2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
食生活と男女論(part2スレ)
- 2008/12/21(Sun) -
105 名前:ななしさん[] 投稿日:02/04/24(水) 08:39 ID:ohw+bI9G
日本でレストランとかでの「チップ」って馴染んでないね。
欧米でチップ払うってのがどういう風に成り立ったのか知らないけど、
明治の近代化とかで、導入・定着しなかったのだろうか?

106 名前:もん[sage] 投稿日:02/04/24(水) 08:54 ID:R+XuvUNC
>>105
返信レスとして内容が的確かどうかわからんが、
最近では欧州でも、チップ制度を見直そうという動きがある。
なんでもチップの額の大小で、あからさまに対応が違うという事実を前に
これを文化とするのはいかがなものか、という声があがったそうだ。
(チップ制度廃止論はちらほらあったが文化なので保留とする向きが普通だった。)

チップ制度って合理的とは思えないけど(最初っから料金にいれとけ、と)
異国情緒を感じたい漏れとしては残しておいてほしかったりもする。

115 名前:ななしさん105[] 投稿日:02/04/24(水) 11:37 ID:Bs3GRf9T
>106
確かに、最初っから料金にいれとけって非合理さは感じますが…
そういう問題も浮き上がっていたんですか。
チップによって収入が大きく変るとも聞いたんで、
「歩合給」「能力給」みたいな認識、
かつ受け手にもサービスによって適切な対価を支払うってメンタリティが
確立しているから成り立つのかな?と、思っていたんで。

116 名前:日出づる処の名無し[age] 投稿日:02/04/24(水) 11:44 ID:JWo2hKcw
>>115
というか、「金で評価するな!」って気持ちがあるのかもね。

117 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/24(水) 11:48 ID:eZjuKMtb
>>116
「乞食じゃ無い!」って思うしね。
チップをもらうくらいなら、「良かったよ」と言って欲しい。

118 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:02/04/24(水) 12:42 ID:tggbAtJQ
そうそう。
金もらうより「ありがとう」のひと言の方がずっとうれしい。
これって、日本人だけじゃないとは思うけど。

126 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/24(水) 17:30 ID:zs54Xw6j
>>105
日本人はもらった給料の分(ヘタすりゃそれ以上)は
キチンと働かなきゃいけないと考える。
それに対して、欧米人はキチンと働こうが働くまいが、
もらえる給料が同じならサボった方が得に決まってんじゃん、と考える。
だから欧米では十分生活できる給料を与えるとサービスする気がなくなる。
よって基本給は少なめにして、キチンとサービスしないと生活が
成り立たないようにした、とどっかで聞かされた気がする。

まぁ、日本でも旅館なんかだと中居さんに「心づけ」を渡す
っていう習慣があったりもするから、日本にはチップ制度が無いという
わけでもないとも思うが。

127 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/24(水) 17:38 ID:e+mJPulw
>>126
クリスチャンにとって労働とは神から受けた存在。
日本人にとっては神との共同作業だ。
アマテラスは自ら田植えもするし機織もする。

っでこれがジャポニズムとどう関係があるかというと、
生産現場でのグローバルスタンダードが
まさにこういった日本人の特性を取り入れている。
金融におけるスタンダードはユダヤ・アングロサクソンがスタンダードだけど
生産現場のスタンダードは日本のもの。

つまり欧米の産業革命というのは資本化が労働者を搾取することによって成り立つ。
労働者は機械のように働くべきとされる。
日本式の労働者は自発性が求められる。
その発想が5Sや提案制度を生み、それが今や世界の工場で取り入れられている。

**********

150 名前: ◆yN9L70Vc [] 投稿日:02/04/25(木) 01:01 ID:EMlTEtZS
そういえば。
最近、海外有名ブランドが日本で売り上げが良いと良く報じられる。
既出なのだがヴィトンはジャポニスムに濃い影響を受けている。

どの新聞だったか、海外有名ブランドの売り上げが日本で良いのは
単に日本人がブランド好きというだけでなく、
無意識のうちにジャポニスムの匂い-さらには(江戸期の)日本を
嗅ぎ取っているからではないか、という意味の記事が出てた様に思う。

ティファニーの銀細工は世界的に有名だが、十九世紀末から二十世紀
初頭にかけて、ジャポニスムはティファニーのラインナップに決定的な影響を与えている。
(「ジャパネスク」花瓶、盆、カップ、ポットといった銀製品など)

江戸期の工芸品・浮世絵の評価が当時いかに海外で高かったか、の一例である。

152 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/25(木) 01:06 ID:safFI/3J
>>150
そのへんは絵画の趣味にも影響があるかもね。
日本人ってベラスケスやルーベンスやドラクロワにはそんなに興味を持たないけど
ゴッホやルノワールやモネは大好きだ。
日本人にとっては印象派のほうが理解しやすいんだと思う。
本格的な西洋料理より醤油を隠し味に使った洋食のほうが
美味しく思えるのといっしょだね。

153 名前: ◆yN9L70Vc [] 投稿日:02/04/25(木) 01:18 ID:EMlTEtZS
>>152
同意しますた。言われてみれば、確かに。。。

欧米の一流シェフの中には、醤油を隠し味に使った料理で
高い評価を受けている人がいると聞きます。
してみると、醤油は日本的な調味料でありながら、
世界の人にも好まれる要素があるのでしょう。

「隠し味」にジャポニスムが潜んでいる工芸品が
世界で高い評価を受け続けているのも、
日本文化自体が、世界で好まれる要素があるからなのでしょう。

**********

181 名前:928[] 投稿日:02/04/25(木) 17:16 ID:3qejloml
(卑弥呼が)女王っていうのも凄いよね。
日本は男尊女卑の風習が結構強い国なのに、
昔女王がいたというのは結構新鮮だな。

185 名前:毒電波初期不良[] 投稿日:02/04/25(木) 17:37 ID:iEDjYn1G
>>181
正確には、卑弥呼は神託を受けて政治をする預言者です。
実際、今でも政治の政の字を「まつりごと」と読みますしね。
それに、おそらく神様は男性だったと思われます。
昔から男の神様に仕える巫女さんは女性ですしね。

それに、男尊女卑は最近のことで昔から日本は女性のほうが強かったと思いますよ。
結納なんかもその名残ですしね。

192 名前:928[] 投稿日:02/04/25(木) 18:51 ID:3qejloml
でも現在の日本は"女強男弱"のような気がするけど・・・・
もっとがんばれ日本の男!

196 名前:日出づる処の名無し[age] 投稿日:02/04/25(木) 20:45 ID:K9UiIluY
確か、女は天皇になれないってのも、明治以降だったよね?
西洋の影響かな?

197 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/25(木) 20:59 ID:safFI/3J
>>196
ドイツの影響

198 名前: [] 投稿日:02/04/25(木) 21:01 ID:bi5mIygt
>>196
大日本帝国憲法において天皇は主権者であり、なおかつ陸海空3軍の統帥権
を持つ。このため女性の天皇はふさわしくないとされたようだ。

199 名前:928[] 投稿日:02/04/25(木) 21:05 ID:GkQez7K2
大体軍人が偉そうにしてた時代は男尊女卑だね・・・・。
今でもそういうとこあるでしょ・・ 女は黙ってろ!みたいな

207 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/25(木) 21:27 ID:A7nyRnTO
忘れてませんか~
男は外で戦い、女は家庭を守る
家庭がちゃんとしてなきゃ戦えませんな
最近の女性は社会進出をしておりますが
男女ではなく単に「能力」で進出しただけの事
男尊女卑には関係ございません
因みに妄言を吐く方のお好きなアメリカなどは
強烈に父性社会ですよ

225 名前:107 [] 投稿日:02/04/26(金) 10:26 ID:Pm+574FM
>>185
男尊女卑については、全く同意見。
表面的には男尊かも知れないが、実質的には女が支配している(W
(否定できる既婚者は少ないと思うぞ)

ある本での話を紹介しよう。

ある日本人女性が飛行機の中で米人女性と仲良くなり話し込んでいたそうだ。
そこへスッチーが免税のネックレスを持って回ってきたので、2人で品評したらしい。
品質は上等、値段も手頃(1~2万)。米人女性が溜息をついて

米人「いいわねぇ。こんなのが前から欲しかったのよ」
日本人「そんなに欲しいんだったら、値段も手頃なんだし買っちゃえば?」
米人「旦那の許可を取らないと」
日本人「?」

10万以上するものならともかく、
たかが1~2万円のものを買うのに旦那の許可とは大げさなと
日本人女性は思ったらしいのだが、話を聞いてみて驚いたらしい。
何でも家計は旦那が全部預かっていて、彼女は日常生活に必要なものも全部
旦那に申告してお金を貰うというシステムになっているとか。
しかもそれがアメリカでは当たり前のシステムだという
(本に書いてあったので真偽は不明。
ただし、私の周囲の数人に確認したところ本当だとのこと)

でこの日本人女性は
「レディファーストで優しいかも知れないが、こんなに息の詰まる生活はいやだ」
という感想を抱いたというお話。

226 名前:北斎[] 投稿日:02/04/26(金) 10:38 ID:0zNidHyD
>>225
日本は、女性のために男性がいる という社会だからね実際は

日本女性: 働かず、旦那の所得を全部握る
アメリカ女性 :働いて、自分の可処分所得を得る

日本の中流階級の家計=旦那一人の稼ぎで 4万ドル
アメリカの中流階級の家計=共働きで 4万ドル
バブルのころの実態はこうだったらしいよ 家計収入では判らないんだよね

228 名前:107 [] 投稿日:02/04/26(金) 11:24 ID:Pm+574FM
>>226
私、外資に勤めているんですけど本社出張した時にちょうどこのような話になりました。
英語の堪能な上司が言った言葉。

日本の家庭では、女性が司法・立法・行政を牛耳っています。
男性は君主に見えますが、立憲君主制なので「君臨すれど統治はしない」のです。
この上、女性が君主の座まで握ってしまったら
反乱が起きることを日本の女性は知っているのではないでしょうか。

そこのいたイギリス人が「我が国の君主はクィーンなのだが」と突っ込んでいました(W

**********

253 名前:( ´_ゝ`)mumur ◆2tql5zqQ [] 投稿日:02/04/26(金) 17:13 ID:sgKtT7Ql
遅レスだが、カコログを読んでたら食いモンの話が出てたので。

先日NETOMOでチャットをしていたときのやりとり。
日「日本のローソンに韓国風弁当が売ってるよ。おいしいよ。」
韓「韓国のコンビニにも日本風のお弁当があります」
日「どんなの?」
韓「とんかつ弁当とかハンバーグ弁当です。」
日「それは日本の食べ物じゃないよ。」
韓「知っています。でも、元々韓国には西洋風の食事はなかったので、
 韓国人はこれを日本由来の物と考えています。」

だそうです。なかなか面白い意見でした。

255 名前: [sage] 投稿日:02/04/26(金) 17:16 ID:SItbSjOg
>>253
とんかつの発祥ってどこ?

258 名前:( ´_ゝ`)mumur ◆2tql5zqQ [] 投稿日:02/04/26(金) 17:24 ID:sgKtT7Ql
>>255
どこだろう?
そういわれてみると、とんかつって不思議だな。
和風でもあるし、西洋風でもある。
でも、日本は元々肉食とかなかったみたいだから、あちらさんの食い物では?

ジャパナイズされた西洋風のものを食ってる昔の日本人ってちょっと憧れる。
「はいからさんが通る」見たいな世界観が好き。

259 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 17:24 ID:1qHtLtAr
トンカツは一応はフランス料理のコピー。
まあ天ぷらやカレーと同じで原型とはかなり違うものになっているけどね。

260 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 17:26 ID:8VkwKiE4
 「とんかつ」は豚肉の切り身に小麦粉をまぶし、
溶き卵に浸してパン粉を衣に油で揚げたもので、日本独特の料理。
明治初年の西洋料理店にすでに登場し、「とんかつ」の名を使い始めたのは、
昭和四年、上野の「ぽんち軒」という。

261 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 17:34 ID:1qHtLtAr
>>260
まあ独自のものと言うことも出来ないこともないけど一応はフランス料理のコピーだよ。
もともとはポークカツレツだったわけだし。
フランスでは豚ではなくて牛を使っていた。
もちろん豚肉を使うレシピもあるんだけどあまり一般的ではなかった。
日本では豚を使うカツレツが一般的になった。
そしてウスターソースや中濃ソース(これは日本独自のもの)を使うことにより
日本独自のものに変化した。
ってとこかな。

ミラノの名物にカツレツがあります。
フランス料理ってのはイタリア料理を元にしている。
トンカツの起源をたどるとイタリアにまでたどり着く。
カツレツ自体はフランス経由で欧州中に広まっている。
日本のトンカツはそれら世界のカツレツの一種だと言えると思う。

263 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 17:58 ID:4Ev0myS3
本場のカツレツは、フライパンで両面焼く方式で、油で揚げるというのが
日本のトンカツの一番の違いらしいね。

272 名前:928[] 投稿日:02/04/26(金) 21:02 ID:EAbZCzEk
大体肉を食うこと自体明治以前はなかったんでしょ?

274 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 21:07 ID:NDLfs9/1
明治以前は四つ足を喰っちゃいけなかったんだよ不浄だから。
うさぎを「1羽2羽」って数えて誤魔化して喰ってた(w

275 名前: [] 投稿日:02/04/26(金) 21:11 ID:tToM29HD
いや、ウサギに限らず食べるには食べてたみたいです。
方便として「薬」ってことにして。

276 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:02/04/26(金) 21:16 ID:Vo93Y37d
>>272
違うよ、江戸時代より前には喰ってた。
綱吉って馬鹿が生類憐れみ政を出して喰わなくなった。
それと仏教が四足のものは喰うなという感じだったから。

江戸時代に日本の体格と国力が一気に下がった。
でも鎖国したから文化的にはオリジナリティーが出た。
どっちが良かったんだろうね。
(信長が生きてたら面白かった気がするけど。)

278 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 21:26 ID:1qHtLtAr
ちなみに江戸時代も薬食いと称して肉は食ってました。
吉原の大門のところに今でも馬肉屋が2軒あるよ。
吉原で一発やる前に精をつけて繰り出したんだろうね。
今で言ったらマムシとかスッポンみたいなもんだな。
韓国のボシンタンと目的はいっしょ。
チンコ起たせるために食う。

280 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/26(金) 22:15 ID:Wb2q0Xv8
>276
国立科学博物館で日本人の平均身長の移り変わりが等身大のパネルにしておいてある。

江戸時代までは順調に伸びていくんだけど
なぜか江戸時代に入ると10cm単位で急激に落ち込んでるんだよね。
不思議だなあと思いつつ眺めてたんだけど、
なるほど、食生活の変化がモロに表れたってことだったのか。

320 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:02/04/27(土) 17:53 ID:JkTM2ocw
江戸時代の肉食原則禁止の政策には、食糧政策との兼ね合いという説もある。
肉を茶碗一杯分作るには、穀物を米俵数俵分の穀物が必要になる。
食用にならない穀物を米の他に大量に生産するだけの能力が当時あっただろうか?

穀物の値段が致命的に値上がりして社会不安になる可能性がある。
だから肉食を原則禁止して畜産に力を入れなかった、という見方も出来る。

鶏は大丈夫だったはず。鶏と豚や牛では精肉1Kgあたりの必要穀物量が大きく違う。
俺はそこいらに理由があると見てる。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(56) | TB(0) | ▲ top
<<黄金の国ジパング(part2スレ) | メイン | ジャパンと日本(part2スレ)>>
コメント
-  -
女性が権利を叫ぶのはそんなに構わんとです
ただ一緒にその責任をとらんのは論外だけどね

男なんて「あんた男でしょ?」の一言でなんでもやらされますよ
まぁそれも区別の範囲内と思ってますけど、はい
2009/02/01 08:10  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>宦官は、中国でも西アジアでも去勢してたそうだよ

てか宦官ってそもそも去勢した官吏のことでしょ?
まぁ日本じゃ聞いたことないね。

てか平安貴族の性はめちゃ奔放だよなww
古き良き日本人は貞操観念がしっかりしてたなんて、幻想だよね。ごく一部の武士階級の女性がそうだったってだけじゃないの?
確かに戦争が盛んだったころの近代の日本は、その武士階級の道徳が国民に広められて貞操観念が強くなったかもしれないけど、今は昔に逆戻りだよね。婚前交渉なんて当たり前な感じだし。
2008/12/26 05:00  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本の女性が働かずに~という点だけ気になります。
母は家事をこなし、金額は高くありませんが自分の能力を生かしてお金を得ていました。お弁当を毎日作り、私の要望を取り入れながらも、出来合いではなく手作りのものばかりにしてくれていました。これらのことは今更ながら感謝しています。お金を得ていたことを除いても「働いている」と思っています。
女性が~という話になるとまず思い浮かぶのは母です。身近な例がこのようなものなので、一般化して語られていると違和感を感じることがあります。
2008/12/25 00:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>空気黄泉力0

うん、だから日本では根付かなかったのかなーと。
あれって要するに、後宮に王(皇帝)以外に『男』がいると、后が生む子供が本当に王の子かどうかわからんから『男じゃなくす』ってことでそ? 父親より母親が重視される社会では合わなかったのかな、とね。
2008/12/24 18:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
誰も触れないようなので。

賄賂:自分の利益になるようとりはからってもらうなど、不正な目的で贈る金品。袖の下。まいない。「―を受け取る」

礼金もチップも実質賄賂だな。
賄賂前提の社会って・・・


いらっしゃいませー。
当店でお出し出来るのは、「さくら」と「もみじ」と「ぼたん」と「かしわ」です。
えっ、自分の知ってる桜、紅葉、牡丹、柏と違うって。
気のせい気のせい。
まっ、ここは花屋じゃなくて薬石(やくせき)屋ですけどね。
2008/12/24 14:06  | URL | #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
宦官は、中国でも西アジアでも去勢してたそうだよ
2008/12/24 11:32  | URL | 空気黄泉力0 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
受胎、妊娠のメカニズムがわかるまでは(経験則で因果関係は知っていても)そりゃあ産み落とす女性自身の子であることは確実でも、男性の子かどうかは断言できにくかったんじゃないか?とチラ裏。
日本に限らず、原始的(という言い方もどうかと思うが…)な社会では女系社会多いらしいしね。
藤原氏以前、皇后になれるのは皇族の女性だけだったってのも子供を母親に属するものと扱う社会だったからかも。日本の後宮に宦官が普及しなかったのもそこらへんに理由の一端があるのかな。
2008/12/24 10:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>平安時代の貴族も、親の資産を引き継ぐのは女性

学校で習ったのは、母親から生まれたのは100%その女性の子どもだけど、父親の子どもとは限らないから、男系でなく女系相続にした方が血筋的に確実だったから、ってことだったな。
貴族だから血筋が大事だったのかもしれんし、夜ばい風習もあって近現代程ガチガチの貞操観念がなかったからかもしれん。
2008/12/24 03:32  | URL | #Xlf.8pIU[ 編集] |  ▲ top

-  -
「男尊女卑と言われている割には、日本の女性は強いよねー」「昔からそうだったらしいよ」という話が、何で、「女性すごい男性だめ」という話だったという事にされてんだ?
日本の男がすごいのは、ちょっと歴史を学べば(つーか学ばなくとも)分かること。わざわざ語り合うことじゃないだけ。

それと「小学生くらいで知っていた~」の人は「これは珍しいの?」という意味で聞いているだけなのに偏屈とか、ひどす。ちなみに自分は大学生の頃知った。
2008/12/24 00:57  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>>実際、今でも政治の政の字を「まつりごと」と読みますしね。
>>目からウロコ飛んだ

>うへ
>政=まつりごと=祭事
っていうのはマイナーな知識だったんですか・・・

>というか小学生くらいで知っていた私がおかしいんですかね(ソース元は学校の図書館に置いてあった漫画偉人シリーズの卑弥呼の巻)(確か)

>私がおかしいんですかね


なんか、書き方が偏屈じゃないか?
別に「政=祭りごと」を知らなくてびっくりしてもいいだろ。


つーか、女強い女凄いもいいけど、相対的に男はダメ、というのが付随するのがなんだかな。

男にも女にも強み弱み辛さ喜び、みんなあるだろ。
2008/12/24 00:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代に肉食が禁忌になった背景にキリスト教の伝来とその広がりが関係してるって
ちょっと前のNHKのTVで言ってたよ
キリスト教が広がる→西欧による植民地化を懸念する幕府→キリスト教に変わる仏教を広める→精進料理の広がり
みたいな感じで
2008/12/23 21:38  | URL | とりとり #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
たしか平安時代の貴族も、親の資産を引き継ぐのは女性でしたね。
この頃の婚姻方式の通い婚は、女性に決定権がありましたし、政治という表舞台に名前が出ないだけで、昔から女性は強い立場にいたように思います。
2008/12/23 21:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
薬と厄を掛けてたんかね
江戸の頃は茶化す風潮が顕著でドライな感じですよね
2008/12/23 17:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/23 12:37  | | #[ 編集] |  ▲ top

-  -
>単純に男も女も女からしか生まれない

神話の世界の話だから、その解釈もありだよ。むしろそっちのが本来かと。

明治天皇の話は、ただ単に元々神道に支配層とそうでない神との区別はあっても、序列そのものはなかったから、明治の代でそれを作ったと言う事かと解釈した。
もともと天照が高天原の統治者だったのは変わりない。
近代思想が入る以前から天皇が日本の皇家だったり、象徴だったりするのと一緒。
2008/12/23 11:17  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
つーか、単純に男も女も女からしか生まれない(過程はともかく・・・)
からアマテラスはテッペンなんだと思ってた
2008/12/23 10:58  | URL | 猫 #amXlFcx2[ 編集] |  ▲ top

-  -
かの太閤・豊臣秀吉は虎肉の塩漬を食べてたし
近代まで肉食がなかったわけじゃないと思う
やっぱり、生類憐れみの令が大きいんじゃないかな

関係ないけど、
戦国時代の日本人(特に武士)って結構でかいよね?
160cmくらいはゴロゴロしてる
180cmもたまにいたみたいだし
2008/12/23 09:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>男しか選挙権がなくて男しか軍人になれない時代の天皇陛下(現人神)自ら『女神が一番偉かった』と決めたんですよ?

天皇家の歴史や役目を見れば、皇祖神が女神なのは、全く違和感ないんだよな。むしろ納得。

だからこそ、大きなヒゲつけて軍服着て、軍馬に乗って、民衆の前に素顔を出した明治天皇は、前代未聞の天皇だったわけだけど。
そうか、その明治天皇がね。それはいい話を聞いた。
2008/12/23 09:25  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
途中、突然アメリカ叩きが出てきたのに違和感。
まあ流れの中でなので、ここで紹介するのに、そこだけオミットできなかったんだろうけどさ。
2008/12/23 08:04  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>※あと江戸は女性強かったけど農村はどうだったんかね?

赤松啓介って民俗学者によれば昭和以前には夜這いなんて風習が割と普通に見られたそうですが、拒否権や決定権みたいなものは女性が握ることがままあったそうな。

当時の日本人は、今より断然開けっぴろげに楽しんでたようです。
猥雑で品があるとはいえませんが、明るくて、良くも悪くも大雑把な時代だったようです。

と、書いてみたものの単にこういうのが好きな素人なので、間違ってる可能性も大いにあります。
こういうことを調べてみるのも結構楽しいですよ。
2008/12/23 07:20  | URL | 黒猫 #wbvlsWA2[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本人にとっては神との共同作業だ。
日本の刀工にこんな話しがある。
三条宗近という名工は一条天皇の指名を受け作刀を命じられたが、御刀を鍛えるためには自分と同等の技量を持つ相槌が必要になる。
困りきった彼は氏神である稲荷明神に参詣したところ、不思議な童子が力を貸そうと現れた。この童子は見事な技量で相槌を務め上げ、出来上がった刀を褒めたたえると我こそが稲荷明神であると告げ、雲に乗って稲荷山へ帰って行った…。
(三条宗近は源義経の自刃に用いたとされる今剣、静御前の薙刀を鍛えたことで有名)
ちなみに彼はこの神様に(正体に気付いていなかったらしい)弟子としてきちんと三拝させたうえで槌を取らせている。
「―剣技・剣術三―名刀伝」著:牧秀彦 p30-31より抜粋一部省略

2008/12/23 06:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>実際、今でも政治の政の字を「まつりごと」と読みますしね。
>目からウロコ飛んだ

うへ
政=まつりごと=祭事
っていうのはマイナーな知識だったんですか・・・

というか小学生くらいで知っていた私がおかしいんですかね(ソース元は学校の図書館に置いてあった漫画偉人シリーズの卑弥呼の巻)(確か)
2008/12/22 23:30  | URL | ヨノ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アマテラスの話で重要なのは、女神であるアマテラスを日本神話において一番えらい神(高天原の支配者)としたのは明治天皇である、ということだと思う。

明治天皇ですよ?
日本が富国強兵に邁進した時の天皇ですよ?

男しか選挙権がなくて男しか軍人になれない時代の天皇陛下(現人神)自ら『女神が一番偉かった』と決めたんですよ?

英国で女王が出ようとも、キリスト教のいう唯一神が男性として語られるのとは対照的だとは思いませんか?
2008/12/22 23:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
既出かもしれないけど、日本が大日本帝国だった頃って、空軍はなかったんじゃない?
2008/12/22 22:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>実際、今でも政治の政の字を「まつりごと」と読みますしね。
目からウロコ飛んだ
2008/12/22 21:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ちなみに吉原に馬肉料理屋が多いのは、

武士が馬で乗り付ける

豪遊しすぎて金がなくなる

「お代のかわりにこの馬を頂きます」

の流れで馬が手に入ることが多かったせいらしい。
2008/12/22 19:58  | URL | #1Odx1GTU[ 編集] |  ▲ top

-  -
よく思うのは、社会は男性的な女性、女性的な男性を許容する必要が
あるが、どっちつかずの半端物は許容すべきではないということ。今の
ジェンダーフリーは性的差別の否定と分業をごっちゃにしてるから駄目。

要するに、狩をするか家を守るかという選択権は両性に開放されるべき
だが、どっちもしたくない、美味しいとこだけいただきたいってのは社会を
維持する上で不健康な考えですよという話。
2008/12/22 18:18  | URL |     #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>185
女神に仕える巫女も女だよ
男神に仕える男巫もいる
巫女が祀ってるから祭神は男神、ていう理屈じゃ世の中に女神はいなくなるがな
2008/12/22 15:04  | URL | #kE6XJQLs[ 編集] |  ▲ top

-  -
追記
だから明治維新後の強烈な男尊女卑ってのは
国民皆兵制もあって庶民じゃなくて武家社会の倫理を
そのまま全国民に押しつけたってのがあるのかなと

※あと江戸は女性強かったけど農村はどうだったんかね?
2008/12/22 14:55  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>特に女の少ない江戸では強くて、一方的な離婚のためにあると
>誤解されてる三行半だって、半ば女性の権利だったわけで。

っていうか江戸ではほんとに女が男から「もぎとる」ものだったらしいね
んで女性は離婚しても引く手あまただったけど
男は一度女房に逃げられると「甲斐性無し」って事で再婚はほぼ不可能だったとか
武家社会は全然別だけど、庶民では女性の立場は凄く強かった
貧乏長屋の男が女房を持つ事自体がとんでもない幸運だったから大事にされた
共働きも、男が赤ん坊の面倒を見るのも当たり前の事だったそうな
2008/12/22 14:50  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
主婦も実際は親の介護とかで楽じゃないんですけどね…
自分の給料握られてたら悪く言いたくもなりますよね…
男も女も結婚しない方が良かったのかもしれませんね…
2008/12/22 14:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代でも肉食は結構行われていたよ。
猪を「やまくじら」鹿を「もみじ」なんて読んでるのは食べてもいい物の名前をつけてるだけだし。
ただ、ここで面白いのはこの肉を食うことを「薬食い」と呼んだこと。
薬なのだから例え嫌でも食わなきゃならん、という理屈をつけるんだから江戸時代ってのは面白いよね。
2008/12/22 09:13  | URL | げどう #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
反捕鯨団体が幅を利かす昨今ですが、
これに異を唱える人の言葉にも同じものがありました

鯨1頭を食えば牛100頭を飼育せずにすむ。
その餌となる穀物数ヘクタールを開墾せずにすむ。
開墾されなかった森はより多くの命をはぐくむだろう。
2008/12/22 04:43  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代から女は強かったんだけどね
特に女の少ない江戸では強くて、一方的な離婚のためにあると誤解されてる三行半だって、半ば女性の権利だったわけで。
子連れの女も全く区別なくいくらでも再婚できたいい時代です。
庶民は割と自由に離縁しては結婚してたそうな

後、江戸期の日本が西洋に比べ困窮してたってのはよくある誤解だよね
米は麦に比べ収穫率かなり高いし、江戸初期に行われた検地のままやってたので余裕のある農民も多かったそうな
農民の力自体も今思われてるよりずっと強かったしね
2008/12/22 02:20  | URL | 黒猫 #wbvlsWA2[ 編集] |  ▲ top

-  -
>神話の中には、高天原に来たスサノオを警戒して武装するなんていうくだりが残っていたりもするし。

俺はそこが「運命の人との出会いは敵対関係でした!(誤解だけど)」みたいで、演出効いてて好きなんだけどね。
日本神話を基にした漫画は、アマテラスとスサノオが完全に男女仲にしてるのも多いし(それもどうかと思うけど)、普通に読んでいたら、やっぱアマテラスは女だと思うな。
神話学者たちはなー、読み込みすぎてて、逆に解釈が奇天烈になっているというか、『記紀』=「王権の正当性のため捏造・創作」なんて固定概念の人たち多いから…。
2008/12/22 01:15  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
スサノオを警戒して男装+武装したって話なら聞いたことあるけどなぁ
2008/12/22 00:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アマテラスが元々は男神で、後に女神とされたという説は確かにある。
神話の中には、高天原に来たスサノオを警戒して武装するなんていう
くだりが残っていたりもするし。

これについては、推古帝や持統帝のような女帝の権威と立場を正当化するために
元々男性だった主神アマテラスを女性にしたのだ…なんていう説もあったりする。

古代の神話なんてのは、何処の国や地域のものであっても、その時代の王権の
正当性を主張するために編纂されたような側面を多少なりと含んでるからね。
2008/12/22 00:44  | URL | #6Aros7K.[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本神話の『記紀』を読んでいると、「弟スサノオとの禁断のロマンス」を思わせる描写があるから(あからさまには書かれてない。あくまで匂わせる程度)、女神だったのはガチだと思うよ。
だけど、一つ一つの神社の神話を一般人が触れることはあっても、それらや豪族の神話をまとめて体系化させた記紀は、誰でも読めるものではなかったんじゃないか?
だから、アマテラスを男神だと思っていた人はいたかもね。
2008/12/22 00:33  | URL | #F7QWsiY.[ 編集] |  ▲ top

-  -
天照は元は男神だったみたいな説を昔見かけたんですが、実際どうなんでしょう?
しかし、元々がどうであれ、女神であるとの認識が広く長く受け継がれ、受け入れられている事の方に強く惹かれます。
2008/12/22 00:20  | URL | #LbtWrqQ6[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本の神話が女神が一番偉いということになっているのを忘れてもらっては困る。
2008/12/21 23:52  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ヨーロッパ辺りのトイレは有料なんだっけ?
しかしおばさんw時給いくらなのかしら?

無料で綺麗なトイレが使える日本はやっぱいいわ。
2008/12/21 23:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
どういうワケか
日本は欧米の悪いトコばかりマネしたがるんだよな
2008/12/21 22:42  | URL | 偏差値774からの浪人 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
兎を一羽、二羽と数えるように、

「馬の肉? いえ、桜肉です。桜ですから獣ではありません」

という方便を使っていた昔の日本人も、やっぱり食い物については今と同じで貪欲だったと思う件w
2008/12/21 22:30  | URL | トリビア #cgf6TkE.[ 編集] |  ▲ top

-  -
飢饉が起きることもあったのに肉を食べなかったと考えるほうが不自然だと思うよ。浄土真宗なんかは最初から猟や肉食を認めていたし、漁が中心の島に猫が多いのは時化が続いた時の非常食って意味合いも少なからずあった。
2008/12/21 21:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本で女性の社会進出がなかなか進まないというのは、確かに家庭内での女性の地位が高いというのが要因のひとつだろうな。
いまだに主婦志望の女性って結構いるし。
でも、家庭内で女性の地位が高いんだからいいじゃんって考え方は困るな。
女性にもいろんなタイプの人がいて、社会に出て働きたいって人もいる。日本は、社会進出にあたって、男性より女性により厳しい社会であることは事実だからね。日本のジェンダーギャップ指数は、先進国とは思えないくらい低い。まぁ、こういう数値だけを取り上げて、日本は女性蔑視がひどい!とか外国人に言われたら、確かに反論したくなるけれど。
女性にも男性にも、生き方の選択肢が豊富な社会になってほしいものです。
2008/12/21 21:45  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
どっかで聞いたネタ?話

大事なことは、夫が決める。
何が大事かは、妻が決める。

2008/12/21 21:21  | URL | 奈菜氏 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国人は道徳心が無いから儒教が生まれた。
日本人は勇気がないから武士道が生まれた。
アングロサクソンはずるいからフェアプレーの精神が生まれた。

欧米では女性が弱い立場であるからレディファーストが生まれた。
日本は歴史を振り返ればそういうもの必要ないものねぇw
2008/12/21 21:19  | URL | #zax3RNBI[ 編集] |  ▲ top

-  -
どこかの国かは忘れたけど明治時代に来た欧州の農業学者が日本の食生活を見て
日本は生産性が悪い牧畜を無くせば国はもっと豊かになるという私の学説を立証してくれたと喜んでたという話が
2008/12/21 21:17  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
320は面白い意見だなー。
実際にそこまで考えてたかはわからんけど・・・
2008/12/21 20:50  | URL | Sky. #KnHW2vQ.[ 編集] |  ▲ top

-  -
「武士の娘」に、著者がアメリカで暮らしているとき、ご近所の奥さんたちが夫の許しがなければお金を自由に使えないとこぼして驚くくだりがある。日本では主婦が財布を握ってるのが普通だから。アメリカはレディファーストと聞いていたけど実態は違うと。
2008/12/21 20:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
↑?
2008/12/21 20:10  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
初めての海外旅行でイタリアに行った時、高速道路でのパーキングのトイレに入るのにもチップが必要だったのには驚いた。
トイレの前におばちゃんがデンっと座ってんだもん。
トイレまでかよ!って思ったけど、これで外国に来たんだーって実感出来たからそれなりに良かったかな。
2008/12/21 19:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>昔から男の神様に仕える巫女さんは女性ですしね。

女の神様でも巫女さんっているよ。シャーマン的な素質が、男性より女性により宿りやすいと考えられていたから、と言う事では。儀式を司るのはあくまで神官。そもそも、日本の主神にして、皇室の祖神である天照大神は女神だし。天皇は代々、天照大神を奉る神官という要素が強い。
2008/12/21 18:39  | URL | #1wIl0x2Y[ 編集] |  ▲ top

-  -
農耕に使う動物を「殺して」食べてはいけないだけ。
ひこにゃんの故郷の名物は牛肉の味噌漬け(牛皮取った後の廃棄物w)ですよ、と。
2008/12/21 18:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
確かに家禽でも鶏は牛や豚とは異なって昔から身近な感じがするね。父母の実家でも以前は鶏や尾長鶏を飼っていたし。

祖母が卵を産まなくなった鶏の首をスパーンと切ってもトテテテテとまだ走っていく鶏を見て祖父が恐れをなしw 食べようとした鶏肉に毛がちょこっと残っているのを見つけた母が以来鶏肉を食えなくなったり。
2008/12/21 18:11  | URL | ... #Pnsj6K02[ 編集] |  ▲ top

-  -
いち?
2008/12/21 18:05  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/7-474def34
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。