2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
もう何度目かの食い物談義・再び(part102スレ)
- 2013/08/29(Thu) -
8 :日出づる処の名無し:2011/04/03(日) 09:27:03.93 ID:QNOCypn0
そういや日本語は敬語表現が豊富だけど、相手を下に見るタイプの敬語って無いな。
謙譲語も自身や同組織の人間の事を言う時に使うだけで、
第二者の事を言う時に使うのは礼儀作法に反するし。
インドネシアのバリ語にはそういうのがあり、しかもとても厳しいらしく、
間違って年寄りに格下に見る言葉を使ってしまうと尋常じゃないぐらい怒られるとか。

9 :日出づる処の名無し:2011/04/03(日) 15:29:04.35 ID:av3NVuZa
>>8
異民族支配・被支配の歴史がほぼ無いのが原因だと思う。
イギリスとかは階級の違いはその人の話を聞けばすぐ分かるというぐらい
階級が違うと言葉が全然違ってるそうです。

10 :日出づる処の名無し:2011/04/03(日) 18:57:17.79 ID:WB1G9JZ0
英語でもそんなにわかるぐらい違うんだ
敬語表現が全然ない(複数形で呼ぶと丁寧になるとかはあるけど)言語だと思ってたわ

11 :日出づる処の名無し:2011/04/03(日) 18:58:12.16 ID:IVNoCvCA
>>8
>相手を下に見るタイプの敬語

これ、具体的にはどんなのだろう?

170 :日出づる処の名無し:2011/05/24(火) 21:04:55.10 ID:5VEngvAF
>>8
「おんどれ」とか「○○してけつかる」とか
関西弁にはあるね。

171 :日出づる処の名無し:2011/05/24(火) 21:35:52.83 ID:oDH1gQpB
おんどれ=おのれ
けつかる=やがる
だから関西弁に限った事でもない

そもそも普通に日本語にもあるでしょ
お殿様「○○を取って参れ!」とかね

12 :日出づる処の名無し:2011/04/03(日) 19:15:51.17 ID:WB1G9JZ0
礼儀作法的に認められている言葉じゃないけど、
言う→ほざく
とか?
「おのれがほざいた『田中様がお召し上がりになられた』という言葉についてだが」

14 :日出づる処の名無し:2011/04/04(月) 01:04:26.73 ID:prz47aKX
日本でも階級とまでは言わんけど、喋り方でお里が知れるけどな。

15 :日出づる処の名無し:2011/04/06(水) 01:40:26.85 ID:1rqaNLro
育ちの良し悪しは言葉に出るよな。
グレようが落ちぶれようが、家柄のバックボーンみたいなものが滲み出る。
出川哲朗とか。

23 :日出づる処の名無し:2011/04/12(火) 13:20:50.32 ID:gFmRfwYu
>>8
少し違うが、古文には自分に対して尊敬語を使う言い回しがあるだろ。
天皇の発言にのみ見られるが、天皇の発言を記述した人が
尊敬語に書き換えたとも言われているそうな。

158 :日出づる処の名無し:2011/05/20(金) 23:46:08.52 ID:LR6UF1H6
語源が同じ単語同士で構成される遊び言葉も「ダジャレ」として扱われるのだろうか?
「この音楽はターラがヤターラ変わる」とか「用賀のヨーガ教室」みたいな。

159 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 11:32:06.19 ID:7LeVOzNx
今のラノベとか漫画って「!」とか「?」とか「・・・」とか「(笑」みたいな表現を多用するけど、
それが無かった時代もあるんだよな。
「はい!?」と「はい!」と「はい?」と「はい・・・」と「はい(笑」
みたいな雰囲気の使い分けってどうやって表現してたんだろう?

160 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 12:15:19.65 ID:uhQfYXqB
クエスチョンとか昔から使ってただろ
笑は確か太陽に笑顔がついているような記号があった気がする

161 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 12:49:07.48 ID:85vO71UG
地の文で処理してたような飢餓
その分リーダビリティは落ちたんだろうけど

162 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 13:01:34.22 ID:7LeVOzNx
>>160
江戸時代以前の話だ

163 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 18:54:42.56 ID:s64Wq6TG
?や!は補足的な役割じゃないか?今って。
昔はちゃんと言葉で説明していたか、それ用の言い回ししてたような。
なんでも効率化するのも情緒が薄れるけど、便利は便利だよな。

164 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 22:02:33.80 ID:5V2aryq4
ジャポニズムじゃないけど?や!やハートマークや☆って
たいていどこでも通じるけどどう広まったんだろう

165 :日出づる処の名無し:2011/05/21(土) 23:23:41.26 ID:s64Wq6TG
「~じゃないか」というと疑問型と肯定型の両方の意味にとれるけど
「~じゃないですかね」とか、台詞の後に(と、ぶっきらぼうに聞いた。)みたいに
昔は記述語では昔は説明文を付けてた。
口語ではイントネーションで話の脈絡が解るから必要ないけどね。
多分日本の文壇で使われだしたのは、戦後からじゃないだろうか。しったか

166 :日出づる処の名無し:2011/05/22(日) 10:59:36.88 ID:KKQ3WVpQ
「こんとんじょのいこ」は肯定の意味だってすぐ分かるね

167 :日出づる処の名無し:2011/05/22(日) 14:47:17.06 ID:OMmaaFeP
えなり君か!

168 :日出づる処の名無し:2011/05/22(日) 16:00:08.39 ID:MVXOnA2C
>>167
ありがとう。
「こんとんじょのいこ」が何語だか分らなかったんで助かったよ。

169 :日出づる処の名無し:2011/05/23(月) 23:14:09.75 ID:AdhjaEMd
日本の有名な神である「イザナギ・イザナミ」だが、
名前が外来語由来って説もあるんだよな。
ヒンドゥーの神・仏教の天部である「イーシャナー」を
漢字で書いた「伊舎那」は「いざな」とも読むんだとか。
実際そうだったらちょっと嫌かも。
さすがに日本神話の神の名前の語源は和語であってほしい。

172 :日出づる処の名無し:2011/05/25(水) 00:10:57.26 ID:J7aCYvLA
>>169
由来に関して遡ったらきりがないから神経質になるな。
たぶんイザナギ・イザナミは和語だと思うが。

173 :日出づる処の名無し:2011/05/25(水) 01:01:08.17 ID:T5mvasqV
>>169
どーもなぁ 日本人はユダヤの子孫とか胡散臭いのいっぱいあるしな
シラクサとかめっちゃ日本っぽい名前だけど関係ないし

************

29 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 09:37:29.51 ID:OBy0n6iT
此処は韓流韓国人の話題が少ない。

31 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 11:17:48.19 ID:q8OiECd9
>>29
いいことじゃないか。
やつらを話題にすると荒れるからな。

32 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 12:27:44.11 ID:gkSDAiW1
ジャポニスムスレなんだから、日本文化とかかわる何かが無い限り、
外国の話題に出てこないのは当たり前。
でも、昨日韓国と日本を比較する番組がやってたな。
日本では食べるラー油がはやってるけど、
あっちではツナフレークのアレンジものがはやってるとか。

33 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 16:31:24.34 ID:ZE/+ICUO
そもそも食べられないラー油ってあるのかよ
中国産の工場廃油原料ラー油なんてのか?

34 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 20:07:56.10 ID:MGgx36qs
「食べる」をどうやったら「食べられる」と間違えられるのか

35 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 23:09:12.75 ID:XdH/H8Cz
自分は「食べるラー油」て完全に作られた、虚偽のブームだと思ってる
まず身の回りから巷をみても、誰も食べた人すらいない
いや正直言うと、俺の知り合いでは1人「聞いたことあるな」ってやつしかいない

36 :日出づる処の名無し:2011/04/14(木) 23:26:13.78 ID:HzcFJCS2
作られたブームだとしても、韓流よりは実態に即してるんじゃないかね。

37 :日出づる処の名無し:2011/04/15(金) 00:29:59.24 ID:sv+PxBWD
「食べるもの」の反対は「食べないもの」じゃなくて「食べられないもの」だからな…

40 :日出づる処の名無し:2011/04/15(金) 10:20:09.02 ID:8Ichgi5v
醤油だって「食べる」ものじゃないだろ
マヨならまだしも

41 :日出づる処の名無し:2011/04/15(金) 19:04:04.41 ID:v/n5YEjC
「食べるラー油」は確かに店頭から消えたが、
韓流DVDはどこのレンタル屋でも(大量にあるけど)ほとんど借りられてないね。

42 :文責・名無しさん:2011/04/15(金) 22:22:02.07 ID:p1qqVHUJ
食べるラー油騒動で思ったんだけど
日本人は食べる物に関して、誰でも興味が深いんだね。
より美味しい物を食べたいという贅沢かも知れないけれど。
それで洋食が広まったんだろうね。
逆に広まらない料理は不味いと言う事なんだと思うのだけれど。

43 :日出づる処の名無し:2011/04/16(土) 00:21:39.83 ID:hADGmVuM
最初から興味が無かったり、作るのが難しかったりするとおいしくても普及はしない。
洋食に関しても、料理自体がきっかけになったのではなく、
西洋文化を色々と真似したから、西洋の食文化も定着したって感じだろう。
仮に日本が東南アジアの文化を真似してたら、そこら辺の料理もある程度定着してたと思う。

46 :日出づる処の名無し:2011/04/16(土) 11:53:50.95 ID:OKbdBoG8
「ソースのおいしさは食べてみればわかります。」
「ソースって食べるのか?」
「そしたら飲むのか?」
「ソースのおいしさはかけてみればわかります。」
「ソースってかけるのか?」
「そしたら走るのか?」

というCMを思い出した。

47 :日出づる処の名無し:2011/04/19(火) 19:17:04.51 ID:nR3rqvjl
ウスターソースとソイソースの中間のものってないのかな

121 :日出づる処の名無し:2011/05/10(火) 01:04:02.49 ID:z4Xu5d72
現代人と昔の人とではスパイスに対する感覚が違うんだろうか?
八ツ橋なんて京都の歴史あるお菓子だというのに、
その風味が苦手で生で風味が薄い方が良いという人が多いし。

122 :日出づる処の名無し:2011/05/10(火) 08:26:15.93 ID:isTLZD8R
>>121
最近、広島でも生もみじ饅頭とかあるみたいだし、
後追いの店は先行してるのとは違うことやって物売らないといけないからじゃない?
あとは顎の噛む力の関係で柔らかくてもっちりした食感の方が好まれるとかそういう理由もあるかも。

123 :日出づる処の名無し:2011/05/10(火) 12:35:13.14 ID:+aSQeCt6
TVでやってたインド人日本旅行。
日本は凄い、何でもタダだ!とサービスエリアの日本茶に
砂糖 コーヒーフレッシュ ドバドバ投入。
秋葉で買い物。電化など眼もくれず
100円ショップでフライパンと造花ゲット。

世界は広い・・・

125 :日出づる処の名無し:2011/05/10(火) 18:36:25.41 ID:bx1wvmWP
>>123
まぁ、途上国の人間なんてどこもそういうものだよな
同じ事をしながら先進国ニダだと吹聴している最底辺の途上国も1国だけあるが

126 :日出づる処の名無し:2011/05/10(火) 23:34:04.52 ID:z4Xu5d72
>>122
商売的にはそうなんだろうけど、生八ツ橋の方が客に人気がある様に感じた。
噛む力って昔の人と現代人で違うのかな?
他にも江戸時代は胡椒を飯やうどんに振りかけて食ったというような話があったり、
実体験としては会席料理の一品を食べたら
タイ料理のグリーンカレーみたいな風味がしたものがあったりと、
今の一般的な味付けとは大きなギャップを感じた。

127 :日出づる処の名無し:2011/05/11(水) 22:12:09.74 ID:zsq8JV73
>>126
昔読んでた学研だかの本に比較があった。
それによると卑弥呼の時代と比べて、現代人は四分の一ないしは
六分の一程度しか噛んで無いらしい。
江戸時代と比べても半分ほどだとか。

理由は食事の堅さ。
今なら白米に焼き魚と味噌汁だろうけど、その頃はヒエなんかも混じった玄米に
カチカチの干物がほとんどで、やたらと噛む必要のある食事内容なんだと。

で、味付けも昔と今では保存の仕方も違っているから
使える甘味や香辛料、生餅や餡も制限があったんじゃないかな?

128 :日出づる処の名無し:2011/05/11(水) 22:50:49.57 ID:usSSX3XJ
顎狭くなったのは昭和世代だよな

ちょっと前の人たちはしっかりした顎を持っている
(まぁエラがはっていた)
意地悪婆さん世代の人たちは入れ歯が合いやすい顎の形してる
歯茎も丈夫だった。歯茎で食べ物噛めてたからな。

129 :日出づる処の名無し:2011/05/12(木) 01:55:03.73 ID:IOb2faak
細顎のほうがかっこいいよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

130 :日出づる処の名無し:2011/05/12(木) 07:57:49.68 ID:VTjHrFJI
八ツ橋は焼きたて以外は食べたくない

131 :日出づる処の名無し:2011/05/12(木) 11:50:00.68 ID:jiCD9M1h
岩手に行ったとき、「生南部せんべい」を土産に買って帰ったら、皆に京都へ行ったの?と言われたw
http://photozou.jp/photo/show/471499/38649083

140 :日出づる処の名無し:2011/05/15(日) 15:02:20.55 ID:9H8+6OAB
現代では米酒を作ってる国(日本、中国、タイ等)でもビールが作られているが、
伝統酒として米酒(どぶろく・清酒・泡盛系)と麥酒(ビール系)の両方が存在している地域って
ないんだろうか。
wikipediaを見ると、基本チベットやネパールなど南アジア以東は米酒で、
古代オリエントやアフリカ、ヨーロッパなど、
中近東以西は葡萄酒以外では麦酒が伝統酒の主流といった感じに思える。

141 :日出づる処の名無し:2011/05/15(日) 17:20:34.14 ID:ymkJ8N4a
>>140
>両方が存在している地域

米も麦も大量生産してる地域ということになるような。
効率考えると、どっちかに絞り込んでるような気がする。

142 :日出づる処の名無し:2011/05/16(月) 21:30:33.50 ID:hZJs/mex
味付けした芋をオカズ・具にして米やパンを食う文化はあるけど、
米をオカズにパンを食べる文化ってないよな

143 :日出づる処の名無し:2011/05/16(月) 21:38:24.42 ID:AHLPs/AC
お握りとパンとか普通に同一の食事で食べちゃうけどな。文化とは言わんだろうが。

144 :日出づる処の名無し:2011/05/16(月) 23:27:57.81 ID:sPtERBvW
念のため言っておくが
炭水化物をおかずに炭水化物を食すのは
本来は名古屋文化だにゃ

148 :日出づる処の名無し:2011/05/17(火) 16:22:36.31 ID:OB/Hi4gZ
>>140
検索してみたら日本・中国・ネパールでは米も麦も酒作りに用いていたようだ。
もちろん限定的だったりするんだろうけど。

意外にヨーロッパに米で作った酒がありそうな気がする。

149 :日出づる処の名無し:2011/05/17(火) 22:56:32.06 ID:z+veIW2e
>>144
お好み焼きやたこ焼きをおかずに御飯を食べる朝鮮族の国が関西にあるらしい

150 :日出づる処の名無し:2011/05/18(水) 12:48:40.07 ID:3AVYJ4p2
そう言い方、やめようぜ。

151 :日出づる処の名無し:2011/05/18(水) 17:27:05.75 ID:NjZbBa15
ニュー速のノリのままここにきちゃった子なんだろう

153 :日出づる処の名無し:2011/05/18(水) 19:48:53.74 ID:UOvPhjmZ
うちとこの田舎では、酒粕に漬けた貝柱や鯨の軟骨を粕ごと食べる。
これって米をおかずに米を食ってる訳だ。

154 :日出づる処の名無し:2011/05/18(水) 21:05:58.52 ID:u6nyvirb
ドリンク:甘酒
デザート:団子

完璧だな

156 :日出づる処の名無し:2011/05/18(水) 23:16:26.37 ID:F/kwx6XV
今でこそチャーミーチャーハンみたいな店はあるけど、
あれは特殊な例で基本的に米をおかずに米を食うなんてことは無いだろ。

157 :日出づる処の名無し:2011/05/19(木) 09:34:01.21 ID:SxIClBhU
キリタンポは…

195 :日出づる処の名無し:2011/05/29(日) 10:18:11.15 ID:nAify/xt
日本って料理の区分に対して結構厳しいけど、外国だとそんな事はないのかな?
日本だとカレーライスや麻婆豆腐とかは齎されて100年は経っているに関わらず、
和食扱いされることはないし、
高級料理なんかだと西洋風の食いもんなんてデザートぐらいでしか出てこないだろうが、
いかにも古風って感じのネパール料理店でランチとると
あっちの伝統食に混じって明らかに味が浮いたサラダやケバブが一緒に乗ってたりする。

196 :日出づる処の名無し:2011/05/29(日) 10:57:19.51 ID:f13v4FYP
天ぷらは和食扱いだし、100年程度ではダメって事かも

197 :日出づる処の名無し:2011/05/29(日) 13:46:20.54 ID:yi503YeS
カステラって和菓子になるのかなあ。

198 :日出づる処の名無し:2011/05/29(日) 16:13:34.93 ID:WcAi4IiT
カステラ職人のことをパティシエとは呼ばないな。

199 :日出づる処の名無し:2011/05/29(日) 22:17:45.16 ID:/8Srrkgy
むしろ和菓子職人でしょ。
カステラは和菓子だって聞いたし。

200 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 01:13:04.31 ID:LWFl14U0
豆腐も既に和食だけど、トウバンジャンが入ると中華だよな。
それに比べて焼肉なんかは日本起源なのに、コチュジャンにつけたらチョン起源。

201 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 02:19:09.82 ID:vPkmEVKM
西洋料理が日本で魔改造されてYOUSHOKUと呼ばれるものになると
元の国自身が進んで日本起源だと主張するのとは大違いだな

202 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 12:56:08.35 ID:bYpHbDIL
木場の定食屋に「実用洋食」の看板

203 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 15:45:41.49 ID:IecWcGYa
ちょい前の和風総本家でなんか話に挙がってたな
良い名前ないかな?

204 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 19:53:30.75 ID:dtTJCdz0
カステラは南蛮菓子のジャンルだと思う。

205 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 21:30:57.89 ID:S4Nn11+r
南蛮っていうと近世ぐらいは西洋あたりを意味するけど、
元々は東南アジアを指す言葉だったんだよな
東南アジアから伝わった料理ってなれ寿司ぐらいしか聞いた事ないけど
他にもあるのかな?

206 :日出づる処の名無し:2011/05/30(月) 23:14:13.64 ID:4X9p17KJ
料理じゃないけど、焼酎が東南アジアから伝わったらしいという話を聞きますた。

207 :日出づる処の名無し:2011/05/31(火) 10:15:48.14 ID:ZGuf44OX
>>206
ということは東南アジアに蒸留酒があったはず。
って、あったっけか。

208 :日出づる処の名無し:2011/05/31(火) 10:57:38.63 ID:GZc2Vg1E
ナポリの人も、ナポリタンは日本食に認定

209 :日出づる処の名無し:2011/05/31(火) 11:28:12.75 ID:9qzQea5j
>>206,207
Wikiみるとどうにもアラビア起源らしい。
アラビア→シャム→琉球→日本
定説ではないけど有力な説だそうで。

210 :日出づる処の名無し:2011/05/31(火) 14:17:18.17 ID:3ZqPMElA
アラビアで蒸留という製法が誕生、椰子の実を使ったものが主流。
インド等を経てインドシナに伝わり、インディカ米を使った蒸留水が作られるようになる
琉球王国に伝来し、様々な改良が加えられ泡盛となる
日本に到達し、米もジャポニカ米を使うなど多数の変化が加えられ焼酎となる

212 :日出づる処の名無し:2011/05/31(火) 20:54:17.05 ID:Gk1/4B6R
>>210
蒸留水てw

213 :日出づる処の名無し:2011/05/31(火) 23:31:23.72 ID:SIX8rkK+
>>210
錬金術ですね。

214 :日出づる処の名無し:2011/06/02(木) 11:57:22.34 ID:U8cXkqab
天津丼は天津に存在しない。天津出身者は
何故これが天津丼なのか?と云う。
カツカレーを台湾では
新宿カレーと呼ぶ。

215 :日出づる処の名無し:2011/06/02(木) 12:19:28.76 ID:xap3JQk8
天津甘栗もお忘れなく。

216 :日出づる処の名無し:2011/06/02(木) 12:59:31.21 ID:dCXbh21r
中国にはラーメンという麺料理は無い

223 :日出づる処の名無し:2011/06/04(土) 11:10:24.20 ID:R2nrdILQ
なんとなくだが、日本の伝統的な飲料(茶、甘酒、生姜湯等)って、
外国と比べて「ジュース」って感じのものが極端に少ない気がする。
↓色んな国の伝統的な飲料をパッケージ化した商品だけど、古めかしい感じはせず、
カルピスやネクターみたいな現代的な飲料と似た味のものばかりだった。
http://www.beverage.co.jp/kitchen/product/index.html

224 :日出づる処の名無し:2011/06/04(土) 21:20:49.62 ID:u6Hfs272
>>223
じゃあこのシリーズで甘酒がジュースっぽくアレンジされて発売されたら
君は考え方を改めるのかね?
そもそも世界対日本で日本には少ないって理屈が全くわからん。

話は変わるが、以前甘酒が海外で売り出された話が出たと思う。
日本の元々の飲み方と同じように、冷やして飲む甘酒。
まあ最近秋葉原の総武線ホームでよく飲むようになったから思いだしただけだけど。

225 :日出づる処の名無し:2011/06/04(土) 21:38:15.51 ID:R2nrdILQ
>>224
いやいや、このシリーズは別にジュースっぽく味をアレンジしているわけでもないし、
俺は別に外国をひとまとめにして
「日本VS世界。どっちがジュースっぽい伝統飲料が多いか?」なんて考え方はしてないぞ。
色んな国のを見て「あの国にもあの国にもあの国あの国にも・・・
外国にはジュース的な伝統的飲料があるけど
日本にはこういう感じの伝統的な飲料はないな。なんでだろう?」と思っただけ。

226 :日出づる処の名無し:2011/06/04(土) 22:28:40.31 ID:u6Hfs272
>>225
ごめん、アレンジじゃなくてキリンの創作だったね。
フルーニュもキリンの造語だっけ?

233 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 17:51:58.82 ID:nEYEkoEi
>>225
考えてみれば不思議だ。
蜜柑も葡萄も、生食ばかりだ。
ジュースにする時のロスがもったいない?

234 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 18:30:16.73 ID:09TwvvXN
普通に水が飲める(飲めた)からじゃね?井戸でも川でも。
わざわざ果汁飲料作る必要が無かったとか。

235 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 19:25:39.77 ID:7S8ewPA3
日本が少ないんじゃなくて欧米とその移住者が多い国で作られていただけじゃないの?
中東やアフリカは知らんが、中国とか朝鮮とかだと果物使ったドリンクでも茶みたいな感じだし、
味が濃いものは黒酢りんごなんちゃらとか豆乳なんちゃらとかだしな
南アジアだと砂糖やスパイスやバター入れたとかの奇抜な茶とかだし。

236 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 21:05:58.88 ID:SpQfgLNg
>>234
それだ!

237 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 21:35:35.80 ID:S6Ne3XZ0
水が簡単に飲めるって理由なら、現代の日本でジュース業界が発展しまくってるのもおかしくね?

238 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 21:39:02.09 ID:Cpfpx4ax
ワインなんかが水代わりだったみたいな話は聞いたことがある
本当だとしても富裕層だけだろうけど

239 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 21:53:48.55 ID:SpQfgLNg
>>237
とてつもなく豊かで便利な今の日本の現代と過去を同列に比べるのはどうかと思う。

240 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 22:27:59.38 ID:S6Ne3XZ0
うーん、でも安全な水の手に入れやすさは自動販売機や
水道が普通にある現代の方が圧倒的に上かと。
ジュースが単独で普及したのではなく、洋食やファーストフードなんかが定着して、
それに合わせてジュースも普及したんじゃないかと俺は想う。

241 :日出づる処の名無し:2011/06/07(火) 22:47:21.08 ID:SpQfgLNg
このシリーズでもっと詳しく述べていたところがあったという記憶があるんだが見つからんかった。

やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活・2章 

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/08/06(水) 00:13:27.70 ID:55aDVygb0
この時代はガキも酒飲んでいいのかな

>>213
当時、特にロンドンで水汚染はきわめて深刻でした。そのため、
ビールが飲料水代わりとしてある程度の重要性を持っていたという事情があります

1832年にこれらが流行したときも、ビール工場の職人だけは
罹患を免れたという笑えない話が残っています

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<米食と口内調味(part102スレ) | メイン | ジャポニスムスレの3.11(part101スレ)>>
コメント
-  -
未だに食べるラー油食ってる私って・・・
2013/09/01 01:22  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/579-fd83cd99
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。