2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本酒とビール(part97スレ)
- 2013/06/27(Thu) -
333 :日出づる処の名無し:2009/08/27(木) 11:20:14 ID:+ptOeNru
予備費でインフルワクチン輸入するよね。

どんどん円高になってきました。

医療の神様って、スクナヒコノミコト様。永遠の少年神。子供の神様。
日本は神様が沢山いる国ですね。

342 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 00:42:34 ID:ue8kMu1a
>>333
> 医療の神様って、スクナヒコノミコト様。永遠の少年神。子供の神様。
> 日本は神様が沢山いる国ですね。

小彦名命に加え、大巳貴命と大国主命、
さらには、中国の神農とギリシャのヒポクラテスがいっしょに祭神になられている『神社』があったり(w

薬祖神祠
http://kaiyu.omiki.com/yakuso/yakuso.html
(※リンク先消滅)

343 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 00:58:28 ID:IlV44yyc
日本の神様ってフレンドリーだよな。
どの宗教の神様とも仲良くやっている。
節操がないと言われればそれまでかもしれんがw
イスラムやヒンズーとかも日本で豚や牛くってようが
「日本なら仕方ない」って思ってそうww

344 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 01:35:42 ID:4IoI0CsK
>>342
異国の神様をどうやって導きいれたのやら。
ちょっとやり過ぎじゃね?

345 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 02:05:05 ID:5KRt1p9b
アマテラス様の引きこもり対策で。天の岩戸の前で宴会して騒いで。
よそから素晴らしい神様がキター(^^)/▽☆▽\(^^)
ってやってるからよその神様が来ても、まともな神様だと排斥しない歴の方が、長くね。
乱暴者のスサノウ様は、アマテラス様の弟でもアレだし。

346 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 06:45:41 ID:Eak9AhZe
ヒンドゥーで牛食が禁止されているのは「牛は神様の乗り物であり、
 牛を殺してしまうと神様の乗り物がなくなる」ってのと、
「牛肉よりも牛乳の方が大事だから殺すわけにはいかない」ってのが理由らしい。
日本では「神様の乗り物として使われてないし、牛肉も大事だし、
 乳製品も売れ残るほど売られているからOK」って理屈。

347 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 06:56:49 ID:rsOwYGh5
じゃあ、日本では御輿を食うの禁止ね

348 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 12:50:19 ID:hRqmSOQk
近くのお稲荷さんのキツネがむかし麦の根っこですっころんだので
この近所では麦を作らないそうだ。あと麦の根っこも食わない。

349 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 13:09:08 ID:MDM6F5sk
>>348
麦の根って食べられるの?

350 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 13:26:25 ID:UC4td1Zd
沖縄にあるお寺の境内には神社があって(これはよくあること)、
そこにはキリスト教の宣教師を讃える石碑が立っている。
(その寺に泊まって布教活動をしていたらしい)
外人がこれを聞いたらポルナレフ状態だろうな

351 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 13:31:19 ID:UC4td1Zd
「聖なる動物」は日本各地にもいるよな
鹿島・春日の鹿。日枝・山王の猿。稲荷の狐。天満宮の牛。三峰の狼。
他にも白い蛇とか

352 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 14:51:57 ID:hRqmSOQk
>>349
いや「麦の寝を食わない」のは、いま考えた思いつきです
ふつう食わない。>>347に対抗してみました

353 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 14:58:52 ID:N7u0EEbe
思いつきを書くなよ。

355 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 20:05:16 ID:huUuE1in
>>350
キリシタンが祀られている神社だったらちらほらあったりするが。
枯松神社とか。

356 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 21:11:30 ID:RIq8eSo2
ここは秘宝館かと見紛うばかりの神社とかもある。

357 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 21:17:02 ID:ldWaOMFQ
>355
それは隠れキリシタンが隠れ蓑として
神社の形にしてるんでしょ

358 :日出づる処の名無し:2009/08/28(金) 22:18:58 ID:huUuE1in
>>357
別に隱れ蓑じゃないよ。
今の枯松神社が建てられたのは1989年だもの。

ちなみに学術用語としての隠れキリシタンってのは、開国後にカトリックに復帰せず、
江戸時代の信仰様式を継続した集団をも含むので、
枯松神社が隠れキリシタンの神社ってのは間違いではない。

古くからあるというなら、桑姫神社かね。

359 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 00:25:46 ID:gXeWSPnP
おらが田舎にも沢山いるよ>隠れキリシタン

今はちゃんとした教会でちゃんとした神父さんとミサやったりしてる。
昔は酷くて、マリア像を離れ小島の崖の上なんかに奉って
死ぬ思いして祈りを捧に行ってたそうな。
友人の家の床の間には、でーんと天照大明神の掛け軸があると思いきや
めくったら棟方志功みたいなマリア様の絵が在って
子供の頃の俺には、観音様にしか見えなかった。

360 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 00:26:28 ID:jT5sBe21
女教皇が堕天使エロメイドのやつか・・・

361 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 01:21:27 ID:gXeWSPnP
ちょっと話ズレるけど、日本で子供に悪魔君って名前付けようとして、
役所から受理してもらえないケースあったけど、
アメリカなんかではルシファーやデビルは却下されるんだろうか?
マイケルみたいな天使の名前やデビッドはダビデ、アダムやイヴなんて日本でなら
イザナミって付けるようなもんだけど、実際沢山いるよね。ジーザスは当然ダメ?

362 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 03:30:34 ID:lamgPk1T
名付けの自由さという意味じゃ日本はかなり幅広いからねえ。
向こうみたいに聖書から取るのがデフォルトな国ではそこら辺の圧力は日本の比では無いと思う。

それにアメリカだと日本でDQN名を付けるようなクラスも熱心
な信者だったりするからね。そういう意味でも考えにくいのでは。

363 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 03:41:34 ID:xGsHmBzN
フランスの命名法は緩和されたらしいが、だとしてもさすがにサタンは通らんだろうな。

364 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 06:33:21 ID:P4EZwns+
デーモンとかいなかった?

371 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 19:37:31 ID:5HPvjQ+O
>>364
閣下の事か

365 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 07:37:06 ID:93of4Xyl
日本ではさくやとかいつきじゃね?天使に相当すんの

366 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 08:11:52 ID:6z2nU/3z
レクサスちゃんならいた。
宗教的な名前とはちと違うけどw

367 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 08:12:33 ID:u74wwv05
>>364
元F1ワールドチャンピオンにデーモン・ヒルがいるがスペルは Damon Hill で
悪霊、悪魔のデーモンは Demonになる、名前の方はデイモンと呼ぶ方が正確みたいだな

369 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 10:38:42 ID:u/NhlF2h
>>362
この件については、日本が緩いというわけではないです。
制限のあり方とか方向性が違うだけ。

日本では読みとか文字の並びについての制限は緩いけど、
使用できる文字についての制限はきつい。中国系日本国民や韓国系日本国民だと、
付けたい名前が付けられないケースもある。
あと、帰化日本国民の方で「ミドルネーム(洗礼名)はどうやって付けるんだ?」
「日本の戸籍ではミドルネームは付けられねぇっす」「OMG!」みたいな話もあります。
カタカナの名前だってOKなのにね。

フランスもドイツも命名法に制限はあるけど、
アメリカは法的制限は一番少ないんじゃないかなぁ。
「アドルフ・ヒトラー」って名前を付けられた子供が差別されてるってニュースが昔あったから……。
(多分独仏では付けられまい)

370 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 19:36:12 ID:VOc0Yd4W
欧米のミドルネームってのは良くわからん習慣だな。
大昔には王族などが無駄に長々と修飾詞を付けまくったような名前を名乗っていたけど、
そういった事から派生してきたのかな?

372 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 20:03:57 ID:fHVQ47gm
・・・戒名みたいなもんじゃないの。

373 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 20:51:27 ID:AQF7DaNW
>>370
日本も武士や貴族は長い名前だったよ?
源平の時代なんかは典型的なような…。

374 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 21:11:01 ID:xGsHmBzN
ミドルネーム……エッセルとか。

376 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 21:33:24 ID:lamgPk1T
>>369
そういや漢字の制限がきついね。んなもん撤回すればいいのになあ。

武士は字(あざな)と諱(いみな)が有ったからあんなに名前が長かった。
他に氏や姓など入ったりするけど省略。

字は公に使う名前で、諱は私的に使う名前ね。織田信長の信長は諱。
だから「信長様」と呼ぶことは実際にはありえなかった。

日本の名前が氏+名に整理されたのは明治時代になってから。
幕末の志士も改名する際、字をつけたり諱をつけたり、はたまた新名を名乗ったり色々。

377 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 22:03:38 ID:gXeWSPnP
弾忠の上だっけ?

378 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 22:34:41 ID:fHVQ47gm
漢字を減らしていこう、って流れがあったらしいね。

385 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 08:30:54 ID:bCrl9ioA
>>378
減らすどころか全廃が考えられていた。

379 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 22:35:25 ID:93of4Xyl
上総之介だったり右大臣だったり役職も名前のうちか

豊臣が姓で、羽柴、木下が氏?
惟任光秀とか

380 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 22:39:21 ID:iTCMe1uU
弾正忠は朝廷の官職

名前代わりに官職名で呼んでただけ
会社で役職で呼ぶような感じだな

381 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 23:36:41 ID:jT5sBe21
公には名前=個人名より、家名=氏姓より、
役職(領地、階級、職業、役目、等)の方が上ってことじゃね?

382 :日出づる処の名無し:2009/08/29(土) 23:38:41 ID:fHVQ47gm
状況に応じて使い分けるんじゃないの。

383 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 04:20:36 ID:TEyiw/A5
紫式部は今で言う源氏名で源氏物語と官職から取った名前だな。清少納言も同様。
聖徳太子はあくまで尊称で、本名は厩戸。
マグマ大使は本名がマグマで、大使は職業じゃなく愛称の扱い。

384 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:46:16 ID:AMDpR7gc
そして現代日本国では通名が…

386 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 09:41:34 ID:MPF+lkvS
北欧の「××の息子(××ソン)」という姓も面白いね。

カールの息子がニールなら、ニール・カールソン、
ニールの息子がスヴェンなら、スヴェン・ニールソン。
代々、親父の名前を引き継いでいくんだ。
母親の名前をミドルネーム的に使う地方もあったと思う。

西欧のジョンソンとかギブスンとかの姓は其処から来てるのかも。

387 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 10:01:29 ID:AAMFmJpk
>>386
ロシアのミドルネームもそうだな。
父親の名前を父称(+性変化)として取り込む。

プーチン首相はウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンだけど、
これはつまり父親の名前もウラジミールだったんだな。

388 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 10:07:59 ID:h+T/Xusu
>>386
~sonはアングロサクソン(sonは英語で息子)
スコットランドはMc~、Mac~
アイルランドはO'~
デンマークは~sen
あとは~vic、Fitz~
等々。

389 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 10:18:25 ID:AAMFmJpk
>>381
江戸時代の武士だと、多くは 家名+官位 で、手紙や日記なんかだと
官位だけのケースも多々見られる。正式な官位がない場合は仮名(けみょう)/字(あざな)で呼ぶ。
引退した人だと、字や雅号。出家してれば戒名。

諱(現在の「名」)は軽々しく呼ばないという風習があったみたいね。
そのせいで、諱が伝わっていない人はかなりいる。

また一生の間でくるくると名前が変わるシステムだったため、
幕末に来日した通訳のアーネスト・サトウの日記には
「××来訪。この者は、以前は○○という名前だった」とかいう記述がちらほらあったりする。

390 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 11:01:45 ID:Us/7r0lg
>>389
>また一生の間でくるくると名前が変わるシステムだったため、

出世魚そのものだな。

394 :Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc :2009/08/30(日) 23:00:06 ID:EgFaic21
>379
 公式には「豊臣朝臣秀吉」で、
姓:豊臣
氏:羽柴(……かどうかは実は不明。豊臣姓を賜ってのち、氏を使用した証拠がないため)
名:秀吉
になる。だから本当は「とよとみのひでよし」と読む方がいい、ともいう。

395 :日出づる処の名無し:2009/08/30(日) 23:10:44 ID:mGmo7jpp
ああ、だから森の石松かぁ。

396 :日出づる処の名無し:2009/08/30(日) 23:13:58 ID:oaEFwp9a
・・・それは違うと思うぞ。w

*************

402 :日出づる処の名無し:2009/08/31(月) 17:22:45 ID:noBrxSbl
日本酒ってビールより圧倒的に美味いと思わないか?

403 :日出づる処の名無し:2009/08/31(月) 17:32:18 ID:0LD91oxS
味覚なんて絶対的な尺度がないので、そういう比較は無意味だと思います。

404 :日出づる処の名無し:2009/08/31(月) 22:57:09 ID:p33OQcXy
だからもっと、トンスルが評価されてもいいと思います。

406 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 12:09:35 ID:DI7j1g32
>>402
料理とか酒は単独と語るべきではなく他の料理との組み合わせやTPOで語るもの。

例えば生牡蠣とビールを合わせる奴は死んだ方がよいし、
焼き肉と吟醸酒を合わせる奴もどうかしてる。
また真夏のビーチでは日本酒よりビールだろうし、
逆に真冬のコタツで鍋つつくなら日本酒だろ。

407 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 12:23:56 ID:DI7j1g32
上のレスはスレチだったから無理やりジャポニズムに結びつけると
日本は四季があるからこそ様々な素材と酒の無限の組み合わせがあるんだよな。
「旬」を大切にするのもまたジャポニズム。

408 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 15:03:04 ID:HlhG1jXj
金が無いから季節問わず万年発泡酒ニダ・・・

発泡酒ならクリアアサヒ
第三ならのどごし<生>

韓国産の一本100円切ってるビール風リキュールも試してみたけど
ちょっと薬品臭いというか果樹酒っぽい匂いが強くてイマイチだった
まぁ、がんばってるとは思うんだけどな・・・一本78円だし

409 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 17:09:25 ID:5rxVof7z
>>408
隠し味にトンスルをブレンドしてるニダw

410 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 17:11:50 ID:UcmT+lnQ
ウリは一本目だけはビール、あとは第三のビール(麦系)ニダ

発泡酒:ビールの安物
第三のビール:ビールの偽物
韓国ビール:ビールのようなもの

411 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 19:31:49 ID:3xB6rGYX
>>410
> 韓国ビール:ビールのようなもの

怖いww

412 :日出づる処の名無し:2009/09/01(火) 20:53:06 ID:CrtKIE7C
>>410
×韓国ビール:ビールのようなもの
○韓国ビール:安物のビールの偽者のようなもの

413 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 13:15:44 ID:x27NVttq
韓国ビール:バールのようなもの

414 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 19:38:24 ID:nVhcnI/O
念のため注意しておくけど、韓国ビールをコキおろした余勢をかって
中国ビールもついでに馬鹿にしたりすると自爆するだけだからヤメとけ。

415 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 20:00:18 ID:UkaNm6sG
日本はアジアの色んな国からビールを輸入しているけど、
その土地独特の酒も輸入してほしいなぁ。
タイのもち米、もしくは米と麹で作る酒とか飲みたい。

416 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 20:58:51 ID:jiMjbvWV
それは日本酒か米焼酎でわないかと

417 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 21:01:25 ID:hCHz8FHN
>414
ちんたおビールのことをことを言ってるのだな?

418 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 21:14:16 ID:c6pGrDZW
>>416
米と麹から作る所は似てるが、
タイ米とジャポニカ米の違いや、
麹の原料の違い等がある。

419 :日出づる処の名無し:2009/09/02(水) 22:34:20 ID:M9plxhZo
>>417
未だに品質が保たれているとは思えないけどなあ。
自ら劣化バージョンの開発に勤しむのがシナ人だろう。

420 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 01:01:45 ID:2BIZk2kb
タイのメコンウイスキー懐かしいです。
シンハービールもうまいよね

421 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 01:10:12 ID:qz2PtXMZ
>>419
味が落ちたって話は全然ないけどね。
いまだに味に関する限り、国際的な評判でこれに勝てた日本製ビールは存在しないし。

422 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 01:39:09 ID:D3wN6ODQ
ビールはその国の気候を反映しているなとは思うな。日本の夏にはドライビールが良い、多分。

423 :419:2009/09/03(木) 02:24:04 ID:jODfUyA7
>>421
そういや俺飲んだことあった!返還直前の香港の「てぃむさあちょい」にあった
潮州料理の店で。コップに注いでくれたんで、「ほう、これが有名な青島ビール・・・」と
記念にコレクションしようと、缶に手を伸ばした瞬間に下げられたんで覚えてる!
ただ味は覚えてないんだが・・・

424 :Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc :2009/09/03(木) 03:05:35 ID:JNxOAMV+
>407
 日本酒ってのは世界的に見ても特殊。
 きんきんに冷えてても、熱燗にしてもオッケーって、他の酒ではありえんでそ。
※ホットカクテルはあるが、あれは「湯で割る」のであって、酒そのものを「暖める」わけではないので……

 この半端ない幅広さがあるからこそ、多種多様な料理と合わせることができるわけで。

425 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 04:17:43 ID:iASvsxy9
海外の酒も温めてもいけるかもしれないぞ。
今までそういう風にしてなかっただけで、実はいろんな料理と合うかもしれない。
先入観を振り払うのが大変かもしれんけど。

426 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 04:37:02 ID:uqnHQH9A
日本酒の弱点はスパークリングが無いこと

427 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 04:59:32 ID:zqSn08KZ
え?
無かったっけ。

428 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 05:07:46 ID:uqnHQH9A
ドンペリの1/1000も存在感があれば「ある」と定義してもいいかも知れない

429 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 05:10:17 ID:zqSn08KZ
もー、強がりさんなんだから。w

430 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 05:50:06 ID:7eUOiC1M
ホットワイン、ホットビールは存在しますよ。
ウマいかどうかは知らんが、
ちゃんと存在するあたりソレなりに支持されているのだろう。

431 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 06:32:56 ID:rGDFcYf3
>>426
あるよ。
うちの県で売ってる「Fu」がそれだったはず。

432 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 07:12:08 ID:fByQTR3c
>>421
サッポロビールの方が評価高いと自分は思うけどwww

433 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 08:56:40 ID:70bWOZ4I
ぬるめ・暖めても美味いビールは海外に結構存在する。
日本のメーカーが作らないだけ。

435 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 11:02:59 ID:OadYJJtc
日本にいてあえて外国のビールに手を出す理由がまったくないんだな。

436 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 11:04:21 ID:s20hOmz0
>>433
むしろキンキンに冷やして飲む日本の方が異端のような。
ただ、海外で冷やして飲むことを布教したら売り上げが上がったそうだがw

ホットビール好きなんだけど、自分で作ってもうまくいかないのよね

437 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 11:47:03 ID:lNY7rk6b
もやしもん読めよ
8巻がビールの話だ

438 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 11:54:09 ID:70bWOZ4I
「温かい酒」には抵抗は無いが、
「発泡する温かい飲料」には抵抗がある。

439 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 11:54:18 ID:NaooZGcp
>>436
自分で作るのは犯罪だろーがー

440 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 12:00:20 ID:7eUOiC1M
>>438
コーラ温めてレモンがっつり入れて飲む。
衝撃的だ(いろんな意味で

>>426
結構あちこちにあるんだぜ。
http://www.ichinokura.co.jp/pop/pop5.htm
(※リンク先消滅)
とか

441 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 18:56:54 ID:Ue55884m
ビール大好きだが、冷えていないビールは不味くて飲めない。
冷蔵技術の発達した現代日本に生まれてきて良かった。

海外産ビールを日本で飲むとどーも味が劣化しているように思う。
輸送過程でビールの品質が劣化して、すえたような臭いがする。

海外には伊しか行ったことが無いが、そこで飲んだモレッティは、
日本で飲んだ時の嫌な臭いはしなかった。
スーパーでガラス瓶の色々なビールを買って、ホテルで飲んだ。
冷えたビールをスーパーで買って、部屋の冷蔵庫に入れていた。

ビールは作りたてが、美味いようだ。

442 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 19:15:20 ID:iSivlG0v
ビールは温めが香りと喉ごしコミで一番”美味い”というのが科学的に実証されてる
だがキンキンに冷やしたビールが一番”気持ち良い”

443 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 20:27:50 ID:Ue55884m
>>442
科学的に実証されているのなら、
数値を公表してくださいな。

温めは何度で湿度はいくつですか?
香りと喉ごしは科学的に数値化してるよね。

444 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 20:50:36 ID:7eUOiC1M
一応、日本のメーカーによると
飲み頃温度は10度くらいらしいね。
10度で最適な泡が立つように調整されているから、だそう。
よって4~8度で冷やしておくのがよい。
サントリーによると夏なら4~6℃、冬であれば6~8℃が
おすすめしたい温度だそうだ。

外国のビールは此方のサイト参照

日本のビールに比べて温度高めなのがわかる。

しかしマイナス温度にするビールもあるようだし、
これは自分の好みで最適温度をみつける、でいいんじゃないかな。

そんな自分が一番オススメするのは
夏の夕方、爽やかな風の吹く天気のいい日、
野球場でナイターを見ながら飲むビールw

445 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 21:49:35 ID:lNY7rk6b
現場に出る肉体労働者としては、真夏に脱水症状寸前になりながら帰宅して
真っ先に飲むビールは何物にも換え難い。

446 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 22:37:38 ID:Ht2FcDXX
>>445
そうそう、脱水症状寸前が旨いんだよな。
脱出症状になったら、ビールすら受け付けない。

447 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 23:34:56 ID:nirTa74X
脱水症状寸前だったら酒飲む前に水飲め。
医学的にアルコール飲料は水分摂取に含めないらしいぞ。

448 :日出づる処の名無し:2009/09/03(木) 23:37:09 ID:IH8PSMrM
>424
暖める酒なら海外でもホットロゼとかあるじゃん
ドイツではワインを鍋で暖めて道ばたで売ってたよ
でも甘いから子供も飲んでたけどね

449 :日出づる処の名無し:2009/09/04(金) 01:22:07 ID:Jfkg5yue
一つの品種で冷温両方、ってことじゃね?

450 :日出づる処の名無し:2009/09/04(金) 05:32:00 ID:esqiWQaq
冷温両用の酒なら、ここでも中国が一日の長があるな

471 :日出づる処の名無し:2009/09/06(日) 20:35:48 ID:8GPsUs9C
>>447
>医学的にアルコール飲料は水分摂取に含めないらしいぞ。

含めないどころか、利尿作用で水分が体の外へ逃げてしまいますw
あと、カフェインも利尿作用があるから、
真夏で熱中症対策でコーヒー、お茶のがぶ飲みも推奨できません。

472 :日出づる処の名無し:2009/09/06(日) 22:47:56 ID:SQfJ3TOz
推奨できませんどころじゃないだろ
昔も夏は麦湯のんでたんだし

473 :日出づる処の名無し:2009/09/06(日) 23:03:05 ID:baMDOj5j
むぎゆ~~

474 :日出づる処の名無し:2009/09/07(月) 00:30:38 ID:8eXeT5wA
むぎゅ→むぎ→紬は女神

475 :日出づる処の名無し:2009/09/07(月) 02:33:37 ID:hxJSKEqR
おらの女神はガハラさん

476 :日出づる処の名無し:2009/09/07(月) 07:35:56 ID:hdzQI6nC
麦茶にカフェインは含まれていません。

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「H2Bロケット打ち上げ成功と中国での反応」を見て(part97スレ) | メイン | 割り箸と表音文字(part96スレ)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/558-3190f703
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。