2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
米食と口内調味(part102スレ)
- 2013/09/01(Sun) -
245 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 09:15:39.66 ID:i8dvIhMv
■なぜイギリス人は日本を崇拝しているか よくわかる動画■

http://www.youtube.com/watch?v=UKenlHeoTOM

イギリスは鉄道発祥の国
しかしなぜか、イギリスでは、日本の鉄道が神扱いされていて
「日本は英国鉄道の師匠(マスター)」とか「世界一の鉄道先進国」とか
言われて非常に尊敬というか崇拝されている。
また、なぜか、イギリスが鉄道発祥の国であることを知っている人が意外と少なく
知っていても、そんなのたいしたことないと、評価が低かったりする。
まぁ英国の鉄道は時間はルーズだし、事故ばかり起こすし、無責任だし・・・
多少はわからないでもないんだが、なぜそこまで日本を評価してるのかは理解できなかった

しかしこの動画を見たら納得したよw 
こんな感じの教育をあっちこっちでやってるのがイギリスという国なので、
こんなに日本の鉄道を子供に自慢しまくってたら
そりゃ英国人は、日本すげぇとか思うよなw ほとんど洗脳に近いw
まぁ逆に考えれば、そんだけ日本人が自虐的ってことだねw
外国人がこんなに自慢してるのに、本場の日本人がダメダメ言ってるのもいかがなものかと・・・

ちなみに、イギリスでは中国や韓国に対する評価はいまだに非常に低いです。
やっぱり落ちぶれたとはいえ、イギリス人はちゃんと本物を見分ける目は持っていて
革新的なものを作ったことのない国には敬意を持たないんですね。

逆に日本のように革新的なものを作りまくってる国にはちゃんと敬意を払ってくれる
英国人は中国人よりズルいところもあって、欧州ではあまり評判良くないけど
この点はさすが7つの海を支配したかつての大国だけあるなと思いますね。

246 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 09:29:21.00 ID:UwvjYOS6
イギリス人って、日本の鉄道に大して運行時間がルーズすぎるとか文句言ってた気が

247 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 11:47:42.46 ID:bJ2J80Hm
>>246
それって、いつの話?

248 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 13:13:41.03 ID:gWNnYgny
エリザベス女王が来日したとき、女王が新幹線の正確さをほめたら。
国鉄(JR各社だったかな?)が一丸になって
普通なら10分ぐらい遅れるのをギリギリきっちり到着させた
って話ならここだかで見た覚えがある。

249 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 13:49:06.54 ID:bJ2J80Hm
明治時代お雇い外人が日本人の時間に対するルーズさに腹を立てたと聞いたけれど、
その後鉄道の敷設の広がりによって、日本人は時間に厳しくなっていったという話なら聞きますた。

252 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 15:16:21.62 ID:65mqhwAl
>>248
1975年にエリザベス女王が来日した時の話かな?
乗車が遅れたために定刻より数十分の遅れが生じた上、
富士山がよく見えるように富士川橋梁で90km/hに減速するという事までやったにも関わらず、
その後運転士がATCカットされる210km/hをギリギリ下回る速度にマニュアル調整しながら
回復運転を続けた結果、東京駅到着時には定刻からの誤差が1秒未満だったという事だったな
もちろん、あらかじめ敷かれた絨毯の位置に合わせて誤差ゼロで停止

254 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 21:41:42.82 ID:dvpI3AnI
>>249
こっち側の極端からあっち側の極端に量子跳躍。それが日本人。

255 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 22:03:29.36 ID:7tT4c+2Z
>>254
明治時点でどうなってたか面倒なので調べないが
江戸時代まで時間を計る単位が今と違っていたのだからまぁ仕方ない
2時間の幅はあれど、ある意味当事でも約束の時間には正確だった

256 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 22:49:47.26 ID:UwvjYOS6
江戸時代の人と、今の東南アジアの人たちってどっちが時間に正確なんだろう?

257 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 23:01:35.62 ID:ueQLoXcC
>>256
東南アジアじゃね?
使い捨てのデジタル時計が簡単に手に入るんだし。

本人の時間厳守の意志を別にするなら

258 :日出づる処の名無し:2011/06/11(土) 23:44:42.93 ID:bJ2J80Hm
>>257
鋭い。なるほどと納得。

263 :日出づる処の名無し:2011/06/13(月) 03:26:07.75 ID:hhZdZeYa
昔の日本人は時間にルーズだった
鉄道も数時間遅れがざらにあった
しかし戦争が始まり、軍需物資を運ぶ効率を上げるため国鉄に時間厳守を徹底させた
時間通りに動く鉄道に合わせて、日本人も時間に厳しくなった

ってな話が過去スレになかった?
沖縄時間のことを考えると本当らしく思える

264 :日出づる処の名無し:2011/06/13(月) 11:54:02.16 ID:Ty6xNq8l
電車は時間通りに動くもの!っていう認識が導入時にあって、
だから人間の方が電車に合わせて時間通りに動くようになった、
みたいな話ならどっかで聞いたことがある

265 :日出づる処の名無し:2011/06/13(月) 12:52:59.44 ID:l3d6BBfn
参考図書
定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?

266 :日出づる処の名無し:2011/06/14(火) 09:40:58.24 ID:vBk1bh5a
松下電器が創業した頃、松下幸之助がいつも心配していたのは給料や賞与の支給日の翌日に
一体どれだけの人数が出社してくるかという事だったという話だな
日本人の労働倫理も昔はかなりルーズだった

267 :日出づる処の名無し:2011/06/14(火) 12:37:33.87 ID:vAC0Ass1
>>266
同時代の、他の国と比べてどうか?という話にしないと、変な結論になるよ。
今の日本人なんて、有史以来、一番勤勉な労働者だと思う。

268 :日出づる処の名無し:2011/06/14(火) 19:55:01.05 ID:v8Mm6QxB
君主に関わる仕事なんかはどこも厳しそうだけどな
皇帝がいた時代の中国とかヤバそう

*************

283 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 09:55:38.74 ID:43mzO2QJ
こっちは「微妙」で済むけど、
http://iup.2ch-library.com/i/i0341405-1308358190.jpg
(※リンク先消滅)
こっちはなんか絶望感を感じる
http://iup.2ch-library.com/i/i0341404-1308358190.jpg
(※リンク先消滅)

284 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 12:25:09.59 ID:sLsoKZHm
左のグロ画像みたいな卵焼き(?)もそうだけど、右の料理はおかしいだろ
なんでトーストがついているんだよ
そこは白いご飯だろ

285 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 13:36:39.65 ID:7h6OcubI
>>284
上下の写真でご飯とパンを入れ替えてみたときの印象の話だろう。

287 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 18:46:45.86 ID:HVRHs+Pm
和食は口内調味前提だから変に感じるんだろ
単品で食べる事を想定して無いない品々なんだし

288 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 19:35:03.29 ID:sLsoKZHm
>>287
つ おにぎり

289 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 19:39:19.44 ID:mTqfaEyG
>>288
何が言いたいのか分からんよ。

290 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 19:42:06.12 ID:sLsoKZHm
>>289
ん? 単品で食べる事を想定して無いない品々なんだしと書いてあったから、単品で食べれる品を

291 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 19:53:48.32 ID:mTqfaEyG
携行食の一種であるおにぎりはあくまで例外的なものだと思うけどね。

292 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 20:00:00.54 ID:sLsoKZHm
普通に一品料理としてもあるけどね

293 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 20:35:10.08 ID:CX9+Fr0k
今のおにぎりって具とご飯を口内調理するのが前提の食い物のような

294 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 20:48:34.64 ID:X+zNBLBu
海苔なしの塩おにぎりについて語り合うのは、このスレですか?

295 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 21:45:51.20 ID:kt8w22Px
しっかし和食のおかずがパンに合わなそうなのはなんでだろうな?
米食がメインの国でもおかずはパンに合ったりするぞ。

296 :日出づる処の名無し:2011/06/18(土) 22:11:10.46 ID:yZaBGyI7
思い入れが強すぎて合わないと思いこんでるだけかも知れんぞ?

297 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 00:28:57.03 ID:JnSyBNf8
そうだよ合うとか合わないとか思い込みだよ
甘めのミルクティーとかカフェオレを
ご飯にぶっかけて食べると美味しいんだからね

298 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 07:16:03.16 ID:emsMQOW1
どんな食事にもキムチが合うという人々もいるしな

299 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 11:02:37.85 ID:sNKv1bB2
キムチは差別用語。朝鮮漬と言うべき()

300 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 11:28:52.19 ID:AW/Bltf7
外国行き便の機内食だと和食にパンは結構あるらしいな
中東・西洋行きならまだしも、なぜかインディカ米中心の東南アジア行きでもあるらしい

301 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 11:48:33.80 ID:TR5HSahA
シナ人は餃子ライスなんて気持悪くて喰えないってさ。

302 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 15:09:34.47 ID:oQeDPaki
口内調味とか、三角食べとかは、負の遺産だろ。
外人に知られたくない。

303 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 16:51:17.06 ID:dCWFk46B
>>302
そうは全く思わない。

304 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 :2011/06/19(日) 16:56:50.36 ID:VuhcTCx6
>>302
そこまで無理して日本食食べなくて良いよ。

他の国の料理もおいしいから。
どこぞの国みたいに必要以上に日本人は他の国の人間に
特定の食事を強制しないから大丈夫だよ。

308 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 20:33:32.04 ID:UNRQu/O6
>>302
kwsk

314 :日出づる処の名無し:2011/06/20(月) 08:26:03.18 ID:/KIUQGjb
>>302
なんで間違ってるの前提なの?w

305 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 17:57:41.95 ID:AW/Bltf7
三角食べなんて別に厳守するもんじゃないだろ
今時の家庭でそれやったら
オレンジジュースエビチリごはんが口の中で完成してしまう

306 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 19:24:29.03 ID:G3WErOPE
米とオレンジジュースが食卓に並ぶとか

307 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 20:17:57.27 ID:AW/Bltf7
今時は普通

309 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 20:35:47.98 ID:UNRQu/O6
アメリカの吉野家で、丼物をコーラ飲みなが食っているの見て衝撃を受けたw

310 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 20:39:38.82 ID:JkOwoDxk
牛丼とコーラはまだ許せる。
だが白米と牛乳、おめーはダメだ。

311 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 20:54:38.65 ID:YZu+jHOU
お釈迦さんに喧嘩うってんの?

312 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 21:57:18.71 ID:f6ImsZUV
スジャータ「なんか死に損なってる雰囲気高貴な人に残飯与えたら、高感度うp!将来安泰フラグキター!」

313 :日出づる処の名無し:2011/06/19(日) 22:58:27.78 ID:Lg45lJBW
チュンダ「お釈迦様が自分が差し出した料理を食べて中ったらなぜか聖女化キター!」

315 :日出づる処の名無し:2011/06/20(月) 17:30:48.54 ID:JYGTQmvR
日本じゃなくても米が主食なら口内調味してそうだがなぁ

316 :日出づる処の名無し:2011/06/20(月) 17:36:31.81 ID:96vMY7Md
>>315
基本的に、白米をそのまま食べるのは、日本人だけじゃないか?
他は、炒めたり、粥にしたり、何かを乗っけたりして、何らかの味をつけて食べる。

318 :Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc :2011/06/20(月) 20:53:51.88 ID:QLAby6Mv
>316
それ以前に、「主食にブランドが存在する」なんて日本だけ。
どこの国の主食でも、「これは○○産の○○という品種だ」なんて拘れるわけがない
(ま、小麦そのままじゃなくて粉にしてるからってのもあるかもしれませんが)

それどころか生産者までダイレクトに分かるものが流通するってどんだけすごいのかと。
それを思い知らされたのが鉄腕 DASH! であるところもなんとも(w

319 :日出づる処の名無し:2011/06/20(月) 21:32:56.80 ID:Y2VFhOPF
日本だとインディカ米みたいなパサパサ米は嫌いな人が多くて、
逆にインディカ米を主食とする地域だとジャポニカ米はあまり好まれないが、
もち米に関してはどちらの地域でも人気があるらしい。

321 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 12:06:46.40 ID:TBg2noB2
豆腐とアゲの味噌汁
味噌・豆腐・アゲ コレ総て大豆って何気にスゴイ。

322 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 12:50:19.01 ID:1FKiXQWA
>>318
それ以前にというより、白米だけで食べるから、微妙な味の差が分かるんだろうね。
カレーやチャーハンにしたら、分からないw

ただ、食べて品種と産地を当てられるのは、一部のプロだけみたい。
滋賀県産の日本晴という品種を基準に、味、香り、粘りなんかを総合的に判断するらしい。

友達が、化学的検査で、産地を割り出す方法を研究してたけど、難しいらしい。
DNA検査で、品種までは分かっても、産地は分からないからね。

323 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 13:12:06.96 ID:YhwH44qv
ふりかけとか丼ものは口内調味という伝統に反してるようだが
新しいものなの?

324 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 14:37:33.34 ID:vJinsNd/
君みたいにまじぇまじぇしないと駄目ってわけじゃないから食べ方でどうとでも調整出来るがな

325 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 16:20:15.33 ID:U/7yF64v
江戸時代くらいだとちゃんとした家では白ご飯の上に何かかけたりとかは
正式な食事のときはしなかったんじゃないかな
商家で店屋物の丼とか昼に食べることはあるけど正式な食事ではなくて、
晩はちゃんと膳をしつらえるとか

326 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 16:58:44.71 ID:1FKiXQWA
そういえば、北条氏政が、ご飯に何度も味噌汁をかけるのを見て、
父親が、将としての器じゃ無いと悲嘆したとかいうエピソードがあった気がする。

327 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 17:24:22.71 ID:TFLCX5tM
メシぐらい好きに食わせてやれよな

328 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 17:32:40.11 ID:TBg2noB2
雨ニモマケズ~に

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ~

とある。4合もの玄米を塩辛い物でカッコンでいたのだ昔は。

329 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 17:45:30.68 ID:O/Pb3h/q
最後は

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

だろ。

330 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 18:00:20.29 ID:1FKiXQWA
>>327
毎日の食事で、同じ事をしてるのだから、
それくらいの分量の見極めは、出来てないとおかしいという事らしい。
実際、豊臣秀吉に滅ぼされて、父親の予言は正しかった。

小学校の時、それを読んで、毎日味噌汁ご飯なのかよwって思った記憶がある。

331 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 19:12:38.49 ID:sK05t6er
豚の角煮さえあれば、ご飯4合くらいどうという事はない!

332 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 19:36:13.60 ID:fiJexEpV
>>330
江戸時代初期、鮭の切り身を弁当に入れて持ってきた毛利秀元が
他の大名に「これは珍しい」と皆に取られたなんて話がある。
これに限らず戦国時代ら辺の食事は今とは比較にならないほど質素。

333 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 21:06:45.56 ID:fGqXDNCD
江戸時代中期ぐらいから発展したのかね?
幕の内弁当とかすげえ豪華だし

334 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 21:09:07.78 ID:YDWxzyo3
幕の内弁当は芝居の合間(幕の内)に食べる弁当だから庶民の懐具合がよくないとうれないし。

335 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 21:44:40.55 ID:xZ5JOpEh
そもそも、庶民が芝居をみに行くってのが、すげぇよね。

336 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 22:22:42.99 ID:O/Pb3h/q
言われてみればそうだなぁ。
芝居を理解できるには教養が必要だから。

あ、オレ?歌舞伎を見ても理解できないw

337 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 23:15:25.03 ID:GoNM7PI9
けど、今でも読んだ事のないアメコミ原作のハリウッド映画を観て楽しんでるしなぁ。
江戸時代の芝居も、その程度で楽しんでいたのかもしれない

338 :文責・名無しさん:2011/06/21(火) 23:16:39.89 ID:M+40rP8/
>>326
毛利元就の話かと思っていたけど、ググったら色々な武将で同じような話があるのね。

339 :日出づる処の名無し:2011/06/21(火) 23:23:33.86 ID:5cI4Eg77
>>337
ハリウッド映画はいろんな国の人でも楽しめるように作ってるけど、
江戸の芝居は現地人に向けて作ってるから時事ネタとか風刺ネタが多かったらしいよ
ガチで楽しみたいなら当時の世情を知る必要があると聞いた

340 :日出づる処の名無し:2011/06/22(水) 04:21:56.43 ID:owbFPBrq
>>338
自分も毛利で覚えていたな
あと内容も、息子が一杯の味噌汁で御飯を食べきれずにおかわりをしたのを見て、
そのような読みの甘さでは毛利氏は滅びるだろうと嘆いたというものだった

341 :日出づる処の名無し:2011/06/22(水) 05:44:03.64 ID:mmPBeKKM
>>321
豆腐に醤油かけたり味噌汁に豆腐入れたりお前何がしたいんだよ
とか思われてそうだな

342 :日出づる処の名無し:2011/06/22(水) 07:01:05.11 ID:K9FQSwP9
汁かけご飯の話。各地にあったのね。
関東では北条家がデフォ。

343 :日出づる処の名無し:2011/06/22(水) 11:50:48.46 ID:SSksFaj0
>>340
でも毛利家の話とすると、毛利家は、滅びないばかりか、明治維新で討幕の中心になるんだから、
毛利元就の読み違いになっちゃうよw

344 :日出づる処の名無し:2011/06/23(木) 17:29:44.76 ID:Q/vuk/c4
428 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/01(金) 11:13:33 ID:kR17Gmv/
グラコロ

バンズ…小麦粉
マカロニ…小麦粉
パン粉…小麦粉
ホワイトソース…小麦粉

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中国の古代資料は日本にあり(part102スレ) | メイン | もう何度目かの食い物談義・再び(part102スレ)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/580-52441782
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。