2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
食の魔改造(part92スレ)
- 2013/03/30(Sat) -
280 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 22:32:27 ID:6Ze/to84
チャーハンとギョーザは中国工作員しか食わないとか主張している馬鹿がいるんだが、
誰か説得してくれ。
”日本のギョーザは日本料理(焼ギョーザは日本生まれ)”って言ったら、
”そういう奴に限って工作員”とか事言われたわ。
【静岡】チャーハンとギョーザを無銭飲食…「派遣解雇」の41歳男を逮捕
「仕事と住居を失って生活が苦しかった」


281 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 22:33:24 ID:zUcpMofL
・・・どう説得せよと。

282 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 22:49:27 ID:8ohZOHeS
焼き餃子って日本生まれだったのか

283 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 22:49:29 ID:PsNmQcQo
ほっとけ

284 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 23:13:55 ID:1xtD8TB8
>>焼き餃子
中国では、蒸し餃子や水餃子の使わずにあまったのや食べ残したのを、
翌日焼いて焼き餃子にしていたんで、上品な料理じゃなかったと、どっかで読んだことがあるが
最初っから、焼きメインになったのは日本だと思うが

285 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 23:32:16 ID:6Ze/to84
そうだったのか

286 :日出づる処の名無し:2008/12/27(土) 23:49:12 ID:sTrgJeDi
すき焼きを食べた次の日に残りでおじやを作るようなもんか

287 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:00:11 ID:qVw61tXR
というより、主人が水餃子、召使いが残ったものを焼いて食べていた。
ていうか、中流階級とかないから、あの国は。

288 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:04:24 ID:k2947wSZ
戦後に復員兵がレシピを持って帰り、
そこから広まって普及して、魔改造して
今では中国や台湾に逆輸入している。

289 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:15:57 ID:i7xgtX4j
香港人のほんこーんも日本のカレーと日本のラーメンは日本食と申してました(あまりに違いすぎて)

290 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:19:12 ID:CWkMpsLY
いや、カレーはインドで、
ラーメンは中国だ。w

291 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:20:34 ID:K5fPTUxN
カレーは英海軍だろ

292 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:21:15 ID:7fEBss+z
ラーメンは名前からして日本産じゃん。

293 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:25:37 ID:CWkMpsLY
夢がないなぁ・・・。

294 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:29:08 ID:4JIa9qDt
日本のラーメンやカレーは料理としては美味いと思うけど、モドキっぽくてどうしても好きになれない。

295 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:33:13 ID:CWkMpsLY
本場の価値もあるけど、
口に合うのも大事だと思う。

296 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:35:55 ID:7fEBss+z
ラーメン屋の行列の長さに見合った満足感を、未だに味わったことがない。

297 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:37:58 ID:i7xgtX4j
本場中国のラーメンって食った事ないからなぁ。
上に乗せる具材に拘るのが中国で麺とスープに拘るのが日本なんだっけ?

298 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 00:49:57 ID:7fEBss+z
>>297
中国のラーメンは、麺や製法、スープや具材全て地域によって違う。
名前も別物。カテゴリーが麺料理って事だけでくくってるだけ。

299 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 01:08:35 ID:fEAl4ntq
何度もこの話題になる度に書いてるが
麺というのは、そもそも料理じゃなく小麦粉を練って伸ばしたもの
肉まんも麺料理

その麺を、どのように加工したかが料理名みたいに伝わっている
拉麺とは麺(小麦粉を練ったもの)を引っ張って細長く伸ばしたものの事で、
味や調理方法は何も関係ない

300 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 01:11:20 ID:HfLzbmD0
へー、じゃあ蕎麦は麺類じゃないのか。
耳からほっぺたが落ちたよ。

301 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 01:16:25 ID:oBipXvKU
最近よく見るようになった倒錯麺なんかは完全な中国式ラーメンと言えるんじゃね?

302 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 01:40:12 ID:u+LElaUp
>>289
日式っていううんだよね。たしか。

303 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 02:24:57 ID:HIHboyxf
倒錯麺ってどんな麺料理だよww
刀削、この言葉が中国の麺料理の基本をそのまま
表してるんじゃないかな、包丁で食べやすい形に切る
だけだったのを日本でいう麺状にしたのがラーメンだろ
だから中国にはラーメンって料理は存在しない

304 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 03:47:00 ID:17/XQVoD
知り合いに中華のシェフがいるけど
ラーメンは日本料理って言ってた。
中国にはラーメンなんてないとも言ってた。
別に詳しく聞いてないのでそれ以上は知らん。

305 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 04:56:44 ID:Dq+9msDD
倒錯麺ワラタw

このところ、いわゆる「ラーメン激戦区」をちょこちょこ食べ歩く日々な訳だが・・・。
たががラーメン一杯に、あっちゃこっちゃでこれだけ沢山の人がありとあらゆる情熱を注ぎ込み、
業界全体が年々レベルアップ且つ多様化してゆくという現状、これはもう驚くしか無い。

試行錯誤の末、「世に問う」人。
それを試し、味わい、「評価」する人。

どんなジャンルでも、一旦ムーブメントが起きればそれに参加し寄与するマニアックな人が数限りない。
日々ダイナミックに新しいものが生まれてゆく。かといって伝統的なものが破棄される訳ではない。

こういうのってやっぱり日本人ならではだろうね。ホント凄いと思うわ。

アングロサクソン&ヒスパニックの連中は、「濃厚豚骨&魚介ハイブリッド系」の強烈な旨味にひれ伏せ。
豚が食えないイスラームの奴らには「鶏白湯系」だってあるんだぜ?
煮干し系津軽ラーメンも良し!
最早伝統の、札幌味噌系・博多豚骨系だって、実はそれぞれ、更に洗練されて来ている。
そして昔ながらの「中華料理屋のラーメン」のクオリティは相変わらずで、
美味いところは本当に美味いし・・・。

・・日本人に生まれて良かったよ。神様ありがとう。

306 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 09:08:34 ID:1WHGifpQ
>300
当然中国ではソバは麺じゃない

というか小麦粉を練ったものを呼ぶ単語が麺なわけだが
日本語では麺=ソバは穀物を練って細長い状態にしたもの全般をいう単語に”なった”から
その穀物が米だろうが小麦だろうが蕎麦だろうが麺=ソバと呼ぶ

中国だと、蕎麦と麺(小麦)、違う”穀物”
日本だと、ソバと麺、穀物を練って細長くした同じ”形状”

そもそも言っているモノが違う

307 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 09:34:46 ID:dZAN5Nx6
カレーうどんは日本インドの友好の象徴
と、言ったインド人がいたな

308 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 10:40:15 ID:3PboJS+j
>>304
でも豚骨とか脂ぎってるスープはどうもなじめん。
つけ麺程度にしたいくらいだ。

味覚的にあの濃い味になれるとどうしようもなくなるような。
もちろんあっさりしたのもあるけれど。

309 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 11:17:42 ID:9DfY6afX
以前はトンコツラーメンといったら、
ギットギトのスープに山ほど紅ショウガをぶち込んで食うモノと思ってた。

310 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 13:53:04 ID:AE+5dTjr
>>309
スープを飲む前に高菜を食べちゃう人か。さすがに紅しょうがはないだろ

311 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 14:35:16 ID:tdEh5hfO
トンコツラーメンは、地元民しか行かないようなところは、ある程度あっさりめの所もある。
逆に、すごいトンコツ臭&ギットギトの所もあるんだが…
広めの駐車場、少ないチェーン展開、スープ取り用の準備室?みたいなのが厨房以外にあれば、
大体美味しい。

312 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 15:08:46 ID:GzqZH85N
>>305
外国に行ったら、好きなときに好きな麺類を食うのは不可能。
麺好きの人間は海外移住は無理。

現在のラーメンの激戦区は高田馬場らしい。

313 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 15:28:17 ID:sNog0Ba5
冷やし中華は大々的に中華と名乗っていながら、中国には存在しない純粋な日本料理みたいね。
隣国の北朝鮮は「名物」として冷麺をアピールしているけど、地政学的に見て朝鮮発祥というのは
ありえないから、例によって日帝残滓ってやつだろうか?

でもやっぱ北朝鮮的には、日本の冷やし中華は
北朝鮮(発祥) → 中国(経由) → 日本(パクリ)
って認識なんだろうな…

314 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 15:33:07 ID:9DfY6afX
冷麺と冷やし中華は、冷たい麺類っつうこと以外に共通点らしい共通点無いと思うけど。。。

315 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 15:57:00 ID:cbbFoKN9
ちせい‐がく【地政学】

民族や国家の特質を、主として地理的空間や条件から説明しようとする学問。

316 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 15:59:28 ID:i7xgtX4j
>>312
高田馬場(早稲田)は店の入れ代わりが激しくて新しい店が出来ても
気が付くと一年もたずに別のラーメン店に変わってたりするね。

317 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 16:42:56 ID:ScHETgBU
一方イタリアはパスタをゆで始めた

318 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 17:17:40 ID:mDe6teDo
冷麺はそば粉と緑豆やジャガイモのデンプンを心太のように押し出して整形したもの。
発想が日本ぽくない。
冷やし中華は都内の中華料理屋が始めた物。なまえは忘れたもう有名だから言わずもがなだと.....
中国のラーメン?は湯麺が主流。上湯に塩味もしくは隠し味程度の中国醤油。
見た目醤油ラーメンのように色の濃い物は少ない。
てか国土が広いからいろいろあるだろうが北京あたりはそんな感じ。

319 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 17:31:46 ID:9DfY6afX
冷麺は要するに心太だと思うんだ。

320 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 18:33:50 ID:b40KR6Ts
中国に中華丼はない
天津に天津飯はない
東京に東京コロッケはない
大阪に大阪焼きはない

321 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 18:37:27 ID:z0PWF+aQ
東京に東京ばな奈がある
大阪に大阪バナナがある
パクリ?

322 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 20:28:54 ID:g/ZqRdzp
ナポリタンはナポリにはないよーw

323 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:02:07 ID:M82EcO8x
シーザーサラダはシーザー食べたことないよーw

324 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:02:51 ID:8Kj++e7g
麺の話だが、「中華一番」というマンガで、特級厨師試験の題目が、主題「麺」副題「非麺」だたはず。
この定義でいくと、二八そばは「麺」、10割そばは「非麺」となりますね

325 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:07:02 ID:i7xgtX4j
天津に天津甘栗はない

326 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:12:06 ID:K5fPTUxN
何だか今日イケそうな気がする!

327 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:18:14 ID:ScHETgBU
あんパンにはあんが入ってる
ジャムパンにはジャムが入ってる

328 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:20:57 ID:K5fPTUxN
うぐ(ry

329 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:22:01 ID:GwPmhsuw
>>326
(・A・)イケナイ!!

330 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 21:23:04 ID:M82EcO8x
フランスにフランスベッドはない

336 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 22:55:01 ID:Bbespp87
>>313
中国には麺をうちわで扇いで冷ました冷やし中華みたいな料理があると聞いたことがある。
それが冷やし中華の原型だとずっと思っていたが、違うのか…
麺を水で冷やすって発想が日本的ではあるよな。

337 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 23:02:29 ID:ScHETgBU
>>336
だって飲料水に黄河の水使う国だぜ…

338 :日出づる処の名無し:2008/12/28(日) 23:57:56 ID:ETdpah2i
>>318
> 冷やし中華は都内の中華料理屋が始めた物。なまえは忘れたもう有名だから言わずもがなだと.....

神保町の揚子江菜館ね。
お皿に高く盛り上げた麺は富士山をイメージしていて、キュウリだの錦糸タマゴなんかの具材は
四季を表してるんだったっけ。

339 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 00:17:29 ID:LA2ztV2o
日本のラーメンやカレーは日本独自の進化を遂げているけど、
昔からあった日本料理とは全く違った進化の仕方をしている場合があるのが気になる。
海外の料理を見た時、
日本のそれよりも日本料理らしい進化を遂げているんじゃないかって思うこともある
(日本料理そのものみたいな大げさな意味ではなく、共通点がある程度の意味合い)

340 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 00:25:51 ID:ujA+UavU
>>339
技術なんかが入って来なかった場合の進化って意味?

341 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 05:36:09 ID:UL02OpQA
>>339
例を挙げながら、説明してもらえるとありがたい。

以前に海外に渡った日本料理が、日本以上に先鋭化して、
独特の進化を遂げた事例は?そんな風に受け取った。

正倉院の宝物みたいに、東の果てにだけ残ってるイメージの逆パターンかな。

342 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 05:53:50 ID:ADVFCIou
素材を生かした調理法ってことかね?フランス料理は懐石の影響を多分に受けて
そういう風に変わってきているみたいだけど。

343 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 07:16:11 ID:vvDoAnkI
>>315
意味解って書いてるのか?
地政学は地理的条件が経済に与える影響も含まれてるぞ。

344 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 08:12:36 ID:TyrrgCPk
食い物を魔改造するのは日本だけじゃないかな?
新しい物好きの国民性に重ねて、職人気質。
しかし地形的な理由で、昔は必要な食材や詳細なレシピが入手困難だったから
あるもので代用。調味料とか味覚が、中華や欧米とは全く違った国が
自分達のいいように変えてしまって、それがまた旨いのなんのって本国も認める。
逆に日本式ってもう改造する余地無いんじゃね?カリフォルニアロールみたいな
食材の入れ替えくらいだろうな。

345 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 09:01:06 ID:UL02OpQA
カリフォルニアロールは、日本人寿司職人の考案とのオチがつく・・・

346 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 09:05:31 ID:iBvtIOtl
目と鼻の先?

347 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 10:58:33 ID:9Q7ixozE
>>343
苦情は小学館に言ってくれよ(´・ω・`)

348 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 11:30:12 ID:LA2ztV2o
>>341
日本料理が海外に渡って変化したとかいう事ではなく、
日本のとある料理と同じルーツを持つ料理が他の国ではどう変化したかという話。
日本のカレーライスはかなりどろどろしていてご飯に直接かけて出てくるけど、
ご飯のおかずとしてでてくる日本の汁物はインドカレー並みにスープっぽいものが多く、
ご飯とは別の皿に盛られて出てくる。
タイのカレーはそれと同じく、さらさらとしたスープ状でご飯とは別の皿に出てくる。
些細な事だが、その部分で日本のカレーより日本らしいんじゃないかと。

349 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 11:35:00 ID:0m6c0j7n
>>344
>>逆に日本式ってもう改造する余地無いんじゃね?

砂糖が入っている緑茶とか、油っぽい寿司とか…

350 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 11:42:58 ID:ujA+UavU
次はスシのソテーが流行るなw

351 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 12:05:50 ID:KQVDkFUZ
あぶった肉や魚をすしネタにするのは、すでに珍しくもないような。
バターでソテーしたものとなると珍しいかも知れんけど。

352 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 12:36:38 ID:0Apg579h
スシの唐揚げがのこってるじゃあないか

353 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 13:09:59 ID:rxsn8Lqv
>>344
あんまりいい例ではないが豆腐が日本国内では先鋭化しすぎてる。
天然にがりが法的に規制されたこともあるが日本では塩化マグネシウムなどの凝固剤をつかって
大量に効率的に豆乳から豆腐を作ることが日常化して、
海外でつくられる日本の伝統的ってか普通ににがりを
使った豆腐とは似て非なる物になりつつある。
味の濃さ、堅さなど日本の豆腐とは異なったものになっているとおもぅ。
日本の魔改造を逆手に原点回帰って方向が残されてるとおもぅ。

354 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 16:08:56 ID:Rjrdp95f
豆腐はスイーツ

355 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 16:35:09 ID:0fiC50wp
>>344
食べ物の魔改造度はインド、ヨーロッパの方。
日本の場合は食材を魔改造する。
たとえば生食用のブドウやリンゴは改造しすぎて調理やワインにむかないくらい糖度が高い。

356 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 18:24:40 ID:TyrrgCPk
>>348
汁物の起源を問われても誰も分からんだろw
世界で最初にスープを発明したミンジョクが在るとでも?

357 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 18:31:53 ID:r9zcesFH
ググったら糖度40度の芋とか何だよ

358 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 18:32:24 ID:Yqu7a90w
食べ物と言えば、マヤ文明を忘れてはなるまい。
マヤ文明発祥の食べ物や原材料って世界中に多いぞ。

359 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 18:32:35 ID:TyrrgCPk
>>356
補足
大体、オカズなんていう概念は、日本くらいしか無いんじゃないか?
ボルシチやブイヤベースは何故ご飯に掛けないのか?
それは日本の味噌汁っぽいのではなくて、米が主食じゃないからですw。

360 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 19:44:44 ID:SMrbuXQ0
てゆーか、和食、洋食と言うけど、どっちも日本料理
何故ならご飯と味噌汁(スープ)にあう”オカズ”という組み合わせだから

むしろ日本料理の代表と思われてる寿司なんかが異端で
ほぼ全ての日本料理は”ご飯”と、どう合わせて美味しく食べるかがメインに作られたものだから

すべては”ご飯”をどう美味しく食べるか、ご飯を美味しくするオカズは何か、が
日本料理に於ける主題であり命題

361 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 20:37:58 ID:LA2ztV2o
>>359
いや、言いたい事が間違って伝わっている。
簡素に書くと、なんで日本のカレーは味噌汁や豚汁みたいな”伝統的な汁物”とは
全く違った特徴を持っているのかって事。
例えば、肉じゃが、うどん、天麩羅、寿司は元の料理の特徴を残しつつ、
以前からある日本料理と共通する要素(醤油や味噌、海苔の使用、その他具材など)も持つ料理に
アレンジされたけど、
カレーは元々の料理とも日本料理とも遠ざかるようなアレンジがされている。それが不思議でならない。

362 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 20:51:17 ID:YmBDVKle
元々がインド直じゃなくて、ロイヤルネイビー特製、ビーフシチューが腐りにくいように、
香辛料どさっと入れましたって料理だからね

363 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 20:58:46 ID:wcyxEOju
>>361
それは汁物って概念から外れたところにカレーがあるからだろ
汁物と言うより椀物として考えるとわかりやすいかも。
味噌汁などは椀物。カレーは皿で食べるものという概念の中から発展したからだと思う
皿で食べるという概念から外れることなく発展していったのが普通のカレー
そこから外れた椀物としてうまれたのがスープカレー
食の形式やマナーを重視する日本本来の発展の仕方だと思う

364 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 21:02:03 ID:wcyxEOju
補足
アジア南部の汁気の多いカレーは粘りがなく水分の少ないインディカ米
日本のカレーは粘りが強く水分の多いジャポニカ米。米の粘りを生かしたまま
皿で食べる前提で発展すれば今のカレーの姿は必然だと思う。

365 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 21:07:21 ID:LA2ztV2o
>>363
なるほど。
椀物じゃないカレーは何がきっかけで生まれたんだろう。

366 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 21:24:08 ID:vvDoAnkI
アメリカなんかだとラーメンはスープにちょっと変わった具が入ってるぐらいの認識っぽいな。
日本はそれ単体でお客様にも出せる完全なフルコースと考えているから、
レシピにかける情熱や本気度がまるで違う。

あちらでは日清のカップヌードルに対抗してキャンベルが独自のカップ麺モドキを売ってるけど、
発想の根本がそれだから、まるで相手になってないのも納得だな。

367 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 21:29:50 ID:xKG9TqB+
カレーはむしろどんぶりもの扱いじゃない?
親子丼とかカツ丼とかそういう路線。

368 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 21:46:01 ID:wcyxEOju
>>367
その方面で発展したのがカレーどんぶり。いわゆるそば屋のカレーじゃないかい?

>>365
日本に伝わった時点で欧州カレーだったわけで皿だったんでないかい?それに西洋料理指南なんかに
皿に饗してスプーンで食すって一文があった気がする。間違ってたらすまん。

369 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 22:00:02 ID:TyrrgCPk
>>368
それが正しいと思う。
カレーは欧が深皿形式にしたんじゃないかな。
多分シチューの様式が加味されて、それが日本に入った。
インドは長米にスープ掛けて手で食べる。
そっちの方がよっぽど日本式に近いと思うけどな。
ウチのカレーは昔からベチャベチャだったけどw

370 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 22:14:31 ID:/5Qsdq6W
>>369
あとからスプーンをそっと持ってきたインド料理屋の話を思い出したwww

371 :日出づる処の名無し:2008/12/29(月) 22:31:31 ID:ujA+UavU
そういやインドカレー屋って平皿にナンのせてカレーは小鉢に入れてだすよね
あとキーマが平皿なのはうちの近所の店だけ?

372 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 00:06:28 ID:VGpEoB1c
>>351
江戸時代末期-明治初期の江戸前ずし
冷蔵・冷凍技術のないこの時代のすしは、
酢〆、醤油漬け、火を通す、などの下仕事をしたタネばかりであった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%89%8D%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E6.B1.9F.E6.88.B8.E5.89.8D.E3.81.9A.E3.81.97.E3.81.AE.E6.AD.B4.E5.8F.B2

>>366
それ以前にアメリカ人は味盲だからじゃね?

373 :372:2008/12/30(火) 00:09:39 ID:VGpEoB1c
こんなのも同じページにあった。

既に明治43年(1910年)華屋與兵衛の子孫、小泉清三郎著『家庭鮓のつけかた』には、
ハム(またはコールドミート)を使ってコショウをふった巻きずしがあり、
江戸前ずし(早ずし)は様々な材料を受け入れやすい素地があった。

374 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 00:12:06 ID:/bZyKrb/
同じメーカーの同じカップめんでさえ日本で作られた製品が旨いんで
日本土産に買っていくらしいが何がそんなに違うのか・・・

ポッキーなんかは現地の好みに合わせてチョコレートの材料、品質を変えてたりするらしいが。

375 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 00:43:52 ID:4uHoCd5q
ルイジアナの名物にクレオール料理ってのがあるけど
日本が勝ってたら、とりあえず朝鮮台湾には今頃同様の凄いものが出来てた筈。

376 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 01:58:12 ID:mfTGed+C
>>357
>>魔改造

この前TVで、イチゴ並に甘い”白菜”が出てたのには驚いた(w

377 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 02:41:55 ID:SS8GiGrF
インド料理自体が”食材の持ち味を大切にする”ってのとは正反対だと思うけど、
素材の持ち味を大事にしたカレーって作れないかな?

378 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 02:58:51 ID:+LL2gWS2
・・・そもそも香辛料って、
素材にテコ入れするためのものでは。

379 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 03:50:32 ID:DvfKOACK
香辛料は毒消しと臭い消しでしょ

380 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 04:39:55 ID:QzLITI+E
カレーの素材=スパイス
では?

381 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 05:08:16 ID:pK9+uaGY
冷蔵庫とか無い時代にインドに限らず南アジアの国々で
腐りやすい肉や魚に素材の味なんて求めたら命に関わるだろw
スパイス料理とかって本来は生き延びる為の知恵の結果だろうに

383 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 06:59:00 ID:LABrRE4U
>>377
北海道は富良野あたりで
やさいごーろごろ!
なご当地カレーなど食べるがよい。

384 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 09:09:01 ID:RF+ahE6p
>>381
ググったらインド料理って宗教的な理由で食材を浄化するために火を通すみたいだね

385 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 12:36:50 ID:tOceFcG9
命に関わるからな

389 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 14:00:49 ID:SS8GiGrF
和食も明治時代以前のは現代人が食べるとヤバいぐらい塩味が濃かったらしいな。
それが今では冷凍などの保存技術の進歩で、そこまで塩分濃度を濃くしなくてもいいどころか、
塩漬けにしなくとも長時間保存できるようになった。
インド料理もなんだかんだいって、素材の味を大切に出来るようになるんじゃね?

390 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 19:11:19 ID:Ix8BsAhM
塩蔵のタラコなんか昔なかったよ
商店街の魚屋さんで生買ってきて自分ちの台所で焼きタラコにして
弁当のおかずにしてた

391 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 21:39:48 ID:/bZyKrb/
海外ではアジアンストア以外ではレトルトカレーとか売ってないのかね?
テレビでアメリカ人曰く日本みたいに一人前用のレトルト自体が無いとか
(全く無いって事はないんだろうけど)。

392 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 21:44:31 ID:SS8GiGrF
そのアジアンストアってのは、アジアにある一般的な店も含めるのかい?
アジアにある店だと、店がアジアを意識して無くてもカレーは沢山打っているかと。

393 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 21:49:25 ID:VzlYzZNA
米が主食か準主食のアジア地域以外で売ったとして
そのレトルトカレーを何にかけて食えとおっしゃるの?

394 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 22:07:38 ID:SS8GiGrF
ナンだろうね

395 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 22:20:48 ID:JmYGP1S7
ナンだろうか

396 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 22:59:03 ID:aaUKLv/2
Ω ΩΩ<ナ,ナンだってー

スマン

397 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 23:11:43 ID:+8g55KrJ
やっぱ、そうナン?

398 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 23:28:55 ID:RF+ahE6p
めんどくさいからナンでもいいよ!

399 :日出づる処の名無し:2008/12/30(火) 23:28:59 ID:VzC3PS4d
ナンばしよっとね?

401 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 01:30:11 ID:NPU57mbC
>>389
今は塩抜き過ぎ。とくに鮭。まあ鱒の方が味は好きだが。
鮭の食感の鱒ないもんかな

402 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 03:05:53 ID:8mkum3zF
鮭(サーモン)と鱒(トラウト)って違いなくね?

403 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 03:29:39 ID:DB1AsJxC
>>393
真面目に答えると、フランスパンだろうが、麺だろうが
ジャガイモだろうが、何にかけて喰おうがカレーは美味いと思うぞ。
ナンは寧ろ美味くない部類の気がする(ナンが味気無さ過ぎ)。

404 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 03:50:57 ID:vY44yHhe
パンにかけてもカレーパンの味は越えられないだろうけどね
パスタやペンネにかけた事あるけどナンか合わなかったな
まずいってわけじゃないけど

405 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 03:57:37 ID:QEueGwdp
そういえば給食でカレーにこっぺパンをちぎって付けて食ってたな。
あれはあれで旨かった記憶が・・・たぶん。

406 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 05:09:40 ID:h9u9ZoDs
もちもちしたパンにつけて食いたいから
誰かナンの作り方に革新的なアプローチしてくれ

407 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 05:17:19 ID:8mkum3zF
焼く前に茹でる

408 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 07:04:03 ID:qStCcLOq
食パンに昨日の残りのカレーのっけて
軽く焼いて食べるとウマー

409 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 08:44:31 ID:LIE0PDIq
>>403
ナンは毎日食うものだから、あれでいいんじゃないかな。

410 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 08:56:44 ID:f5x8hqjH
これおすすめ
でも毎日食うのには向かないと思う

411 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 09:23:49 ID:7THnHP4e
>>409
ナンを常食している地域はごくごく一部。
普段はパサパサとしたご飯と一緒に食べるそうだ。
それと、インド人がシェフやってる昭島のインド料理屋のナンは凄い美味かったぞ。

412 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 09:34:32 ID:dojmf4fE
本格的なお店なら、
ナンだけでカレー要らないってくらい美味しい。
多分、運悪く美味しいナンを食べた事がない人なんだろう。

413 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 10:18:18 ID:MtIcvoUC
んとナンにも種類があって豊富にバターを使ったものと、バターを全く使わないナンがある。
バターを使った物は口当たりも風味も良く日本人の口に合う。
バターを全く使わず少量の植物性油脂もしくは油脂を全く使わない物は
風味に乏しく堅い。日本人の口に合わない。<特にジャイナ教のナン

414 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 14:08:22 ID:u3cMjCD7
タージマハール(インド料理のチェーン店)のナンとカレーで
充分満足なおいらがとおりますよ

415 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 14:23:47 ID:i0MIdhof
>>414
創業者は田嶋はるという日本人女性らしい。

416 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 14:52:57 ID:7THnHP4e
ガンダ”ル”ヴァ→ケンダ”ツ”バ
マ”ハー”→マ”カ”
という音韻変化の法則にしたがうと、
”タージマハール”を和風に言うと”タジマカツ”

417 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 16:25:53 ID:aWz2+8It
>>416
ネタにマジレスカッコいい!

418 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 17:08:14 ID:8mkum3zF
あったら怖いもの
漫才コンビ児玉シッタ・ルッタ

419 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 20:10:49 ID:H/RClg/H
新宿の近くにやたら集中出店しているGREAT INDIAなんかだと
ナンとサフランライスの2択だな。
ナンはパサパサしたタイプだけど、別に口に合わない事はなかったぞ。

それと、ナンにカレーをかけるんじゃなく、カレーをナンですくって食べるのが正しい。

420 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 20:24:29 ID:D5anMgQs
>>360
なんで寿司が異端なん?
刺身でご飯をどう美味しく食べるか、の究極が寿司なんちゃうの?

それとも酢飯はご飯じゃないとでもw

421 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 20:40:51 ID:/Qh42hQL
・・・バカが居る

いや、寿司の成り立ちとか考えないなら、そういう考え方もアリかw

422 :日出づる処の名無し:2008/12/31(水) 20:47:02 ID:wT/wsfiQ
鮒寿司なんかは、完全に米は発酵調味用途だ罠。

423 :日出づる処の名無し:2009/01/01(木) 00:53:33 ID:dwR8JvWm
柿の葉寿司スキなおいらが通りますよ。

426 :日出づる処の名無し:2009/01/01(木) 22:52:20 ID:295IPwBp
スパゲティーって味付けは日本風に改造してるけど
器と食器とかしないよね。なんでだろ?

スパゲティーなんか丼に入れて箸で食ったほうが
絶対食いやすいと思うんだが・・・
あと、シチューやスープなんかもお椀で・・

427 :日出づる処の名無し:2009/01/01(木) 22:59:24 ID:zywDdLpr
>>426
実際に箸で丼から食ってみ? すっげえ、食いづらいよ。
パスタはつゆじゃなくて、ソースと絡めて食うので麺類よりずっと固い。
箸で食うと、絡んだソースがこそぎ落とされちゃうしね。

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<移民とガラパゴス化(part92スレ) | メイン | 中国人の身近な犯罪(part92スレ)>>
コメント
-  -
パスタを半分に折るって、マカロニなどのショートパスタをイメージして、凄い手間を掛ける情熱派の人もいるんだって感心した。

インド人はナンを常食しませんよ。普段はチャパティを食べています。
インドではタンドーリで焼いてないとナンと呼びません。
インド以外の地域はその限りではないですが。
2013/04/04 23:28  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あれ最近はにがり復活した気がとググったら
平成9年まで使えなかったんね
2013/04/02 11:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
国によって水が違うんだからその国に合わせるのは自然なんじゃ?
2013/04/01 23:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
現地にない食材や組合せ、調理法などで作ったら
本来は、○○風っていうのが正しいよね。
だから日本にしかないような食材で作った
フランス料理とかイタリア料理って違和感がある
逆にカリフォルニアロールとかは
寿司だけど日本料理ではない。
2013/04/01 10:53  | URL | ふきや #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あ、パスタ半分に折るとフライパンや小さめの鍋で茹でやすくていいよね。
昔どっかのスレで、手抜き料理として深めのフライパンでお湯沸かして
パスタ茹でて、お湯捨ててソース投入して炒めるってレシピに
パスタが入るほど大きなフライパンじゃないし…ってレスに
パスタ折って入れればいいだろ、と即レスされて目から鱗落ちた。
ベビースターラーメンほどのぶつ切りだとさすがに食べづらいけど
二つ折りくらいなら普通に食べられるわ。固定概念こわい。
2013/03/31 23:22  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
普通の長さのスパゲッティを普通に箸で食う私が通りますよ。
器は丼がわりにも使ってる百均のプラスチックボウル。
2013/03/31 18:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国のラーメンてスープに亜硝酸塩使ってるんだろ。
毎年、子供が死んでるよなwww
2013/03/31 16:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
箸で食うときは半分に折って茹でンですよ
頭乗せてるだけなのはもったいないので使って工夫ということをしましょう
2013/03/30 17:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/529-2197aedd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。