cQos8DSt
>>787
つーか、「パクリのハリウッド」がこれで認知されはじめるとオモタ
なーにがオマージュだよ。アイデア枯渇してるだけじゃねーか
結構前から他の作品でもぱくりぎみだったし、あほらしくて指摘する気になれんわ
映画として楽しむ反面、どっか引いてるって感じ?

791 :日出づる処の名無し:03/11/10 17:35 ID:BCfA/fY6
つか、監督自身が、
ジャパニメーションを実写でやりたいんだとかそんなこと言ってなかったっけか?

792 :日出づる処の名無し:03/11/10 17:40 ID:uGzBUeby
>>791
言ってるし、キアヌ自身も台本がコミックぽくて斬新だったって言ってたな。

793 :日出づる処の名無し:03/11/10 18:33 ID:WziRBnA9
歌舞伎というか京劇じゃないかね?実は見てなくて適当に言ってるんだけど。

794 :日出づる処の名無し:03/11/10 19:17 ID:SsmT07kj
>>793
とりあえず君は書き込む前に歌舞伎と京劇の違いを調べるべきだったね。

795 :日出づる処の名無し:03/11/10 19:51 ID:xn22wQU3
オペラや京劇では決めポーズっていうのはないのかねえ?
何となく見ている限りでは無いような気がするんだけど・・・・・

身振りが大胆というか大げさなのは世界共通なんだけど、
決めポーズっていうのは日本独特のような気がするんだけどね。
西遊記なんかの京劇を見ていると、
孫悟空役が棒とか使ってある種の決めポーズというか、
独特のポーズを取るんだけど、劇中でしょっちゅう使うんで、これもなんか違う品。

やっぱ戦隊モノの、必殺技のポーズとか、登場シーンとか、仲間が揃ったときの
決めポーズとかが元祖っぽいよな。
れまでのハリウッドのアクションヒーロもの、スパイダーマンとか、スポーンとか、
スーパーマン的なものにはこういう考え方ってないしね。

ああいうのって、やっているほうも自己陶酔しやすくて、結構いいと思うんだけどね。
皆も幼稚園時代とかヘンシーンとかやったでしょう?

796 :日出づる処の名無し:03/11/10 19:58 ID:xn22wQU3
例えば、相手に指を突きつけて、お前は既に死んでいる!っていうのも
一種の決めポーズなんだよね・・・・・・

月に変わってお仕置きよ!もそうだし・・・・・ダーリン許さないっちゃ!っていうのもそうかな。

元々は、武道のタメ、とか、余韻とか、残心とかの概念から発生したものなんだと思うけどね。
日本文化は奥が深いよ、ホント。
そうそう、時代劇の殺陣とかで、切った後に、切ったほうが構えを崩さないで、
切られたほうがよろよろと2.3歩歩いてバタッと倒れると刀をおもむろに納めるところとか・・・・
いやー、韓国や中国には真似できない芸当だよね。
文化の蓄積だよ。

797 :日出づる処の名無し:03/11/10 20:04 ID:xn22wQU3
なんていうか、ヘタクソが作るリアルなアクション映画というのは重みがないんだよね。
それがリアルなんです、っていう意見もあるんだよ、
現実にはこんなものですっていうのもある種の正論なんだけど、

それじゃあ、面白くないんだよね。

現実には在りえないポーズとか、行動を取る事によって、却って現実味が出るというのも
なんつーか皮肉な話だけどね・・・・・
リアル嗜好のハリウッドも、これからどんどんと日本文化に汚染されていくんだろうね。
構成の映画評論家達は、この時期から日本の影響が見られるなんて
分析しだすのかもしれない。

関係ないけど、パワーパフガールズというアニメを見たんだけど、なんつーかノリが
日本アニメみたいなところが随所に見られ、スタッフはアメリカ人っぽいんだけど
どーも妙なんだよね。
誰か詳しい情報ある人居る?

798 :日出づる処の名無し:03/11/10 20:07 ID:LAsR7beq
京劇にも決めポーズはある。
西遊記なんかおもしれえので見てみると吉。たまに教育テレビでもやってるし。

799 :日出づる処の名無し:03/11/10 20:29 ID:BCfA/fY6
>>パワーパフガールズ
そか? アメにいる時に暇潰しに見てたけど、如何にもアメコミ的なアニメと思って見てたけど。

800 :日出づる処の名無し:03/11/10 20:47 ID:kD/jr5fE
敵に攻撃する時、技の名前を叫ぶヒーロー達。
あれも、日本文化だよね。
外国のヒーローには無かったような気がする。

801 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:00 ID:r54uCEYU
戦隊もので、勇者がかぶっているマスク。
日本のものはたいていフルフェイスで全部顔が隠れている(仮面ライダー、ゴレンジャー)
西洋のそれは目の部分のみのマスクが多い(ロボコップ、サイクロップス)

日本=能面、獅子舞の頭
西洋=仮面舞踏会でのマスク

の文化の違いからくるものだろうか。特撮戦隊ものと歌舞伎・能の関係については
岡田斗司夫の「オタク学入門」でも詳しく言及されていた。

802 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:10 ID:/CJE59aD
正確に言うと、アメコミ系のヒーロものは決めポーズらしきものはある。
架空の物語系というものは国籍を問わず多少はそういう傾向はあるのかもしれない。

例えばスーパーマンの空を飛ぶときの右腕を前に突き出すポーズ、とかね。
まあ、日本のものには及ばないけどね。

問題は、実写もの。
リアルものにはそういう傾向というものが今まで無かったって事なんだよね。
それだからこそ、マトリックスが何か新鮮に見えたという事。

パフパフは、絵柄はもろにアメコミなんだけど、何と言うか話の流れというか、
演出が極めてアメリカっぽくないなと。

803 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:27 ID:MBDvYd6T
中国人のジョン・ウーのスローモーションもかなりハリウッドに影響を与えてる。
挽歌シリーズとかフェイス・オフとか。
そのジョン・ウーは何から影響を受けたかは知らんけど。w

805 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:29 ID:e4HJnOG/
>>803
デ・パルマじゃないの?

806 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:29 ID:m3h+uM+s
>そのジョン・ウーは何から影響を受けたかは知らんけど。w
ペキンパーとちゃうの?

807 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:41 ID:qqebaQI7
>>805
ついでに言うとミッションインポッシブル1の監督はデ・パルマ。
スカーフェイス、アンタッチャブルでつかったスローのシーンは有名。

809 :日出づる処の名無し:03/11/10 21:57 ID:aprrZPyj
ジョン・ウーは若い頃からの大の小林旭ファン。
MI2で日本に来た時かな? この2人の対談があったが
激しく緊張しまくってて、旭と顔を合わせた時に大感激してたらしい。
何でも小林旭は、自分の中でヒーローなんだと。
映画で影響を受けててもおかしくなさげだが

811 :日出づる処の名無し:03/11/10 22:14 ID:fkitOL1p
映画のスロー話が出ているのでチョッと割り込みます。
スローモーションについて言うと、元々は黒澤明の54年『七人の侍』が最初で
(無論スローはそれ以前から有りますが)効果的に使用されています。
これを観て影響されたペキンパーが自作の『ワイルドバンチ』その他で
使用しはじめ最近のデ・パルマやジョン・ウーなどにも
間接的に影響を与えている訳です。

812 :日出づる処の名無し:03/11/10 22:18 ID:ZQWoCR4f
>>809
渡り鳥シリーズを見まくってたらしいね。
ギターを背中に白馬に乗って草原のなかを去って行く旭。マジで国籍不明。

816 :日出づる処の名無し:03/11/10 22:53 ID:aiwCGb2S
日本アニメの一番の特徴は絵をデフォルメするだけじゃなく
時間もデフォルメするところだよね。

817 :あ:03/11/10 22:56 ID:tMaRIbRZ
戦隊ヒーロー物って歌舞伎をヒントに作られたって知っている奴はいるのかな?

818 :日出づる処の名無し:03/11/10 22:59 ID:qod0q0mU
キャプテン翼もスr-モーションだ。何秒空中に浮いてんだw
戦隊ものは5人で、色分けが赤、青、黄色、緑、ピンク。
幼稚園の時、ピンクだけがパンツみたいなの履いてるから不思議だった。
赤が主役。青、黄色が優秀なブレーン。ピンクが女。
そして・・・緑が何故か、脇役だ。

820 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:02 ID:QUp/2XAK
>>817
「五人揃ってゴレンジャー!!!」 のポーズは、たしかに歌舞伎みたいだな。

821 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:03 ID:m3h+uM+s
>>818
黄色が優秀なブレーンでつか?

823 : ◆I8NA0FaViA :03/11/10 23:07 ID:KgmoPZYK
>>817
歌舞伎や能・狂言などはデフォルメ演劇の極みだから、
そこからネタを引っ張ってくれば、しばらくはネタが切れる事も
無いだろうなぁとオモタ。
>>820
さすがにモノごころ付くようになってくると、TV見ながら
「こら、怪人! 相手が名乗ってるの見てるんやったら
さっさとやれよ!」とかって思ってたなぁ。

824 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:07 ID:qod0q0mU
>>821
まあ若干、青に劣る程度でほぼ互角だろう。
緑は、毎回ザコ扱いだ。これも良き戦隊モノの伝統だw

825 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:09 ID:kD/jr5fE
>>817
日本人は多かれ少なかれ日本の伝統文化の流れの中に生きているので、
自然に歌舞伎の伝統が芝居の中に息づいてきたのだと思うよ。
意識して歌舞伎をヒントに作られたわけではなく、
歌舞伎の文化が勝手に入り込んでしまったのだと思う。
日本人の倫理道徳に、武士道が無意識に盛り込まれているの同じだ。

827 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:10 ID:CslyHI/U
戦隊モノというと・・・・バンバラバンバンバン♪バンバラバンバン♪とか
思わず口ずさんでしまいます・・・・思えば結構、音楽にも秀逸なものがあったと思います。

それも優秀な魅力なんだと思いますけどね。
きめポーズと言えば、ガンダムのTVで、15分の折り返しのCM入る時と出るときの
決めシーン?は秀逸でしたね。
ルパンとかも結構アイデアを巡らしてましたが、
ああいう短いシーンでの濃縮されたシーンというのの
センスも日本独特ですよね。

828 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:12 ID:qod0q0mU
テレビCMは時代を映す鏡の一つだが、アニメも日本精神や文化を映す鏡だな。

831 :こむぎやき:03/11/10 23:15 ID:y8UnIVjT
ゴレンジャーや戦隊ものを観ると白浪五人男の口上シーンが
頭に浮かびまつ

833 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:19 ID:KUad2Raq
ガンダムとか、宇宙戦艦ヤマトとかは、テーマソングも優秀でしたからね。あ、ルパンも。
イタリアとかではルパンの音楽が現地のヌペーとした音楽に差し替えられているのですが、
マジで殺意が湧いた位です・・・・・

音楽と映像がセットで初めて魅力が発揮されると思っているので、
勝手に改悪しないで欲しいですな。
イタリアのサイトで、アニメ関連のテーマソングを集めているのがあるんですが、
(現地放送の)
ほぼ100%差し替えられていて、もう泣きたくなるようなヘボい歌ばっか・・・・・・

燃えあがーれー♪燃えあがーれーガンダムー♪とか、
ヤマトのオープニングとか、単体で聞いても
大したセンスだと思うんですけどねえ・・・・・
今のアニメの音楽は正直どうでもいいようなものばかりで
何十年も経ってからもう一度聞きたいとは思えないようなものばかりですが・・・・

誰だ!誰だ!誰だー♪青いマントに浮かぶ奴♪とか、
今でも強烈なイメージがあるんですけどねえ。

834 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:19 ID:v5D0F2Lv
黄色はカレー好き

835 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:20 ID:tDM+Fqjx
>>818,>>821,>>824
黄色はカレー好き。じゃなかった、デブキャラだろ。三枚目だ。
青はニヒルなアウトロー。二枚目役。
緑はショタコンマニア御用達キャラ。

でぶ黄色、ちび緑、やせ赤、のっぽ青という説もあり。

838 :こむぎやき:03/11/10 23:34 ID:y8UnIVjT
五人組のキャラ設定は、元はガッチャマン辺りなのかな…。
赤…大鷲のケン
青…コンドルのジョー
ピンク…白鳥ジュン
黄…ミミズクのリュウ
緑…燕のジンペイ

古くは忍者月光(実写、ガッチャマンの元となった作品とのこと)があるけど
観たこと無いしわからないのでここはおいときまつ。

839 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:37 ID:GN/12UbW
>>838
忍者月光とは、忍者部隊月光のことでつか?

841 :こむぎやき:03/11/10 23:46 ID:y8UnIVjT
>838自己レス
あ、忍者部隊月光でつた。訂正します。
ちょっと検索してみたらやっぱり5人組でした。
主人公と女性、ちび以外のキャラ設定(どれがニヒル?どれがデブ?みたいな…)は
わかりませんでした。 

843 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:50 ID:zd0qQ2xp
>>820
東映の戦隊シリーズの源流は東千代之助や伏見扇太郎とかがやってた
勧善懲悪、荒唐無稽な冒険活劇シリーズだから

どちらも主役、サブキャラが集まって悪玉(進藤英太郎など)を苦心の末倒す
善玉も悪玉も剣法か秘術の必殺技と決めセリフと決めポーズがある

戦隊物は設定を現代に、格好を着物から色物に変えただけ
個人的には東映らしさが一番残ってるコンテンツだと思う

848 :日出づる処の名無し:03/11/10 23:54 ID:YTXBuEtS
五人という人数は五行説が関係している?

855 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:06 ID:h3Lv9cXF
>>848
ただ単に語呂が良いとか、バランスが良いってだけらしい。
昔、「円盤戦士バンキッド」って特撮番組は主人公が8人ぐらい居たはすだ。
戦隊シリーズだと「サンバルカン」で思い切って3人にしたが
人気が無く結局、元の5人に戻したんだと。

856 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:07 ID:81Gt3Ldn
ひとーりよーり ふたりがいいさ ふたーりよーり さんにんがーいいー。
リーダーは一人、副と予備のそれぞれの補佐で5人がいいのですよ。

859 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:11 ID:ueB4J33B
>>855
奥田英二のバンキッドか。8人もいたっけ?
忍者キャプターは7人だったような気がするな。

860 : ◆I8NA0FaViA :03/11/11 00:16 ID:QE8Jex//
>>848
ストーリー展開をする上で、ちょうどいい数なんでは?>5人
奇数がいいのは、かならずリーダーを必要とするため。
(2+2+1で、真っ二つにはならないし)
3名だと少ないし(ボケ+ツッコミ+調整役か)、
7人だと人数が多すぎて視聴者が覚えにくいし。

861 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:16 ID:tcOCvEVu
ウルトラマンは特撮ヒーロー物の中でも古いけど、
この巨大系のヒーローって、
海外にはあったかな?
あんまり見かけないけど。

865 : ◆I8NA0FaViA :03/11/11 00:21 ID:QE8Jex//
>>861
『超人ハルク』はそう。ほかにも、キングコングはそうとも言える。
ただ、アメリカとかは荒野が多く、
日本みたいに「住宅街や都心部で怪獣プロレス」という構図は取りにくいわな。


869 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:26 ID:Pb1r4UWP
>>835,>>838-839,>>841,>>843
831のいうとおり白浪五人男あたりが古いが、
さらにいえば天孫降臨神話の
邇邇藝命・児屋根命・布刀玉命・天宇受売命・天忍日命とか?

>>848,>>855-856
ユング心理学の4タイプ。プラス日本独特の中空思想でブラックホールがひとり。
古神道の「一霊四魂」で計5、ってのにも対応してる。
マサイ族のライオン狩りの4人組もユング心理学の4タイプを揃えていくらしい。

873 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:39 ID:1KUQckY9
「5」という数字は古今東西使われてるね。
日本の場合は中国からの陰陽五行が元だろうけど
さらにたどれば「人間の指の本数」ではないか?

874 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:39 ID:FwwXY82k
>>869の解説聞いたら、ゴレンジャー考えた人はびっくりするなw
実は手の指の数だったりして。

875 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:47 ID:713BRRNs
>>860
戦隊が5人なのは、人間の指は片手に5本だからだ。
と、おれのかーちゃんは、ゆーてたぞ。
それを素直に信じていた、ガキの頃の俺…

879 :日出づる処の名無し:03/11/11 01:42 ID:Pb1r4UWP
>>875
それは藻前のおふくろがフィンガー5の世代だからだろ(w
(漏れと同世代だが(w)

876 :日出づる処の名無し:03/11/11 00:56 ID:QZf4ZXdL
十進法も両手で指が十本からきてるという説もあるしね

英語は13から言い方が変わるから
「イギリス人は指が12本あるのか?」とからかう人もいるらすぃ

878 :日出づる処の名無し:03/11/11 01:25 ID:6Yn8rOSd
土曜日の昼頃、教育テレビで放送している「古典芸能入門」みたいな番組で、
歌舞伎の見方みたいなコーナーがあったんだけど、
見得の切り方・場面転換の仕方、演出のテンポ等を見たとき、
「あ~コレ、センスの遺伝子が漫画やアニメに形を変えて
今の時代にも脈々と受け継がれてるんだな~」と激しくオモタよ。
歴史って伊達に積み重なっているものじゃないんだな、と。

881 :日出づる処の名無し:03/11/11 01:53 ID:8+AYF8LK
時計の針が12時間で一周するのは

883 :日出づる処の名無し:03/11/11 02:20 ID:QZf4ZXdL
時間が12進法なのは一年が約360日で、
その間に月の満ち欠けが約12回繰り返されることからきていると言いますね
約数が多いというのもあるようです

フランス革命のとき、政府が時間にも10進法を採用したという話を聞いたことがある

896 :日出づる処の名無し:03/11/11 14:21 ID:fsHlnDxm
>>833
ルパン、ゴレンジャー、ガッチャマン、ヤマト・・
今でも鮮烈に印象に残る主題歌が多かったなぁ

つうか、差し替えるなよ、諸外国。
当時のアニメ、戦隊と主題歌はセットだろうが。

897 :日出づる処の名無し:03/11/11 14:30 ID:ShQuEgsr
しょうがないよ。
有色人種の文化をそのまま輸入するなんて、彼等には耐えられない事なんだ。
どこかを改悪する事で、せめてもの心の安息を保っているんだろう。

898 :日出づる処の名無し:03/11/11 14:38 ID:KqZAU1vR
イギリスの12進法とかは、インドの影響のような気がする。
60進法とか音階とかも。
で、その進法はもちろん、太陽と月の運行を基にしている。
10進法は単に計算し易いとか、10本指とかの理由だと思う。

899 :日出づる処の名無し:03/11/11 14:45 ID:KYDhdJ9n
イギリスには実際に指が12本ある家系があるはずだが。
それが12進数と如何なる関係があるかは知らない。

900 :日出づる処の名無し:03/11/11 14:47 ID:7iB2ghs+
>>897
しょうがなくねーよ。
白人の有色人種への差別心は、日本人にとって大きな脅威だ。
だから歯を食いしばって崩していかないと。
マンガでも武道でも何でも良いから。

**********

887 :日出づる処の名無し:03/11/11 03:14 ID:ljKRCCrC
猫と浮世絵
(´-`).。o0( 普通に漫画っぽいなあ )

888 :日出づる処の名無し:03/11/11 03:44 ID:g0JGcVOT
鳥獣戯画の将棋指してる蛙とか
盆踊ってる兎とか、どうみても漫画。効果線まで描いてあるし。すごいよ、ほんと。

フランス人が展示されてる鳥獣戯画を見て、
現代に描かれたものだと思い「これを描いた人に会いたい。どこにいるのか?」
と聞かれて同行した人が困ったなんて話もあったな。

889 :日出づる処の名無し:03/11/11 04:15 ID:eqzQIdLK
伴大納言絵巻とかの絵巻物もマンガだよなぁ。

892 : ◆I8NA0FaViA :03/11/11 10:10 ID:jG/xO64o
>>888
漫画サロン板だったかどこかの過去スレ(ネタスレ)で、
鳥羽僧正がさんざんネタとして引用されてたのを思い出したなぁ。
昔の2ちゃんのトビラに鳥獣戯画が使われてたのも
ある意味分かる気がする。

>現代に描かれたものだと思い「これを描いた人に会いたい。
>どこにいるのか?」と聞かれて同行した人が困ったなんて話も
ワラタ(^-^;

**********

914 :日出づる処の名無し:03/11/11 20:00 ID:1UR039D7
怒りの葡萄、なんていう古いアメリカ映画を見ていると、アメリカ人の中の人も大変だ・・・
と思ってしまうが、古いアメリカ映画とかと、現代のハリウッド映画を見比べてみると、
人々の価値観というのもかなり様変わりしているなと感じる。
まあ、日本も同じ事だけどさ。

昔のアメリカ人は、男は黙ってベラベラ喋らないとか、仕事に対して実直であるとか、
そういう論理規範みたいなものを美徳とする風潮があったみたいで、
何も昔から裁判、裁判とか、年がら年中転職してステップアップとか、
男女平等とかの思想があったわけではないんだなという事が分かる。

915 :日出づる処の名無し:03/11/11 20:07 ID:1UR039D7
変な話だけど、昔、アメリカの都市設計が非常にバリアフリー思想が優れているという
話があって、障害者に優しいという事で、日本も見習えという風潮があった。

で、何だったか忘れたんだけど、どっかの本で、
それはベトナム戦争で膨大な数の身障者が生まれたお陰で、
その人達の不満の抗議で変わっていったものだという
経緯を検証していた。
要するに、手足をなくして、車椅子で生活する人間が珍しくないほど増えてしまったため、
社会がそれを無視することが出来なくなったという事らしい・・・・
じゃあ、第二次世界大戦はどうなんだ?というと、
そのころの医療技術では、手足を失うほどの重傷を負ったものは、
結果的に死亡する率が高かったため結果的には
社会構造を変革するほどの影響を及ぼせなかったという事らしい。

結果には原因があるという事だよな。

940 :日出づる処の名無し:03/11/11 23:22 ID:nlgIpU2Y
>>914
昔のアメリカ映画って、けっこう日本人にもわかりやすいよね。
「奥様は魔女」の再放送を見てたら、外に出たがる妻と
奥さんは家にいて家事をやるものという夫や世間の考えが対立していて
ちょうど今の日本に似てる。

てことはいずれ日本もアメリカのようになるのか。。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(30) | TB(0) | ▲ top
<<ご隠居文化を作らねば(part17スレ) | メイン | 「パブリックマインド」と「こちらを見ている太陽」(part16スレ)>>
コメント
-  -
>>4277
日本の奴隷ってどこにいった?
ググって見てみた(ほとんどウィキペディア)けど、
公奴婢(くぬひ)と私奴婢(しぬひ)は格式で正式に廃止されたらしいし、人身売買された=奴隷というのも何かよくわからないし。
調べてわかったけど、まだ議論中っぽいね。
戦後GHQから日本における奴隷階級の解放宣言をしても、日本政府が奴隷なんていないと反論したらしいことには喜びを隠せない。
日本は奴隷廃止では先進国ではないかと思う。
2009/09/01 11:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今も昔も、奴隷産業は最も経済的だからね。
安価な労働力によって多額の利益を生み出すのが最も効率がいいのさ。
2009/08/27 15:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
奴隷についてはアフリカの人達も自らその一端を担っていた部分もあるからね。一概には言えんよ。
人種関係に過敏な彼等を見ると歴史の連続というか今だにどちらも苦しんでいるのかなと思うこともある。
2009/08/27 09:43  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>4266
男は外、女は中が定着したのは、むしろ近代以降ではないかと考えます。

庶民の生活についてはかなり時代を下らないと記録が無いのですが、平安時代の上流社会において、清少納言や紫式部が存在したことを考えるに、女性が仕事に就くことに対する抵抗は、さほど強くなかったのではないかと推測いたします。
江戸時代も、農民は当然共働きだし、商家では、女中として働く人もあり、女将として采配する人もあり。結構日本の女性は働きものだったのよ。
2009/08/27 09:19  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4268
>原住民を殺しまくって奴隷が足りなくなってしまい
厳密にはちょっと違う。
ネイティブアメリカンも奴隷にされていたが、自我が強くて言いなりにならないので使いにくかった。
アフリカンの方が従順で使いやすかったから輸入した。

善悪の価値観も時代によって変化するから、奴隷制を「悪」と断ずることはしないでおくけどね。
黒人奴隷の件については、アメリカ自身も深く悩んでいるようだし。
ネイティブアメリカンももっと救済されるべきだと思うのだけど、こちらについては直視するとゲシュタルト崩壊するのかもね。
悪だとまでは思わないけど、病んだ国家だと思ってるよ。

健康な国家があるかっていうと、思い当たるところはないけど。
2009/08/27 09:07  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>アメリカ=悪 日本=正解
その土地独特の思考や何を善悪とするかに正解や不正解、悪や正義は無いと思うけど、用いる時と場合によって色々問題があるって感じかな?個人的には。
アメリカのように自らの正しさを主張するよりも、日本のように素直に非を認める方が少なくともこの場合においては良い方法であっただけで、別に日本が正解!ってわけでもないからね。
逆にアメリカではこのような方法をとると「自分の言ったことも分からないのか」ってなると思うし、まぁ、つまり、異文化ですから仕方ないと思いますよ。
日本の切腹文化があなたにとっては厳しい責任追及に見えるように、アメリカの開拓精神が誰にとっても素晴らしいわけではないってことですかね。
2009/08/26 11:07  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4268
>原住民を殺しまくって奴隷が足りなくなってしまい、アフリカから奴隷を連れてきて開拓したのが素晴らしいの?
>>4267
それについてアメリカ人はどう考えているんだろう。

教えてないんじゃないの?
原爆みたいにさぁ、よしんば教えてもかなり都合のいいようにしか要ってないとおもわれ。
2009/08/26 07:10  | URL | #15x.jBqA[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦隊モノで初戦死は"バトルフィーバーJ"の"バトルコサック"だと言ってみる。
2009/08/26 00:06  | URL | #OvAV14KQ[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦隊モノも時代によって変化するよね。
前は女性メンバーが二人の時は、ピンクがかわいらしい女の子で、黄色はボーイッシュだったり元気な子だったり男勝りだったりしたのに、今じゃ真逆だし。
女キャラがリーダーになることもあったし。
2009/08/26 00:00  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4267
それについてアメリカ人はどう考えているんだろう。
専門家の話が聞きたい。ぐぐっても中々出ない。

平安時代も貴族の女性は勝手に外に出ちゃ駄目だった。宮仕えしている者以外はずっと実家住まい。その分家での権力は強かったみたい。
でも過去の米にあったけど、江戸時代の庶民は夫婦共働きが普通だったみたい。
2009/08/25 23:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アメリカの開拓文化って、なんか勘違いしてない?

原住民を殺しまくって奴隷が足りなくなってしまい、アフリカから奴隷を連れてきて開拓したのが素晴らしいの?
2009/08/25 19:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>貧困層が富裕層になるなんて奇跡的。
稀にあるから、『アメリカンドリーム』ってもてはやされる訳なんだよね。

>>940の『男は外、女は中』の形は別に欧米の後を追ってるわけではなく、日本では昔から有る考え方なんだけどなぁ。
戦国時代辺りからそんな感じじゃないのかな?(除く農作業)
詳しい人解説プリーズ
2009/08/25 16:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
デカレンジャーでは緑がブレーンだったぞ
2009/08/25 16:28  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号4263
ハラキリは失敗を許してもらうための手段。アメリカだったら許してもらう方法などなく即効で絞首刑。
アメリカじゃ、犯罪者が立ち直るなんてことはまずないし、貧困層が富裕層になるなんて奇跡的。
アメリカに憧れるのも結構だけど、もちっと文化の勉強して、現実見ろよ。
2009/08/25 13:07  | URL | VIPPERな名無しさん #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>素直に主張を撤回する>>710>>712は非常に日本的。
>少なくともその点でアメリカに毒されていない。
アメリカ=悪 日本=正解
吐き気がした
開拓文化があり失敗に寛容なアメリカと
ハラキリ文化が水面下で残り失敗に厳しい日本
こういう見方をしないで、日本が最高みたいな言い方は
ネチネチとしていて日本のクソッタレにいやなところだね
2009/08/25 11:16  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
マトリックスの、

>>つか、監督自身が、
>>ジャパニメーションを実写でやりたいんだとかそんなこと言ってなかったっけか?

これはアウト。本人達はシラを切ってたが(DVDのインタビューに収録されてる)向こうのコアなアニメファンにフルボッコにされ状況が悪くなってから突然「アニメ最高!」とか言い出し、アニマトリックで仕事振って手打ちと。

押井守もその件についてラジオで「ありゃダメだw」とコケにしてた。
白人様にパクっていただいてありがとうございますとシッポを振るのはいかがなものかと
2009/08/25 05:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4260
その言葉はワシントンDCにある朝鮮戦争戦没者慰霊碑に刻まれているね。
2009/08/25 02:50  | URL | #8kSX63fM[ 編集] |  ▲ top

-  -
Freedom is not free.
たしか、米海軍将校の言った言葉だったんだけど、凄く印象に残っている。

2009/08/24 23:38  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
鳥獣戯画を絶賛したフランス人の同行人は手塚治虫では?
確かNHKで本人がそうしゃべっているのを見たぞ
2009/08/24 23:29  | URL | #mtZYs9/Q[ 編集] |  ▲ top

-  -
デブキャラか、そんなのもいたな
子供の頃から特撮番組は、もう少し見目良い役者を出してくれと思ってたので、美人とイケメンばかりの今の傾向は嬉しい
2009/08/24 23:23  | URL | ま゛ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
とりあえず東映版スパイダーマンを見ろと言いたい。
当然長口上に決めポーズ満載、原作者大絶賛のスパイディのアクション(除くレオパルドン)
マーベルのオフィシャルHPで絶賛公開中w
2009/08/24 23:13  | URL | #dwVTuGt2[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦隊モノは、6人目の仲間が登場して、助けてくれる(もしくはパワーアップする)のがお約束。
2009/08/24 22:19  | URL | #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
うん、初戦死はバイオマンだと思う。イエローって女の子だから余計衝撃だったよ。
ところでバイオマンはオープニングから泣かせる。ああいう主題歌も初めてだった気がする。
2009/08/24 21:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦隊物のテンプレ輸出がシンケンで終わりってのは本当なのかなー

眠狂四郎ばりの円月斬りをかますキャラが数年おきに出てくるけど、あれがとても好きだ

※4248
イエローが戦死したのはバイオ
2009/08/24 20:44  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
こっちはおばさんだが、仮面ライダーもガッチャマンもヤマトもリアルタイムで見ていた。大好きだったよ。長じて嵌ったライダーBlackや真剣ジャーも今、じゃ別の意味で大好きだけどさ。三つ子の魂が主腐を作るのさ~
2009/08/24 20:30  | URL | #mKxU.BQg[ 編集] |  ▲ top

-  -
決めポースといえば必殺仕事人
2009/08/24 19:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦隊物をコメリカでリメイクしたが不評で、次から戦闘シーンはオリジナル使うことにしたらしいしなー

やべ、映画(真剣+ライダー)いきたくなってきたw

そういや魔法少女も見栄きってますなあ・・・もうDNAに刻まれてるとしか
2009/08/24 19:47  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
シンケンジャーは東映の先祖返りと行ったトコか?
歌舞伎の見栄を取り入れたのはハリケンでも有ったが
2009/08/24 18:38  | URL | #/3WEEAIQ[ 編集] |  ▲ top

-  -
おっさんが多いんだな~
ネタが古すぎてイマイチ分からんよ~
2009/08/24 18:30  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦隊ものといえば、役者の都合上とはいえ、途中で黄色が戦死したダイナマンと、子供向けとは思えないくらい昼ドラしてたジェットマンは多分一生忘れられない。
2009/08/24 17:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/90-02c3ef29
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。