2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
図書館と活字離れ(part94スレ)
- 2013/05/24(Fri) -
846 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/13(月) 23:18:00 ID:Wzw7RAdF
http://www.1book.co.jp/002652.html

図書館は案外だな
人口密度の差かもしれんが

850 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 02:02:35 ID:rG++bbtO
>>846
日本の図書館は「図書館ごっこ」であって、本当の図書館として機能していない
なんてのは、もう太古の昔から言われていることなのに。

851 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 02:04:06 ID:ULy7cgPD
各国の書店数とかは?

852 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 02:39:09 ID:wNHauk7P
本当の図書館てどんな図書館?

853 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 02:44:51 ID:ULy7cgPD
・・・アレクサンドリアかな。

854 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 04:12:49 ID:deLr34Xl
ふっ、日本には「文庫本」という必殺文化があるのだ。
本というものが高価ではない社会において図書館の価値は
やや下がらざるを得ないね。

855 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 04:13:46 ID:deLr34Xl
>>853
建てれば他国が発見した技術を得られる奴だな。

856 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 05:12:34 ID:rG++bbtO
>>841
日本は芸術関係の規模が欧米の20%くらいという数字を目安として
覚えているが、はて、何の数字だったっけ?

あとは、外国からコレクションを持ってきた企画展がメインで、
常設展が貧弱でほとんど形だけのもの、
展覧会に来る人が固定されているというのが問題として挙がっていたような。

857 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 06:47:05 ID:beybB98U
>>850 >>852
図書館の根本機能であるリファレンスサービスが、なおざりになっている。
専門教育を受けた図書館員が極めて少なく、また館長も役人が多いため、
図書館学の正規教育を受けた人間が図書館運営に携われない。
最近では公共図書館の運営の多くが民間委託されており、貸出冊数や
閲覧者数で評価されるため、ベストセラー本を大量購入して回転させて数字を稼ぐケースが多い。

>>856
博物館法によって日本の博物館は本来入館料を徴収してはいけないことになっているが、
実際にはそうもいかないので、
企画展なら企画展のための特別費用を徴収できるので、
結果として企画展頼みの運営にならざるを得ない。

858 : 日出づる処の名無し : 2009/04/14(火) 10:08:16 ID:ec/0iLHN
>>857
図書館のレファレンスサービスは、県立図書館クラスじゃないと無理では?
町の図書館なら図書館利用者が学習・研究・調査を目的とするより
娯楽で利用していますから。
でも、最近の図書館は、児童向けに「絵本の読み聞かせ」なんかもしてくれるので、良いと思いますよ。
昔は、外国と日本を比較して「やっぱり日本は遅れてるな」なんて思ったりしましたが、
最近は、「日本が遅れてるんじゃない。先に行き過ぎてるんだ。」
と思うことが多くなってきました。

859 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 10:11:39 ID:EbTaBCQy
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/004/h17/002.htm

博物館とかのデータあった

860 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 10:41:29 ID:lCATKagX
町の図書館て、リファレンスサービス以前に、リファレンスするだけの学術書もないね。
くだらない小説本ばかりで占められていて簡単な調べものするだけの本も揃ってない。
休日にちょっと近くの図書館で調べてこよう、みたいなことができない。

861 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 11:03:57 ID:GWmtjBmO
>>860
でもさ、
そこらの町の図書館で専門書を閲覧できる国って
そんなにないと思うんだ。
専門書をたくさん置いてある図書館って
どこの国でもそれなりに大きい主要都市にあるんでないの?
違うかな。

862 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 11:18:16 ID:lMBgMctn
>>846
10万人あたりの図書館数じゃなくて
10万平方メートルあたりの図書館数にしたら
日本が上位に来ると思う。

866 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 14:12:42 ID:Ok8plt4s
>>846
そのリンクの先、ちょいちょいっと覗いてみたんだけど…。
日本の年間書籍発行数って他の国に比べて圧倒的なのかなぁと思っていたけど、
実際そうでもないんだな。

867 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 17:23:12 ID:tq+WUhx5
図書館はなあ。
リファレンスとしての機能もともかくとして、図書館を必要としてそうな層が

「ご飯を抜いても、手元に置きたい本がここにあるんだ!」

こう叫ぶ国だから。

868 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 17:48:03 ID:Sjw0meEF
欧米の場合は図書館は充実していても、書店や個人の蔵書が日本に比べ劣っているという話。
よほどのアッパークラスじゃないと自宅に本が溢れてるような人はいない。
GHQが大日本帝国の正当性を証する本を焚書しようと、各地の図書館で処分させたけど
日本には個人の蔵書が多かったので焚書を免れた本が少なくない。
図書館を焼けば焚書になるという浅はかな考えは日本には通用しないのだ。

870 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 18:26:25 ID:BEyzHaxZ
図書に関してはネット配信を期待するよ。
小さい図書館だから本が無いとか、他の人に借りられてたなんて無くなるといい。

871 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 18:27:00 ID:PV2LBSXR
日本と欧米の読書の差っていうのは、こんな感じらしいね。

欧米:書物は一種のステータス。服で言うなら、よそ行きのパーティドレスみたいなもの。
日本:書物は生活の一部。服で言うなら、靴下とかパンツとか制服とか、毎日着るもの。

872 : 日出づる処の名無し : 2009/04/14(火) 19:36:00 ID:elMqlcXE
>>871
日本だと保存のためにハードカバーよりも、質のいい文庫本を買う層がいるからね。
文庫本の紙質良すぎる。
あっちだとハードカバーとペーパーバックで異様に紙質違う。ハードカバーはかなりいい紙使うが、
ペーパーバックは消耗品だから藁半紙。
読書に対する考えはまるっきり違う。

873 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 19:49:47 ID:Ok8plt4s
>>871
と、そんな風に俺も考えがちなんだが…
新刊の書籍発行点数なんか見ると、やっぱり欧米は結構多い。
特にイギリスやドイツ。
日本も決して少なくないんだけど、人口一人当たりで見ると、
ヨーロッパの主要国より低かったりする。

これは古いデータだけど…目安に
http://www.1book.co.jp/001927.html

日本の新しいデータはこれを…90年代から倍増はしている
http://www.stat.go.jp/english/data/handbook/pdf/t16_6.pdf
(※リンク先消滅)
これも古いデータだけど参考までに…
http://wp.cao.go.jp/zenbun/kokuseishin/spc10/houkoku_d/spc10-houkoku_d-4_1_8.html
(※リンク先消滅)
意外と日本は本を読んでいるようでそうでもなく、
欧米は読んでなさそうでも読んでるのかな…と。
まぁ、自分の周り見てみると、本読んでる奴は読んでるけど、
読んでない奴は読んでないしね。日本人でも。

874 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 19:56:42 ID:OJR4JVPT
ネット始めてから本を読まなくなった。
田舎だから図書館に本はないし、かといって、読みたい本を読みたいだけ買ってたら破産する。

875 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 20:01:52 ID:rG++bbtO
年間平均読書数は、アメリカ25冊、日本18冊……

876 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 20:04:36 ID:UZNMUc2C
マンガ、小説、雑誌は含まないとか?

877 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 20:07:50 ID:BEyzHaxZ
ネット図書館に関しては作者の収益のこともあるから、一部の作品に関しては
有料化でもいいんだけどなあ。

878 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 20:47:29 ID:2ZlkbiwP
和紙で作った本とか普及しないかな

879 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 21:16:09 ID:y9DQPJbT
和紙じゃパラパラマンガが描きにくいからダメ

880 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 21:18:48 ID:zko3ajcm
同人誌という闇の本を数に入れたら、
なんか凄い違った結果になりそうな

881 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 21:43:16 ID:yZHX8Wdw
日本人はこういうアンケートだと、漫画、雑誌、How to本なんかを自主的に省くけど
アメリカ人はそういう事しないんじゃないの。

882 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 21:54:38 ID:BQPD4fLN
機械翻訳とまでは行かなくとも英語とフランス語は相互に翻訳しやすい。
各ヨーロッパ語との間で相互に翻訳できるから発行点数を増やしやすいのではないか。
イギリスの場合なんかアメリカの出版物そのまま出すことだって可能だし。

しかしそれにしても少ない。この程度の競争で出版不況とか言ってる日本の出版社は
どれだけ脆弱な体質なのかと。

883 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 22:22:46 ID:rTWtaGHd
書籍発行点数に雑誌、雑誌扱いである漫画(漫画の大半)は入ってんの?

884 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 22:31:46 ID:uPFhOEY+
>>881
まあ、日本じゃマンガは読書のうちに入らんな

895 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 23:48:13 ID:rG++bbtO
着実に世界に広がっているアメリカのロマンス小説を甘く見ない方がいいな。

897 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/14(火) 23:57:13 ID:V6c5RCxT
>>875
それって、米国で出版される本って、Amazonとか経由して世界中で買われるから
じゃねぇのかって気がする……。

技術書とか特に。

898 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 00:04:16 ID:UZNMUc2C
資源や金融と同じで、
流通は重要だわなぁ。

経済で通用することって、
軍事や情報でも同じなのね。

899 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 01:08:52 ID:chkIiX+6
>>895
801本が世界に知られたら・・・
想像しただけで恐ろしい。

900 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 01:15:11 ID:A+Yi+Vw9
・・・いまさら、何を?

901 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 01:22:30 ID:BN/aAt4O
yaoiを英語とかでググってみ

902 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 02:04:43 ID:X+Swlxhy
アメリカで読書離れが進んでて、図書館利用者を増やすためにマンガを大量に揃えてるらしい

903 : 542[sage] : 2009/04/15(水) 02:37:49 ID:+RlzQhnR
>>899
"/"(スラッシュ)とか言って向こうでもあったらしい。スタートレックのカーク艦長とMr.スポックとか
まぁ、それでも組み合わせが無生物でもOKな大和撫子が最強らしいが(w

905 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 06:39:22 ID:WCXe89Y2
>>899, >>903
ビルゲイツ×スティーブジョブズ
(逆かも)
ってのもネットであるらしい。もちろんマイナーだろうが。

個人的にこういうのは、生臭くなく、プラトニックというか、
精神性だけならまぁそれなりに楽しめる(w
無機物同士(炭素総受け)とかそういうのは学生の頃あった気がする。ごくごく一部の内輪で。

906 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 11:38:06 ID:FoKjoih/
>>899
米amazonには、yaoiのカテゴリーがあるぞw

907 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 12:01:40 ID:l59Ya48U
でも海外のスラッシュと日本のやおいは似て非なるものだと思う。
いわゆる「受け」「攻め」が固定されてないことが多くて、
役割分担=差別という感覚があるのかなあ。
同等でなくなることへの恐れ、同等の立場であることへのこだわりが感じられる。
やおいは恋愛ファンタジーだけど、スラッシュはジェンダー闘争のような。

908 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/15(水) 13:00:08 ID:TpjLL5Fj
きもい

943 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 09:11:13 ID:OLNsXl0k
>>902
なんでそんなことするんだろう?
別に利用者から金とってるわけじゃないでしょ?
利用者が少ないと予算を削られるからか?

944 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 14:07:15 ID:b6k/t9K/
>>943
やっぱり若年層の活字離れが問題らしい
http://www.usfl.com/Daily/News/06/08/0801_010.asp?id=49777
(※リンク先消滅)
こんなのも
http://goyaku.seesaa.net/article/108786862.html
(※リンク先消滅)
http://goyaku.seesaa.net/article/22419184.html
(※リンク先消滅)

946 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 16:28:13 ID:XcCMiccs
>>944
子供の頃は、マンガを読むとバカになる、と親に言われたものだった。
リンク先にも書いてあるが、日本人は大人もマンガを読んでる、と外国人が呆れている、と
日本のマスコミは報道していた。。

948 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 18:20:24 ID:wQJKadEe
>>946
子供の頃は、本なんか読む奴はろくな大人にならんと叱られた。
って、ばあちゃん(80歳)が言ってた。
どんな本を読んでたか教えてくれないけどw

949 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 18:23:54 ID:M4WdWaub
>>948
> どんな本を読んでたか教えてくれないけどw

この情報は重要だよな。むかし主要な娯楽だった、
ジャングルや絶海の孤島でヒーローが切った張ったを繰り返す冒険小説のことかもしれないし。

950 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 18:50:28 ID:wQJKadEe
いや俺が思うに、吉屋信子の乙女小説あたりじゃないかとにらんでる

951 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 19:51:23 ID:+9b4a3Zz
当時の文学青年がみんな妄想飛ばしすぎて空理空論重ねた挙句
変態になったり自殺したり左翼になったりしてたからだろう

952 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 20:27:40 ID:RAsBUqWN
ばあちゃんには、インテリ=ロクなもんじゃないって感覚だったんじゃないの?
額に汗して地道に働く人が一番ってヤツ

953 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 20:38:19 ID:/buG1HVo
>>944
あと、向こう風に言うと、カトゥーンじゃなくて、グラフィックノベルという言い方をしてるみたい。
ストーリー性の高いコミック作品のことを。
で、内容的に読むに値するものだ、と言って全米図書館協会も推奨図書を毎年選んでいる。

森薫のエマとか。

954 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 20:39:14 ID:/buG1HVo
>>949
>ジャングルや絶海の孤島でヒーローが切った張ったを
>繰り返す冒険小説のことかもしれないし。

本郷少佐ですね、わかります。

# 亞細亞の曙とか。

955 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 20:41:22 ID:mJxYy43w
うちのばあちゃんは>>951みたいな事言ってた

956 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 20:41:37 ID:qy94yWTB
またアニメかよ。

957 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 21:19:04 ID:b6k/t9K/
各国の読書量調査で日本は下の方だったんだが、日本と外国では読書の認識が違うんじゃないかと。
日本じゃマンガ見て読書って感覚ないよね?

958 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 21:21:09 ID:k6NfPigp
資本論とかマインカンプとか人間失格とかじゃね?

959 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 22:43:35 ID:6yW1asMU
昔は読書といえばコンラッド、ディケンズ、鴎外、漱石を指したが
今ではミステリーや新書やラノベも読書だから他人のことは笑えんよ。

960 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 22:45:44 ID:Odu4UJHn
啓発書もだんだんうすっぺらくなってきたしな。
専門書も読んでられなくなったけど

961 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 23:17:07 ID:jqgck9Pm
今でも文語文で翻訳できる人いんのかな?

962 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 23:24:24 ID:YWgP+OF+
>>958
毛沢東語録が一番やばいな。殺した人数では聖書を超えてるかも

963 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 23:26:21 ID:oivRmjkh
毛沢東の移動スピードは2つ。・歩く ・殺す の2種類。

964 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/16(木) 23:40:21 ID:l39CZJhB
>>955
北野たけしも母親がそんな感じだったって言ってたな。

965 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/17(金) 01:21:33 ID:sOLcElNN
「資本論」読んで妄想とばして自殺したり左翼になったりというのはあんまり想像できない。
アホサヨが読んでたのはマルクス・エンゲルスの「共産党宣言」とかだろうな。薄っぺらいし。

966 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/17(金) 06:35:59 ID:oFNTx64q
>954
亜細亜の曙・・・今の若い人は知らないよw

967 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/17(金) 07:26:47 ID:jJmWlW84
ハワイの曙とかなら知ってる

969 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/17(金) 09:00:17 ID:dyDbhvCH
最近はマンガの中の活字すら読む気力のない奴や、映画を字幕で見れない若者が
増えているというので、マンガを読める人間はまだマシな方になってしまったな。

小林信者はマンガで右翼に目覚めたってやつか?

970 : 日出づる処の名無し : 2009/04/17(金) 09:16:56 ID:8EiEUYfC
どこの誤爆だよ?w

971 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/17(金) 09:18:09 ID:uGgb01Yq
小林って小林よしのりの事か?
あれを迷いなく右翼って言えるのが左翼系だろうなとは思うが

972 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/17(金) 10:13:00 ID:pQXrGaOf
マルチスタンダードの馬鹿がどうかしたか?

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<日本と世界の農畜産業のゆくえ(part95スレ) | メイン | 日本のガラパゴス化(part94スレ)>>
コメント
-  -
各国がどこまでを読書に含めるか分からないから
こういう統計はあまり意味がない気がする
2013/06/11 13:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/547-4b447159
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。