2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
割り箸と表音文字(part96スレ)
- 2013/06/24(Mon) -
40 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 00:42:20 ID:BPUlw7ZY
最近さぁ、日本が木材輸入のために東南アジアの森林伐採してるってバッシング聞かないよね?
割り箸が環境破壊を加速させてるみたいな論調が無くなった。
やっぱり中国がもっと酷いから言われなくなったのかな?それとも元々言い掛かりだったのか?

41 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 01:02:45 ID:oCMyDlcG
キャンペーンではないか、
ってのは常に、
考慮すべきですか。

42 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 02:07:15 ID:wgNf11yR
>>40
あれは板材とかを取った残りの再利用だから関係ないよな。
寧ろリサイクルと言えよう。

スーパーで元禄箸なんか買うとソコソコするが、
角を削ってない素の割り箸なんかは阿呆みたいに安い。百本で200円とかじゃなかったっけな。
要するに材料費は殆ど掛けてない訳で、逆にわざわざ割り箸用に伐採してたら大赤字だわな。

「私は環境破壊にならないように箸を持ち歩いてるの!」なんて
エコな人が本当に居るか判らんが、居たとしたら大バカ者。

44 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 02:33:02 ID:K4XXqnCI
>>42
ごみを減らすことはできるんでない?
by my 箸

45 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 02:41:02 ID:tEw/yVmG
>>42
中国は割り箸や木炭用に白樺などを無計画に伐採してたぞ。
人件費が安いので十分黒字になる。

割り箸用に伐採すると赤字というのは日本の話な。
間伐材や端材を割り箸に加工するから、日本産割り箸で環境破壊というのは間違いなのは確か。

しかしそれが海外の例に当てはまるかと言えば、そうでもない。

46 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 03:26:14 ID:TTJT9iNQ
防カビ剤溶液に漬け込んであるから清潔アル

50 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 20:29:47 ID:gmcqTfV6
>>44
減りはしないな。
そもそも、何もしなければ間伐材自体がゴミ。
それを、mottainaiから割り箸に加工して利用してるだけ。
どっちも最終的にはゴミなので、割り箸に加工するのを止めてもゴミの量は変わらない。

割り箸の為にわざわざ伐採するのはおかしいが、割り箸そのものが悪ではないのですよ。

52 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 21:06:59 ID:E6O/pSV2
割り箸はほぼ100%中国製になっている。安いから中国製に切り替えてしまった。
中国製に依存してるのを見計らって、法外な値上げを突きつけられた。
どうにも出来なくて、値上げを受け入れた。中国にうまくやられた一例。

割り箸は中国からゴミを輸入していることになるので、MY箸は一応意味はある。
むしろ国内の間伐材や林業を考えるきっかけになれば良いんじゃない。

53 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 21:27:27 ID:tE/EwLT9
そもそも日本で端材で作ってたのに、よその国が勝手に割り込んできて割り箸のために伐採して
環境が・・・とか言われても、仮想水の話と一緒で言い掛かりとしか思えん。

54 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 22:20:20 ID:k8fJ5RoR
ん?中国製割り箸って2008年に対日輸出が全面停止になったんじゃなかった?

55 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 22:24:33 ID:3kqWEoTW
舐める可能性のあるものはやめたがいいなあ。

57 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 23:11:10 ID:E6O/pSV2
08年に中国が割り箸の対日輸出をやめる予定との情報があるが、
やめたという情報がない。今も購入出来るので、ウヤムヤになったみたいだ。

58 :日出づる処の名無し:2009/08/04(火) 23:23:01 ID:K4XXqnCI
そういえば、支那から日本に帰化したおばさんが、
支那で作った割りばしなんか怖くて使えないっていってたなあ。

対日輸出禁止?
上等!

59 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 01:02:57 ID:G4kQfPXG
廃材を漂白剤と防カビ剤に漬け込んだ木材が原料だからな。
数週間ばかし水に漬けてたくらいじゃ見事なくらいカビない。

60 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 02:53:25 ID:SaR908AB
竹箸なら比較的安心だと思って竹箸ばっか買ってたけど、
実は竹箸の方がヤバイ事を最近知ったorz

61 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 03:14:50 ID:w7TMEYeV
食材の産地等を明記するのと同じように、
割り箸も生産国を生産方法もちゃんと明記してほしい。

64 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 13:22:24 ID:CmKPalCN
最近はジャスコでも日本製割り箸を置くようになった

65 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 17:29:23 ID:/7F5We7N
中国は日本向け割り箸の生産がきっかけで
中国国内では使う習慣が無かった割り箸が急速に普及して
今では中国の需要だけでも国内の森林を乱伐して問題になるほどだと言うから、
日本もちょっと罪作りな事をしたかもな。

66 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 18:57:41 ID:1/m0Qla4
インド製割箸は?

67 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 19:04:22 ID:OXTheN4m
>>66
割り箸をつくるカーストとかできんのかな

68 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 19:14:42 ID:4tgeTHcG
インド人はラムネのビンにビー玉を入れる作業で忙しいよ。

69 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 20:16:42 ID:/7F5We7N
インドでは床屋とかのサービス業の従事者は殆どが最高位であるバラモン。
なぜなら、下位カーストの人間では上位の人間と簡単には接触できないから。

70 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 20:24:12 ID:1/m0Qla4
バラモンって他の職業も兼ねれたのか

74 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 22:09:32 ID:tNXC8oi5
>>70
カーストは歴史とともに各階級がさらに職業によって分化していると聞いた。

75 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 23:13:14 ID:C3khZM1j
>>74
例えばカースト6番目と7番目が結婚すると
6.5番目という新たな中間カーストが発生すると
20年ぐらい前の新聞記事かなんかで読んだ

76 :日出づる処の名無し:2009/08/05(水) 23:37:05 ID:F9n74PKq
10年以上前に自分の父がインドへ出張行った時
職場の入り口が汚かったから日本人同僚と掃除しはじめたら
現地のインド人スタッフが
「そんなことしちゃだめ!掃除する人は身分が低い人がやるもの!」
って慌てて止めに来た、って言ってた。
カースト制度が廃止になったとはいえ、根深いもんだなーって言ってたよ。
日本なんて社長がトイレ掃除しててもおかしくないってのにw

77 :日出づる処の名無し:2009/08/06(木) 00:28:50 ID:hwbQbvs+
>>70
バラモン・クシャトリア・バイシア・スードラって区分けは、
確か本当はカーストではなくて、バルナ(色)というもっと大きな
区分けだったと思う。カースト(職業)の方はもっと細かい。

天井の電球を付け替えるのに印度人が何人必要でしょう?

答え:
・電球を回すカースト
・電球に手を添えるカースト
・梯子を支えるカースト
・梯子を運ぶカースト   合計4人必要。。。。みたいな。

79 :日出づる処の名無し:2009/08/06(木) 00:34:35 ID:OPIYIyKm
>>70
たまに隕石にのって地球にやってくる。

82 :日出づる処の名無し:2009/08/06(木) 04:47:18 ID:o1DaHPD6
>>79
それは、ガラモン。

87 :日出づる処の名無し:2009/08/06(木) 12:58:37 ID:tn5lnymU
フランケンシュタインと戦うんだっけ?

88 :日出づる処の名無し:2009/08/06(木) 13:10:11 ID:o1DaHPD6
>>87
それは、バラゴン。

************

95 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 00:10:11 ID:avLd5DWz
仮名じゃダメなの?
【インドネシア/韓国】表記する文字を持たないインドネシアの少数民族、ハングルを公式文字として採択[08/06]

【韓国】インドネシアの少数民族 公式文字にハングル採択[08/06]

99 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 07:31:47 ID:dn9401rk
>>95
もしもアメリカやイギリスが仮名を採用したら、かなり読みにくくなるだろうな。

アイムアフレイドアイキャントドゥイット
ディスイズホワットアイウォントトゥシー
オールライトレッツゲットスターテド

仮名は母音や子音の数だけ文字が必要だから、スムーズに適用できる言語が極端に限られる。

100 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 09:54:32 ID:KRSaIXfB
そもそもお前がそんなにがんばってレスする意味がわからん
英語でいいじゃん

101 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 10:13:40 ID:eI32pUjC
自分達の言語をなんらかの文字で表記できるようにし、書物に記録を残したいって話なのに、
英語とか採用したら言語絶滅するだろ。

102 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 14:54:21 ID:ZvhJYqB2
アイム アフレイド アイ キャント ドゥ イット
ディス イズ ホワット アイ ウォント トゥ シー
オールライト レッツ ゲット スターテド

単に書き方の問題じゃね。
わざと読み難く書けば、そりゃ読み難いわな。
半角開けない英文が読み難いのと同じ。

103 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 14:58:41 ID:eI32pUjC
発音をまともに表記できないとか読みにくい以前の問題じゃん。

104 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 15:25:32 ID:ZvhJYqB2
論点ずらしする前に、
まずは読み難いという点が正鵠を射ているかどうか答えようw

ハングルが採用されたのだって単に営業が実を結んだだけで
それほど大層に深謀遠慮しているとは到底思えないけれどw

105 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 18:23:31 ID:HG4vq/+a
発音記号に近いんだから、そう悪い選択じゃなかろうとは思うんだ。
ただ、100年後もハングルが残ってるかどうか・・・
どっかに事大したらニダーさんたちハングルあっさり捨てそうでなぁw
そして日本人の学者が解読したりするんだろう。

106 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 19:39:53 ID:U7wU2XRX
>>95
ターゲットになった言語のことがわからんので正確なことは言えんけど、

仮名の場合基本子音1+母音1の開音節しか表現できんので、半母音やら二重母音やらが
増えてくると表記で工夫せざるを得ず、複雑になる嫌いがある。

ハングルはその点、音節が子音+母音(+子音)型に収まる限り、
比較的単純なルールが適用できる。
アルファベットと違って音節が明示的に表せるので、音節が重要な言語に向く。
ただし、子音音節とか声調、母音の長短は表せないので、
そういった音節構造をもつ言語には本質的に向かない。

また、その言語の音韻上の形態素とハングルで表せる形態素が
きちんと一致すればいいけど、そうでない場合は無意味に複雑になる可能性がある。
(例えば日本語の「ん」は「n」「m」「ng」音があるけど、形態素上は全部「ん」で済ませられる。
でもハングルで書く時は書き分けねばならなくなる、など)

たまたまハングルが向いていた言語だった、という辺りではないかと。

107 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:03:18 ID:eI32pUjC
チアチア語に系統が近い言語の中には、インド系文字を表記に使っている(いた)ものも結構ある。
インド系文字を改造してチアチア語用の文字を作った方がいいと思う。

108 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:05:28 ID:U7wU2XRX
>>107
チアチア語って何系?

それと、ハングルって一応系統的にはインド系文字だぞ。

109 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:12:10 ID:eI32pUjC
>>108
http://en.wikipedia.org/wiki/Cia-Cia

ハングルはパスパ文字や漢字を参考に作られたってのは有名だね。
しかし、インド系文字を扱ったWebページ、書物、英語版・日本語版Wikipediaを見たことがあるが、
ハングルがインド系文字だなんてどこにも書いてなかったぞ。

110 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:13:36 ID:VzDUTdA0
エキゾチック ジャパン系

111 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:29:10 ID:U7wU2XRX
>>109
オーストロネシア語系なら、ハングルでも大丈夫なんじゃないかね。
インド系の方が向いていると断言できる程の知識はないから、
何か言語学的な根拠あるならよろしく。

ハングルがインド系ってのは言い過ぎだった。

113 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:44:06 ID:eI32pUjC
>>111
・無声音と有声音を区別する必要がある(ハングルでは語頭の有声音を表記できない)
・ハングルは画数が多い

114 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:46:13 ID:g8HhnKH/
>>99
分かち書きしろよ。

アイム アフレイド アイ キャント ドゥ イット
ディス イズ ホワット アイ ウォント トゥ シー
オール ライト レッツ ゲット スターテド

使えるだろう?

>>108
パクりのパクりだからな。
でも、よりにもよってハングルを選ぶ必要はない。
ジャパンマネー由来の韓国のカネが動いたと見ていいだろう。

>>113
少数民族が韓国と関わりを持つと韓国にエスニッククレンジングされる。

115 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:46:16 ID:eI32pUjC
あと・・・見た目

116 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 20:48:09 ID:eI32pUjC
>>114
aimu afureido ai kyanto du itto
disu izu howatto ai wonto tu shii
ooru raito rettsu getto sutaatedo

117 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 21:05:46 ID:1IM76mhg
英語のようにスペルと発音が一致しない言語よりはましだろーね。
他のヨーロッパ言語はもうちょっと合ってるんだけどね。

118 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 22:08:08 ID:e6nkWfNT
>>113
> ・無声音と有声音を区別する必要がある(ハングルでは語頭の有声音を表記できない)

なるほど。
チアチア語は有声/無声の別があるのか。
そこまで対応しようとするとハングルでは面倒だね。

> ・ハングルは画数が多い

それ、インド系も大概だぞ。チベット文字とか。

119 :日出づる処の名無し:2009/08/07(金) 22:35:34 ID:eI32pUjC
>>118
チベット文字は確かに画数が多めだけど、
インドネシア・フィリピンで使われていたインド系文字は基本的にハングルよりも画数が少ない。

120 :日出づる処の名無し:2009/08/08(土) 00:07:52 ID:15K66NKs
実際の英語は「キャント」なんて発音は絶対にしないから、ますます仮名とは馴染まないな。
これを知らない英語初心者は "I can't turn it off" などの発音に七転八倒する。

122 :日出づる処の名無し:2009/08/08(土) 10:04:56 ID://Og+hcm
キャント ストップ ラヴィング ユー
ロール ユー ロール ミー

123 :日出づる処の名無し:2009/08/08(土) 12:49:25 ID:15K66NKs
ネイティブは"can't"の"t"を発音しない。
"can"も"can't"も正しい発音をカタカナで書くと「キャン」になってしまう。

中坊や工房とかに"I can't turn"を発音させると「アイ、キャーントトトトト…」とかなって面白い。

124 :日出づる処の名無し:2009/08/08(土) 13:31:45 ID:KiNd/54x
英語のアルファベット表記の良い所は同音異義語を書き分けられるところだが、
短所はスペルを十分に理解してないと、耳で聞いた音を書き表しにくいところだな。

"ネーラカ ブーシッタ ヴャーキャウ シュヴァーティー"とか
「neelaka buushittha vyaakhyau shvaatii」とか書いても
絶対違った発音で読めれるし。

210 :日出づる処の名無し:2009/08/15(土) 20:04:33 ID:BUU/2qv5
>>117
>英語のようにスペルと発音が一致しない言語よりはましだろーね。
他のヨーロッパ言語はもうちょっと合ってるんだけどね。

いや、それどころかアルファベットは発音記号そのものですから。

英語のように不規則性の高い言語は欠陥言語なわけです。
フランス語などはアルファベと一致していないように見えますが厳密な規則性があります。
ドイツ語などは母音変化以外はそのまま読めますね。

211 :日出づる処の名無し:2009/08/15(土) 20:12:31 ID:Ja3OtwNN
西洋は、言語は変化しても文字の方はあんまり変化しないね。
東南・南アジアだと文字も言語と同じように変化するから、スペルと発音が異なるってのはあまりない。

212 :日出づる処の名無し:2009/08/15(土) 20:40:55 ID:3udXTStr
何人ものネイティブ教師に英語を習っていたけど、全員が口を揃えて言っていたのは、

「どんな未知の英単語でも、綴りが判明すればその単語の発音は一意に特定される」

という事だったな。
つまり、スペルさえ分かれば英単語は必ず正しく発音できるって事。
まぁ、ネイティブにとってはそうなんだろうけど…

213 :日出づる処の名無し:2009/08/15(土) 20:43:21 ID:MskycUBO
>>210
>いや、それどころかアルファベットは発音記号そのものですから。

アルファベットが発音記号であるとの考え方は、20世紀初頭には否定されている、
いまや化石に近い学説だったりするわけだが。
音素文字が実際に表しているものは、形態素を構成する「抽象的な」単位であって、
発音そのものではない。
なので文字以外の情報がないと発音できない。(それはどの言語もそうだが)

西ヨーロッパ言語は、、言語の変化と書記方法の変更を絡み合わせて現在に至っ
ているので、どの言語でも大なり小なり不規則性がある。
(英語の場合、綴りが固定されたあとに大母音推移が起きたのでああなっている)

大体、ローマンアルファベットを導入した大元のラテン語が、文字と言語の特徴が
噛み合っていないんだから笑えない。

232 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 19:32:05 ID:7JJ3MVhY
>>213
ラテン語はギリシア語から借りてきたからだろう。

214 :日出づる処の名無し:2009/08/15(土) 20:51:20 ID:MskycUBO
>>212
> 何人ものネイティブ教師に英語を習っていたけど、全員が口を揃えて言っていたのは、
> 「どんな未知の英単語でも、綴りが判明すればその単語の発音は一意に特定される」

じゃあなんで「heteronym」(同綴異音語)なんてものがあるんだろうな。
有名どころでは、「tear」とか。

実際には文脈上に同定されないと発音は一意には決定されないんだけどね。
まあ、例外といえば例外的なものだけども。

216 :日出づる処の名無し:2009/08/15(土) 22:50:49 ID:Dc1aeK63
>>211
それは各国言語による記述が本格的に始まったのが宗教改革以後だったからだと記憶するが。
ちがったっけ?

219 :Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc :2009/08/16(日) 02:50:52 ID:uVXcaDsU
>212
そりゃないだろ。
Smith を「スミス」と読むか「スマイス」と読むか、ってネタが某アメリカドラマであったくらいなんだから(w

220 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 03:20:02 ID:rlGVcxxe
日本語ネイティブにとっては「語り」を「かたり」と発音するか「がたり」と発音するかは
語呂によって一意に決まると言っていいけど、非ネイティブには解りにくいだろうな。

221 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 09:57:27 ID:TG7/gzyE
「語り」をガタリと発音するのどこの田舎よ?

222 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 10:03:13 ID:ombBhmB0
○○語りのことかと思った
でもそれの「かたり」が思いつかん

223 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 10:04:08 ID:fGq7Rk2r
例えば「自分語り」は「ジブンガタリ」と発音しないか?220が言いたいのは
そういうことだろ。

224 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 10:44:17 ID:kcor9JeO
匹は「ひき」「びき」「ぴき」なのか。
本は「ほん」「ぽん」「ぼん」なのか。
外人にはわかりにくいって話だな。

225 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 11:11:33 ID:GC/gmN70
連濁

226 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 11:12:41 ID:MxsLFD/6
○○力は、「りょく」なのか「ちから」なのか「りき」なのかって事だな

227 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 11:42:12 ID:rlGVcxxe
>>223
そういう事だが、ここの人間に語呂という単語は難しかったようだ

231 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 18:14:06 ID:Y+S6Mxoz
>>227
ほとんどの住人にちゃんと通じてると思う・・・

228 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 15:01:36 ID:XpSNPo32
柴犬、秋田犬、も
「しばけん」「しばいぬ」「あきたけん」「あきたいぬ」
って感じですか。

242 :日出づる処の名無し:2009/08/17(月) 08:29:14 ID:Hyuacjke
>>228
「あきたけん」だと「秋田県」と混同されるってことで
現在では犬種を表す時の「犬」の字は「いぬ」で統一されてるよ。
唯一曖昧なままなのは「かいいぬ」だと「飼い犬」と混同される「甲斐犬」かな

229 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 16:47:13 ID:HxgDE+M0
四月一日と書いてわたぬきと読むのが
生粋の日本人なのにどうしても解せぬw

230 :日出づる処の名無し:2009/08/16(日) 17:41:05 ID:hoTz5jdQ
>>229
>四月一日と書いてわたぬきと読むのが
>生粋の日本人なのにどうしても解せぬw

4月だけじゃないぞ~
http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0800.htm

六月一日が「うりはり」も謎だw

で、ちと調べてみた。
http://www.akatsukinishisu.net/kanji/hizuke.html

四月一日
「わたぬきの」読みの由来は「四月一日に綿入れの着物から綿を抜くから」と言われている。

六月一日
うりわり、くさか、さいぐさはそれぞれは全然違う名字なのに、
何故これらに「六月一日」の字を当てるのだろうか? 謎だ。

俺の謎は、解けませんでしたw

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<日本酒とビール(part97スレ) | メイン | ミスユニバース衣装論争(part96スレ)>>
コメント
-  -
キムチが普及促進費を出さなくなって訴えられてたっけ
ホルホルとカネカネの化学反応なだけだったんやな

もう一箇所も含めて立ち消えたのが現状の筈
2013/06/24 19:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
チアチア族は結局ほとんどハングル普及しなくて、韓国人がファビョーンしてる記事を見た気が。
2013/06/24 18:50  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/557-4b10c49c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。