2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本のアジアらしさ?(part86スレ)
- 2013/01/02(Wed) -
474 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 17:47:36 ID:Xuk6gWzL
ひぐらしのなく頃にって、昔の日本の田舎を舞台にしているけど
アジアらしさが一切ないよね。
昔の日本を舞台にした作品って大抵は、
東南アジアや中国、インドの影響を強く受けたようなものが出てきたりするけど、
そういう「アジアらしいもの」を出さなくても、
あんなに日本的な雰囲気を出せるのは驚いた。
日本ってアジアじゃないんだと実感したよ。

476 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 18:22:26 ID:RhOpN/ba
>>474
>昔の日本を舞台にした作品って大抵は、
>東南アジアや中国、インドの影響を強く受けたようなものが出てきたりするけど

出てくる…かな?そんなに出てくるっけ?どういうものを想像しているか知らんが
そこまで出てこないだろう。
昔から日本的な作品は豊富にあったと思うが?

家屋の屋根瓦やお箸が出てきた時点で中国の影響を感じる…
仏様やお寺が出てきた時点で印度の影響を感じる…

っていうなら、そりゃほとんどの作品に外国の影響を感じることになるだろうがなw

477 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 18:28:56 ID:XMvVW6O7
「日本的な」ってことが、人にとって
かなり捉え方が違うってことだな。

478 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 18:34:36 ID:aLaVIvgH
>>474が、昔の作品のどの辺にアジアを感じるか説明してくれんと・・・
釣り吉三平や一休さんとかはどうよ?

479 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 18:39:21 ID:i7y98Dyb
俺も474が言ってることがよくわからん
それにひぐらしは昭和58年(1983年)くらいだろ
日本経済がバブルへ突入する3・4年前だぜ
ボデコンのお姉さんが扇子持って踊り始めた時代だぞwww
なんか自分が生まれる前は明治時代とそう変わらんかったとでも
思ってるんじゃあるまいな?wwwwwwwww

480 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 18:42:31 ID:lKo5WPQ3
女子高生のセーラー服を見て日本らしさを感じるか欧米らしさを感じるかみたいな事か。

481 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:03:27 ID:Kv0o9pRJ
>>474
まあなんとなく言いたいことは解るけどさ
その例えに「ひぐらし」を挙げるのは色んな意味で違うような気が。

482 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:09:03 ID:XMvVW6O7
ひぐらしが何かが分からん

483 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:13:14 ID:a29YYNFA
昭和ってもう明治みたいな感覚なのか
まじ勘弁してw

484 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:19:37 ID:oTXACkhx
> 「アジアらしいもの」を出さなくても、あんなに日本的な雰囲気を出せるのは驚いた。
> 日本ってアジアじゃないんだと実感したよ。

って...日本てアジアじゃなかったのか?

485 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:20:58 ID:LhMbDPzV
トルコから東は、
全部、アジアだったような。

486 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:32:32 ID:Xuk6gWzL
>>484
難しいところだと思う。
「日本はアジアじゃない」とか「日本はアジアのあの国にやたら似ている」やりとり散々見てきたし。
ただ、ひぐらしの世界観から言えば少なくともアジアではない。

>>485
うーん、俺が言う「アジア」はせいぜいインドぐらいまでだな。

487 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:45:46 ID:kpx+A+ai
マスターアジア

488 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 19:54:57 ID:Xuk6gWzL
ああ、あと、曲とか演出とかキャラとかが昔の日本らしくないのに
その世界観に合っているのがすごい。
「you」や「嘆きの森」なんて、「とおりゃんせ」とか「かごめかごめ」とかとは
ぜんぜん雰囲気が違うのに。

489 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:01:59 ID:Kv0o9pRJ
>>488
だから「昔の」って付けるのは・・・

490 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:21:22 ID:TpaGT4oL
1 ID:Xuk6gWzL の考える昔ってどれくらい前のこと?
2 ID:Xuk6gWzL の考える日本の田舎のアジアらしいってどんなもの、どんなこと?

この辺がぜんぜんわかんねー。教えてくれる?

491 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:24:14 ID:oTXACkhx
>>486
> ただ、ひぐらしの世界観から言えば少なくともアジアではない。

見たこと無いけど、多分思いっきり現代日本だったって事?
で、日本ってアジアじゃなかったのか?
日本ってオセアニアだったのか?いやアメリカなのかな?

>俺が言う「アジア」はせいぜいインドぐらいまでだな。

東南アジアや東北アジアはアジアではないんだな...

492 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:26:38 ID:LhMbDPzV
いや、逆を言ってんじゃないか。

日本から見た世界としては、
中央アジアやペルシャあたりまでしか、
認識できてなかった、とか。

493 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:27:44 ID:LhMbDPzV
「三国一の」って言い回しがあるけど、
ありゃ、日本、中国、インドのことだし。

494 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:39:27 ID:aLaVIvgH
設定上ひぐらしは、34の設定に時代合わせてるだけで
80年代の風俗なんてまるっきり無頓着な作りだよ。

495 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 20:40:12 ID:Xuk6gWzL
>>490
1昭和かな。 
2お寺とか和服とか
(普段はアジアらしいとか考えてないけど、
 チベットやブータンのと比較するとかなり似ていると思ったので)

>>491
現代日本の田舎と昔の日本の田舎の中間かな。
アジアは外務省が決めた「アジア」。てか、東北アジアとか聞いたことないな。

496 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 21:03:59 ID:TpaGT4oL
うーん、昭和って63年間あるんだよね・・・。
戦前なら昔って言われても納得いくが、昭和50年代頃を昔と言われると納得いかんな!

寺や和服は、まぁアジアと言われればアジアだが、
逆に言えば日本にはもうそれくらいしかアジアっぽいものがないんだよね。

ところで中学校はいつ卒業したの?

499 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 21:40:09 ID:i7y98Dyb
>>495
ってか、お前いったいいくつなんだwww
都会から出たことないんならわかるが、せいぜい25年前の
日本の田舎は今とそんなかわんないよ、携帯とコンビニがあるかないかの違いくらいだぞ
中学生だったら、おじさん本気でぶっ飛ばすぞwwwww

500 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 21:48:00 ID:oTXACkhx
>>495
> てか、東北アジアとか聞いたことないな。

じゃあ一体、日本て何処にあると思ってるんだよw

501 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 22:15:38 ID:Zobh/z0R
>>474
>東南アジアや中国、インドの影響を強く受けたようなものが出てきたりするけど、

これの方が違和感ある。

502 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 22:19:17 ID:Zobh/z0R
>>495
日本的風景は映像でしか見たことない都会っ子インドア派か。
テレ東の退屈な旅番組とかでも見てみてよ。
日曜にやってる「田舎に泊まろう」でもいいから。

503 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 22:43:46 ID:eEkuVUmA
ひぐらしは1話しか見てないが、田舎の雰囲気は良く出てたな
ただ登場人物の服が全てをぶち壊してた

504 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 23:19:24 ID:cnO9zX6G
日本は西太平洋じゃないですか

505 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 23:49:31 ID:uTTDbngW
田舎の雰囲気は出てたかも知れんが、昔の雰囲気は皆無だと思う

506 :日出づる処の名無し:2008/05/23(金) 23:50:34 ID:tWct0Wra
>>495
チベットとは似てないよ。
はるか遠く回ってきてるし。
バリあたりのヒンズーならと思うけどあそこも石造だな。

507 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 00:24:42 ID:763vE2Jv
「ひぐらし」をアメリカでリメイクとかって可能かね?
コロラドとかの山岳地帯の保守的なとこのド田舎を舞台にして(思いつきだけで書いとります)

508 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 00:29:50 ID:dQJVgC0m
旧家が支配的な、閉ざされた村社会という設定が、昔の横溝正史のミステリーを思わせるのだな。
昭和的な古さを感じるのはそのためかも。

509 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 00:35:20 ID:9d5s6+5N
アメリカで作ったらツインピークス

510 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 00:55:21 ID:4Bi99DnI
そういえばWBSで日本在住の外国人が村興しの中心になって頑張ってたけど
外国人特派員に紹介したお気に入りの日本らしい風景が何の変哲の無い段々畑だった。

511 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:23:27 ID:nGR8FTlU
そこそこの規模で、基本的に平和で、歴史と宗教がある村なら、どこでも舞台にできそうな気がする。
NTVのTHE世界仰天ニュースで、中国の羅曙(俗称:鬼村)という小さな村で
原因不明の連続怪死事件が起きたって話がやってたけど、
その時のレスがひぐらし関連のレスばかりだった。

512 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:28:32 ID:UKBixHpH
>>510
どうかなあ。段々畑ってすごいかもしれないよ。
朝鮮通信使が「日本人は天まで耕している」と書いていたりするし。
山の斜面に対して最小の土木工事で最大の耕作面積を得るには微分積分が必要らしい。
つまり、俺には無理って事だ。

513 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:35:31 ID:nGR8FTlU
てか、いくら好きでも外人が中心になって村興しするとかやめてほしい。

514 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:37:33 ID:exz1UMPG
苗族も段々畑作ってたりするけど、それも日本より細かく。
でも、なんていうか、景色として馴染むというか美しいのは日本の段々畑の方だと
身びいきかもしれないがそう思う。

515 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:39:36 ID:4Bi99DnI
>>512
うん。だから建物に限らず何気ない自然の中にも日本人が気が付かないだけで
日本らしさがあるんじゃないかな。
京都に訪れた外国人(カナダ人とか)が日本の紅葉の写真を撮りまくるとか、
紅葉はカナダにもあるじゃん、とか思うけど何かが違うんじゃないかと言う意味で。

516 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:43:41 ID:y6WsmLHm
>>510
>外国人特派員に紹介したお気に入りの日本らしい風景が
>何の変哲の無い段々畑だった。

これってある意味理想じゃね?

517 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:47:20 ID:sQwqVBbk
>>507
アメリカじゃ歴史がなさ過ぎてもしやったとしたら
キリスト原理主義の町でいかれた騒動に巻き込まれるってありがちな設定になる

518 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:53:02 ID:WKzJNzzJ
>>511
「ひぐらし」以前は「八つ墓村」だったねえ、その手の話題になると。

519 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:55:11 ID:WKzJNzzJ
>>517
つダンウィッチ&インスマス(今は廃村になってるかもしれんが)

520 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 01:58:56 ID:sQwqVBbk
>>519
アーカムもお忘れなく

521 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 02:11:14 ID:nGR8FTlU
>>517
建国60年経ってない中国でさえそこそこの物語があるんだから、
アメリカなら余裕で作れるでしょ。

522 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 02:26:09 ID:sQwqVBbk
>>521
中国の地方は政府が変わったぐらいじゃ拭い去れないカオスがあるよ。
ぶっちゃけ国が広すぎて中国は地方までちゃんと統治できてない
薬として生きた人間の脊髄食う事件とか、奇妙な因習とかマジで人外魔境の土地だよ

523 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 02:34:30 ID:yhowQLCe
第七話になったら、普通の人には不可視の存在である
萌え系のイエス・キリストが出てくるわけですね、わかります。

524 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 02:40:42 ID:CxBAQmDT
>>513
いや、あの番組みたけど。
なかなかできた(外国)人だったぞ。
(元は地元の中学校で教えていた英語教師とか)
「自分は主役でない、あくまで裏方でサポートする」と言って、
旅館の人に部屋の案内図をローマ字表記させたり、
招いた外国人記者クラブの人たちに熊野街道の詳細な説明をしたり。

逆に、同じことを外国で日本人がやろうとしてもかなり難しいぞ。あれは。

525 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 02:52:08 ID:nGR8FTlU
日本人が外国でそれをできるかじゃなくて、
現地人がやるのが一番でしょ。
外人って、日本を中国とかとごっちゃにしてたり、
今は廃れたものが未だに普及しているとか思い込んでたりするじゃん。

526 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 03:01:22 ID:sQwqVBbk
外人にやらせるのはいいとおもぞ
日本人がやるとほんとにいいものを紹介しなくて
どこにでもあるものにしてしまうことがあるからな。

527 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 03:16:14 ID:JKDee3lz
まあ、言いたいことは分かる。
「日本っぽいなにか」とか、それ、
羽田で買えますから、みたいな。

慣れちゃってる人より、
他所から来た人のほうが、
新鮮に判断できる、ってのもあるかも。

528 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 04:53:32 ID:Ktb7nfSz
>>520
アーカムは都会だろう。ミスカトニック大学もあるし(w

529 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 05:16:47 ID:0iLhgPNk
アメリカのアーミッシュなら題材にできるかもね。アメ版ひぐらし。
ググると平和主義を貫く敬虔なキリスト教徒とか紹介されてるけど
普段は古ドイツ語で英語は学校教育が始まってから習うって超保守過ぎ。
服装もボタン・ベルト付きはだめだとか、乗り物も自動車運転しちゃだめだとか
村の共同体独自の宗教戒律が沢山ある。

530 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 06:50:31 ID:UDgntvrI
ちょっと乗り遅れたが、
ひぐらしは日本人の癖に金髪だの碧眼だのってのが抵抗感大だった。
話やキャラクターの個性は好きなんだけどねぇ・・

531 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 06:57:35 ID:0gE+/GHv
>>530
そんなこと言っていたらたいがいのアニメは見れません。

532 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 07:03:40 ID:763vE2Jv
>>527
「日本人」だけでやってきて行き詰まってるという面があると思うんだ。
その点から行くと、「希人」を取り込んで再活性化するというのは
良い解決方法ではないかな?
(この再活性化の仕組み自体は日本古来のものだろうし、「トリックスター」と
 いうものを考えると世界中でも良くあることであろうし)

533 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 07:13:55 ID:KsfiMRBX
>>517
アメリカって歴史ないっていうけどさ、独立がおそかっただけで、
大学自体、(ハーバード大は300年前)は日本より古いよ。

日本は寺子屋的初等教育は素晴らしいけど。

534 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 07:17:59 ID:3XcDNxfs
重度のロリコンはまだいいとして、ファミコンすら発売されてない頃に
メイド・イン・ヘブンを唱えるイリー・・・どんだけ時代先取りしてんだよw

535 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 08:07:07 ID:0iLhgPNk
>>533
つ[足利学校]

ハーバード大はもとは牧師養成機関。

536 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 08:08:16 ID:3Oq6Wfxa
>>533
足利学校は最低でも800年前に出来た。
大学=高等教育機関って事なら日本もなかなかのもの。

537 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 08:50:28 ID:XIzzjatq
19世紀のままの非文明的な生活をしてるってのはカナダのケベック州しか知らなかったが、
アメリカにもあるのか。

538 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 09:04:47 ID:KNk3cA7D
>>537
>>529の言ってたアーミッシュがいるね。
ハリソン・フォードの“目撃者”という映画の舞台になった。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0645.html

アーミッシュはいわゆる血が濃くなり過ぎる事態になっていて
遺伝性の病気に冒される人が増えているらしい。

543 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 11:45:58 ID:8q+90e2k
>>522
リアル西遊記
唐代からなんら変化なし

544 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 11:59:59 ID:nGR8FTlU
中華人民共和国とは別の国家である三国や唐を舞台にして
「昔の中国が舞台」だと堂々と言っちゃってるんだから、
アメリカもマヤやアステカを舞台にして「昔のアメリカが舞台」って事にすればいいと思う。

545 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 12:40:54 ID:uEQnD3hn
>>536
高等教育機関を対象とするなら、大学寮も該当するだろう。
1300年前にできた中流・下流貴族向けの学問所で、
吉備真備は、ここで頭角を現して遣唐使に選ばれたわけだし。

大学寮の歴史を調べてみると、結構おもしろいよ。

546 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 12:44:08 ID:763vE2Jv
>>545
ただ、今も現役の教育機関として生き残ってないと有り難みがないなぁ。

547 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 13:12:59 ID:y6WsmLHm
大学と言っても、教育目的が違ってるしね。
それこそ、ヨーロッパのと明治維新後の日本のとでは概念が違う。
実用的なものとは一線を画していた欧州と、早く列強に追い付くために
大学で技術者を養成して、いわば教育によって100年の差を埋めようとした日本。
この説言ったの誰だったかな?イギリスの日本研究してる学者。

548 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 13:26:25 ID:xtWSF/6e
欧州の大学は、元々神学を教えることから始まったからだろう。
ついでに法学と数学かな
工学部と農学部が出現したのは近世以降だよな。

549 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 13:57:39 ID:8eB1nKGQ
>>544
中国も唐も、政府は違っても一応は漢民族の国なんだからいいんじゃね?
韓国と高麗みたいに、別の民族が勝手に過去の栄光を盗んでるのとはちゃうじゃん

550 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 14:16:58 ID:y6WsmLHm
支配者が漢民族じゃないなら、漢民族の国とは言えないだろ。
中国史には結構多いね。
異民族王朝、浸透王朝とか。
日本への影響でいえば、何と言っても唐、清。
清に至っては中国人のイメージ作っちゃったね。
満州民族の習慣だったのに。
今は同じ漢民族だって言うんだろうけど。

551 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 14:24:36 ID:RSw6QCzq
>>550
歴代王朝なら半分以上が異民族。
漢、新、(後漢)、晋、宋、明ぐらいか、漢民族の建てた統一王朝は。

552 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 14:27:45 ID:0iLhgPNk
>>544
ぜんぜん違うよ…マヤもアステカも現在のメキシコの位置だ。

中国のそれは"中国大陸(という言い方もあれだが)を統治する国家"を継承しているから問題なし。
日本だって蝦夷の物語を「昔の日本が舞台」と言ってるし。

553 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 15:26:41 ID:QNycKNGy
日本の村社会の映画のリメイクといえば五社英雄監督の「御用金」の
リメイク西部劇(無許可のパクリだけど)が色んな意味で凄かったなぁ。

554 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 17:22:18 ID:7I4k6taZ
>>551
人口の9割ぐらいが漢民族と聞いたが、意外と少ないな

555 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 17:43:53 ID:Xb8BtbtE
>>88
成功するか失敗するかわからない研究をしたということは
もっと評価されるべきだし、これからも推奨されるべきだ。

556 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 17:45:43 ID:Xb8BtbtE
>>89
米国が破壊し尽くしておいて、
復興のためのカネを 貸す というのもなんだかなあ。
死ねよという感じだわ。

557 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 18:00:26 ID:ZeFFh9+h
>>495
>>2お寺とか和服とか(普段はアジアらしいとか考えてないけど、
>>チベットやブータンのと比較するとかなり似ていると思ったので)

おまい、日本人じゃねーだろ?w
普通に日本の小中学校の歴史の教科書で勉強してきたのであれば、
お寺などをチベットやブータン云々なんて思考回路は持ち合わせていない。

>>510
マスコミのそういう取り上げ方には違和感がありますね。
要は白人が良いといった感覚は取り上げるけど、
同じ外国人であるアジア系が良いといった感覚は取り上げようとはしない。
一番の例が黒姫の件。
ニコルさんで有名になったけど、元々は在日のインドネシア?の人が自然保護を訴えていたが、
誰も耳を貸さなかった。ところが白人が言い出した途端に態度が変わったとw

558 :日出づる処の名無し:2008/05/24(土) 18:08:46 ID:OeaGzzm/
>557
無名のインドネシア人と
有名作家を比較するのはどうよ?
彼は黒姫の件で有名になったわけではないよ。

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<日本のカミサマ(part86スレ) | メイン | 新語の輸入と消化(part86スレ)>>
コメント
-  -
昭和55年頃だと
アルバムの写真は白黒からカラーに変わり始める頃だな~

田舎住んでるけど
80年からバブル、ファミコン全盛期あたりから空気変わりはじめた気がするよ
駅前中心に東京みたいな都市に造ろうと頑張り始めたって感じ
それでもド田舎だから最近までそれっぽい風景結構残ってたわ

でも田んぼドンドン無くなって荒地か新興住宅地・全国展開の大型店と個人病院・介護施設がバンバン建つし
通訳必要なくらいな方言で喋る人いなくなったし、その土地の特徴が感じられないようになったな…
2013/01/04 20:20  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 確かになぁ・・・昭和55年か
今じゃ見ることも無い、ドツボ(肥溜め)に足を突っ込んで大泣きしたなぁ・・・
 昭和の終りくらいまで、戦前のやり方を続けて居た人が残ってたんだろうね。
 稲作でも当時、刈り取りは機械でやっても乾燥、脱穀はまだ機械化されてなかったり、田舎の原風景に出てくる物が現役だった時代
 こんな沢山もてるのか?ってくらいの荷物を背負ったモンペにホッカムリを被った背筋の曲がったお婆ちゃん達の姿が街から消えた時期を自分は思い出せない・・・回りを見る余裕が無かったのかなぁ
2013/01/03 16:58  | URL | モホゥ使い #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
80年代、昭和55年以降ね。
確かにこの頃、田舎の農村における葬式という
最強の保守・因習の砦において、老婦人ですら
洋装を見かけるようになったそうだ。

当時の漫画だとうる星やつらは今でも読めるかな?
学校の参観日に、和装の母親が来る。

終戦時に二十歳だった、きちんと戦争を知っている年代が
五十五歳で定年退職を迎え始める年。

明治以前の元号に生まれた人が、
115歳で敬老の日のニュースに登場していた年。
そして89年から90年にかけて、ソ連崩壊と昭和天皇崩御。

色んな意味で、ひとつの時代の境目だったんだろうな。
2013/01/03 14:22  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ちなみに日本の田舎らしい田舎の風景は80年ぐらいを境になくなった気がするなぁ。
あのころのおばあさんは本当におばあさんだった。
2013/01/03 11:22  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
明けましておめでとうございます
いつも楽しく読んでます
2013/01/03 00:07  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/500-fedcb35b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。