2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新語の翻訳(part96スレ)
- 2013/06/15(Sat) -
336 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 00:06:41 ID:y1J+KVaT
【中国】 「日本の街中に増える中国語の注意書き、細かすぎ!」…日本に嫌気さす人も[06/22]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1245681442/

337 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 00:09:05 ID:uqmXT7DW
もっと大きく書けばいいんじゃないの。
慣れてるから、気にならないとか。

338 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 09:23:45 ID:cTxUwz2e
日本語で、出口と表示がある下に、中国語で出口と書かれてるのをみると、脱力する。

339 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 11:14:22 ID:Ky9LvGxu
同じく。
支那語や朝鮮語の表記はなくてもいいんじゃないか。
同じ漢字圏なんで、すぐになれんるのではないか?

341 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 11:21:51 ID:DeLWQj7/
>>339
支那人はともかく半島は「ハングルで警告文がなかったからそんなもの知らない、日本人が悪い」
と言い放つ人間が多くて、ハングル表記がされるようになった。

342 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 11:34:18 ID:kouL+XaX
インドの駅とかどうなってんだろ…
お札みたいに標識に10言語ぐらい表記されているのかな?

343 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 18:30:25 ID:6F0zyw1X
>>339
最近はかなの地名も多いんで、あった方が親切は親切。
むしろ問題は翻訳の精度が悪いことだったりするわけだが……・

>>342
英語。
あそこまで言語が多いと、とりあえず英語で、というのも説得力あるわ。

344 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 21:47:29 ID:lwvBqCzA
確かに英語だと衝突とかないんだろうけど・・・なんかなぁ・・・
日本だって中国だって国内の言語を公用語にしたわけだし、
なんかもったいない気がするんだよな。

345 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 21:58:12 ID:oJi+MPOu
ヒリピンがそうなんじゃない?

346 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 22:04:28 ID:JihOHxUs
アフリカだとフランス語も多いよ。

347 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 22:12:58 ID:lwvBqCzA
その国の言語でいいのに
俺だったら日本の公用語が英語とか嫌すぎる

349 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 22:53:48 ID:JihOHxUs
インドネシアのインドネシア語も、元は交易マレー語だから、
ネイティブがいない言語だよ。
そうでもしないと、いくつ言葉があるかわからん国だから。

今はネイティブもいるみたいだけど。

350 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:12:38 ID:JihOHxUs
>>347
初等教育から大学教育、果ては最先端の科学研究までこなせる言語は、
それほどないのですよ。

この世界に言語は7,000弱あると、エスノローグにはカタログされているけど、
聖書が翻訳されている言語ですらそのうち2,500にも満たない(抜粋を含む)。

人口カバー率で行くと、上位264言語で世界人口の95%くらいカバーしてしまう。

言語があるからといって、なんでもかんでも公用語にはできんのよ。

351 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:35:11 ID:lwvBqCzA
インドネシアやフィリピンには元々数多くの文字もあったらしい。
昔はちゃんと使ってたんだから、復活させればいいのに。

>>350
んー、そういう言語こそ学校で習えばいいんじゃないか?
公用語はその国の文化とかそういうものを表しやすい言語の方が良いと思うけど。
日本の小説とか漫画だって、
英語で書かれたものなんかよりも日本語で書かれているものが一番でしょ。
つか、(おそらくキリスト教の)聖書が翻訳されてないと、
ちゃんとした言語だと認められないって理屈おかしくない?
逆に、上位264言語でヴェーダやコーランがまともに翻訳されている言語っていくつぐらいあるの?

352 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:43:13 ID:cJYciO2v
コーランは比較対象にならんだろ
アラビア語以外に翻訳したコーランはコーランじゃないとか言われる世界だし

353 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:43:22 ID:o/wJ+ZPh
一旦話す人がいなくなった言語を復活させるのは簡単なことじゃないよ。
日本だって失われつつある方言を残すのがどれだけ難しいか。
日常で使われなくなるだけで言葉は「死ぬ」。

354 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:54:41 ID:W99+IGwg
>351
日本語ってかなり恵まれた言語だぞ。

355 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:54:42 ID:Ky9LvGxu
インドは、ヒンディ語と英語が公用語だったはず。
そしてヒンディ語より英語の方が全土で通じやすかったと思う。
台湾は、国語(北京官話を基にしたもの)が公用語だったはずだが、
ご老人には、日本語の方が通じやすかったりする。
おそらく旧仏領アフリカもフランス語の方が通じそう。

共通語が確立する前に外国の支配を受けたりすると、
そっちの方が通じやすくなってしまう例だと思う。

356 :日出づる処の名無し:2009/06/23(火) 23:57:36 ID:BGW2YVf9
>>351
高度な思考と高度な言語ってのは密接な関係でしょ。
哲学なんて言語を駆使した学問だよね。

その国のもとからある簡単な言語が
高度な言語として発展する可能性は常にあるのだろうけど、
近代以降はそんな時間は与えられなかったのが不幸なところか。

日本は外国の言葉を翻訳して理解し取り入れていったけど。
これは先人に大いに感謝しなければいけないよな。
一度失った言語(文化)を復活させるのって並大抵ではないし。

最近の日本はなんでも発音?をそのまんまカタカナで取り入れてしまうので、
そこはとっても不安だ。

357 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 00:25:43 ID:r0Yajtj4
波紋疾走とかか

358 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 00:32:02 ID:TpEA21v3
漢語の中にも微妙なものもあるけど、
音韻学や科学の事について調べてると漢語の有り難味が凄いわかるよ。
"鼻音"、"母音"、"子音"、"流音"、"水素"、"化学"とかわかりやすすぎ。

359 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 01:13:13 ID:fc44DTIU
あと、味の素とかも。

360 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 09:35:27 ID:jQdLjOl0
香港映画を字幕で見てると
中途半端に英語が混ざっててたまにビックリする。

361 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 19:05:09 ID:TpEA21v3
インドネシアやフィリピンではアルファベットを使うのが一般的だが、
少数民族の間では伝統的な文字が使われてたり、
バリ島、ジャワ島の学校では昔使われていた"バリ文字"、"ジャワ文字"を教えてたりするらしい。
http://www.omniglot.com/writing/balinese.htm
http://www.omniglot.com/writing/javanese.htm

フィリピンの方は教えているのか知らないけど、
おしゃれ目的で古い文字を使っている人とかいるみたいだ。

http://www.omniglot.com/writing/tagalog.htm
http://www.omniglot.com/writing/hanunoo.htm

362 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 20:13:25 ID:6EGVXeUr
>>351
> 公用語はその国の文化とかそういうものを表しやすい言語の方が良いと思うけど。

近代的な抽象概念やら学術用語が表現できない言語を公用語にしても、不便するだけだぞ。

> つか、(おそらくキリスト教の)聖書が翻訳されてないと、
>ちゃんとした言語だと認められないって理屈おかしくない?

エスノローグは聖書の翻訳のために言語をカタログしてんだよ。
だから聖書が翻訳されているかどうかが重視されているだけ。

ただ、聖書が翻訳されている言語は、聖書に現れる事象を表現できている。
そうでない言語については、それなりの困難が伴っている、ということ。

364 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 23:17:37 ID:SQ7OTlJb
>最近の日本はなんでも発音?をそのまんまカタカナで取り入れてしまうので、

概念や専門用語の輸入ペースが早くなりすぎてるんだよ。
翻訳が間に合わないから、カタカナですませているって部分があると思う。

でも、すでに概念はあるのにカタカナ英語にしてるのはアフォだと思うが。

365 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 23:20:44 ID:gq9p/puE
科学系のノーベル賞を日本語ネイティブの研究者が何人も受賞できているのは
日本語が少なくとも欧米の言語と同レベルには
論理的な思考が可能な言語だという証拠だと聞きます
言語に優劣が無いのはもちろんだけれども、
向き不向きの問題で論理的思考に向かない言語があるのも確かだそうなので
そこらへんありがたいことだなぁと思います
西周や司馬凌海ら、
明治期に専門用語の素晴らしい日本語訳を生み出してくれた先人達にも最大級の感謝を

366 :日出づる処の名無し:2009/06/24(水) 23:20:50 ID:v+UbuKEn
スキームとかコンプライアンスとかコンセンサスとか

367 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 00:04:54 ID:I2tg96xD
計画とか法令遵守とか合意形成とかでいいだろと。

368 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 00:15:06 ID:0HcR2OGa
パソコン用語を上手く翻訳出来なかった事が
年輩者がパソコンに入り込みずらかった一因だな。
ブラウザとかタスクとかドメインとか言われても、理解出来んよな。

369 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 00:49:54 ID:Uk/3CTp+
>>365
明治期の科学者や数学者は、はたして日本語で西欧人と同等な科学的思索ができるのか、
言語上不利にならないのか、本気で悩んだそうだ。
今日からすると実感も持てないが、
長岡半太郎とか高木貞治みたいな一流の学者たちでさえ、一様にそんな不安を抱いていた。

ノーベル賞(科学)にしたって、欧米人以外の受賞者となると欧米以外では
インド人と日本人しかいない。でもインド人は英語だから、もしも日本人がいなかったら
ヨーロッパ言語以外では科学はできないということが、いまだに言われていたかもしれない。

370 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 01:23:06 ID:jBvdb1gx
パソコン用語は本当に考えた方がいいよな。
初心者入門とか言ってるのにカタカナの用語説明が無いんだからなw

371 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 01:25:09 ID:iEp5Tzxr
科学者じゃなくても、西洋的概念をいかに日本語に取り入れるか悩んだ後は
漱石読んでると痛いほど伝わってくるな。
和魂洋才と一言で言うほど簡単じゃなかった。

北里柴三郎はじめ、本来ならノーベル賞を受賞できたはずなのに、
人種差別的理由で受賞できなかった日本人(もしかしたら他の有色人種国でも)は多い。

372 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 01:43:45 ID:ejyMcBLq
自分が大学の教養科目で受けた哲学の講義は、
もちろん教養科目程度なので日本語でやったわけだけど、
ドイツ語の概念が色々出てきてなかなか苦労しました。
しかし先人の優れた翻訳が無ければこの講義は初めからドイツ語で行われたはずで、
自分はドイツ語を学ばなければ教養レベルとはいえ哲学の勉強をすることは出来なかったわけです。

後に日本以外のアジア圏の大学では哲学の講義をドイツ語で行うところも多いと聞き
改めて先人と日本の大学システムに感謝したものです。

373 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 03:08:29 ID:ImcOexTx
>>372
哲学板いけば翻訳で理解した気になってるヤツとか言ってむしろ笑われるんじゃないかね。
笑ってるヤツの何割が原書読んでるかしらんけど。
それだけ原典が重要視される学問でもあるし、哲学は例として不適当かと。

374 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 03:29:55 ID:IshKBO/A
まあ教養として学ぶ分にはいいんじゃないかね。

377 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 05:07:18 ID:J3gjW9x4
医者は未だにカルテをドイツ語で書く人が居たりするけどね。

378 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 07:03:04 ID:Jp1QtJ2a
>>377
カルテって語そのものがドイツ由来じゃなかったっけ。

379 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 07:53:17 ID:HeLrynDv
目の前でカルテに末期癌とか日本語で書かれたら泣くだろ

380 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 07:55:40 ID:+lNdFLpm
カルテは英語でいうカード、つまり札(フダ)って意味。

医者がカルテをドイツ語や最近では英語で書く理由の一つとして、
患者に読まれても意味が分からないということがある。
深刻な病名を読まれてショックを受けられると困るから。

381 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 09:06:59 ID:Ot2hZo6j
医者がカルテに書くときに、日本語だと病名などを漢字で書くのに時間がかかるが、
英語だと略すことができるからって聞いたことがある。

自分の行っている病院では、日本語で書いていたけどね。

382 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 09:51:09 ID:CCbTGO8r
>>381
問題はどの言語にしても医者の書く字は
詠みにくいという点で。w

385 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 11:26:41 ID:J3gjW9x4
でもやっぱ、カルテにデカデカと

        癌

と書かれているのを見たらショックがでかいな

    Krebserkrankung

だったら何の事か解らなくて安心

387 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 13:29:54 ID:6HkOFzUY
>>370
パソコン用語って、そっち関連の書物を翻訳するには専門知識が必須だったせいで
おかしな事になったんじゃないかな。
可能性として考えられるのは、本来の翻訳者じゃなくてエンジニアとかが訳したせい。
パソコン関連を理解してても日本語に置き換えるスキルはないでしょ>エンジニア
もしくは翻訳者が意味を理解できずに、横文字を日本語に置き換えられなかったとか。

自分はITバブルのころにちょっとそっち系の勉強をせざる終えなかったんだけど
勉強するための本がまず殆どなくて、
あってもエンジニアの知識が皆無な人が訳したとしか思えない意味不明な文章だった。
まずシステムが理解できてなくて、横文字を日本語に置き換えられずカタカナで書いてるだけで、
意味不明。
これは翻訳者がシステムの知識が無いせいだと思った。
でも同時に、文章がもろ直訳でわけわかめだった。
これってプロの翻訳者じゃないからだろうか。

388 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 14:16:32 ID:PzSkIaAj
英和・和英辞書を傍において、読んでた。 install の意味が さっぱり分からんかった。

389 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 14:38:43 ID:6HkOFzUY
インストールって、付加とか追加でいいだろうに
横文字そのまま使うから、辞書引いてもいろんな表現があって余計混乱する。

390 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 15:05:04 ID:PzSkIaAj
ある単語のリアルの意味・ニュアンスを知って、その単語が ここで使われている ということは、
相似感覚があるはず。システムを理解できてないので、
それを理解するための説明文を理解するのに システムの理解がいる。

疲れますわ。

391 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 16:34:55 ID:qTCMRcsQ
「心のケア」のケアの意味って未だに分からん。

392 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 17:01:55 ID:58EzepvB
>>391
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A2

393 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 17:37:01 ID:xx13wZBp
日本語のすごい所は、
その「なんだかわかったようなわからないような」を
なぁなぁの感覚でスルーできちゃうところのような気がする。

「あれどうだった?」
「あー、それなりにあれ・・・」
の会話が成り立つあたりもすげえとか思ったんだけど
外国でもこういう会話はできるのかな。

394 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 17:41:15 ID:Aa8ZD3rF
あやふやでなんか良いことあるの?

395 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 17:45:46 ID:flf66Aep
量子力学的な意思疎通が可能になります。

396 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 17:48:43 ID:HYc8OU+L
あやふやで済む事象ならよいが済まなければ誰かが責任をとることになる。
社長や大臣が自殺したりする。しかし一部の役員は責任を取らない様だ。

397 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 18:01:52 ID:6HkOFzUY
それは話が飛びすぎ。

399 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 18:51:23 ID:xN40UKiM
>>380
まぁ日本語で書かれても、医者の字とか解読できないけどな…
紹介状書いてもらうけど、読むほうもなんであんなの読めるんだろ

400 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:14:20 ID:nJiTaWDG
パソコン用語が叩かれてるけど、電気や無線関係だって
戦前からカタカナのままで通してる単語はいっぱいあるじゃまいか。

401 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:33:55 ID:fEbsJgDW
よーし、みんなで漢字当てて普及しよう

402 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:41:23 ID:VHmvpohm
学生のときに外来語を多用する工業デザインの講師に噛み付いたことあるな。
なんでカタカナ多用するんだ。わかんねー。って。

そしたら、アクセルペダルの正式な日本語知ってるか?
そんなので授業なんかできねーっていわれたことある。

当然その和訳は忘れた。油圧式なんたらかんたら装置・・・もっとながかったか?

403 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:43:03 ID:flf66Aep
亜駆施留。

404 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:44:51 ID:A77LlX8U
>>402
ドイツを見習えって言ってやれ

405 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:45:32 ID:MzXWblsD
2ちゃんねる>第二伝達経路

あ、カタカナじゃなかったw

406 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:45:36 ID:flf66Aep
あー、やたらと名詞が長いとか。

407 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:55:43 ID:4qXVnUUB
「それは?!……重力子放射線射出装置!」

408 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 19:57:24 ID:AmCCK/SM
次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超光速航法とか普段使えないわなぁ

409 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 20:01:58 ID:4qXVnUUB
「敵は空間構造走査機のを妨害する、空間構造振動補正機を開発しました。
 わがほうそれに対し、空間構造振動補正機固有振動探知機を開発したのですが、
 かれらは、空間構造振動補正機固有振動減衰機を開発した模様です(いまここ)」

410 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 20:08:37 ID:wLumGjW7
日出づる処の名無し:二六〇三/〇六/二五(木) 二〇:0八:〇〇
記号:へ之九三ぷりぷり

ついに時局報道極東板の闘士の皆様の力で、あの米英式名称コロムビアレコードが
日蓄工業に変わりました、と思いきや、なんとニッチクレコードになったとですよ。
愛国心の欠片も無い企業ですね。
ニッチクレコードの名称で敵米国録音音盤を販売するとは許せません。

ビクターは相変わらずビクターのままで”His master's voice”と
書いてやがります。
テレフンケンレコードは独逸だから良いだろうという、言い訳は許されません。
愛国心があればすべて書き換えるべきです。

411 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 20:09:48 ID:h7b5KT9o
訳は新しい単語を作る以外に、昔は別の意味で使われていた単語を再利用する場合とかあるよな
"演説"や"ヴィマーナ"とか

412 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 21:08:06 ID:6uR05pva
「携帯」という単語が様々なものを内包しながら
どんどん進化していってる気がする今日この頃。

413 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 21:10:44 ID:flf66Aep
・・・携帯を電話の意味で使われても、
いまだに判断が遅れるんで困る。

414 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 21:30:44 ID:4qXVnUUB
>>412
「ケータイ」と認識しよう

415 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 21:40:23 ID:ZBAoSIhe
>>389
自分の感覚的には「注入」だな。

416 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 22:15:15 ID:Jp1QtJ2a
>>415
「組み込み」or「組み入れ」なんかどうですか?送りがなが付くと駄目かな。

417 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 22:19:47 ID:lRxCfm7C
個人的には、短くて分かりやすいのがいい。

インストール→組込
ケア→世話
2ちゃんねる→二伝路
とか。
長い用語はかっこいいけど、暴走族を思い出す。
珍走団はうまいと思ったけど。

418 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 22:26:54 ID:ZBAoSIhe
組み込み、組み入れは固形物をつかんで入れてる感覚だなあ。

419 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 22:28:37 ID:4qXVnUUB
「導入」と訳されているのは無視ですか、そうですか。

421 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 22:35:23 ID:ZBAoSIhe
導入という言葉は制度とか仕組み、手順などに対して使う感じがするなあ。
「形のないものを入れることによって形のあるものが特定の働きを始める」という
感覚にはそぐわない感じがする。
…って、この話題、どっか適当なスレあればそっちで続けたいw

422 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:13:14 ID:A77LlX8U
プロトコルはどう訳したものか。
コンサル氏が酒席で「彼とはプロトコルが違うから話が噛み合わない」と
のたまわった時一瞬考えてしまった。

423 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:22:26 ID:IshKBO/A
価値観とかの日本語をコンサルが知らないだけだろ。

424 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:26:26 ID:A77LlX8U
そうか価値観って意味なのか。
俺はインターネットプロトコルのことで
頭が一杯だった・・・

425 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:28:52 ID:gQxWC0ps
「導入」して「定着」させるから「導着」でどうか

426 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:34:24 ID:cWvekZa9
単純に入れる、出すという感覚だった

427 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:37:51 ID:6uR05pva
アンインストールは解脱?

428 :日出づる処の名無し:2009/06/25(木) 23:45:06 ID:CObMzq8r
やっぱり漢字で二、三文字、ひらがなで読んだら三、四、五文字くらいが語呂がよくていいね。

429 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:15:41 ID:UGw2iuQJ
韓国語のWindowsでは「プロパティ」が「詳細」になっていた気ガス

430 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:27:50 ID:TzEbjuJ6
>>424
プロトコル自体は外交儀礼とかそういう意味よ。そのコンサルのニュアンスで
言いたいなら「価値観」が近いだろうってことで。

リベンジ(復讐)が"やり返す"という意味になったり、リストラ(再構築)が"首切り"
という意味になったり、外来語がカタカナになると意味が変化するんだよね。

431 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:49:07 ID:h433/rQx
>>422
「通信規約」と訳されているのは無視ですか、そうですか。

32 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:49:42 ID:KoceUNUO
元の言葉の通りに日本語訳しなくていいんじゃね?意味が通るようにすれば。

433 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:52:25 ID:h433/rQx
>>430
「話が噛み合わない」の比喩だろうな。

434 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:55:02 ID:h433/rQx
>>432
> 元の言葉の通りに日本語訳しなくていいんじゃね?意味が通るようにすれば。

元の言葉も、元の意味を曲げて当てはめているからねえ。
ことなる言語が示すものは厳密に一致しないから、詳細になれば
なるほど途中で意味が変わったり、後からその用語ではダメであることが
わかったりすることになるね。

435 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 00:59:28 ID:r6nyNxeA
こんなようなやり取りをしながら、先達は欧州の当時最先端の概念を取りこんでいったんだろうな。

436 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 01:06:53 ID:Ky/ndxUF
IBMの古いパソコンカタログを見ると、全ての機器名が英語直訳で笑えたな。
外付けFDDの事をフレキシブルディスク駆動機構とか。

まぁ、これは本社サイドの厳しいお達しで、現地語の勝手な使用が禁止されていたせいなんだけどね。

437 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 01:14:19 ID:xFIjox/y
学校で民法の先生がおっしゃってたが
「期限に親しまない行為」の「親しまない」って
ドイツ語の直訳なんだそうな。元の言葉は・・・
ちょうど船を漕いでたので失念したが( ´∀`)

438 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 01:19:14 ID:KoceUNUO
そう考えると、明治の才能に驚くなw
学者だけじゃなく坪内逍遙、夏目漱石、森鴎外みたいな文化人もこれに参加してて、
楽しんでやってたみたいだけど。
今みたいに政府の審議会で国語学者だとかが悩むんじゃなく、そういう風にやった方がいいのかもな。

439 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 01:29:27 ID:cY6ITJeT
如雨露の直訳はうまいと思った。

440 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 01:44:00 ID:TzEbjuJ6
>>438
彼らは外国語の吸収に長けた当時のニューフェイスでありながら
旧来のインテリ必須条件の漢文を修めた超人たちだからな。

漢文だけに拘っていても、漢文を学ばず外国語のみを学んでも、
このような漢語に落とし込む翻訳語の数々は生まれなかった。彼らが日本にいたことに感謝したい。

441 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 03:12:04 ID:Q2F+V131
>>438
昔とは、外来語の輸入スピードが違うからな。

442 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 03:43:05 ID:Ky/ndxUF
今の日本人は英語をカタカナ化するにしても、
無茶苦茶な発音のままやるのは傲慢なのか劣化なのか…

例えば "machine" をカタカナにする場合でも、
昔の人は原語に近い「ミシン」と表記したのに、今の人間は
原語とはかけ離れた「マシーン」と表記していて、言語センスでは昔の人が勝っているし。
他にも同様な例が多杉。

443 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 04:18:12 ID:wG/5jLOA
>>417
> インストールする→飲み込ませる

444 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 04:21:51 ID:wG/5jLOA
>>422
> プロトコル

ベクトル 進む道 立ち位置 (入って)いる升目

>>427
アンインストールする → 吐き出させる

447 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 10:33:16 ID:ZNcZMJVE
ここはアーヴの母都市住人にあこがれる人が集うスレですね
漢字も外来語じゃね?

448 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 11:42:32 ID:/2KLYcIF
そりゃ、漢の国の字で漢字だし

449 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 11:45:04 ID:Q3YIPPuF
端末腕環と電磁投射砲と凝集光砲を覚えてる
でもとある科学では超電磁砲になるらしいな

450 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 11:50:43 ID:Q3YIPPuF
『書物』と書いて『ブック』と読む
『太陽』と書いて『サン』と読む
『月』と書いて『ルナ』と読む
『軌道塔』と書いて『アルネージュ』と読む

451 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 22:07:55 ID:LuDtpvj7
ちょっと違うが、「アポロ13」ののベライズ(なのか?)で、
「飛行実施」とか「操作卓」とか出てきた。
これは逆に「フライトディレクター」とか「コンソール」とか言われた方が、
すっきりしたかも。
特に飛行実施は、人物を指す単語だというイメージが涌かなくてなかなか困った。

452 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 23:24:49 ID:C3PV6bjp
船舶業界では前進(ゴー・ア・ヘッド)の事をゴヘーと言います。
最初は人の名前かとオモタ。
因みに後進はゴスタンです。元の英語わかります?

453 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 23:34:41 ID:zuHb9oWs
・・・ググったら、Go Asternじゃないかって記述が。

454 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 23:38:19 ID:TzEbjuJ6
>>452
こうたい 後退
a setback; (a) retreat; 《景気の》a recession.

・後退する go back; retreat; 《船が》go astern.

提供元:「EXCEED和英辞典」
-------------------------------------------------
ってかさ、そのぐらい人に聞く前に自分で調べろよ。

455 :日出づる処の名無し:2009/06/26(金) 23:57:17 ID:C3PV6bjp
スマン、クイズのつもりで・・・。
つか、なんでもかんでもググるのもどうかと。
因みにさっきsageるの忘れたよ、ごめんなさい。

456 :日出づる処の名無し:2009/06/27(土) 00:06:15 ID:LMcEpHrW
あー、分かる分かる。
つか、英語分からんから、
すぐググっちゃうのよ。w
ゴメン。

457 :日出づる処の名無し:2009/06/27(土) 03:00:19 ID:diR5H1Q5
>>417
インストールは「導入」だなあIBM的に

458 :日出づる処の名無し:2009/06/27(土) 10:27:26 ID:xccaxlKM
『電子的計画図』を『書き込み』と『削除』じゃダメかな?

459 :日出づる処の名無し:2009/06/27(土) 21:08:22 ID:yF3Knz14
劇場版ストIIで、ラストのケンのセリフ「グッバイ」が北米版では「SAYONARA」になっていた

460 :日出づる処の名無し:2009/06/27(土) 23:58:03 ID:VhTBq2XL
IBM方言

ディスケット
IOチャネル
プラナーボード

歳ばれそう・・・

463 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 02:47:27 ID:PaTOnHx4
>>460
あと 遮断

464 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 08:55:45 ID:EE76qi8c
外国の言葉を仮名にしてそのまま取り入れる事が出来るのが仮名の長所だと思うんだけどなぁ
音訳した方が細かいニュアンスが伝わりやすいって言ってた人もいたし。

465 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 10:42:28 ID:3xrlEFq+
ダウンドーロ←一見して気付かない

466 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 10:47:21 ID:0VZxmjoc
ディスケットって日本語で「ディスクちゃん」て感じだよな

467 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 10:56:34 ID:3xrlEFq+
そういえば、なんでごみ箱だけ日本語表示なんかな?

468 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 11:03:56 ID:zHteVxiJ
「ごみ箱」はコンピュータとは関係無い概念だからじゃないのか?
態々横文字化する必要性が無い。

469 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 11:26:02 ID:3xrlEFq+
つうか、ごみ箱だけ完璧に翻訳できたんかな。

470 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 12:50:28 ID:2l+Ey2ZF
塵箱と護美箱はどちらの表記が正しいのか?と言ってみる。

471 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 14:35:53 ID:oQD+NPTe
山紫水明の箱

473 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 18:21:08 ID:otbA4ANE
プロトコルなんてかっこつけて言われたら、
価値観に対して「カニ缶?」と聞き返せないジャマイカ

しかし、最近は何にでもリテラシーと付けたがる輩が多くて困る

474 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 18:32:54 ID:d8KJUuiT
リテラシーに対するリテラシーが必要だな。

475 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 18:35:25 ID:EE76qi8c
ヘルプのヘルプを思い出した

477 :日出づる処の名無し:2009/06/28(日) 19:33:54 ID:mwR3lCHD
プロトコルは議定書と訳そう。

480 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 12:43:43 ID:ADfGegqz
象徴的な漢字を一字定めて訳語をつくる
プロトコル →「伝」→伝語
RAM →「憶」→憶石
ROM →「焼」→焼石、焼板
マザーボード→「基」→基板
CPU→「算」→算盤
GPU→「描」→猫
USB→「挿」→汎挿口
HDD→「蔵」→鑑定団
液晶モニタ→「絵」→画板

481 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 13:44:56 ID:OSbI3AK+
趣味悪い

482 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 13:45:08 ID:kcndZGpZ
なんか清国で失敗した漢語化運動そのままっぽいな

483 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 15:22:15 ID:DycnKdth
表音文字を組み合わせて新しい漢字作ればいいんじゃね?
「!」「?」、梵字なんかは表音文字からできた表意文字だよね

484 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 15:29:27 ID:0IWz2Ema
>>473
リテラシーは解読力でいいよな
意味が微妙に違うが訳語なんてそんなもんだ

485 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 20:46:11 ID:PNMwntFn
汎挿口が新汎挿口になって、更に次のバージョンが
ニュー新汎挿口になるのが見えるようだ。

486 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 21:34:23 ID:+Y1rt1es
活線挿抜とか撚り対線とか言われてもピンとこないんだよなぁ

487 :日出づる処の名無し:2009/06/29(月) 22:02:30 ID:M+4RZixh
英語を中国語に置き換えて、これが新しい日本語ですってのはやめてほしい

500 :日出づる処の名無し:2009/06/30(火) 19:48:25 ID:Nzlu30yv
マウスパット→シキモン
モニター→ガメン
キーボード→ボタンイタ
UBS→ナンデモサシコミ
マウス→ウゴカシネズミ
CPU→カンガエルトコロ
メモリ→オボエルトコロ

これくらい落とさなきゃDQNまでカバー出来ないんだよ。

503 :日出づる処の名無し:2009/07/01(水) 00:08:44 ID:727ryJ0A
>>500
最初真面目に読んでて気付いた瞬間ホットケーキ吹いたwww

504 :日出づる処の名無し:2009/07/01(水) 11:12:33 ID:JoLCyoRU
>>500
ほぼ日本語化に成功している

505 :日出づる処の名無し:2009/07/01(水) 13:39:01 ID:jMkxZCIG
何故かこの流れで
トゲアリトゲナシトゲトゲを思い出した

506 :日出づる処の名無し:2009/07/01(水) 18:03:51 ID:9W3yjJwC
>>500
実際、パソコン苦手なおじさんたちに使い方説明してた10年ほど前までは
こういう言い方してたよ。

507 :日出づる処の名無し:2009/07/01(水) 19:24:21 ID:JoLCyoRU
>>506
なんとなくありがたみはなくなりますが、
とても実用的なのは、実践に耐えたものだったからなんですね。

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<日本発なのにお株を奪われたものってある?(part96スレ) | メイン | 裁判員制度が始まったころ(part96スレ)>>
コメント
-  -
Windows95が発売された当時「インターネットに簡単に繋がる!」と騒がれたものだが、そのネットワークの仕組みを知りたいと思っても書籍が無かった。
OSIの階層モデルが95年、TCP/IPが98年に定まったと記憶している。なので、書籍の中身は支離滅裂だった。英単語をカタカナにして「てにをは」を入れて羅列しているような。漢文の読み下し文みたいな。

欧米の概念を漢字に直すには、漢語の知識が必要で、それができる人が現代では少なくなり難しい作業だと聞いた。
2013/06/16 02:08  | URL | ま、一言 #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/554-c1b199dc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。