2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イスラムと日本(part89スレ)
- 2013/02/22(Fri) -
861 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 21:17:35 ID:A5ena7iK
ヒンドゥーと日本
「牛食わないの?美味いのに」→「神聖だから食べないよ」→「じゃあ牛無しでも美味いもの作るよ」
→「ここだけの話・・・牛、結構美味いよね」

イスラムと日本
「何か戒律とか厳しくてメンドイんだってね」→「人が正しく生きるためには必要なんだよ」
→「正しく生きるのには緩さも必要だよ」→「実はそういう戒律wwww」

864 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 21:28:50 ID:MOLPTZA3
>>861
もっと激しいレベルで

865 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 21:39:54 ID:MOLPTZA3
世界不思議発見でインドのヒマラヤ地域の特集しているけど、
日本と類似している部分が多くてびっくりした

866 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 22:17:47 ID:U7EUb7Ec
チベット、ブータンなんかも含めてヒラマヤの照葉樹林文化圏は
日本の文化のルーツと何か関係がある

869 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 22:35:22 ID:chevcefa
>>861
その手の奴等は自分の国離れると理由つけてバクバク食うんだろうな

870 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 23:14:27 ID:MOLPTZA3
ヒンドゥー教徒は普段から牛乳製品を良く飲むんで、
宗教の決まりを気にしなければ牛を食うのもそれほど抵抗はなさそうだな。
イスラム教徒の場合は、あまり決まりごとに熱心じゃなくても豚食うの抵抗あるんじゃね?
ゲテモノみたいな。

871 :日出づる処の名無し:2008/09/13(土) 23:21:15 ID:uovCAbqj
昔知り合ったイラン人は、食事はその辺のコンビニや弁当屋で普通に買ってきて食ってたなぁ、
もちろん豚肉も。
酒は普通に飲んでたし。

神様も日本までは見てないそうだ。

873 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 00:13:05 ID:A84Eth2E
神様もノーマークの国・日本

874 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 00:32:59 ID:BizxjPpm
>>873
いや八百万も居るとね、少々厳しいこと言うやつがいても
周りが「許してやれよぉ」って大概のことはなあなあにされるんだよ。

875 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 01:48:45 ID:1pOKeNJ2
これだなw以下米蘭抜粋

720 名前:水先案名無い人 投稿日:2005/10/10(月) 05:49:40 ID:OXmysItr0
・敬虔なユダヤ教徒のおっちゃん(イスラエルのエリート)
・敬虔なイスラム教徒のお兄さん(パレスチナから某国経由で某国籍getした元苦学生)

そしてふたりは仲良し。

ユ/兄ちゃんみたいな人ばっかやったら、わしら戦争せんで済んだやろな
イ/難しいです。でも、今のような泥沼はありませんでしたです
ユ/せやなー
イ/故郷に帰ったらもうお会いできないかも知れません、残念です
ユ/くやしぃなぁ、せやけど、これが神の定めたもうた運命なんかなぁ
イ/ここは日本ですから、仲良くしても誰も怒りません
ユ/せやねー。国に帰りとぉないわぁ、このまま日本にずっとおれたらええねんけどなー

ずるずる。

そして、ふたりと私は仲良く 豚 骨 ラ ー メ ン をすする。

ユ/おっちゃーん、すまんけどセアブラちょいと足してんかー
イ/替え玉ひとつ、バリ固で

・・・おまいら。国に帰れなくなっても知らんぞ?

ユ/ここは日本やからな(笑
イ/日本ですから(笑

それが免罪符か!

876 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 02:10:15 ID:CiSzp+x6
まあ、神戸なんかモスクとユダヤ教会が同じ北野に建ってるしな。

877 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 02:21:19 ID:aCeqYM5B
モスクがあるのは知っていたが、シナゴーグもあるのか・・・->神戸

879 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 03:17:24 ID:i9lJKSPY
自然環境が厳しい場所で生まれた宗教は苛烈な戒律を生む。
自然環境に恵まれた場所は戒律は緩やかになる。

生活環境に恵まれるにはある程度大陸から離れた小さな島国にしかあり得ない。
日本は八百万の神様と自然と他国に比べて緩やかな生活環境に恵まれている。
他国にはあり得ないほどの環境は神様に恵まれているとしか.......

884 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 08:54:21 ID:Rw0v8rSW
>>879
多神教と一神教は環境と聞いたことがある。
神道(日本)、仏教・ヒンズー教(インド)、道教(中国)と違って、
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教(イスラエル)は砂漠だし。

886 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 09:59:41 ID:9A2FtMNC
>>884
砂漠なら、一人で管理できそうだもんな。
つーか、多くの神が分業するって発想自体、ありえないのかも。
通常業務では、天体運行はデフォルト設定でスイッチ入れっぱなし
せいぜい風向風量の操作以外、やることないっぽい。

887 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 11:41:25 ID:MFXdhMVm
中東やエジプトも昔は多神教だぞ

888 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 12:50:29 ID:OfTIODUT
厳密には完全な一神教というのは存在しないという考え方もあるしなー。
ユダヤ教、キリスト教、イスラムなんかでも、主以外に人知を超越した存在はちゃんと規定されている
(天使とかね)。
こいつらは完全に主に従属しているので多神として認められないが、
性格的には多神教の神々と大して変わりないわけで。
なので、主神をどの程度まで完全化するか? 
というヒエラルキーモデルの違いでしかないとかなんとか。

890 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 13:41:36 ID:THu8r80/
キリスト教でも聖母マリアを崇めたり、大天使や聖人を祭ったりしている所を見ると、
やはりどこの民族も神様が一人ぽっきりというのは物足りないのかも知れんな。

891 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 14:04:51 ID:DOixslAk
そこで日本人は一番エライ神様を便所の神様にした
理由は誰もが嫌がるポジションを自ら受け入れたから

892 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:09:46 ID:TUFTSndZ
>>891
> 理由は誰もが嫌がるポジションを自ら受け入れたから

嫌がられる、蔑まされるものが最高神になる、という神話は世界中どこでもある

893 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:13:32 ID:kvQ1wLNk
>>887
そのへん4000年くらい前は今みたいな砂漠地帯じゃないでしょ

894 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:16:36 ID:B+cixS7j
>>884
ヤハウェ→ユダヤ→キリスト→イスラムだし。同系列の宗教。
ただ多神教のバアル教(北アフリカ 豊饒の地)からヤハウェ(エジプト ナイルの恵み)→
ユダヤ以降(イスラエル)→イスラム圏(砂漠)ってイメージはある
砂漠に根付くには一神教の方が都合が良かった?

895 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:17:22 ID:A84Eth2E
>>887
エジプトはナイルがあるからいいんじゃね

環境の厳しい地域は一神教で選民意識バリバリになりやすい気がする
そうでもしないとやっていけないのかね

896 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:19:44 ID:B+cixS7j
イスラム圏は元はゾロアスターかヴァルナが元になるのかな?

897 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:49:12 ID:MFXdhMVm
イスラム教成立以前は、雰囲気も今とはぜんぜん違ったのかねぇ
イラクの言語や古い宗教はインドのものと似ているし、雰囲気もインドに似てたんだろうか

898 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 15:56:20 ID:MFXdhMVm
>>865,866
日本とアジアは似てないが

899 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 16:14:08 ID:kvQ1wLNk
アジアってどこさ。イラク辺り?

900 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 18:20:44 ID:MFXdhMVm
チベットやブータン、ネパール、インドとかはアジアだろ?

901 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 18:24:09 ID:OfTIODUT
つか、アジアって括りじゃ範囲広杉。
日本はユーラシア大陸のさまざまな要素が最後に流れ込んでくる地域だから、
ユーラシア大陸のあちこちに日本らしさを感じるのは別に不自然じゃない。
日本の面白いところは、それでもなお、流れ込んでくる要素を片っ端から日本的にカスタマイズしちゃって
呑まれなかったという部分なわけで。

902 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 18:25:05 ID:/B6ukDGz
>>897
イスラム教成立以前のカーバ神殿には、アラビアの各部族の守護神の像が360も安置されていたとか…
ホントどんな風だったか知りたいなぁ

903 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 19:01:30 ID:MFXdhMVm
色んな部族の神が360柱も・・・今の中東では想像できないような平和さだな
カーバ神殿のデザインは他のモスクと結構違うように見えるが、
出雲大社本殿のように古風なデザインなんだろうか?

904 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 19:07:17 ID:OfTIODUT
こうやって遡ると、逆にどっから絶対的な唯一神っていう発想が出てきたのかが不思議に思えてくるね。

908 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 19:35:29 ID:/B6ukDGz
>>904
古代エジプトのホンのわずかな期間だけ唯一神としてあがめられた、
異形の太陽神、アテン神じゃないか?
しかも、その期間に、ユダヤ人たちの”出エジプト”の時期と一致しているんで、
既にチャンとこういう説もあり

>>ちなみにアクエンアテンの治世年と、出エジプトの年と推定される年代がほぼ同じである事を根拠に、
アテン神が同じ唯一神教であるユダヤ教の神ヤーウェの原形とする異説[1]も存在する。
引用元:アテン(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から)

ちなみにアテン神を信仰したのは、ツタンカーメンのおとっつあんのアメンホテプ4世、
自分の名をアテン神にちなんでアクエンアテン(Akhenaten)と改名までしている
あまつさえ、アテン神はアメンホテプ4世だけの為の神さまで、
他の人たちには現人神である自分を崇拝させたとか…後年、アテン神は悪魔とされたとか、どっとはらい

909 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 21:22:34 ID:uuCO2CPK
明治時代に日本に布教に来たイスラム教徒の見た日本の本では
日本人の生活習慣や道徳が非常にイスラムに近く
日本ならイスラム教はすぐ広まるだろうと
そのイスラム教徒は安心して母国に帰ったと書いてあったが

日本ってある意味様々な文化の未来図なのかもしれんな

910 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 22:01:43 ID:CQTn9NQ1
中東の人がぶたを食わないのは生理的にキモイから。
ブタはこんなにも汚らしい。

1、はるか昔、ブタと犬は人間のウンコを餌にしていた。
2、もう少し進歩すると残飯をエサにする。今でもエジプトのコプト教徒は
 ゴミ回収を生業にして、生ゴミでブタを育てる。
3、ブタを育ててるヨーロッパ人がまた汚い。一生フロに入らない奴もいるし
 大便小便道路に垂れ流し。お風呂屋文化のある中東人から見たら汚すぎる。

911 :日出づる処の名無し:2008/09/14(日) 22:23:20 ID:MFXdhMVm
>>909
どうにも信じられないんだが

912 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 00:05:16 ID:mMlDqbd+
>>909
>日本人の生活習慣や道徳が非常にイスラムに近く

具体的に言ってくれ。
んなもん個人の読書感想文程度の話じゃねーか。

913 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 00:28:04 ID:kYjSjGcq
規律を守り~とか人に優しく~とか、どこの宗教にもあるような
普遍的なものをけっこう体現していたからじゃないの?

キリスト教もブードゥー教も同じこと考えそうだな。

914 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 00:29:04 ID:7NUk/qQw
欧米人もアラブ人も優れた文化を評するのに、
自分たちの文化の延長線上でしか思考出来なかったんだろ。
彼らにはコスモポリタンな上位文化を表現する言葉も概念も存在しなかったって事。

915 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 00:29:02 ID:cTsHyLwi
>>910
はるか昔どころか、60年前でもまだ中国では人糞を餌にしてたぞ。
うちの父の一家は大連から戦後帰って来たんだけど、
じいちゃんがよく話すのは
「中国人は朝皆道端にしゃがんで隣の人と喋りながらうんこしてる。
 そしてそのうんこを豚が食うんじゃ~」という事。
まあつい最近までもそうだったんじゃね?

916 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 00:36:02 ID:zKeyw/7i
『アッサラーム』56号、57号によると、
清潔・信義・礼節・救済と喜捨・尚武なところが、
日本人一般の考え方とイスラームの共通点だそうな。

917 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 02:25:05 ID:bDuYLjc8
>>909
> 日本人の生活習慣や道徳が非常にイスラムに近く

自分は同意しないが、イスラム側の人で下記の感想を持つ人はいる様だ。

http://www.bunshun.co.jp/mag/extra/aisuru/index.htm
(※リンク先消滅)
> 良きイスラム教徒に最も近い日本人

ただ、まぁ、その人の経験から来る感想であり、客観的にそうであるかは色々難しいと思うんだ。
表面的には似ているが、心の底の道徳感覚は同じなのかどうか。
多神教と一神教というだけで大分違うし、
例えばイスラムの人達には、自然の色々なものに生かされているという感覚、
自分の身体も塵になって他の生き物や自然の中を巡る感覚があるのかとか。

918 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 02:26:14 ID:nBaK3Sb0
・・・それたぶん、仏教入ってる。

919 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 02:31:28 ID:ROajFZ7L
日本在住のパキ人やイラン人からたまに聞くな。
日本社会はイスラムに近いとか。
こっちから見たイスラムのイメージって、厳しい戒律、断食、狂信、テロとかだから、
どこが近いんだよ!?ってなる。

920 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 02:47:20 ID:nBaK3Sb0
異質で不満足な状況に遭遇したとき、
自身を肯定する根拠に、一種の純粋性を求めるのは、
イスラムに限らず、いつでもどこでも同じように、
発生しちゃうと思うけどね。

イスラム教徒だから危険なんじゃなくて、
たまたまイスラム教徒だっただけなんじゃね。

924 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 09:14:56 ID:JOUEpaFj
>>911-912
明治時代の日本人が年輩者を敬い男女の別がしっかりしており
規律を守り清潔好き(建物内、電車内で履物をぬぐ等)な所とかが
ムスリムには共鳴できたようだし意外と早く
モスクを建てる話が進んだ事も彼等が楽観した原因だろう。
君達が信じようが信じまいが当のムスリム達は
日本でならイスラムは受け入れられやすいと
今でも信じられてるようなので
日本での布教に関する報告書があったから転載しておくよ
http://islamcenter.or.jp/jpn/ronbun.htm
(※リンク先消滅)
とにかく日露戦争で日本がロシアに勝った事が
イスラム社会には相当の衝撃だったようだし
日本社会をイスラムに対して寛容だと感じるくらい
他所のキリスト教国家じゃ待遇が酷いだけなのかもしれんがね。

925 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 11:42:39 ID:7j6gQ4M3
日本人が他国の宗教に寛容なのは、
無意識に揺ぎ無い死生観や道徳観念(振る舞いに関する美意識)が
あるからかもね。他国人からはハッキリした「宗教装置」が見えないから
日本人は無宗教で布教しやすい様に思える。が、実際は強固な
ナニモノカ(日本人自身意識していない)の信者なので改宗はしない。

926 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 12:28:05 ID:1C2WW3ov
>ナニモノカ(日本人自身意識していない)の信者なので

自分個人を見ても、まったく宗教教育みたいなものを
学校どころか親からも受けた覚えがまったくないのに
気がつけば、なんとなく「日本教」の信者で、他宗教の価値観に寛容ではあるけど
改宗しようなんて気はさらさらない。
不思議だ。なんでなんだ?

927 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 12:28:48 ID:mMlDqbd+
>>924
そこの論文に書いてあるけど、1956年から布教やってる割には全然イスラム教徒増えないな。
どっかの大学の社会学の教授みたいに、
ミクロな共通点や特異な事例のみ取り上げてマクロな現象や結果を完全に無視してる。
表層的な現象の共通点のみしか見てない。

お前自身で結論出してるが、

>他所のキリスト教国家じゃ待遇が酷いだけなのかもしれんがね。

結果これだろ。
日本とイスラム教は相容れない。キリスト教社会に比べてマシと言うだけであって、
それをイスラム教の受容要素があると勘違いしている。
具体的な日本社会とイスラム社会の共通要素を何一つその論文は提示していない。
しかも日本とイスラムの友好が始まったのが
戦争の「敵の敵は味方」って言う典型的同盟理論に準じてる。
それは戦略的な互恵関係であって、文化的、社会的な共通要素でもなんでもない。

単なる自分達の活動の正当化とイスラムの優位性を示したいだけの軽薄で思慮の足りない文章。
日本人をちょっと褒めてプライドくすぐれば直ぐに靡くと思ってる時点で
こいつらは日本社会と日本人をナメてる。
この 50年、イスラム教徒は日本で何やってたんですか?
この 50年、イスラムと日本の間に何があったんですか?
それで、その結果は?
答えてみろよ。

928 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 12:33:06 ID:LaF9Pa1P
イスラム教は布教しない宗教だったと思う
トルコか何処かの国は布教すると法律違反だったと思う

929 :名無し三等兵:2008/09/15(月) 12:34:30 ID:TiPAMzmn
だって、葬式仏教ってラクチンじゃん。
何食ってもいいし、どんなカッコしてもいいし。

930 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 12:42:21 ID:xFAHPFVs
>>926
神道でも仏教でもキリスト教でもないしね。
日本教としかいいようが無いんで、仮にこう呼称する。

まずもって、この日本教は日本人の死生観・世界観をがっちりと押さえてる。
祖霊信仰をベースにしたアニミズムなんだけど、同時に一神教のような戒律に近いルールも有している。
だから、日本人って常に他を意識した行動様式になるんだよね。
一人の時でも集団の時でもあんま変わらない。
でもって、他の宗教に寛容なのは日本教においては「神」という概念さえも
より大きな包括概念にくるまれてしまうというとこがミソ。
だから、どんなに支配的な一神教が押し寄せてきても、それを「絶対」とは決して考えない。
メタ的にどんどんと拡張してしまい、全てを包括する世界観に同化させてしまう。

だから、改宗とか考えようが無いんだよね。
日本教においては全ての宗教は同格だし、同様に無格になっちゃう。

もっとも、その寛容さはカルトの容認にも繋がっちゃうんで良し悪しではあるんだが。。。

931 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 13:13:52 ID:Hvod+N0M
中近東の人は外国に異常に疎いから、どっかの国の事を知ると色々勘違いをしちゃうんじゃないか?
アフガニスタンなんかは隣接するイスラム教国の伝統文化を「西洋文化」と誤解したり、
トルコは日本とは文化が全く似てないし、
EU枠に入ろうとしながら「同じアジアの国として~」とか言ってるし

932 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 13:54:21 ID:ic5icvWy
なんで>>927はこんな攻撃的なの?

933 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 13:56:15 ID:bYK5G6xo
>>932
こんなところにいる時点で察してやれよ

934 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 14:07:15 ID:/3GgqXhQ
カルシュウムが足りない。

935 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 14:20:57 ID:rD+oz8BS
信仰している信者にしか影響力が無い時点で、一神教なんて底が浅いよな。
よその神様がチンケに見えてしまう。
それからすると、それらを包括した考え方をする日本人は、悩むことはなさそうだ。
キリストさんやブッダさんよりもアッラー様やヤハーウェ様よりも
一次元上の「なにか」の存在を潜在意識から信じてる。
いや、信じてると言うより「ぼんやりとした常識」って感じかな。

936 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 14:25:23 ID:JOUEpaFj
無駄に攻撃的な>>927はスルーするとして
>>931
トルコなんかは結構日常生活面で日本と似てる部分はあるらしい
言葉の言い回しとか日常会話や挨拶とか
何より家の中では靴を脱ぐ習慣があったりコタツがあったり
祝い事の時に食べられるのが豆料理(日本は赤飯)とか
そういうところにも彼等は親近感を持つようだ。
このあたりは漫画で得た知識なんで
詳しく知りたければ「私もトルコで考えた」を読んでみて。

一応言っておくが自分はイスラム信者でもない
キリスト教系の幼稚園に通った事のある一仏教徒の日本人だが
日本人の概念的な部分がイスラム教に結構近いということに
必要以上に拒絶反応する連中がいることにびっくりしたよ。

937 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 15:24:10 ID:/3GgqXhQ
りぼんでほのぼのしたラブコメ書いていたあの高橋 由佳利さんが、
トルコ人とケコーンして書いたのか!びっくりしますた。

938 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 16:07:08 ID:Hvod+N0M
>>935
どんなに凄いものでも、自らそれを取り入れなければ何の効果もないのは当たり前だろ。
「信仰してない者には影響が無いなんて、そこが浅い」ってのは、
料理に対して「食わなきゃおいしくもなんとも無いなんて、そこが浅い」ってぐらいの理屈。

939 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 16:12:39 ID:IWLurykN
日本教と呼んでいるが、それは古代から伝わる、
カタカムナの哲学が受け継がれているんじゃないか

940 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 17:15:03 ID:KALwn7/D
よりによってカタカムナかよ

941 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 17:40:29 ID:xFAHPFVs
日本教とも言うべき死生観あるいは世界観の源泉は、
おそらく海洋民族に広く見られる異界信仰なのだろうなと思うのです。
ニライカナイやワダツミ、あるいは根の国や常世。欧州においてはティルナンオグ(ティル・ナ・ノーグ)や
トァン・マッカラルの物語・ケルト神話に見られる異界。
この異界あるいは他界と現世の境界が曖昧である、海洋民族ならではの死生観。
これが陸揚げされて錬磨されるうちに、日本教とも言うべき価値観を形作っていった気がするのです。

942 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 18:38:09 ID:aDdSusKj
日本の場合、アイヌ等を除いてかなり早い段階で文化的に大和民族として統一、定着した。
でだ、幸いにも大陸から離れており、凄まじい異民族紛争にものほほんとしてこれた訳。
だから、宗教的な価値基準に頼らなくても、同じ言葉を喋り、同じ考え方をして、
同じ価値基準を持つと
他人に対してある程度信頼性が担保されてきた歴史がある。

だからこそ宗教的にもノホホンとしておれる訳で、
厳しい民族紛争に晒されている連中とはイデオロギーに対する執着がそもそも根本的に違うのさ。
更にいうと、そんなガチガチのイデオロギーを持つ人間が近くにいると、
なあなあでやってきた日本人にとって極めて緊張をもたらす。

だってそんなガチガチなイデオロギーを信じる必要性がなかったし、
イデオロギーを信奉するというのはなあなあを一切排除する行為に他ならないからな。

一神教のようなイデオロギーガチガチで他の宗教に対して極めて排他的な価値観は
日本人のなあなあ文化では少々もてあますといったのが、正解じゃね?

943 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 19:54:19 ID:rD+oz8BS
>>938
俺が言いたかったのは、宗教の「信じる者は救われる」と言う考え方。
日本人はそこから違う。
信じても信じなくても、因果応報や社会規範の道理は、万人に働く事が解っている。
勿論仏教や儒教の影響もあるだろうが、神よりも道徳心の方が
日本人にとっては1ランク上のような気がする。

944 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 20:00:40 ID:IWLurykN
信じることで自分が救われるなら、
信じないで地獄に落ちることを選んじゃったらしいからな

945 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 20:44:24 ID:drOGj64g
信じても信じなくてもすべて神のおぼし召し、なんてのは
日本人としては人間を馬鹿にしてる感じがする。

頑張って結果が付いてくるってのはその本人次第だろjk。

試験に落ちた、病気になった。
それは信仰が足りないからって言われたら暴れるぞ。おりゃー

946 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 21:01:22 ID:3GEBcL1U
神の思し召しってのは、別に信仰が足りるの足りないのという話じゃないわけで。
どっちかつうと、人事尽くして天命を待つの境地に近いわけで。
まあ、カルトなんかじゃ信仰心がどーたらというけれどね。
言い換えれば、信仰心がどーたらと難癖を付けてくる宗教家はカルト要素が強いので近づかないが吉。

947 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 21:38:49 ID:lXj43Z84
「信じるものは救われる」と「鰯の頭も信心」は似て非なるもの。

948 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 22:22:34 ID:XanfyeUq
最初は漠然としてる。
次に明確な決まりができる。
最後に決まりが現実を縛る。

949 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 22:30:00 ID:JpdTVZ5o
神様はサイコロを振らない。
神様もサイコロ遊びをする。>神の思し召し。

950 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 22:58:55 ID:69+EhVph
全ての神よ、そして全ての生命よ。

951 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 23:01:33 ID:5hXhMTP4
メリケンで日本人が「宇宙が今も拡大を続けているのは神が創造している最中だからじゃないか?」
と言ったら「日本人って無神論者だと思ってたけど、キリストの教えの根源を理解してるな」
と驚かれたという話を聞いたことあるけど

952 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 23:08:16 ID:XanfyeUq
作ってる最中のところは、張りボテの裏側なんで、見ちゃダメよ、と。

953 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 23:19:11 ID:bYK5G6xo
>>951
いつでも革命進行中の共産主義となんら変わらんなw

954 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 23:29:46 ID:1C2WW3ov
>951
なんで「キリストの教えの根源」なのかわからん。
その日本人は、全知全能の神が創った世界が作りかけ=不完全でいいの?
っていう一神教への皮肉として言ってると思うんだが。

955 :日出づる処の名無し:2008/09/15(月) 23:33:37 ID:XanfyeUq
世界は、重なって、いくつもあるのが普通な日本とか。

958 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 03:57:48 ID:1MQILjr6
外国じゃ宗教と倫理は不可分なものだから、倫理がしっかりとある日本は実に宗教的に見えるらしい。
イスラム教的、キリスト教的、ユダヤ教的、仏教的、と見る側によって様々だけれども。

要は日本社会って水面鏡なんだよね。外国人にとって自分側を反映しているように見えてしまう。
しかし実態は水のように無色透明。

959 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 05:20:11 ID:yykdw0Nh
イスラム教なんて、あれ食うなこれ食うな、何時にどっち向いて何回拝めみたいな
縛りのきつい宗教が日本で流行るわけねー。
もっとゆる~くて、楽しいイベントが色々ある宗教じゃないと日本人には無理。

960 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 06:29:51 ID:CpgGMU/k
日ユ同祖論では神道は古代ユダヤ教が失われた十氏族と一緒に日本にやってきて
生活に浸透した物なので、
日本人がユダヤ・キリスト・イスラムの教えを生活レベルで実践出来てるって話があります。
オカルト話ですけどね。

961 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 06:47:03 ID:bWMADb01
クリスマスのイベントだけ楽しんじゃうお国柄だからなぁ

962 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 08:49:08 ID:Ot0ym2R9
>>959
もし流行ってたら、
年末年始くらいはメッカの方向に礼拝
断食はせず、日が落ちてからみんなでごちそう食べるまでゆるくなってたかもな

963 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 09:06:49 ID:Tn//xmHb
結局、連中が宗教によって達成した買ったもの-治安の良さであったり、
過度に緊張を生まない対人関係であったり・・・-が、
日本の場合には普通に実現して見えてるんだろうなと。

964 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 09:28:50 ID:XRoaRO8D
キリスト、ユダヤ、イスラム、根っこは全部同じイエス?なのに、
ケンカしてる。アホずらこいてさ。

信じれば、約束の地へ行けるといっても、
その約束の地は、その信じたキリスト、ユダヤ、イスラムの白人どもが
うようよしてるし、くさいし、そんで結局そこでもやつらはケンカしてるんだろ。

それなら、地獄のほうがいいに決まってる。
第一、信じてなかった親や兄弟が約束の地にいないなら、
そこへ行ってもなんの得もねえ。少数は馬鹿にされて、ひっきょう奴隷扱いがいいところ。

それなら、家族で地獄めぐりの観光でもしてたほうが、
よほどに利口だし、楽しいじゃねえか。 人も少ないだろうし、キリストに改宗した韓・朝鮮人もいねえ。
極楽じゃねえか。というか、それこそが天国なんじゃねえの。

どう考えたって、生きてることが地獄であって、
地獄こそが、天国だろ。今の世の中さ。
まともな日本人なら、それが小さくでも努力→成功→快楽はなんなくいける、でも物足りない、

世界一飽きやすい、それが日本人。
日本人は結局、生きてることにも飽きるのさ。
とあるニートの”人生はひまつぶし”っていいえて妙。”働いたら負けかな”に匹敵するよ。

965 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 09:46:06 ID:1EeNmc0A
キリスト、ユダヤ、イスラム、根っこは全部同じイエス?

966 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 10:23:38 ID:KCe07Pfx
なんとなく言いたい事は分るから
ぬるくスルーしてあげなさい。

967 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 11:22:41 ID:vAXGsosp
日本の宗教はイスラムみたいな礼拝とかの厳しい戒律が無い。
と思われがちだけど、実はわりと厳しい戒律があるわけで。
ただ、生活に溶け込みきってるんでみんな意識してないだけ。
あと、日本の宗教的戒律は「~をすべし」ではなく「~をしてはいけない」というタブータイプだから、
余計に意識しないんだよね。

ところで、キリスト教は死んでも天国になんか行かないゾ。
天国は再臨と共にやってくるもんなので、それが来るまでは待機です。

969 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 17:43:28 ID:H4OZ8c9d
>>962
断食って夜は食えたんじゃなかったっけ?
なんか断食中パーティやってるイスラム教徒の映像をどっかで見た記憶があるんだが

>>965
元々はユダヤ
ユダヤだけじゃなく他の民族を助けようぜって言ったのがキリスト
それを真似て新しく作ったのがイスラム

970 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 18:10:36 ID:a5DjOouH
>>967
宗教的戒律というより、社会的な戒律といった方が正解じゃね?
てか外国だと異民族間の接触が頻繁に起こり、
正しく社会的な戒律だけだと異民族間のそれらプロトコルが
まるで違うのでそこら中で衝突が起こる。(起こってきた)
結果、より根源的なイデオロギーである宗教に傾倒していった訳で、ああなったと思うんだが?
ヨーロッパは国も民族もバラバラで一つの地続きの大陸の端っこに住んでいるが、
キリスト教という共通のプロトコルがあるからこそ、価値観も共有できたと考えるのが正解だろうし。

日本は精々歴史上、異民族の侵攻を受けた事って元寇と、戦後のGHQの統治ぐらいのもんだろ?
大和朝廷以前の蝦夷等の統一過程を除けばさ。

971 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 19:15:58 ID:qmmLlNrv
また、知ったかがなんとなくで偉そうに語りだしたか。

972 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 19:36:50 ID:vAXGsosp
>>969
ラマダンの間の飲み食い禁止は太陽が出てる間だけ。
なので、夜はフリーパス。
結果として、夜中にバカ食い→糖尿病という本末転倒なことになってて
政府あたりから「おまいら食い過ぎるな」というお達しが出てたはず。

973 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 19:57:39 ID:oGPOOk1f
>>962
女性は素顔をさらしてはいけないので、全員メガネっ娘に

974 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 20:08:21 ID:1OKyj1tY
てか、宗教って
創始者がまともな事を言う→弟子や信者によって改変されて奇妙・理不尽な部分が増える
ってパターンが多いから、ある程度まともな事やってればどの宗教の教えにもかぶるんじゃね?

975 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 21:02:22 ID:2di6Byb1
>>974
でもないよ。そもそも、創始者が確定している宗教の方が数は圧倒的に少ないわけで。
信者数こそ凄まじく多いけど、実際問題としてセム系宗教と仏教、あとはカルト系とか新興宗教ぐらい。

氏族宗教、あるいは原始宗教なんかは自然発生的なんで当たり前だけど創始者ははっきりしない。
ついでにいうと、ガイドラインみたいなものはあるけど教理は無い。
日本の場合も同じなんだけど、
なぜか日本に土着すると仏教なんかでも教理らしい教理を失っちゃうのが面白いところ。
キリスト教も、洗礼受けるような人は別にして
一般人にはキリスト教の教理はほとんど影響してないしね。

976 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 21:17:16 ID:1OKyj1tY
日本は外来のものでも独自にアレンジするが、仏教をあんなのにしたのは失敗だと思う

977 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 21:51:52 ID:rRJgZeud
キリスト教伝来の頃、宣教師に
「(キリストの教えを受けなかった)父母が地獄に居るなら
 私も地獄へ行きたいです」と言った日本人信者が居たというけど、

キリスト教的には暴言かも知れないが、我々には実によく理解できるし、
これを言った奴が善人であるとさえ確信できてしまう。中国人に
云わせると「孝」とか云うかも知れないが、それも違うと思う。

愛する人のために、利得はおろか神も道徳も踏みにじる。
ここに「日本教」の何たるかが隠れていると思う。
冒頭の発言を聞いてどう思うか、現代の外国人に聞いてみたいな。
賛成しないまでも心情は汲んでくれると思うのだが。

978 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 22:20:26 ID:6e8FU7pD
言ったのは布教に来た宣教師の説教を聞いてた貧乏そうな村人じゃなかったか?
そんで宣教師は「あいつ等貧乏臭いのに手強い、無理です」とバチカンに泣きの手紙を送った

990 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 00:33:09 ID:1+KAnd7S
>>978
その質問は 『 神が全能なら、何で我々日本人は今まで
 救われずに放っておかれたんでしょうか?』 じゃないっけ。
今までそれ位の質問する奴いなかったんかよって気がするが。

新人の素朴な疑問にパニくる駄目 OJT みたいなw

979 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 22:32:44 ID:yJsAYNXL
でも別に、一神教の神様に逆らう意図じゃないんだけどね。

982 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 22:59:34 ID:2di6Byb1
>>977
その質問って、何気に質問された人の属するコミュニティがどの土着宗教の系譜に連なるか?
っていうベンチマークになるよ。
というのも、キリスト教では実は地獄の扱いってはっきりしてないわけで。
イエスは神の国は語っても地獄は語ってない。
だから、永遠の地獄というのが存在するかどうかはキリスト教内でも意見が割れる。

そういう感じだから、地獄というものを連想するときに
どういう連想に至るかは脈々と受け継がれてきた生活様式にとけ込んだ宗教観念に影響されやすい。
例えば北欧とかだと地獄は氷の世界、俗に言うコキュートスに近い。
けど、話をよくよく聞いてみると何気にニブルへイムがのっそりと控えてる。
これが砂漠の方の国の人に話を聞くと、地獄というのは灼熱地獄だったりするわけです。

日本人にとっては地獄や極楽というのは、異世界の感覚に近い。
実際に雨月物語だかなんだかには閻魔大王に雇われて夜は地獄で官吏をしてたなんて話が出てくる。
(原典は中国だけど)
記紀においても、死後の世界というのは現実の世界と地続きなわけです。

こういう強烈なベースがあるから、そもそも「絶対者の裁き」による「概念的な領域」というのは
日本人には馴染まないんでしょうね。

983 :日出づる処の名無し:2008/09/16(火) 23:01:53 ID:nLWc91Ig
>>973
実は本来隠さないといけないのは「髪」だけだったりする。
顔を隠すとか、家族以外に会ってはいけないとかまではコーランには書いてない。
なので発祥地であるアラビア半島あたりだと女性も顔を出してるし買い物もする。

986 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 00:26:25 ID:XOAEIjK0
宗教ってのは楽なんだよな。「戒律」に従って生きていれば、何か自分たち
は立派なことやってるような気分に浸れる。自分で考えて悩む必要もない。
自己満足とも言えるが。

987 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 00:29:31 ID:Xif/Fx//
>>983
どこの国かは詳しく区別はつけとらんが、
近所の大学に結構そっち方面からの留学生いるけど、
女性は大半がスカーフで髪しか隠してない。顔はそのまま。
顔まで隠すほうが今は少数派なんかな?

988 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 00:32:03 ID:R6nAceSZ
・・・砂漠で顔なんて出してたら、
紫外線が強そうだけどね。

989 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 00:32:54 ID:q8UvCICF
どこかの宗教だって乙女を処女と訳したせいで
ややこしいことになっとるがな(´・ω・`)

992 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 04:19:42 ID:fXvlLpzm
髪を隠すとかは男の欲望をかきたてないようにって事だろうが
なんか強権を持った王様が現実無視して理想を求めた名残って感じがするな

994 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 08:10:53 ID:6yJG6e3L
イスラームで顔を隠すというのは、
どっちかつぅと土着習俗を後からコーランの一節で説明補完したという程度っぽいです。
だから、地域や教派によって隠し方にかなり差が出ます。
コーランの根拠も「外部に出ている部分はしかたないが、
 そのほかの美しいところは人に見せぬよう、胸には覆いをかぶせるよう」
というもので、別に顔を隠せと明示しているわけではない。
ただ、伝統的に顔面のフル露出は「娼婦」のトレードマークだったという経緯があるので、
顔を露出するというのはイクナイわけです。

それはともかく、日本ではイスラームの人々は戒律の遵守が難しいそうです。
気がつけば、日本人と同じような生活様式に染まってしまっている。
戒律に関しても日本の信心深いお年寄りレベルの信仰になっている。
こんな国は日本しか知らないとのことであります。
実に日本らしいなあ、と思ってしまいました。

995 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 13:34:20 ID:P6B6teB3
あっちこっちで一神教に地元を追われた多神教の神様は案外日本に移住してたりしてな。

996 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 14:32:41 ID:THlWKM8S
日本の国、正に天皇を中心とした神の国であるぞ

997 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 14:47:28 ID:9MGg3G+4
神々の国だろ

998 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 14:49:34 ID:qrpFrrML
新スレが必要だ!

1000 :日出づる処の名無し:2008/09/17(水) 15:23:38 ID:THlWKM8S
      _, ._
    ( ・ω・)
    .| ̄ ̄ ̄ |  トン
   _(,,) 1000 (,,)_
.. /. |____|  \

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<雅楽は日本のモノ?(part90スレ) | メイン | あんこと刑務所(part89スレ)>>
コメント
-  -
以前、しつこく勧誘電話してきた創価学会の同僚が
やたらイスラム教をバカにしてたんで
イスラム嫌いはカルトか、ハリウッド映画を信じる
米国人並みのバカと判断してる
2013/02/24 20:56  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
水が溢れてる国に水が貴重な国の理論(宗教)持ち込まれても理解できないよな
恵みにも害にもなるから日本の神様は柔軟だよね
2013/02/24 13:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本は水と森の国だから砂漠で生まれたユダヤキリストイスラムは広げられなかったときいたな。
大陸国家の宗教だから海洋国家で島国の日本では定着しなかった。厳しすぎるから日本人にいやがられたんだろう。
2013/02/23 19:40  | URL | あ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
前々から思ってたんだが、一神教を信仰してない過去何億人もの日本人が地獄に堕ちてたとして、地獄の環境改善に取り組んでいない、ということがあるだろうか。
2013/02/23 15:28  | URL | な #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本は南北に細長く背骨のように奥羽山脈あるし気候も複雑、海流も4つ盆地に平野に山岳地帯とギュギュッと詰め込まれてるから一つの神様に管理なんて無理だね
場所によって説明しきれないだろう

明治に来たイスラムの人が見た日本人は小泉八雲を読むとなんとなく理解できるよ
常に神に感謝し礼節を守り家族を大切にする
お伽話のような国だった
2013/02/23 09:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本って国の風土はさぁ
一神教じゃどうしても説明できないんだよ。
良い事してても悪い事してても
毎年台風来るし、旱魃あるし水害あるし地面は揺れるし山は火を噴くし時には津波。
でもそれゆえの恵みも多いから
善良オンリーな神や完全悪な悪魔は感覚的に理解しづらいし、
そもそも心の救いより来年に備えての治水技術や自然知識の方が重要だったろう。
根づきにくい風土だったのは間違いない。
2013/02/22 22:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
偶像崇拝禁止の時点で擬人化大好きな日本人に耐えられるはずないだろ。
2013/02/22 18:43  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/517-8e883e58
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。