2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アメリカに感謝できますか?【後編】(part80スレ)
- 2012/09/10(Mon) -
140 :日出づる処の名無し:2007/11/03(土) 23:51:20 ID:QcX10V1z
日本の原爆開発は、あのお方が待ったをかけているよ。

日本の原爆開発が本格化した頃、当時の首相東条英機がその旨を昭和天皇に上奏した。
彼は、「起死回生の決定打として、天皇に喜んでいただける」・・・と思っていたようだ。
しかし、昭和天皇は『意外に強い口調』で反対されたという。

「数カ国が新兵器開発を競っているとのことだが、日本が最初に完成し使用すれば、
 他国も全力を傾注して完成させ使用するだろうから、全人類を滅亡させることになる。
 それでは、人類滅亡の悪の宗家に日本がなるではないか。
 またハワイに投下する計画とのことだが、ハワイには日本の同胞が多数移住し、
 現地アメリカ人民と共に苦労し、今日を築きあげたところだ。
 そのような場所に新兵器を使用することには賛成できない。」

叱責を受けた東条は、杉山にこう言った。
「天皇陛下のご意志に反することはできない」

142 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 00:05:38 ID:/bvKm6E8
>>140
その話、ソースも含めて英訳してメリケンや欧州の
平和団体や反核団体にメールすることをお奨めしたい。
まぁ、アメリカが正義の名の下に人倫から反することを
やりまくっているのは当のアメリカ人以外には周知の事実なんだがな

143 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 00:08:29 ID:V61NFjdl
>>140
よく分からないが、ガンダムWでいうと

やんごとなきお方=リリーナ様

戦争大好き軍部&右翼=ドロシーちゃん

という認識でおk?

144 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 00:14:39 ID:Ly/Q6j2M
>>140
感動した。ていうかマジ漫画に出てくる神聖帝国だな。

145 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 00:24:15 ID:q/k906sU
伊達に皇統が続いて来た訳ではないということだな。
最も、昭和帝の治績の研究は海外も含めて進んでおり
歴史的な名君であったとの評価が固まりつつあるのだが。

158 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 05:05:12 ID:UTKxRa6F
>>140 の続き

しかし、杉山元帥はこう主張した。
「敗戦となれば日本が滅びてしまい、全てを無くしてしまう」
その論理はこうである。
「参謀総長の立場にある者として、日本を敗戦に導くことはできない。
 戦争とは結果において勝利を得ることが肝要であり、今の日本は手段を云々できるときではない。
 勝てば天皇にお喜び頂けるに違いない。
 そして天皇が希求される世界平和を実現できるではないか」

しかし、東条とは平行線だった。
杉山は、参謀総長を東條に譲って退いた。

ところが、彼がカムバックする機会が訪れる。
同年7月、東条内閣総辞職後、『小磯国昭』内閣が誕生する。
杉山元帥は再び入閣し、陸軍大臣となった。

彼は秘密裏に、再度原爆開発を急がせた。
ところが新兵器を積むロケットの燃料製造過程で誤爆事故が突発。
天皇陛下の耳に入った。杉山元帥は、こう述懐する。
「天皇陛下から呼ばれた私は、『まだやっていたのか!』と強く叱責され、
 まことに面目なく、これ以上開発を進めることはできなくなった。
 私は、日本が勝っても負けてもこの責任は取る覚悟だ。
 例え勝てたとしても天皇陛下の大御心を煩わせた罪は万死に価いする。
 さらに多くの部下を死に至らしめた責任から逃れることはできない。
 ここで話したことは誰にも話さないでくれ給え。
 この事を知っている者は、天皇陛下と東条と自分だ。」

杉山元帥は、敗戦直後自決した。

159 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 06:14:18 ID:V1LBO4f5
つまり、天皇つかえねーでFA?

160 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 06:31:53 ID:Bg+qWOuT
原爆を使用したアメリカがキチガイだって話だろ。

161 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 06:43:02 ID:UTKxRa6F
>>158 の続き
ここからは筆者の考えで、超自然を理解できない人は読み飛ばしてくだされ。

天皇は『未来』を見据えていた。
大祭司天皇は、日本の神『ヤオヨロズ』の霊を受けて話す。
日本の運命は、悪魔に誘われ大陸に進出した時、すでに決していた。
それを予感していた昭和天皇は、御前会議でもこう言って抵抗していたのだ。
「大陸には出るな」

しかし、軍部の勇み足がそれを無視して暴走した。
外国には、天皇をヒトラーと同一視するような勘違いがあった。
しかし、天皇が政治に介入できたのはわずか三回だけである。
(1)2.26事件
(2)「張作霖爆殺事件」
(3)終戦の決断

それ以外はほとんど、陸軍を中心とする勢力によって押し切られていたのが実態である。
軍部が力を握った日本の政治システムで、天皇個人の意向は生かされなかった。
これこそが「日本暴走の図式」である。(天皇の口を封じれば、危機が訪れる)

結局、天皇の原爆製造に抵抗する言葉は、遠い未来・・・
日本が苦難を乗り切った後の世に向けた言葉だった。
そしてその姿勢は、ずっと一貫して変わらない。
昭和天皇の「核拡散防止条約」への強い関心は、この精神が産み出したものだ。
それは、日本が「核を使う国」として汚名をはせ、
日本の神ヤオヨロズの嫌悪を引き起こさないための措置だった。

「核を使う者、核に滅ぶ」
やがて、その因果が世界に知られる日が来るだろう。
その時、日本になぜ「核開発阻止」の力が働いたかが理解される。
それは、民族を護る神ヤオヨロズの先見の明であり、救いだったに違いない。

講談社「昭和天皇の極秘指令」より

162 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 07:04:12 ID:DhWt7Qbd
陸軍悪玉史観はどうもなあ。。
日本が負けたのはどうみてもアメリカ、アメリカとの戦争のとっかかりはどうみても真珠湾、
真珠湾はどうみても海軍の作戦。となれば海軍悪玉(あるいは無能)史観でスッキリなのに。

陸軍が正義だとか有能だとか主張したい訳ではないが、どうもインチキ臭い気がして乗りにくいなあ。

175 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 14:21:32 ID:Ly/Q6j2M
>>140,158
ちなみに、それは何時の時点のことなんだろう(後日談じゃなくて最初の奏上)。
それによって昭和天皇の判断が聖断か愚断か決まる。

明らかに日本が先に完成して、米国に何か月も先んじて使えるなら
無人島に使ってみせるとかやり様はあったと思う。

但し、常識的に考えるなら、先方も開発してる以上、大幅リードは有り得ず、
大量生産出来るものではないから、少々完成が先んじても意味がないし、
生産競争になったら明らかに負ける。また、大量生産が出来ない以上、
その虎の子をハワイや無人島に使って見せても次が撃てないから負ける。

次弾があって米国本土に使うと脅しを掛けても、通常爆弾による
米国本土爆撃さえ出来ない以上、これまた意味がない。

要するに、最初の奏上が開戦前とか直後でない限りは無意味である。
杉山元帥は戦術というか戦闘しか見えてない馬鹿で、
昭和天皇は聖断をしたことになる。

176 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 14:30:39 ID:Ly/Q6j2M
>>175
その気になってた東條も馬鹿だね。
あと「殺人光線」とか絶対間に合わない計画にリソースを注ぎ込んで、
状況が好転する訳ないよな。その癖、弾丸の規格統一とか当然やるべき
地味な改善は何にもしてない。大東亜戦争は否定しないが、
当時の軍部の馬鹿っぷりは批判すべき点が一杯ある。

179 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 16:59:15 ID:UTKxRa6F
>>175
戦時中の日本には、現在も知られていない秘密があった。
「二号研究」である。
それは、日本独自の原爆開発計画だった。
日本にはその技術もあり、また可能性もあったのだ。

米国の原爆研究・開発は、昭和14年(1939年)開始されている。
その年の10月に「ウラン諮問委員会」が発足した。
アインシュタインはじめ、多くの科学者がルーズベルトに進言した。
「ドイツでは相当開発が進んでいます!」
警告の手紙がきっかけとなり、研究が始まったのだ。

一方日本では、その一年後に動きがあった。
昭和15年(1940年)4月、「二号研究」開始。
陸軍航空本部付きの『鈴木辰郎中佐』は、陸軍航空技術研究所に着任するや、
所長の『安田武雄中将』からこう指示された。
「原子爆弾の可能性について調査してみろ」
彼は調査後、軍に報告書を提出した。
「原子爆弾は、出現する可能性がある。原爆の材料になるウラニウム鉱石は、
 わが国にも埋蔵されている可能性がある」

当時は、まだまだ軍事利用など考えられない段階だった。学術論文も国際的に
やっと公開された段階だったのである。

180 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 17:00:19 ID:UTKxRa6F
昭和16年(1941年)4月、所長の安田中将は、理化学研究所の大河内正敏所長に
正式に要請を出した。「原爆製造に関する研究を願う・・・」
大河内は、仁科研究室の仁科芳雄博士に一任した。

昭和18年(1943年)、仁科博士は報告書を作成。
「原爆は可能である」
航空総監兼航空本部長に就任していた安田中将は、その報告を受けて動いた。
航空本部総務課長川島虎之助大佐に、こう命じた。
「この研究を『強力に』推進せよ」

昭和18年(1943年)、陸軍省の大臣室に呼ばれた川島は、
東条英機からこんな指示を受けた。
「アメリカとドイツで原爆製造計画が進んでいる。もし我々が遅れたら戦争に負ける。
 一つお前が中心になって製造を進めろ」
このようにして陸軍の原爆製造計画は、「最高機密」として開始された。

181 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 17:02:57 ID:PV245Yxf
理研のネタって、栄光無き天才達で取り上げられてなかったっけ?

189 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 19:28:26 ID:ch1b4tZv
UTKxRa6F氏
ソース教えてくれんかのう

192 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 20:20:48 ID:UTKxRa6F
>>189
昭和天皇の「極秘指令」

193 :日出づる処の名無し:2007/11/04(日) 21:14:26 ID:ch1b4tZv
>>192
どもです

194 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 01:12:14 ID:8/YPBbBR
>>141
話をずらしているわけではないじゃん。 
ドイツなどもアメリカからの”援助”によって復興した。 
だから日本だけがまるでアメリカ様のお陰で成長できた訳ではない、という例示に使っているだけだろ?
 どうしてそう話を取るのかな。 論旨をまるで理解出来ていないようだが。

195 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 01:44:38 ID:vTUwzpni
援助というのは名目であって、それをたんに感謝と受け取るか、利用してやろうと考えるのか。
いずれにせよ戦勝国の都合の良い行動からきてるからね。

問題は、国としてこれらを使ってさらなる発展が出来るのかということだよね。
日本のそれの場合、敗戦を期に発展を遂げたのではなく、
古くから繁栄のための土壌を築きあげていたことは否定できない。
それは、教育、商習慣、道徳観、美徳など
さまざまな要素でこれをを築きあげるための素養が備わっていたんだと思うね。

世界をみると援助だけで、いつまでも発展できない国の多いことか!
それを考えると、「先人達の残したもの」に感謝を禁じえない。

196 :凛甲:2007/11/05(月) 09:44:43 ID:jtdicgqq
一応は感謝するにせよ、
「純粋な善意からではない」「後から金を吹っかけた」などの
事実は知っておくべきだろうね。
それから、これらの援助がなかったにせよ、日本は遅かれ早かれ復興したよ。
アメリカは「日本が復興したのは俺様のお陰だ」と思っているみたいだが。
ちなみに中国・韓国も「日本が発展しているのは俺らのお陰だ。感謝しろ」と思っている。

198 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 12:57:20 ID:WulWWv77
そもそもアメリカが日本を戦争に仕向けなければ復興もなにもしなくてよかったわけだろ。

199 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 13:16:53 ID:nktl0W1F
別に感謝なんかしないけどな。なんで家畜の餌を
高値で売りつけられるのが「立派な援助」なのやら、
あほらしw
しかも米国が戦争とは無関係の第三者ならともかく、
戦争当事者で日本を灰燼にした張本人で
日本が海外から輸入するのをABCD包囲網で邪魔した連中じゃん。

この件に関して思うのは「戦争には負けちゃ駄目だな」
とか「家畜の餌なんかを食わされるような惨めな状態には
もうならないようにしよう」とかそういう感情しかわかないな。

200 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 13:20:01 ID:ibT/zZOC
>196
>これらの援助がなかったにせよ、日本は遅かれ早かれ復興したよ。

6,500万人を喰わせるだけの資源がない国が
戦後、アメリカと提携しないでどうやって復興できるというんだ?
それが出来るくらいなら、最初からアメリカの反目にまわってまで
南方やユーラシア大陸に進出する必要はないだろ。

戦後、6,500万人を喰わせるだけの穀物がない日本に
ODA方式で不要品とは云え食い物をばらまいたのも、
日本の製品(生糸)をわざわざ買ってくれたのもアメリカ。

中国・ロシアの隣だったおかげでフィリピンにならずに済んだだけ。
重化学工業、農業壊滅してるのにアホかと。

201 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 13:38:19 ID:xJ3WHCAx
>>196 >>199
はい、アウト。
日本政府はアメリカ政府に戦後復興の援助に対して感謝を表明しています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/hanashi/story/1_2.html

しかも公式に日本政府は戦後復興は、アメリカの援助無しには成し得なかったと言っています。
これが「日本の歴史」です。ガキはちゃんと学校で勉強しろよ。
現実の歴史を見ると言うことと、妄想を歴史に書き加えることは全然違うことぐらい分かりなさい。

>第二次世界大戦直後の日本は、まさに灰燼の中にあった。
>その混乱と疲弊から立ち直り、経済大国への道を歩む上で、
>アメリカからの資金援助である「ガリオア・エロア資金」(注)の果たした役割は
>計り知れないものがあった。
>1946年から51年にかけて、約6年間にわたり日本が受けたガリオア・エロア援助の総額は、
>約18億ドルであり、そのうちの13億ドルは無償援助(贈与)であった。
>現在の価値に換算すれば、約12兆円(無償は9.5兆円)となる膨大な援助であった。
>この援助がなければ日本の復興は考えられなかったのである。

202 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 13:56:29 ID:nktl0W1F
>>201
何がアウトだよ。馬鹿じゃねーのコイツ?w
日本政府が何を公式に表明しようと、自分がどう思うか
どう評価するかは変わらないから。残念でしたw

203 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 14:09:18 ID:EuAq4s7A
>>201
>>135
>>136
無償じゃない
感謝した後に金を請求された

204 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 14:21:30 ID:nktl0W1F
>>203
ああ、あれか。無償だっていうんで日本の国会で感謝決議までしたのに、
後で有償だって米国に金請求された奴ね。

>>201はその感謝決議のことだけに触れて、後から
有償にされたことには言及してないのか。すごい捏造だなw
だいたい「分かりなさい」って・・・wどっかの連中の口調そのまんまだなw

205 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 14:30:01 ID:PFpG+eUT
>>202
ヒント:全体主義

206 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 15:16:02 ID:xJ3WHCAx
>>202
それは残念だな。永遠に歴史の道から踏み外してると良い。
虚構と虚像に踊らされ、円天の会員のような中身の無い人生、
北朝鮮のような洗脳と嘘の歴史を一人ひっそり楽しんでれば。

>>203 >>204
「援助」ってのは無償の物しか許されないのか。
そんなルールがあったとは知らなかった。
まるでどこかの賠償請求を永遠と繰り返す乞食の国の人の言葉のようだ。

無償であろうと有償であろうと援助があったのは事実。
そしてその援助で日本はやっと復興できたのも事実。
そして援助の多くは無償援助であると言う事実。
しかもその有償援助を日本は返済できたのも事実。
その事実はアメリカの莫大な援助と言う寛大さ、
有償援助を返済できた日本の努力と言う偉大さで成り立っている。
これを理解できないとは。ゆとり世代は恐ろしいな。

なぜ第二次世界大戦でドイツがあれほどインフレーションが起こったのか、
なぜヒトラーが台頭したのか、その原因や第一次世界大戦の歴史も知らないんだろうな。
そしてなぜアメリカが軍事予算を大幅に割いてまで日本を援助したのかも。
文字を読むことが出来る知性以前の問題を抱えているとしか思えない。

207 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 15:31:46 ID:nktl0W1F
>>206
>そして援助の多くは無償援助であると言う事実。

この嘘つきキチガイはまだ嘘言ってるのかw
だから20億ドル請求されてるんだから、ほとんど有償援助だって言ってるだろうが池沼!
>>135>>136>>201を比較して読め。ああ、字も読めないのかw

227 :凛甲:2007/11/05(月) 23:21:44 ID:jtdicgqq
空襲されて、原爆落とされて、一般市民の大量虐殺されて、
進駐軍に多くの女性が暴行にあって、

で「家畜の餌を援助してやったっから日本は復興したんだ、感謝しろ」っておかしくないかな。

しかも、無償といいつつ有償だったんだから、完全に詐欺行為。
復興にそれなりに役に立ったのは事実だろうけど、

「一応の感謝」以上のものを求めるなんて、どうかしている。

228 :日出づる処の名無し:2007/11/05(月) 23:24:47 ID:bLAm/ssO
鬼畜米英だからな

229 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 00:41:46 ID:twu0zjcY
民よ    汝の敵を 愛しなさい

230 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 01:04:50 ID:YvE9f/kf
それはまず、お前の信者に、言ってやれ

231 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 01:24:03 ID:wohEj71P
アフガニスタンやイラクの多数の国民はどう思っているのかね?
アメリカの援助で復興の道を歩みはじめたと感謝の気持ちでいっぱいなんだろうか?
まー一部にそんな人もいるかもしれないが、

大東亜戦争での民間犠牲者はその比じゃなかったよね。
当時の非白人国で占領されるということは、
悲惨な道を歩むことしか世界の誰にも想像できなかった時代だからね。
そんなところに、奴隷にするわけでもなく、物資を送り込んでくれた米国に感謝した人もいたんだろうね。

実際には、極東地域での活動拠点として日本を使いたかっただけなんだけどね。
おかげで、朝鮮戦争、ベトナム戦争とこの国を潤わせてくれ、
また、いまでも米国にとって都合の良い国である日本。
ソ連よりもマシだったので、その意味ではちっとは感謝しているが、偽善の米国にはその程度のもの。

232 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 02:06:50 ID:cJXXi5VV
都合の良い国だろうけど、あてにしすぎてるから簡単に切り離せなくなってるよ。

233 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 02:19:31 ID:eePieZdi
まあ単純に米が主、日が従とは言えない関係になってきてるな。
それぞれの国が国益に基づいた判断をするのは当然なのだが、
そもそもの国益に共通部分が多い。

下手な反米思想で謝罪と賠償を求めるような中韓スタイルは、
日本にとって損にしかならないよ。

234 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 03:44:37 ID:8EjtIEC6
>>233
同感。
まあ、当時の日本には他に選択の余地は無かったのは確かだし、援助には感謝するが
それが「家畜のエサ」であった事、無償と言いながら有償になった事には言いたい事もある。
そしてアメリカが援助したのは日本を共産主義に対する防波堤にする為、
つまりアメリカの国益の為。
要するにアメリカの援助はアメリカの国益の為に行われたこと。
「援助されたのは家畜のエサだったから感謝する必要など無い」
とまでは言わないが
「アメリカの無償の善意」を盲信する必要も無い。
「アメリカに反発する」か「アメリカに感謝する」かの二者択一のどちらかではなく
むしろ
「家畜のエサを口にしながら日本を復興させた先人」
に敬意を払うべきでは?

235 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 04:42:59 ID:BxMYGxwU
>>233
感情や倫理の問題ではなく、講和条約に清算条項があるので解決済みといえば日本人は納得するよ

236 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 05:21:18 ID:J53hAwOF
>>234
>「アメリカに反発する」か「アメリカに感謝する」かの二者択一のどちらかではなく
>むしろ
>「家畜のエサを口にしながら日本を復興させた先人」

それ対比になってないどころか、論点の対象がまっ逆さまな上に
前提と結論が途中からひん曲がって論理が飛躍し過ぎている。
論理的な文章構成の根本的問題抱えてる。
言いたい事は分かるとしても、「~と言うわけで、この結論で納得しろ」は暴論だ。
もっと「前」と「後」の前提とそれぞれの結論を論理的に結びつけて欲しい。

237 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 08:10:01 ID:YvE9f/kf
いや、それはおかしい

238 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 08:10:44 ID:6hEuQ+0A
国家に友人などいないのだから
感謝も恨みも必要ない。
協力できるとことはいっしょにやる。淡々と。
中韓と比べれば、アメリカはずっとまし。

すべては国益のために。

239 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 08:29:55 ID:0h8rxoq1
>>233
>下手な反米思想で謝罪と賠償を求めるような中韓スタイルは、日本にとって損にしかならないよ。

「お前ら感謝しろ!」と言われたから「心の底から感謝できる内容じゃねーだろ」って言ってるだけで、
謝罪や賠償を求めてる流れには見えないんだけど…。
韓国面に堕ちかけてませんか?

240 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 12:07:05 ID:e95b53R+
第二次世界大戦直後から数年、食料の余分があったのはアメリカだけ。
ヨーロッパだってアメリカからたくさん援助が入ってる。
東南アジア、中国大陸ほぼ余力なし。
援助ができたのはアメリカだけだし、日本はそれで助かった。
エセ人道主義者のアメリカだけど、そのエセで日本は救われたわけよ。

日本人は他国からの援助を最大限に生かして自国の成長を促したわけで
日本人は十分賢くやったと思う。
卑下することはない。
事実は事実だけどね。

241 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 13:40:48 ID:TJo12/jM
>>235
そうは言ってもいまだに日本軍に捕虜虐待されたから
謝罪と賠償しろ!とか欧米でもやってるでしょ。
ちょっと前に従軍慰安婦決議だって米国で決議出してるし
別に中韓だけがやってる訳じゃない。
講和条約で清算済みなんじゃないんですか?
なんで日本だけが黙っていなきゃいけないのかと思うわ。
ドイツだって東ヨーロッパで戦後ドイツ人が
殺されたり財産奪われて追い出されたりしたときのことを蒸し返して補償の運動が起こってるし。

結局、黙ってると日本が一方的に加害者の立場だと世界に認識されるのが困る。
講和で補償金はもらえないのはわかってるけど、
これだけの被害があった、と訴えるのは必要だと思うけど。黙ってるのは美徳じゃないよ、
悪者にされるだけ。世界は悪意に満ちているんだから。

242 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 13:45:09 ID:cYsuefja
濡れ衣着せられたままでは英霊たちに申し訳が立たぬ。

243 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 14:12:25 ID:Ciu8+O3D
アメリカが戦後日本に送ったのが「家畜のエサ」ってのは、食いつく所じゃないな。
アメリカの国益の為なのに金まで請求した。しかも無償のはずなのに後で有償にした。
ってのが、白人様のありがたいゴッドなんだよ。

244 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 14:29:04 ID:Wd7uc/qj
>243
国益と結果論で考えれば、小麦と脱脂粉乳のおかげで飢え死にしないで済んだし、
共産化の防波堤にするべく、進んで元敵国の生糸を購入してくれた訳で、
その事を感情論で語るのは馬鹿か、日本とアメリカを離間の刑にしようとするクソ馬鹿。

敗戦直後にいきなり国民に米が回せるマジックがあったら苦労しないわな。

246 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 16:58:14 ID:kCxF+PjF
>>240
それは数日前20000円盗んだ奴に、10000円もらって感謝するようなもんじゃないか?

254 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 19:45:02 ID:H3te3jgS
大事な事を忘れてない?
日本は戦争負けたんだよ
勝てば正義 力は神なんだよ

255 :日出づる処の名無し:2007/11/06(火) 20:23:30 ID:d8ImT55C
勝てば正義の意味を間違ってると思われ

************

35 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 20:27:44 ID:8XLkI1qG
国宝の釈迦如来坐像動く 京都・木津川市の蟹満寺
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071031/acd0710311205004-n1.htm
(※リンク先消滅)

寺院創建以来約1300年間、動かされていないとされる京都府木津川市の蟹満寺の国宝
「銅造釈迦如来坐像」が31日、本堂建て替えに伴う修理のため境内の修理所へ移された。

保存修理の後、平成22年3月末に完成する本堂に戻す。
秀作とされながら建立の由来がはっきりしない謎の仏像で、
移動に合わせて行われる学術調査の結果が期待されている。

36 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 21:18:52 ID:hn+fHQiC
ホンダが修理したら二足歩行できるようになったりな。

37 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 21:55:15 ID:cyLgJqRF
古いものほど自然に近い形が一番かと。
まぁ普通に新しくつくって千年後もすげーと思われるものをつくろう
ホンダ(w

38 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 22:02:45 ID:qJhpniXW
今、どこからか、ロ仏(ろぼとけ)さまという電波を受信したんだが…(w

39 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 22:20:11 ID:Q5PGYhaZ
てか、新しい技術を使った機械・建築物って装飾的に非常にシンプルなものが多くないか?
昔程度には凝っても良いと思うんだ

40 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 23:11:47 ID:utwgkj4E
>38
それが後の世の巨神兵の原型になるとは、誰も知る由が無かった

41 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 23:21:40 ID:hn+fHQiC
>>39
装飾の知識も美意識もないから作れないんだよ。今の建築家は。
とりあえず、シンプルに作れば現代的でカッコいいということになるから。
かといって今の和風建築も洋風建築も戦前の近代建築の重厚さや味わいに遠く及ばない
しょぼいのばかり。

42 :日出づる処の名無し:2007/10/31(水) 23:43:13 ID:2Cxh3ttf
>>39
機械に関しては、現在の風潮ではその存在を主張しないことが重視されている
家電であれば、畳にも板張りにも違和感無く溶け込めるものが目標
パーソナルな機器(携帯とかね)は自由なデザインが許される
産業機器は昔から凝ってない。凝るのは機能に影響しないロゴ周り位
虚飾を廃した最も機能的なデザインこそ最上と受け止められる
(その隙間を縫ったクレイのベンチは一級のデザインだと思う)

建築はシロウトなのでワカランが、インダストリアルデザインだとこんな感じです

43 :日出づる処の名無し:2007/11/01(木) 02:10:44 ID:0WfAjlcW
ヨーロッパの産業界の出資者は特権階級の王侯貴族だったので
スポンサーのお貴族さまのステイタスになるような過剰な装飾が要求された
近代工業デザインの先駆けのアールデコも実際は用の美とはほど遠く

ある男が部屋に据え置きのスリッパを履いたまま外に出ようとすると、建築デザイナーが
『おい部屋から出るな!そのスリッパはこの部屋のためだけにデザインしたんだ!!』
という笑い話がある

46 :日出づる処の名無し:2007/11/01(木) 07:44:00 ID:mTslsZ4K
アールデコのデザインは好き。
現代のデザインよりある意味未来的。

今回の記事の出典元

この記事のURL | ジャポニスム | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<バカチョンカメラ(part80スレ) | メイン | アメリカに感謝できますか?【前編】(part80スレ)>>
コメント
-  -
アメを批判するのは反米主義者!
朝鮮人みたいだからやめよう!

他には?
2012/09/14 03:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アメリカには恨みはあるが、友人づきあいするには一番頼もしい同盟国だ。

どっかの国と違って、我々は恨みで狂ったりはしない。
2012/09/13 14:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
それはそれ。これはこれ。
俺は戦後復興を助けてくれたアメリカに感謝もしてるよ。
2012/09/12 19:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>世界標準の酷い目
ってなんじゃろ?
標準とかあったん?
2012/09/12 15:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>遭いましたけど
と思うのがまだ日本人だわ
2012/09/11 06:31  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 こないだの震災からの復旧は珍しくゆっくりしてるけど、基本災害からの復旧が早いのが日本
 例え裏があろうが、変なオマケがついて来ようが助かった時には感謝はする。裏があれば裏があるなり、オマケが付くならオマケが着くなりに感謝をするだけで、すべてを同じような気持ちで感謝する訳でも無いけどね。

 というか、適度な割り切りの心が無いと速攻での復旧なんぞできねぇよ。
 韓国面に墜ちてる某政党の政府の対処が遅いの見ても判るでしょ・・・ハンだの、何だのピーピー口先で騒いでるだけで何も進まん
2012/09/11 00:10  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本が酷い目に遭ってないように見えるのは、
日本がすばやく復興したからだろ
普通の国なら日本と同じ目に遭わされたら
未だに途上国で留まっててもおかしくない(もしくはハワイ王室のように皇室をつぶされ文化言語思想が完全にアメリカと同じになってしまう)
2012/09/10 22:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
遭いましたけど
2012/09/10 19:31  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
アメ嫌いの「ヒドイメニアワサレター」

っていう日本の現状がどれほどのものなのか
世界標準の酷い目に遭ってくると良いと思うのよね
2012/09/10 17:52  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/462-a8077b07
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。