2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
皇室と被差別階級に接点はあるのか(part82スレ)
- 2012/10/28(Sun) -
667 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 00:14:08 ID:bhex9V4c
和食が今の形にまとまったのは江戸時代なんだよ。
江戸時代の大衆文化だからな、皇室とはいまいち合わないw

668 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 02:33:51 ID:QN3qUZBT
>>667
宮廷料理つーと、烏帽子を被った料理人が、
鯉を大きな箸で掴んで調理する様なイメージだな。

669 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 04:26:01 ID:e5aYRTVN
食材に触らないで調理する流派とかあるな。
あれは完全に儀式用なんだろうか?

670 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 04:30:02 ID:8xfNXors
天皇の食事というのがけっこう酷い粗食だったそうだね。
京都守護職に就いた松平容保がそれを嘆いて
せめて魚だけでも傷んでないものを食べてもらえるようにはからったとかなんとか。。

671 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 04:38:30 ID:p0mtUtSv
>>670
いまも粗食のはず?
昭和帝は1汁3菜みたいな食事がTV出てた
塩分や脂肪分控えめで長生き必須だからな。
従医が食事量を日記記録。従医美味しくないと言ってたw

672 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 05:40:15 ID:AYRIBBSX
>>671
雅子のレストラン通い・・・・・・・いや、なんでもない。

673 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 07:50:43 ID:e+GWVc4i
日本人の遺伝子からすると粗食の方が長生きする、とどっかの女子大のセンセが言ってたな。
特に油、魚油とか植物油は人間の体温で分解しやすいからメダボリになりにくいとか。

681 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 13:40:10 ID:4l+Lvp7G
>>671
天皇家は粗食って、たしかに料理は粗食っぽいものを召し上がってるとは思うけど、
御料牧場があるし、天皇家だけが食べるものを丹誠込めてつくってるだろ?
材料はある意味超贅沢。一般庶民にはなかなかできないこと。

682 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 15:12:53 ID:znYv71Zi
位の高い人が使う物には、えたやひにんが作った物もあるってほんと?

683 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 15:44:38 ID:6ghucytD
>>682
少なくともお前の作った物なんか一つもねぇよ

685 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 16:12:46 ID:znYv71Zi
いや、そりゃそうだが

686 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 16:50:24 ID:13JLJfuc
何の意図か知らないけど、エタ・ヒニンといった仏教に由来する被差別者と
神道神官としての天皇とでは概念的に交わるものがない。

687 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 17:07:34 ID:znYv71Zi
いや、天皇と関わりがあるってレベルじゃなく、
時代によってはやたら金持ちで上の階級の人に金貸したり、
えたひにんが作った道具を使っていた将軍がいたって話を知って
本当に差別されていたのか怪しく感じたんで

688 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 17:33:19 ID:o7NQ9LJH
>>687
そりゃ差別はあったろ。
日本は差別がないユートピアって思いたくなる気持ちはわからんでもないが。

日本では神道の思想として穢れというものをとても嫌ってきた歴史がある。
特に血と係わる穢れは忌み嫌われたんで、獣を屠殺する人々なんかは差別されていた。
これには仏教的な殺生を禁ずる思想なんかもあるだろうが、
ともかくこういったことに係わる人々が差別されてきたのは紛れもない事実。

現在でも「屠殺」といった単語すら放送を忌避する傾向がある。
現代人は普通に獣を食べているのに、
いまだにこういった単語の放送禁止を続けることが
かえって差別の根絶の妨げになっていると俺は思うがな。

690 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 17:40:21 ID:hWrGTqLQ
家畜の屠殺の仕方なんて、小林氏の差別論で初めて知ったしな。

692 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 20:16:11 ID:ceJz8y/t
>688
>687は差別が全くないというつもりで発言したのではないと思う。
われわれが今考えているような形の差別ではないんじゃないか、
という意味を言いたいのではないかと。

現代は「オタク差別」「派遣社員差別」などの新しい差別が生まれている。
差別がこの世から消えるなんてことはありえないし、
差別ってのはほんとうは必要悪なのかもしれない。

俺たちがけだものだった頃、自分と同属か、そうでないかをナーバスに見際めることは、
死活問題だったはずだ。「俺たちと違う!」というものは、未知の猛獣かもしれない。
また猛獣と同じ模様を持ったもの(~っぽい奴)は、その猛獣とみなしら排斥する、
ということを、ご先祖様は何万年もかけてやってきたはずだ。
その根性が、たかだか数千年の文明化で抜けるわけがない。

現代において、してもいい差別、してはいけない差別ってのがあるとすれば、
そのさじ加減は俺たちが構成している社会が決めているんじゃないのかな。
ただしその「社会」なるものは、いまでは全世界的になってしまったのが困りもの。
肌の色?鉤爪?宗教?縞模様の毛皮?喫煙の習慣?知能の高さ?アニメオタク?
見渡す世界の中、俺たちはどこに差別の線を引けば、あるいは引き直せばいいんだ??

人類は今こんな問題に直面しているから、差別がどうのという話題がホットなんだと思う。

693 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 20:31:50 ID:rph25yBi
こんな時に宇宙人が攻めてきたら世界はひとつになれるのにな。

694 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 20:36:22 ID:45hX3Uwp
トムソーヤのペンキ塗りみたいなもんだ。

695 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 20:59:32 ID:R93OE75w
アメリカはヒーローのように出しゃばって戦うだろうが
宇宙人にコテンパンにされて弱ったところに
ロシアや中国がアメリカを攻め込むんじゃないか?

宇宙人は「お前ら卑しいナ」とかでロシアも中国もまとめてボン
「なんか臭いゾ」で半島も消滅

横を見ると「歓迎!ようこそ」の幕を張った日本がこっち見てた…

696 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 21:03:36 ID:p1l+9tg3
>>693
あれは宇宙人では無い。神の再臨なのだ!とか、
徹底抗戦だ、せめて一太刀!とか、
争いは何も生まない。無抵抗だ!とか

まとまらないと思うぞ>世界

697 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 21:04:55 ID:p1l+9tg3
ごめん。リロってなかったよ

698 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 21:10:21 ID:1UAy6GV+
今宇宙人が来たら100年後にはエクリプス級戦艦くらいは造ってそう

699 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 21:31:49 ID:rph25yBi
インディペンデンスデイって映画への皮肉のつもりだったんだけど、
さすがにわからなかったか。

>>695
おっしゃる通り。

700 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 21:39:36 ID:xWUDLBYl
>>695なんか面白かったぞ。

701 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 22:00:52 ID:45hX3Uwp
歓迎、かなぁ。
また黒船か、
みたいな。

716 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 01:10:14 ID:aQ192VQt
>>701
宇宙人スゲーと驚き、宇宙人に認められたいと思い、
宇宙人講師を破格値で招きいれ、宇宙人の技術を学び、
日本人だけで宇宙船を作ってしまう、みたいな流れかも。

702 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 22:07:28 ID:bfPDQOfV
>>687
21世紀の現代だって屠殺業はエタヒニンだったやつらが牛耳っている
部落産業だから、肉食ってれば当てはまるだろう。
ミートホープの社長だって出身はエタヒニンだし。

703 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 22:25:43 ID:kHAktdJj
>>687
詳しくは知らんが、天皇の葬儀で棺桶を担ぐのは
特定の部落の役割とかいうのがあった気がする

704 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 22:27:29 ID:45hX3Uwp
だから、トムソーヤのペンキ塗りだろ。

705 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 22:54:58 ID:wHi6B7tU
>>703
八瀬童子のことだね。

706 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 23:22:09 ID:DuJBRvx/
>>703
教科書にも陵を管理(警備?)していた陵戸は奴婢だと書いてあるしね

707 :日出づる処の名無し:2008/01/22(火) 23:27:14 ID:45hX3Uwp
特別であるってことは、ちょいと見方が変わると、
うらやましい付加価値に変わったりする。

だから、今だけの感じで放り出しちゃうと、
あとで損するかもしれんから、守ることは守るほうがいい。

709 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 00:08:37 ID:FxVDIkoa
非人は革製品の専売してただろ
盲人が金貸し許可されてたように
革製品もってたら非人は当然かかわってる

710 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 00:13:15 ID:D5hsp9Bf
>>709
明治になって四民平等になり革を独占的に扱う特権を失って多くの人が職を失いましたとさ。

711 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 00:16:05 ID:jtY8rk6l
>>688
>現在でも「屠殺」といった単語すら放送を忌避する傾向がある。現代人は
>普通に獣を食べているのに、いまだにこういった単語の放送禁止を続ける
>ことがかえって差別の根絶の妨げになっていると俺は思うがな。

それは差別のせいじゃなくて差別を食い物にしてる連中のせいでは?

712 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 00:38:48 ID:vrvonifd
>>688
「放送禁止」ではなくて「放送自粛」

718 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 02:26:41 ID:ukiYZAxo
日本の仏教が肉食や獣を殺すのを禁忌としたってのは都市伝説みたいなもんだよ。
日本で一番信者が多い浄土真宗なんかは初期の頃から猟や漁を勧めてる。

719 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 02:56:49 ID:aUTVfowE
>>709
その革製品のおかげで地域によっては保護されてたって聞いたことあるな。

720 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 03:30:25 ID:HGQgJdaw
穢れた仕事をやらされる下級階級なのに仕事があまりにも多くて大金持ちになるとは、
尊敬されるけど貧しい生活をしていた武士とは真逆だ。

721 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 03:35:07 ID:idAFiMVL
>>720
それで日本では清貧の思想や、金儲けは卑しいという考え方になったと。

722 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 03:44:41 ID:AsSHUBcB
それは儒教の考え方もあるんじゃないか。
金があることじゃなくて、稼ぐことが卑しい、みたいな流れらしいけど。

723 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 03:47:20 ID:HGQgJdaw
それ、経済を全否定してないか?

724 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 03:51:25 ID:AsSHUBcB
文人と武人なら、
文人が上、ってのと、
混ざってんのかも。

725 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 03:53:23 ID:FxVDIkoa
西洋でもユダヤが
免罪符も売れたようだが

726 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 04:12:26 ID:9FhY0u3e
>>718
>日本の仏教が肉食や獣を殺すのを禁忌としたってのは都市伝説みたいなもんだよ。
>日本で一番信者が多い浄土真宗なんかは初期の頃から猟や漁を勧めてる。

浄土真宗だけを取り上げて日本の仏教全体に当てはめるのはいかがなものかと。
日本の仏教の中で肉食妻帯がOKなのは浄土真宗だけですし、
さらにいえば浄土真宗が肉食しているのにもちゃんと理由がありますし。

そもそも浄土真宗が肉食妻帯が許されるというのは、今では一般常識だと思いますが、
当時は誰もなしえない画期的な宗教改革だったわけで。
欲望に負けたとか、意志が弱かったから肉食妻帯をしたわけではなく、
修行の中で試行錯誤をし、高度な宗教的哲学的判断で戒律撤廃に踏み切ったんです。
厳しい戒律が当たり前だった時代で、仏教徒のみならず日本社会全体から生臭坊主、
破戒坊主とさげすまれ迫害されながら、それでも新しい教義を確立し自ら実践したからこそ
親鸞は日本史上に名を残す高僧となったんです。

727 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 04:30:36 ID:HGQgJdaw
そもそも仏陀は肉を食っていたらしいが
弟子の解釈の違いで色々な考えが生まれたらしいけど、
仏陀はそんなにあやふやな事を言ってたの?

728 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 05:31:46 ID:XY4iBUTZ
>>726
何で「仏教」の名前にこだわったのよ。他の名前で新しく始めればよかったじゃん。
肉食妻帯に限らず、葬式、死後の世界なんてのも元々インドにはなかったものだよね。
日本のやつは全然違うもんだと思うが。

729 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 06:14:22 ID:uOiz0AHn
>>728
南無阿弥陀仏って唱えてます。
只の呪文じゃないよ。
偉大なる阿弥陀さま、信じてるから救って下さいなっつー意味ですよ。
私きちんと真宗を学んでおる訳では無いので、このような解釈しかできませんが、
浄土宗→浄土真宗の流れは、
ただひたすら阿弥陀如来を信心することにより救われるとゆー教義でしょう。
肉食妻帯とゆー些末なコトにとらわれてはならんのです。

730 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 07:09:25 ID:8/+1U+2r
殺生はしちゃいかんって事なんじゃないの?施しの中身の物については別問題なのでは。

因みに、釈迦仏教と大乗仏教は別なんで。
釈迦のようにあちらこちら放浪して教えを広めたり守ったりする事が
諸々の事情で出来なくなった者がはじめたのが大乗仏教だったと思うぞ

731 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 07:18:44 ID:H1TMnMTP
>>718
天武天皇の肉食禁止令で肉を食べなくなったって関連スレか前スレあたりに出てたような気がする。

▼日本における肉食の歴史
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-59.htm
(※リンク先消滅)

732 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 08:09:49 ID:Q6+JH1Xq
仏教のお話で動物達が仏陀に貢ぎ物を持ってきた時に
何もあげられるものがなかったウサギは自分から火に
飛び込んで・・・って話がある位だから、肉食禁止って
訳じゃないだろ。
欲を満たすためだけの無益な殺生として禁止、位だったじゃ?

733 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 09:06:15 ID:h1XLcLvX
元々絶対に殺生はしちゃダメダメ! って考えが当時のインドの一部にはあった。

で、それって不合理じゃね?
別に生きていくための最低限の殺生はしてもよくね? という考えが生まれた。

この両者の相克に、この世の罪業から解き放たれる『解脱』という形で
答えを呈したのがゴーダマ・シッダールタこと仏陀。

以上それっぽく言ってみた俺の妄想。

734 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 10:28:26 ID:UPAswkYL
>>733
ちょっと調べてみたくなる妄想だが、人類史的には贄やってた可能性の方が高いと思うが。

735 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 10:29:10 ID:MHH0uyoZ
現代インドで
ジャイナ教は、一切の殺生を禁じている。(開祖は仏陀と同時代人)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E6%95%99

ヒンドゥー教も、菜食主義者が多くいる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E9%A3%9F%E4%B8%BB%E7%BE%A9

奨励する宗教・宗派
大乗仏教 - ただし、肉食を禁止しているわけではない。
ジャイナ教 - 卵を一切とらないだけでなく、
植物を殺すことになる野菜(大根、芋、葱など)を食べない。ただし乳製品は可。
ヒンドゥー教 - 乳製品は可。また宗派や階層、地域や家庭などによって
純菜食から肉食可まで様々な段階の戒律を持つ。
セブンスデー・アドベンチスト教会 - ベジタリアニズム(卵と乳製品は可)を奨励し、
豚肉と鱗を持たない魚介類など、
旧約聖書レビ記第11章で不浄とされる動物は忌避すべきとする。
鶏肉と魚はどちらかというと食べても良いとする信者もいる。
ラスタファリアニズム

736 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 10:37:46 ID:i63YFrCv
東南アジアのいわゆる上座部仏教では、お布施されたものを黙って食うだよな。
いわゆる穢れは神道独特の考え方で仏教由来じゃない。
だから、神官のトップでもある天皇と被差別民は、切っても切れない関係にあると言ってもいい。

745 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 15:38:24 ID:KuQ9mMa5
>>723
> それ、経済を全否定してないか?

現代の資本主義から見れば、ね。

746 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 18:30:47 ID:EpA/RnrU
江戸時代の儒学者(特に大坂の、商人が教鞭とってた塾)は苦しい解釈で
「孔子も孟子も、絶対的に商業は卑しい職業だとは言ってないお^^」ってやってたしな

748 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 18:55:53 ID:mjgGiMmt
>>745
福沢諭吉は当時の武士が買い物に行くのに手ぬぐいで顔を隠し、
商家の玄関ではなく裏口からこっそり買い物をするのを
「金を払って買い物をするのに、なにをこそこそしておるのだ」と嘆いた

750 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 20:42:32 ID:AS+KPBV+
>>727
仏陀は「うつ病」を克服する互助会というか、
現代で言えば「禁酒会」みたいな団体の会長みたいな存在だったんだよ。
死とか病気とかの災厄を悩み心配し、
そんな心配にクヨクヨせずに明るく生きたいと思う者達で構成された、
解脱(悟り)の方法を研究するカルチャークラブの第一人者にして会長さん。

勿論、当時の喰うや喰わずの一般人から見れば、金持ちの趣味の1つにしか見えない。

仏陀自身は、その会長さんとして死んだが、
弟子の中に、これで金もうけが出来るかも知れんと考えた奴が居て、
そいつが始めたのが仏教という宗教。

だから仏陀は大したことは考えてないし、言ったとも思えない。

751 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 20:50:42 ID:4gklu4uI
そう言えばケチ教の代表の人が、
信者達は私以上にケチでお布施も持ってこないとラジオでこぼしていた。

752 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 23:07:46 ID:RFVOLIxx
>>723
儒教的には商業は詐欺だから……
あれだ、静岡で千円で買ったメロンを一個づつ箱詰めして東京で5千円で売るとする
千円のはずのものを5千円にしたのだからこれは詐欺だという考え

753 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 23:23:05 ID:f8iZBN4H
儒教ってノーミソが足りねーんだな

754 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 23:28:25 ID:eDL7kuuD
でも儒教大好きな中韓はサギやパクリが大好きだよね?

755 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 23:34:36 ID:VFRUvira
整形もそうだな。日本では親から貰ったものに傷をつけるなんて親不孝だ。
というのが儒教の解釈だが
韓国では、整形して金持ちと結婚して親に金が回るなら、
それは親孝行だ、というのが儒教の解釈だし。

原文だと日本の方が正しい気がするが。

756 :日出づる処の名無し:2008/01/23(水) 23:37:56 ID:Rmz5HPzS
神道が出てこないのはなぜ(´・ω・`)

757 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 00:01:10 ID:EpA/RnrU
そこが儒教のおもしろいところでry

758 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 00:05:53 ID:90JI6D6O
俺の中の儒学者のイメージは「朝鮮こそ中国なのです」とか言い出すショタキャラ

759 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 00:06:37 ID:mosQFFSK
どこでも、都合よく解釈してたり。

760 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 00:29:04 ID:Cm5o/Gsk
>>750
実はその「解脱」が大したことだったんだけど。

761 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 00:44:40 ID:TIR4ADgA
>>758
黄算哲自重しろwwwwwwww

762 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 04:44:00 ID:qWsaKuVo
最近のゆとりは浄土真宗の事も知らないのか?
荒らすにしても一般常識レベルの知識くらいは知っててほしいもんだ。

763 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 04:58:52 ID:8fTgM3Oq
自分の意にそぐわない者を全てゆとりでひとくくりにするのはバブリシャスの特徴

764 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 05:08:46 ID:qWsaKuVo
泣くなよw

768 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 12:44:55 ID:A+UJaOXZ
>>755
儒教はまずは様式とか形式とか外観を重視する。
外観が整う→中身も整うと考えるわけ。
儒教的な考えではエラい人はエラい風貌と立ち居振る舞いが求められるわけ。

よって整形は正しい事だし、エラい人はとことんエラそうにするし、
金持ちは金持ちである事をアピールするわけ。

日本における無礼とは下の者がエラそうにする事だが、
本来の儒教の考えでは上の者がへりくだるのも無礼。
エラい人はエラそうにする義務があるわけ。
「実るほど頭が垂れる稲穂かな」なんてのは儒教的にはありえないわけよ。

つまり金があるのに整形しなかったり安い車を乗るの無礼な事。

769 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 12:50:23 ID:EHhV2/hD
>安い車を乗るの無礼な事。

コレがホロン部か

770 :日出づる処の名無し:2008/01/24(木) 13:18:26 ID:xVgCOFgm
やたら偉人扱いされているけど、当時の感覚では正しかったんだろうな

************

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<人種改良論は収拾がつかず(part82スレ) | メイン | 日本に世界的に著名な哲学者や思想家がいない理由(part82スレ)>>
コメント
-  -
日本人の大半は虫犬猫蛇鼠辺りは食いもんに見えんだろ
それを食う人が世界のどっかにいる事は知ってても
2012/10/30 14:23  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
食事制限のある宗教はきついなぁ
でもそう教えられて育てば、牛も豚も食いもんにみえないのかねー
てかまた黒船かの意味がイマイチよくわからんw
2012/10/29 13:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/478-433dec7d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。