2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
どのように数学を教えるか[前編](part16スレ)
- 2009/08/15(Sat) -
433 :日出づる処の名無し:03/11/04 12:36 ID:ahjbyle2
日本人の15才の平均学力は世界で八位
韓国は六位、一位はダントツでフィンランドだと。

474 :日出づる処の名無し:03/11/05 16:03 ID:VwFSFdxz
>>433
>日本人の15才の平均学力は世界で八位
>韓国は六位、一位はダントツでフィンランドだと。
日本人の平均学力は公立学校及び私立学校の「全ての生徒の平均学力」だが
韓国やフィンランド始め、他の国は「特等生のみの平均学力」で測ってる
そりゃ結果も違うわい、どアホう

475 :日出づる処の名無し:03/11/05 16:25 ID:yBKkCowS
「間違った歴史」を学んでも学力は高いと評価されるのかな?

476 :日出づる処の名無し:03/11/05 16:35 ID:jJ+1cuaD
>>474
それ、ソースある?

478 :_:03/11/05 17:36 ID:EME6tZTU
>>433,>>474,>>476
フィンランドは大昔からの親日国。
国土が狭く資源もない国で、人材こそ最大の資源だということで
教育に力を入れてきた。手本はもちろん日本。
同じ資源小国で狭い日本が発展したのは教育のおかげだと。

ただしその手本は、つめこみ教育時代の古い日本の教育なのだが・・・・・・・
日本もうだめぽ(涙

479 :日出づる処の名無し:03/11/05 18:03 ID:LyAYYfZk
知識量と発想力。両方共に重要な要素だと思う。
つめこみ教育で片方は確実に補えてるわけだから、そんなに悲観することでもないよ。

480 :日出づる処の名無し:03/11/05 18:10 ID:BiFps8Wt
>479
最近の風潮として「詰め込み教育はダメ」ってのがあるから。
「ゆとり教育」なんて寝ぼけたことやってると日本がダメになる…。・゚・(ノД`)・゚・。

481 :日出づる処の名無し:03/11/05 18:25 ID:yfqrWNBv
あれはやめることになったんじゃないの。

482 :日出づる処の名無し:03/11/05 18:37 ID:XZBbcFNL
どうでもいいけど
ゆとり教育やっても上位層は変化しないよ
彼らはそんなの関係なしに勉強するから
やばいのは中位層
下位層はもともと勉強しない

485 :日出づる処の名無し:03/11/05 19:34 ID:pemDj+yB
>>478
日本式の詰め込み教育
フィンランド、台湾、韓国、アメリカ

ゆとり教育
一昔前のアメリカ、現在の日本

日本ってハンデを背負うのが好きな国だと思う。
密令でハンデを背負わされてるのかな?

486 :日出づる処の名無し:03/11/05 19:34 ID:pemDj+yB
>>479-481
バリバリのゆとり教育だよ。
あまりに批判が強かったので規制を弱めただけ。
根本政策がゆとり教育であることは変わってない。

日本は外交も腐ってるが、教育も腐ってるので
強力な学制改革が必要だと思う。
いっそ戦前に戻れ。

高等学校の学習課程を中学まで押し戻し、
中卒を高卒と同等とする。
帝国大学入学を一割にしぼり、誉れある選良として鍛え上げる。
師範学校は最難関の専門学校として位置づけ、
選良が教師となるようにする。
現行の、馬鹿が教育大学に行き、素質ある生徒を見過ごすような
馬鹿のリサイクルシステムでは駄目だ。
馬鹿に秀才は育てられない。

このぐらいやらないと、教育の形骸化と腐敗は止まらない。
現在の日本は本当におかしい。
これだけやっても崩壊しないんだから潜在力はすごいと思うが
この無茶な制度のまま日本が永く耐えられるとは思わない。

487 :日出づる処の名無し:03/11/05 20:40 ID:hYXWNkk+
ゆとり教育だと、本当に頭のいい奴か、教育に金をかけられる
富裕層の子供しか成長しないからね…
詰め込みなら、ちょっとくらいお馬鹿でも、それなりに知識が付く。
あと、分野によって教育法と相性がある。
微積分は公文式のような詰め込み教育で覚えると
意外に簡単だったりする。

488 :日出づる処の名無し:03/11/05 20:52 ID:0LWjpwax
>アメリカでは、金持ちほどよく働くし、子どもにも若いうちから
>ボーディング・スクール(全寮制学校)に入れるなど勉強もさせる。
>ところが、東京都立大学の調査によると、日本では年収一千二百万円までは、
>年収が増えるほど低学力の子どもが減り、
>高学力の子どもが増えるのだが、それをこえると低学力の子どもが増え、
>高学力の子どもが減る。
>金持ちほど教育や勤労義務の範を示すべきなのだろうが、それがなされていない。
(※リンク先消滅)

日本では裕福層の子供もバカになるらしいな。

489 :日出づる処の名無し:03/11/05 20:59 ID:VBq8pYn/
>>488
アメリカの評価は学歴で日本の評価は学力なのは片手落ちだな。

490 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:00 ID:AY1gunQr
>>488
将校はクソで、下士官兵は優秀って言う旧軍の図式そのものですな。

491 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:05 ID:2PIuQqCU
>>488
それは事実だろうね。
元々渋谷や池袋のチーマーも金持ちボンボン連中のお遊びで始まったんだよ。
渋谷のヤクザがチーマー捕まえて見れば開業医やら会社経営者やらの息子がゴロゴロ、
持ってるナイフも高価なカスタムナイフやらで驚いたって話を
当時の組関係者から聞いたことがある。
で、そいつ等はなぜか有名私立大学に入ってマスコミやら広告代理店やらに逝くわけだ。
90年代以降の日本の腐敗はこういう連中がマスコミに巣くってるの大きいと思われ。

492 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:07 ID:pemDj+yB
>>487
数学は、教え方や範囲がキメラだから難しい。

微積を目指すなら目指すと決めて微積一直線なら
全国民がもれなく到達できるはずだ。
しかし、そうはならない。
なぜか。

根本的な問題は、異なる感覚が必要で違った背景を持った異分野が
同じような顔をして数学という同じ教育分野で同じように扱われていること。

答え(数学の最先端)を隠して、過去の数学の天才たちと同じ思考課程を
たどらせるような天才向けのカリキュラムを全体に押しつけることが副次問題。
そのような特殊な分野であるのに、誰にでも解けるようにという建前が一人歩きして、
その広い範囲で、各分野の基本を本当に理解しているのかどうかを
問うためだったはずの受験問題だったのだが、受験問題の解き方だけ変な風に攻略されて
「よくわからないが解ける」といった受験制度の形骸化も副次問題。

こと算数・数学教育においては根本から掛け違えて腐っているとしか言いようがない。
秀才の選別なら選別。
国民の教育なら教育。
きっちり分けてやって欲しい。

同様な屈折した問題は英語教育でも発生している。
数学と違うのは、英語が何重にも曲がった言語だということと、
英語のできる日本人などもとからほとんどいなかったから
誰がどう教えたって駄目なものは駄目ということだが。

493 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:08 ID:pemDj+yB
>>482
中位層の圧力が下がれば上位層のレベルも落ちる。

中位が頑張るから上位もより輝くんだ。

494 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:10 ID:pemDj+yB
>>488
成金はなぜ成金と呼ばれるか。
金持ちの義務を果たさないからだ。

日本の金持ちは成金であってエリートではない。
日本の秀才は番頭にはなれても金持ちにはなれない。

日本で金持ちになるためには詐欺をするしかない。
合法的で狡猾な詐欺を。

495 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:10 ID:EME6tZTU
あのね、出版者やテレビや広告代理店はほとんどコネ入社なんだよ。
(まぁテレビはそうでもないが出版社はひどいね)
コネのない奴はフリーランスで実力勝負か下請けプロダクションから入る。
正社員を望まなければ学歴は完全に関係ないからそれはそれでいい面もあるけどね。

497 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:13 ID:pemDj+yB
>>491
筋金コミュニスト~モラトリアム左翼~成金坊々
日本も災難続きだな。
マスコミのような重要な機関を馬鹿に占領されて。

498 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:14 ID:wTBK3nJ+
>>489
アメリカの教育現場の実情考えると、
学力でなく学歴で評価ってのもわかるな。

>スポーツの得意な学生を入学させれば大学は儲かる。
>だからアイビーリーグなどの超一流校は無条件でスポーツ特待生を
>取りたがるのだ。たとえ成績が悪かろうと……。
>さらにアイビーリーグの学生の3割くらいはコネで入学しているという。
>コネで入った学生は、社会に出ても親のコネで一流の地位に就けるから、
>バカでも平気で卒業させるんだそうだ。
(※リンク先消滅)

499 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:16 ID:f1pzkdO7
まあ、結局は金持ちになったもんが勝ちなんだが

500 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:18 ID:2PIuQqCU
>>498
まぁ、日本も森前首相とか見れば同じだよね。
政治家の子息はマスコミ・広告代理店がやたらと多いし。
この面で見ても特権階級だよな>日本のマスコミ

502 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:35 ID:pemDj+yB
>>500
天下りを禁止して官僚の特権性を薄め、
政治家は特権階級のまま二世三世議員とコネ入社。

腐ってる。

官僚なら万民にまだしも門戸は開かれていた。
しかし政治家はそうではない。
政治家が身内で回し合うならば、日本は階級社会になったということだ。

まったくもって民主主義ではないし、階級の流動性も低い。
日本はおかしな社会だ。

腐りきっている。

503 :日出づる処の名無し:03/11/05 21:36 ID:0Kb9/249
日本の九九 9×9
英国の九九 12×10
印度の九九 22×20

英国・米国じゃ暗記してないのが多いらしいが、
印度の学校へ行けるような子はほぼマスターしてるらしいぞ。
近年は計算が得意な日本人といわれたのも過去のこと、
出来ないのがいても教える期間(小2か小3の時期)過ぎたら教えないから
見過ごされがちなんだろうな。
印度の半分以下なんだから、これくらい覚えさせろよ。

こないだNHKでゆとり教育の弊害で全国的に学力落ちすぎ、
しかし京都の公立小学校が目覚しい向上を測ったとやってた。
授業風景をみた他校の現役教師が授業中にうろつきまわる子や
私語ばかりしている子がいないのは凄いといってたが、
今の小学生って45分(いや40分か)もじっとしてられんのか。

504 :日出づる処の名無し:03/11/05 22:03 ID:2PIuQqCU
>>503
体罰を使わないからでしょ。
昔はそんな事やったら叩かれたから。
体罰無しでどうやったらガキを強制させろというのだろう。
言っても解らないのがガキのガキたる所以なのだから。

505 :日出づる処の名無し:03/11/05 22:05 ID:EME6tZTU
>>503
インドの九九は伝統的なものもあるんで他国で暗誦させるのはどうかとも思うが
やはり通常の九九くらいはガキの癖に覚えてないというのはアホすぎ。

インドはインドで、また日本とは違った問題がおこってる。
理数系の教育に力を入れたおかげでIT大国にはなったが、
伝統的なサンスクリットを読める人口が急速に減少。
単語レベルなら知ってるという程度のを入れると、
実は日本が世界一のサンスクリット大国になっている。
(仏教マニアが結構いるため)
インドでは伝統文化が継承できないというので保守派の反感を買っている。
日本で古典教育が減らされたり、韓国で漢字教育がなくなったことなどと多少似ているかと。

506 :日出づる処の名無し:03/11/05 22:11 ID:fshimGHo
ゆとり教育なんて子供のためだなんつって
実際は低能教師がさぼるためにやってるんだもんな。

507 :日出づる処の名無し:03/11/05 22:46 ID:Gz8U0uiW
今>>506が鋭いこと言った

508 :>>503:03/11/05 22:49 ID:wTBK3nJ+
私はぜんぜんじっとしてられなく、しかも私語の多い
まさに落ち着きの無い子供でした…とほほ。
原因は、先生ではなく、授業にありました。
簡単すぎて、つまんなかったのです。
わかりきってることを、何回もとろとろやるので、
飽き飽きしてしまったんです。
今の子は早熟で、幼稚園から読み書きできる子も多いので、
もしかしたら初等教育でのゆとり教育の授業は、
簡単すぎてつまらないって子もいるのかもと思ったりします。
10才くらいなら、躾が悪いってことかもしれないけど、
6~8才くらいの子は、そういう感じもあるかなあと。

509 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:03 ID:OeDlEYzH
オンリー1でいい、なんて言えるのは
競争しなくてもクビにならない教師(公務員)と
売れた後の芸能人くらいだ。一般人には通用しない。

ナンバー1になれ、そのためにオンリー1を身につけろ、が元々の意味だろうに。
なんでサヨの阿呆は文章を改竄改悪するのかね。

510 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:11 ID:hrV4ZiUi
数日前のNHKで、フィンランドに学べというのをやってたな。
フィンランドも10年位前までは、日本のような細かな学習指導要領を作って
子供の平均的学力をあげる方策だったが
それをやめて、教育方法を教師に大幅に任せる方式にしたって。
また教師一人当たり生徒15人程度で授業してるそうだ。
日本も教師の数はそのくらいいるのに、教頭とか学年主任とか
生徒と直接かかわらない役職がたくさんあるので、できてないって。
フィンランドは学力も世界トップだったが、
遅れてる子供のケア、進んでる子供のケアどちらも優秀だったそうだ。

511 :510:03/11/05 23:15 ID:hrV4ZiUi
それと、フィンランドでは教師になったらそれで終わりじゃなく
ずっと教師に対しても研修とかテストとかやってるそうだ

512 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:27 ID:OeDlEYzH
おれも見たよ。(NHKだから、日本を叩くこと大好き局だということを差し引いた上で)
教師に対する研修や制度は日本よりずっと上だね。
なにより、教師を目指した人のうち、実際教師になれるのは10パーセント程度というのが
人材の優秀さを物語っている。
日本みたいに、2流大学の2流生徒がなんとなく教員資格をとる
というへっぽこ制度とは大違い。成果(生徒の成績)が上がらないとクビというのもイイ。
日本も予備校の教師レベルの競争はするべき。

513 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:38 ID:0Kb9/249
>511
夏休みは教員の研修はめちゃ多いそうですが、
誰のためにやってんだろう、教育委員会や文部省のためか。

学力指導スキルの研修・テストもいいが、教師のメンタル面での指導・テストもすべきだ。
セクハラ教師や混血の子に血が穢れていると率先してイジメをくりかえした香具師や
事なかれ主義の無責任派など適性に問題がある場合も多い。
高校の時、えらくヒステリックで自分だけが正しいとわめき、
知るもの皆に嫌われてた女子が、
数年後小学校の教師になったときいて
知人は教えられる子供が可哀相だなとつぶやいてたことを思い出したよ。

514 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:40 ID:oweoYpwM
>>511 それいいね。
でも、元がな… _| ̄|○

漏れは学部卒業後、勉強したいことがあって先生見っけて、
その先生が教えてる大学院に逝ったんよ。
その先生は教育学部で教えてたんで、漏れも教育学専修。
そん時に教育学部の連中も色々と見たんだけどさ…
漏れに子供が出来て、学校に通わせる時にこんな奴らが
教えてる学校になぞ行かせたくないと思ったよ…
中には優秀なのもいたけど、皆、教員に採用されることは無かったな。
採用されていたのは、遊んでばかりでお情けで卒業させてもらえた様な奴らばかり…
現職の教員が「研修」ってことで大学院にもいたが、どうしようもないのばかり…
まるで、仕事さぼって遊びに来てるようだったよ…

515 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:53 ID:25h8Xa95
>>491
もっと正確に言うと、渋谷近郊のジョーカーズ崩れと
その友達(主に成城などの私立大に通ってる)が
流行りのアメカジ着込んで、
車高を上げたハイラックスを乗りつけて渋谷で屯していたのが始まり

当時のチーマーの見た目はビンテージのジーンズとネルシャツ、
引っ掛ける女の子もまともな女子大生とかが多かった
おまけにジョーカーズは元々軟派だったから、気質が一般人と大して差が無かった

しかし、初期のメンバーはチーマーがブームになって嫌気が差して居なくなった
残ったのはガラの悪い田舎者とヤマンバ女子高生だらけになってしまった

不本意だがヤマンバもジャポニズムなんだろうと思う今日この頃

516 :日出づる処の名無し:03/11/05 23:58 ID:hrV4ZiUi
>>515
ダウンタウン松本が、「ひとりごっつ」で
日本には必ずオニババ・ブームが来ると予言してたが
当たった

517 :日出づる処の名無し:03/11/06 00:28 ID:6Ulsk1GE
>516
warata

>511
運転免許は定期的に更新しないといけないのに
教員免許が一生ものというのがおかしい。
教育学部もそうだけど、日本では教員候補生に
理念を教えるば場所はあっても、技術を教える場所が無いのもおかしい。

518 :日出づる処の名無し:03/11/06 00:40 ID:Ig5hGuDr
>>517
技術は大手予備校の講師に比べたら児戯に等しいからね<一般教員
結果や能力を問われない共産主義的な思想は衰退しか生まない
だから無能な教師ほど共産主義が好きなんだよね

生徒もそれが分かっているから塾の先生の方が好きだったりする

519 :日出づる処の名無し:03/11/06 00:43 ID:E20lGW7M
クラス対抗成績レースみたいなのを作って、競争心煽れば
クラス内では助け合ったりするんじゃないだろうか。

524 :日出づる処の名無し:03/11/06 02:50 ID:8E6vlUjE
>519
競争心を煽るなんてとんでもない!
皆仲良く並んでゴールするのが平d(ry

525 :日出づる処の名無し:03/11/06 03:06 ID:6gme5FoB
>519
中学生の学力チェック 京都府内 99校で一斉に診断テスト
>基礎学力の低下を懸念する声が高まるなか、生徒の学力を分析し、基礎・基本の定着を
>図るため、府教委が初めて実施した。総費用は1260万円。
>結果は来年1月以降、生徒本人にも通知するが、学校別の平均点などは公表しない。
(※リンク先消滅)

さすがサヨ強国京都。公表して優劣をつけるなんて発想はいけないんでしょうな。
目に見える形でわかったほうが、改革気運が高まると思うんだが。

526 :Niur ◆jjkdNiurZE :03/11/06 03:18 ID:QZyr56qi
>>515
>不本意だがヤマンバもジャポニズムなんだろうと思う今日この頃
結構同意。アレは(お)洒落に対する駄洒落だと思ってました

527 :日出づる処の名無し:03/11/06 05:50 ID:On7NfPDa
あれこそ日本発祥、あれこそ日本オリジナル。
ある意味アナーキー、ある意味ロックンロール。
ヤマンバは世界に誇れる日本の文化だったんだよ!!

528 :日出づる処の名無し:03/11/06 06:22 ID:GF5UH7jx
誰だったかなあ、「ガングロ女子高生は現代のバサラだ」と
言っていた人がいたよ。

「宵越しの金をもたず有り金全部を奇矯なファッションに投じる
現代の傾き者、まさにバサラの精神を受け継ぐ者は彼女達だ」
とかなんとか。

皮肉なのかマジなのかよくわからん文章で、それに俺はガングロは
生理的に受け付けないので頭にちょっとひっかかってただけだったが。
あれは誰が言ってたんだったかなあ。

529 :日出づる処の名無し:03/11/06 06:44 ID:+ZjKlzfw
ピーター・バラカンじゃなかった?
と知りもしないのにレス。
ところで>>527には「な、なんだってー(AA略」とレスしておいたほうがいいのか。

530 :日出づる処の名無し:03/11/06 07:20 ID:GF5UH7jx
>>529
いや、日本人のもの書きだったよ。
ピーター・バラカンが佐々木道誉とか知っているとも思えないし(w

531 :日出づる処の名無し:03/11/06 08:50 ID:PsReX1aS
>>530
明石散人のアカシックファイルだね

この記事のURL | ジャポニスム | CM(34) | TB(0) | ▲ top
<<どのように数学を教えるか[後編](part16スレ) | メイン | スクリーンに見る日本(part16スレ)>>
コメント
-  -
公務員削減って……
自民党はともかく、民主党が政権とったら公務員の数は(人口比でね)増えるか横ばいだよ。
じゃなきゃ自治労(地方公務員の集まり)が支持しない。
民主党のマニフェストに書かれてるのは「国家公務員の人件費削減」であって、「公務員全体の」ではない。
でも権利は公務員全体に対して確保するって書いてあるでしょ。
地方分権とか言って地方に仕事を振り分けるから、地方はせっかく市町村合併で減りつつある人員を確保しだすだろうし。
つまり、国家公務員を減らしてそれ以上に地方公務員を増やす政策なんだよ。

地方公務員の私が断言しとく。
2009/08/19 08:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>できない子の方が「人間的」であるかのような扱い
ああ…覚えがあるわー。
子供は特に善悪二元論に陥りがちだから、「勉強ができないからといって人間性が劣るわけではない」って正論が、つい「勉強ができない方が人間性が優れている」ってなっちゃう。
そういう時こそ、教師がバランスを取らないとダメなんだけど…。

結局、教師のレベルを底上げしないと、仕組みをいくらいじってもダメなんだろうなぁ。
2009/08/18 14:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
小学生の頃、わかってることをおさらいするばっかの授業が退屈でしょっちゅう抜け出して校内の図書館でひとりで本読んでた。そのときの読書量がいまの自分の基礎にもなってると感じるよ。
だけど子供の自主学習なんて限界がある。伸び代のあるうちに授業でもっと知らないことをたくさん教えてほしかったよ…。詰め込み教育世代がうらやましい。
2009/08/18 02:45  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
混合クラスも大概空気悪かったけどなぁ。
授業はできない子に合わせるから、できる子は頭押さえられて伸びることができない(自主的にドリルやってったら「先走るな」と咎められた)し。できない子の方が「人間的」であるかのような扱いで、努力して勉強してる方が馬鹿らしいような雰囲気。人間的に向上するなんて良い影響なんか無かった。
結局、自分を伸ばしたい子は私学に抜けて行って、公立には、できない子ばかりが残って地盤沈下って感じだったよ。
2009/08/17 21:20  | URL | VIPPERな名無しさん #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
「ムダ遣い」を徹底的になくす!とかいうことで「公務員削減」を謳っているなかで、教師2人制なんて不可能。日本の教育は「金をかけず、学力をあげる」が基本スタンス。
2009/08/17 18:11  | URL | #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
余裕で知ってることをやってる授業はつまらなかったが、テストとかを見てわからない人もいるんだなぁとぼぉっと眺めてたわ。
 それより一クラスの人数は多くていいから、教師2人制にしてほしいわ。教師生徒両方監視の目として、相談役として授業のフォロー役として後ろに一人いるだけでぜんぜん違う。
2009/08/17 11:39  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
そう、大体頭がいいのが集まったから良いと言うものではない。
プライドから来る足の引っ張り合いやら、イジメやらで雰囲気が悪くなる。
普通の人、少し劣ったくらいの人が混じって、長所、短所を認め合えた方が人間的には成熟すると思われ。
半ばは体験談だが、こんな感じだった。
2009/08/17 11:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4162
補講はともかく、習熟度別のクラス分けしても、全体の学力を上げることは出来ないし、むしろ格差を広げてしま
う要素が多いことはすでに証明されつつある。
それよりも、いろんな学力を混合したほうが、「3人寄れば文殊の知恵」状態になるからより良い結果が出ることが多いんだよ。
実際、教育大国のフィンランドでは、習熟度でのクラス分けは廃止したそうだよ。
2009/08/17 10:48  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>平成1994年
今の陛下が人類の最高齢の記録をかるく十倍以上更新するわけか。
2009/08/17 01:45  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>4162
当方習熟度別の授業を受けましたが、上位クラスはともかく下位クラスは悲惨な事になってましたよ
さじ加減次第でしょうが、今の公立校でやったら底抜けの馬鹿を量産する事になりかねないと思います
2009/08/16 22:29  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>クラス対抗成績レースみたいなのを作って、競争心煽れば
>クラス内では助け合ったりするんじゃないだろうか。

俺の通ってた小学校そんなだったぞ
一挙手一投足一言一句あらゆる言動に点数付けられるんだよ
一授業毎に糾弾される奴が交代してな、もう不登校者続出
地獄だったぞ
2009/08/16 21:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
学力低下の原因は経済大国になった弊害で親が忙しくなりすぎただけ。
コミュニケーション不足で教養が無いと授業に身が入らないし入れようが無い。
親子が仲良くなったら学力も才能も上がるよきっと
2009/08/16 20:54  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
詰め込み教育といえば悪い印象があるが、実際には、技術とかを学ぶ上での最低限の知識を学ばせるには、あれ位はしないと出来なかったんじゃないかと思う。
と、昭和40年台生まれの自分が新人を見て思った事。
大学出て、高卒の自分よりまともな文章一つ書けないって何なのさ?
そんで、しばらくしたら辞めてくわけで…(*´Д`)=з
2009/08/16 17:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
つか74年生まれ以降は『詰め込み教育』世代じゃ無い。
77年に80年から実施の学習指導要領全部改定で、それ以前と比べ確実に学習内容、授業時数の削減が行われている。「ゆとりと充実を」「ゆとりと潤いを」がスローガン。『ゆとり第一段階』だな。
次に89年に92年から実施の学習指導要領全部改定で、更に学習内容、授業時数の削減。小学校の第1学年・第2学年の理科、社会を廃止して、教科生活を新設。『ゆとり第二段階』。
で98年に02年実施の学習指導要領全部改定。これが世間で言われている『ゆとり教育』だけど、実質には『ゆとり第三段階』。
74年生まれ以降は確実に『ゆとり教育』を受けた世代だよ。内部に段階があって差があるけどな。
2009/08/16 16:36  | URL | #8kSX63fM[ 編集] |  ▲ top

-  -
ゆとり教育の提唱者は日本にはゆとり教育押し付けて今も自画自賛しといて、天下った朝鮮学校には詰め込み教育を今推進してるんだよな。特アの廻し者だろ、あいつ。
2009/08/16 14:32  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今時日教組とかw
組織率落ちまくってるのに。
時代は全教だよ、全教。
2009/08/16 14:17  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
もしミンス政権になったら確実に教員の免許更新制は廃止になるでしょ。
2009/08/16 14:12  | URL | #X.Av9vec[ 編集] |  ▲ top

-  -
自分たちが子供のころ、どれくらい勉強して、どれくらい頭がよかったのかを、ちょっと思い出してから考えてほしい。
自分も「詰め込み教育」世代だったけれど、周囲が全体的にそれほど優秀だった覚えはない。
できる奴はできるし、できない奴はまったくできないなんていうのは、いつの時代でも変わらないと思う。
で、学力が低下しているのって、日本のどこの地区?そこって、以前は学力高かったの?
2009/08/16 12:45  | URL | #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
ゆとり教育は勉強しかできないんじゃダメでしょうではじめたが結局は勉強もできないヤツを輩出することになった。

あと勉強出来るやつのトップクラスはいい意味でも悪い意味でも頭おかしいやつばっかり
1日の授業を全部記憶出来るからノートとらないでもいいとかさぁ…
2009/08/16 10:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>詰め込みで学力上げても出来るのは秀才だけで天才は作れない。

日本の詰め込み教育で、ノーベル賞受賞者を何人も出してるわけだが。
島津製作所の田中耕一さんとか、まだ受賞してないけど有力候補の中村修二さんとかは、戦後の詰め込み教育を受けた世代だし。

歴史に名を残す数人程度じゃ、ゆとり教育の方が優れてる理由にはならないねぇ。
2009/08/16 09:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
詰め込みで学力上げても出来るのは秀才だけで天才は作れない。
これからの日本に必要なのは秀才じゃなくて天才だ!
っていうんで ゆとり になったんだがな。
まぁ、秀才がへってバカが予想以上に増えてしまったわけだが、歴史に名を残すような天才が数人育ってれば失敗ではなかったといえるし、その判断はこれからだろう。
2009/08/16 08:42  | URL | Miya #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
教員免許の更新は民主党が廃止するんじゃなかった?
2009/08/16 04:50  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>平成1994年
日本人はすげーな
あいつら未来に生きてるよ
2009/08/16 01:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
自分の家の住所とか、自分の生年月日書けない子がすげー増えてる。下手すると高校生でも。
書いても平成1994年とかw

これは学校のせいというより家庭の責任かもしれんが、もうちっと一般常識を身につけてほしいとは思う。
2009/08/15 23:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
大型連休が追加されて教育がさらに悲惨な事になりそうだ。

※150
>>教育方法を教師に大幅に任せる方式
これを日教組の教師にやらせたら・・・(;´Д`)
2009/08/15 22:57  | URL | #O3NYc0SA[ 編集] |  ▲ top

-  -
教員免許はもう更新制になったよ
5年に一回試験がある

6年も前のスレなんだから現在がどうなってるか調べてから批判しようぜ
2009/08/15 21:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
格差の問題で、今は公立の学力低下で機会の格差が広がっているように思う。
昔も格差はあったけど、貧乏で塾にいけなくても本人の努力次第で公立の学校に通っていても、良い大学にいけて良い会社に入れる可能性はあったけど、今は公立の学力低下で良い私学の学校に通い、更に塾に行かないと良い大学に入りにくくなっている。親の経済力によって子供の機会の格差がある。
学歴やどんな大学に通っていても関係ないとか言われているけど、やっぱ良い大学に行った方が企業を選ぶ選択肢が広いし、良い企業に入りやすいからね。
2009/08/15 21:29  | URL | #8kSX63fM[ 編集] |  ▲ top

-  -
習熟別のクラス分け、補講くらいほしい。
でも習熟別のクラス分けとかいうと差別だとか
言いだす奴らがいるからなあ。
2009/08/15 21:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
昭和程度の詰め込み教育したって、
天才の発想がつぶされる事はない。
つーか、その程度でつぶされる才能って何(wって事。

個人的に、教員免許は5~10年で更新試験を行い、
脱落者には半年ぐらいの再教育&再試験。
って感じにしてほしい。

出来れば、医者も同じシステムにして、
収入の安定と、人材の流動をして欲しい。
2009/08/15 20:33  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日教組潰れて欲しいよ。
明日、靖国神社に子供連れてく。
2009/08/15 20:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
数学に関しては幾何学が少なくなったのが原因らしいな
日本は幾何を少なくして数学ができなくなった
イギリスも幾何を少なくして数学が嫌いな子がふえたって、数学者がいってた

教師については、日教組の排除。教師に全国テストをしてランクづけしたり、もっとふるいにかけるべき
2009/08/15 19:52  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
確かになあ
授業、何回同じことやってるんだと思ってた
小学生なんか集中して必死にならなくてもついていけちゃうものね

あとやっぱり格差は大抵継承しちゃうよね
絶対におかしいと思う
2009/08/15 19:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
一度理解したことを長々と繰り返させる授業は確かに飽きてきて、授業態度悪くなりガチだったな
2009/08/15 18:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ゆとり教育は時間的に学期内では無理で、夏休みやら返上になるんで現場も嫌がっているそうですよ。
現場としては「一昔前よ、再び…!」だそうで、まさに誰得。
2009/08/15 17:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/87-d9aee1bf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。