2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小ネタいろいろ(part101スレ)
- 2013/08/23(Fri) -
260 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 12:49:47 ID:fJxzKJLf
■世界の大国(列強)の興亡の歴史■

1815~ トップ5
大英帝国 フランス オーストリア帝国 プロイセン王国(ドイツ) ロシア帝国

1880~ トップ5
大英帝国 フランス オーストリア-ハンガリー帝国 ドイツ帝国 ロシア帝国

1900~ トップ7
大英帝国 大日本帝国 フランス オーストリア-ハンガリー帝国 ドイツ帝国 イタリア ロシア帝国 米国
----------------------------------------------------------------WW1(1914~1918)
1919~ トップ5
大英帝国 大日本帝国 フランス イタリア 米国
----------------------------------------------------------------WW2開戦
1939~ トップ7
大英帝国 大日本帝国 フランス ドイツ帝国 イタリア ソビエト連邦 米国
----------------------------------------------------------------WW2終戦
1946~ トップ5
英国 フランス ソビエト連邦 米国 中国(中国は戦勝国扱いになったことによる一時的なもの)

1960~ トップ6 日本とドイツが早くも先進国になった 1970年代にはG5サミット発足(日英米独仏)
英国 日本 フランス ドイツ ソビエト連邦 米国

1980頃~ トップ6 日本が「超先進国」と呼ばれ始め、
「モンゴルの再来」と欧米の警戒心が高まった
英国 日本 フランス ドイツ ソビエト連邦 米国

2000頃~現在 トップ7 日本の経済植民地となった中国が台頭
英国 日本 フランス ドイツ ロシア 米国 中国

★イタリアやカナダのような国は、先進国でも、国際的には、大国(列強)とは呼ばれていない
★米国とソ連は以前は「超大国」と呼ばれていた。また「超先進国」と呼ばれているのは
日本だけである

261 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 12:50:39 ID:fJxzKJLf
■世界の今後 大国の興亡■
★日本 
マスコミ報道とは逆に、産業力経済力は増々強くなっており、
2位のドイツですら追いつけなくなっている。まさにひとり勝ちの状態なのだが、
政府紙幣を刷って、基軸通貨になろうとする気がない為、世界中の富を吸い上げてしまった大金持ちなのに
政府債務が多いというおかしな事態になっている。政府紙幣を刷り借金を返済し
減税や景気対策などを行えば、簡単に一気に超大国になれる世界唯一の国である

★ドイツ 
産業力は日本に次ぐが、日本との差は年々開いている。EU諸国に足を引っ張られているのが難
日本と同様に、正攻法の立ち技には滅法強いが、政治力がなく、
工作などによる寝技に弱いのも課題

★イギリス
 産業は完全に空洞化 本格的な復権は望めない。ドイツ同様、日本の後追い政策が多く、
最近も日本にそっくりな緊縮財政政策を発表した為、未来は暗い。
政治力外交力があるのが唯一の望みか

★フランス
欧州の中華思想の国 英米と違い産業は空洞化しておらず、そこそこ強いが、
日本にはとても及ばない。
その為、日本との技術開発協力事業が増えており、次世代コンコルドも日本と開発している。
政治力は欧州一

★アメリカ
ここもイギリス同様、産業は完全に空洞化。ITソフト関連の強みで補っているが、
衰退は阻止できていない。ドル基軸通貨体制に固執している為、
世界全体の経済がおかしくなっている。軍事力も圧倒的とは言えなくなった

★ロシア 
中国と同じパクリ大国として欧米では有名。一時アメリカに勝ったこともある宇宙開発も
移民が開発したもので、ロシア人の功績とは言えない。産業レベルも中国を笑えない。
民度も低い。国民が親日的なのが救いか

★中国 
民度の低さは相変わらず。経済は規模的には発展したが、質的には昔と何も変わっていない。
所詮、日本からお金と技術と部品と機械をもらって組み立てただけの、
日本の経済植民地でしかない。しかし工作力政治力は世界一であり、どの国もかなわない。
恥知らずな分だけ強いのは朝鮮人やヤンキーと同じである。
だがそれだけの国であり、他に希望はない。
文化や社会構造の根本に問題があるので、マトモな国になるのは絶望的と言える

262 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 12:51:51 ID:fJxzKJLf
2010年の現時点で、次の超大国になる資格のある国は、日本だけである。
ところがその日本が一向にリーダーとなろうとしない為、
資質に欠けるアメリカや中国などが、勘違いを起こし、超大国になろうとして、
世界中がおかしくなっている。
実力がないのに実力があると勘違いしてるのが中国、アメリカ、ロシアなら
実力があるのに実力がないと勘違いしているのが日本であると言える。
方向性は正反対だが、反日マスコミによって事実が捏造され隠蔽されて、情報統制がなされ、
国民が本当のことを知らないと言う点では、同じ構造に陥っている。

日本に難があるとすれば、
このように反日工作員にマスコミや政官財の権力機関が支配されていることだ。
だが今後数百年後のことを考えても、他に日本を凌ぐ国が現れる可能性がほとんどない以上
結局、日本が次の超大国になるまで、世界の混沌は納まらないだろう。
日本人がこの事実を一日も早く自覚する事が必要だ

263 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 13:15:31 ID:/nlWYlIO
将来の日本なんてミャンマーと同じ運命だろ。
健忘長官見てみろよ。

264 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 13:25:30 ID:dxmONOU6
将来の日本なんてミャンマーと同じ運命だろ。<丶`Д´>凸

265 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 13:30:23 ID:/nlWYlIO
俺だってんなの望んでねーよ
民主党爆発しろ

266 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 13:55:33 ID:elYIQ3Xx
中国のGDPは今年日本を抜き10年後はアメリカを抜き、
20年後は日米の合計をも上回ると言われている
そうなったらもう世界には中国に逆らえる国はどこにも無い

267 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:03:43 ID:gKz7Rmdq
それって毎年100万円ずつ貯金すれば10年で一千万円になる。
ってレベルの話だと思うが。

268 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:05:31 ID:fJxzKJLf
>>266
ふーん
じゃ聞くが、戦後の中国は、何か、他の国が作れなかったものを作り出したことがあるのかね?

現在ですら、日本の技術指導者が一日でもいなくなると
あっという間に不良品の山だ。
つまり、日本から、部品、機械、お金、技術を与えてもらって、
やっとこさ、市場で通用する最低レベルの商品が作れているだけで、
自分ひとりでは、製造管理すらマトモにできない状態。

改革開放から、だいぶ月日が立ち、お金も貯め込んだのに、未だにこの有様。
もちろん、その間に、独自開発したものなど、ひとつもない。
いつも他国から盗むかぶんどるか恵んでもらうか、どれか
つまり、タダの寄生虫に過ぎない。

中国は安い労働力を供給してるだけだから、完全に日本の経済植民地
日本からの支援がなくなれば、あっという間に崩壊する。

こんな国が、世界一の経済大国はおろか、世界一の先進国になれるはずがない。

269 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:16:59 ID:EXnEXV62
日本を日本たらしめたのは、中国、朝鮮に囲まれていたからと気がついた。
こんな奴らにだけは成りたくないと、千年も思い続けてると、日本人気質の出来上がりw

270 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:19:05 ID:fJxzKJLf
一方、日本は
敗戦後の焼け野原から、わずか 年で、ゴジラ映画を作り、特撮技術でハリウッドを超え。
20年もしないうちに世界初の弾丸列車新幹線を走らせ
世界第二の経済大国になった。
もちろん日本は、どこの国からも助けなど受けなくとも
戦前どころか江戸時代から、文化的にもモノづくりでも非常にレベルが高かった。

中国は戦後20後にどうなってたのか?
ベトナムは戦後20年後にどうなってたのか?
考えれば一目瞭然。

比較にもならない。

中国は何年経っても、日本の最底辺のレベルにも追いつけないでいる。

其の国の発展を決めるのは、民度や文化なので、技術だけ盗んでもダメということ。
今の中国の民度が恐ろしく低いのは、証明の必要すらないだろう。
文化だって戦後の中国にそんなものは存在しない。
「文化大革命」と称して、文化を破壊しまくってたのが中国なんだから。

つまり中国に発展する要素なんてひとつもないんだよ。

271 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:20:55 ID:cC7ZHbJu
そうかな。
囲まれてるのは海でしょ。

272 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:30:02 ID:84lGM2dw
IT関係に力を注いでいるインドなんかは順調に行くんじゃないかな?
物価が上がって、人件費の安さというメリットがなくなっても、
時差による提携のしやすさや高度な技術力があるからね。
日本人の技術指導者がいなくても上手くやっていけるし。

273 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 14:59:49 ID:EXnEXV62
>>271
そういう意味じゃなくて・・・
一番近い相手と交易すると、中国、朝鮮になるという意味。

274 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 15:13:45 ID:rIg/GNwG
中国から鉄腕アトムやゴレンジャーとか
世界を熱狂させる大衆文化が出て来たら中国の台頭が本物だと認めてやってもいいよ
カンフー映画じゃダメ

275 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 15:27:29 ID:hCvGwsYQ
>>268
要するに日本と中国は一心同体ってことだろ
中国も日本の技術が無ければ困るし
日本も中国の生産現場がなければ困る
だから今回日中間で問題が起きると財界が日本政府を叩きだすわけだ

276 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 16:27:14 ID:PeFZR0cP
国力を決める最終的な要素ってなんなのかねぇ・・・
昔は教育だと思ってたけど最近は国民の性格のような気もしてきた

277 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 16:55:56 ID:XWlRha7/
>>275
必要性の重みが違うよー
日本からすれば数ある生産現場のひとつで一時の損害を覚悟すれば切り捨てても立て直せる。

でも、中国からすれば日本の資本と技術は是非とも欲しい逸品で代替はききにくい。
切り捨てたとすると一時的には得をするけど、後が続かない。
時間が経てば経つほど生産性は下がっていく。

さて、字面では同じ”困る”だけど、どっちのほうが依存性が高いかなぁ?

278 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 17:25:45 ID:cE7p9HkB
実際ベトナム等の東南アジア諸国に生産拠点を移し始めてるし、
反中国のリーダーシップもとりやすいのだが民主ではな…

281 :日出づる処の名無し:2010/11/11(木) 20:29:44 ID:yXpq682L
世界的に脱中国ブームが始まろうとしている時に
「10年後の中国は・・・」なんて言ってる人って

おごれるものも久しからず
という言葉を贈ろう

*************

372 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 00:41:17 ID:m9hj7x0D
ギャルゲーの絵柄ってタイと中韓は日本に似てて、アメリカのは全く違ったりするけど、
あれは人種の違いによる骨格等の違いが原因なんだろうか?
インド人やチベット人が作るギャルゲーとか見てみたい。

374 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 06:16:32 ID:ZvDwKJUV
>>372
AAでも鼻の有無はよく言われているね
(^_^) と :-) の違いなどで

375 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 08:25:30 ID:a8ngz7LT
単にアジアは日本漫画の影響下なだけのような

376 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 09:13:04 ID:m9hj7x0D
なら、アメリカのギャルゲー文化が日本の影響下に入ってないのはなぜ?

377 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 10:20:59 ID:OHGiF331
アメリカのギャルゲー文化はPLAYBOYやPENTHOUSE直系だから

378 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 12:00:03 ID:GbNx7dNh
北米版ときメモの画像を見たが、人間がデフォルメされてはいるが、
妙に各人種の特徴、骨格なんかが強調されてる気がする。

変に写実的というか、半端なデフォルメというか。
アニメ絵でもやっぱり、各国それぞれの美術技法の歴史みたいなものを組み込んでるんだろか?

379 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 17:19:26 ID:o3Z3suH4
ああそうか、シナ・チョンって独自の美意識ないもんな

380 :日出づる処の名無し:2010/11/24(水) 17:57:01 ID:a8ngz7LT
なにが「なら」なのかわからん…

381 :日出づる処の名無し:2010/11/25(木) 01:30:33 ID:HJnNwJeI
昔のシナーさんはまた独自の美意識と芸術を持っていたぞ?
まあ大体文化大革命のせい

382 :日出づる処の名無し:2010/11/25(木) 03:25:24 ID:6n/4TfBl
北米版と聞いてもエキプロしか出てこなくなった

383 :日出づる処の名無し:2010/11/25(木) 09:27:11 ID:8zcvlt7/
昔の支那やらタイの画風で作って、萌えられるのか疑問だ…
春画はあったようだが・・・

389 :日出づる処の名無し:2010/11/27(土) 07:33:01 ID:lM5IJrZd
>>378
アメちゃん的には女性のチャームポイントは「頬骨」「唇」「鼻」なんだと。
ジャパニメーションの洗礼を受けてないアメの人に、デフォルメした
女の子を描かせると研ナオコになるのはそのせいだそうだ。

392 :日出づる処の名無し:2010/11/27(土) 21:35:47 ID:7jVbfMaE
>389
欧米の小説を読んでいると、美人の表現に
「高い頬骨」というのがよく出てくるんだが
どういうのかイメージが湧かないのよね
頬骨が出っぱってるのがGOODなのか?
頬骨がより高い位置(目に近い位置)にあるのがGOODなのか?
そもそも頬骨って、どの部分?

日本式マンガ表現だと、顔の輪郭を書いたときに、
目から下の輪郭で1番外に張り出す部分かな?

393 :日出づる処の名無し:2010/11/27(土) 21:42:57 ID:HHSlHg1p
日本人の美人の基準が丸顔たれ目なあたり
欧米の基準は逆になるのかな。

394 :日出づる処の名無し:2010/11/27(土) 22:02:22 ID:qQbWVVf0
中東人やインド・ネパール人なんかは(南部を除いて)コーカソイドらしいけど、
美意識的には欧米人と同じなのかな?

397 :日出づる処の名無し:2010/11/28(日) 05:12:52 ID:ftxnLOmo
>>392
わかりやすいな
日本人だと「頬」骨なんだけど
西欧人だと頬の上というか目の斜め下が張ってる感じ
アジア人の頬骨が出てるのとは全然違う

398 :日出づる処の名無し:2010/11/28(日) 18:34:01 ID:y06fJp11
頬骨=ダグラム

443 :日出づる処の名無し:2010/12/04(土) 18:55:52 ID:tyfuvm17
>>389
アメちゃん的には女性のチャームポイントは「頬骨」「唇」「鼻」なんだと。

141 :名無シネマさん :02/01/26 20:45
アメリカ人が日本の感覚を無視して作った映画を振り返て見れば共通点が出てくる。

「トコリの橋」 の 淡路恵子
「007は二度死ぬ」の 若林映子
「アナタハン」  の 根岸明美
「黒船」     の 安藤永子

共通しているのは ・頬骨が出ている
           ・唇が厚くめくれ気味
           ・鼻がツンと上を向き気味
           ・口が日本人の基準では大きめ
日本人や支那人の美人の基準とずれていることを押さえていなきゃ駄目。
キャサリン・ヘプバーン、モード・アダムス、ラクエル・ウェルチ、
ブリジット・バルドー、ファラ・ファーセット・メジャース
これら日本でさほどファンが付かなかったスターは上の条件備えている。
バーグマン、オードリー、ミレーヌ・ドモンジョ
など日本でファンを掴んだ人たちは上の条件が薄く目立たぬ美貌の持ち主だよ。
海外ーアメリカで売り出そうとするなら、日本人から見て美人に該当しないが
上の条件を持っている人材を抜擢するのがよいのではなかろうか。
つまりーーー研ナオコ。

欧米と日本では美人の基準が違う、という事実が常識になってほしいな。

444 :日出づる処の名無し:2010/12/04(土) 19:29:30 ID:gvUiPI8x
おいら、ドロンジョ様がいいなw

445 :日出づる処の名無し:2010/12/04(土) 20:00:58 ID:qp7ZGp1j
>>443
アメコミに出てくる美女がこれだね。
他に、釣りあがった目もポイントの一つだと思う。

446 :日出づる処の名無し:2010/12/04(土) 21:52:46 ID:2DfTFSxz
若林映子は日本人が見ても美人だろ
ファン多いぞ
あと、その時代の007はイギリス映画な

447 :日出づる処の名無し:2010/12/04(土) 22:19:41 ID:2jGn+UoI
007なのに、なぜ浜ミエを避ける?

*************

479 :日出づる処の名無し:2010/12/07(火) 22:14:29 ID:bUO5ViZa
【日米】日本のコイに魅了されたアメリカ人 「品種改良で大きさや色が米国と異なる」[12/7]

480 :日出づる処の名無し:2010/12/08(水) 01:09:38 ID:8kVSW/Yy
コイで思いだしたが昼だか夕方あたりに見たテレビ番組で、
中国原産のコイがアメリカの外来種問題になってるそうだ。
別に動物に国は関係ないが。

482 :日出づる処の名無し:2010/12/08(水) 09:05:46 ID:8t67rSQE
>>480
結構前にミシシッピの辺で問題になってたけど,
水が合うのかメートル級に育つんだって

483 :日出づる処の名無し:2010/12/08(水) 11:58:30 ID:lakAkE5h
CSでもやってたな。アメリカのどこだか知らんが、
ボートを出すと驚いた鯉が鮭かトビウオのようにぽんぽん飛ぶんだ。
だから網持って捕まえる。

日本の川だと深さがないから大きくなりすぎないのかな?
主とか呼ばれる伝説の巨大魚って大体、
何とか淵とか、滝つぼとか、深そうなところにいるとされるし。

484 :日出づる処の名無し:2010/12/08(水) 15:47:26 ID:P/7AQsoo
>>483
金魚が顕著なんだけど鮒とか鯉とかの仲間って住んでるところの広さで大きさが決まる部分がある。
金魚とかデカい水槽でプクプクおもいっきし利かせると普通の鮒サイズまで簡単にでかくなる。
和金とか50cm行くんじゃなかったっけかな?

485 :日出づる処の名無し:2010/12/08(水) 15:57:02 ID:lakAkE5h
>>484
すると・・・ダムに金魚を投擲すればそのうち巨大金魚が・・・・!(やりません

なんか面白いね。
ためになったありがとう。

486 :日出づる処の名無し:2010/12/08(水) 20:06:23 ID:zSGha/0p
>>485
海で育った金魚は……海面上昇の原因になるわけだな!

487 :日出づる処の名無し:2010/12/09(木) 02:04:17 ID:olZLUT9B
海じゃそだたねぇw

493 :日出づる処の名無し:2010/12/09(木) 21:23:44 ID:ESyOs9HN
>>487
つ 「まさかな」(小林めぐみ)

495 :日出づる処の名無し:2010/12/10(金) 00:18:07 ID:a83DwajG
>>493
そんなネタがあったんでつか?
あんたすごいな。

510 :日出づる処の名無し:2010/12/12(日) 19:05:56 ID:qqhPbqtE
錦鯉の分野でも、日本は気前よく技術を進呈
そして技術移転を受けた国は今や強力なライバルに成長…

http://www.youtube.com/watch?v=ptbgSp7ll50

511 :日出づる処の名無し:2010/12/12(日) 19:14:05 ID:rX0jqP0A
鯉ならまだ笑い話だけど
軍事転用できる技術も大量に無償提供してるのがやばい
もうスパイ防止法嫌だって逝ってる場合じゃねえぞ

512 :日出づる処の名無し:2010/12/12(日) 20:21:12 ID:i+Aws6gA
>>510
あんな水の少なそうなところでやるんかいw
まいむべっさんそん

513 :日出づる処の名無し:2010/12/12(日) 21:06:46 ID:RhohYhOZ
錦鯉のことはKoiって言うらしい。(普通の黒い鯉はCarpね)
ちなみに米国などでは外来生物として規制対象だったかと。

514 :日出づる処の名無し:2010/12/12(日) 22:45:50 ID:ZOq1lVal
ミシシッピ川で中国産のがメートル越えしてるとかニュースになってたもんねえ

515 :日出づる処の名無し:2010/12/12(日) 23:03:47 ID:OH2rzuO0
>>510
コイヘルペスで九州の珍走族を思い出しフイタw

*************

538 :日出づる処の名無し:2010/12/19(日) 08:22:48 ID:1r5PqfFJ
何かと叩かれやすい、誤訳御免から引用:

「フィンランドで開催されるアニメイベントでは、ほぼ毎回のように少なくとも
 一度は「フィンランドって欧州の日本だよね」という言葉を耳にするよ。
 最近、フィンランドでは日本語が使われてるコマーシャル(フィランド語の字幕
 を付けたりしてる)がますます多くなった。
 フィンランドの製品や会社のCMなのにだよ。」

これ、マジですかい。
いっぺんそのCMを見てみたいねww

東南アジア~台湾で、お菓子の袋とかにとにかく日本語(カタカナ、ひらがな)を
印刷して訴求力を高める、という現象と似たようなものなのかな。
そんなんで製品の訴求力が高まること自体、「日本」がブランド化していることを
表していると言えるかな。

539 :日出づる処の名無し:2010/12/19(日) 09:12:21 ID:wEs4Ni2g
そういうのは「欧州の日本」って言えるのか?
機能や特徴がそれぞれの地域の中で似ている場合に使う言葉だと思うんだが。
蘇州や堺は「東洋のベニス」とか言われるけど水路が発達してたからで
ヴェネツィア語が使われていたとかいうわけでもないし。

540 :日出づる処の名無し:2010/12/19(日) 10:47:36 ID:1r5PqfFJ
>>539
さあてね?
真意は「フィンランドで開催されるアニメイベント」とやらの参加者に
直接聞かないとわかんないでしょうけど。

・どちらも先進国が集まる欧州からははずれた辺境に位置する
・どちらもロシアの圧力に常に晒されている、面積の小さい国。
 領土もいくつか取られたままになっている。(フィンランドはカレリアの大部分、
 日本は北方四島)
・どちらも資源がほとんどない(だからソ連は継続戦争を最終的にあきらめた)
・ただし森林資源は豊富。従って水も豊富。
・どちらも教育に力を入れていて、各種学力調査で常に上位に位置する
・どちらも言葉が膠着語系、単語に似ているものが多い(ただし意味は異なる)
・父親由来の性染色体(Y染色体)に、世界的には希少なN型タイプが含まれている
 (んーでもこれはちょっと眉唾)
・どちらも国民性はあまり攻撃的・ネアカではない。どっちかというとシャイ?

などが目につくからじゃないでしょうか。
実際は違いの方が多いでしょうけど。

541 :日出づる処の名無し:2010/12/19(日) 16:46:25 ID:lIrDoWvF
・どちらも隣の大国に魂を売って周辺国からは嫌われている

542 :日出づる処の名無し:2010/12/19(日) 18:26:31 ID:d87N/UxN
・どちらもネガティブ思考

544 :日出づる処の名無し:2010/12/19(日) 20:22:56 ID:cRXl7aAa
雪中の奇跡こと、ソ・フィン戦争では日本の兵器も使われたらしいし。

545 :日出づる処の名無し:2010/12/20(月) 22:18:26 ID:xOjGTJSJ
・どちらも風呂

546 :日出づる処の名無し:2010/12/21(火) 08:45:38 ID:N2AUqNJh
日本では木造建築と石造建築では構造も見た目も大きく異なるが、
外国ではそこまでの差はないらしいな。
材料は石だが構造は木造建築そっくりってものもあるようだぞ。

547 :日出づる処の名無し:2010/12/21(火) 09:43:04 ID:FPc0dT4z
ヨーロッパなんかは石造と木造でまるで違う気がするが・・・
ルーマニアのマラムレシュの木造建築なんて
意匠的にアジア寄りにさえ見えるぞ。

548 :日出づる処の名無し:2010/12/21(火) 10:07:15 ID:4KLd2JoF
> 材料は石だが構造は木造建築そっくりってものもあるようだぞ。

2X4建築にそっくりっていう意味かな。
壁で支えるという意味では、同じになるけど・・・

549 :日出づる処の名無し:2010/12/21(火) 11:22:40 ID:GrkW6JjR
>>546
ジェンガかよ

550 :日出づる処の名無し:2010/12/21(火) 11:54:01 ID:N2AUqNJh
>>547
西洋には詳しくないが、ギリシャ建築はいくらか木造的な要素を持ってる。

>>548
そういうのもあるが、俺が参考にしたのは「木造建築的様式の石造建築」の方。
アーチ構造にした方が丈夫なのに、あえて梁を柱を支えるようにしたり、
木造建築でしか意味がなさないパーツを装飾目的で石造建築につけることがある。
インド建築なんかは石造建築の歴史が長く、石造的な造形の部分も少なくないが、
木造建築の要素も比較的多く残ってるようだ。

610 :日出づる処の名無し:2010/12/29(水) 22:50:35 ID:Csd5Yf8F
日本と西洋の建築を比較するとき、「西洋は石の建築・壁の建築」とか言う奴ってなんなんだ?
木の建築は普通にあるし、柱と梁で持たせる建物だってある。
入母屋屋根を日本らしいといったりする人もいるが、んなのヨーロッパでも普通にあるし。

611 :日出づる処の名無し:2010/12/29(水) 23:40:55 ID:IYll2g3O
特に都市部民家での違いじゃね?

612 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 09:05:06 ID:5JzV5muD
>>610
西欧の伝統的な家屋は暖炉のあたりが石造り?
日本だと石が使われるのは土台?

613 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 10:10:17 ID:x5zyLhcG
>>612
内部の写真は見てないけど、
煙突があったから多分そうだと思う。それ自体が無い地域もあるけど。
入母屋造りの造形
http://toolstable.com/wp-content/uploads/2010/07/Dutch-Gable-Roof.jpg

西洋の入母屋づくりの建物
http://journey-life.net/wp-content/uploads/2010/05/SHIN875000.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2064/2390153600_93cfdc31d8_z.jpg
http://www.asajikan.jp/wmphoto/reporter54/wp-content/uploads/2009/09/img_8261.JPG

614 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 14:06:23 ID:aU8CWuoA
>>612
土台というか基礎だな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%8F%B0

615 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 17:30:14 ID:kjXeRw2e
>>613
うわあ・・・
日本人の数少ない自慢だったもくぞうけんちく(笑)も
すでにヨーロッパで使い古された様式だったのねw
なんかかわいそうになってきた

616 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 17:37:43 ID:FVzm8HRJ
おや?二階以上建築できなかったのはどこだっけ?(儒教的な意味で)

617 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 18:15:34 ID:amGFPqhE
今頃何言ってんだ。
童話の三匹の子豚で、二番目の子豚が建てる家は木造だろうw

わら→木造→レンガ造りと発展していくが
どれも地震に対する備えではなく、狼の息=大風に強い造りなんだよな
いろんな童話で風に吹き飛ばされるって表現は見かけるが
大地が揺れるってトラブル(災害)はあんまりない気がする

618 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 18:31:13 ID:AB+Ww8dv
>>615
こんなすごい馬鹿がいるとはw

619 :日出づる処の名無し:2010/12/30(木) 19:02:31 ID:x5zyLhcG
こんな資料を見つけた。
入母屋造りは西洋人も東洋風だと認識するらしい。
で、東洋人にも西洋人にも入母屋造りを西洋風だと認識する人は少ない。
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s9902/yane008.htm

620 :日出づる処の名無し:2010/12/31(金) 08:56:26 ID:z9NQMXwI
>>613
これどの辺の国の写真?きれいだねえ
日本の古民家との違いは暖炉と開口部の面積くらいかな

624 :日出づる処の名無し:2010/12/31(金) 15:17:00 ID:iJzyPutE
事典で表記されているような大雑把な定義で入母屋を一括りにするな。
屋根材や軒の深さ、むくりとかてりとか色などなど全然違うだろうに

632 :日出づる処の名無し:2011/01/02(日) 20:00:51 ID:OM3coFMY
>>610
同じ木造でも構造形式が違う
西欧の場合は「引っ張り」、日本の場合は「曲げ」で屋根を支えてる

*************

562 :日出づる処の名無し:2010/12/22(水) 22:56:27 ID:R+oNaFqh
http://lohas.nicoseiga.jp/priv/827354?e=1293027906&h=25a259378c72b9931f2c89acdc300b5902cd8a73
この仮名ってなんで使われなかったんだろう

563 :日出づる処の名無し:2010/12/22(水) 23:38:49 ID:kkHk18jv
>>562
書記労力が高い割に利得が薄いから。

ついでに言えば、文字の利点は時間を超えた情報伝達なので、
歴史的蓄積がもっとも比重の高い利得になる。
この手の新文字は数多あれども、
「ぼくのかんがえたすーぱー文字」以上のものにならないのはそのため。

564 :日出づる処の名無し:2010/12/23(木) 00:04:32 ID:kqPYdZS9
確かに「mo」とか画数が馬鹿に多い
簡素な字の草書体ベースなら結構行けたかもね

565 :日出づる処の名無し:2010/12/23(木) 07:23:05 ID:8BkI+gXd
>>564
それなんてハングル

566 :日出づる処の名無し:2010/12/23(木) 09:34:29 ID:kqPYdZS9
なんで天皇家って中国の皇帝やら英国の王室やら、
自身より格も歴史の長さも圧倒的に無い王朝の文化を真似してきたんだろう?

567 :日出づる処の名無し:2010/12/23(木) 09:42:04 ID:Oz76BzNa
>566
格とか関係なくある意味無節操に取り込んできているからここまで続いている気もする
日本の象徴としては実にらしいし

あ、あと今はともかく、昔は王朝が変わっても一応中国の王朝の方が格が上という
意識はあったと思うよ

568 :日出づる処の名無し:2010/12/23(木) 09:48:50 ID:Qrl6zpdm
インドの王朝文化は真似なかったな

570 :日出づる処の名無し:2010/12/23(木) 17:40:40 ID:jpycT9AU
>>562
WW2の後かなり削減したんじゃなかったっけ?

574 :日出づる処の名無し:2010/12/24(金) 07:05:11 ID:x4pKKVsw
>>562
「ゐ」「ゑ」が「い」「え」に置き換わってるのが不思議。ガセじゃないかな。

576 :日出づる処の名無し:2010/12/24(金) 08:08:21 ID:E7fcPhOp
>>574
「ゐ」「ゑ」は元々わ行だから。

587 :日出づる処の名無し:2010/12/25(土) 12:44:18 ID:Jz6DMOzS
朝鮮人もアホではあるが、
国によって意味が異なるってのは表音文字としていかがなものか
「手紙大切」とか中国語で書くとすげえ意味になるらしいな

588 :日出づる処の名無し:2010/12/25(土) 19:50:56 ID:a1p9qG/X
トイペを切る?

589 :日出づる処の名無し:2010/12/25(土) 21:31:12 ID:iLoGzvxE
いや、>>587は「表音文字」って言ってるからなぁ。

590 :日出づる処の名無し:2010/12/26(日) 02:59:11 ID:cakOtE0q
表意文字と言いたかったのだろう。「油断大敵」なども意味が違うな。
ある単語は漢語でなく和語だという知識は大切だろう。
しかしまた日本が漢字を使いこなして和製漢語なる分野を作り上げたのは
素晴らしいことだと思うよ。

そこまで吸収できたからこそ漢字を使い続けていられるのだろうし。
中国と地理的に近い朝鮮・ベトナムは結局捨てちゃったからな。

719 :日出づる処の名無し:2011/01/16(日) 21:36:01 ID:cuYw+lBS
渡部昇一著「日本史から見た日本人・古代編」を読んでいる。
初版は昭和48年に書かれたが、今読み返しても全く内容が古くない。
ぜひ読みたまへ。

日本の歴史や文学などが、世界各国と比べて、いかに特異なものかが力説されている。
文学のことは、たとえばこんなことが述べられている。

・漢文学を輸入して、知識人は漢詩を作るようにまでなったが、
 同じ人が同時に和歌も作っている。
 ヨーロッパでは、ラテン語詩を作る人が、同時に英語詩やドイツ語詩の名手であることはまずない。

・日本では、日本文学史は記紀万葉(少なくとも8世紀より前)から講義されるのが普通。
 他国の自国文学史はもっとずっと遅い。イギリスの「英文学史」は、凡そ14世紀から始まる。

・朝鮮人はハングルを作ったが、ハングルによる文学はほとんど残さなかった。
 知識人は漢詩を作り、その中には素晴らしいものもあるが。
 渡部氏の知人の韓国人は、愛国心に燃え、朝鮮文学を専攻しようとしたが、
 漢文・漢詩以外に読むべき物がないことに気づいて愕然としたという。

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ジャポニスムスレの3.11(part101スレ) | メイン | 米食とその周辺(part101スレ)>>
コメント
-  -
誤訳御免ってどうなったのかな。
2013/08/25 00:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/577-63cd4754
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。