2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
煽られてジャポニスム(part13スレ)
- 2009/06/10(Wed) -
405 :日出づる処の名無し:03/09/20 22:53 ID:cQ10xABp
なんだこのオナニースレは(ププ
歌舞伎みたいなチンチクリンな文化しか無い日本を、
オペラやシンフォニーを創り出した西洋文化と比べられるかよ(w
西洋人=神に選ばれた人種>>>>>>>>>>>>>>>>>>>アジア=黄猿

406 :深山幽谷 ◆SMNipponV. :03/09/20 22:58 ID:elbr33Ar
>>405
つまらんなぁ。
煽るにしても、もう少し味のある煽りを希望する。
なんか湿った生ゴミが燃えているようで、つまらん。

408 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:01 ID:d2F8B1ci
>日本(文化)を西洋文化と比べられるか
誰も比べていないし。

409 :名無し:03/09/20 23:01 ID:CBoJFVu/
>>405
ま、歌舞伎と比較できる文化を持たんチョンに言われてもなw

410 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:01 ID:SzXXiVje
>>405
オペラ蝶々夫人を知らんのか?日本人が主人公だぞ?

414 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:06 ID:cQ10xABp
>>410
あれはアジア女を白人の主人に尽くす性奴隷として描いた最悪のミュージカルだろうが。

419 :名無し:03/09/20 23:13 ID:CBoJFVu/
>>414
では山形の「銀山温泉」で女将やってるアメリカ人は?
奴隷か?

412 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:03 ID:QEkHOP1Z
西洋文化とひとくくりにしたものを
日本文化と比べるのってどうよ?
なんてことを前も言ってたような気がする。

413 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:04 ID:cQ10xABp
すまんね、煽り下手で。
煽りテクうんぬんはともかく、お前らが思ってるほど欧米人は日本に関心がありません。
文化面では「変わってるけど、心ひくものが何もない」ってのが彼らの本音。
三味線ならってるガイジンが何人いる?

415 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:09 ID:ZNlABXZH
>>413
別に反日じゃなけりゃ関心が無くても構わんのだが、
反日のくせに日本が気になってしょうがない何処かのDQN国家より好感が持てるよw。

420 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:14 ID:QEkHOP1Z
>>413
日本に関心がない人は本当に関心なんてないだろうけど
それでも影響されている物はあるだろうよ。
文化っていうのは押しつける物じゃないし
良いと認められた物なら自然と受け入れられるものだよ。
自然に入り込みすぎて気付かなかったりするしね。

421 :名無し:03/09/20 23:17 ID:CBoJFVu/
>三味線ならってるガイジンが何人いる?
なんで三味線に限定するのか、よく分からんな。
一人もいなかったら「欧米人は日本に関心が無い」という結論になるのか?
日本には三味線しか無いのか?

422 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:19 ID:h9Ju2ezu
>>405
近現代において、西洋に対抗できる文化を持ちえたのは唯一日本のみ
中国の文化的ピークは1300年前だからね
近現代においてはとても西洋に対抗できなかった
唯一日本のみが対抗しうる文化を持っていたということ

423 :深山幽谷 ◆SMNipponV. :03/09/20 23:21 ID:elbr33Ar
>>413
うん、煽り下手だね。思わず釣られたくなるようなウィットに富んだ煽りとか、
神経逆なでされるような煽りとか、笑いながら釣られてみるかというような煽りとか、
煽るなら煽るで何か惹かれるモノが欲しいねぇ。
今回の煽りは、湿った生ゴミの不完全燃焼だよ。

> 文化面では「変わってるけど、心ひくものが何もない」ってのが彼らの本音。
先ず西洋人、西洋文化の定義をどうするかが第一。
ヨーロッパだけなのか、米国、オーストラリアなんかを含むのか。
どうなのかな?

で、とりあえず、例えば米国はボストンのMFA(ミュージアム・オブ・ファインアート)
とか行ってみな。印象派絵画の展示室にクロード・モネの描いた
「ラ・ジャポネーゼ」が有る。他にもゴッホの絵画の中にも日本の浮世絵が
描かれている絵があったと思ったが、どの絵かは忘れた。
当時のフランス印象派の画家は日本文化に影響を受けた証拠じゃないのかな?

424 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/20 23:22 ID:cvwJ1NTf
外人に興味を持たれようが無視されようが、俺は構わないと思うよ。
インターナショナルぽいバスケや野球は意外と世界的には人気が無いし
それでもアメリカでは抜群の人気を誇る・・・・最終的には日本人が独自文化を
死守するか、捨てるか、どちらかと思うよ。
(話の流れからして余り関係のない意見ですが)

426 :深山幽谷 ◆SMNipponV. :03/09/20 23:29 ID:elbr33Ar
>>424
> 外人に興味を持たれようが無視されようが、俺は構わないと思うよ。
そう、日本人は外国から興味が有ろうが無かろうが気にしないで
マイペース(ヨーロッパが興味を持った浮世絵は、瀬戸物の包み紙)だが、
外国から自国をどのように見られているか常に気にしている韓国から見れば、
それは非常に気に入らないようだ。

常に日本を気にしている韓国からしてみれば、韓国を気にしない日本や
日本人は許せないと思っているんだろうな。

427 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:29 ID:NEVjZMkE
>>413
歌舞伎だとか三味線だとかオペラだとか、そういったものしか文化として捉えられないんだな。
生活の様式そのものが全て文化なんだよ。
なんだかんだ言っても、きっと413は日本型文化にどっぷり浸かってるんだよ。
っつーか、ここの住民はこのスレがオナニースレだなんて事は百も承知だ。
オマエ頭悪杉。

428 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/20 23:32 ID:cvwJ1NTf
>>423
当時の印象派の画家が日本の事を知らずして日本に憧れを持ったのは事実らしい
>描かれている絵があったと思ったが、どの絵かは忘れた
自画像だったような・・・その背景には歌麿の花魁画が置いてあった筈。

429 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:38 ID:wnL14hqS
外国人で茶道の先生してたり
着物で暮らしてたりする人
わりといるよね。
「ナイル」のオヤジは河東節やるな。

435 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/20 23:47 ID:cvwJ1NTf
>>429
19日から20日まで、俺の住む北海道十勝地方の帯広で
(詳しく説明しないと場所が判らないから、(笑))
で裏千家茶道の家元が出向いての大会があったのだが、外国人のお弟子さんが結構来てたよ、
それも和服姿で。

431 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:43 ID:t8/AJ+MC
ベルギーだったかの大使が能を習ってたってのは本で読んだな。
舞台に立てるほどの腕前になったそうだ。
謡とか、あれ日本人でも難しいよな。
チョト感心してしまったよ。

ちなみに三味線やらのいわゆる邦楽は、現代の西洋音楽を聴きなれた
日本人には非常に難しいぞ。
少なくとも俺は三味線でリズムが覚えられんかった。

432 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:44 ID:swG6rXHW
広重の「大はしあたけの夕立」をゴッホが模写したのが「雨中の橋」じゃなかった?

433 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:44 ID:elbr33Ar
>>428
> ・・・その背景には歌麿の花魁画が置いてあった筈。
もしかしたら、この絵かも。
「タンギー爺さん」

434 :深山幽谷 ◆SMNipponV. :03/09/20 23:47 ID:elbr33Ar
ゴッホは広重等の浮世絵を模写しており、
印象派の他の画家達と同様かそれ以上に浮世絵の影響を強く受けていた。
そしてその技法を自分の作品にも反映させていった。
ゴッホの作品に描かれる輪郭線がその例である。

437 :日出づる処の名無し:03/09/20 23:48 ID:QEkHOP1Z
自宅の庭に日本風庭園作ったのってモネだったか?
ルノアールも着物来た女性書いてたような。

441 :深山幽谷 ◆SMNipponV. :03/09/20 23:59 ID:elbr33Ar
>>437
> 自宅の庭に日本風庭園作ったのってモネだったか?
確かに日本庭園を造ったみたい。

モネの家

444 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/21 00:21 ID:uT22RQBz
能はいいですね。
意味は分かりませんが、足の運びや角度によって面(オモテ)の表情を変える演技力。
背景に流れる音楽の凄まじい迫力と、無風状態の湖面にも似た静寂・・・・
一度見たけど、本当に凄い。

聞いた話ですが、何でも脳波計で演者の脳波を計ると、凄まじいトランス状態だそうです。
通常の意識下で演目全体を演じたら体が持たないらしく、
相当ハイな状態で演じているらしい。

446 :深山幽谷 ◆SMNipponV. :03/09/21 00:30 ID:ZxasV4K2
>>444
能ですか。非常に興味があります。
しかし、実際の舞台を見たことはまだ有りません。
いつか機会が有ったら是非観覧したいと思っています。

また、能面はなんとなく昔から好きでした。
個人的には、「小面(こおもて)」が昔から好きです。

454 :日出づる処の名無し:03/09/21 00:50 ID:J+rmZ/HD
浮世絵で思い出したが、数年前にNHKで写楽を取り扱った番組を見たことがあった。

何度かポーランドの映画監督(名前は忘れたが有名な人らしい)の
コメントが流れていたのだが、写楽のことを
「世界で数人の芸術家だ」(記憶が曖昧)
と述べていた。
浮世絵というのは相当な芸術作品みたいだね。
水墨画や西洋画と違って日本オリジナルの芸術で尚且つ海外から
高く評価されているものって中々ないんじゃないかな?

蒔絵は日本オリジナルだっけ?

457 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/21 01:02 ID:uT22RQBz
>>454
蒔絵とは?

456 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/21 00:59 ID:uT22RQBz
以前、浮世絵とゴッホを取り扱った民放のドキュメンタリーを見ましたが
フランス人の浮世絵作家が居たのはビックリした。
彼に言わせると「浮世絵は体制に対する芸術による反抗的要素が強い」だそうです。

462 :日出づる処の名無し:03/09/21 01:31 ID:FXP1++mo
長野五輪の時の蒔絵のメダルは綺麗だったと思うけど
画像がみつからない…
あれはどう評価されたのでしょうか?

464 :日出づる処の名無し:03/09/21 01:48 ID:cFs5+Rwe
>>462
オフィシャルのほうにありました。

右のほうのmedalsのdetailで裏表見れます。

466 :日出づる処の名無し:03/09/21 01:59 ID:DoUUB9rO
漆メダル、(・∀・)カコイイ!!
冬季のは自由なデザインなんだぁね。知らんかったよ。

468 :日出づる処の名無し:03/09/21 03:32 ID:jp1+whLY
日本の文化が、こんなに世界から受け入れられ
賞賛されてるにもかかわらず、TVではあまり取り上げられない。
俺、個人的にこのスタンスが好きだ。
あまり取り上げると、繊細でない(作家タイプではない)レベルの低い
低俗な奴らが、つけ上がるだろうから、、(偉そうな言い方かな?)
繊細さを持っていない日本人がつけ上がった時ほど
また、その姿を目にした時ほど羞恥心をかきたてられる事はないから。。
そう思わない?

つけ上がった日本人→おまえがナーってレスはご勘弁を。。(w
そういうつもりでカキコしたのではないです。

470 :日出づる処の名無し:03/09/21 04:12 ID:/fSj70LQ
>>468
バブルのときなんかモロそれだったね…。

**********

455 :奈々氏 ◆wycmxKO9B. :03/09/21 00:50 ID:uT22RQBz
昔はアニメに日本的な物が登場する事が少なくなかったと思いますが
(あまりアニメは見ないのですが)
友達から暇潰しに借りたDVDで、ガサラキという作品を見ました。(古い作品みたいですが)
能を使った演出や、日本のある種の退廃的な病根
(戦後の勝手主義的な民主主義)を憎む思想家の登場とか
中々私的には見応えがあったと思いますよ。
(特に能のシーンに出てくる曲は気に入ってしまい、サントラを買ってしまった)
特に戦後的価値観に真っ向勝負を仕掛ける思想家の西田啓(にしだ ひらく)は
個人的に気に入ってます。

467 :たれ ◆l1JezOvRDI :03/09/21 02:46 ID:O9EtYWfQ
>>455
ガサラキか・・・。俺はガノタで(パァン)確かに日本風のものは少ないなぁ・・・・。
あと日本人ぽいキャラもいないね。
髪の毛が青い日本人ってのはいかがなものかと。

473 :日出づる処の名無し:03/09/21 08:09 ID:0ZJjlIf9
>467
アニメにおける青髪ってのは黒髪の一つのデフォルメ的表現かと。
赤毛という言葉を本当に真っ赤に描く感じと言うか。
まあ、外見的特徴で日本人か否かを判別出来る作品というのは無いね、
そもそも近未来などを描いている場合人種民族入り乱れた世界となっているものが多いし。
せいぜいが名前に日系を感じさせるくらいだろうか。
ガノタなら判るだろうがアムロ=嶺とか(w

しかしその割に完全なファンタジーなどの異世界のようなものを除くと、
主人公格に日系人を持ってくる拘りはある気がするな。

482 :日出づる処の名無し:03/09/21 11:41 ID:csuAji71
>>473
ログ読まずに返すけど、(笑
>青髪ってのは黒髪の一つのデフォルメ的表現
多分正解。 自分、地域の祭りで絵灯籠に浮世絵描いてるんだけど、
墨で一本一本髪描く前に、日本髪のクマの部分(暗い部分ね)を藍色で影つけておくの。
後で重なって透けると本当に深い美しい黒髪になるよ。
墨一色にするより黒髪に見える不思議。

思い出したのでこれだけ

483 :たれ ◆l1JezOvRDI :03/09/21 14:24 ID:O9EtYWfQ
>>482
へぇー。下地に藍色塗ると綺麗になるんだ。
・・・・うちの爺ちゃんも絵を描く時に藍をほんの少し入れて雲塗ってたなぁ・・・。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(30) | TB(0) | ▲ top
<<畏怖を覚える美、違和を覚える猶(part13スレ) | メイン | 文化の優劣(part13スレ)>>
コメント
-  -
>>3525
文化に【水準】て必要かな?
というか、その判断基準自体が西洋の尺度だと思うので、西洋の文化文明がそれに最も適合しているのは当然だと思われ。
西洋にないものは初めから判断、評価の対象になってないのでは? あるいは、西洋と比べて如何こうというのが基準なんだから西洋の文化文明が満遍なく過不足なく、になるのは当然かと思う。
つか、文化と文明は分けた方が良いのでは。。。
2009/06/30 09:55  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>3316
喧嘩とお金というのは確かにそうだね。
ただ、西洋が、学問を体系付けて、近代文明のあらゆる礎を築き、美術、音楽、建築などの、奥深い哲学を含んだ芸術や文学など、極めて高度に洗練された文化を誇っていたのは事実だと思う。
特化型の文化じゃなくて、満遍なく最高水準の文化を持っていたことが、本当にすごいと思うんだ。
勿論、そういった発展や革新には、切っ掛けという必然性があるわけで、ヨーロッパ大陸は、権力や宗教や文化などの衝突が多く、切っ掛けに溢れていたからこそ発展したのだと思う。
でも、歴史に”If”は有り得ないから、そういう勝利者や覇者としての過去もひっくるめて、西洋文明の底力だと思うんだよね。
文化に優劣は無いのかもしれないけど、洗練度の差は有ると思う。その一点においても、西洋文化の洗練度は圧倒的だと思う。

ごめん、寝不足で読みにくかったらゴメン。
2009/06/30 01:12  | URL |  3315 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
昔のプロジェクトX、今はテレ東の世界を変える100人の日本人!JAPAN★ALLSTARSなんて、最高だぞ・・・インドの緑化に尽力した日本人には感動した!よくこれだけネタがあるものだな・・・と感心するぐらいホルホルしてしまうのであったw
2009/06/14 02:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本は日本で適当に、マイペースにやってるからなぁ。それでいいと思うし。
2009/06/13 17:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>コメント番号3316
ですよねー。世界規模になった。というよりは、世界規模にした。という感じ。
昔の中国もそうでしょ。今はもう捨てられた。金の切れ目が縁の切れ目。
世界規模についていくことも大事だが、自分で歩くこともできるようにならないと、世界規模が瓦解した時きつい。あの半島を見ればわかるとおもう。
自国は、どこが覇権を取ったとしても、がんばって付いて行ってるのが…すごいな!今気がついたよ。

>>海外の有名人に誉めてもらうしかないような質問をよくしてる。
あれは嫌だ。
日本があまり好きでない日本人のほうが、わざわざそれをするイメージ。
なんというツンデレ。日本崩壊レベルのツンだけど。
2009/06/12 11:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>3315
うーん。
所謂”西洋文化”が圧倒的大規模、ということを全否定する人は少ないんだろうが、
何をしてそうさせるのか、ということについては議論の余地があるのでは。
3315の考えが読みにくいんだけども、ざくっと解釈して、
西洋文化は優れているから広まりましたという認識なのかな。
果たして?
私は日下公人さんとかが言ってる、「19世紀はイギリスの、20世紀はアメリカのポケットが膨らんでたから英語が流行った。それだけのこと」というのに賛同する。
顕著な例が植民地における文化であるように、文化の広がりは文化の力のみでは有り得ない。
というよりむしろ喧嘩の強さとポケットの大きさが第一でしょう。
(まあこれらも文化だろうけど、ならなおさら特筆すべきことのように思う)
これから情報伝達がよりスムーズになれば、文化の広がりにおいてこの二点以外での、
例えばデザイン力や商品の質という文化的要素の占める割合が上がってはいくのだろうが、
少なくとも過去に関してはまず喧嘩と金。
どこかの文化が個性的だとかそうじゃないとか、そういう話ではないと思う。
長々失礼。
2009/06/12 06:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
西洋文化は、世界中に影響を与えて、生活様式から価値観まで、グローバルスタンダードになるほどの、圧倒的大規模な文化基盤だよ。
日本文化は、非西洋文化においては個性的だけど、文化規模も影響力も、彼らには到底及ばないのは事実。
西洋人からしてみれば、完成された西洋文化を革新するためのエッセンスみたいなものが、日本文化だな。

ただ個人的には、日本人が持ってる精神文化は、最高のものを持っていると思う。
現存する洗練された原始宗教である、多神教の神道や、馬鹿が付くくらいの性善説的な国民気質など、本当に日本人ってすごいって思うよ。
これは俺個人が最も誇れる日本の良い所。
2009/06/12 04:55  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本のテレビなんかでは
海外の有名人に誉めてもらうしかないような質問をよくしてる。>コメント番号3303>

それを恥ずかしい行為だなあと、子供の頃から思ってる俺が居る。
2009/06/12 03:04  | URL | aq #KtOtvm9U[ 編集] |  ▲ top

-  -
ペンキ屋が言ってたな
白ペンキに少し青を混ぜたり、黒を混ぜたりした方が余計白く感じるんだそうだ。
まあ黒とはあんまり関係ないが・・・
忍者の黒装束も緑を混ぜた方が闇夜に紛れると何かに書いてあったな。
2009/06/12 00:20  | URL | #dJEnmy1k[ 編集] |  ▲ top

-  -
こんなところでガサラキがw
あれ人気なかったよな~。でも自分は休日の朝にきちんと
起きて見ていた最後のアニメだ。
2009/06/11 22:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
能を習うに近いようで遠いけど、ドナルド・キーン、狂言を習ってたみたい。
NHKの特集で、若かりし頃の、舞が流れてた。
2009/06/11 19:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本やドイツは自国を褒めてもらいたがる。
イギリスは何でも皮肉る。
それ以外の国は自分で褒める。

というイメージ。
2009/06/11 13:11  | URL | #v6O6VgHs[ 編集] |  ▲ top

-  -
アニメでカラフルな髪が多いのは絵としての画面構成を考えての事

アニメで日本人の髪をリアルに近い黒髪にすると
日本舞台の作品は画面真っ黒になっちゃうんだよ
例として皆のよく知っているwエヴァも綾波のありえない青髪を浮き立たせるために
ピンクや緑はいなくて黒髪キャラが多いけど
それでも茶系とか紺系とか色付けないと画面が沈み込んで見えてしまう
色彩設計も映像には必要だからね
2009/06/11 12:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
庶民文化である歌舞伎や浮世絵と、貴族文化のオペラやシンフォニーを比べるのはどうなんだろうな。
中世西洋で平民が日常的に劇を見たり絵画を飾ったり出来たのかっつー話だわな。
2009/06/11 09:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号3303
>日本人はかなり他国の目を気にするけどね。
>相手に強要はしないけど、日本は素敵だとか言って貰いたがってる。

それはどこの国でもどの地域でも同じだよ。
どの国や地域の人も自分が育った国や地域を悪く言われると腹が立つし、良く言われると喜ぶしどんな評価をされているのだろう?と気にもする。
2009/06/11 04:32  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
↑漢字は翠
2009/06/11 00:46  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
どの漢字使うか忘れたが、ミドリの黒髪って真っ黒ツヤツヤな髪を褒める言葉だしな。



原作アニメは知らんけど原作漫画だと、作品は忘れたが
漫画(白黒)で長い髪を塗ると暗くなるから白抜きにした。
カラー描く段になって、白黒・リアル共に違和感の無い色=キンパになった。
みたいな話を見た覚えがある。


青系赤系は本文473だと思う。見た目の華やかさ考えたら同系色だけとか現実程度の差異って訳にもいくまい。
2009/06/10 23:57  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本人はかなり他国の目を気にするけどね。
相手に強要はしないけど、日本は素敵だとか言って貰いたがってる。
それをネットとか辺りで慎ましくニマニマするのが日本人。
欧米はリップサービスがしっかりしてるから、日本のテレビなんかでは
海外の有名人に誉めてもらうしかないような質問をよくしてる。
2009/06/10 23:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>コメント番号3297
いや、容易に思い浮かべられたぞ。

漆メダルかっこいいなあ。
なんかたぎる闘志をひっそりと見せてるみたいで、品が良いというか。
2009/06/10 22:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
灯篭の話は墨にろうそくの黄色い光を透かすと緑になるから青で相殺してるんじゃまいかと
2009/06/10 22:02  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
昔アニメ撮影やってた俺が通りますよ。
黒の塗られたセルは、色ムラ目立つわ、キズは目立つわ、ホコリ目立つわで良いこと無し。
よって黒髪のキャラクターは嫌われてました。
今はデジタルだから大丈夫でしょ。
2009/06/10 21:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
確か、アニメで黒を多用すると、画面が重くなるので避ける傾向があるという話。

確か、樹なつみさんの『OZ』って言うマンガのアニメ化の時も、黒が多いから色々合う色を捜していたって言うような話が、あったはず。
だが『ショッキングピンクのつなぎ姿を見てみたかった』しか思い出せない。
2009/06/10 20:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
個人的なイメージなんだが濃い黒って緑とか青の影を纏っている感じがする・・・。
ごめん、意味不明かも。
2009/06/10 19:45  | URL |      #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本が嫌いなら極東板なんか行かなければいいだけの話なのにw
ほんと、日本のことが気になって気になって夜も眠れないんだね、可哀想にw
2009/06/10 19:00  | URL | #X.Av9vec[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本の美術は世界に一歩先んじてたという話もあるね
鎌倉時代には写実主義、江戸時代には印象派、現代は萌えかw
2009/06/10 18:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アニメで青い髪にするのは
単にアニメでは黒色が扱い辛い色だからだと思うが…
2009/06/10 18:43  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
そう言えば、どこぞの私大で教授やってたアメリカ人のおっさんが琵琶(楽器の方ね)に惹かれて演奏を学んで、「青い目の琵琶法師」と言われていたとかなんとか。
2009/06/10 18:16  | URL |   #vfO2W9N2[ 編集] |  ▲ top

-  -
どのようなものに興味がもたれているかは、グーグルの検索ワードに現れていると思うが。
上位には日本のものが結構ある。
2009/06/10 18:08  | URL | メチルアルコール #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
藍色は日本にとって特別な色なのかな。虹の七色だって、原色+原色の中間色+藍色だからね。

赤橙黄緑青藍紫
2009/06/10 17:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
藍こそ日本の色
インディゴじゃなくて藍染めのジーパンオススメ
2009/06/10 17:16  | URL |          #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/65-7627b4a5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。