2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
血統主義と純血(part103スレ)
- 2013/09/29(Sun) -
552 :日出づる処の名無し:2011/12/25(日) 00:54:07.90 ID:LqZxEsvc
宮崎アニメ「天空の城ラピュタ」に出てくる、空中都市のラピュタ(名前はガリバー旅行記から)
のモデルはどこだろう?って話題が昔からあるけど、
ヨーロッパの城だ、東南アジアの寺院だ、聖書に出てくるバベルの塔だ、オーストリアの城だ、
南アメリカのマチュピチュ遺跡だ、
もう植物があって石で出来ているちょっとボロくて格式高そうな感じの建物ならどこでもラピュタかよ
ってぐらいバラバラ。
千と千尋の神隠しのモデルは旅館は小金井の銭湯で、
繁華街は台湾の街だと見解がほぼ一致してるのに、
どうしてラピュタに関してはこんなにバラつくんだろう。

553 :日出づる処の名無し:2011/12/25(日) 01:40:04.93 ID:jw1LDDRe
>小金井の銭湯

というより小金井にある江戸東京博物館に移設された昔の銭湯の建物でそ?

554 :日出づる処の名無し:2011/12/25(日) 10:04:54.54 ID:HqYoN5mI
>>552
作る側が明確なモデルを意識してなかったからでないのか。

555 :日出づる処の名無し:2011/12/25(日) 11:52:10.00 ID:IQW4nkAm
ラピュタを製作してる時には才能が枯れてなくてイメージが幾らでも湧いてたって事かもね。

556 :日出づる処の名無し:2011/12/25(日) 13:33:12.69 ID:1XIH2BUJ
>>553
小金井の銭湯じゃなくて、道後温泉だと聞いたが・・・・
ついでに色彩もそっくりだと名古屋の古い遊郭の建物もある。

558 :日出づる処の名無し:2011/12/25(日) 20:38:49.01 ID:YrNW7Z1o
今でもイメージは湧いてるんだが、
主に戦争や兵器関連ばっかで世間様のジブリイメージに合わないのが難点。
今度堀越二郎の映画やるらしいんで期待してるけど。

559 :日出づる処の名無し:2011/12/26(月) 15:53:11.44 ID:N2wUyzUg
「風、立ちぬ」ですね。
原作をどう膨らませるか・・・

562 :日出づる処の名無し:2011/12/26(月) 20:56:36.40 ID:1PmFfDxI
で、ナウシカは堤中納言物語とか砂の惑星から発想してる

563 :日出づる処の名無し:2011/12/26(月) 21:01:00.89 ID:n6Ms7ils
ナウシカとか千尋は純和風に見えて実際はチベットとかチャイナ美術も取り入れられている。

565 :日出づる処の名無し:2011/12/27(火) 20:22:23.69 ID:Mwx+2dQz
>>563
ナウシカは中央アジア風味に決まってるじゃん。
カザフスタンとか、トルクメニスタンとかその辺の雰囲気だよ。
秋津三朗名義で昔「砂漠の民」ってマンガ描いてるよ。

で、トルメキアはスラブ民族かな。
今の地理に照らすと、中央アジア~東ヨーロッパ辺りではないかな。

566 :日出づる処の名無し:2011/12/27(火) 20:49:02.68 ID:2jkiVd20
スキトキトルメキトキス

567 :日出づる処の名無し:2011/12/27(火) 20:56:24.66 ID:5uhiojnZ
>>565
すまん、アシタカとナウシカ間違えた。

568 :日出づる処の名無し:2011/12/27(火) 21:16:46.77 ID:5uhiojnZ
つか、中央アジア風でも無くね?
モンゴルとかこことかインドと中国とロシアがごっちゃになったような雰囲気だと思うが。
http://4travel.jp/overseas/area/europe/russia/the_other_cities_of_russia/travelogue/10262202/

569 :日出づる処の名無し:2011/12/28(水) 01:32:18.45 ID:RYmwAeaq
インドという単語が出るだけでもう反射的に嫌悪感
離反工作なのか、ほんと上手くやってるな

570 :日出づる処の名無し:2011/12/28(水) 07:01:14.08 ID:2NM+YIKI
( ・ω・) なぜインドで?kwsk!

571 :日出づる処の名無し:2011/12/28(水) 07:24:01.14 ID:ZTB7NAhA
ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね

572 :日出づる処の名無し:2011/12/28(水) 08:06:55.43 ID:T/oTEQ+X
インドにはなりませんね。
中韓朝には、もう反射的に嫌悪感がわきますが。

588 :日出づる処の名無し:2011/12/29(木) 17:41:34.06 ID:0yDahof7
>>562
>堤中納言物語

「虫めづる姫ぎみ」の話のこと?詳しく教えてください、。

>>563
そんな修飾よりも、本体の縄文と平安に意識を向けるべし。

>>565
>ナウシカは中央アジア風味に決まってるじゃん。
>カザフスタンとか、トルクメニスタンとかその辺の雰囲気だよ。

あああ、そんな感じ!
ウイグル人が独立国家ウイグリスタン共和国を設立できますように。

589 :日出づる処の名無し:2011/12/29(木) 21:25:32.95 ID:wOo4+kNv
モンゴルって中央アジアじゃねーの?ナウシカとは明らかにイメージ違うぞ。

594 :日出づる処の名無し:2011/12/30(金) 17:15:18.93 ID:Cwak4VeG
>>589
モンゴルは中国の北東にあるぐらいだから、ユーラシアの東寄りとは言えるけど、
中央アジアとは言わない。
Wikipediaに、すごくわかりやすい色分け地図が載ってたよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2

*************

629 :日出づる処の名無し:2012/01/08(日) 23:11:35.68 ID:vLDQkSGg
どの国の言語や文字が優れているなんて議論は無意味だよな。
和製漢字なくしては会話すら成り立たない中韓でも、近代以前は
そのレベルなりの学術論議も母国語でできていたわけだし
支那にいたっては哲学レベルの文化芸術の発信源でもあったし。

まあ支那で古代中華民族こ語る際にいつも言われてきた民族問題もまったく無意味。
あれだけ幾度も支配被支配を繰り返してきた土地に、
純血の固有民族なんか存在しているわけがないしな。

630 :日出づる処の名無し:2012/01/08(日) 23:14:34.02 ID:Pg9D+FyF
日本人ほど血統主義が強くないだけじゃね?

631 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 00:13:26.15 ID:9lhZlr4x
血統主義とやらが強いなら弥生と縄文で混血してる訳ない

632 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 01:10:55.79 ID:ZwJb3STq
そうかな
日本に生まれたからって日本人とは認められないって考えの人が多いと思うんだけどね

633 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 04:11:23.36 ID:wsIHBYdC
地位や規模によってバラバラなんだろう。
武家だと養子が跡継ぎってのは少なくないけど、
皇家は血を引き継いでるのが当たり前で、女系だとか男系だとか厳しいし。

634 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 05:29:27.34 ID:/iDbGhX9
同化主義なのは間違いないと思う。

635 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 10:51:06.41 ID:eSAxgsId
>>632
別に差別する気はないんだが、
ダルビッシュがいくら凄くても日本人として凄いとか思えない所はあるな

636 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 13:52:51.33 ID:MjIm8mEj
>>631
比較が極端なんだよお前

637 :日出づる処の名無し:2012/01/09(月) 16:17:06.96 ID:KaB+A7Vi
そうか?
ラモスもロペスも釣男も三都主さんもマイクもチュンソンも
それぞれの個性はあるが、日本人としては他の選手と変わらん

セル爺は別だぞ

651 :日出づる処の名無し:2012/01/11(水) 23:03:51.35 ID:Rpbjo/6K
>>629
>まあ支那で古代中華民族こ語る際にいつも言われてきた民族問題もまったく無意味。
>あれだけ幾度も支配被支配を繰り返してきた土地に、純血の固有民族
>なんか存在しているわけがないしな。

そこは同意。

>>630
>日本人ほど血統主義が強くないだけじゃね?

支那人は血統主義が強いよ。
だから、誰それの子孫だと「嘘」を吐くわけで。

652 :日出づる処の名無し:2012/01/12(木) 00:27:58.64 ID:IpimpbKf
>>651
>血統主義

日本と特亜の違いだな。
自分で考えているより、日本の血統主義は強くないのだな。

653 :日出づる処の名無し:2012/01/12(木) 04:44:19.83 ID:/2nZIZlr
世界的に見れば日本人ほど純血を保ててる方が少ないと思うけど
国家、民族、地域の歴史が長い間同一なのも珍しいんだっけ?

654 :日出づる処の名無し:2012/01/12(木) 06:04:27.40 ID:UE+b8+vO
民族って文化的集団であって血族的集団じゃねぇっぺや。
だから政治的に「作る」ことができるわけで。

656 :日出づる処の名無し:2012/01/12(木) 19:39:55.48 ID:18daNGEW
>>652
ガチガチじゃないのはいいとして血液型占いみたいのは鬱陶しいわ
なくなって欲しい風習

657 :日出づる処の名無し:2012/01/12(木) 21:28:15.52 ID:f2Q7VZVt
意識的に見なけりゃ見なくて済むだろ
星座だと朝のニュースとかで見せられるが

658 :日出づる処の名無し:2012/01/14(土) 16:41:54.66 ID:aJQpFkc3
>>652
>>>651
>>血統主義
>日本と特亜の違いだな。

>自分で考えているより、日本の血統主義は強くないのだな。

江戸時代の商人は馬鹿息子よりも、有能な番頭さんに店を継がせたりするしね。

659 :日出づる処の名無し:2012/01/14(土) 16:43:46.58 ID:aJQpFkc3
>>653
>世界的に見れば日本人ほど純血を保ててる方が少ないと思うけど

そもそも生物的に純血ってのは良い結果が生まれるとは限らない

660 :日出づる処の名無し:2012/01/14(土) 17:08:55.77 ID:XiEkXknG
>>658
それがありふれてたの?
少数例だと思うんだけど

661 :日出づる処の名無し:2012/01/14(土) 17:36:45.84 ID:BNMxt/Ui
>>660
まあ、家族経営という点では息子が多数だけど、世界的に見ると血縁軽視らしいよ>日本の家族経営
以前、Freakonomicsでも取り上げてたし。

城山三郎と深田祐介の対談集で、商家から取った養子に後を継がせた大名家のエピソードとかあるし。

662 :日出づる処の名無し:2012/01/14(土) 23:32:49.99 ID:k0C/5ayM
>>660
将軍家の世継ぎの順序だって
1:尾張徳川家
2:紀伊徳川家
だけど江戸に近い水戸徳川家からは直接将軍になれない
慶喜公も一度は一橋家に養子に出て一橋家から将軍になったし
血筋より忠義度重視の君主の選び方も珍しいんじゃないか

663 :Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc :2012/01/15(日) 00:47:32.00 ID:I7lkhgDX
>662
もともとの御三家は将軍家・尾張家(大納言)・紀伊家(大納言)だとか、
あるいは駿河家(大納言)を入れていたという説もあって。
水戸家(中納言=黄門)は駿河家取りつぶし
後に新たに徳川姓を名乗ることを許されたという経緯もあり、水戸家は一段格下なんです。

665 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 01:36:33.31 ID:8zRvzJOY
>>659
日本人は遠い昔、長い時間をかけて混血しまくっているみたいだけれど、
でも、その後、長いことあんまりよその血が入ってこなかった。
それを純血といってもいいものなのか、どうなのか?

666 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 01:56:09.88 ID:pYjJinQe
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/1b/578795b6e8932b58a9cb45ef7d5074af.jpg

チョッパリ供よ、これぐらいでないと純血とか言っちゃいけません。
誇らしいですね。ホルホルホル

667 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 02:10:02.69 ID:8zRvzJOY
呪われた番号で呪われた画像w

668 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 05:42:07.01 ID:TG99lcbc
>>659
同感
混血についてのスタンスって動物と人間で全く逆だね
こういうの語るスレってあるんかな?
なんとなく差別的な内容になりそうでタブー視されてそうだが

669 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 10:29:12.73 ID:8zRvzJOY
民族浄化ともいえるような侵略を何度も受けている支那や半島の方が
純血主義にこだわっているのがワロス

670 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 10:46:30.78 ID:NpUdHkO6
669
侵略を受けるから、血統に拘るんだと思うよ
ただ、蹂躙された地域で非支配側に濃密な純血種が残るってのは余程の事だと思う。
 
671 :日出づる処の名無し:2012/01/15(日) 12:17:51.55 ID:xwhN22k4
っていうか侵略する側もされる側も血が混ざるじゃん

710 :日出づる処の名無し:2012/02/06(月) 21:08:57.17 ID:SjX0cVMS
>>653
そうそう。

>>659
優秀な遺伝子が絶たれる文化で、
近親婚が文化だと、
劣等民族が出来上がる。
白人や韓国人はそれ。

白人が白いのは、単に高緯度にいただけが原因ではなく、近親婚タブーが欠落していたから。
韓国人が白くないのは、近親婚文化の歴史がまだ浅いから。
というより、「朝鮮民族」は近世に成立した。
古代朝鮮人とは何ら関係ない。

>>665
それを以て純血といいます。

>>669
「だからこそ」なんじゃないですか?

711 :日出づる処の名無し:2012/02/06(月) 21:12:42.09 ID:opn5rzxU
>白人が白いのは、単に高緯度にいただけが原因ではなく、近親婚タブーが欠落していたから。

(*´・д・)(・д・`*)エー

712 :日出づる処の名無し:2012/02/06(月) 22:36:28.67 ID:90U6J0PH
何で近親婚したら白くなるのよ

713 :日出づる処の名無し:2012/02/07(火) 16:16:03.96 ID:nl5WIbNV
俺も知りたい

714 :日出づる処の名無し:2012/02/07(火) 16:36:26.55 ID:ZrVRbnSy
本人じゃ無いから分からんが、
人間にも白子(アルビノ)の人がいるでしょ?

白子
 ↓
染色体異常
 ↓
近親婚

みたいな単純な連想じゃないの?

715 :日出づる処の名無し:2012/02/07(火) 17:02:09.27 ID:2+stUVXp
でもまあ白人の肉体的特徴って、遺伝的に劣性なことが多いことも確かじゃない?
純血守ってたといわれれば、そんな気も

716 :日出づる処の名無し:2012/02/07(火) 17:09:39.04 ID:ZrVRbnSy
近親婚が原因だったら、アフリカやアマゾンの奥地で、
外部との接触がごく限られてた部族なんか、
白人になってないとおかしいよなw

717 :日出づる処の名無し:2012/02/07(火) 21:16:25.48 ID:RpgC5Zwc
色黒だと北方では日光浴によるビタミンDの合成が不利になるから淘汰された説のほうが信憑性あるわ

718 :日出づる処の名無し:2012/02/07(火) 23:05:56.92 ID:U9P7C4L8
違うよ、雪の中で敵に見つかりやすいからだよ。

719 :日出づる処の名無し:2012/02/08(水) 09:44:45.30 ID:N9IKNv4n
>>718
裸かよw

720 :日出づる処の名無し:2012/02/08(水) 11:14:20.69 ID:avAvmJcX
日光が弱い土地では肌を守るメラニンの必要性が少なくなるので元々肌の色が薄かったのが、
何かの拍子に勢い余って白くなり過ぎたんだろう

721 :日出づる処の名無し:2012/02/08(水) 14:55:38.24 ID:LxSiAbki
雪原は紫外線は強いんだけどね。

722 :日出づる処の名無し:2012/02/08(水) 16:58:12.89 ID:TLs+7V3i
何かの勢いで白くなるのはあり得るとして
その劣勢が全体に伝播することはねぇよ

739 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 20:26:48.66 ID:StSgBcbE
>>716
つ 沈黙交易

>>717
淘汰説は後付け。

>>720
>日光が弱い土地では肌を守るメラニンの必要性が少なくなるので元々肌の色が薄かったのが、
何かの拍子に勢い余って白くなり過ぎたんだろう

だから、その「何かの拍子に勢い余って」が近親婚なの!

740 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 20:33:50.94 ID:StSgBcbE
常識を知らない方が多いのでまとめておきます。

呪われた人種「白人「アルビノイド」」の由来
1.白人が中央アジアよりのヨーロッパ北方に氷河期に閉じ込められる。
2.白人は近親婚タブーの欠損とその状況で、近親婚でアルビノ化する。
3.アルコール発酵した腐った肉や食べ物を食べるので
アセトアルデヒド脱水素酵素欠損遺伝子を持った者が全滅し、
アルコールに異常に強くなる。
(だから、欧米人は、居酒屋でちょっと飲んで
へべれけになっている日本人を見て、
アルコール中毒レベルと判断して、
批判する。本末転倒甚だし。)
4.近親婚かつ幼児性愛の為に、
男性の男根は柔らかく、女性は早熟で大きな膣になった。

741 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 20:44:33.56 ID:gLvlBJxq
馬鹿には発言権が無いんだぜw
自覚しようなwwwwwwwwwwww

743 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 20:51:03.79 ID:xXFoDmUB
>>740
全てデタラメっぽいが、一つだけ指摘する。
3番は逆。モンゴロイドにアルコールに弱い突然変異を持ったのが
生まれてそれが広まった。

酒の強さは遺伝子で決まる 原田 勝二 氏

> 原田 前にも言ったように、D型はN型遺伝子の突然変異でアセトアルデヒドを
> 分解する能力が低下したものなんです。ですから、そもそも当初人類にはN型
> しかなかった。そこに突然変異が起こり、D型ができた。おそらく2?3万年前に
> モンゴロイド人種の中で起こったことだと思います。そして、その人達が時代を
> 経て増えていったのです。

744 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 22:23:46.31 ID:LAWxlkH0
>>740
ソースきぼん、あまりにもひどい白人蔑視だが…一応な

*************

727 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 01:36:16.88 ID:9KCMAW5i
外人ってアンフェアで勝っても喜べるみたいなところない?
勝利に対する感覚が日本人とは違う気がする

730 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 09:47:24.59 ID:OYkSBimh
>>727
よくも悪くも「ルール」で決める、ってところはあるな。
山田風太郎は「アングロサクソンは世の中なんでもゲームとみなせる才能がある」と言ってた。

733 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 12:50:15.63 ID:7Zq6tbuB
>>730
欧米は確かに「ルール」で決める、ってところはあるけど自分たちに都合が悪くなった「ルール」は
自分たちに都合のいいように変えるところがあるからなあ。

734 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 14:06:44.47 ID:dgEPNYK5
>>733
ただルールを「永遠に不変のもの」と日本側は信じ込みすぎなことも事実だな。
相手側から「ルール変更の必要があることにも、変更内容にも日本は異議を唱えなかった」
といわれるとジ・エンドで

736 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 18:16:22.23 ID:xXFoDmUB
>>727
“アンフェア”って言葉があるようにアメリカ人はアンフェアなことは
凄く嫌うぞ。フェア=日本的な正々堂々 ってわけではないが。

737 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 18:38:37.52 ID:QL7zf4S7
法律を守らずザビ残やら談合やらをやりまくる日本人ではフェアを説く資格はない。

742 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 20:49:32.85 ID:YVnUmKmh
>ザビ残

ジオンの残光

748 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 23:23:10.20 ID:KCT6UIcS
>>736
アメリカ人は自分の気に入らないことや思い通りにならない事があっても
やたら「アンフェア」を連呼するので、
そもそもアンフェアという言葉の概念からして根本的に違ってるわけだな。
これを「不公正」とか訳すのは大間違いもいいとこだ。

750 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 23:36:19.91 ID:RizE8z2b
日本でも何か気にくわない事があると、卑怯者と言いだす奴がいるのと同じだろ

751 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 23:41:22.83 ID:DaP/4aMx
> アメリカ人は自分の気に入らないことや思い通りにならない事があっても
>やたら「アンフェア」を連呼するので、

アメリカ人と言うより欧米人のメンタリティだな。
所詮現代の様式の殆どが欧米由来なんだから仕方のない事。
レース界然り、スポーツ界然り。
とりわけ柔道の胴着の色と採点方法の変更なんかは
世界柔道連盟なんか作ってしまった日本がバカなんだよね。
その点、チョンのマス大山の極心なんか抜け目ないよね。
金儲けと主催者側有利のスタンスきっちり確立してるもんね。

752 :日出づる処の名無し:2012/02/09(木) 23:51:17.15 ID:S8LulH9Z
>>751
つか、あの人たちのいう「アンフェア」ってそれ自体がもう「駆け引き」なんだよな。
世界観の根本がパワーゲームというか。
だから「意思」を縛る道義より「行動」を縛る契約にうるさい。

753 :日出づる処の名無し:2012/02/10(金) 00:00:49.89 ID:DaP/4aMx
>>752
あくまで法に則った上での事だし、文句の付けようのないことだけど
駆け引きという面ではもう少し日本人も学んだ方がいいよね。
ただ、日本の強みは後の歴史的解釈上伝説に成りうる潔さくらいかww

754 :日出づる処の名無し:2012/02/10(金) 00:15:09.44 ID:tuaxgiX5
レミングスになりかねない

755 :日出づる処の名無し:2012/02/10(金) 02:14:15.17 ID:HsC1n9RS
アメちゃんは出かける時急に雨が降っても「It's unfair!」って言うんだから、もはや普通の慣用句だな。
日本人は杓子定規に翻訳して深刻に受け取る必要なんてサラサラない。

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「皇帝」が先か「スメラ」が先か(part103スレ) | メイン | 日本食の食べ方のエチケットの変化(part103スレ)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/587-d0a4ba04
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。