2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本の肉食(part81スレ)
- 2012/10/13(Sat) -
730 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 00:12:51 ID:q0XG0PdD
次の大河つまんなそうだ。
偏見かもしれんが、歴史は女が関わるとつまらなくなる。
ジャンヌ・ダルクみたいのいないしな。
特に大奥の台頭期でそう思った。
平穏になると、ああいうので政治が動くからな。
ま、平穏だから女が歴史に関われるんだろうが。

731 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 00:37:54 ID:yEBwNEJU
>>730
> ジャンヌ・ダルクみたいのいないしな。

戦国のナウシカと呼ばれる(俺に)甲斐姫

まぁ、フィクション混じりとは思うが。

732 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 00:51:24 ID:dY3ZRfA+
「花の慶次~雲の彼方に」をやってほしい

733 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 00:54:24 ID:srznaJEh
人質にされた弱小武家の姫がその家の父息子に散々弄ばれて
同じく、弱小武家の嫁に厄介払いされたが、その旦那は嫁を大切にし
弄んだ父息子の家を滅ぼし、戦国の世に名をなした

誰だっけ?
名前が出てこないけど実在した人物。
こいつを主人公にしたら人気が出ると思うぞ

734 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 01:49:10 ID:UkiKxzc5
島津が候補に挙がるけど「朝鮮出兵」があるからできないんだとさ

735 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 02:17:54 ID:39X+ActV
史実としては疑問が残るかもしれないが、
巴御前をネタにしてやってくれねぇかなぁ。
いっそうしおととらの巴御前でいいw

736 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 02:22:34 ID:aoFyFvif
女の殺陣は『功名が辻』のスーパー濃姫でこりました。

741 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 09:23:43 ID:C9D+ClPu
>>730
大河なんて見てるのか
大河は皇族の扱いがおかしくね?
基地害や薄弱とかそんなのばっかりだ

748 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 16:09:57 ID:LjLXxVBO
NHKはね、日本の視聴者から金取ってるんだから、
日本の歴史の津々浦々を紹介するべく、大河で「姉小路三代記」とかをやるべきなんだよね。

751 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 19:57:38 ID:HXEl2U+S
>偏見かもしれんが、歴史は女が関わるとつまらなくなる。

いちおういっておくと
一般的な大奥のイメージはほとんどフィクション。
実態はお飾りの置物みたいなもの。
鎌倉or室町幕府の頃とちがって
江戸幕府で女が政治に口出しなんて「そーしておいた方が視聴者が喜ぶ」程度のネタ。
春日局だってエピソードの90%は作り話だぞ。

唯一の例外は11代将軍家斉の時代。
妾40人以上のエロ将軍の御威光で大奥の女たちは好き勝手やりたい放題。
おかげで松平定信も水野忠邦もかなわんかった。
大奥で歴史を描きたいなら家斉の時代をあつかえばいいのに。

752 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 19:59:16 ID:cqf/wLIZ
>>751
ああ、なんか一人すごい数の庶子を産ませまくった将軍がいたけど、その人のことかな?
個人的にはその時代の大奥、見てみたいw

753 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 20:08:17 ID:HXEl2U+S
>>752
その通り。
子供が公称53人もいて
あちらこちらの大名に押しつけまくった将軍。
この人の時代は大奥がでかい顔できた。
でもこれは例外中の例外。

どうも家斉の時代の大奥のイメージで
そのまま江戸時代260年の大奥が語られてしまっているのですよ。
戦隊ヒーローの黄色いひととカレーライスの関係のように。

755 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 21:28:25 ID:qgziaU7V
女で面白くなりそうなのは北条政子くらいだろ。

756 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 21:38:22 ID:UwYLPaMg
>>751
そうなのか。なんか良かった。

757 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 21:57:42 ID:ErNuF6Bz
>>755
日野富子も。

758 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 22:19:52 ID:Cz9zSl3/
持統天皇あたりどうだろうかと思ったり。戦ならだんなさんの天武天皇でフォローできるし。
原作なら里中満智子の天上の虹で

762 :日出づる処の名無し:2007/12/19(水) 23:41:05 ID:Cl9RnD+g
>>757
つ花の乱

764 :日出づる処の名無し:2007/12/20(木) 01:47:35 ID:D6Gv7TtJ
韓日友好のために荒山徹の小説を大河ドラマにするべき

766 :日出づる処の名無し:2007/12/20(木) 01:58:42 ID:YFpKngd0
>>764
断る

767 :日出づる処の名無し:2007/12/20(木) 03:16:41 ID:0zYr2aa1
>>764
それよりも百済書記を

774 :日出づる処の名無し:2007/12/20(木) 13:14:29 ID:97MrLWEc
>>758
孝謙天皇も面白そう。
押勝・道鏡・真備・藤原一族らが入り乱れてのドタバタ劇を見てみたい。

776 :日出づる処の名無し:2007/12/21(金) 00:11:15 ID:FILFgYZq
よど
ぎみ

778 :日出づる処の名無し:2007/12/21(金) 14:23:05 ID:q9qewS4V
「ぎみ」だと無礼者めっ
CMでさ思いっきり「よどぎみ様」とかほざいていたのがあったが、
その場で切り捨てられても文句は言えないよな~
と思いながら見てたな

779 :日出づる処の名無し:2007/12/21(金) 14:33:56 ID:fsJAwPIz
そんなに短気じゃないし、法が許さないぞ。

**********

881 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 16:05:14 ID:pEHPhB7K
◆日本文化は細部の徹底性 その1 ドイツ紙「フランクフルター・アルゲマイネ」

今年もドイツでは贈り物を並べるテーブルの上に、日本の特産品が置かれることだろう。
特に子供がいる家では。ゲームボーイ、マンガ、アニメのDVDなど、
日本製の遊び道具が子供たちの望む品である。
この市場は、特に7歳から17歳までの男の子の間では(最近では、女の子の間でも)、
日本の企業に支配されている。

子供たちの文化を形作っているものには(中でも文学では)、欧州の企業、映画制作者、
作家もたしかにまだいる。
しかし、電子メディアやそれに関係した息をのむように
よく組織された画像の市場化に関して言えば、米国と日本が市場を二分している。

政治と同じく、ポピュラー文化でも、唯一の超大国、米国が支配しないまでも、
圧倒的な影響力を及ぼしていたことが一時あったかに見えた。
1980年代から90年にかけてのソ連圏の内部爆発に続き、いわゆる日本株式会社が崩壊し、
今日までまだ完全には立ち直っていない「日本危機」が到来した。

しかし、日本の経済的な成功(特に、娯楽関係の電子産業)は
危機の最中に予期せぬ台頭の基盤を築いた。
日本がこれといった人気を得たのは、サムライの伝統に根ざした格闘技(特に柔道)である。

次に、本質的にはもっと大きな波をもたらしたのは、1960年代末の日本の機械、
特にオートバイである。日本の消費物資がどしどし西側の価値共同体に入り、
79年にはソニーのウォークマンが若者文化で大きな地位を築いた。

882 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 16:05:51 ID:pEHPhB7K
◆日本文化は細部の徹底性 その2 ドイツ紙「フランクフルター・アルゲマイネ」

1989年にベルリンの壁が崩壊すると、日本の別の企業、任天堂が最初のコンソール、
ゲームボーイを登場させた。これを1億2000万個も売り、
伝統的には閉鎖的な国である日本がポップカルチャーで米国に次ぐ地位を得た。

これがこの20年、子供の世界を大きく変えた。
子供の文化に縁が遠くなった多くの大人の予想を大きく上回る勢いである。
日本のポップが西側の技術分野に入り込んできたが、
日本の文化は西側のように変わってはいない。
ドイツで本の売れ行きが最も伸びているマンガは、
しばしば言われるほど単純なコミックではない。
宮崎駿のアニメ映画はディズニー映画の日本版ではない。

日本はいつも模倣者に見えた。「アルプスの少女ハイジ」が75年にテレビで流されたとき、
制作した高畑勲と宮崎の天才を見抜けなかった。
その前にトヨタが入ってきたときの見方と同じだった。
日本文化の特徴は細部に及ぶ徹底性にある。
スシは本来、日本のものではなく、中国に由来する。
日本人の考え方はわれわれとは異なる。子供の世界を見ると、何か新しいものが育っている。

883 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 16:14:00 ID:3RvMagUt
>>882
>スシは本来、日本のものではなく、中国に由来する。

これは違うだろう。にぎり寿司や巻き寿司じゃない、
なれ鮨とかのたぐいを想定しているのだろうが、
それでも中国ではなく東南アジアの方じゃないのか?

884 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 16:37:15 ID:HOSSga3V
スシの原型とかのことだろうな

885 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 16:51:05 ID:3RvMagUt
寿司の歴史

>寿司の起源
>すしの起源は、紀元前4世紀頃の東南アジアにさかのぼります。
>貴重なタンパク質をおぎなうため、米の中に塩味をつけた魚を漬けて発酵させた
>魚肉保存法だとされています。内臓を処理した魚を米飯に漬け、
>米飯の自然発酵によって魚の保存性を高めた食べ物でした。このすしを「なれずし」と呼び、
>数十日から数カ月たったところで魚をとりだし、
>食べるのは魚だけ、米は捨てられていたのです。

886 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 17:03:58 ID:WUJ5qvmm
寿司の起源は中国じゃなく東南アジアだな、と言うか民族自体東南アジアからの流れだし。

887 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 17:35:03 ID:uLaiiUIL
魚の保存食としてみた場合の寿司の起源は確かに東南アジア。
しかし、米を旨く食うための調理技術としての寿司ということになると、
それはもはや日本独自と言ってもいい。

889 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 18:35:14 ID:JW9GNIHf
>>887
鮨は一週間放っておいてもいいが、寿司はすぐに食わないと
食中毒起こすからな。
シナ人は食人を、日本人は生食を風習から文化にまで高めた。

891 :日出づる処の名無し:2007/12/26(水) 19:14:12 ID:0TW+a2EH
東南アジアから来たっていう明確な根拠ってあるの?
似たものが外にある→ここが原点に違いないとかじゃなくて?

895 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 03:29:06 ID:sWEjLvCH
>>891
日本人とDNAが近い人達の住む中国南部の揚子江沿岸を調べたら
イネの品種や鵜飼い漁の方法、発酵食品に使われる菌の種類とか
日本の食文化と色々似てる所が見つかったんだよ

896 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 07:42:48 ID:v9ULnn9Q
>>895
外で見つかった=そこから入ってきた
では無いだろう?

897 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 09:41:39 ID:bEmqYaES
>>896
寿司はもともと酸しであり、成立要件は米の発酵を利用した魚の保存技術だった。
これは日本でも平安時代ぐらいまでは米を捨てていたということからも、ほぼ確実。
これをホンナレとか熟れ寿司とか呼んでいた。
これらは中国や東南アジアから、米作とともに伝来したと考えられている。
東南アジアでは今でも米に漬け込む熟れ寿司が主流。フナ寿司もこの熟れ寿司に近い。

で、このホンナレだが、本来は保存食なので熟成に一年ぐらいかかる。
それに我慢できなくなってきて、熟成期間を短くしたり米も一緒に食うようになってくる。
これがナマナレ。室町時代ぐらいに成立。
この辺から日本独自の米と魚のコンビネーションという調理法に発展し始める。
さらには熟成をすっ飛ばして、酢で消毒と風味付けを兼ねるようになってくる。
ここまでくると、押し寿司までもう一歩。

という感じかな。

898 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 10:15:19 ID:01meNRps
発酵・保存食品のナレズシと新鮮さが命の江戸前寿司を、
いくら源流がいっしょだからって同列に扱うのは無理すぎるだろ
アイスクリームとチーズ以上の開きがあるぞ
乳製品はメソポタミアで生まれたから31アイスクリームのルーツは
みたいなもん

899 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 11:36:53 ID:8i8GkYDd
>>乳製品はメソポタミアで生まれたから31アイスクリームのルーツ

もっと開きがあるんじゃね?
江戸前寿司の成立は食い物文化の側面はもちろん、あの当時に生の魚を
人の口に入るまでに腐らせずに運ぶことができるほど発達することができた
流通面のほうが大きいと思う。
すしという名前は使ってるけど全然別の食い物だと思うのだが。

江戸前寿司を日本で食いだすまでに、中国で生の魚を食えるような流通経済や
最低限の衛生状態が整っていたのかというととてもじゃないがそんなことは超無理。
客に古いものを食わせてないという証明に暖かい御茶や出来立ての暖かい食い物を
出す文化が今でもあるくらいだからな。生食文化が育つはずが無い。
生の魚を食う奴らなんてそれこそ「化外の地」の住人そのものだったろう。
なのに江戸前寿司のルーツは中国とかよく言うよなーとしか思えない。

日本のコンビニが入るまで日本人は冷たい米(おにぎり)食ったり冷やした茶を飲むと
散々バカにしていたくらいだ。なれ鮨は東南アジア一帯に広がる食文化だから、
その中に中国や日本や半島も含めれてるのは当たり前。
しかし寿司のルーツは、中国だと声高に叫んでいるのは、今の日本人気をねたんだ
意図的ななれ鮨と江戸前寿司の混同を企んでいるとしか思えない。

900 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 11:38:12 ID:rXZLjieq
朝鮮の唾液入り本格キムチ(発酵)も
調味液につけた日本の浅漬けキムチ(無発酵)も
おなじキムチ

901 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 11:49:04 ID:pShfxz27
>>899
中国もそんなこと言い出したの?
朝鮮化が著しいな
っていうより
さすが朝鮮の親分ってところなのかなw

903 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 12:54:43 ID:tGHBNAWm
大元を辿ればそれなんだから、ルーツってのは間違いじゃないだろ。
「人類のルーツはアフリカ人」って言うぐらい幅広い範囲の言葉だし、
外国から貰った文化を自国起源にしちゃう朝鮮と一緒にするなよ。

904 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 13:12:47 ID:OWlOQCCs
>>899
おいおい、マジかよ。中国旅行に行ったとき冷めたって言うか
とてもできたてとは思えないほどのぬるさの飯食わされたぞ。
それも向こうでそれなりのレストランで。

905 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 13:18:21 ID:KLJvtV2N
>>899
日本側の料理研究家とかがそう言っちゃっているから何ともね…。
何でもかんでもルーツを付ければいいわけじゃないだろって思うよ。

米漬け魚と寿司はまったく違う物だし…。
それにそもそも寿司って最初は今で言うちらし寿司のようなまぜ寿司だったそうで、
それこそ全然違う物なわけだし。

906 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 15:27:34 ID:bEmqYaES
あくまでも寿司という食の発展段階をさかのぼると、東南アジアにみられるなれ鮨に行き着く。
それだけの話でしかないんだが。
江戸前寿司は日本の風土と文化無くして生まれ得なかった食文化ということに
なんら変わりはない。起源を過小過大に考える必要はないよ。

907 :日出づる処の名無し:2007/12/27(木) 15:44:38 ID:sWEjLvCH
もやしもんがネタにしたら外人への説明もラクなのに

最近の欧米の日本酒ブームに目をつけた某国が
サケのルーツはウリが教えたとか言い出したが
その根拠としている某国伝統ドブロクをかもしてるのは
北方原産の麦麹という罠

925 :日出づる処の名無し:2007/12/28(金) 04:31:29 ID:L1080jlz
>>882
「スシは本来、日本のものではなく、中国に由来する」

まあ前後の文脈を見れば、元々オリジナルでないものを極度に進化させ
細部を極める日本のすごさ、を言いたくてたまたまスシの例を
思いついただけだろうから、見逃してやってもいいけど。

926 :日出づる処の名無し:2007/12/28(金) 04:39:55 ID:5DLDvM3l
せめて、東南アジアと言えと。w

***********

942 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 12:57:47 ID:ByktQeEj
中日新聞 12月24日付夕刊 3面

「和食が目当て 外国人旅行者を調査」

日本料理を食べることが一番の楽しみ-。
独立行政法人の国際観光振興機構がまとめた訪日客へのアンケートで、
和食に対する外国人の関心の高さをうかがわせる結果が出た。
七-九月に同機構の外国人向け双方観光案内所(東京)を利用したヨーロッパ
などからの旅行者七百人が回答した。
「最も関心のある体験」(複数回答)はトップが「日本料理を食べる」(71.2%)
で二位以下の「伝統的建築様式」(49.2%)、「温泉」(35.5%)を大きく引き離した。
自由記載欄の「日本滞在中に最も良かったこと」で「食事」を挙げる人も目立った。
人気メニューは刺し身、すし、そば、うどん、ラーメン、お好み焼きなど。
また「購入したい品目」では洋服、浴衣・着物、デジタルカメラに続き、
日本茶、日本酒、和菓子を含む菓子が四-六位にランクインした。

943 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 13:07:01 ID:WZ05LXeA
東京自体に興味がある人が多くないのは意外だ。
都心の風景や、秋葉原の文化がメインだと思ってたんだが…

944 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 14:26:01 ID:T7aKRDBH
日本人の俺が海外旅行行くとして、首都そのものは興味の対象にはならんな

945 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 15:59:22 ID:c7WdrUVE
首都といっても、東京やベルリンは敗戦国で且つ焼け野原になったからなぁ。
その意味において、町が新しいから少々魅力に欠ける、というのもあるかも。
てか、町の景観的に魅力がなくとも文化的な発信力はそれ以外にもある訳で、
アキバとか原宿ファッションとかの新しいソフト的な魅力は結構あるように思うが。

946 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 18:29:12 ID:8+k/OLvT
というか、そもそも東京対象という点であれじゃないかと。
奈良京都なんかの観光地も含めた全国アンケートにしたら、自ずと結果は変わってたと思うよ。

947 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 18:33:22 ID:WZ05LXeA
いや、東京の景観がクールで人気だと結構聞いたことがあるんだが…

948 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 19:56:37 ID:bhefpDlK
東京のどの辺りだろう

949 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 19:59:21 ID:e165ZARo
おそらく実情としては、もともと東京や京都見物を目的にする観光客は一定数いて、
そこに近年、食を楽しみにする人が加わり上回ったということでないかな。
景観を見たい人が減ったということではないと思う。

950 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 20:01:51 ID:e165ZARo
外国人の和食への興味は、案外アニメが発端が多いような気がする。

951 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 20:22:01 ID:MLv3GCOC
日本人のソウルフードになっているような気がする
カレーライスはアニメで出ると
海外の人間にはなんだか茶色や黄色いどろどろしたモノを
ライスにかけている、
気持ち悪い食い物とか言われてるんだっけ?

実物の評価はどうなんだろう?
日本で食ったインド人が
「おいしいね、これなんて料理?」
って聞いてきたことがあるのは知ってるけど。

952 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 20:31:54 ID:bhefpDlK
英海軍式カレーって他所には普及してないのか

953 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 20:40:37 ID:8+k/OLvT
>>951
とりあえず、学生時代の経験から言うと米、英、ギリシャ、スペイン、イタリアには好評だった。
ボンカレーよかカレーマルシェが人気あったな。
ギリシャ、スイス、ドイツの人には不評だった。

まあ、各国一人か二人しかサンプルがいないんで、個人的な感想なんだろうけど。

954 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 20:45:05 ID:vD0cQ4c2
ちょっと調べてみたが(情報の正確さに自信はない)、
外国だと『カレー』は煮込み料理の一種であって、
日本のようなソース的な扱いをされる事はないようだ。

955 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 21:17:20 ID:WZ05LXeA
日本独自であっても、和食らしくはないよね
四本足の肉入ってるし、和食なんかは最初から汁物をご飯にかけて出す店なんて無いし。

956 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 21:31:07 ID:2aN33DZd
鳥も4本足だ

957 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 21:45:06 ID:z3uC/Q5H
>>956
えっ…?

958 :日出づる処の名無し:2007/12/29(土) 21:59:37 ID:nHrRTwaK
鳥の祖先が恐竜だったと言う事だろうか?

960 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 11:01:07 ID:zixJ+zqf
>>955
つ【お茶漬け】

968 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 16:39:58 ID:zNETB5Yq
四本足の肉入ってるのダメならスッポンは?
京都大市のスッポン鍋食いたいなあ。
だれか食った奴いる?(・_・)ノ

970 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 17:08:13 ID:MdhzerY0
日本では明治前まで肉食をしていなかったと思ってる人も多いけど
最近の動物考古学などの発掘調査で
戦国時代後期から江戸時代前期に使用されていた庶民のゴミ捨て場跡から
食用に加工された痕跡がある犬や牛や馬や豚やウサギなんかの骨が多く出てるし
倭人伝には日本には豚はいないと書かれてるけど
当時の遺跡から出た骨からはイノシシではない豚のDNAが見つかってる。

江戸時代の書物には肉食を薬喰いなんて表現で書かれてるから
昔は一般的なものではなかったって考え方が主流だったけど
薩摩藩江戸屋敷跡からはある程度の規模で養豚が行われていたことを示す豚の骨も出てるし
江戸時代の肉屋兼肉料理屋のももんじい屋の絵には
豚やイノシシや鹿やウサギなんかの肉が店頭にぶら下げられた姿が描かれている。

971 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 17:54:34 ID:mJ+tJkbv
穢多向けの常食とかじゃなく?

973 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 18:01:04 ID:+toU8F4g
>>971
大名なんかも普通に肉を食っていたらしい。
特に宣教活動が活発だった九州あたりでは肉食は珍しくなかったよう。

974 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 18:01:53 ID:UIZZNtZp
徳川慶喜なんかは豚肉好きで知られていて
「豚一様(豚肉好きの一橋様)」とか呼ばれてたそうだな

975 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 18:03:55 ID:Yj81HwDr
まあ、そういう事実があったとしても一般的ではないだろうなぁ

976 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 18:09:34 ID:AEInbS1d
一般的なら部落差別なんておこらないしな。

977 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 18:18:02 ID:ehKeKLDI
どんな味付けだったのかも気になる。
普通に醤油と野菜かな?

978 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 18:29:29 ID:VUMt9NAG
>>975
のびしょうじ氏の「食肉の部落史」には、
一般的に隠れて食ってたみたいなことが書いてあった。
でも、この本は左向いて思いっきり突っ走っているので、非常に読みづらい。

982 :日出づる処の名無し:2007/12/30(日) 20:17:50 ID:A+CrAZkd
>>958
鳥 ← 見つめていると4本足に見えてくる

988 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 05:31:35 ID:id2DPhzH
>>975
岡山城の二の丸からも多数の食用にされた動物の骨が出土してるよ。
江戸時代になると江戸の街でも肉屋や肉料理屋が増えて
様々な文献にも出てくるようになる。

↓作者不明の絵だけど中にももんじ屋の絵もあるよ。
この絵の感じじゃ隠れて食ってるようなもんじゃないみたい。
http://elib.doshisha.ac.jp/denshika/export/262/imgidx262.html

989 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 06:01:13 ID:5dOPnuXg
まぁ別に禁止されてたわけじゃないしな

990 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 06:30:35 ID:wvV+y3aT
でも、肉は贅沢品でそうしょっちゅう庶民が喰えたわけじゃないんだろうけど…

991 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 07:35:56 ID:xjLEzwYT
俺も寿司なんかしょっちゅう喰えやしねーけどな

992 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 07:46:47 ID:KhAljVAY
>>991

994 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 09:08:23 ID:509/D213
>>988
幕末に日本を訪れた植物学者が採集旅行中の記録に
関東の『ほとんどの農家で豚を飼っている』と記してます。
豚は農耕用ではありませんので、かなりな肉供給量があったようです。

995 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 11:01:44 ID:kp4Md6sE
徳川将軍家お正月の雑煮はウサギの肉入り
鷹狩りでとった獲物も下賜したりしてみんな鳥だの小動物だの食べてる

996 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 11:30:47 ID:id2DPhzH
仏教の影響で肉食が~ってのも都市伝説みたいなもんだしね。
信徒が多い浄土真宗なんかは最初から獣を狩る猟や
魚貝を獲るすなどりを推奨してるほどだ。

997 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 11:32:23 ID:xjLEzwYT
日本人が肉食してなかったつーデマはいつ広まったんだろな

999 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 11:41:32 ID:xjLEzwYT
この件に関しては根拠が無いのに何故か
肉食なんか無かったんじゃーい!と熱くなる奴いるよね

1000 :日出づる処の名無し:2007/12/31(月) 11:45:12 ID:xjLEzwYT
今年最初で最後の1000げっと

***********

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<パンの話(part82スレ) | メイン | 寺社建築と山林(part81スレ)>>
コメント
-  -
職場のドイツ人は日本に来てから兎に角カレーばっか食ってるらしい。たまにハヤシとかハッシュドビーフとか挟むww

あとふと思ったけど肉食と体臭って関係あるのかねー?
2012/10/16 21:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/473-7cf4c39c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。