2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
納豆談義(part100スレ)
- 2013/08/08(Thu) -
422 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 10:22:48 ID:wVdvAeib
昨日のNHKでやってたけど、
江戸時代の文学作品って人気絵師が描いた挿絵が多く含まれているんだよな。
ただの文章から情景や登場人物の複雑な心情等を想像し、
読む人によって想像する情景等に違いが生じるのが小説の良さだってのに、
精密な絵を数多く入れてしまったんじゃ、誰が読んでも同じような情景しか浮かばないし、
想像力も全然養われない。
はっきりいって、今どきの中高生が読んでいるラノベってのと大して変わらない。
庶民もそういった低俗な作品ばかりを好むようになり、そのせいで純文学はまったく誕生しなかった。
明治になってようやくその風習が見直され、
挿絵無しの大衆文学や純文学が誕生する事になることになるけど、
江戸時代の庶民の感性がもうちょっと成熟していたら、
江戸時代にも素晴らしい純文学が生み出されていたんじゃないかと思う。

423 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 10:25:12 ID:eqI5t0rF
>>422
あの時代に本読んでるって言う評価はねーのかよwww

424 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 10:35:05 ID:wVdvAeib
>>423
あの時代であの識字率の高さは確かに凄いけど、
作品がどうのこうのって話とは違うから。
むしろ、教養が大して無い人でも本を読めるのが可能になったせいで、
作品もそういう人たちに合わせたものしかできなかったって考え方もできる。

425 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 10:49:03 ID:W8SVs+2s
>>424
俺は文学は詳しくないんだが、
欧米で純文学が確立したのはいつ?
ドストエフスキーだって明治維新前後だと思ったが。
時代的に無理なんじゃないかと思う。

426 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 10:51:43 ID:xoY8Mt5M
平和な時には優れた文学など生まれません

427 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 11:06:00 ID:wVdvAeib
>>425
欧米には純文学とかそういう括りはないよ。

>>426
現代は結構生まれてるじゃん

428 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 11:29:51 ID:W8SVs+2s
>>427
だったら小説読むとバカになる、
とまで言われたのが明治時代なんだから江戸時代にはなおさら無理だろ。
時代的に無理だって。
現代と比較するのも無理だし。

429 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 11:38:15 ID:fFicWAcu
黄表紙は表向き絵入りで女子供にも読みやすい本だが
その絵をよく見ると主人公は実在の役者の似顔絵になっていて
話の内容も実際のゴシップと二重写しになっているという仕掛けがあったりするぞ
八犬伝の子とろの絵の謎とか解かれたのも結構最近だろ
ラノベの絵と一緒くたにして作者の思惑に気づくつもりがないのはどうかと思うが
あと大正時代とか挿絵全盛期なんですけどそこらへんはどう思ってるの?

431 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 12:08:00 ID:4x4ZvLPQ
そもそも純文学の定義は?
まさか、挿絵の多寡で決めてるんじゃないよな?
芸術的と言うなら、雨月物語なんぞはその範疇だと思うが。

432 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 15:06:23 ID:xplMqFVT
困った時の識字率(笑)
いくら識字率が高くても世界的な発明ゼロ(笑)
世界史上では空気(笑)

433 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 17:30:52 ID:A5Lzibjc
>>432
いまだ江戸時代が暗黒だと信じてる昭和の方ですか?

434 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 18:44:20 ID:AI1/Ox8V
在日は朝鮮語使えないから本国に帰っても識字率の向上に貢献できないんだな。
本当に役に立たない棄民だよ。

435 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 20:32:45 ID:Vz7lCJKa
>>422
和紙に木製の原版で版画を印刷するのと、洋紙に金属活字で大量印刷する
という技術的な違いも影響してるから、比較して部数はなくとも存在してさえいれば
純文学がない、という評価はする必要はないだろう。

437 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 23:59:18 ID:b0xGyTiS
むしろ、くだらないお話あつかいされたから、
これは芸術なんだ、高尚なんだって方向に、
向かうとかもあったんと違うの。

438 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 01:17:21 ID:2DvQLY1f
てか「小説」って、天下国家を語る「大説」みたいな高尚なものではない。
って認識されていたものじゃなかったっけ。

439 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 12:59:35 ID:G3+S6gxW
それより、江戸時代にラノベがあった事の方を評価すべきだろう。

440 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 13:02:07 ID:VcJEXPbe
これを貼れと言われた気がする。

アマテラスは引きこもり、紫式部は腐女子、清少納言はブログ女、紀貫之はネカマ、
かぐや姫はツンデレ、聖武天皇は収集ヲタで正倉院はヲタ部屋、
後白河法皇は最新流行の追っかけ、秀吉はコスプレじじぃ、
狂言は第一次お笑いブーム、鎌倉末期は新興宗教ブーム、戦国の茶道は萌え喫茶ブーム
江戸期に入るとエロパロ二次創作がこれでもかってぐらい溢れかえっている。

事の良し悪しは置いといて、日本人は伝統的に変態遺伝子を受け継いでいるのは事実だ。
外国人から指摘されたとしても悪びれる必要はない。堂々と千年変態だと答えればいい。

441 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 13:26:52 ID:lQ+trObh
>>439
んな低俗なもんが江戸時代からあったって何の評価もできんだろ。

442 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 13:30:28 ID:lQ+trObh
>>440
喫茶≒萌え喫茶とこじつけられるのなら、
インドや中国も十分変態国家になりそうな気がするw
エロ本が売れまくってた時代があるし。

443 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 13:47:35 ID:vWw2V1io
小説
「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」

ケータイ小説
「ドカーン!びっくりして俺は振り返った。」

ラノベ
「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである」

444 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 13:58:13 ID:VcJEXPbe
>>442
茶道は、ただ、お茶を飲むだけと違うだろw

いかに、侘・寂に萌えてるかを、言外に現すのが茶道だ。

446 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 21:37:55 ID:3dY6/WDe
>440
そのコピペいつ見てもこじつけ臭いんだよなあ

それよりも平安時代にすでにSM・獣姦・スカトロ・トランスジェンダー
オナニー・レイプ・双子姉妹と3P・服装倒錯・ツンデレ・ヤンデレ
怪力の美少女キャラ(しかも妹)、人造人間の美女とSEXなどを題材にした話が
書かれてるのがすごい

447 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 23:06:25 ID:cbRLljME
>>441
食うに困る社会だとその「低俗なもの」も出てこないし流通もしねえんだわ。
無駄なものがあるかどうかは、社会の安定度を示す傍証なんだな。

まあジイサン方だと『カムイ伝』読んで「江戸時代は暗黒」とか言うヤツがいまだにいるから困る

448 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 23:14:39 ID:8aUCjG9c
江戸時代の日本は地方によって全然違うよ。
日本の全てが江戸みたいだったわけじゃない。
佐賀純一や宮本常一が田舎を回って聞き書きした本を読むといいよ。

449 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 23:16:22 ID:cbRLljME
平成日本はどこ行っても一緒かねえ?
まあユニクロや吉牛はどこ行ってもあるがね。

450 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 23:17:54 ID:Siqr/53B
親子丼!親子丼はなかったのかよ!

451 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 08:06:09 ID:0F12lUOR
>>447
江戸時代は暗黒だろJK

452 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 08:12:37 ID:M1YsfNc2
いまの中国なみにかな。

453 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 11:49:54 ID:DRuu6hDo
>>451
現代に比べればなw

454 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 13:09:18 ID:/jntzXb0
江戸時代って一言にいっても二百年以上あるし、
日本は意外と広いから地域差もあるだろうし。

456 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 13:27:38 ID:WJu7LxoY
江戸時代はえ~ど。

457 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 17:15:40 ID:McBO4CX7
現代の科学や道徳の基準で昔の記録読んで
勝手に気分悪くなってりゃ世話ないわな。

458 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 17:26:35 ID:VNzyKd+6
昔の基準で考えても気分悪くなりそうな国が隣にあるよな

459 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 18:35:01 ID:N1AiMnt4
邪悪な異教徒を殲滅浄化することは正義であり義務である

460 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 19:51:12 ID:7kGAjFoQ
>450
そういえば親子丼もあった
和泉式部が捨てた子が成長し、立派な僧侶になるんだけど
母と知らず契ってしまうというやつ

461 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 19:54:25 ID:CpkXg4sR
節子、それ親子丼やない!

462 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 21:14:45 ID:0F12lUOR
>>460
ギリシャ神話の方がはやいな、エディプスシンドローム。

464 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 23:20:05 ID:VNzyKd+6
てか、昔は変態なのが普通だったんじゃないの?
近代になって性的なものを嫌うようになっただけで。

465 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 10:06:07 ID:zWWg/Gyp
>>459
16世紀のキリスト教徒かよ。
九州でそんなことしてるから禁教しなきゃならなかったんだよ

466 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 10:39:51 ID:ecmoN7kI
そう言えば、韓国人って異教徒だったな。
どっちかと言うと人類に敵対する凶悪異星人と言った方が近いだろうけど。

…すいません、異教徒と凶悪異星人の皆さんに謝ります。

467 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 11:45:47 ID:/l4oWy2R
>>465
男色禁止も大きな理由だったとかw

468 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 14:22:01 ID:UKi4GjoY
同性愛って、1990年にWHOの国際障害疾病分類から削除されたんだって。
つまりそれまでは病気扱いだったんね。意外と最近だなあ。
日本では明治の初期に、
同性愛や自慰を病気扱いしてる医学書が入ってきた、って聞いたことがある。
それ以前は別にそれほど変なことでもなかったらしい、と。

470 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 17:18:40 ID:KFKXEW2c
精神疾患ってのはその社会において迷惑・邪魔・不快な物を差別して分類してるだけだから、
社会が変われば基準も代わる。

473 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 19:44:16 ID:ilUY6qfZ
>462
釣りだろうけどシンドロームじゃないよ
エディプスコンプレッサー

475 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 22:34:00 ID:ftJNQfXK
>>473
ん?

476 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 23:05:54 ID:nxj/Iet3
>>473
突っ込まないからな

477 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 07:12:43 ID:/janY29b
>>473
マジレスすると「エディプスコンプレックス」な
母親を手に入れようと思い、また父親に対して強い対抗心を抱いて、
アンビバレントな心理を抱く状況を言う。
ピンクフロイドが提唱したらしい。

484 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 15:37:25 ID:+/ahcHQI
>>477
マジレスすると「ジークムント・フロイト」な
ちなみにピンクフロイドはプログラマブルロックバンドだ

************

408 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 01:48:03 ID:S0bPPbOm
「仏産納豆 じわり浸透」2010年7月3日付け中日新聞9面

水戸で学び夫婦が生産

フランス南部ドラギニャン市のローラン・ビラットさん(六二)とシャンタルさん(六二)さん夫妻は、
欧州で珍しい納豆の製造販売を手掛けて十年余。週に十キロあまりの少数生産だが、
在仏邦人に加え、フランス人も健康食品として注目している。
「僕自身が冷凍ものじゃない新鮮な納豆を食べたかったんだ」と語るローランさん。
オレンジ色の瓦屋根に石積みの壁、庭に紫のラベンダー。
南仏の典型的な一軒家の離れが夫妻の作業場だ。

日本の文化や食事が大好きな二人は一九七〇年代半ば、
ともにフランス語講師として三年間過ごした東京で出会い結ばれた。
帰国後は語学学校を経営しているが、
自分たちの食卓も豊かになる副業として着目したのが、納豆づくり。
「フランス人にとって、納豆の糸をひく姿は驚きだけれど、香りと味は問題ない。
 強いにおいのチーズに慣れているから」とローランさん。
九七年にわざわざ水戸の業者を見学して製法を学んだ。

商品名は、街の名にちなみ「ドラゴン納豆」。
価格は百五十グラムあたり三・八ユーロ(約四百二十六円)。
インターネットで注文を受けた分だけ製造し、週に一度まとめて発送している。
発酵の管理に試行錯誤を重ね、最近、風味が向上した。
パリの日本語新聞に広告を出したところ、売上が倍増した。
顧客は日本人とフランス人が半々という。

パリ中心部の食堂「ファスト丼」でも三年前の開店以来、サーモンの刺し身と組み合わせた
「納豆丼」(一一・五ユーロ)が売れ筋だ。
日本食材店の老舗「京子食品」では、日本から輸入した納豆パックが
週末だけでも二百~三百個売れ、一年ほど前からフランス人客も増えているという。

409 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 02:28:37 ID:UemGTaeY
韓国にも納豆的な豆製品あるんだな

410 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 11:10:37 ID:2wEhA6nP
豆知識な

411 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 11:17:27 ID:29YHLhny
大豆を2年トンスルに漬け込んだトンスル豆のことか

412 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 11:32:29 ID:JF75FKsE
豆腐や納豆に似た食品は東南アジアやチベットにもある。
豆腐の方は日本のと大差ないが、納豆の方は地域によって硬さや醗酵度合いがだいぶ違うな。

413 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 14:27:18 ID:RZ/LH9Vk
>>408
水戸学を学びに見えたw

415 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 20:35:17 ID:405QniWt
フランスの表面を水やブランデーで洗浄したチーズは
ネバネバや臭いなど納豆そのもの
ただし中身はクリーミーでまともなチーズ
ネチャネチャした表面は切り離して食べないらしいが

418 :日出づる処の名無し:2010/07/09(金) 23:27:16 ID:mv/vIrW8
>>415
ウォッシュチーズに比べれば納豆の臭いなんてただのアンモニア臭でしかない。
アレは腋臭。

420 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:17:42 ID:oe7yPy6O
>>418
白カビチーズはタクアンになるよな。

469 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 17:04:16 ID:QhdPVeIa
インドに豆腐と納豆みたいな食品があるとしって驚愕したわ。
納豆と豆腐をカレーにぶちこんで食うとか考えたらテンションあがってきた!!!!!!!!!

471 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 17:40:20 ID:m5IJT6PW
>>469
納豆カレーはただのポークビーンズみたいに
なるだけで納豆の意味はほとんど無いよ。
誰が始めたのか、普通に大豆を入れて作れと言いたい。
初めて食べたときの期待はずれ感ときたら・・・。

472 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 19:12:57 ID:uwC34JQx
カレーに豆腐は麻婆豆腐みたいな感じなんだろうか

474 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 20:35:28 ID:mBTG22jZ
>>471
某カレーチェーン店の納豆カレーを食った弟に聞いたら、
糸引いてた。わりとうまかった。
って感想だったけど、入れるタイミングとかもあるのかな。
あそこはカレーに具材をトッピング形式だから
鍋にぶち込まないで皿に盛りつけた後に乗せればいいのかも。

478 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 12:11:56 ID:hUjeWOnf
>>474
なるほど、入れるタイミングか。それは気が付かなかった・・って。
違う違う、要するにカレーに納豆を入れると匂いも味もカレーに
打ち消されて殆どただの大豆と変わらない。
もちろん栄養が消えるわけじゃないから納豆が健康に良いから
食べたい、でも匂いが駄目。ってな人以外は意味が無いって事。

カレーに納豆なんてスゲー「ゲテモノ」だぜ、ぐふふ。ってな感じで
期待して食べるとあれ?普通?なんだよ・・・ってなる。

479 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 12:43:02 ID:kO981va3
カレーと大豆発酵食品って定着している地域がそこそこかぶっているからな。
一緒に食っても合うようになってるんじゃないの?

482 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 13:26:01 ID:hUjeWOnf
ゲテモノじゃあ無く、旨みをプラスする
感じなのか。
普通に美味しいのが正解だったとは・・・。

483 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 14:07:38 ID:DLQ+04EF
今の時期では食事前以外でも、まめに過熱しておかないと腐っちゃうよな

485 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 19:50:30 ID:ldOp6eW8
逆に考えるんだ。カレーに納豆を入れるんじゃなくて
納豆ご飯にカレーをかけるんだ。

486 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 22:18:13 ID:qUsg2j2p
1 ココイチに行く
2 ぱりぱりチキン+チキン煮込み+野菜+ソーセージ 400g 辛さ普通
3 食う
4 最強に美味い完成
5 1430円払って帰宅する

キタ━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━ッ!!!!!

487 :日出づる処の名無し:2010/07/16(金) 22:36:58 ID:02VtVsXj
ココイチは
チーズ納豆オクラ豆腐の3辛なの

チーズも納豆もチャンと匂いは残ってるよ・・・

494 :日出づる処の名無し:2010/07/17(土) 18:44:58 ID:bT8sLAGo
>>485
逆に考えたけどやっぱりゲテモノじゃないか。w
想像すると気持ち悪いのに食べると美味いという不思議。

499 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 02:16:28 ID:1LbSiSrB
発酵食品にグロいだの臭いだのって文句言う国って
自国の食の貧しさに気付いてないだけじゃね・・・

500 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 02:49:09 ID:uQsWE20v
実際グロかったり、臭い発酵食品なんていくらでもあるだろ
食が貧しいとか豊かだとかは関係ない

501 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 05:46:31 ID:f6lGHGyT
日本人だって納豆は臭くて食えないって奴居るんだから食が貧しいって言われても文句言えないね

502 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 09:22:15 ID:zMqaG84V
バニラやナタデココが醗酵食品とか信じられん。
香りが良すぎる、

503 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 09:53:27 ID:W/oewbUf
普通にパンも発酵食品です

504 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 11:09:35 ID:tvxEF4qN
酒もな。

505 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 15:18:43 ID:Q3Bd48WJ
かつぶしは世界一かたい発酵食品だそうな

506 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 15:59:52 ID:p1Rn6Qol
>>502
そんな事いったらコーヒーやカカオだって・・・

507 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 17:35:23 ID:4vbW3asQ
そもそもお前ら発酵してるだろ

508 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 17:39:34 ID:A33C8I4Y
薄幸してます

509 :日出づる処の名無し:2010/07/19(月) 18:55:43 ID:X28DTuC5
俺日本人だけど納豆食えない。
ウンコ食ってるとしか思えない。
けど外人にウンコ非難されると腹が立つ
かといって納豆大好きな外人見ると頭おかしんちゃう思う
人間て不思議ね

516 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 15:45:45 ID:pYchXPI6
>509
×けど外人にウンコ非難されると腹が立つ
○けど外人に納豆非難されると腹が立つ

510 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 12:50:03 ID:z5Pe/im2
なんで中東じゃ納豆普及しなかったの?
あの辺豆を使った食品多いのに。
豆腐と違って、水が汚い所でもおいしいの作れるんだぜ?

511 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 12:59:43 ID:e6lvIUsm
偶然の産物+腐ってそうな見かけ+あの臭い+ねばねば・・・
普及した日本の方がおかしいと思う。

512 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 13:31:27 ID:nBjv/NhD
ねばねばしている食べ物は大嫌い
納豆は大好き
なぜあんなに美味しいのよ

513 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 13:38:48 ID:z5Pe/im2
醗酵度合いや添加するものは日本のと異なるけど、
チベットとか東南アジアでもそこそこ普及しているよ。
気温的にも中東は暑くて納豆づくりに適していると思うんだがなー。

514 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 15:45:20 ID:VSZTlTsa
納豆も生ものみたいなものだから、あの暑さでは痛むのが早いからでは?
そして何より、あんな暑い場所で納豆食いたくないw
日本のような環境だからこそ楽しめる味ってあると思う。

515 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 15:45:21 ID:nbjkTyLE
俺らが知らないだけで存在はするかもね
ただ、ひろくはぶんぷし

517 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 15:48:14 ID:nbjkTyLE
途中で送っちまったorz
広範囲に広がっては無いと思う。
納豆って保存食じゃ無いからワラの大量に確保出来る土地じゃ無いと存在できないだろ。

518 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 19:12:02 ID:4qffM7oq
納豆菌がはたらくのにある程度の湿度は必要なんじゃね?

519 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 19:17:33 ID:G5raIyTI
納豆になる前に、大豆のミイラになったりして。

520 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 19:27:07 ID:EUmoCkas
>>514
確かにくそ暑い中で納豆は嫌だ・・。
あと、個人的にねぎが無い土地で納豆は無いな。

521 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 19:48:14 ID:e6lvIUsm
>>520
醤油ダレもな。

522 :日出づる処の名無し:2010/07/20(火) 20:08:38 ID:z5Pe/im2
そういや豆腐と違って納豆は海外のレシピが定着してないな。
麻婆豆腐やパッタイ(具として使用)と違い、
納豆パスタも納豆カレーも全部日本の発明だ。

523 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 00:07:34 ID:hqI5rGBY
納豆って、基本的にご飯と醤油がセットでないと食べられないものだと思うんだけど。
ご飯を食べる習慣のない国に持って行っても、単品で納豆だけを食べてもおいしくないと思う。

524 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 00:11:53 ID:rgpfYE+c
柑橘類の汁をかけてもイケるぞ
もちろんご飯は必須

525 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 00:21:32 ID:oscln60N
醤油ダレ、大事だよね。むしろ日本以外で普及している
とこは、どうやって食べるんだろうか。
レシピといえは、パンの国で納豆が普及していたら、
当然パンにバター塗ってサンドして・・・・。

526 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 01:17:53 ID:rgpfYE+c
東南アジアのは味噌との中間的なものらしいから、
自身の味だけで十分おいしく頂けるんじゃね?

527 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 05:25:25 ID:IE/RrH6R
中東や東南アジアの大豆の醗酵食品つーたらばテンペだね。
ブロック状に固まってて焼いたり揚げたりっての。

528 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 10:32:08 ID:9sWfCGsX
納豆も元は韓国由来だし日本の伝統食材だなんて認めたくない

529 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 11:12:56 ID:E2of5DIO
釣にもならない。
0点。

530 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 17:10:31 ID:oscln60N
納豆の話見てたら腹減ってきた。
納豆買ってあったかな。納豆納豆、ねぎねぎー・・と。

531 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 19:10:33 ID:mzOaYcj9
俺はミソよりもフォトントーピドー派だったな

532 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 20:32:10 ID:ynu2En3H
戦国時代に、戦の最中、兵糧として持ってきた豆がいたんでしまい、
しかし他に食うものが何もなくなったので、最早これまで、
餓えて死ぬよりはと無理矢理食ってみたらうまかった。のが納豆なんだぞ

533 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 21:33:22 ID:qsY4tOUQ
いや、卑弥呼の時代から食べられてるから。

釣りなのか

534 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 22:14:19 ID:oscln60N
532みたいな話は時々聞くよね。嘘なの?

535 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 22:39:06 ID:pSh20dEc
起源はよく分かってないらしい

536 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 22:49:25 ID:o0RcfVPC
痛んでしまい、って
納豆菌は藁に入ってるから、包装に藁を使えば必然的に納豆になるし、
使わなければならないんじゃないの?

537 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 23:28:40 ID:rgpfYE+c
まぁ、昔の話なんて嘘話が広まっても当然って感じだわ。
豆腐の起源も色んな説があるし、中国の武将の話とか脚色されまくってるし。

538 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 11:02:15 ID:6OsCAJ5h
韓国のナムトゥギが起源なのはあまり知られてないんだな。

539 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 11:20:34 ID:AFfz3Fst
>>536
発酵と腐敗の違いは、人間の役に立つかどうかの違い。
納豆を初めて見れば、腐ってると思うのが普通。

最初に食った奴は、何を考えてたんだかw

さすが、河豚を食べる国の人間だけあって、食意地が張ってる。

540 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 13:36:58 ID:OZqBwWJI
まあ、それを言い出したらキノコなんか最たるものだよね。
毒キノコとそうじゃないのとプロでも見分けがつかなかったりするらしいし。

普通に考えたら家畜に食べさせたり、
捨てておいたのを野生の動物が食べてピンシャンしてるのを見て
毒が無いと判断するのが普通だと思うけど。

541 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 13:53:59 ID:sHlEwMKe
カビや蛆虫チーズって例もあるのになあ

542 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 15:51:05 ID:Ork6xC4i
>>540
それ真似て死んだ人も大量にいるんだろうな・・・
動物は食えても人だと食えないものとかたくさんあるし。

543 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 19:38:52 ID:dR6OvR/o
>>510
それを研究している学者さんの説だと、
納豆菌が発酵する条件として、気温と湿度が関係しているから。
それが可能な地域は、日本の関東以南からフィリピン、さらに東南アジアあたりの
三角地帯に限られる。
だからこの地域以外では、そもそも納豆菌の発酵食品は普及しない。
この三角地帯を、納豆トライアングルと呼んでいたりするらしいw
ちなみに朝鮮半島は、三角地帯から外れているw

>>534
納豆が比較的普及していない西日本の中で唯一、飛びぬけて納豆消費が多いのが熊本県。
その理由が、加藤清正が、朝鮮征伐で遠征した時に、馬にくくりつけていた保存食の大豆が、
発酵して納豆になり、それを熊本に持ち帰って普及させたという逸話があるからだな。
本来なら納豆菌が発酵するはずのない半島だが、
馬の体温は平常でも人間よりも高く、さらに行軍により運動していたわけで、
ちょうど偶然にも納豆菌が発酵する高温多湿の条件が整ってしまったらしい。
数多く存在する納豆起源説の一つだが、熊本県人にとっては納豆は清正公起源がデフォらしいw

他にも、坂上田村麻呂が、夷征伐の為に東北に行軍していたら、
保存食が・・・という良く似たバージョンが存在するけど。

もともと日本の気候は、納豆菌が発酵する条件を持っているのだから、
あとは大豆と藁が有ればOK。
まあ食品の成り立ちから考えるに、
それぞれ時代を超えて、日本のあちこちで納豆は「発見」されているんだろうな。

間違いないのは、そもそも大陸も半島も納豆菌の発酵に適していないので、
納豆が中国起源とか、朝鮮起源というのはあきらかな嘘。

544 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 20:44:46 ID:YyRugzni
識者とオタクの違いは、人間の役に立つかどうかの違い。

545 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 21:07:38 ID:EYiKUOSp
識者って大概役に立たない。
文脈から想像すると、どうやら役に立つほうみたいだけど。

546 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 21:26:00 ID:yF6kBZfo
日本のテレビでてる自称識者は大嘘吐きなので害にしかならない
パチンコのCMが消えてなくなる日まで識者は当てにならない

548 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 21:45:31 ID:Ork6xC4i
>>543
ん?ネパールやインド山岳地帯で作られる納豆は東南アジアのよりも
日本のに似ているらしいぞ。あそこら辺はかなり寒い。
"ヒマラヤ"の"ヒマ"は雪って意味だし。

549 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 22:08:18 ID:dR6OvR/o
>>548
あ、規模を間違えて覚えてたw
一角はネパールまであるな。そうすると中国大陸も範囲内になる。
うろ覚えで書くとこんなもんだw
2chソースは話半分で聞いておけと言う見本と言う事でwww

550 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 22:13:29 ID:Ork6xC4i
そこまで違う気候の国々でも作れるなら、
中東でも作れそうな感じ。

557 :日出づる処の名無し:2010/07/24(土) 12:20:17 ID:mAmdUgUb
タイのものを薬味にしてもイケそうだ>納豆

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<同化される恐怖(part100スレ) | メイン | 東南アジア人が国外移住をあまりしない理由(part100スレ)>>
コメント
-  -
カレー納豆の風味を感知できない味覚障害が大暴れしててワロタ
混ぜてから豆避けてもちゃんと納豆風味カレーになるっつーのに
2013/08/09 08:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
飛ばしても脈絡的に何ら問題ない>>531を敢えて拾う辺りに、すぱろこさんの趣味と人柄が垣間見えていとをかし...
2013/08/09 07:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/572-a9801ba8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。