2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
縄文人と弥生人は捏造だった?(part94スレ)
- 2013/05/18(Sat) -
466 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/04(土) 12:24:42 ID:JbCxW5vX
人間の営みってやつは究極的なところで自然に依拠しているので、
一定の面積当たりに生存できる人間の数には自ずと限界がある。
ところが限界を超えてもすぐに破綻するわけじゃなくて、
自然が長らく蓄えた貯蓄分とでも言うべき部分を食い潰しながら、人間は増殖していく。
そして本当にどうにもならなくなったところで無茶苦茶になる。

李朝末の朝鮮ってのは自然の蓄えをも食い潰した破綻国家状態だったんだよ。

日本なんかでは、古代から自然に手を入れることが行われ、中世以降は殆どの山林が
人間の管理下に入り、今や原生林は僅かにしか残っていない。
そういった管理の下で再生可能な範囲での生活と、その拡大が試みられてきたわけ。

しかし日本も決して最初からそうだったわけではなさそうで、
縄文中期から後期にかけての人口減少が、
実は「自然の恵みを食い潰したため」じゃないかと言われていたりする。

470 : 日出づる処の名無し : 2009/04/04(土) 13:47:43 ID:WMapPIqO
>>466
縄文時代って、我々の御先祖さんが石槍持って狩猟していたぐらいにしか思っていませんでしたが、
縄文後期で人口が減少し、そこから弥生時代に繋がっていったことを考えると、
どこかで大々的に植林していったということになります。
個人で植林は困難でしょうから、
その辺りで後の和国(倭国)大乱の基になる小国家群が形成されたのでしょうか。

472 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/04(土) 14:13:33 ID:VKxE0/hN
>>470
さすがに森林伐採のことじゃなくて、植物動物の乱獲レベルのことでないの
大型木造建築を集中的にした大和、山城近辺でその手の問題が表面化するまで
特に植林の痕跡は無いと思う。

果実樹と植木を別とすれば

473 : 日出づる処の名無し : 2009/04/04(土) 14:16:00 ID:iyzxgb/B
森林の持続的開発を可能にした徳川政権については
アメリカの学者が本で絶賛してたな

474 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/04(土) 14:31:46 ID:3mH2GdSs
>>470
狩猟採集から、農耕への転換ですな。

481 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/04(土) 17:49:57 ID:hDqC0BzL
>>472
むしろどんぐりとか栗なんかの実をつけるのを植樹したのではないでしょうか?
縄文時代の末期には意図的に集落の周りに栗が植えられたと聞いたことがあります。

485 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/04(土) 21:28:22 ID:adp7KWUO
今までの縄文時代や弥生時代の教育やイメージは
人類考古学と中国の文献が主要な情報源になっていたんだけど
近年では人類と家畜や野生生物との関係を解明するために
動物考古学という視点から過去から近代までの歴史を見直す学問の進んでいる。

例えば昭和初期ぐらいまで東北のマタギの間には
秋田犬ほどの大きさの巨大な猫を仕留めた話が伝わっていることや
縄文時代の遺跡から発見された動物の骨がネコ科の動物の骨であったことが確認されたことから
江戸時代初期ぐらいまでは
東北地方にヤマネコか虎のようなネコ科の肉食獣が存在した可能性が論議されたりしている。

また、魏志倭人伝の日本には豚がいないとの記述を信じ、
発掘されていた骨がイノシシの骨だと断定されていたが
DNA検査の結果から家畜化されたアジアブタの骨であったことが確認され、
今までは狩猟採取時代と思われていた時代に
家畜としての豚の飼育が行われていたことも明らかになっている。

戦国時代から江戸時代にかけて使われていた庶民の共同ゴミ捨て場からは
調理痕のある犬・馬・鹿・猪・豚などの多数の動物の骨が発掘されているし
縄文・弥生時代から江戸時代にかけての食生活などは
これまでの常識を見直す時期が来ているのかもしれない。

519 : 日出づる処の名無し : 2009/04/05(日) 17:52:48 ID:mKMOOFzS
>>485
あのヌコのような土偶は、その未確認生物のものだったんか。
後世の捏造かなと思っていた反省します。

505 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 06:04:26 ID:rGn9TYwN
>>470
弥生人に殺されたんだろ。

506 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 07:49:04 ID:VY14gpOk
>505
各地で争いは起きただろうが、滅ぼされてはいないだろ<縄文人
地方に逃げて、蝦夷や隼人と呼ばれる様になったりしたけど、
結果的には、2つの血は徐々に融合されていったと思うよ
国譲りの神話みたいに

507 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 08:25:02 ID:athZCnhK
人間だったら友達だけど~♪

508 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 08:28:08 ID:x9jlr+qX
>>505
縄文人も弥生人も居ない。
攻め込むほど大量に植民してくるのに、一人も文字が書けないなんてありえない。
日本に大量の移民を流入させてチベット化したい奴らの創作に過ぎないよ。

509 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 09:45:51 ID:E/SREOWz
そもそも明治と平成の日本人、血のつながったおじいちゃんと孫でさえ
生活スタイルが違うと、体格にもはっきり違いが出てくる訳で。
縄文人とか弥生人って時代で人種をわける事自体がナンセンスなんだよ。
朝鮮半島あたりからの流入者が自分たちが優位に立ちたいが為の
人種分けのねつ造なんかスルーしとけ。

511 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 12:43:34 ID:pkmYDGIK
俺も509の意見に同意だな。
そもそも日本列島には2万年以上前から人間が住んでたわけで。
氷河期、まだ大陸と陸続きだった頃、後に日本列島になるこの土地へ人間が
やってきて暮らし始めた。その人達こそ最初の日本人であり、また今も続く
我々の先祖であり、実際はこの人達の血こそ一番濃く受け継がれているだろう。

無論、その後、氷河期が終わり、日本列島が海で隔たれてからも、人の往来は
あったろう。しかしなにぶん古代の事。劇的に日本人の人種が入れ替わるほどの
大量の往来は不可能だったろう。

512 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 12:43:54 ID:M0Aew6iJ
朝鮮人優遇はもっともだと思うが、縄文人も弥生人も捏造というのは、聞いたことがない。
その点kwskヨロ。

513 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 14:36:58 ID:++60ezs4
>>509
そういやぁ、竹下前首相のロック歌手がときどきテレビにでてたね。
確かにあれで血の繋がりがあるとは思えんかもしれん。

514 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 16:06:23 ID:L40GrO9z
縄文人や弥生人が捏造というのはどうなんだろうね。よく分からない。
ただし、戦後の日本の教育界が朝鮮人に牛耳られてきたことは明らかである訳だから、
それが事実でもおかしくはないとは思う。

そもそも、なぜ、白人にとって、白人だけが人間で、
"我々"と"彼ら"という区別が大事だったかというと、
おそらく、絶えず、欧州がユーラシア大陸から圧力を受け続けてきたから。

イスラム教徒はもちろん、ジンギスカンを代表として、シベリアの遊牧民からも圧力を受け続けてきた。
欧州は大陸と言われているが、ユーラシア大陸から突き出た、巨大な"半島"と見なすことも出来る。

つまり、三方を海に囲まれ、大陸につながっている方面からの圧力が絶えることがない。
例えば、スペイン内戦では、スペインのあるイベリア半島につながっているフランスから攻撃を受け、
イギリスに海上封鎖されるという逃げ道のない状態だったんじゃなかったっけ?

で、その血で血を洗うような内戦を、ピカソが絵で描いたりとか。
朝鮮半島も、大陸から攻められ、日本から海上封鎖されれば、おしまい。逃げ道はない。

だから、"半島"というのは、基本的に呪われた地であり、
朝鮮人は文字通り、DNAレベルで呪われている。
<丶`∀´>←この顔が、その証拠で、大陸人(モンゴル系)に支配された証拠を
DNAレベルで刻みつけられた。全く恐ろしい話だ。

文化は、そのたびに破壊され、残っているのは、"恨"のようなメタ的な呪いの文化。
同情さえも利用するという生命力。というか、もはや呪い無しでは生きていけない"毒手"のような体に。

そして、日本が併合して、終戦して、日本には在日が残った。"彼ら"は災いを振りまく。
テレビという一家に一台ある洗脳装置を操るマスコミ、ヤクザと政治、ギャンブル(パチンコ)、
風俗(エロ)、宗教(創価学会)。左翼系知識人やエリート、体育会系DQN、ヤンキー、
芸能界も多分にその影響はあると思う。"朝鮮人にはかなわない"という心理操作。

で、今回の朝日の工作員事件は、ネットへの"侵攻"を試行錯誤しているということだろうが、
なかなかうまくいっていないみたいだね。

528 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/05(日) 20:30:21 ID:wDOkLIQX
>>508
日本に文字(漢字)はかなり早い時期に入っていましたが
無文字文明の賢明さとして、文字の取り入れには抵抗し続けていました。

それで、表面上日本に漢字使用の痕跡が現れる時期が遅いというわけなのです。

>>509
縄文時代と弥生時代と時代は分けていますが、
人種は分けていませんよ。
よく見てみてください。

担っているのは同じ民族なのですから。

縄文人=縄文文明を担った日本人
弥生人=混血推進派縄文人+すこしの移民=現代日本人

もし、分けている教科書などがあれば、それは洗脳です。

>>511
同意。
そもそも、巨大独自古墳や銅鐸などの超巨大化をどう説明するのでしょうか>左翼歴史学者
歴史学から左翼を殺してでも排除すべきです。
鮮人ごときが国史を研究するなどもってのほか。

560 : 日出づる処の名無し : 2009/04/06(月) 13:58:54 ID:kO0sYkGJ
>>528
>縄文人=縄文文明を担った日本人
>弥生人=混血推進派縄文人+すこしの移民=現代日本人

縄文人はそのとおり。
弥生人は、少しの移民ではなく、数百年にわたって相当数の渡来人がやって来たようだ。
最終的には、縄文人:渡来人=2~3:7~8くらいか。
弥生人=縄文人と渡来人の混血というのは、そのとおり。

ただ、現代に至っても完全に均一に混血していないため、
日本人の顔のバリエーションは驚くほど豊かだ。
それは、平井堅を見てもわかる。朝鮮人にはありえない彫りの深さ。

562 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/06(月) 14:48:04 ID:zd2E1v5Y
>>560
弥生時代には殷、周、秦が東シナ海沿岸まで支配してたのに、
長期的に大量の渡来人がいて、どちらがわにも記録が残らない、てのは流石に無理と思えてならない。

時代が進んだことで東シナ海の航行量は増えたから、漂着者レベルで考えてしかるべきじゃないか。
日本から帰って、それを記録した奴が居ないんだから。

565 : 日出づる処の名無し : 2009/04/06(月) 19:36:05 ID:kO0sYkGJ
>>562
相当数の渡来人と混血しなければ、縄文人と弥生人との間にこれほど差異ができない。
縄文人=彫りが深く、毛深い。二重まぶた。
弥生人=扁平な顔立ち。一重まぶた。

また、自然増では説明できないほど弥生人では人口が増加している。

568 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/07(火) 01:18:05 ID:3GoY6JgG
>>560
>最終的には、縄文人:渡来人=2~3:7~8くらいか。

これって貴方の推測ですか?それとも科学的根拠や学者の研究結果?
煽っているわけでなく、その辺明確にして欲しい。
自分も古代にそれほど大規模な移住が可能だったと思えない。

569 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/07(火) 01:46:23 ID:438cvMCc
そう思うけれど、断続的に数百年のスパンならかなりいけそうな気もするが・・・

570 : 569[sage] : 2009/04/07(火) 01:47:50 ID:438cvMCc
数百年は大杉?百数十年?

572 : 日出づる処の名無し : 2009/04/07(火) 04:01:16 ID:wP0j2M6u
>>568
母親から子供にそのまま受け継がれる遺伝子「ミトコンドリア(mt)DNA」の型の分布から、
母方のルーツが「縄文系」の人と「弥生(渡来)系」の人の構成比を求める計算式を、
住斉・筑波大名誉教授(生物物理学)が考案した。
7地域、約3000人を対象にしたデータによると、首都圏では弥生系が約7割と多数派で、
東北や南九州など縄文社会が発達した地域では縄文系が7~6割と多かった。
11月の日本人類学会大会で発表する。日本人の成り立ちを探る新たな方法として注目されそうだ。

「日本人」は、大陸から北部九州を窓口に渡来した弥生人が、先住縄文人の子孫と混血しながら
全国に拡散、形成されたと考えられている。顔つきなど遺伝的特徴の地域差は、
拡散や混血の度合いの違いによるとされ、その解明は人類学の大きなテーマだ。

各地域集団の計算結果は表の通り。
日本人の平均的集団と考えられる首都圏の弥生人の比率(71%)で、
別の調査の歯の形態から割り出された現代関東人での
弥生系の比率(75%)とほぼ同じだった。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080804/trd0808041444013-n1.htm
(※リンク先消滅)

573 : 日出づる処の名無し : 2009/04/07(火) 04:06:41 ID:wP0j2M6u
>>569-570
1万年ほどの間隔絶した島国日本の地で平和に過ごしてきた(特に西日本に居住していた)
縄文人にとって、驚天動地の事件が勃発した。弥生人の渡来である。
弥生時代については、今まで西暦の紀元を挟んで前後2~3世紀の計5~600年といわれてきた。
ところが最近の研究で、それが数百年遡って西暦前1000年ころからであろうと言われ出している。
それがはたして正しいかどうかは今後の検証にゆだねるとして、
かつては秦(前200年ころ)の時代に戦乱からのがれた人たちが、
直接あるいはコリアの地を経由して日本に逃れてきたということがほぼ定説になっていた。
http://joumon-juku.com/help/25.html

574 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/07(火) 05:53:04 ID:mYL/4VD+
>>572
ミトコンドリア・イブで有名になったけど母系のミトコンドリアDNAによる民族の特定は意味がないよ。
ミトコンドリアDNAで調べるとアフリカ大陸の5人の女性に行き着くって話は有名だけど
それほどミトコンドリアDNAは変異が少なく
黄色人種ならほぼ似通ったミトコンドリアDNAになってしまう。
変異が多い父系のY遺伝子で民族を特定するほうが詳しく分析でき、
民族の形成の行程が明確になることが判明されている。
例えば母系のミトコンドリアDNAで調べると
日本と中国と韓国とモンゴルとウラルはほぼ同じグループに所属するけど
父系のY遺伝子で調べると中国人と韓国人には多くの共通点があるが、
日本人は中国人や韓国人とは共通点がなく中東の人々のほうが日本人との共通点が多い。
このように変異が少ないミトコンドリアDNAを基準にしてしまうと
縄文時代や弥生時代よりもかなり古い時代に分化した民族も同じ民族と判定されてしまう。

575 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/07(火) 06:10:56 ID:IxqfZQ0R
あの当時の船でそんな簡単に海を渡れるものなのか?

576 : 542[sage] : 2009/04/07(火) 06:40:12 ID:okxprcG0
下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの類で、
秦の成立前後の圧制から逃げ出した船の数が多かったのかもなぁ

577 : 日出づる処の名無し : 2009/04/07(火) 07:58:28 ID:wP0j2M6u
父系をたどるY染色体に着目すると、
日本列島の特異な点は、D2(縄文系)やO2b(長江文明)など、大陸では敗者となった集団が、
絶滅せずに混じり合って存在していることである。
世界の多くの地域ではせいぜい2系統しか見られないが、日本ではその他にもC1,O1,O3など
多様な遺伝子集団を吸収し、保持し続けている。

一方ミトコンドリアのハプログループに注目すると、日本には世界で日本人にしか見られない
M7aというグループがある。これは台湾付近で発生したと考えられ、
沖縄・アイヌに多く本州で少ないという特徴的な分布をしている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

580 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/07(火) 12:36:08 ID:9l3/Lsjd
>>577
> 世界の多くの地域ではせいぜい2系統しか見られないが、日本ではその他にもC1,O1,O3など
> 多様な遺伝子集団を吸収し、保持し続けている。

日本列島自体がノアの箱舟みたいだな。

606 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/08(水) 14:59:55 ID:Oj3fQnpw
>>575
ミクロネシアの島々に住んでる原住民は、船で渡って行った。
その出発地点は、台湾の原住民であるらしい。

どこに、新しい島があるか分からないのに、当時の船で大海原へ出かけるなんて、
自殺そのものにしか見えないけど、そうやって、広がっていったのは、間違いないらしい。

659 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 20:50:52 ID:SmJtZGbl
>>560
>最終的には、縄文人:渡来人=2~3:7~8くらいか。

そんなわけないだろうw

660 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 20:54:19 ID:SmJtZGbl
>>560
>ただ、現代に至っても完全に均一に混血していないため、
>日本人の顔のバリエーションは驚くほど豊かだ。

均質に混血しているからこそ多様。
おまえにはわからんだろう。

完全に均一というのは朝鮮人のような民族を言う。
モンゴリアンバスタード。つまりモンゴル遺児。
遺伝的多様性がかなり低い。

古代朝鮮人と現代朝鮮人は一滴の血もつながっていない。
現代朝鮮人は中世モンゴル遺児が近親交配して誕生した呪われた民族。
だから、モンゴル人は優秀なのに、朝鮮人は劣等。

661 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 20:58:28 ID:SmJtZGbl
>>565
おまえ、鮮人だろう。
ネット工作をやめろ。

他の土器文化にくらべた縄文人の異常な人口密度の高さを知らない素人が。

それから、おまえが期待するように弥生人は朝鮮人ではなく支那南方の難民。
また、朝鮮人であったとしても現代朝鮮人であるおまえとはまったくなんの関係もない。
現代朝鮮人と古代朝鮮人は断絶しているからだ。

>>568
信じない。
朝鮮人のネット工作。

663 : 日出づる処の名無し : 2009/04/10(金) 22:10:08 ID:1+kV0Hm6
>>659-661
縄文人よりも渡来人の方が何倍も多かったのは常識だろう。
弥生人≠朝鮮人は同意。
というより、その時代に朝鮮人自体存在していなかった。

664 : 日出づる処の名無し : 2009/04/10(金) 22:13:50 ID:1+kV0Hm6
>>660
>均質に混血しているからこそ多様。
>おまえにはわからんだろう。

>完全に均一というのは朝鮮人のような民族を言う。
>モンゴリアンバスタード。つまりモンゴル遺児。
>遺伝的多様性がかなり低い。

これ矛盾していないか?
日本人の容貌の多様性は、完全に混血せず均質でないからだろ?
その多様性は日本人の強みでもある。
頭冷やせ。

665 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 22:33:12 ID:JPMfQSE7
>>664
遺伝的特徴ってのは隔世遺伝したりするので、混血=ブレンドされるというわけではないの。
同じ両親から肌の色が異なる二卵性双生児が生まれたりする。
http://www.hoax-slayer.com/black-white-twins.html

遺伝的特徴が広く行き渡っているからこそ、容貌の多様性が生まれているわけ。

666 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 22:35:01 ID:17HFNTEj
>>663
日本の混血自体が旧石器時代前の、旧モンゴリアンと東南アジア方面との混血が主体で、
殷、周、秦時代であった弥生時代に大規模な大陸勢力による侵略があった痕跡なんてない。
バイアスのかかったイデオロギー的戦後捏造史学者でも、どこから大量移民が来ただなんて
嘘がすぐばれるようなことまでは言明してないはず。

667 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 22:44:49 ID:JPMfQSE7
最近の遺伝的研究だと、こんな感じ。
ルーツの研究じゃなくて、集団(クラスター)の研究だけど。

1人あたり約14万個所のDNA塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明

http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080926/detail.html
(※リンク先消滅)
本土と琉球は一応別クラスタになるんだけど、その距離は漢民族との距離よりはるかに近い。

668 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/10(金) 23:41:24 ID:17HFNTEj
近畿、関東、東海が中国に近いという結果からすると、
ちゃんと明治以前の純血種でサンプルを取ってない可能性も高いな。
研究内容からすれば、戸籍、寺帳、墓の遺骨ぐらいはチェックしないと意味がない。
偽日系人とか偽残留孤児のチェック用にも、墓の遺骨の強制DNA鑑定法ぐらい整備するべき。

670 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 00:27:56 ID:61JUTE96
>>668
> 近畿、関東、東海が中国に近いという結果からすると、ちゃんと明治以前の純血種
> でサンプルを取ってない可能性も高いな。

なんで明治以前なら純血種って言えるんだ?
江戸時代には確かに浮民・逃散の禁止が行われたが、逆を言えばそれまでの間に
人間の移動が相当にあったということだし、江戸時代の江戸、大坂なんざ全国から
人が集まる大都市だぜ。

理研の結果について言えば、関東と北海道は全国から人が流れ込んでるから、
公約数的な集団になるのは当然だろ。

そういう意味では、近畿・九州クラスターと、東北クラスターが比較的距離があると見えるのが面白くて、しかしそれでも漢民族クラスターからの距離と比較すれば誤差みたいな違いしかない。

672 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 00:54:43 ID:4xpP/8LS
均等に混血ってのは皆が国士13面待ち状態で、いろんな雀頭が出来る多様性があるってことかい?

673 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 01:14:11 ID:dKo3w6ie
>>666
●耳垢が語る民族の移動とルーツ

日本人の8割は乾型(耳垢が欠損)耳垢をもち、残りの2割は湿耳垢です。
この数字には地域差があり、京都はほとんどが乾型、沖縄では乾型と湿型が半々。
「乾型は弥生系、湿型は縄文系です」。

674 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 01:29:36 ID:onqvOdnP
俺はもろ南方系で縄文人で熊襲な顔なんだが耳垢はカラッカラだぞ。

675 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 01:33:05 ID:dKo3w6ie
形質人類学的にみて、日本では弥生時代になって大きな変化がおこる。
(中略)
北部九州や山口県で確認されている、こうした急激な骨格形態の変化は、
大陸にいた集団の大規模な移住によって生じたと考えられている。
(中略)
古墳時代以降、これら渡来系と在来系の集団間の混血が、比較的に渡来系
が優勢な状態のもとに徐々に進行することによって、歴史時代の本土日本人
が形成されていったとするのが、現在多くの研究者の間での一致した見方である。

エンカルタ 百科事典 ダイジェスト
http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1161533684/content.html
(※リンク先消滅)

677 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 01:37:21 ID:waJUugrv
渡来系が優勢、って言いたいだけじゃないのか。

678 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 01:41:42 ID:KGvHpHyu
耳垢の話はよく聞くけど、どこまで信用できるんだかな。

679 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 01:44:33 ID:dKo3w6ie
縄文人→在来系弥生人
大陸→渡来系弥生人

両者が徐々に混血して、
本土日本人(渡来系多め)、琉球人(在来系多め)、アイヌ人(在来系多め)になり現代に至る。
ちなみに、韓国朝鮮人のルーツである高麗・李氏朝鮮はずっと後世の話。

680 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 01:50:28 ID:ohcC0o/7
とりあえず各自、自分の耳垢データを晒してみようぜ。

耳垢の種類:
家族の耳垢(わかれば):
出身or出自:


耳垢:乾型
家族:両親兄弟乾型、一重瞼
出自:
 父方は水戸
 母方は富山

補足:死んだ父方の婆さんは一重でコテコテの湿耳垢ですた。

681 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 02:00:28 ID:dKo3w6ie
耳垢は、親子・兄弟姉妹の間でもバラツキがあるよ。
ただ出現する割合は、およそ8:2。

682 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 02:03:33 ID:dKo3w6ie
この割合は人種によって大きく差があり、北部の中国人や韓国人で湿性耳垢は4~7%、
ミクロネシア人やメラネシア人では60~70%、白人では90%以上、黒人は99.5%が
湿性耳垢であると言われている。
日本人全体では湿性耳垢の人は約16%だと言われている。ただ日本内でも北海道や
沖縄と、本州の間で割合に大きな差があり、北海道では約50%が湿性耳垢であるとの
報告がある。これは、日本には元々湿性耳垢の縄文人が居住しており、やがて本州
には乾性耳垢の弥生人が流入したが、その影響が及ばなかった北海道・沖縄には
湿性耳垢が保存されたことによる、と説明されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%B3%E5%9E%A2

683 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 02:04:58 ID:dKo3w6ie
これを見ても、完全に混血して均質になったというのは誤り。

684 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 02:07:49 ID:waJUugrv
北海道は、特殊じゃないの。

685 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 02:56:48 ID:1YzOViSt
>>684
北海道は開拓地だからな。明治以降に日本の色々な地方の出身者が
ごちゃっと集まった所だからデータ的に中央に纏まってるんでないかと。

686 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 02:57:45 ID:waJUugrv
むしろ、北海道は平均、とか。

687 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 03:05:03 ID:qzF/WID+
>>678
大して当てにならんだろ。
オレは子供の頃と今で違うし。

688 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 06:40:46 ID:hWz8fiNa
いろんな出身の人間が集まって北海道民ができたのに北海道弁という方言ができるのが面白いな。

691 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 08:22:31 ID:uHK5f7y1
>>670
純血種というのは単に明治以前からの日本人である。というだけの意味です。
朝鮮中国からの渡来人が多数派である、という戦後捏造を多数派にしたい連中が
大学などに大量にいるので、日本人のサンプルを在日特亜人や日韓併合以降の
帰化人から取ってる可能性が高いのではないか、との疑念を示しただけです。

耳垢なんてのは、都合よく発現する体質を体よく根拠にしただけでしょ。

692 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 08:49:23 ID:6+lWhxRp
耳垢が湿っている人はワキガ体質って話?( ^ω^)

693 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 11:03:27 ID:6qcl/3ER
自分は右と左で違う
右が乾性、左が湿性

694 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 11:53:46 ID:EJ6S8KXd
俺はベタ耳だなあ。富山出身。
二重まぶたでガッチリ、色白。

最近他人の体臭を微笑ましく感じるようになってきた。
アフリカ系とか中東系の人がコロンとブレンドしたスモーキーな匂いを漂わせてるのを嗅ぐと
その人の人柄を感じられた気がしてうきうきしてくる。
日本人はとにかく体臭を毛嫌いするけど、匂いを引き立たせるテクニックが全然だよね。

ちなみに洗濯物の匂いを嗅いで着られるか洗うか判断する事が多い。

695 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 12:12:26 ID:6+lWhxRp
   ___l___   /、`二//-‐''"´::l|::l       l! ';!u ';/:::l ', ';::::::l ';:::::i:::::
   ノ l Jヽ   レ/::/ /:イ:\/l:l l::l   u   !. l / ';:::l ', ';:::::l. ';::::l:::::
    ノヌ     レ  /:l l:::::lヽ|l l:l し      !/  ';:l,、-‐、::::l ';::::l::::
    / ヽ、_      /::l l:::::l  l\l      ヽ-'  / ';!-ー 、';::ト、';::::l:::
   ム ヒ       /::::l/l::::lニ‐-、``        / /;;;;;;;;;;;;;ヽ!   i::::l:::
   月 ヒ      /i::/  l::l;;;;;ヽ \             i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l::l:::
   ノ l ヽヽノ    /:::l/:l /;;l:!;;;;;;;;;',               ';;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l:l::
      ̄ ̄    /::::;ィ::l. l;;;;!;;;;;;;;;;;l            `‐--‐'´.....:::::::::!l
   __|_ ヽヽ   /イ//l::l ヽ、;;;;;;;ノ....      し   :::::::::::::::::::::ヽ /!リ l
    | ー      /::::l';!::::::::::::::::::::  u               ', i ノ l
    | ヽー     /イ';::l          ’         し u.  i l  l
     |       /';:';:!,.イ   し    入               l l U
     |      /,、-'´/ し      /  ヽ、   u    し ,' ,'  l
     |        /l し     _,.ノ     `フ"       ,' ,'  ,ィ::/:
     |       /::::::ヽ       ヽ    /     し ,' ,' / l::
     |      /::::::::::::`‐、 し      ',  /    u   ,、-'´  l,、-
     |      ``‐-、._::::::::::` ‐ 、     ',/       , -'´`'´ ,-'´
     |      _,、-‐'"´';:::::::::イ:l';:::` ‐ 、._____,、-‐'"´  u /
   | | | |    \ l::/ l::::::/リ ';:::::lリ:::::l';:::l l:l:::::l\  u /
   | | | |

696 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 12:38:59 ID:PXZP83z9
いや、上級者と呼びましょう。

697 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 13:57:56 ID:RdexMXqG
北海道生まれの俺(40代)の両親は北海道生まれ。
父方の爺ちゃんは徳島、母方の爺ちゃんは青森の生まれ。

698 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 14:37:08 ID:dKo3w6ie
>>691
>朝鮮中国からの渡来人が多数派である、という戦後捏造を多数派にしたい連中

「朝鮮中国」はその時代には存在していない。正確には、大陸や半島から。
数百年~千年にわたって渡来し、最終的に渡来系弥生人が在来の縄文人の数倍に達したのは事実。
耳垢・歯の形などの遺伝的なデータもそれを裏付けている。

ちなみに、渡来人は現在の朝鮮人とは無関係。

699 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 14:57:37 ID:uHK5f7y1
耳垢はともかく、歯形は食生活の影響の方が大きいだろう。
採取生活から、農水産業の発展による食料の軟化の方が、歯型及び顎骨を変化させる。
ほぼ獲得形質といっても過言ではない。

700 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 15:07:08 ID:dKo3w6ie
歯の形は、短期間では変わらない。
渡来系弥生人の歯は、北方のシノドント。
縄文人の歯は、南方スンダランド経由のスンダドント。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-11.html

701 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 15:31:55 ID:gRTzL7L1
>>675
戦後30年の日本人の骨格の変化は、考古学的に考察すると
30年で、日本に居住する民族が完全に入れ替わったと見なせるんだな。
栄養状態と食生活が変化しただけなんだが。
こういう事もあるので、あんまり骨格や体格だけで判断できるものではない。
DNA分析なら一発だけど

702 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 15:34:48 ID:gRTzL7L1
>>682
北海道って明治政府が入植を推進した植民地だぞ(笑)
日本中から人が流入している土地で遺伝子分析とかないだろ
そういう分析なら、北限は津軽あたりだと思うぞ

704 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 15:55:03 ID:4zPqz9w9
骨格だとか耳あかだとかで単純に時代別民族分けを
すること自体不毛ってことにいつ気がつくんだろ
ここの馬鹿どもはw

705 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 16:11:58 ID:+jG/48PT
>>698
疑問に思うのは、まさにここなんだ。

>数百年~千年にわたって渡来し、最終的に渡来系弥生人が在来の縄文人の数倍に達したのは事実。

大陸や朝鮮半島の政争は常にあったし、航海術も向上した後に日本に多数は来てないよ。
大古の方が、日本列島に大陸から来易いとの判断はおかしいだろう。

706 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 16:35:06 ID:hWz8fiNa
ボートみたいなちっこい船でどうやって大量に渡来するんだろ?

707 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 16:53:24 ID:uHK5f7y1
渡来人が居たことまでは誰も否定なんてしないし、技術の伝播過程において
その子孫達が混血していったことも、別になんの不自然もない。
ただ、先住民より多数が渡ったなんて言い出すのは、滅亡した百済から、
日本からの援軍及び百済の水軍よりも多い、
数十万の亡命者が日本に渡来して文明を教えてあげた、と主張する奴と同次元にしか思えない。

708 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 16:59:07 ID:3A1z2MEw
>>698
>数百年~千年にわたって渡来し、最終的に渡来系弥生人が在来の縄文人の数倍に達したのは事実。

渡来系弥生人とその混血である弥生人が縄文人の数倍に達したのは事実かもね。
第一純縄文人は年代を追うごとに急減している。
渡来系弥生人を分子、縄文人を分母とすれば数字は大きくなる。
だからといって縄文人の何倍もの渡来人が入植したわけではない。

709 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 17:25:38 ID:curSDCno
>>708
渡来人が、元日本人の縄文人に飲み込まれていったて言っているだけだろ?

710 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 17:34:54 ID:gRTzL7L1
平安京にペルシア人がいたくらい、古代から人間はあっちこっちに移動してるんだな
日本の基層文化は南洋系だし、渡来人が大陸からだけ来たとは思えんよな
ポリネシア系もそれなりに入ってるだろうし、北からのツングース系も多いと思うぞ
瞳の色が緑系の日本人も結構いるしな

711 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 17:52:05 ID:curSDCno
>>710
平安京にペルシャ人が何万人もいればお話になるけど。

715 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 19:44:58 ID:dKo3w6ie
>>707
北海道をいれれば、約30万が縄文時代最盛期の人口と考えられる。
30万人の人口は、晩期には75,800人にまで落ち込んでいる。
そして時代は弥生へと移行するのだが、驚くべきことに、10万人以下だった人口が、
弥生時代になると60万人近くに増加する。(中略)

縄文後期に10万人以下弥生になって人口が60万人に増大します。それでも日本語が
残ったということは、大陸からやってきた弥生人ははじめに縄文人に溶け込んで
大陸の言語を使わず、日本語を話すようになったということです。
http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=154841
(※リンク先消滅)

716 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 19:49:45 ID:dKo3w6ie
渡来人が大挙して来たとは主張していないよ。

縄文人100人の集落に10人ほどの渡来人がやってくる。
渡来人は日本語を学び、縄文人に融合していく。

これが数年~数十年に一度の割合でも数百年続けば、
日本語などの文化が保たれたまま渡来系が8割に達する。
これが渡来系弥生人。

717 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 19:56:53 ID:qzF/WID+
渡来系弥生人の定義って何?
一滴でも渡来系の血が入ってれば渡来系弥生人って事?

718 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 19:57:01 ID:uHK5f7y1
日帝35年で朝鮮の人口が倍増してるのに、千年見積もられてる弥生時代にその程度の
増加があったからといって、他所からの侵略にする必然性はない。
食糧事情の改善があった形跡があるんだから、増えるのは当然。

大陸の言語を使わず、なんの記録も残さず、そろいもそろってどんなバカばかりなんだよ
秦代の焚書坑儒とかで多少はましな奴が来ててもおかしくはないだろう。
前漢の楽浪郡難民とか、南宋、明滅亡時の亡命者はちゃんと記録が残ってる。

719 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 20:06:17 ID:dKo3w6ie
>>717
縄文人と渡来人は、数百年間それほど争わず平和のうちに融合していったと考えられる。
その結果生まれたのが渡来系弥生人(本土日本人の原型)。
渡来人が少なかった地方の縄文人は、
在来系弥生人(のちの蝦夷、隼人。今の琉球人・アイヌ人)となった。

721 : 日出づる処の名無し : 2009/04/11(土) 20:09:20 ID:dKo3w6ie
>>718
渡来人は侵略目的ではなく、
難民とかボートピープルに近いんじゃないかな。
大陸の戦乱を逃れてきたんだろう。

722 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 20:11:48 ID:uHK5f7y1
>>717
百済王家の亡命者の八代後に桓武天皇がいることで、
皇族に百済人の血が流れているといいたい奴をいちいち止めるまでの気にはならないが、
代々モンゴル人の妃を娶らされた高麗王家と同じだといわれれば、それには同意できない

726 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 20:50:54 ID:EJ6S8KXd
縄文時代~弥生時代の1世代を大体20年位として、
女性一人が平均4人の子供を産んだと仮定すると
(出産年齢まで生存する確率と生涯出産数を均したとして、
生存確率を3分の1、出産数を12人くらいとする)、
1人の女性は20年後には2人の娘を持ち、更に20年後には4人の娘孫を持つ。
60年で8人、80年で16人、100年で32人という計算が成り立つ。

ぶっちゃけ、人間って条件さえ整っていれば100年程度でも爆発的に増えるんよ。
問題は人口増加圧に耐えられるだけの食料の有無、これが大きい。

727 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 21:01:24 ID:evnCA9XD
なんかなぁ。
時間の目盛りをもう一回見直した方がいい奴らが多すぎるな。

縄文時代っておめぇ、それだけで1万年以上あるんだぜ。それに比べりゃ
弥生は1300年くらいか。どっちにしろ、一歩間違えると「その後の日本史」
より遥かに長かったりするんだからな。

弥生時代1300年間に渡ってきた人間、って十把一絡げにできるわけねぇだろうが。

728 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 21:17:44 ID:PXZP83z9
>>698
>ちなみに、渡来人は現在の朝鮮人とは無関係。

この話はよく聞くんだけれど、それって文化的な意味かな?
遺伝的意味ならば、少しはその痕跡くらいは残ってそうなんだが。

729 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/11(土) 21:40:49 ID:oSRRKn5I
>>728
ほとんど無いよ。
朝鮮半島ってのは、いろいろな民族や氏族が入れ替わり立ち替わりしてるから。
文化的には絶無だし、遺伝的にもほとんど関係無い。

740 : 日出づる処の名無し[sage] : 2009/04/12(日) 04:46:35 ID:A7rZihBZ
文化を、人種で分類できるわけがない。

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<日本のガラパゴス化(part94スレ) | メイン | 左翼の内実(part94スレ)>>
コメント
-  -
日本語は孤立語じゃなくて「孤立した言語」
日本語と琉球語を別言語として日本語郡を形成しているというのが学問的には一般的だが、その場合でもその他の言語との類縁関係がないのは同じ
孤立語というのは中国語のような文法の言語をいう
この区分では日本語は膠着語

なんにせよ感情の発露がしたいだけなのか議論がしたいのかはっきりさせてくれ
2013/05/22 02:05  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
俺的には渡来人とか使ってる時点で完璧アウト。
ガキの時分に「帰化人になんて失礼、帰化なんて上から目線でなく渡来人といいましょう」
なんてキメェこと、いわれた記憶があるからな。
2013/05/21 11:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
弥生人は水稲栽培をする集団だと思う
食糧事情の改善により世代を重ねるごとに人口が増え
集団、さらに言えば地方の豪族として力増した
そして朝鮮半島南部を支配する原動力であり
半島に水稲を持込んで人口増加で土地を求めて北進
危機感を覚えた唐と争い白村江に至る
2013/05/20 15:48  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
そもそも弥生時代が弥生で見つかっ土器を使ってたから言われたもので
弥生人って言い方は平安人や江戸人と同じ程度のもので
帰化人やらと組み合わせるのは的外れな話
2013/05/19 19:55  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
渡来人がチベット系だったら分からん
チベット人は日本人とほぼ同民族なんだから

モンゴル帝国の手が届かなかった所(島国の日本・山岳のチベット)にほぼ同民族の日本人とチベット人がいるんだから、古代の大陸における日本・チベット民族の分布図がないと、誰が渡来人なのか特定できんでしょ

それを語るならDNAの話をすべき


本文コメは体格の変化と人口を理由に混血だと主張してるに過ぎん

それだと大飢饉や、品種改良を含む農業改革、戦前・戦後の様な突発的な貧困や富裕等の国内問題を、体格差と人口を以ってどう語るのか見物
2013/05/19 18:54  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -




イスラエルが日本を乗っとろうと、白人起源説を撒いてる


色んな話題に絡めてわいてくる、
「純粋な日本人でも金髪碧眼はいる」
「遠い祖先に白人がいるのかも」
等の言論には注意が必要

「アイヌはロシア系白人」と言う事もある
ロシア白人が極東に入植したのはつい最近だというのに

ユダヤ人はアラブ人のはずだが、中東は見ての通りユダヤ人を名乗る白人が占拠している

気を付けないと日本がああなる

米軍基地から入って来れば入管記録も付かない

北海道、東北、南九州、沖縄、小笠原は特に注意



人権擁護法は特亜の為の法案ではありません




.
2013/05/19 18:30  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本人の赤ちゃんには100%蒙古斑が出る。
中韓の赤ん坊には無い。出ても小さい。

後、古代中国は才能のある人物を追放して来た。
中でも有名なのが大艦隊を率いてた鄭将軍、禁止された4まいの帆の帆船を造船した罪で殺されそうに成ってる。クーデターを疑われてね。欲の無い性格が為政者には恐怖の的だった。

もし、そのまな鄭将軍がいたら、アフリカ大陸は中国の領土だったかも知れない。調査団を何度も出して、狙っていたそうだからね。

で、その大艦隊の一部は絶対日本に来ていると思うんだ。島国だし追っ手を逃れるのに好都合だろう。

凄い技術集団で、当時のトップレベルの頭脳集団が来ていると想うよ。
2013/05/19 11:03  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アホがあやふやな知識で話してぐちゃぐちゃになってるって感じ。
2013/05/19 09:44  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんかスレ内で均質の意味が噛みあってないな
「AとBしか無い地域、CとDしか無い地域」に対して
「A、B、C、D、四種揃ってる地域が二つ」ならば
後者の方が組み合わせが多くなる

つまり混血が均質に広がると多様性が増す、という事だよな
2013/05/19 03:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
縄文後期に寒冷化して実を付ける広葉樹が無くなり飢饉に
大陸でも寒冷化が起こりそれにより戦が絶えず難民が日本へ渡る
採取文化から農耕文化に舵を切る必要があった縄文人にとって進んだ稲作文化を持っていた彼らは渡りに船で
縄文人達は彼ら渡来人を歓迎し受け入れ同化する

こんな感じだと思ってる
縄文文化と弥生文化の転換は人種が入れ替わった訳じゃなくて
気候の関係から生活スタイルが大きく変わったのが理由かと
2013/05/19 01:34  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ごめんなさい、あなたの言ってる孤立語って専門用語の孤立語とは別の物かな?
日本語は一般的に膠着語主体の屈折語ハイブリッド型であると理解しているんだけども。。。
2013/05/18 23:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
文化・民族がごっそり入れ替わるほど一気に渡来人が来たら、言語が変わると思うのよ。でも日本語は大陸とは文法からしてまったく違う言語。
そもそも日本語は孤立語で、もっとも似た言語である朝鮮語ですらもっとも最近に見積もっても7000年前には分かれたぐらいの特殊言語。
渡来人は来たけど、長い時間をかけて少しずつ入ってきて先住民である縄文系に溶け込んだとみるべき。
入ってきた大陸系渡来人自体、全部同じ民族だったとも思えないしね。
2013/05/18 21:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/545-366e2f89
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。