2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
分かりにくい日本(part2スレ)
- 2008/12/27(Sat) -
611 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:02/05/06(月) 01:50 ID:giFXcwF+
日本は分かりにくいんだろうな。
フジヤマ、芸者→車、工業製品、エコノミックアニマルと
イメージが変化し、葛飾北斎の風景にあこがれた欧米人が
日本橋に行って愕然とする・・・。「なぜ伝統を大切にしない」
「なぜ若者はブランド物一杯持ってる」「不況なのにそうは見えない」
まあ彼らにとっては今でも不思議の国なのだろう。

640 名前:九弐八[] 投稿日:02/05/06(月) 13:05 ID:L298ZCuu
>>611
さらに日本人は伝統を大切にしないなどとほざく外国人には
伊勢にでも連れて行けばもっと混乱する(笑)
キリスト教より古いドメスティックな信仰が現役の信仰対象だってのがかなり混乱を招くらしい。
夜の首都高の未来都市東京と2000年前の風景がある伊勢。
両方もってる日本に混乱する。

我々が新しいものを取り入れられるのも伊勢や熊野や出雲があるからなんだけどね。
それさえ残しとけばどんなに変化しようと日本だもん。

612 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/06(月) 01:51 ID:dbApSwVr
日本文化にメッセージ性がまるで無いか、と
なるとそうでも無いと思う。

聖典の無い神道という独特の、もはや宗教と言うよりは
雰囲気の中で保存されてきた、世界宗教の成立以前の
太古の人間が持っていた、素朴な宗教感がその根底にはあると思う。

日本では、美しい自然、人工でも清められた場所、
恨みを含んで死んだ偉大な人物、人の心を打つ偉大な所業
などが、ムヤミに神社として奉られている。

司馬遼太郎がしばしば例に出した「ポンペ神社」などは
その最たるモノであろう。

しかも明治維新と明治政府による近代化の結果、
西洋の最新テクノロジーと、
まるで縄文時代の様な質朴な宗教観を持った人々が結びつき、
しかも驚くべき短期間で成功してしまった。

この、「あまりの短期間」は欧米にとって衝撃的であり、
HGウェルズなどは、-日本こそは欧米のなしえなかった
急速な進歩を成し遂げ、テクノロジーが欧米以外では
望みは無いという偏見を一掃してしまった-
という意味のことを書いている。

北里が第一回のノーベル賞から候補になった事は象徴的である。
開国からたいして間もない頃の話である。

G7の中で他の6国がキリスト教社会で、
日本だけが際だって異なっている、という事は面白い。

614 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/06(月) 02:12 ID:vSYWLnra
話の腰を折りそうだが・・

高野山の奥の院にお参りするといろいろな墓の横を通っていく
ロケットの墓、フイルムの墓、鉛筆の墓等々
こういうもののお墓を作る文化と言うのはよその国にもあるのだろうか?

616 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/06(月) 02:29 ID:dbApSwVr
>>614
ジョークとしてならともかく、
他の国には無さそう。。。。
(でも自分は知らないというだけで自信なし)

こういう墓を作るっていうのは、「針供養」を大真面目にやるセンスと
通じているのだと思う。

日本文化の面白い点として、工芸品や道具といった
人工物にまでspiritを見出し、あまつさえ堂々と
供養してしまう所があると思う。

もちろん欧米人(おそらくはアラブ人といった他の人たちも)
自分の慣れ親しんだ道具に「人格」を感じている所はあるだろう。
連中だって飛行機や車に名前を付けて可愛がってる。

しかし、やはり彼らの宗教の教典の為か、
宗教施設で供養まではさすがに行わないようだ。

618 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/06(月) 02:33 ID:vSYWLnra
と言うことは、人形供養とか外国ではしないのかなぁ?
針とかなら日本くらいかなとも思えるんだけど
人形ってやっぱり情が移ったりするもんだろうから
外国でも供養とかしそうではあるんだけど

623 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/06(月) 02:51 ID:dbApSwVr
>>618
漏れの、あくまでイメージなんですが。

もちろん欧米人でも人形あたりになると
オカルト的な事を感じ、供養みたいな事をしたくなる時があるようです。
そんな映画もありませんでしたっけ。

でも、奴らは、やっぱりキリスト教にしばられているので、
教典に反しない理屈が必要なのでしょう。

曰く、悪魔が入り込んだので、この人形は悪さをする。
だから、キリストのお力で折伏しなければならない、と。

こういう理屈をつけると、人形供養も教義に反しないので
やっと教会で行えることになります。
あくまで、キリスト教の範囲内なんですね。

日本の針や人形供養の場合は、こんな理屈は無く、
「なぜか長年使ったモノにspiritを感じてしまい」
なんとなく供養して感謝するなりして、
礼儀を尽くさないと悪いような気がして
行っているのではないでしょうか?

悪魔という、絶対悪を持ってくるのではなく、
きちんと礼儀を尽くさない人間側も悪いのだ、
という日本文化の考え方は、
妙なところで多文化主義とつながってる気がします。

626 名前:日出づる処の名無し[age] 投稿日:02/05/06(月) 09:43 ID:s6+0l8q6
日本人って、「物」に対して他の国の人よりも、愛着というか執着心というかこだわりというか、
そういうのが、強い気がする。

アメちゃんなんて、CDとかDVDとかに傷がついてもなんとも思わないし。
使えればそれでいいって感じだし。

630 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/06(月) 10:20 ID:xouTYBeP
>>626
(日本の)ロボット技師が仕事を終えた愛機を整備しながら
「今日も一日ご苦労さん」といったりすると
(外人に)めっちゃ気味悪がられるそうな。

**********

679 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/11(土) 02:05 ID:b+AZ+tQA
毎日夕刊・謎解き日本史に面白い話が出ていたので紹介する。
もっとも、後述の通り筆者は結構ブサヨクっぽいが。。。
(というか、毎日の、記事のどこかに反日的なオチを
つけなければいけないという社則なのだろうか)

続日本紀に唐における遣唐使及び日本評として、

「海の東の日本国は君子の国だという。人々は豊かに楽しく暮らし、
礼儀に厚い、と聞く。今、大変立派な使者に会い、改めて真実だとわかった。」

という意味の事が書かれているそうで、これは時の政権の宣伝工作と言うより
中国側の資料からも根拠のある話だという。

筆者はこの中国における好意的な日本評が蓬莱思想に関係している
のではないかとの説を紹介し、さらに

「新羅や渤海などの隣国が半ば貿易目的で唐に使者を送ってくるのに
比べ、日本の使者は高く売れそうな商品より書物を大事そうに
持ち帰った。それを中国側が不思議がったという記録も残っている」

と書いている。

680 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/11(土) 02:11 ID:b+AZ+tQA
と、ここまでは良いのだが、

記事の最後四行。
(中・朝鮮は伝統的に日本に好意を持っていたのに)

その後、わずか数十年の外交と戦争が二千年もの
好意的イメージの蓄積を全て無にしたのである。
(原文そのまま)

きっちりオチがついてます。。。
(定番の「秀吉」さえ忘れ去ってます・・・)

ま、極東をのぞいてる人は、韓国や中国の反日ぶりは
日本文化への好意との絶えぬ内部矛盾をかかえてる面がある
ということはとっくに、御存知でしょうが。

681 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/11(土) 02:30 ID:b+AZ+tQA
しかし、漏れが妙に納得したのは、

>日本の使者は高く売れそうな商品より書物を大事そうに持ち帰った。

のくだりで、特に明治期の日本人はこの傾向が顕著である。

西洋技術の日本への輸入に熱心だった時代だったのは
言うには及ばない。
特筆すべきは、西洋技術を身につけた留学生や研究者が
積極的に帰国した点で、これは世界史的に見て希有であろう。

中国人や韓国人は、ポストを提示されたり、
ひょんな事から職を得たら、帰国することは稀である。
これはインド人でも、アフリカ人でも同じである。

日本人のみは、実によく帰国する。世界レベルの医学者の
北里・志賀・秦など(以上ドイツ組)などは典型だし、
アドレナリン発見者・特許取得者の高峰も本邸はアメリカだったが
(妻が美人のアメリカ人だったので仕方ないか)、その後も
三共の社長になったり、理研の設立に関わったりであった。

中国なんかは、海外雄飛する華僑に優秀な人材が多いのだろうが、
日本の場合は帰国しない連中にはDQNが多い気がする。

そういえば、この記事にも出てきた、
阿倍仲麻呂の帰国したくとも帰国できなかった悲劇。。。

阿倍仲麻呂 望月望郷詩
王維 「秘書晁監(仲麻呂のこと)の日本国に還るを送る」
李白 「晁卿衡を哭す」

685 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/11(土) 15:44 ID:XHFn1imO
実は戦中も戦後も日本は政治構造が変わってない
表面的には資本主義国家だが、政治構造は社会主義国家
世界で最も成功した社会主義国でもあり、世界で最も長く生きている社会主義国でもある
これから、やっと資本主義国家になろうとしている所だ

その理由に、1939年~1940年(戦中)に出来た法律は今も生きている
日本人は貯蓄の考えがあって、お金を貯めると言うがそれは嘘だ
戦前は日本人は貯蓄よりも投資(直接投資)が多かった
今のアメリカと同じ状況だった
しかし、戦中になると政府は日本国内の資金を意図して動かすため、
銀行を通して投資させる間接投資に切り替えた
そして銀行を縛る法律(銀行法)によって
日本にある全ての金を政府の意図した方向に動かすことを可能にした
これは戦中も現在も変わっていない

日本銀行などは、未だにドイツのナチスが採用した法律を丸っきりそのまま使っている
日本が中国のマネをした?バカバカしい
日本は戦中社会主義国化した
そして戦後も、高度成長期はその社会主義国化した時の法律のお陰だ
それが現在に至る、どこの国のマネでもない、あえてマネをしたと言うなら戦中のドイツをマネた
そしてそのまま現在まで社会主義国としてやってきた

しかし、社会主義国としては発展し過ぎた
社会主義の法律では、これ以上発展させることは出来ない
これから第二の段階、やっと資本主義国になろうとしている
小泉の言う構造改革はこのことでもある

688 名前:北斎[] 投稿日:02/05/12(日) 04:08 ID:l8UIFekh
>>685
勉強不足で申し訳ない。
もう少し詳しく教えて頂きたいが、

戦前は、直接投資が盛ん つまり株式投資が盛んだったということで
戦後は、株式投資が制限され、企業は資金を銀行からの融資に依存する事になったと
という意見だろうか?
戦後は、株式投資も自由であるし社債も自由 銀行融資も
土地本位の担保経済になっただけのような気がするが
経済が資本的に社会統制されている というのはどのあたりを指すのですか?

689 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/05/12(日) 08:47 ID:nW7I3h/B
>>688
685ではないが。
投資が本当に自由だと思っているのですか?
いまでも国の許可を受けた会社を通さないと買えないでしょう。
戦前はもっと簡単に買えてたの。

695 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:02/05/12(日) 10:30 ID:dwwJHwjr
原始資本主義でないものをすべて社会主義と呼ぶのはどうかと思うが。
もちろん修正資本主義に社会主義の要素が含まれているのは確かだけど。

696 名前:693[] 投稿日:02/05/12(日) 10:57 ID:z1qpCw7j
例えば日本政府が社会主義にのっとって、雇用の乱発をしたとします。
しかし、どうしても企業内で功績を上げる人と上げない人の大差が出てきます。
日本人特有の職人気質と、無理な雇用が故にです。
そうなると、功績を上げない人たちが無意識に支持するのが、
左翼思想であり、社会主義、共産主義になり、
職に従ずるのではなく、政治活動に従ずるようになって来る訳です。

結果的に、日本で左翼勢力が異常な伸びを見せたのは、
この雇用の乱発に在るのではないかと思うのです。
となると、この嘆かわしい現状をみると、
社会主義に功績があったとはとても思えないのです。

雇用確保は、昔からの日本人の感覚でバランスは保たれてきました。
「飯をやったところで、明日にはまた腹を空かせるこの子供らに与えるべき物はなにか」や
小泉総理の持ち上げた米百俵の精神です。
つまり丁稚奉公など、職を身につけることです。
そのバランスを著しく狂わせたのが社会主義ではないでしょうか?

**********

714 名前:名無し[] 投稿日:02/05/12(日) 16:11 ID:Y6CrSZJb
雑誌和楽の3月号から、2000年にイタリアで最優秀記者賞を
受賞したレナ-タ・ピスさんのコメント:

「現在のこの日本びいきは、
1800年代のジャポニズムの再来ともいえるでしょう。(略)
この日本ブームは、若い世代に支えられている。30代が中心。
彼らはディズニーではなく日本の漫画で育った世代で、
親しんできた漫画の祖国の背景、文化、社会に対する関心が
大人になってから表面化した現象ではないか」

「今、世界中で日本礼賛が起きているのは、
イデオロギーの崩壊した中国に失望した人々が、
崩れない東洋の真髄を日本に求めた結果」と断言する。

715 名前:名無し[] 投稿日:02/05/12(日) 16:11 ID:Y6CrSZJb
これまでヨーロッパがあこがれた東洋はハーレムの中近東であり、
多神教のインドであり、毛沢東の中国だった。
しかしそうした東洋のイメージは
ヨーロッパの人々の空想や理想の産物でしかなく、
現実とかけ離れたものが多かったのである。
いや、非現実的な世界こそが東洋、という歪んだ解釈だったとも言える。

「そこへ日本は、あたかも真打のように、静かに登場した。
報道に従事する身としては、今後は日本の時々刻々の事象の
報道よりも、やはり「わび」「さび」「粋」といった、
ヨーロッパ人には見えない世界の紹介に興味がある。
日本独特の魂の部分は、言葉ではなかなか伝えにくい。
ヨーロッパではなにかといえば、「何々主義」というふうに
理論で片づけたがる傾向がある。
ロジックでは語れない、ヨーロッパの知らない世界が
あることを皆、まだ認めようとはしないのです。」
この記事のURL | ジャポニスム | CM(60) | TB(0) | ▲ top
<<日本びいきの外人を見るとなんか和む(part2スレ) | メイン | 黄金の国ジパング(part2スレ)>>
コメント
-  -
少々うさんくさい歴史を持った言葉なんだが、
「日本教」という言葉がある。
インドのバラモン教のように、主に社会構造を規定する一定の概念が日本にも存在しているはずだ、と。
2009/06/19 13:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米358
「政府に頼りすぎ」ってのは確かに感じる
それが「日本」だけなのか「世界的」なのかは知らないけど

特に派遣問題とか災害対策、環境対策とかで
政府に援助等を求めるのはわかるけど自分は求めるだけで何もしないって人たちがいる気がする
なんというか自分のことなのに人任せというか
甘えや怠慢のように自分の目には映ってしまう
いや、別に「政府に頼るな!」とか言いたいんじゃないよ
2009/02/01 07:18  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
フリーズしたパソコンに「機嫌なおしてよ~」と言っていたオレは変なのか……
2009/01/18 18:02  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>(日本の)ロボット技師が仕事を終えた愛機を整備しながら
「今日も一日ご苦労さん」といったりする

そう言えば、プリンター紙詰まり起こしたときに「我が儘いわないの」とかいいながら直してる自分がいる…
よく考えたらおかしいなorz
2009/01/12 21:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ここは日本マンセーする場所じゃないと思う。

そんなマンセー!って感じかね?マイナス要因についても触れてちょっとした議論になっていいと思うが。あくまでここはまとめ場所なんだし、いきすぎた議論は自重しなきゃいかんかもだがね?
少なくとも自分はホルホルしてるような雰囲気は感じないけどなぁ。
2008/12/31 14:49  | URL | (´Д`) #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「馬鹿にされてる」というより
「大事にされていない」だね
技術者にしろ職人にしろ

文系は理系を搾取しすぎだよ
2008/12/30 17:02  | URL | #cRy4jAvc[ 編集] |  ▲ top

-  -
米364
ちょっと前までの日本では、熟練職人はむしろ尊敬されてたと思うけどな。
まぁ、今はそうとも言えないけどね。
そのお嬢さんの話て、職人を馬鹿にしてたんじゃなくて、
お嬢さんの世間知らずを表してるんじゃないのかな?
まぁ、原文読まないことには、正確なニュアンスは分からんけどさ。

「お里が知れる」ていう言い回し、通じなくなってきてるのか~
ま、言葉は変化するものだし、仕方ないか。
2008/12/30 15:15  | URL | #1n9Tsjm2[ 編集] |  ▲ top

-  -
お里が知れるは最近の人は意識しないんだろうな。

家柄みたいな考え方が崩壊して、家族の範囲が狭くなったからなあ…

格のないところに、礼儀が存在するか?
2008/12/30 13:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
お里が知れるは一般的な言葉でしょ
広辞苑にも普通に載っています
2008/12/30 12:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
私は九州ですがお里が知れるって言葉知ってますよ。
躾のなってない人を窘めるのに、あるいは嫌みで使われたりすると記憶しています。
間違っていたらすみません。
2008/12/30 11:36  | URL | ちろ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
※352
>ノーベル物理学賞を取った南部さんはアメリカ国籍になっちゃってる

研究費を勝ち取るためにはアメリカ国籍の方が有利だった。とかいう話を
テレビで聞いたような。

※364
>職人はバカにされる存在だったとも思う。
>造り酒屋のお嬢さんが「あの人たち歩けたの?」

なぜ「職人はバカにされる存在」とイコールになるのか解らない。
お嬢さんの世間知らずさを表している話じゃないの?
どんな技術でも職人さんは尊い存在だと思うなぁ。

※376
>お里が知れるってどこの言葉?

私は大阪ですが普通に知っていますよ。
イメージとしては、嫁に行った先(京都など)で意地悪な姑に
「○○さん、そんな事したら お里が知れますえ」って注意されてる感じ。
2008/12/30 09:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あ、もひとつ。
電柱の排除を叫んでる人がいたが、技術者の立場から言わせて貰うと、整備のしやすさ、復旧の容易さ。を考えると、地震、台風の多い日本という国では電柱という選択肢は必須だと思うよ。
埋設化は京都とか、特に観光に特化した都市では有効だろう。
他ではコストパフォーマンスが悪すぎ。
2008/12/30 08:32  | URL | たき #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あ~、そういや、外国人がモノを大切にしないという関連で、日本にDVDを輸出してる会社が、日本向けの商品の製造管理に日本人だけを雇ってるって言ってた。
何でも、日本だと外人にやらせた商品を送ると、DVDのはめ込みの爪が折れてるとか、キズがついてる、パンフが折れてるとか、クレームが多く、結果日本人を雇った方が安く済むそうな。
2008/12/30 08:10  | URL | たき #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
お里が知れるってどこの言葉?
関西方面?
なんか侮蔑的で嫌な感じ。

攻撃的にならないでコメント書こうよ
2008/12/30 05:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
海外には温故知新って概念無いのか?
2008/12/30 00:08  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「マックスペイン」劇中で、自分の銃に名前をつけて喜んでる軍人が登場した
当時はさらりと流したが、あれは「変わり者」として表現したんだろうなと考えた
2008/12/29 20:03  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
まあ、ここはあくまで『まとめ』の場所だから、あまり長くなったり議論が白熱するようなら本スレとか行くのが良いんじゃないかと思うが。
量的、時間的にも有意義な議論が生まれそうじゃないか。

>340
知人の帰国子女に、「もちもち」が理解できない人がいる。説明しても、柔らかい感じ?とか。
日本語より英語の方が得意で、思考も英語でやってて、俺は日本人じゃないと笑いながら自分で言ってるような人。
2008/12/29 10:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ここは日本マンセーするところじゃないと思う。少しでもマイナス要素が含まれた米を書き込むと即座に全否定はおかしい。
色々目的があって皆さんこのサイトさんに来てると思うけど、日本を見つめなおすっていうのが一番真ん中にあってその周りであーだこーだ話しあってるのが現状。昔の話が出てきたら今の話しが出てくるし、少しなら政治が絡んだ話しもアリかなとも思う。
その中でレスにある日本の良いところ、面白いところを賞賛したり、喜んだり、楽しんだりするのは勿論だし、逆に厳しいことを書き込むこともあるでしょ。
ようはこれを切欠にしてこれからもいい日本を!少しでも考えるようになったらいいなーとか…語り過ぎてすいません…管理人さんいつもご苦労様です。都合が悪かったらどうぞ消してやってください。
2008/12/29 08:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米番付いた!
すぱろこさん感謝

外国人に限らず人とは「穢れ」の感覚が理解しあえたらと思うよ
最近の日本人にも増えて来たけど表面的には同じでも何か違うのよね
やって善い事悪い事の感覚がね
穢れ 穢れなんだよ

米344
別に特別だと言ったからってそこに優劣を付けてるとは限らないと思うけどなー

米360
電柱の地中化ねー
地震のとき復旧しにくそうだね

あと皆さん
話が極端じゃありませんか
日本の良さはバランス感覚にあると思うのよ

中道がいいと言ったべさ
仏陀が言ったべさ
苦行の後に悟りを開いて言ったべさ
たぶん・・・

追伸
分かりやすい日本なんて詰らなくてそこで理解した気になって見向きもしないとおもわれ
2008/12/29 05:50  | URL | #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
おお、コメント番号がついたんですね。
管理人さん素早い対応お疲れさまです
正直なんか勝手だなあと感じる時もある、ここのコメ欄
ケンカ腰だったり、要求の仕方がなんかえらそーだったりね
他人様のサイトにお邪魔してる自覚は大事っす

※367 同意
※332 わろたw
2008/12/29 03:26  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>具体的な指摘~
>交通事故が減る~
電柱に関する交通事故が保険料を増減させるほどあるのか?
保険料を出し渋る者が、車庫等、維持費のかかる車を欲しがるのか?
>美観が良くなり~
電柱を気にする外国人観光客がその支出に見合うほどいるのか?
>全部ガソリン税で~
その財源は全国規模の材料、燃料、人件費諸々を賄えるものなのか?
そこらへんの素人が地中化工事に携われる仕事量はどれぐらいあるのか?
その財源が抜けた穴はどの財源で補うのか?

>うへ
これでいいですか
2008/12/29 02:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
具体的な指摘はしないで、否定だけすればいいんですね。

短文で書き逃げるやつってなんなの?お里が知れるよ。
こうですか、わかりません><
2008/12/28 23:22  | URL | うへ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
文化と政治は繋がってないようで繋がってる。
その国の歴史や文化を知ることは間接的にその国の政治の一面を学んでいると思う。
確かに少々無粋かもしれんが、そうやって全部専門分けにするのは良くない。様々なものが絡み合って文化というものが形成されている以上多角的視野で論議されるべき。でも行過ぎは自重。
2008/12/28 23:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレの方もコメント欄も随分と政治と絡めてきな臭い感じにする人がいるんですね。
文化論と政治論を一緒くたにしちゃいけないし、ここで話すのがそもそも無粋じゃ。

しかし、えらそうに長文で絵空事を語る人間ってなんなんだろうね。お里が知れるよ。
2008/12/28 22:45  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>電柱の地中化を全国規模で~
風が吹けば桶屋が儲かる並に思考が吹っ飛んでますね
2008/12/28 21:52  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
理系ネタで良く聞くのは銅鉄研究だな。
銅でこういう実験を誰かがした。
鉄でもやりますから金ください。

米:「だれもしてない実験です」「じゃあやろう」
日:「だれもしてない実験です」「じゃあやめとこう」

というネタも聞いた。

日本人にとって、一番大事なのは、実は技術じゃないんじゃないかなァ。
実は、職人はバカにされる存在だったとも思う。

造り酒屋のお嬢さんが、道で自分とこの職人と会って挨拶されて驚いた。
「あの人たち歩けたの?」
…座って桶いじってるとこしか見てなかったから、歩くものだと思わなかった。という話を読んだ覚えがある。

日本人の理想は、どこまでも馴れ合えることなんじゃないだろうか。
善悪はさておいてナ。
…それが個人に表れるとひきこもりになる…のかも・・・しれない。

米国は、危機になると外の人を呼び入れる、日本は危機になると身内だけで引きこもる、といってた人がいるけど、割とあたっている気がする。
2008/12/28 21:43  | URL | うへ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>他の神社やお寺についても調べてみようかな
自分も地元の神社に行ってみた。ほんっと小さな神社なんだが、見れば今年で作られて1302年目。・・・初めて知ったよ。地味に凄かったんだな。
2008/12/28 21:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
理系は日本じゃ報われない・・・ってよく聞くなぁ。
日本は研究に出すお金が少ないそうな。
2008/12/28 21:28  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
正直、高貴なる義務は、日本には似合わないと思うw
現首相が、身銭をほんの10億ほど切って、ホームレスやネカフェ難民、解雇された期間工の宿泊施設を運営したらなんといわれるだろう?
人気取りといわれて叩かれるか、坊ちゃんの道楽と嫌われるか、金持ちはいいよねと嫉妬されるか、どれかじゃないかな。

そもそも、戦後、日本では、高貴なものはいなくて良いようにしてきた父子があるしな。
まあ、現状の問題は、戦後の米国の靴をなめてきたツケとして、まともな政治家が存在していないことに尽きる。

見てナ、米国が落ち込んで、中国、ロシアの勢力が強くなったら、そいつらの靴をなめて生き延びるのが日本の強さだから。
2008/12/28 21:04  | URL | うへ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今の日本に足りないのは、ノブレス・オブリージュだろう。 (フランス語:noblesse oblige) は「貴族の義務」あるいは「高貴な義務」のこと。一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことをさす。持てる者が持てない者に対して何かをしてあげること。決して給付金のような施しではなくてね。あの世までお金を持っていく気なのか?大学や慈善団体への寄付金は、所得控除にするとか(アメリカは既に実施されていると思う)法的整備が足りない。個人的に思うことだが、この不況を乗り切るには、国策で何かをしなければならない。電柱の地中化を全国規模でニューディール(公共事業)をするべきだと思う。交通事故が減る、減れば自動車保険が安くなる、自動車を買う人が増えるかもしれない。美観が良くなり外国人観光客が増える、失業者が減る、地震対策にもなる。全部ガソリン税でやればドライバーも納得する。細い道なら渋滞も減る。政治家でセンスのいい奴いないかな?日本はピンチだぜ。日本大好き人間なのにw
2008/12/28 20:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>今の日本人は政府に依存しすぎだと思う

思うだけならかまわんと思うよ。
どこら辺が依存しすぎか、数字と統計で出してくれたら、納得するかもしれない。
俺がしなくても、誰か別の人間が賛同するかもしれない。
というわけで、教えてほしいな、具体的に。
あと、たとえば、多くの中国人は政府に頼らないけど、中国の社会が、未来の日本のあるべき姿だろうか?
政府に頼らないということは、無政府主義ですか?きょうび、はやらないかと。

俺から見ると米百俵の教訓は、「一時的に生活を楽にするために補助金出して食いつぶすよりも、将来への希望として、教育のために投資するべき」だった。
だから、教育での政府の経済支援策ですぐ思いつけるのを上げただけ。

国家に依存しすぎだから、公教育を全廃して全員私学or即就職が良いかな。
でも、それで高い生産性を維持できるのかな?
単純労働なら人件費の安い途上国に勝ててないんじゃない?
それを防げないのだとすると、より付加価値のある産業を国内で確保するためにも、教育に対する投資は検討されるべきではないか?

「国家があなたに何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国家に何が出来るのかを自問してほしい」 か。
同じ文章の中にこういう言葉もある。If a free society cannot help the many who are poor, it cannot save the few who are rich.

もしも、多くの貧しいものを救うことが自由な社会で出来ないのだとすれば、わずかな豊かな者も救うことは出来ないのだ。ってな。
2008/12/28 15:49  | URL | うへ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>米百俵な精神を言うならば、
>「国立大学の授業料は完全無料」…

今の日本人は政府に依存しすぎだと思う
昔、ケネディ大統領が演説で使った
「国家があなたに何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国家に何が出来るのかを自問してほしい」
ってのがすごいしっくりくると思うよ
即ち、上杉鷹山の「自助」「互助」「扶助」である


駄文スマソ
2008/12/28 14:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>それで謙虚さを失ってはいけない、と思います。

よく、外国人が日本を評価するスレで、こういう意見があるけど、それなら、なおさら上のスレを見た感想を率直に述べ合ったほうがいいさ。
それが、うぬぼれに繋がるとは俺は思わない。
「ほめれたんだ。がんばろう。この美徳をなくしていかないようにしよう」という強いパワーの源になるからさ。

それと特許登録件数が年々上昇して世界トップ水準の国で学者が流出してるってマジ?どういうカラクリか、素人にも分かるように、教えてほしい。
2008/12/28 14:28  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>結果的に、日本で左翼勢力が異常な伸びを見せたのは、この雇用の乱発に在るのではないかと思うのです。
となると、この嘆かわしい現状をみると、社会主義に功績があったとはとても思えないのです。

…これってさ、戦後日本の発展を全否定していないか?
嘆かわしい現状が何を指すかは知らんけど…。
日本で左翼勢力が異常な伸びを見せた時期に経済発展していたのはなぜなんだぜ?

あと、米百俵の精神=職を身につけることじゃないだろ?

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/bunka/komehyaku/kome100.html

米百俵の精神を言うならば、「国立大学の授業料は完全無料」「塾が不要になるくらいの充実した公立教育」「公的奨学金制度の充実」が本義ではないかと思う。
2008/12/28 13:54  | URL | うへ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
まあ、日本を誉めてくれる外人がいるのは嬉しいけど、それで謙虚さを失ってはいけない、と思います。

みんなが努力を続けてきたからこそ、世界的な日本ブームがあるわけで、これからも、ひとりひとりがより良く生きていかなければ、高い評価も失うでしょう。
2008/12/28 12:55  | URL | Sky. #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「日本びいきの外人スレ」紹介は
ほとんどが単に事実の羅列でサクサク読めて
和むも和まないもこっちに任されてたけど、
こっちは議論してる人の主観のぶつけ合いだから
一つ一つ理解して読み進まねば生らないんで
なんか疲れるわー

最後の人が紹介してるイタリア人の言葉、これを
いまだに中国様マンセーが異様に多い
日本の文化人・経済人・マスゴミに叩き込んでやりたいわ・・・。
2008/12/28 11:44  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>特筆すべきは、西洋技術を身につけた留学生や研究者が積極的に帰国した点で、これは世界史的に見て希有であろう。

これが崩れちゃってるのが、ちょうどスレの例に挙がってた学者さん関連。
今年のノーベル物理学賞を取った南部さんはアメリカ国籍になっちゃってるし、化学賞を取った下村さんも職場はアメリカ。
今後のノーベル賞候補と言われてる、青色LEDの中村さんだってアメリカの大学で教授をやってる。

南部さんがアメリカ国籍を取ったのは何十年も前なんで例外としても、「故郷に錦を飾る」価値観が薄れつつあるのは確かだろう。
あるいは日本の学問に対する社会的評価が下がってる、のかも。
2008/12/28 11:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
泣ける2ちゃんねるの本が出てる様に、これの本が出たら絶対に買う。皆すごいな。
2008/12/28 11:31  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
書物を有難がって持って帰ったという話は中国の研究者も言ってるな
面白いので一読オススメ
ttp://www.ch.zju.edu.cn/rwxy/rbs/2xueshujiangyanjiwangyong3.htm
2008/12/28 11:20  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本人はよく「日本人は特別だ(他の国とは違う)」って思っていることが特別
>だ、って外人から皮肉られてるらしい
俺もこれ聞いた事ないわ。逆ならよく聞くけど

2008/12/28 11:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本人はよく「日本人は特別だ(他の国とは違う)」って思っていることが特別
>だ、って外人から皮肉られてるらしい
この情報をどこから知ったのか是非知りたい。
2008/12/28 11:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米16
別に日本が特別だろうが違おうが良いけどさ、先進国中唯一アニミズム信仰なのって特別とは言わないの?
それに国と部族比べるなんて、その時点で日本の特殊性認めてるようなもんだろ
2008/12/28 10:43  | URL | a #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
どこで何を学ぶ人材が流出してるんだ?
米で金儲けを学ぶ人材が流出してるとか?
2008/12/28 09:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>特筆すべきは、西洋技術を身につけた留学生や研究者が積極的に帰国した点で、これは世界史的に見て希有であろう。

今はそうでもないけどね。海外への人材の流出がすごいらしい。

2008/12/28 09:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
でもアニミズム信仰とかは先進国では珍しいものの、日本以外でも部族レベルだと珍しいことでもないからな…

日本人はよく「日本人は特別だ(他の国とは違う)」って思っていることが特別だ、って外人から皮肉られてるらしいから、あんま日本が特別だと勘違いしないように注意しないとね。
2008/12/28 05:20  | URL | 略して、名無しさん #BsqUATt6[ 編集] |  ▲ top

-  -
>特筆すべきは、西洋技術を身につけた留学生や研究者が積極的に帰国した点で、これは世界史的に見て希有であろう。

他の国は知りませんが、中国では帰国しない方が社会的ステータスなんだそうですよ。
留学したのに帰ってきた人は、外国になじめなかった・評価されなかった脱落者だと思われるんだと。(林 思雲『中国人と日本人―ホンネの対話』より)

…これ、マジかな?
2008/12/28 05:05  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
なごむのサイトは面白いが
こっちのサイトは本が作れるな.
まとめれば海外からみた日本文化で論文が書けるほどだ.
まじでまじで
2008/12/28 04:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ロジックでは語れない、ヨーロッパの知らない世界

あえてロジック的に捉えてみる
「整然とした混沌」
「躍動的な静寂」
「社交的なひきこもり」(おい)
2008/12/28 04:17  | URL | れみんぐ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>「このセンスが理解できたら日本人」っていう概念。

擬音語・擬声語はこれに当てはまるんじゃないかな?
ふわふわ・ふかふか・ふにゃふにゃ…等の違いを口で説明するのは難しかったり面倒だったりするけど
日本人ならどんなものかすぐに想像着くし、どんな状態に使うのかも感覚で理解してるという。

ちょっと違うけど電気ねずみだから「ピカチュウ」って日本人にしか理解出来ないセンスだと思う。
2008/12/28 03:21  | URL | #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top

-  -
>他の神社やお寺についても調べてみようかな。

自分も便乗して調べた近所の神社
創建年月日は不明だけど神社に生えてる
ケヤキの推定年齢が400歳‥でかいと思ったら‥
すぐそばにでっかいバイパス通っていて
静謐な雰囲気は味わえないけどすげえ

あの樹に何かしらの意識があったら
この周囲の変わり様をどう感じてるのか
考えたらなんか切なくなった
2008/12/28 02:38  | URL |       #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
伊勢の話で近所の神社(不乗森神社)が気になって調べてみた。

なんか行事でもなければ誰も来ないような神社なんだが
(選挙の投票所があったり、小学校の写生大会したり、土俵でプロの相撲取りが練習してるらしいが)
舞台とそこそこの大きさのお宮と小さなお宮が6つほどあって、
でかくは無いが小さくも無いという感じ。
大晦日、初詣と10月にお祭りやるときぐらいしか行くこと無いような神社で
たいした神社じゃないだろうと思ってたんだが、検索したら創建968年って。
おいおい千年以上前からあんのかよ。

他の神社やお寺についても調べてみようかな。
2008/12/28 02:13  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ロジックでは語れない、ヨーロッパの知らない世界

何て言えばいいんだろうな、「このセンスが理解できたら日本人」っていう概念。
はっきりした事は日本人でも多分言葉には出来る奴少ないと思うが、
日本の世間の価値観というか、空気というか、一般常識というか。

でも、何か確実にありそうな気がするんだよな、そういう感覚って。
その価値観を会得した奴、その判断基準を共有できた奴こそがジャパニーズ、
ないしはジャパニストだっていうポイント。

明確なラインじゃなく、多少の幅を持ったゾーンかも知れんが。
2008/12/28 01:47  | URL | #6Aros7K.[ 編集] |  ▲ top

-  -
言挙げせずって奴だね
2008/12/28 01:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ど根性大根だっけ?
枯れそうになるのを防ぐために、神主さんによる祈祷と、クローン技術による複製が同時に行われてた…とか、聞いた覚えが。
変なところに生えた植物の生長を、古代宗教と最新技術を使って全力で応援する日本…変な国ですねえ。
まあ、そこが好きなんですけど(笑)
2008/12/27 21:56  | URL | #eqkZdW2E[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ロジックでは語れない、ヨーロッパの知らない世界が
>あることを皆、まだ認めようとはしないのです。

みんな同じところに反応してるw
確かにロジックは便利なんだよな。
人に説明できるということは同じ質の人間を量産できる。
さらに拡大するとやりようによっては自分に都合のいいルールだって作れると思うんだがどうだろう?
2008/12/27 21:33  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ロジックでは語れない、ヨーロッパの知らない世界
【和むスレ】にあった話だったけ
欧米人が「俺は萌えを理解した」って言うのに対して
「お前は愛を『理解』出来るのか?
萌えは理解するものじゃない、感じるものだ!」
って言われてハッとなったとかいう奴w
2008/12/27 20:02  | URL |      #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
侘び寂びが感覚的というのはわかるな
その上流動的でもあると思う
2008/12/27 19:53  | URL | #ku3zArEA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>ロジックでは語れない、ヨーロッパの知らない世界

これこそ「日本独特の感覚」的な部分に由来するのでしょう。
それらは言葉や文字で表すことが出来ない感覚だと思われます。侘びや寂、それらは多分に感覚的要素だから。
2008/12/27 18:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ジャポニズムスレはほんと濃いね
勉強になる
懐かしく読んでます。どうもありがとう
2008/12/27 18:32  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今回の更新はえらい重い内容ですな
ブログタイトルどおりというか・・・
2008/12/27 17:57  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/9-619724f1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。