2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日独伊三国軍事同盟と食事非同盟(part15スレ)
- 2009/07/16(Thu) -
118 :前スレ954:03/10/09 14:44 ID:RiwlF0H8
昨日、ドイツ系アメリカ人な仕事相手といろいろと話す中で障子の話題が出ました。
彼曰く、paper screen は自然に優しい未来型ドアらしいw
なんでもエコ絡みで、日本の「木と紙の家」を研究する人も少なくないとか。

一番笑ったのは、イラク戦争絡みでその筋では有名な joke を生で聞いたこと。

without Italy

まさかこれを real で聞く日がこようとは(^^;

125 :日出づる処の名無し:03/10/09 17:37 ID:sedQ/p+u
>>118
ワロタ
ドイツ人らしいな

126 :日出づる処の名無し:03/10/09 18:21 ID:1eaM0N4+
>>125
「日本人にそう言うと受ける」と既に知っていて、
もうネタ化して持ち合わせているだけかもよ。

127 :日出づる処の名無し:03/10/09 19:38 ID:5QLL9Iyd
>>126
受けるか?日本人全体で見たらひく人の方が多いような気がするが。

128 :日出づる処の名無し:03/10/09 20:21 ID:gvqWzX5v
ドイツ人だって引くさ。
ドイツで日本人がこんなジョーク言ったらヒンシュク買うだけ。
っつーか、このジョーク、2chで一人歩きしているような気がする。

132 :日出づる処の名無し:03/10/09 21:07 ID:PThS7x/9
>>128
ビートたけしが言って顰蹙買ったのは有名だよな。

137 :日出づる処の名無し:03/10/09 21:30 ID:+MJ5YY2T
>>132
たけしはイタリアでそれ言ったんで顰蹙買ったんでは?
確かベネチアで金獅子賞とった時だったと思うし。

しかし日本人の方から「イタリア抜きで~」なんて冗談は言わないし言えないよな。

だいたい、今の日本の若者なんかは
ドイツやイタリアと同盟国で一緒に戦争してたって事も知らないのが多いんでは。
私はドイツ・イタリアどっちの国の文化も好きなんで戦争抜きで仲良くしたいのぅ。

139 :長門 ◆fHUDY9dFJs :03/10/09 22:00 ID:QSpMdGVv
まあドイツ人の中にもあの戦争にシンパシーを感じる人はいるわけで
そういう人も他の外国人の前では絶対にシンパシーを表明できんわけだ
日本人の前だと油断してついうっかり話してしまうってことはあるのかも

140 :日出づる処の名無し:03/10/09 22:04 ID:2oADL62N
>>137
たけしが言ったのは「ドイツ抜きで」。
顰蹙というか、言葉が通じなかったのかシーンとしてただけ

142 :日出づる処の名無し:03/10/09 22:06 ID:IIxRd4YD
イタリア抜きの話は、イタリアからみのジョークの定番じゃないの?
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1310/italiano.html

143 :日出づる処の名無し:03/10/09 22:08 ID:v0x9y2EG
>>140
シーンとしたのはおもしろくないからじゃねーのw
イタリアが弱いどころか足を引っ張るというのがキモのジョークだから

148 :前スレ954:03/10/09 22:57 ID:RiwlF0H8
うわっ、余計な波風たててスマソ>ALL

そのドイツ系アメリカ人、向こうの感覚でいえば歴史修正主義者と呼ばれる
考えの持ち主なので、日本的感覚でいえば特殊と見てOKなはず。
(正確には「虐殺・差別はあったが抹殺政策は無かった。ソースないし」って考え。
 漏れは詳しくないけど、調べれば調べるほど疑わしいソースしか無いらしい^^;)
なお、ドイツ人にWW2ネタをふるのはタブーです。ご注意を。

お詫びついでに JAPONIZM な小ネタをひとつ。

今や Japanese foods と言えば健康食の代名詞。
「Sukiyaki」「Natto」「Sushi」などは、
辞書にさえ載る立派な英語です。
同様に昨今は「梅干し(Umeboshi)」が英語になりかけているように思えます。
辞書ではまだ、「pickled ume」か「pickled plum」で載っていますが、
少なくとも私が出会ったアメリカ人は、ほぼ全員、Umeboshi で通用しました。
八割方、No thanks だったのは言うまでもありませんがw

152 :日出づる処の名無し:03/10/09 23:21 ID:GrpeuZZI
梅干ノーサンキューってオリーブの塩漬けとそう代わらないじゃん。

155 :日出づる処の名無し:03/10/09 23:28 ID:m92xHuf+
[HANAーBI]第54回ベネチア国際映画祭海外出展決定。
9月6日速報。北野監督グランプリ金獅子賞受賞。
ちなみに英語のスピーチの“イタリアと一緒に他国を攻めよう”
という、ブラック・ジョークは滑りまくり。

156 :日出づる処の名無し:03/10/09 23:53 ID:1eaM0N4+
うん、あのシーンは何つーか…

も一度一緒にやらかそうぜ的なこと言ったが、直後の周囲の反応は( ゚д゚)ポカーン
印象としては、「なに馬鹿言ってんだ?」よりは
「何言ったのかわからん」という雰囲気に見えた。

しばし後、何言ったのか一応認識され、
「こいつぁ冗談ってことで収めとかんとまじいぞ」と
思われたのか、周囲はかなーり無理してお付き合い笑いつー感じだったね。

157 :日出づる処の名無し:03/10/09 23:54 ID:RJpJE/xw
>>155
それ「世界で私は嫌われる」でしょ。
本人は言いたい事うまく言えなかったらしい。
本当はたしか「映像で」ハリウッドとかを一緒に攻めよう。だったらしく
分かってるヤシも結構いたみたいよ。

158 :日出づる処の名無し:03/10/10 00:05 ID:Yl1W1TIY
>>157
「映像でハリウッドを攻めよう」というのは、あとで考えた言い訳だろう。
へんに話題になったから。
たんに一言ジョークのつもりだったと思う。
小渕首相を「海の家のラーメン」と言ったのも、
最近は「思ったよりうまかった」という意味だと言ってるが
もともとは「予想どおりまずかった」だった。

163 :日出づる処の名無し:03/10/10 15:10 ID:g+iFYRze
沢木耕太郎の『深夜特急』には、著者がイタリアの老人から、
「日本人はグッド・ファイターだった」
「日本人はイタリア人と共に闘った。また一緒に闘おう」
と言われるエピソードが出てきます。

164 :日出づる処の名無し:03/10/10 15:50 ID:xImES/5B
第二次大戦中にUボートに乗って日本に来たイタリア兵で
戦後そのまま日本に永住して今も生きてる人って居るんだよね。

165 :日出づる処の名無し:03/10/10 17:45 ID:/9Vs4wPk
残念ながらこっちは二度とイタリアとは組みたくない。

166 :日出づる処の名無し:03/10/10 18:51 ID:Yl1W1TIY
フィレンツエ大学日本学科教授フォスコ・マレイニの自伝より

戦時中、日本に住んでいたマレイニ氏は、
1943年、日本とイタリアの同盟が解消されてから、
名古屋近くのキャンプに捕虜として収容されていました。
彼は文部省の奨学生として、妻と2人の娘を連れて日本へ渡ったのでした。
3番目の娘さんは、日本で産まれました。
日本に住む全てのイタリア人は突然敵になり、捕虜となってしまったのです。
彼の家族は10人のイタリア人とともに収容所で捕虜生活を強いられ、
飢えと病気に悩まされました。
兵士達が捕虜の為に配給された食事を横流しした為、
イタリア人達は毎日パンやみそ汁、玉ねぎに豆の入ったご飯を
半分に分け合って食べなければなりませんでした。
あるイタリア人があまりの食糧事情の悪さに、
食事の配給を拒否して誰かに現状を調べるように訴えた事がありました。
するとすぐに警察官が駆けつけ、
’生かしておくだけでも感謝しなくてはならないのに、さらに食べ物をくれとは恥を知れ!
おまえ達はうそつきだ!’と侮辱しました。
マレイニ氏は台所にあった手斧を取り上げ、自分の左手の小指を切り落とし、
日本人の役人に投げつけて’イタリア人はうそつきではない’と日本語で言ったそうです。
これはイタリアでは有名な話だそうです。
数年後、戦争の終結とともに全てのイタリア人は収容所から開放されました。
マレイニ氏はその後も日本への愛情を捨てる事なく研究を続けました。 

167 :日出づる処の名無し:03/10/10 19:35 ID:FieDZYCY
>>166
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
イーストウッドのアルカトラズからの脱出でも
そんなシーンがあったのを思い出した。

168 :日出づる処の名無し:03/10/10 19:40 ID:Au+CRioq
>>166
捕虜でひどい目にあっても日本への愛情は尽き無かったんだ。
なんだかありがたいな~。

戦争以外ならまたイタリアと組んで何かやりたいね。
っていうか戦争はもうどこと組んでもやりたくないが…

169 :日出づる処の名無し:03/10/10 20:47 ID:HBYerij/
※日本に永住したイタリア人兵士
ムッソリーニ逮捕、パドリオ政権樹立とともにイタリアは連合国に無条件降伏したが、
ドイツ軍の北イタリア制圧、ムッソリーニ救出により「サロ共和国(RSI)」が樹立。
その頃、シンガポールに進出していたイタリア潜水艦3隻は日本軍により接収、
将校・兵士はパドリオ側とムッソリーニ側に分けられ
国王に忠誠を誓う将校達は収容所に送られた。
接収された3隻はドイツ軍に譲渡され「UIT-23~25」とUボートのナンバーが付けられた。
その後、ドイツ降伏に伴いUボートは日本海軍に接収、
ドイツ・イタリア軍兵士は武装解除した。
日本にオーバーホールの為に神戸に寄港していたUIT-24、25の戦いも
ドイツ降伏で終った。
UIT-25に乗り込んでいた機関士サンツィオ軍曹は、
他の仲間たちが戦後イタリアの故郷へ帰って行く中で、
戦後もエンジニアとして働き、事業を興して家庭も持ち、
現在も日本で静かな余生を過ごしている。
(参考文献:歴史群像No.60 「イタリア潜水艦極東派遣計画」より)

170 :日出づる処の名無し:03/10/10 20:59 ID:r+ZGZAXk
1943ていったらまだ食料があった時代なのかな?
誰かおせーて

173 :日出づる処の名無し:03/10/10 21:33 ID:/q9jLojA
寝返りイタ公の捕虜に同情する必要なし

174 :日出づる処の名無し:03/10/10 21:45 ID:9LeXvmwo
イタリア人のことだから、パスタを食わせろだの
食後にはジェラートを出せだの言ったのではないか。

175 :日出づる処の名無し:03/10/10 22:07 ID:ByU0bwE/
>>172
うちの母親(昭和一桁)の口から以前出た言葉によると、
戦争中に物が無かった無かったって話ばっかり流れてるけど、
最後の二年ほどを除いてはそんなでもなかった。
最後の二年ほどは、いよいよ(当時の)子供でも分かるほどになったけどな。
これを信じるとすると、43年当時はまだましだったかも。

ちなみに、
母:せやけどな、戦争中より戦後の方が、物無かったで。
  戦争終わってからの方がしんどかった。
俺:?……あ、そうか戦争中は曲がりなりにも配給があったとか…
母:せや!
だそーです。

176 :日出づる処の名無し:03/10/10 22:22 ID:Au+CRioq
>>174
不謹慎かもしれんがありえそうでワロタ

イタリア軍は砂漠のまん中でパスタ茹でて水足りなくなって
ドイツ軍に水わけてもらった話、どっかのスレにあったなあ。

ムカつくはずがなぜか憎めないんだよな。
WW2のイタリア軍のレーションもどっかで見た。
ヨダレが出そうな豪華メニューだった。
今も軍隊にジェラート製造機があるというのはホントかね。ホントっぽいけどw

178 :日出づる処の名無し:03/10/10 22:30 ID:HABPHnAA
>>176
日本陸軍やドイツ陸軍とちがって
イタリア陸軍の将校と下士官・兵の食事は天地ほど差があったそうです。

179 :172:03/10/10 22:46 ID:r+ZGZAXk
>>175
サンクス。体験者の話ならかなり信頼出来るね。
じゃあ、そのイタリア人も日本にいたんだから
無くなりそうな食料を何年続くか解らない戦時の中で出し渋られても仕方ないな。

>>戦争中に物が無かった無かったって話ばっかり流れてるけど
もう一度訂正します。
×まだ食料があった
○まだ食料がある程度あった
↑です。説明が曖昧だったすまそ。
流石に俺も米一粒さえ無かったとは思ってないです。はい。

兎にも角にもなんか日本がイタリア人に悪い事しちゃったのかと思ったが
それを聞いて安心した。ありがと>>175

180 :日出づる処の名無し:03/10/10 22:57 ID:Ihu1o8BV
>>179
いや、太平洋戦争の時は捕虜への扱いは悪かったと思うぞ。
特に、食糧事情は。

181 :179:03/10/10 23:03 ID:r+ZGZAXk
>>180
へ?そうなの?
それは知らなかった。勉強不足だな。googleへ逝ってきます。y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

182 :日出づる処の名無し:03/10/10 23:13 ID:VPDbJFC8
日本一般人への配給より捕虜への配給のほうが多かったってのもあったな。
それでも処刑されちまったが。

183 :日出づる処の名無し:03/10/10 23:26 ID:qnlgEH18
ゴボウを食わせたら、木の根と勘違いされて、戦後に捕虜虐待で死刑って人がいたよね。

184 :日出づる処の名無し:03/10/10 23:29 ID:p2p2GXWZ
食事の話で思い出したが、
漏れの親父は大学時代にもう時代遅れになってた学生運動をちょっと齧ってたらしいんだが
とある講義の時間に講師が
「日本軍は確かに強かったが、結局は負けた。
大和魂とよく言うが、アメリカ人も開戦後に志願兵が激増したように、
ヤンキー魂と言うべきものに負けたのだ。
日本人はアメリカ人を舐めすぎた。
さらに、国民性の違いも決定的だった。
例えば、食事。日本軍は米を現地で飯盒したりしていた。
だが、合理性のアメリカ人はレーションを採用した。
これらの事も敗因だった筈だ」
というのを聞いてキッパリ足を洗ったそうな

漏れもそれに憧れて同じ大学受けたけどダメだったんで、
今は別の大学で学生やってるが
ちなみに親父の母校は早稲田でつ(;´Д`)

185 :日出づる処の名無し:03/10/10 23:37 ID:R8DDP26f
>>184
>ヤンキーのレーションの話→父上が学生運動から足を洗う
「父上は反米意識から学生運動に参加していた」との理解でよいのか?

186 :日出づる処の名無し:03/10/10 23:56 ID:Au+CRioq
WW1の頃の日本は捕虜の扱いがすごく良くてロシア人やドイツ人を感激させた
という話を聞いたが、WW2ともなるとそこまでは行かなかったって事か…>>180

日本軍って戦地で飯盒してたの?
せっかく日本古来の干し飯という保存食があるのにw
その点に関しては戦国時代とかの方が合理的か?
フリーズドライの味噌汁のようなものもあって忍者は食していたそうだし。

187 :さまよえる亡国人:03/10/11 00:27 ID:P7/VA+L6
スレとは無関係だが、
>>186
日本兵は食事をするときに、必ず米を炊くので、
米軍はそれで、日本軍の位置を突き止めていたと聞くなあ。
それで、米炊きが禁止されて、生米齧って、下痢をした兵も居たらしい。
そのまま食べられる物では、乾パンが主流かなあ。

188 :日出づる処の名無し:03/10/11 00:28 ID:eDQjJy18
日本軍にはカンパンがあるじゃないか。
あれなら寒冷地にも持っていけるぞ。

189 :日出づる処の名無し:03/10/11 00:29 ID:gc9XHde9
>>186
戦争が、ずいぶん長く続いたし、
日露戦争で日本はすでにかなりぼろぼろだったと聞いた。
米は南の戦地で
日本兵が降伏しても捕虜にせず皆殺しにしたり、
といった向う側の日本人に対する扱いも影響してると思う。
ていうか、連合国の日本兵捕虜に対する扱いの方が
よっぽど酷かったはずだよ。
拷問や私刑は日常茶飯事だったらしいよ。
なんたって彼等には人間以下の存在ですから。
じゅうたん爆撃で民間人の大虐殺もされたし。
あと、文化的ギャップもあると思う。
食事の量も、日本人には充分でも
欧米人には足りない、っていう感覚、
今ならわかるが当時はわからなかったのかもしれない。
ましてや戦時中だし。
まあでも日本での捕虜の扱いは悪かったらしいよ。
お互い様だけどね。

190 : :03/10/11 00:32 ID:CZ9XYpE/
>>186
漫画家、水木しげる(陸軍、ラバウル帰還兵)の自伝モノを読んでいたんだが、
戦地でも、メシは飯盒などで炊いていますね、主に初年兵の仕事だそうです、
「めしあげ」と言うらしい。
行軍するときは、靴下に米を入れて携行する。
おかずは、牛缶や乾燥野菜などがあったみたい。

191 :日出づる処の名無し:03/10/11 00:51 ID:gc9XHde9
>>190
万物は食べられると思っていた。
ってやつですね。

192 :日出づる処の名無し:03/10/11 01:18 ID:6ma1Sr7p
>>187>>190
サンクス。なんだかんだで乾いた保存食よりも炊きたてご飯の方が精がつくよね…
飯盒といったら私はキャンプのイメージだったんだが…軍隊のものだったのね。

>>189
戦争中の事だしね。綺麗な事ばっかりじゃなかっただろうな。
ましてや食文化とか違うと…
捕虜にとっては「なんてモノ食わせるんだ!」的な状況は結構あっただろうなあ。

話は全然違うが日本のどこかの拘置所だかには
あらゆる国の料理が用意できると新聞で読んだ。
宗教上の理由とか食文化の違いで日本食がダメな外国人犯罪者多いようで。
今も新メニュー開発中だとか。
犯罪者にそういう気づかいする日本ってwと微笑ましく思うと同時に、
快適と思われたらヤバいやろ、と…危惧してしまった…w

193 :日出づる処の名無し:03/10/11 01:29 ID:gc9XHde9
>>192
そうだねーー!!
東南アジアや中国の農村部の暮らしより、
日本の刑務所は快適って思われてるらしいです。まじで。
職業訓練まで受けられるらしいし。
不法滞在の犯罪者用の収容所必要だね。
マレーシアみたく、ムチ打ちの刑があるといいのに。

194 :日出づる処の名無し:03/10/11 02:38 ID:YYneooTz
>>193
そんなことヤッテルから、日本は犯罪者に舐められるのでヮ…とも思う。

195 :日出づる処の名無し:03/10/11 03:14 ID:Voc6X9GQ
日本で刑務所入って職業訓練受けて金貯めて自国に帰るって聞いたことがある。
そうすると自分とこの国では良い暮らしができるかららしいが
刑務所はいるために日本にくるのかよ。

196 :日出づる処の名無し:03/10/11 04:17 ID:YYneooTz
>>195
日本の刑務所<三食職業訓練付き(泣

197 :日出づる処の名無し:03/10/11 04:19 ID:eDQjJy18
とりあえずできるだけ不味い飯を食えるように気を遣ってあげよう。

198 :日出づる処の名無し:03/10/11 04:23 ID:3EFTfeCA
中国人の間では、日本の刑務所に入ったら
歯をなおしてもらえというのが合言葉になってるそうだ。
「歯が痛い」とわめけば、刑務所側は歯医者で治療させなければならないらしい。
もちろん治療費は無料(税金)

199 :日出づる処の名無し:03/10/11 04:43 ID:YYneooTz
ある程度は「こんなトコ、もう二度と来ネーヨ!」と
思わせるくらいのほうが親切なのかも…。

200 :日出づる処の名無し:03/10/11 06:57 ID:lMug/lRi
刑務所ん中の中国人にかかる飯代だけで、
何万人分の失業対策が出来るだろうか・・・
この費用、中国政府に要求出来ないのか?

201 :日出づる処の名無し:03/10/11 08:13 ID:yvMWBRoI
最初から犯罪目的なのが明らかであれば請求できるだろうけど
建前上は観光や就労だから無理っぽいね。

202 :日出づる処の名無し:03/10/11 08:49 ID:CQFab+kT
>>195
時給10円とかそんな世界だよ、
それに革手錠の拘束具の懲罰とか
刑務官が囚人の肛門を放水して殺したりして結構問題になってるぞ。
日本の刑務所ってどっかの国際機関に非人道的だと非難されてなかったけっけ?

203 : :03/10/11 09:17 ID:Gp3MH1Wn
そんな所よりも、日本の刑務所はイイって事なんじゃないの?
刑務所じゃなくて死刑とか、腕切りとか、、

205 :日出づる処の名無し:03/10/11 09:46 ID:kR4Q7wm7
犯罪者は北朝鮮に送ることにしたらどうかな。
飢えや人肉食で地獄を経験させた方がいい。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(32) | TB(0) | ▲ top
<<ドイツとの年輪(part15スレ) | メイン | ダカーポの立ち位置(part15スレ)>>
コメント
-  -
呼ばれ方に対してポジティブシンキングでいられるのは、今の日本人が他国とか多民族とか、誰に対しても劣等感も罪悪感も持たずにいられるからじゃないかな。
まぁ、悪役好きとか脇役好きな人が多いっていうのもあるのかもしれないけど。
2009/07/21 23:17  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
そういえば、知り合いの中国人から、「日本鬼子」は確かに日本人蔑視の言葉だが、(頭が良い人)の意味もある」
と聞かされ、日本に対する複雑な心境を垣間見た気がしたなぁ…
2009/07/21 09:15  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米の3765や3759を読んでると、呼ばれ方に対しての考え方が、ある意味ポジティブシンキングなんだよな、日本て。
本当に馬鹿にされた呼び名だったら、逆に跳ね返してやるってやる気になって無茶するし……。

……ああ、それだから『日本』なんだな。
2009/07/19 14:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ジャップは日本車叩き前、戦時中からでしょ。

アメリカにとっちゃ、せっかく現地住民殺してアフリカから黒人奴隷まで連れてきて得た自分たちの富を、極東の弱小国に「人権平等」にしろなんて言われて、白人でもキリスト教国でも無いのにそら憎いわな。

戦時中はアメリカでも日本がどんなにひどい国か宣伝してたし。
中国での布教も絡んでたから、日本なんて極悪国よ。
2009/07/19 00:48  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>イエローモンキーとか~
個人的に好きなのは中国の東洋鬼子(であってるよね?)
なんかめちゃめちゃ最強のラスボスみたいでいい
2009/07/18 18:05  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
パスタの話はたまたま敗走が重なったイタリア軍だから作られたジョークだろう。
日本軍も敗走が重なった時期に砂漠で作戦したりしてたら、
「あいつら友軍に水運ばせて砂漠で米磨いでたぞwww」
くらいは言われてたんじゃないのか?
2009/07/18 14:44  | URL | YM2610 #Q3cyE8.I[ 編集] |  ▲ top

-  -
WW2とは時代が大分違うかもしれないが、日本では一般兵士を募集する際に「銀シャリ(白米)を毎食腹いっぱい食べられるよ!」
と言って募集してた事があるらしい。実際兵士は思うさま銀シャリのみを食べまくって栄養不足で病気になる人が続出したらしい。

思うに、「戦争中なのに飯を炊く」ではなく「飯を食えるから戦争に行った」って人も居たのでは?
2009/07/18 13:23  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ゴボウの一件は捕虜収容所での噂話が元ネタだそうで事実確認はないとか
日本車バッシングが起きたのはトヨタのアメリカ工場がない地区のお話でわざわざそういうのを取材にいったマスコミ云々
2009/07/18 09:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦争抜きで
いいね、自分はドイツとイタリアの文化とか町並みとか工業製品好きだ
2009/07/18 04:02  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ご飯の必要量そのものが違う、ってのには目から鱗。
確かにそうだよなー。
イギリス?かどっかでも、戦死した人を埋めた所に呪文を書いた木の棒を立てて呪いを~って言われて、「卒塔婆を立ててお経を読んだんだろ」って突っ込んだ人の話を読んだ。ちと記憶が曖昧だが。
2009/07/18 02:02  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ちょっと話しは変わるが、イエローモンキーもジャップも自分は好きな言葉だな。

猿というのは模倣が上手いということで、まねぶ→学ぶ説もあるなか、古代、中国に物を送って、帰りの船を書物に全て替えて戻ってきた日本人の気質を、良く表していて逆に誇らしい。

ジャップと呼ばれ蔑まれていた背景は、日本車がアメリカ車のシェアを奪い、アメリカ人の職を減らした等の経済的な反日感情。
不当にダンピングしたとかでは無く、質で勝負しての話しだから、これも後ろめたく思う謂れはない。

日本も信頼の有無で待遇が変わる、ある意味で差別社会だけど、異教徒は(神との契約の中にある)人間ではない=契約にない人間には何をしても罪悪感はない、って社会よりはよほど住みやすいんじゃないかと思ってるな
2009/07/18 00:45  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
人種差別の話を聞くと嫌な気持ちになるね。
経済大国になるまでの日本人も、
あからさまに白人から蔑視されていたって話は聞くけれど、
今はイイ時代だなあーと思う。
まあ、昔ほどじゃないだろうが、
今も国外に出たら多少の差別はあるだろうけど。

でも、人種(外見)じゃなく、中身で勝負して、
差別されないくらいにまでなれたのは、
戦後の日本人の努力と品格のおかげだなぁと改めて思う。
2009/07/17 22:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
イタリアにとってのパスタは
日本にとっての米だな。
2009/07/17 21:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
だってイエローモンキーだもん
猿だよ猿
扱いなんて最低最悪だよ
それでこっちは鬼畜米英
猿に比べりゃ可愛いもんだよ
しかも平和時から言ってんだし救い様無いよね
2009/07/17 18:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
戦争当時はね有色人種は人間として認められてなかったんだよな
向こうは動物扱いでいいのに日本は人間扱いしなきゃならない
その事実を無視して文句言って来るんだから
世界は恥知らずばかりなんだよ



2009/07/17 13:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
給糧艦「間宮」ですね
2009/07/17 09:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本が羊羹製造機付き軍艦
えええマジ!?羊羹製造機?
日本もイタリアも飯に関しちゃ変わらねーな…
2009/07/17 08:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
砂漠でパスタはネタだろうとは思うけど、うまいレーションのためにフリーズドライを生み出したのはガチらしいな。
あとジェラート製造機付き戦車だっけ…、あれはどうだっけ?
日本が羊羹製造機付き軍艦やらかしたのは覚えてるんだが…
2009/07/17 08:30  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
おそらくパスタって言っても、茹でた後にお湯を捨てる様なものじゃなくて、
ほうとうや団子汁みたいな、麺を入れた汁物だったんだろうなあ。
2009/07/17 01:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ゴボウ食わせて死刑になった話は、本当のところどうなんだろう?
どこかで、有罪になった後、誤解がとけて釈放されたという話も見たことがあるんだけど。
2009/07/17 01:00  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>スレ189
食事の量も、日本人には充分でも
欧米人には足りない、っていう感覚

ああ、なるほど。
言われてみれば分かるけど言われるまで気がつかなかった。
習慣とかで色々誤解はあるんだろうなぁ、とは思っていたけど必要量自体が違うっていうのはなぁ。

あとヘタリアの砂漠でパスタについては、物資が送られてたのは作者が資料を確認してた。
ただそれを実際調理してドイツに助けを求めたかどうかは不明。
2009/07/16 23:49  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
ヘタリアのネタだな
2009/07/16 23:46  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本軍による捕虜虐待も、日本人は普段から教育として殴ったりしていたというところから来ていたと言うしな

まぁ、今の人間には理解できないだろうな
2009/07/16 23:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
イタリーといっても、南部と北部じゃ民族?性結構違うしね。
それに所詮民族性と個々人は違うものだし。
2009/07/16 22:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
捕虜収容所は主に朝鮮人の仕事じゃなかったっけ?
あいつら今と大して変わってないから日本側に信用されなくて、
一緒に戦闘したがらなかったとか聞いたけど。
そういうのばっかで無いことは知ってるが。
チラ裏でスマン
2009/07/16 22:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんだかんだでごはんの話が盛り上がるのねww
2009/07/16 22:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
へたりあねたの砂漠でバスタとかは後世の創作によるジョークなんだが、もちろんわかってるんだよな?
2009/07/16 22:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
時給はもっと良かったはず。
2009/07/16 20:31  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
捕虜収容所に配給された食料横流し


横流ししたのって日本人とは限らないよね?
2009/07/16 20:07  | URL | #X.Av9vec[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号3738

こんな話聞いたことあるぜー
そんなわけねーだろこういう記録があるんだよ
え、そうなのか勘違いしてたかなー

と、他人の意見に耳を傾けて自説の検証や修正が出来るのは良いことです。
ソース示さずに「それはネトウヨの捏造だって論破されてるので有名w」
などという言い方だと工作員と同レベルですがww
2009/07/16 20:05  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
こんどは戦争抜きでやろうぜ
2009/07/16 19:15  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>1げと?

なんだか書き込んでいる人達が、良い意味で色々迷走していると感じさせるなぁ。
2009/07/16 17:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/77-bf9eacc0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。