2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なぜ日本を真似しないの?(part91スレ)
- 2013/03/18(Mon) -
377 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 21:09:10 ID:O7hmDU3P
あまり日本人らしくない事を書くが、

なぜ日本の周辺にある国は日本を本気で真似しようとしないのか?
韓国や北朝鮮、中国みたいな反日国家が日本を真似しようとしないのは当然だが、
反日ではない台湾や東南アジアの国でさえ、一部の人や企業が日本のサブカルチャーを真似るだけで、
政府や多くの人は日本を真似しようとしない。
昔の東南アジアがインドや中国の文化を真似したのは、
その当時のインドや中国が優れていたからだし、
現代では欧米の文化を真似ているのも、欧米が先進的な地域だからだろう。
それなら、なぜ西洋より先進的である日本の文化だけは真似しようとしないのか?
それが不思議でしょうがない。

380 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 21:31:40 ID:/sodIgUi
>>377
なりきったつもりおしゃれで済まずに、
なりきってしまう吸収型の強力な融合文明だからじゃないの?

融合→縄文文明→融合→日本文明

日本人になりきろうとしたら日本人になってしまって後戻りできないと思う。

追記
だから在日は自分たちの文化に強くこだわるのかもしれない。

381 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 21:32:47 ID:H4S17wca
水準が高すぎてまねしようにもできない分野が多いからとか?

382 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 21:36:55 ID:/3Oy8fZv
んー。日本をまねるのはムリ。どんな国でも出来ない。
日本の日本らしさっていうのは、なんでもかんでも日本ないずにしてしまう魔改造。
宗教だろうが学問だろうが芸術だろうが、魔改造。

こんなこと、普通はしようと思わないし出来ない。

385 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 21:50:16 ID:O7hmDU3P
>>380
長い間欧米の国の植民地になっていた国でさえ、欧米の文化を国風化している場合があるし、
自発的に日本の文化を導入したなら、まんま日本文明になってしまうなんて事もないと思う。

>>381
他の国のものを最初から現地と同じクォリティで作れる国なんて滅多にないでしょ。
水準がどうとかじゃなく、真似しようとさえしないんだよ。

>>382
そうかな?
海外でも異国のものを自国風にしてしまう国は沢山あるし、
日本の魔改造だって、現地のものとは違ったものにしてしまってはいるけど、
実際に「日本風になった」ものはそんなに多くはないと思うよ。
日本では日本風にはならなかった海外の文化が、
東南アジアでは東南アジア風になっている場合もある。
カレーや中華料理なんかは日本よりもタイとかの方が国風化されているよ。

387 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 22:07:47 ID:nRhyctZC
真似はしてるだろ……どんだけ近隣国にパクられてると思ってんだ。
ただし同じクオリティにはなってない。

389 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 22:32:15 ID:O7hmDU3P
>>387
色んな国に真似されてはいるけど、
日本文明になりそうなぐらい真似ている国ってあるの?
韓国はかなり日本を真似ているけど、
全体的に見ると中華文明の一部って感じだし。

390 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 22:45:20 ID:g3oREkkR
見た目のどぎつさがないとマネされにくいのかもねえ。
ヒンズー文化、日本オタク文化、唐様文化、みんな派手派手しい。

あと、諸外国が「日本に学べ」っていうブームはあったんだぞ。
日本がバブル崩壊したときに手のひら返されたけどなw

391 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 22:59:07 ID:0vytKqG3
マレーシアのLook Eastは有名。
台湾は国民党が馬鹿だったから、
せっかく日本が作ったシステムを破壊しまくった。
チョソンは言うまでもないよな。

392 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 23:07:33 ID:/sodIgUi
>>390
アメリカが、日本のバブルを崩壊させた。
これ、テストに出る歴史だからおぼえておけ。

393 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 23:09:21 ID:Idig2DpH
民法日本そのまんまな国とかは真似じゃないの?

395 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 23:13:58 ID:/sodIgUi
>>393
盗んではいるが、真似とは違うと思う。

でも、共産党の洗脳が日本のアニメ、マンガで解けて、
日本人になりたがっているハイソサエティーな支那人たちを
共産党が抑えきれなくなったら、動きがなだれるかもしれない。

韓国人は国ごと精神病なので起こりえない。
起こった場合、病状が悪化し、国家が発狂する。

397 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 23:32:45 ID:RXHMWV5E
>>377
日本文明は「文化」であって「文明」じゃないからじゃないかな。
ここで云う「文明」は「文化」の大なるものじゃなくて、
「文化」を「民族固有の生活フォーマット」とするならば、
「文明」は「民族固有の癖を取り除いて成立する生活フォーマット」のこと。
こういう使い分けをすることもあったと思う。

唐代においてイラン人やモンゴル人は中華文明に参加することが出来た。
日本人も中国人も近代西洋文明に参加することが出来る。その時、
言葉や宗教を変える必要はない。

しかし日本文明は「文化」であり、神道や皇室や日本語と切っても切れない。
日本文明を真似ようとすると、色々なものを捨てることになる。
遺伝子以外は日本人になってしまう。故に広まらない。

「キリスト教文明圏」という言葉があるが、これも「文化」になると思う。

398 :日出づる処の名無し:2008/11/12(水) 23:47:56 ID:oTl6qFcl
いや、文明でもいいと思うよ。
部族や氏族の固有文化が、民俗化してるだけで。

426 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 19:49:52 ID:I87UtLYk
>>377
日本の良さって制度的なものよりも
ひとりひとりの民度によって支えられてる気がするよ。
真似したくても出来ないんじゃないかな。

427 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 20:41:44 ID:R+LihMYe
>>426
戦前の日本人>戦後の日本人>>>塗り壁>>>世界の各国民

399 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 00:16:01 ID:5RjDV+3I
他国が日本化出来ない理由って
欧米文化みたいにトップダウンの貴族文化選民文化じゃないからだと思う。
日本文化って大衆文化だから政治で率先して導入してもトップダウンで広がる文化じゃない。
情報インフラが整備されて大衆が自発的に日本化して初めて根付いていく文化じゃないかな。
これから日本化していく国が出てきそうな気がする。まず民度の壁を乗り越えなければいけないけど。

400 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 00:23:59 ID:YqODBOM5
大衆文化がメインとはいえ、貴族文化が全然ないわけじゃないでしょ。

401 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 00:35:59 ID:5hlGELQm
あるね。

伝統的な技術や美術や、
伝統的な地域の風習や、
学問まで含めちゃったり。

409 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 10:10:32 ID:njW2GM5F
日本は自ら型(思想)を表明してないからな、まねようと思ったら
自分で分析する優秀な頭脳が必要だがそんな賢い奴はいないのだろう
ただ分析できても日本は思想によってまとまった国ではなくて
歴史の共有によって出来上がった国だから真似をしようと思ったら
2000年ぐらいかかるんじゃないかなw

410 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 16:06:23 ID:/y+FOXEX
世界がどんだけ日本化してると思ってんだよ。
むしろ、日本化し過ぎてつまんなくなる心配してろ。

411 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 17:41:05 ID:ddvIKOzD
>>409
自己表明は真実でない場合が多い。
旧共産圏や隣国を見よ。
信じるべきは現実を見抜く自ら眼しかない。

412 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 21:08:46 ID:YqODBOM5
世界が日本化しているといっても、「世界中の多くの国が日本の影響も受けた」って感じで、
”日本の影響を一番受けている国”ってのが無いんだよ。
日本化しすぎてつまらなくなるとは言うけど、まんま同じになるってわけじゃないだろ。
むしろ、似ているけどなにか違うって所に面白さを感じる事もあるし、
最初は日本モドキにしか思えなくても、
数十年も経てば日本由来の文化が独自の文化に発展する場合もあるじゃん。
それに、日本の伝統文化なら、現地の元々の文化を完全に排除してしまう事もそれほど多くないだろう。
神道なんかは特にそうだと思う。

413 :日出づる処の名無し:2008/11/13(木) 22:04:19 ID:T+Ivd3H2
逆に言うなら、そんだけよその文明圏の様々な国が
日本の影響受けたってことか。
なにやら感慨深い。

416 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 00:17:22 ID:oZbBPacx
日本のセンスや思考の上にアジアの国の文化が乗っかったらどうなるのかは
散々目にしたことがあるけど、
アジアの国の(伝統的な)センスや思考の上に、
日本文化が乗っかったり、統合したらどうなるのか凄く興味がある。
定着している日本の文化はあるけど、完全に国風化したものは全然無いからね。

418 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 03:13:08 ID:GgrBVkHH
>>416
なんか、うまくイメージがわかないんだけど、
アラブ女性のファッションで友禅染がはやるとか、そういう感じかな。
あ、イスラム文化の偶像禁止って、花鳥風月をモチーフにしてもいけないんだっけ?
だったら友禅染は無理か。

アラブのファッションの例>http://www.arabiyat.com/arabiyat/women/fashion/
(※リンク先消滅)

419 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 05:33:07 ID:aZ/74L30
>>418
神の形をつくったらぶっつぶされるんじゃないのか?
カブールだっけかアフガンの大仏みたいな

420 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 05:41:46 ID:78uMuHe7
幾何学模様ならおkじゃなかったっけ。

421 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 06:34:16 ID:GgrBVkHH
いにしえのイスラム原理主義者たちが、神の姿はもちろんダメ、
人も偶像化されるからダメ、じゃあ動物もダメとか言うもんで、
幾何学模様だけになったと聞いたような…ソースはNHKの紀行番組w

あ、でも花模様はオッケーみたいだな。
http://www.arabiyat.com/gallery/details.php?image_id=632

423 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 17:02:01 ID:8TrH0bjc
>>412
「日本の影響を一番受けている国」は、言うまでもなく韓国だろ。
表面的には日本の劣化コピーそのもの。
中身は相変わらずのキムチだが。

424 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 17:06:13 ID:8TrH0bjc
次は台湾か。
台湾の場合は、日本の精神文化がある程度根付いていると思う。
日本精神とか、もったいないとか、理解されてそうだ。

425 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 17:56:23 ID:WCHehmh2
たまにテレビで写るソウルらしき町の雰囲気は文字がハングルになっただけの日本って感じだな
中国は中華的な装飾が加わったり、逆に原始的すぎたりして違う気はするけど

428 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 20:43:34 ID:e1vEVeP+
これからの日本人は微妙
でもがんばる

429 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 20:51:31 ID:oZbBPacx
>>418
中東と日本文化の融合もあったら面白いと思うけど、
俺が書いたアジアってのは中国とか東南アジアとか南アジアとかそこらへん。
日本の文化がそのまま取り入れられるっていうより、
日本の文化が取り入れられ、完璧に現地風にアレンジされたらどんな感じになるのかが気になる。
あと、リンク先何も表示されないよ。

430 :日出づる処の名無し:2008/11/14(金) 21:02:10 ID:oZbBPacx
たとえば、インド風の世界で繰り広げられる日本の昔話とか、
邦楽が現地の民族楽器で演奏されるとか、ブータンのタンカの画法で日本的な漫画描くとか、
造型は日本風なのに装飾がタイの寺院風の神社とか、
中国人が好むような中華風アレンジされた日本料理とか、書ききれないぐらいあるけど、
そういうのを体験してみたい。

442 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 10:22:05 ID:EJKLvhRE
琉球って日本の影響を受けたアジアの国?
アジアの影響を受けた日本の一部?
琉球王国を築いたのは日本の本州から来た人達らしいが、
先住民もいたし、王国成立以前は縄文文化よりも、
台湾や東南アジアの文化との共通点が多かったらしい。

445 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 13:18:51 ID:PPsKDtfX
>>442
日琉同祖論とか、諸説紛々らしいけど、
やっぱ直感的にはご先祖さま同じに思えるなあ。言葉とか。

文化の違いは、「薩摩藩の陰謀」ってのが2chねらー的には好みですな。
つまり、徳川幕府にかくれて中国と貿易するため、琉球がその基地とされた。
そのために、琉球は薩摩とぜんぜん違うよ!だから貿易していいんだよ!
って言い張る目的で、文化の違いを強制させられた、説。

447 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 14:02:17 ID:7YWuLFAq
>>445
幕府もわざわざ異国風の装束で「慶賀使」「謝恩使」を出させ、
権威を高めるために利用したんでそ?

448 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 18:00:48 ID:ludLsUBt
>>442
江戸時代まではアジアの国で、廃藩置県からは日本の一部でいいんじゃね?
言葉は日本の影響が強くて、政治体制は中国の影響がつよくて、
宗教的には東南アジア的。

449 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 18:48:19 ID:joGlmKN8
まあ、琉球王国そのものは江戸時代の始まりとほぼ同時に薩摩藩の付庸国になってるからなあ。
難しいっちゃ難しいね。

450 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 21:03:34 ID:/cpPQ0C9
当時の事はわからんが、今の沖縄の人って日本でよかったと思ってんのかな。
独立国あるいは近隣の他の国の領土だったらよかった、なんて思ってる人とかもいたりするのかね?

451 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 21:21:40 ID:idBV/uYk
琉球独立派なんか日本の植民地か、沖縄自治区みたいな感じもあったりしてな。
やまとのことを内地って言う場合もあるようだし。沖縄はいつから外地になったんだっての。

452 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 21:37:46 ID:Pf//c/C0
色々複雑な感情がこもってる場合もあるようだが、
厳密な意味で使ってる人はいないだろ。

453 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 21:42:27 ID:idBV/uYk
独立とか思想に関わらず、内地人面したり外地扱いしたりは反感食らうだろうな

454 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 21:54:01 ID:joGlmKN8
北海道でも内地外地って言い方するよね。
感覚的には関西人とか関東人みたいな感じらしいけど。

479 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 16:48:52 ID:IbXNwRao
>>454
この前、対馬の土地問題関連のスレみてたら、島の人っぽい書き込みで
内地の人は島に観光にこないし、金も落とさないじゃないかとかいていたよ。
沖縄や北海道以外でも離島とかではそういう使い方をするんだなと思った。

************

455 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 22:10:02 ID:3SjzpdT4
済まん、此処には詳しい人が居ると思うので流れをぶった切って質問させてくれ。
鉄=くろがね
銅=あかがね
金=こがね
銀=しろがね
見たいな感じの呼び名を他にも知っていたら教えて下され。

あと、ひひいろかね、って実際に有った物ですか。

456 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 22:17:52 ID:joGlmKN8
>>455
本草綱目
つhttp://www.i-apple.jp/honzo/honzo081/post-7.html
(※リンク先消滅)
ヒヒイロカネは竹内文書が元ネタだが、
竹内文書そのものが偽書と思われているのでヒヒイロカネも実在しないというのが定説。
緋緋色金と書くそうだ。

457 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 22:28:34 ID:Au7GUIJ4
ついでに俺も聞きたいが
虎(とら)、羊(ひつじ)、山羊(やぎ)、蠍(さそり)
などは日本にもともといない生き物なのに、なぜ訓読みの読み方があるだ?
豹、獅子、象なんかは音読みしかないよね。

458 :日出づる処の名無し:2008/11/15(土) 22:35:51 ID:joGlmKN8
虎は寅で、十二支が元。
羊も未で、十二支が元。羊は角のある動物(鹿とか牛とか)の総意。
山羊は野牛の音が訛って「やぎ」と読むようになったらしい。
蠍はようわからん。おそらく、毒尾を持つ虫の総意だと思うが。

462 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 01:44:41 ID:+TGBF38v
>>455
黒、赤、黄、白ときたら、青がなくちゃ五行がそろわないですよ!
鉛=あおがね

463 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 02:04:08 ID:6LXqtJsL
http://www.jice.or.jp/room/200607310.html

象と「さき」で検索して出たの
象がもともとなにかの意味があって、そこから動物につけた可能性あると思うが
中華ではどうなの?
気象だとかからするとやはりそういうことなんじゃね?

464 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 02:31:07 ID:6LXqtJsL
ありゃ?「きさ」の方が正しいのか?
そもそもの象潟杖兵衛はどっちだったけな?

466 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 03:01:03 ID:hzERW4FF
>>463
象は「かたち」の意味で、気象もそれだね。
但し、オリファント(サム・ギャムジー談)の名前が其処から来たかは
ピンと来ないな。妄想に近いが古代中国の役職で「象」というのがあったのでは?

というのは、中国将棋のシャンチイだが「象棋」と書く様だ。
「棋」は「遊び」だと思うので、将棋が将の遊びなら、象棋は「象」の遊び。
http://210.150.246.43/game.hp/shanchi/1.html
(※リンク先消滅)
また、駒に「象」というのがあり、もしかしたら、単純に「象に乗った兵隊」を
表すのかも知れないけど、対応する駒が「相」であるので(中国将棋では
将棋の「王」と「玉」の様に同じ役割の駒でも相手と自分で字面が異なる)、
「相」は「宰相」の様な高級文官や政治家的な役職を表す字だろうから、
「象」もそれに類するものなんじゃないかなあ。

また、オリファントの悠揚たる印象は「百獣の宰相」って感じだし。

467 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 03:33:56 ID:+TGBF38v
>>466
象は犬とか豕のような象形文字じゃないですか?なんとなく形がゾウっぽいし…
で、ちと検索してみようと思ったら「象」+「象形文字」でぐぐれないじゃん!困った象。

指輪物語はオリファントの詩が強そうでかっこよかったですね。
なんちゃらかんちゃら、オリファント・アム・アイ!みたいな。
でも邦訳だと「じゅう」。弱そうw

470 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 09:23:17 ID:lsJAV+xg
青銅は?

471 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 09:47:54 ID:tIWVBSNp
青銅=からかね

472 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 10:20:53 ID:ORDkeVWd
象の字はゾウの形をそのまんま文字にしたものですよ

473 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 10:27:09 ID:8sjA3G6b

http://www.ajalt.org/kanmana/21-24/zou22.html

474 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 10:49:57 ID:28yZpF2d
>>473
>化石を見て象の姿を想像しながら絵を書きました。

今でも象のいるインドや東南アジアと陸続きなんだから伝聞だと思われ

475 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 11:35:53 ID:FpTQkN3e
>>474
あまり知られてないけど
中国の一部にも野生の象いるしな

476 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 13:42:29 ID:aF8h45a/
知られていたら
絶滅してます

477 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 14:00:51 ID:BScZlGx0
食べられちゃうのか

480 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 18:19:08 ID:zvgZX0rJ
ナウマン象って、1万年前ぐらいまで日本に居なかったっけ?

481 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 19:26:41 ID:vOPZOmRo
一万年前の日本人は、やっぱり毛皮のワンピース着てたんだろうか?

482 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 19:32:53 ID:+TGBF38v
4万年前は、毛皮のワンピースを着て、ナウマン象を食ってたらしいよ。
ナウマンゾウ博物館による想像図

483 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 21:31:50 ID:vOPZOmRo
ズボンは無かったんだよな?偉いな~原始人は。
それにしても、最初に麻を編んだ人は天才だな。
いや、人類の生活様式を転換してしまったんだから、
大天才と言っても過言ではないかも。

484 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 21:53:14 ID:HxDrvmdg
>458
おうサンキュ。
しかし十二支だって中国から伝わったのに、どうして訓読みがあるだ?

487 :日出づる処の名無し:2008/11/16(日) 22:27:43 ID:gGW9Ut5e
>>484
私もその質問に便乗します。

496 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 03:39:15 ID:D0w+5/uN
トラは朝鮮語起源じゃないの?
と思ってぐぐったけど違うらしいな…トラの語源は謎のようだ。

497 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 05:08:34 ID:lZlHYzVs
そもそも中国やインドが原産地である以上、朝鮮が出る幕はこれっぽっちも無い。

498 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 05:23:03 ID:fa34B7cH
>>497
朝鮮の馬鹿学者じゃないんだからw
どんなに可能性が低くても、いちおう調査しなきゃだめだろ。

499 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 09:02:38 ID:WJ8JLoNf
わにみたく別のものを指してた言葉がかわったんじゃね?

500 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 11:27:22 ID:1PDo22ZL
虎は捕とか獲るが転じたって話もあるしなー。

501 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 11:46:23 ID:Cfy+w1f3
ちびくろサンボは虎が出てくるから南アジアの話なのに
いつの間にかアフリカに変換されて差別だーとか言われてるのは何故だ

502 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 13:40:10 ID:H4JLCiAV
>>501
左翼の工作だから。

503 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 14:10:16 ID:KNkfyoKt
100年ちょっと前までは朝鮮半島にトラがいたはず。
当時朝鮮半島に行った西洋人(名前失念)が書いた文で
「朝鮮人は年の半分は虎を狩り、残る半分は虎に狩られている」
ってのを読んだ事ある。

504 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 14:29:43 ID:g3WTCzYB
>>503
李朝は朝鮮国民を守る義務を持たなかったが、帝国陸軍には保護義務があったんで
害獣として駆除しちゃったんだよ。
朝鮮人参以外に交易品を持たなかった朝鮮にとっては虎の皮>人の命=飢饉時の米一升

505 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 14:32:32 ID:H4JLCiAV
>>503
ちょっと前も何も朝鮮半島北部はアムールトラの生息域。
いなくなったのなら朝鮮人が軍用銃で域内絶滅させたのだろう。

506 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 14:33:29 ID:H4JLCiAV
>>504
大日本帝國が朝鮮系日本人を守るために絶滅させたのか。

507 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 14:48:01 ID:KNkfyoKt
虎を狩って狩られてアイゴーアイゴーと1年中やってた方が彼らは幸せだったのかも。

508 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 15:39:24 ID:LeL4Tzmv
>>507
< `∀´>虎に謝罪と賠償するニダ!
     金はウリが預かっとくニダ!

509 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 17:19:32 ID:H4JLCiAV
>>507
彼らはともかく駆除って・・虎がかわいそうだろう。本気で。

510 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 18:18:15 ID:mhRR2VLl
>>501
肌が真っ黒だから、アフリカ人だと思ったんじゃないの?
少しでもインド文化っぽいものが書いてあれば勘違いされずに済んだかも。

511 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 18:30:38 ID:D0w+5/uN
俺はキップリングの「ジャングル・ブック」を
ずっとアフリカの話だと思ってますた。

513 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 23:15:38 ID:PPXx+ZeT
>>509
ちょっと待てw

515 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 23:36:54 ID:H4JLCiAV
>>513
アムールトラは絶滅寸前なんだよ。

516 :日出づる処の名無し:2008/11/17(月) 23:37:30 ID:H4JLCiAV
アムールトラを狩るのをやめろ>支那人

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<言葉の意味(part91スレ) | メイン | 音楽だってジャポネスク(part91スレ)>>
コメント
-  -
国語の教科書に秋田の民話とか載ってたりしたけどなぁ
というか本州でも植生とかは地域でぜんぜん違ったり、>2013/03/30 15:56が思うほど『本州』も一枚岩つーか一つの存在じゃないのぜ
でっかいどうさんから見たらどこも同じなのかもしれないけど
2013/06/30 01:19  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
道民だけど、内地呼ばわりは政治経済全てが本州中心で地方が蔑ろにされていると感じての言葉だと思う。
小学校の理科の教科書ひとつとっても北海道には無い動植物の話しか例になかったり、季節がズレていたりして、自分達と本州は違うと小さい頃から疎外感というかズレを感させられる。
沖縄や離島もそうなんじゃないかな?
2013/03/30 15:56  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
沖縄行ったときタクシーの運ちゃんとちょっと話したが、
沖縄独立だとかをガチで言ってる人はいないと。郷土愛が強い人でも日本の中の、少し特別な歴史がある地域って感じらしい
「琉球」独立派とかは極一部の頭変な人みたいな扱いだったw
まぁそりゃシナ人になりたいなんて奴がいる訳ないのは分かってたがちょっとほっとしたw
ニュースや新聞じゃ一般の人達の意見は取り上げないんですかねー
2013/03/23 14:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/525-f14fb15d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。