2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
耳かきはジャポニスム!?(part85スレ)
- 2012/12/12(Wed) -
462 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 13:23:00 ID:KLL5tmf4
伝統工芸の内職の話があるんだけど、工賃がすごく安いんだよなぁ・・・
でも技術を覚えるまで無料で指導してくれるって言うし、
月謝払って習いに行くよりはずっとお得な感じがするんだけど。
悩むなぁ。
子供の学費を貯めなきゃならんので、普通にどこかにパートに出るほうがいいのかもしれない。
内職とは言っても、要は外注の職人なんだけどね。
仕事事態は面白そうだが、私は金が必要なんだ・・・・・・
誰か私にご意見下さい。
悩みに悩みまくってます。

463 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 13:40:42 ID:vEE6hjVy
>>462
伝統工芸の職種は何?
内容によっては、その技術を使ってオリジナル商材を作ってネットで売るとか
小遣い稼ぎ出来るんじゃない?
市場はニッチだけど、ニッチ故に職人にしか作れないアイテムってそこそこ需要はあるでしょ。
漆塗りのパソコンケースとかさ。

464 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 13:50:05 ID:d+tfCAcz
職人は技術が蓄積されていくし、定年もない。自分で販路を広げれられる可能性だってある。

パートはクビ、年齢制限、定年がある。結局は時間の切り売り。
ただ職人より金は得られやすいだろう。

住んでいる場所や年齢にもよるけど、切羽詰ってなければ職人をやってみれば?

465 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 14:21:14 ID:i6EhOyt2
昔ながらの職人制度っていうのは時間を積み重ねていくことで報酬がうpするんだよね。
だから、場当たり的な仕事してるといつまでたっても報酬は上がらないし境遇も悲惨。潰しも利かない。
けど、積み重ねていけば人間国宝と呼ばれたりするぐらいになれる。
パートタイムってのはまさに単位時間を労働に変換して報酬を得るシステムだから、
変換エンジンを握ってる会社の意向には逆らえない。
おまけに誰でも出来ることを前提に人事予定を組むから、キャリアとしてもほとんど残らない。

ただ、その性質上から職人は別に生計が無いと生活できないよ。
だからこそ、住み込みとかでカバーされてたんだから。

467 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 15:03:05 ID:KLL5tmf4
幾つかレスが。
ありがとうございます。

でも私アラフォー世代なんですよ。
今からやっても積み重ねて、良い職人になれるかどうか。
そして話がある職種は針と糸でチクチク凄く細かい作業。
出来てもせいぜいあと30年位かなぁ。
内職でやってた人が70代のおばあちゃんで、
その人の紹介なんだけど、年取ると見えなくなるし、手が震えるしで出来なくなるらしい。
よっぽど好きでないと続かないよ~と言われたんだけど。
元々伝統工芸には興味があったのと、多分かなり器用な方なので、
私には向いてると思う。
確かに切羽詰ってないけど、時間も自由になる仕事だけど、
向いてるとは思うけど、面白そうだけど、何せ安い・・・・・
超ジレンマ。

ああああああああまだ悩む~orz

471 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 15:58:47 ID:LEKdd9uL
>>467
時間が自由になるなら、職人やりながら合間にパート
やればいいじゃん。

472 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 16:08:37 ID:i6EhOyt2
>>467
その年齢なら、収入源としての選択としてはお奨め出来ないよ。
職人なんて一本立ちできるぐらいにならなきゃ下請けでしかないんだから。
けど、別に無理にパートとかしなくても生活できる余裕があって、
なおかつ収入源というよりも趣味人的な追求を楽しめるならやってもいいと思う。

451 :日出づる処の名無し:2008/04/16(水) 19:06:06 ID:3bcDB/gE
漫画・アニメの規制の話が出て気になったんだけど
良く関連付けられる春画って幕府の規制対象になったのかな?

454 :日出づる処の名無し:2008/04/16(水) 19:33:13 ID:8JQnTjUn
>>451規制されたよ。
店の奥でこっそり売ってたらしい。

455 :日出づる処の名無し:2008/04/16(水) 19:52:44 ID:3bcDB/gE
>>454
今も昔もいたちごっこで変わらないんだねw
さすが世界三大変態の一角だw

456 :日出づる処の名無し:2008/04/16(水) 22:55:03 ID:UPs2AzEJ
水野忠邦さえいなければ、今でも混浴が当たり前だったかも試練。

460 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 11:19:04 ID:gFDJRikb
>>455
大正末期~昭和初期に「変態十二史」などを出して発禁くらった梅原北明とかは、
上海租界に逃げて、地下本出し続けたそうだしね。

ちなみに、「変態十二史」のタイトル一覧
変態社会史・変態芸術史・変態見世物史・変態人情史・変態広告史・変態刑罰史
変態商売往来・変態仇討史・変態崇拝史・変態遊里史・変態交婚史・変態浴場史
変態妙文集・変態作家史・変態蒐癖志

461 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 12:31:10 ID:rzwKhJ3S
>451
春画だけでなく、浮世絵・錦絵も規制されてたよ。
派手な多色摺りはご法度って感じで。
だから裏ルートの春画なんかじゃ60色以上使っているのに、
表の浮世絵は十数色が主流だったりw

474 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 16:40:25 ID:ZJjVBRaJ
浮世絵って、コンピューターのような実際に確認できる色の数ではなく、
使った絵の具の数で幾つ色があるかを判断するんだろ?
白に近い青と薄い青と濃い青でも同じ絵の具なら一色という風に。
60色ってどう考えても過剰な気がする。

475 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 16:53:15 ID:JzIELD9D
水干絵具でググルと確かに絵の具の数が60種類あるね。。

476 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 18:24:56 ID:IcdbWNqd
>474
絵の具の色は反射色
基本、重ねても色はでないよ

477 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 19:04:26 ID:rzwKhJ3S
>474
以前どっかの板で書いたことだけど、60色っていうか、職人たちが60回以上摺っている。
だから版木も物凄い量になっている。
えらく凝ったやつなんかは、全体に金銀摺を配した極彩色で、笄や黒繻子の帯には
ニカワをかけ、絞りの襦袢や人の肌に空摺やキメダシといった方法で凸凹をつけたりと
とんでもない彫摺の作品だったりする。

非合法地下出版のエロ本なのにw

478 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 19:12:00 ID:h+SAEA77
浮世絵のグラデーション、あれ、刷り師の腕一つでこなしてるって・・・凄過ぎじゃね?

479 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 20:01:30 ID:8GqJd+VV
てっきり版木に絵の具塗る職人が微妙なグラを出しているのかと思ったが、違うのか。

480 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 20:20:31 ID:JUfptn+N
職人スゲえな
俺も職人に憧れたときがあったけど、どこに行けばいいのかわからなかったし
なにより手先が器用でないから諦めた

481 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 20:48:05 ID:OjWzJ942
はいはい。日本画やった事のある私が来ましたよ。

日本画の絵の具は水干絵具と岩絵の具というのがある。
違いはググって。
日本画の絵の具は・・・ポスターカラーの塗りに近い。
水彩みたいにグラデーションを色つけの段階でするのは難しい。
色んな段階の色を作っておいて、1色目、2色目、3色目という風にグラデーションをかけていく。
版画なら版木をわけて色つけてるだろうね。
浮世絵にはそれ以外にも雲母使ったり金箔つかったりとかあるから
(今で言うと箔押しとかになるんかな)
60色以上作れますよ。

中国で偽物の絵画作る村があって、ピカソとかゴッホとか作られていたんだけど
その中に浮世絵もあったんだ。
でも版画じゃなく、油絵wwwww

偽物でも再現出来ないよなぁ。浮世絵は。手間かかりすぎるもん。

482 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 21:06:21 ID:0DZap5e4
>>480
公立とかの大学でコースあるよ。
東京芸大とか金沢工芸大とか、京都芸大とかかなりある。

483 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 22:56:44 ID:uGfP5MD8
京都には中途半端な覚悟の奴はお断りだ、って意味の募集要項を
出している陶芸の専門学校があるな。

声優なんかも、ある意味身近な『職人』なんだろうが、
人気職のサガというやつか、パチモン教育機関が多くて困ったものだ。

484 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 23:17:15 ID:DCS/fFYP
>>483
一部の真面目な専門学校を除いて、下働きでもいいから
現場に飛び込んだほうがよっぽど勉強になるよね。

485 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 23:37:09 ID:ItLa5fm2
>>467>>480
ん~っと、器用さはあんま関係ないよ。

肝は、長い期間継続できるかどうかだから。

486 :日出づる処の名無し:2008/04/17(木) 23:55:05 ID:sDBfBVw8
>>478
歌川広重の東海道五十三次なんかはグラデーションが綺麗だね
刷り師の腕であの技術を表現してるのに後世に名前の残らないのは勿体無いな…

487 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 01:41:02 ID:koyImf37
>>486
かわりにドット師とかがちょい前まではいたけどね。
箱○の車ゲーのアレとか。
世間一般に評価はされないけど無駄に凄い技術を持ってる。

488 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 01:52:19 ID:vjhqX+Sw
美の壷で歌舞伎の舞台からくりや演出の紹介をやってたけど、凄かった。
劇なんかは西洋の方が派手だと思っていたけど、そうでもないんだね。

489 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 04:58:26 ID:fnKZ1jgc
戦後は伝統芸能がとことん軽く見られた。あるいは見させられた時代だよね。

そういえば歌舞伎もGHQに潰されかかったな。

490 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 08:43:56 ID:f88B1/ny
武力がすべての野蛮人にゃ理解出来ないさ
共和制ローマの時代の人間ならまだ話しも出来たんだが

491 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 08:55:03 ID:JUmjAzB8
枕絵なんかは、ストーリ考える作家がいて、それを元に原画を描く絵師がいて、
その原画を元にした数百枚彫る版木の彫り師がいて、
またそれを摺る摺り師がいて、さらに売人もいると。
非合法なのになんというシステムw

江戸期の地下出版モノの中にはシリーズ本の全部をコンプすると表紙に
1つの錦絵が出てくるとか、1ページ内に様々なからくり絵を仕掛たり、
正規流通本(幕府公認本)とリンクさせた同じ作者の非公認本があったりしたそうだ。

493 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 11:32:39 ID:5ppQ61iu
>>491
あらゆる意味で、エロパロ同人は直系の子孫と謂うわけだな。

494 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 14:08:40 ID:23OQxset
上の方で伝統工芸の内職の事で悩んでたアラフォー世代のおばちゃんです。
かなり悩んだんですが、辞めるのはいつでも出来るので、
とりあえずしばらく通ってみようかなという事になりました。
週三日、数時間ずつ無料で教えて貰えるので、習い事の一つとして考え、
技術が上がってくればそれでお小遣いも稼げるという、まあ趣味のような物と考える事にしました。
肝心の子供の教育費ですが、それはまた別の手段で稼ぐことにします。
以前はオクで結構稼いでいたのですが、最近余り割が合わなくなってきたので、
辞めようかなと思っていた所です。
オクが儲からなくなったのは、同じ分野で新規参入が相次いでいるのと、
新しい商品を仕入れていないからなんですけどね。
これからは時間の使い方をもう少しきっちりやりたいと思います。

ありがとうございました。

496 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 18:36:30 ID:vjhqX+Sw
ドット絵師と浮世絵師はどっちも絵の職人で立派な技術を持っているが、
FC時代以前なんかは、絵のタイプは正反対だよな。
浮世絵師に「線はギザギザな感じのが良い、使える色は原色16色のみ、グラデーションは禁止」
とか言ったら怒られそうだ。

497 :日出づる処の名無し:2008/04/18(金) 19:17:12 ID:cCML4imp
お前はなにを言ってるんだ。

************

508 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 01:30:17 ID:LGexgb6h
「日本は中華文化圏ではない」とか「日本はアジアではない」ってのに同意する人は多いけど、
「(中国や東南アジアの少数民族)は日本と文化がとても似ている、
もしかしたら日本人のルーツかもしれない」と言われるとそう思ったりしまう人がいるのは何故?
テレビ番組を見て、そういう風な反応をする人が多いから気になった。

509 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 01:36:42 ID:yVTMpPJR
>>508
中国への対抗意識過剰。
あと、実際現代中国人が最大公約数的に持ってるメンタリティーは
現代日本の最大公約数とはかけ離れてると思う。

510 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 01:54:23 ID:uQ1Ml/QU
日本の基層文化がパシフィックだからだろう。
初代皇后は腰ミノをつけていたという記録もあるし。

遺伝集団としての日本人は、北方ツングースとパシフィックから黒潮でやってきた
太平洋民のハイブリッド。
で、最後の集団入植が仏教伝来の頃の、大陸からの亡命王族・貴族やテクノクラート群。
それ以降は個人で移住してきたり、血を残していったのが時々居る程度で
平安・江戸の二回の鎖国政策で血は混じりあい、
明治以降で各地方の文化・伝統も一元化されつつある。

先住民族・文化の殲滅がスタンダードの大陸とは違うよ

511 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 02:29:13 ID:LzVvlld/
もしかしたら日本人がルーツかもしれない

512 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 02:59:38 ID:oTwwe/Ub
・・・台湾じゃね。

冗談じゃなくて、台湾原住諸族の流れは、
西はインド洋から東は太平洋まで、
幅広い、とか何とか・・・。

513 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 06:12:55 ID:+YkVFH00
ラピタ人ってヤツだな。

514 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 06:35:25 ID:0E9DGM6N
アトランティス人。だってうちのばぁちゃんがそうだから…

515 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 08:15:11 ID:J3ShVgSp
同じ単語を繰り返す語法(中々とか)や因幡の白兎神話は南方
由来だと言われているね。まあ世界にも稀に見る溶けた多民族国家が今の日本なんだろう。

516 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 10:23:45 ID:bpmvt5Br
耳が濡れてるのが先住民系で
乾いてるのが半島の渡来人系なんだぜ。

517 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 10:49:31 ID:6UzKV3hT
弥生人が朝鮮半島から来た人間ではないことを最近知った

518 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 10:55:52 ID:G9RuHwYg
源平の騒乱と戦国時代で、2回も人間がシャッフルされたからな。

519 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 11:27:39 ID:wMlNbxsu
>>516
おれの耳は普段は乾いているが、ほじくりすぎると耳汁が異常に出てくるぜ。

520 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 11:29:15 ID:y3wQOhiP
>>516
それって耳垢のことかい?

521 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 15:38:15 ID:bpmvt5Br
>>520
そうだぜ
そして、手足の指の背中の毛が
濃いのが先住民系、薄いのが半島渡来人系なんだぜ!

522 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 15:49:53 ID:1RCehjwo
>>521
ほんと?耳垢聞いたことあるけど指毛は知らなかった

523 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 16:01:26 ID:bpmvt5Br
>>522
琉球とアイヌは二つとも顕著なんだぜ!

524 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 17:45:11 ID:et53v9Yk
俺は見た目もまんま縄文人というか熊襲なんだが、耳垢は乾いてる。
逆にもろにお公家さん顔なのに耳垢が湿ってる人も知ってる。

525 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 19:51:00 ID:es7LN3rn
因幡の白兎神話・・・兎が騙した相手は鰐なんだが・・・
東アジアで鰐が生息してるのは揚子江(長江)河口付近なんだよね。

526 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 19:59:29 ID:AxDOnAOd
昔は鮫のことをワニと呼んでたらしい

527 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 20:04:04 ID:pTRiS6Ru
いや因幡の白兎のワニは現在知られてるワニとは別の生き物だよ。(字もたしか違う)
ちょうど麒麟がアフリカのキリンとは別ものみたいに。

528 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 20:06:20 ID:iYZzu+Hi
>>525
ん!?何て言ったんだ、よく聞こえなかったからもう一度
大きな声でお願いします。。

529 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 20:24:32 ID:j/ZbByit
山陰山陽では割と近代まで鮫をワニって言ってたんだよね。
今もたまに使われる。
山陰山陽の山奥の方。あと古代の豪族で和邇っていたよね。

530 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 22:31:11 ID:wsSGZ4ps
>>525が中途半端な薀蓄を披露して、それを突っ込むスレになりますた。
てか>>525のプチ人気にちょと嫉妬w

531 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 23:00:14 ID:I4IdLBQI
>>530
学校では日本の神話だけは教えられないから、>>525も
一般人と比べると本当は博学なほうなんだよ。
俺はゲームの女神転生から本格的に覚えた。

532 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 23:01:03 ID:D/gJB3H6
白いワニなら日本にもいるだろ
すぐそこに・・・
し、白いワニが、白いワニがくるぅぅぅぅっ!

533 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 23:04:56 ID:9AOVURrp
>>523
すげー!
私、指毛と耳垢当たってる…
耳垢に関しては大人になったらウェットになった…

536 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 23:23:06 ID:+YkVFH00
>>533
それって絶対有り得ないんだろ、ホントは。
高校の授業で習ったけど。でも、不思議とよく聞くんだよな。
大人になったら変わったって人。

537 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 23:32:26 ID:wsSGZ4ps
>>533
単に中耳炎が慢性化して、耳垢が湿式になったと勘違いしてたりしてw 

538 :日出づる処の名無し:2008/04/21(月) 23:48:57 ID:1ATqKTl+
細かい突っ込み悪いけど、それを言うなら外耳炎じゃないか。
中耳っていうと鼓膜の内側だから。

539 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 00:34:42 ID:sCBK7KDS
>>532
なつかしい。
江口寿だね。

ちなみに俺は薄いけど手と足の指の背に毛が生えているが、
背中にはないし、耳垢は乾いている。

540 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 02:36:37 ID:c+9te38g
・・・外耳炎かな、

慢性化すると、
えらいことになるんだわな。

かゆい、麺棒で掻く、耳汁がでてくる、
下手すると鼓膜に流れて気持ち悪い、
固まってカチカチになる、風呂に入って流す、
最初に戻る。

・・・けっこう、これで悩んでる人って、おらんか。

541 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 07:40:09 ID:ctZXUdH3
オレもガキのころは乾いてたけど、今は湿ってる。ありえないの?
もう何十年も前からだから外耳炎ってのも違うと思うんだが。

542 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 08:27:00 ID:qfgv0q+p
>>540
医者は選んだほうがいい。
俺も慢性化してて、何回も病院通いしてやっと耳汁が治まる程度。
少し耳かきしたら、すぐ再発してた。
思い切って医者変えたら、1、2回塗り薬塗るだけで普通に耳かきしても大丈夫になった。
その病院はその塗り薬くれた。
今も重宝してるし、外耳炎の苦しみも無くなった。

543 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 10:17:05 ID:cmnbvrKM
耳掻きしすぎとかで耳の中がかゆくなる。さらに耳掻きで傷ができて炎症に。
このパターンが多いと思う。

これは強めのステロイド塗って早くかゆみをとめるのが一番。
耳鼻科より皮膚科の方がいい薬をくれるぐらい。

544 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 10:40:00 ID:sTya6KDy
恍惚の耳掻きスレに来たかと思ったぜw

545 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 14:30:47 ID:HkNtCYCh
自分も子供の頃乾いてたけど今は湿ってるなあ。耳は健康です。
同じ頃アレルギー性鼻炎も治ったから、体質変わったんだと思ってる。

546 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 20:02:14 ID:+wd9togL
>>536
いや。俺もオトナになってから
耳垢がウエットになったよ。本当。

547 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 20:35:28 ID:AQQ3q3HI
毎日のように麺棒で耳掃除してると外耳炎になるよ。

548 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 21:31:08 ID:5mnwZNJN
一杯貯めた後風呂上りにごっそり掻き取るのがしやわせ

550 :日出づる処の名無し:2008/04/22(火) 23:49:28 ID:H28GGL5r
麺棒なんて耳にいれたら耳破壊されるがな

552 :日出づる処の名無し:2008/04/23(水) 00:02:46 ID:zg5wasUb
>>550
(・∀・)イイ!!

554 :日出づる処の名無し:2008/04/23(水) 10:36:43 ID:vxK26Xan
>>547無茶すんなよ。
綿棒にしなさい。

555 :日出づる処の名無し:2008/04/23(水) 18:09:38 ID:Eq1NoQ9w
この時期、突然耳の中が痒くなるってのは花粉アレルギーとかもあるんだぜ。
そんで、痒いからっていって掻き過ぎて外耳炎なんかになった場合は、
抗生物質(化膿止め)と痒み止め(抗アレルギー薬)飲んで、
点耳薬を寝る前に耳にぶちコンで1週間もすればおk。
基本耳は頻繁にいじるのダメ。慢性化する。

556 :日出づる処の名無し:2008/04/23(水) 18:28:43 ID:vxK26Xan
みんな、おいらのレスのせいで
耳スレになってゴメンよ
おいら、悪気は無かったんだ。
ジャポニズムなのに。

563 :日出づる処の名無し:2008/04/23(水) 23:32:38 ID:3NrcKsfE
少なくとも耳かきはジャポニズム

564 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 00:02:45 ID:bypmaMB9
すごくあいまいで何なんだが、
ヨーロッパのほうだと、国によっては耳掻きの習慣が無い所があって、
耳垢が耳の穴が完全にふさいでたり、鼓膜に癒着して一体化してたり、
あまつさえは、うっかり耳を掃除するため、耳掻きを突っ込もうものなら、
耳関係の医師の免許を持っていないという事で違法になる所もあるとか…

566 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 00:36:21 ID:YLb2mwen
耳垢が湿ってる奴は腋臭になりやすいそうな。

567 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 00:59:12 ID:RBl/ySeT
楊貴妃の薫りですね

569 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 01:22:50 ID:fgmtbBxV
>566
同じアポクリン線だからな
脇と耳の裏にあってワキガの手術ではそれを取る

ちなみにフェロモンとか呼ばれているもの(生物学的には違うらしい)は、
人間に関してはそこの匂いのことらしい

海外、特に仏なんかだと、その匂いが強いほうが良い=セクシーとされてて
エチの前にシャワーを浴びるとか、せっかくの匂い消してどうすんだよwwwwwwwと逆にバカにされる

という話を聞いた

570 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 01:47:29 ID:5xbBU0dF
>>564
耳の奥のほうの耳垢は自然に外のほうへ押し出されてゆく仕組みになってるそうだ。
だから本来はたまに耳の入り口近くを耳掻きするだけで十分なんだと医者に言われたよ。

571 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 01:50:56 ID:CNBk3G0R
>>570
耳垢がたまる仕組みになってた個体は淘汰されていったのだろうか。

572 :日出づる処の名無し:2008/04/24(木) 01:53:54 ID:PAMjm1+8
慢性の外耳炎で何度も医者に行ってると、
最後には精神科にまわされるらしい。

わかったから掻くなよ、って。w

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<日本のルーツ(part85スレ) | メイン | 肌の色はエスニックジョークになりえるか(part85スレ)>>
コメント
-  -




イスラエルが日本を乗っとろうと、白人起源説を撒いてる


色んな話題に絡めてわいてくる、
「純粋な日本人でも金髪碧眼はいる」
「遠い祖先に白人がいるのかも」
等の言論には注意が必要

「アイヌはロシア系白人」と言う事もある
ロシア白人が極東に入植したのはつい最近だというのに

ユダヤ人はアラブ人のはずだが、中東は見ての通りユダヤ人を名乗る白人が占拠している

気を付けないと日本がああなる

米軍基地から入って来れば入管記録も付かない

北海道、東北、南九州、沖縄は特に注意




.
2012/12/13 23:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんか和やかな雰囲気
2012/12/13 19:06  | URL |     #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
で、耳垢とか男性ホルモンの体質は遺伝要因が強い→先祖のルーツの手掛かりになる、というわけだな
2012/12/13 19:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
耳垢の違いは単なる体質で、毛の濃さは男性ホルモンの影響だよ
2012/12/13 03:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
俺は耳乾いてるけど手足毛深いから見事にハイブリッドな日本人だなw
2012/12/13 02:56  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/493-1482d4df
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。