2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ジャポニスムスレの憲法9条論(part89スレ)
- 2013/02/07(Thu) -
296 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 01:03:24 ID:uhhS7tHp
東南アジアの料理って、中華料理を源流としていたり似ている料理が多いけど、
ああいうのって、
中華料理に似た日本料理(ラーメン、焼きそば、焼き餃子等)よりも歴史が長いんだろうか?

297 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 03:58:10 ID:Kf/J50W/
料理に関しては、むしろ東南アジア起源の物がたくさんある。
地の利を得た米、魚、大豆などの醗酵食品はだいたい東南アジア起源。
・・・黄河文明よりも古い稲作中心の長江文明というのがあるが、
黄河の攻撃的なやつらが長江流域に南下してきたときに、
玉突き状態でインドシナ半島に追いやられた連中が
今の東南アジアに住まう人々の元になったという事情も少し関係ありそう。

298 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 06:48:30 ID:7CfnXsTD
297も東南アジア起源になったらどうよ。日本人のフリするんじゃなくてさ。

299 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 09:33:26 ID:uhhS7tHp
>>297
稲作があったのは知ってたけど、そういう料理は中国で生まれたのかと思っていたよ。
東南アジアの料理に似た、中華料理や日本料理の歴史の長さも気になる。

300 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 11:15:23 ID:KboBnh68
>>299
料理そのものは中国で練られたものが圧倒的多数なのはたしか。
ただ、食材加工や調味料の中にはかなり東南アジア発祥のものが多いよ。
魚醤とかはその代表例。

301 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 13:02:14 ID:R1ZOAVUB
ガイシュツネタだが、寿司も由来をたどってけば
東南アジアの魚の酢漬けなんだよな。
あと、「縞模様」は東南アジア系の島をわたってきたから「しまもよう」なんだと
どっかのスレで見た覚えがある。
スタートはインドだったそうだが。

302 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 13:11:55 ID:uhhS7tHp
魚醤も縞模様も、昔から世界中にあるんだが

303 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 15:34:55 ID:x/DChSri
>>301
なれずしの由来とされるのはアジア中にある魚の発酵食品だろ。
寿司は酢飯や醤油、しょうがで殺菌して魚を生で食べる工夫をしたもので日本独自の発明。
またなれずしが寿司のルーツというのも、そういう説があるというだけで、べつに証拠ない。

304 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 15:48:09 ID:zJfuTuv/
むしろ日本で特筆すべきは魚醤から大豆醤油への切り替えが進んだこと。

305 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:03:28 ID:+AQ08vxZ
個人的に食い物に著作権はないと思ってる
うまい外国の物を取り上げて新しい文化を創り上げていく事が重要だよ

306 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:52:40 ID:J+PK2QFT
>>305
美味くなるのなら賛成だけど、エセ日本食の話を聞くと…orz

307 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 20:55:38 ID:iJO1EWd7
>303
とはいえ魚を発酵させて食べる「すし」が日本にも結構あるわけで。
魚じゃなく米を食べるのが主、という辺りが日本独自かどうかの境界になるのかな。

308 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 21:08:34 ID:unQ+kCh7
なれずしを寿司の起源だと言うのは、例えるならば
LEDの起源が電球だと言われるような感覚がする。

309 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 22:06:20 ID:+AQ08vxZ
>>308
その例えなんかおかしいぞ

310 :日出づる処の名無し:2008/08/25(月) 22:12:36 ID:pf+DoHlX
クリケットと野球だろ

316 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 11:05:35 ID:gvAUIra2
>>309
結構あってるような気がするお

「なにこの鮨、コメに酢まぶしてんじゃねぇよww鮨の酸味は発酵させてるから酸っぱいのw解る?ww」
「なにこの電球、暗いよwwこんなとこでテレビみたら目悪くなるってwww
 え、このテレビがLED?電球なの???」

うまくは言い表せなかったが

317 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 11:44:36 ID:9TlPlAob
うまいどころか、さっぱり理解できないぜ

318 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 11:50:09 ID:Q/W1ysq8
>>316
俺は感心しちまったYO

319 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 16:14:32 ID:WWEO9jlv
どちらも同じ「照明」であるが、電球とLEDは発光の動作原理が違うだろ
同じスシでもなれ鮨と寿司じゃ発酵の仕方が違うってんだろ

320 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 16:29:11 ID:IB99r5Md
うーん例えば、カッテージチーズは牛乳を乳酸発酵させてタンパク質を固めるんだけど、
最近は家庭でも簡単に作る方法として、牛乳に酢やレモン汁を加えて作ったりもする。

酸の発生過程においては全く違うものだけど、だからと言って簡易カッテージチーズは
全くのオリジナルじゃなくてルーツは乳酸発酵のカッテージチーズにあるとおもうんだ。

そういう事を言ってるんじゃないのか? >なれ鮨と寿司

321 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:08:43 ID:9TlPlAob
同じ素材で製法が異なる別のもの物同士と、
違う素材で製法も異なるが、似た目的の物同士の違いだと思う。

322 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:33:43 ID:mVG39n7m
発光と発酵かよw

323 :日出づる処の名無し:2008/08/26(火) 18:36:35 ID:wISCfiWH
良い例えを探したけと、見付からん。

329 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 00:57:31 ID:MWbXkp9m
「和(風)」と「日本(風)」の定義って何?
和は伝統的なイメージが強いけど、
そうじゃない場合もあるし、日本でも、日本舞踊なんかは伝統なものを指すし。

330 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 01:08:16 ID:lAzAIdjc
永谷園とか丸美屋とかの半インスタント調味料って日本独自っぽくないかな?
男の自炊には重宝するよ。マーボ豆腐とかホイコーローとかカニ玉とかね。

331 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 01:35:55 ID:0xu84Cc+
麻婆豆腐はトウチ+豆板醤+花椒で作るのが好き。
豆板醤多めに、花椒多め、とか自分でアレンジできる。

332 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 02:19:55 ID:lAzAIdjc
インスタントのマーボ豆腐にトウバンジャンやネギ加えたりするけど、本格的な奴は材料そろえるとなるとね。
山椒を入れると四川風になるんだっけか。
麺つゆも和風インスタント調味料だよねぇ。

333 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 02:25:24 ID:0xu84Cc+
出汁は取るときゃ取るけど、
普段はめんつゆ使うな、俺。

でもめんつゆ割るときに干し椎茸の戻し汁つかったりするな。

334 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 02:29:00 ID:0xu84Cc+
ただ、キットみたいなものは他の国にもあるんじゃない?
半インスタント調味料って概念は日本独自じゃないでしょ。

335 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 02:47:21 ID:40U4cHyS
どんなに間違っていようと、日本と関係なかろうと、日本的だと思う人が多いものは日本風。
日本風のもので正しいものは和風。

336 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 04:56:38 ID:wfA5mXnZ
国風というのは時間が経つと誤解されてしまうこともあるね。
たとえば京都へ行ったとする。褐色で色褪せた建築や襖絵、屏風絵などをみて、
いかにも和風だなぁ、と侘び寂びを感じる。
でも実は作られた当時は鮮やかな赤や緑のものだったものが多く、
本来は極彩色の世界だったんだよね。
また例えば、我々が感じる中華風というのも、
実は大半は満州族の風俗であって本来の漢風とは程遠い。
大勢の人間がこれこそが和風、中国風と感じても、それはオリジナルとはずれてることもある。

337 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 07:33:46 ID:qqBsHwMt
あくまでも「~風」だからね。
オリジナルに限りなく近い様式なら「~式」になるんじゃない?

338 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 08:54:17 ID:MWbXkp9m
中華風は時代や地方で差があってもまだマシな方だけど、
「インド風」は完全に違ったものになる。

339 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 10:38:52 ID:+UR7K5sV
そういえば「本格風」「本格派」という言葉もよく使われるな。
「派」とか「風」に日本ぽさを感じる。似てるけど違うんですよ~というね

340 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 15:40:44 ID:2WHoazMn
>>339
元祖と本家みたいなもんじゃないの?

341 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 15:44:14 ID:26JvN8Ze
本格風って聞いたことなかったけど、ググッたら無い事も無いのか

342 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 16:00:35 ID:MWbXkp9m
永谷園が和風麻婆豆腐出したけど、じゃあ今までの日本の麻婆豆腐って和風じゃなかったのか
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nagatanienshop/5035.html

343 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 16:05:50 ID:Qbqo2gBK
>>342
辛さから言えば和風だよな
本場は死ぬほど辛いから

344 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 16:35:13 ID:MWbXkp9m
となると、四川風麻婆豆腐中辛って・・・

345 :日出づる処の名無し:2008/08/27(水) 18:02:32 ID:hjo0zxWV
広東風は辛くないのでは?

459 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 14:56:47 ID:5o1Ie6N/
日本の饅頭やうどんって、中国の饅頭やワンタンが日本人に合わなかったから出来た料理のはず。
それなのになぜ中華まんやワンタンはそこそこ人気があるんだ?

460 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 15:35:17 ID:vceWwE8R
>>459
中華の具材やスープに慣れてきたからだろうな>そこそこ人気
饅頭やうどんが生まれたころは味覚に合わなかったと想像

463 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 16:27:43 ID:bb80+SbG
>>459
中華まんやワンタンはそこそこ旨い。
だが俺達はもっと旨いものが作れる。
ってところじゃないか?

466 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 17:17:47 ID:bwEg57v2
>>459
ん? 日本の饅頭は坊さんが茶会だか懐石だかに中国で覚えてきた包子を使おうとしたのが
元ネタだったような。
でもって、生臭はアウトなんで小豆餡を使うことにしたってヤツ。

467 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 17:26:51 ID:vceWwE8R
>>466
そう言えば和食は禅寺の精進料理が基本になってるんだっけ?

468 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 17:43:28 ID:bwEg57v2
>>467
何をもって「和食」とするかという問題になってくるけどね。。。
まあ、禅宗の精進料理が日本料理に大きな影響を与えているのは確か。

概ね平安時代ぐらいまでの日本の料理方法というのは乾物や干物なんかがメインで
味付けも膳で個々人が味をつけて食うというのが主流だった。
まあ、ぶっちゃけた話、あまり調味は発達してなかった。
これに精進料理が伝わったことで大きく変化した。
禅宗では料理は修業の一環だったので、とても重要視された。
永平寺では今でも「典座」というのは重要な修行の項目になっている。
味噌や醤油などの発酵調味料(かつ非生臭モノ)や植物油を駆使する中華の調味と、
根菜や豆といった手間のかかる食材の組み合わせは創意工夫を生み出していった。
また、味噌や酒や醤油といったコクのある調味料は武家社会でも大人気となり、
こちらは肉食(といっても鳥と魚がメイン)を大いに発展させた。
平安から鎌倉に移行する際に、やたらと農民や山人、漁師と相性の良かった鎌倉武士たちの食文化は
ここで庶民に伝播し郷土料理というようなものへと分化していく。

そういう意味において、坊さんの文化拡散力というのは確かにバカに出来ない。

469 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 17:55:38 ID:vceWwE8R
>>468
日本酒の製法も寺院から広まったんだっけ?
昔から僧侶は知識階級だから文化的影響力は大きいだろうな。

470 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 18:04:57 ID:bwEg57v2
>>469
うんにゃ。日本酒は上古のころから存在し、基本的に朝廷によって管理され発展してきた。
その後、朝廷権力の衰退や荘園制度の崩壊に伴って酒関係の技術者が主に寺院に流出し、
保護されて品質の高い酒を造るようになったという経緯はあるけどね。

471 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 18:10:58 ID:vceWwE8R
>>470
言葉足らずだった…orz
発祥では無く普及の面をいったのでそう思ってください。

472 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 21:57:29 ID:6kkOD555
食の歴史は面白ぇ。

473 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 23:07:28 ID:raYOukwI
>>459
建民さんのおかげじゃね?

474 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 23:41:26 ID:J5GMaqPC
エビチリは中華料理であっても中国料理じゃないな

475 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 23:55:39 ID:f6cVXvJy
紅焼蝦仁は中国料理で
エビチリは陳建民料理だな

476 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 23:59:09 ID:5o1Ie6N/
中国・西洋由来の料理、中国・西洋の料理は
「中華料理・洋食」と「中国料理・(国名)料理」で区別されているけど、
それ以外の地域のは区別する言葉ってないよな?

477 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 00:03:49 ID:6kkOD555
和食、日本食

478 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 01:02:28 ID:KuyimVxe
和食、洋食というのは日本料理の一形態
その料理がおかずとして飯と味噌汁に合うかどうかが基本で、そこから発展したもの

479 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:04:41 ID:Vo3HIG6u
和風と洋風の違いって、厳密なルールが有るわけでもないのに
見ただけで分かる日本人の不思議さ。
今条件付けやってみたら、あまりの曖昧さに少し驚いた。

480 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:07:35 ID:Oob/EAhl
和風と洋風以外は結構あやふやだな。

481 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:28:36 ID:aU7Eu7Na
ホワイトソースやマヨネーズかかってたら洋風
ポン酢がかかってたら和風

482 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:30:27 ID:aU7Eu7Na
鶏ガラスープであんかけかけたら中華

483 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:32:31 ID:ng79Rh4z
カレーがかかってたらインド風

484 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:51:55 ID:1UiDG5YP
あんこがかかっていたら名古屋風

485 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 12:59:40 ID:Q+VMCpW0
名古屋の料理はデータ と違い・・・すぎる

486 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:09:17 ID:Oob/EAhl
今テレビで、日本の担担麺は日本人向けに汁が多いってやってたけど、
スパゲッティは別に日本でスープ漬けになってないよな。

487 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:26:01 ID:3nYU63LJ
スープスパがあるだろ

488 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:30:03 ID:Oob/EAhl
だが、標準じゃねーじゃん
カレーだってスープカレーって売ってるし

489 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 16:44:54 ID:M1JdoNnq
坦坦麺はラーメンの一種だと思ってるふしがあるからじゃね。おれもそう。

490 :日出づる処の名無し:2008/08/31(日) 17:35:20 ID:vYf2OzWM
>>479
出汁と味噌・醤油が味のベースの気がする。>和食
それに加えてご飯(白飯)のオカズor日本酒の肴として成立するもの…かな?
勝手ながらオレのイメージですw

***********

361 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 00:32:23 ID:Lv40JQbZ
中韓のエリート教育は異常
「何が何でも勉強しろ!伸し上れ!良い大学行って良い会社入れ!!」というのと同じくらい
勉強する暇があったら練習しろ!そのための施設やカリキュラムが、ガキの頃から整ってる

なにせ、フツーのレベルが日本とは違いすぎる
日本みたいに無茶すればフツーのサラリーマンでもポルシェに乗れるとかいう世界じゃない

そんな”エリート”は学業やスポーツ、芸術といったジャンルに囚われない
なんせプロゲーマーとか居るんだぜ、
で、その世界を目指す子供には「勉強してる暇があったらゲームしろ!」って親が言うんだぜ、マジデ

普通以下になるのを恐れ、二の足を踏む日本のエリート育成
普通から抜け出すために必死になる途上国のエリート育成

362 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 00:55:36 ID:ShFRZg1y
>>361
韓国は日本以上の学歴社会なので、スポーツで挫折した時の
潰しの利かなさとリスクの大きさも日本以上。
だからこそトップでやってる連中の人生賭けた本気度は高いと思う。

364 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 00:59:00 ID:p4teQ4BV
エリートはほっといても出てくるよ
底辺が高ければ
底辺上げないでトップクラスだけ排出しても国外に行くだけのこと

365 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:02:58 ID:LcH1EUPA
>>361
その韓国のエリートが役に立ってなくね?
何でそんなに勉強できる韓国エリートが経済運営や立法運営で
gdgdで国家破綻状態になるんだろ・・・・????
数学とか経済学とか法学とか全部韓国独自のでたらめ教えてる予感がする。
少なくとも歴史と国際政治はうそばっか教えているな。

367 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:20:44 ID:xUVdxXJv
>>365
個人的な能力は素晴らしいと思うけど、集団になるとダメなんじゃないか。
_______________________________
308 ::2008/08/27(水) 00:07:44 ID:DrEf7BVnm
>>304
なんかいつもどっかの属国になって、いつも宗主国の足ひっぱってるんだね。

勝ち           負け

イスラム帝国    vs 唐 +高句麗人の総大将  (タラス河畔の戦い)
日本        vs 元 +高麗          (元寇)
明         vs 日本 +朝鮮         (文禄の役)
日本        vs 明 +朝鮮          (慶長の役)
清         vs 明 +朝鮮          (明滅亡)
日本        vs 清 +朝鮮          (日清戦争)
日本        vs 露 +朝鮮          (日露戦争)
ソ連        vs 日本+朝鮮          (シベリア出兵)
アメリカ      vs 日本+朝鮮         (大東亜戦争)
ベトナム      vs アメリカ +韓国      (ベトナム戦争)

番外編(引き分け)
アメリカ+韓国 vs 中国+北朝鮮 (朝鮮戦争)
________________________________

368 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:35:27 ID:Lv40JQbZ
>>365
試験で点を取るための知識だけ詰め込んだってダメってことさ

369 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:41:35 ID:LcH1EUPA
法律とかもうキチガイみたいだよ韓国は。
親日財産没収法とか過去に遡って先祖に親日で
財産築いていたら、その子孫から没収とかさ。
法治国家の原則である遡及効の禁止に反してるしwww
韓国の法務省とかにはまともな法知識がいるのか?と思う。

370 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:43:44 ID:Hhiv3xcq
気に入らないヤツがいれば新しい法律作って裁き放題ですね

371 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:48:28 ID:LcH1EUPA
>>370
その通り。危なくて住めねーよwww

世界中の法律学者が遡及効の禁止に反した韓国に非難して
もはや韓国は法治国家ではないと酷評されている。
しかし、韓国の反応はウリは愛国心あふれて正しいニダで終了www

372 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:50:46 ID:v272Vbsu
東京裁判だっておもきし遡及してるじゃん。
みんなやりたい放題でおとなしいのは日本だけ(´・ω・`)

373 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 01:58:52 ID:LcH1EUPA
まあ東京裁判も確かに酷いな。
しかし、21世紀において国内法レベルで
ここまで酷いのは韓国だけだぞ。
ほかにも助けっていって外資(ローンスター)に頼んで銀行再建(買収)してもらって
あとから(今裁判中)ウリの国から財産搾取したニダとかで
買収を無効といって財産没収とかも酷い。

374 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 02:22:13 ID:nuJmAHhj
>>372
本当だよ。当時無かった罪をでっち上げて遡及適用してんだから。
しかも戦勝国によるロクに検証もしないで一方的な判断で有罪にして。
東京裁判の不当性と戦勝国や中国の戦争犯罪を裁かないと戦後は終らないよ。

375 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 02:32:55 ID:D9AwLr5a
でも、それを受け入れたのは日本だよ。

あれを裁判としてではなく、
外交的要求としてであれば、
納得するし、否定しない。

376 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 02:38:38 ID:D9AwLr5a
つまり、納得できないけど、
受け入れた、という事実は認める、
って意味ね。w

377 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 03:22:29 ID:cjHs8BsD
受け入れないと国際社会への復帰を認められなかったんだろ。
脅迫された契約は無効だよ。

378 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 03:23:36 ID:cjHs8BsD
>>375
外交的要求ならば、外交的に否定できるということだね。

390 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 10:01:05 ID:b69dUAZI
>>375
それがわかっていないやつらが多すぎて、付け込まれている。

379 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 03:30:38 ID:D9AwLr5a
外交で受け入れたことを、一方的に否定するのは、
自己否定にもつながるから、どうかと思うけどね。
戦争で負けたから不当だ、とか言うのも、だったら最初から、戦争しなきゃいいだけだし。

おたがい自立した国家として、納得の上で、話を収めりゃいいんじゃないか。
そのへんの前提を無視して、弱みと勘違いされると、
ちょっと待て、ってな感じにはなるけど。

380 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 05:19:41 ID:fUHqOyai
じゃぁなおさらチョンからグダグダ言われる筋合いは無いわな。

381 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 05:32:50 ID:akQcKpFd
このご時世にチョンがアホな法律平気で制定してるのは事実。
親日財産没収法って民事かな?
遡及効もそうだけど、民法の基本原則である過失責任も理解してなさそうだ。

382 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 05:36:26 ID:MAIwAdVy
>>379
自己否定って何だよ。それがどうかしたのか?

383 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 05:41:21 ID:pzASEzxG
戦争しなきゃいいって、戦争は一国でするものじゃないんだから、日本だけ自粛しても意味ねえっての。日本で平和活動とやらやってる連中にいつも思うんだけどさ。

384 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 05:51:25 ID:cjHs8BsD
第9条もそうだよな。
日本だけ戦争放棄しても意味ねーって。
かえって隣国の野望を誘発しかねん。
第9条のせいで戦争になったらシャレにならんぞw

385 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 06:51:56 ID:yZLxVZYo
>>363
中国の反中が和らいでるのは
今中国が外交的に日本と仲良くする必要があって
いろいろ国内工作してるせいもあるからだぞ……

386 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 07:22:20 ID:+AKM6oA4
サヨクも第九条が素晴らしいって思ってるんだったら
現実にその憲法がある日本国内で騒ぎ立てるんじゃなくて
外国にその理念と理想を喧伝すべきなのにね。
で、日本はこんなに素晴らしい憲法がある、それに比べてお前ら(米中露韓北)は何なのか、と説教。

387 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 07:24:45 ID:OLGtaU6K
>>384
近隣諸国にも九条を広めればいいんじゃないか?w
九条信者が言うように平和憲法が素晴らしいものなら広がるはずだ_

388 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 07:38:55 ID:v2BCQZKQ
9条の理想を信じちゃうのは、日本の治安が良いからというのもあるだろうな。

391 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 10:14:02 ID:wxTvLu9e
サヨクは九条が本当に良いと思うなら
なぜ自衛隊も日米安保も破棄しろと主張しないのかね
それでこそ本当の非武装論者だと思うんだが、なぜしないんだろうかねw
日米安保のもとにある憲法九条なんて欺瞞だと思わないのかね

本当はサヨクも自分達の主張が異常だって事に気付いてるんだろ?
(少なくともそう主張すれば大多数の国民から相手にされない事は自覚している訳だろ?)
そうなるとわからないのが憲法九条の意味な訳だが・・・・・・
(日本を守ってるのは日米安保=アメリカの軍事力(核の傘)と言う事になる訳だし)

考えるに憲法九条の理念ってのは、国軍を保有せず
有事の際には軍事請負会社(PMF)から金で傭兵を雇えば良いって事なんじゃないかね
少なくとも大多数のサヨクは国民の武装を反対しているだけで
本質的には武装論者みたいだしね

392 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 10:28:22 ID:MAIwAdVy
マジで?サヨクが傭兵雇うなんてはじめて聞いた

393 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 10:36:00 ID:gCucWQLI
日米安保と押し付け憲法はセットだからな。
9条を殺るなら日米安保も殺らにゃ。

395 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 11:33:49 ID:+AKM6oA4
>>391
>サヨクは九条が本当に良いと思うなら
>なぜ自衛隊も日米安保も破棄しろと主張しないのかね

昔は堂々と主張してたんだけどね。自衛隊は憲法違反だから解散するべきだ!って。
社民党のおタカさんとか、ジャーナリストの田原さんとかね。
テレビの討論番組で自衛隊のあり方について語るときも
「なぜ自衛隊を解散させてはいけないのか」(解散させるべきなのに、なぜ解散できないのか)
が主なテーマになってる有様で。
なんで意趣変えしちゃったのかね。
北朝鮮がミサイル飛ばしてから、なんか変わったよね。

396 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 12:29:52 ID:8K8E3kFf
一方で戦時でもないのに無防備都市宣言推進アホサヨとか居るわけで。

398 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 13:23:35 ID:wxTvLu9e
>>392
今のサヨクは日米安保を暗黙のうちにであれ肯定している訳で
彼らは本質的には『既に非武装論者でない』その彼らが未だに憲法九条を信奉している現状
役に立たない、現実にそぐわない、むしろ邪魔な憲法九条の存在
日米安保(外国の軍事力)に依頼するこの国の現状
これらにはすべて意味があった(“筋が通っていた”)んだよ!!

ΩΩΩ<ナッナンダッテー

こんな感じに>>391はノリと勢いのまま皮肉を混ぜて書いただけだから気にすんな

420 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 20:50:03 ID:Woua7QiO
これだけは言える。平和主義者は戦乱が始まれば真っ先に殺される。
平和を唱えるならそれだけの覚悟は必要だよ。
そうでなければ自分の所属している国家への反対活動に過ぎないのだから。

421 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 21:02:27 ID:Dt5qlhc5
・・・平和主義が悪いとは思わない。

現実を見ない無防備主義とか、
現実を見ない好戦主義者とか、
どっちも同じだろ。

423 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 23:19:43 ID:zwDvh5l2
日本の平和主義者は人民開放軍のチベット侵略を「解放」と言ったり
中国の核実験を賞賛する連中だから、日本が人民解放軍に解放されれば、
進んで解放軍に参加するよ。

424 :日出づる処の名無し:2008/08/28(木) 23:41:48 ID:Woua7QiO
>>423
仮にそれが成功して日本が完全に占領されたとする。
彼らは解放軍によって粛清されるだろう。

425 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 06:55:16 ID:+vqaYvMK
>>424
そうそう。
身内を裏切る奴なんか信用されんわな。普通に考えて。
利用するだけ利用して始末されるのがオチだな。

426 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 08:54:47 ID:+zXiGkMX
平和はピンフだからなあの人ら

427 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 09:26:03 ID:0w5Cd3YW
平和主義者は、殴られても殴り返さない覚悟が必要。
「平和主義」を他者にも求める以上、自分だけでなく、
自分の息子が殺され、娘が強姦されても抵抗しない覚悟が必要。

そういう覚悟が彼らにあるだろうか?

430 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 10:47:18 ID:Rual21gA
>>428
九条主義者は、そもそも日本侵略の片棒担ぐために生まれた方々です。

431 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 13:35:45 ID:f5hHNmD2
九条明日菜は俺の嫁

432 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 14:32:24 ID:ml3+J/dZ
そもそも九条主義者の大半は、日本人じゃないだろ。
土井たか子みたいなのばっか。
日本人のために九条を主張しているわけじゃない。

433 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 14:34:57 ID:ml3+J/dZ
>>427
自分の息子や娘を守れなくて、何のための九条なんだか。
九条主義者は外患誘致罪で死刑でいいよ。

434 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 14:42:24 ID:gefz9Sxg
九条主義者はお国のために死ぬことを強要するウヨクだからね

435 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 14:42:50 ID:qH7/nCW0
日本の費軍備を言う連中が特アで、その国は軍備強化に熱心。
つまり単なる日本の非軍事化工作なわけでしょ。
頭があればわかる理屈なのにねえ。

436 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 15:04:27 ID:TB2gx3wF
つか、九条とか作るぐらいなら他の国が日本を攻める事を禁止したらいいんじゃね?

437 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 15:16:44 ID:gefz9Sxg
平時はそれが機能している様に見えていても、
日本が攻められるような事態になったら、どんな決め事も形骸だからね

444 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 21:36:30 ID:yQ6vds/n
九条の問題は顔だして主張してるアホよりも
思考停止してる圧倒的多数の普通の人々の問題なんだよね
極端な話核ミサイルがふってきても思考停止を続けそうなのがこわい

445 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 21:45:21 ID:PmUxxa54
まあ、思考停止してる人たちが85%はいただろう昔に比べると
今はせいぜい半々くらいだろうけどね。(脳内調べ)

446 :日出づる処の名無し:2008/08/29(金) 22:18:37 ID:Rual21gA
そうだよな。
みんなが国の事をまともに考えたら、国防ももれなく付いてくるわけで、
九条問題も当然考えざる得ないものな。

449 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 06:57:30 ID:SgNOQHpS
>>444
いや、どっちかっていうとそうなって初めて
普段思考停止していた分いきなり極端に走りそうで怖いな
国防しっかりしなきゃって路線になればいいが
自衛隊や在日米軍があるから狙われたんだ主張勢力に踊らされる可能性も
なくはないのが嫌なところだ

450 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 07:04:29 ID:8cGd13lP
憲法第9条ってさ、誰のどういう思惑で作られたにせよ、
日本政府が受け入れたから日本の憲法なわけだけどさ…、
まさか当時の人が国際社会の現実を知らなかったはずもないから、
実はアレ国運をかけた釣りだと思うんだ……

451 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 07:09:23 ID:vcwTF3ha
結果的に帳尻を合わせる程度の能力。

452 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 08:21:40 ID:u+rXCElr
A級戦犯の名誉回復を全会一致で出来たように、憲法改正も容易くできると踏んでたんでしょ
ドイツでは実際やってたんだから

453 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 09:55:03 ID:427CjlGS
ところが、吉田の軍隊嫌いや防衛負担を軽減するためとか、高度経済成長の成功とか、
東西冷戦の東側の工作などなど、複雑に絡み合って未だに残ってしまっていると考えているんだが。
詳しい人、誘導キボン。

454 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 09:59:05 ID:PO8CWL6h
>>442
立派なのは同意だが、思考停止せずに考えると、だ。
もう少し異性にモテそうな顔なら国際貢献などやっていないであろう。
勿論、9条教の熱烈な信者も同じだ。

済まん、マスコミが褒めちぎる中でちょっと違和感を感じたので。。。。

455 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 10:24:21 ID:f2hVievH
>>454
世の中、「やむにやまれぬ大和魂」って身を粉にして人に尽くす人はいるものだよ。
というより、人の為に働きたいという気持ちは多かれ少なかれ誰の心にもある。

461 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 16:17:02 ID:hVsFjBSr
つまり現在の日本の危機を招いたのは全て吉田茂のせいというこだな?
あいつが素直にアメリカの指示通りに徴兵制を敷いていれば、
今の間接侵略されまくりの日本の姿は無かったわけだ。
つまり戦後最大の国賊は吉田茂でOK?

462 :日出づる処の名無し:2008/08/30(土) 16:23:47 ID:vceWwE8R
>>461
戦後最大の国賊は東側に取り込まれて二大政党制を有名無実化した日本社会党です。
野党がマトモなら憲法改正なんて禁忌扱いされないから何時でも改正出来たんだよ。

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<空気を読む話(part89スレ) | メイン | 日本人の血(part89スレ)>>
コメント
-  -
↓の米、天才現る。と釣られてみる。

もひとつ釣られると、
55のいうアメリカ相手に9条教の効力を想定したら、
9条教信者はあっという間に兵器の実験動物になりますってか。

9条の威力は人民解放軍だけに効くのか、なるほど!
2013/02/27 02:02  | URL | ohsui #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
↑天才現る。と釣られてみる。

もひとつ釣られると、
55のいうアメリカ相手に9条教の効力を想定したら、
9条教信者はあっという間に兵器の実験動物になりますってか。

9条の威力は人民解放軍だけに効くのか、なるほど!
2013/02/27 02:01  | URL | ohsui #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
【画像あり】日本よ!! これが9条バリアだ!!!
ttp://www.hoshusokuhou.com/archives/22274737.html
コメ欄から抜粋

55. 名無しさん@ほしゅそく 2013年01月15日 13:29 ID:qjBurWsj0 このコメントへ返信
※29
簡単ですよ、即答しましょうか?
まず防衛省を人間の鎖で取り囲むんですよ、自衛官君達に「人殺し」をさせる訳にはいきませんから。
あ、事前に防衛省から各地域の基地に連絡が行かないように工作してですが。
次に我々の中から人民解放軍に対し「特使」を派遣します、無論丸腰でね。
人民解放軍の兵士と言えど「人間」なのですから、丸腰の相手に武器は向けんでしょう。
後は解放軍側との折衝により、非武装地帯を設け、彼らをそこに駐屯してもらい、それを徐々に広げていき、やがて日本を完全な中立国家として成り立たせていく。
アメリカに期待しているんなら無駄ですよ、奴らは紛争が起こったら日本を新型兵器の実験場にしか見ないような鬼畜ですからね。
覚悟のない方は引っ込んでて下さい、戦争はミリタリー雑誌の文章ではないんですから。

101. 名無しさん@ほしゅそく 2013年01月15日 14:35 ID:qjBurWsj0 このコメントへ返信
※95
国に「国防上」の機密事項ってものが有るように、私たちにも「機密」にしなければならないものがあるんですよwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ま、貴方と私の立場上の「違い」って奴でなんでしょうけどwwwwwwwwwwwwwww
2013/02/08 12:20  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/512-45dee181
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。