2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
姓が先か、名が先か(part10スレ)
- 2009/04/17(Fri) -
20 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/02 08:57 ID:+XG2aXMt]
能面の凄さは、木で作られた表情の変わらない面でありながら、
演者の演技によって、あるいはうつむきやあおりの角度によって、
面に現れる表情が異なって見えるということだ。

同じ面が悲しみや怒りや恐怖を表現する。

23 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/02 15:52 ID:odrpa/ql]
子供のころ、はじめて般若の面を見たとき、
鬼みたいでおっかない面だ.....ぐらいの印象だったんだが、
大人になってみると、あれはむしろ、心底悲しい顔と言うべき面なんだよなぁ....。
能面の多重性は、日本人の、相手を”察する”と言う感覚が無ければ思いつかない発想だ。

24 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/02 16:14 ID:Zf7BikeR]
>>23
↓俺は普通に怖いが…。
http://www.kanze.com/shozoku/oni.htm
「般若」は一応、嫉妬に狂った女の業を表現しているらしい。

↓能面の参考価格
(※リンク先消滅)
値段は微妙、手に入らない価格ではないな。
もちろん、製作年によって、国宝級のものとかもあるんだろうが、
木製、天然染料、などの天然素材を使っていれば通常飾る分には問題ないだろう。

25 名前:24 mailto:sage [03/05/02 16:25 ID:Zf7BikeR]
能面の来歴や設定は無視して、造形だけをざっと調べてみたんだが、マジで凄いな。w

26 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/02 17:32 ID:odrpa/ql]
>>24 真蛇怖すぎ....。これは只事ではない....。改めて見るとやっぱ怖いわ.......。
ただ、あの目つき--まゆのよりかた具合とか--が悲しいんだよなぁ.....どうしようもないほど.....。

27 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/02 17:45 ID:i8q8XKCh]
プレステのゲーム「天誅」に出てくる
鬼影の顔は能面をモチーフにしてる。

最初見たときに「うわっ!」
っと思ったのを覚えてる。

・・・名前、鬼影であってたかなぁ?

28 名前:日出づる処の名無し [03/05/02 18:22 ID:yrtW86fe]
>>24
上のURLのやつと下の市販品では、物自体のレベルが違うね~。
価格そのものも天地の差があるんだろうけどさ。

29 名前:24 mailto:sage [03/05/02 19:23 ID:RKNVJBsa]
>>28
製作者、製作年、材料、銘入りとかでも全然違うだろうね。
根本的な工程なんかも違うかも。
(例えば機械彫りと人間国宝による手彫りとか)

まさか、能の舞台で実際にプロが使う物が6万やそこらの訳がないだろうしね。w
モノホンの値段に興味が湧きますな。

31 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/02 21:40 ID:XtAbwcoq]
夜道歩いてる時、真蛇の面被ってるやつに追いかけられたら
心臓発作でくたばりそう……(泣

38 名前:  [03/05/03 00:52 ID:O0nUn6SV]
能面怖い。深夜とかに絶対見たくない。

42 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/03 14:52 ID:+9hnMBCr]
死ぬ程スレ違いなんだが、昔、友達から「志村けん」のマスクを借りたんだよ。
で、彼女と夜歩いている時、彼女が自販機でジュースを買って、振り向いた瞬間、
俺がその志村けんのマスクを付けてびっくりさそうと…。
彼女、腰を抜かしてね。
漏らしちゃってた。(リアル失禁をこの時、初めて見た。)

志村けんじゃなく、能面だったら…。(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

43 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/03 14:59 ID:m/dN85XZ]
>>42 志村のどのキャラの面かにもよるかと。

58 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/04 21:42 ID:+lXSVYwL]
夜道で鬼女の面をつけた奴に出会ったら
そりゃ命の危機だろうてw

60 名前:日出づる処の名無し [03/05/05 01:55 ID:fRT6o14M]
江戸時代には、般若の面を付けた正義の味方がいたと記憶している。
確か、名前は桃太…(ry

61 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 02:38 ID:THbPp/ma]
桃太タソ(*´Д`)ハァハァ

62 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 03:04 ID:WdEpMegx]
>>60
「ぬぅ~、許せん!」と怒り心頭になると
わざわざ盛装に着替えるあの方でつね。

63 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 09:21 ID:hd203GUf]
「おのれ何奴!」
ポンポンポンポンポン

64 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 11:48 ID:G5VMprkw]
女が嫉妬するとツノが生えるって発想はどこから来たんだろう・・・
人間性を失って鬼と化した般若面が、
西洋の「悪魔」のイメージにも似てるってのが興味深いな

66 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 12:18 ID:xhBX4g4S]
>>64
たぶん鬼のイメージが成立した方が早いんじゃないでしょうか。

女が嫉妬に狂い、鬼になる → 鬼には角が生えている → 般若面

こういう流れではないかと。お能が題材に選ぶ平安時代から
源平にかけての頃には、酒呑童子などの鬼にまつわる説話がよく生まれていますし。

鬼の概念は中国から入ってきたのかな?
中国語で「鬼」というと幽霊のことを指すらしいですけど。
鬼に角が生えているというイメージがどこから生まれたのかはわかりませんが、
洋の東西を問わず、異形のものというと、角が生える、目玉が飛び出る、
耳がとがる、口がさける、牙が生える、といったことを人間は想像するのでしょう。

68 名前:  mailto:sage [03/05/05 16:56 ID:EZT4tSRC]
鬼の形相っていうか鬼の姿形って、
こういっちゃなんだが欧米人(白人)の人種的特徴が出てるよね。
デカくて皮膚は赤味を帯びていて髪はとうもろこしのひげみたいで・・・
天狗も鼻がやたらでかいし。
あくまで日本人から見た特徴だけど。

平安時代に白人が漂流して来たり、その頃色んなトラブルでもあったんだろうか?

69 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 17:36 ID:1iLr6G/A]
まあ激昂した時の顔は
万国共通だからね

70 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 17:44 ID:I+B3Kp5f]
>>66
>中国語で「鬼」というと幽霊のことを指すらしいですけど。
「東洋鬼」というと日帝のことだそうでうすが。

84 名前: [03/05/06 02:46 ID:SErfciR8]
因みに中国語で「東洋」は東の洋上の国「日本」の事でつ。

71 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 18:14 ID:rKY65SUj]
東洋鬼ってちょっとカコイイ。

72 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 19:50 ID:bca585YC]
俺達日本鬼子、最強さ。

76 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 21:14 ID:lTjyEpzp]
>>66
鬼門が丑寅の方角にある影響で、鬼は牛の角を生やし虎のふんどしをしてるんだとか。

77 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 22:10 ID:B3ggeVVe]
赤鬼の正体は酔っ払って前後不覚に暴れるロシア人だとか
水を吸って体が膨れ上がった水死体だとか・・・
という説があるのね今のところ。

天狗なんかも昔の村八分社会から逃れた人たちの生存手段だったようだし、
いつかテレビで見た四つ目の小さな河童のミイラなんかは、
どう考えても奇形だよね。

他にこの手の、おばばが低音を効かせて語ってくれるような伝説っぽい話は無い?

78 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 22:16 ID:1iLr6G/A]
>天狗なんかも昔の村八分社会から逃れた人たちの生存手段だったようだし、
>いつかテレビで見た四つ目の小さな河童のミイラなんかは、
>どう考えても奇形だよね。
ロシア人うんぬんより説得力があるなぁ

79 名前:日出づる処の名無し [03/05/05 23:51 ID:GiBXKD6/]
>>77
天狗や鬼はともかく、カッパのミイラは作り物に決まってるだろ。w

80 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/05 23:54 ID:1iLr6G/A]
ミイラって読み落してたよー(w

82 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 02:28 ID:p/kXpHnn]
>>80
河童のほうだろ、見落とすのは(w
ボケすぎ(w

83 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 02:36 ID:PgqwAy3z]
鬼女で有名どころというと
紅葉に茨木童子に鈴鹿御前あたりか

88 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 03:27 ID:HVjSKPgc]
>>77
んじゃ青鬼は、白人の顔は青い顔に見えるから青鬼だったかもしれんな。

96 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 06:30 ID:cWySNa55]
そういえば昔頭が三つある女性
(仏像みたいに3方向に3つの顔が外に向いてついている)
のミイラが話題になってたけど、50才代だっていうんだよ。
その年まで生きてたかと思うと、隔離されてたんじゃないかとか、
いろんなこと想像してすごい恐くなったんだよね。
悪いことをするとそういう顔に生まれ変わるということで、
死後には、戒めのためにさらされていたらしい。

120 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 00:04 ID:E/TWxrXy]
>96
ミイラは偽物が多いと思う。
女性の頭蓋骨を加工して鬼の頭蓋骨にしたり、
猿のミイラと魚の干物で人魚のミイラを作った例もある。
見世物小屋用の小道具だった可能性もあるのでは?
ミイラなんだから遺伝子採取して、全部の頭が同一人物のものかくらい
判別できると思うが。

126 名前:日出づる処の名無し [03/05/07 00:32 ID:F7DEMPvO]
江戸の後期にもなると化物細工と称して
見世物用に、化物の人形を制作販売していたようです。
だからそういったモノの可能性は高いはずですが
持ち主が科学調査を拒んでいるケースが多いのでは?

**********

85 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 03:18 ID:qIbiDKOZ]
サンケイスポーツ【社会】
ハンガリーのテレビに出っ歯で眼鏡の日本人-大使館が抗議
(※リンク先消滅)
写真:実はハンガリー人がふんしている日本人女性リポーター
「タカハシ・ミツコ」(ハンガリーの民放テレビTV2のホームページから)

今、ハンガリーで大人気の日本人(豚足)
この日本人に扮する女性リポーターは、不細工な日本人男性を連れている模様!!
さらに唾を相手にかけ、「これが日本の占いよ」と教えてんだぜ(クハハ
そして連れの日本人男性が、ヘラヘラ笑いながら見てんのww
最近はブランド品を買い漁る日本人女性をイメージしているのか、
ブランド物の袋を持ち歩き意味不明な間違った言葉を喋ってるそうwww

86 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 03:21 ID:qIbiDKOZ]
>>85
何これ初めて見た、日本人ってこう思われてたんだ…

87 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 03:24 ID:qIbiDKOZ]
ってな、展開希望!!
2ちゃんねらーなら知ってるよな!?

91 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 04:18 ID:9sGbc7YZ]
一放送局にすぎないんだからそういきり立つな。

92 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 04:49 ID:aLLhLfVU]
日本のTV局だって、ホレ…トルコで江頭がさ…(欝
よりにもよってイスラム国家で…。

100 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 08:38 ID:HVwvfyBH]
東欧の親日も、ここの文面ママに信じるもんじゃないよ。
最近はEUの拡大に関連してヨーロッパにアイデンティティを求める傾向が強いし、
アジア人蔑視は欧州どこの国でも強いからね。

102 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 09:13 ID:WrEuJSj4]
>>100
どこでもってのは言い過ぎだろ。
あんた、世界史習った?フィンランドってのはもともと
「フン族の土地」という意味で、フン族というのはアジア系。
(リーダーの名はアッティラ)
ハンガリーだってアジア系の血が入ってるし、だから
東欧は西欧のノルマンとかアングロサクソンからは
見下されているとも言えるわけ。

115 名前:さまよえる亡国人@毎日新聞読み ◆Q.jVWn4O/g mailto:sage [03/05/06 19:38 ID:A0KJLHrL]
>>102 補遺
フン族の地の意味と言われるのは、ハンガリーの方(実際は関係無いようだ)。
ハンガリー人は自国をマジャールと呼ぶ。

フィンランドは、フィン族の地。フィン人はモンゴロイド系の民族。
フィンランド人は自国をスオミと呼ぶ。

103 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 09:36 ID:+UZr2MTI]
>>102
全ての欧州人がアジアを蔑視していることはないだろうけど・・
アジア人の血が混じっているからってアジアに親近感があるってわけでもないよね。
東欧の連中は意識的にはヨーロッパに属しているだろうし。
自分たちが西欧に見下されているなら、なおさらその反動で
アジア人を見下す人間も多いんじゃないだろうか。

105 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 11:46 ID:W/fvdVfl]
東欧は人種差別がひどいっていう話だけどね

106 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 12:23 ID:pl6QvxN1]
東欧じゃなくて北欧と聞いたけど>人種差別

107 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 12:33 ID:XNPfpGCa]
フィンランドは北欧 ハンガリーは東欧

108 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 12:39 ID:6FrSRA1B]
オイラ嫌いな国はあるけど、差別心が湧き出る国って無いなー。
人種差別ってピンとこないよ。
人種差別(区別でなく)が酷い国って、よっぽど自信が無いんでしょう?
それってイヤミとかじゃなく、本当に可哀想におもふ。

109 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 13:14 ID:MDJhM6rJ]
>108
逆もあるだろ。
自信過剰で人種差別。
白人が黒人を、人ではない家畜同然と本気で思ってたように。

111 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 16:09 ID:Q+5Qdj3d]
キリスト教の影響だろうな。
連中は神の名の下にどんな悪どいことでも平気でやるからね。
そもそもキリスト教はすべての生物を「人間に奉仕するもの」と規定している。
汎神論的世界に生きる漏れらから見れば、すさまじく野蛮な自己中心性が根っこにある。

環境問題にしても、「これ以上自然を破壊したら人間の生活に悪影響がでる」という観点や、
「より人間に近い高等生物は保護しなければならない」
などという考え方から出てきてる。
自然を自然として敬い、自然に対して自分の分限を守る、
という謙虚さは全然ないんだよな。

112 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/06 16:24 ID:PgqwAy3z]
>>111
緑豆見てても奴らの言う“環境保護”に違和感を感じるのは
きっとそのせいなんだろうな

113 名前:日出づる処の名無し [03/05/06 16:40 ID:qr7z+9q0]
なにかのテレビで、白人は神が作りたもうた素晴らしい芸術品であるが
有色人種はそれではないみたいな事を言っているのを見たことあるんだけど、
何だかなーと思った。

やっぱり彼らは、先ず人、というか白人ありきで物を考えているんだろうね。

128 名前:日出づる処の名無し [03/05/07 01:00 ID:YimaxbTr]
>>115
いまだにその手の誤解(ロマン?)持ってる日本人が多いけど
フィン人は人種的にはコーカソイドだよ。遺伝子的にも最も
白人的白人(日本語が変だ)であることがわかってるし。
フィン人がモンゴロイドだって誤解は
フィン語がウラル系の言語じゃないかって言われてるところから来てるんだけど、
はっきり言ってウラル=アルタイ語族なんてのは幻想っつーか、
印=欧語族研究からのアナロジーに基づくでっちあげ、なんだけど
当のフィンランド人すらその誤解を持ってる人がけっこう多かった。
多かったってのは、自らをヨーロッパの仲間はずれと思っていたのに
最新の遺伝子研究なんかで人種的に正統白人であることがわかったって事実に、
最近の汎ヨーロッパ主義的潮流なんかが合致して
我々はコーカソイドって安堵と誇りが出てきて、
「フィンランド人ってモンゴロイドなんだよね」なんて言おうものなら
露骨に嫌な顔をして否定する人が最近は増えてきたんだよね。

130 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 01:59 ID:EiuxGA7/]
>128
ラップ人は?
かつてフィンランド行った時、
ヘルシンキよりスェーデンに近いトゥルクの方が髪の色が明るくて
目の色も青や緑が多かった。
でスェーデンに入ったらフィンランド人身長が高い人が多かった。
で勝手に、フィンランド人はアジア系のフン族とコーカソイドの混血なんだ、
だからスェーデンに近くなるほど色素が薄くなって背が高くなるんだと思ってたよ。
ヘルシンキであったラップランドの方からきたっていう女の子は
どこかしらイルクーツクであたりで見かけた容姿だったし、
小柄で黒目・黒髪、ネイティブアメリカンみたいな感じで。
漏れの勝手な思い込みかな

131 名前:観戦厨 [03/05/07 02:07 ID:TQpo6Xwv]
>>128
ロシア人の研究ではそうでも無いみたいな論文を見たことがある。
>フィン人は遺伝子的にも最も白人的白人

やっぱり中央アジア系と似ているgene complexがあるという前提の研究だったと思う。

しかし、
>汎ヨーロッパ主義的潮流なんかが合致して
>我々はコーカソイドって安堵(以下略)
て所は、そうらしいという話を聞いた。

やっぱりスウェーデン・コンプレックスは抜きがたく
アジア系の要素があるといわれるよりは純スウェーデン系と言われることを好むようだ。
(ここの大使館のHPを見るとそのへんの苦悩が窺い知れる)
遺伝病の分布からしてもスウェーデンとは異なった遺伝集団の様だけどね。

この辺の自らの起源に関する考え方時代によって、ふらふらするのは
小民族の性で仕方ない気はする。

ちなみに某国際学会で見かけた中年の女性フィン人学者は
金髪高身長の激美人でありました。モデル雑誌を切り抜いたような。

132 名前:観戦厨 [03/05/07 02:21 ID:TQpo6Xwv]
>>90
ハンガリー人はそこまで悪者でも無い気が。

がいしゅつだけど、国号がHunガリーで
東欧と言うよりは中欧にありながら
アジア系のフン族の末裔である事を隠そうともせず
むしろ誇りとしている。

中欧はハプスブルグ帝國の治下だったが、スラブ系の諸族が自治を失う中
ドイツ人に逆ねじを食らわせてハプスブルグ帝國を
オーストリア・ハンガリー二重帝國とした歴史を持つ。

漏れの記憶では、その首都ブダペストの同国随一のオーケストラを
率いる立場に日本人を抜擢した事もあったし、
来日した政府高官が姓・名の順など引き合いに出して
自分たちのアジア的要素と日本への親近感を語っていた記事も見たことがある。

一回ネタにされたからと言って直ちに激怒せねばならぬほどの事態とは思えない。
今回は大使館がきちんと対応しているのだし、もう少し推移を見守っても良いのでは。

134 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 02:45 ID:yP5Lf2iR]
>>132
最後の2行同意。
あの程度のネガティブイメージを放送されたからって、
どうこうなる国じゃないだろ、日本は。
日本の圧倒的な超文化はこのスレの住人が一番承知している事だろうに。

「子供の大好きな大人とは、やさしく、強く、何でも教えてくれて、
しかし、子供に対して何の興味も持っていない大人である」

放っておけば、尻尾を振ってすり寄ってくるよ。
日本としては「ハンガリー?それドコにある国?」で良いと思われ。

136 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 03:27 ID:1jl4h1mp]
>来日した政府高官が姓・名の順など引き合いに出して

日本人が日本人に名乗る時には当り前だけど、氏・名の順だよね。
だけど英語圏の人に対して名乗る時には名・氏になるよね、一般的には。
中国人とか韓国人なんかはあくまで中国式に姓名の順を貫くよね。
どこの国の人に対しても。
(まあ一部の勝手に名を英語のニックネームで名のってる香具師は別として)
漏れ外国人に名のる時には日本式で氏名の順で言って、
XXがファミリーネームで○○がギブンネーム
だと説明してるけど、ダメかな。
さすがに仕事で他の日本人も同席してる時は差し控えるが。
どこの国でも名前の呼び方って文化のひとつだと思うんだけど、どうだろう。

137 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 03:54 ID:DLh2uxjb]
いまさらって感じ
もう向こうに合わせたんだから、それで良いじゃん
それでいちいち日本のプライドがとかいうのもおかしいもんだし
俺がお前に合わせてるんだって感じで良いでしょ

141 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 06:31 ID:5YtIs8y1]
>>136 前、本来のように名字が先に戻そうという運動があったけど、
一般化しなかったのかな。

152 名前:日出づる処の名無し [03/05/07 11:01 ID:41oBqfAn]
>>136
姓名は苗字、名前の順番で言ったほうがいいって
アメリカ人も言ってたよ。「日本人の英語」って本書いた人だったかな。
その人は日本文学やってて、アメリカの学校で習ったのは
普通に、苗字→名前の順番だったのに、日本では逆で
「souseki natume」とか「monzaemon tikamatu」とか
言われて、わかりにくかったって。
日本人が勝手に名前→苗字の順で言ってるだけだから
このへんで戻した方がいいような気がする。
アメリカ人があわせて欲しいって思ってるわけでもないし。
それで何かが便利になるわけでもないし。
と、いうわけでわたしは姓→名で名乗ってます
英会話の授業中くらいしか機会はないけど…

153 名前:日出づる処の名無し [03/05/07 11:16 ID:61e2HXsi]
テレビなんかのイニシャルトークはみんな姓名になってるし、
逆にしてるのっておじさんだけでは?

156 名前:日出づる処の名無し [03/05/07 12:38 ID:i4eIfZsL]
>>152
イギリス人も似たようなこと言ってたなー
英国では夏目漱石はSouseki Natumeなんて書かないと
文学関係はそうだよね

157 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 12:39 ID:cJDcxkNL]
名前教えろとかいわれて お前の国ではどう書くんだといわれると漢字で姓名でかくだろ。
でなんて読むんだと聞かれるからローマ字でルビふるよね。
なのに名のる時は名姓ってなんかおかしいなと感じるようになってから姓名にしてる。

168 名前:日出づる処の名無し mailto:saeg [03/05/07 20:17 ID:t18ZgSs+]
最近は歴史上の人物名は名・氏の順じゃなくて普通に氏・名の順を見かけるけどな。

169 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 20:21 ID:2KMfmayF]
>>136
おれも姓・名の順かな。
英語で自己紹介するとき、名・姓の順は気になる。

デイブスペクターだって日本語のあいさつで、
「こんばんは、スペクターデイブです」って言ってないしなぁ。

174 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 21:23 ID:9ab/I8xI]
アメリカなんかでは、いろんな民族がいるから、姓→名も名→姓も混在しているらしい。
苗字のほうを全て大文字で表記すると理解してもらえるそうな。

175 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/07 21:25 ID:pBev5VNc]
>>174
> アメリカなんかでは、いろんな民族がいるから、姓→名も名→姓も混在しているらしい。
> 苗字のほうを全て大文字で表記すると理解してもらえるそうな。

間をカンマでくぎれば良いと聞いたけど
Suzuki, Ichiroみたいに

177 名前:在日ニホン人 ◆6gYxGxJvo2 [03/05/07 23:04 ID:FFTZVfkf]
欧米人が姓名の順で名乗るとやっぱ語呂が悪くなる。
日本人も名姓の順で以下略。

181 名前:日出づる処の名無し [03/05/08 00:17 ID:v5HnaXCd]
このスレの常連なら知っていると思うけど
コロンビア大学名誉教授で日本文学研究家のドナルド・キーンさんは
日本人が外国で自己紹介するとき、名・姓の順を逆にするのは
日本人が優しいからでは?っと言ってましたね。

韓国人は面倒くさがって キムジョンイルとかそのまま表記します
でも外国人にとってはラストネームがファーストネームより前に来るのが
当たり前なので それではキムが名前でジョンイルが名字だと思われてしまいます

日本人は優しいから外国の人がとまどわないようにそうしているのです

191 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/08 02:17 ID:/PP8JOvg]
ちなみに姓・名の順に関してだけど、パンツェッタ・ジローラモさんは
来日当初は「ジローラモ・パンツェッタ」と名・姓の順で表記してた筈。
それがいつのまにか日本式に改めていた。まあどっちでもいいと思う。

192 名前:日出づる処の名無し [03/05/08 06:54 ID:MRCXJY81]
日本人は「名―姓」というのは文法の問題と理解しているんだ。
○○の××
というのが英語では
××of ○○
になるという風に。

193 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/08 08:29 ID:5aIW86IF]
>>191
自分の友人のイタリア人も最初出会って名乗る時、「姓・名」の順で名乗った。
たぶんイタリアの大学の日本語学科でそういう風に名のれって教えてるのかもしれん。

194 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/08 10:29 ID:Is9ec9zh]
名前もそうだけど、日付も日本の表記の方が論理的だね。
PCのディレクトリなんかで実感する。
03/05/01 だと2003年か2001年か混乱するから
こっちの方が早く世界基準を作って欲しいんだけど。

198 名前:日出づる処の名無し [03/05/08 11:31 ID:PMXSTYG0]
>>194
俺らと彼らの流儀って、また違うものがあるからね~。
詳しくは知らんが、向こうではそれが合理的ってのは、いろいろとある。

例えば、1,000,000,000円(10億円)って表記の場合、3桁ごとに点を打つよね。
日本人だと千・万・億と来るから、ちょっとややこしく思っている人が多いだろうけど、
英語の表記は
thousand(千)・million(100万)・billion(10億)と千倍ごとの単位だから、
これが合理的なんだよな。

ま、そのまま受け入れてしまったから仕方ないし、いまさら変更も難しいしね。

265 名前:バールのようなもの [03/05/10 22:40 ID:U0nCGWM7]
日本って、山や川や木や田などの性が多いのは、
やはり自然と共に生きてきて、
その人が住んでいた場所を見て決めたのだろう・・・
農耕文化的に、自然を愛すると言うか、感謝すると言うか
日本の精神ココに在り、って感じだけど

彼の国の姓名などは、
その時の王朝の文字を取ったり、
自分の願望を描いたような傲慢な文字を付けたり
そんなくだらないものなんだろうな・・・
直ぐに改名したり、他国では通名を語ったり・・・
自分の名前でさえ、偽る民族なのか?

267 名前:日出づる処の名無し mailto:sage [03/05/10 23:19 ID:ifCOxfYg]
>>265
奴らを擁護したくないけどそこまで言わなくても良いと思うよ。
もし親が自分に願望的な名前を付けていたらイヤかな?

俺としてはむしろ同姓が多い方が気になるよ。
「おれは金だ、金一族(名前だけ)だぞ、えらいんだぞ、ウェーハッハッハッ」
みたいな他人にすがるイメージがある。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(27) | TB(0) | ▲ top
<<棋士とパトラッ士(part10スレ) | メイン | 桜見る馬鹿、桜に酔う馬鹿、同じ馬鹿なら踊らにゃ損損(part9スレ)>>
コメント
-  -
町人や農民でも、苗字持ってる人はいたよw
ただ、使うなって言われてて使ってないうちに忘れちゃったとかいうオチが…
2009/04/21 20:23  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本の苗字の決め方は当時いきなり農民にも苗字をくれるってことになって自分じゃわからないから近所の坊さんに相談してお前は田んぼの中に家があるから田中だとか北のほうに村があるから北村だとかそんな感じで決めてもらったらしいよwそこまでたいそうなもんじゃない。
2009/04/21 17:56  | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
本姓は貴族や武士の末裔でない限りない

そもそも、農民なんかは苗字もなかったのに。
2009/04/21 09:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
イタリアは公の場では姓・名の順で名乗ると聞いたことがあるな

知ってる人がいたら教えてください
2009/04/20 16:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
相手の国に合わせて名前の順序を変えるところはある意味日本人らしさだと思ってるから別に名が先でもいいと思ってる。

>2424
姓も氏も苗字ももともとは別物だけど今は同じ意味で使われてるんじゃなかったっけ?
中韓のは間違いなく姓だけど。
2009/04/20 12:49  | URL | #v6O6VgHs[ 編集] |  ▲ top

-  -
中韓は苗字じゃなくて姓じゃまいか?
日本でも、姓はさほど多くなかったキガス。苗字はすごいけど。
しかし自分の本姓を知っている人って、今時どのくらいいるんだろう。斯く言う私も知らんのやけどね(´・ω・`)
2009/04/20 10:42  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
萬田サラっていう、一見おしゃれそうな名前の日本人が海外に出たら大変だろうなぁと思うことはある。
ネタで失礼。
2009/04/20 01:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
他国に居ればその国の法に従うのは日本人にとって当然で
その国の名の呼び方も相手と付き合うときはその流儀に従っていた
これは日本人の礼儀の考え方からきていると思う
日本は自分達の国,流儀,法を確固として持っているので
他国にいてその法に合わせても自分達の国は消えるわけではないと考えているんじゃないかな
それともう一つ,自分達の事を教えたくない.自分達の領域に他国の法を他国の者によって入れられたくなかったんじゃないかな.
自分達の法を変えるのは常に自分達であるべきだ.とずっと考えていたんだと思う.
だから他国の法の中で自分達の法を押し通して法を犯す,という自分達のされたくないことを相手にしないようにしてきたんじゃないかな?
全て私の推測と感性からくる考えでしかないけどね.
2009/04/19 23:44  | URL | VIPPERね名無しさん #3/2tU3w2[ 編集] |  ▲ top

-  -
英語で名乗る時、名前苗字の順で言うのは、英文法の一環って感覚かな。
2009/04/19 17:47  | URL |   #Ock1GnUU[ 編集] |  ▲ top

-  -
名前、苗字の順番で言うな、はじめにそう習ったからそのほがすっと言葉になる。
ただし、名前は2回言う。
名前がわかれば、順番はどっちでもいいと思うけどな。
2009/04/18 18:52  | URL | #JQCnHemI[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本は二大苗字、中国は三大苗字、韓国は五大苗字
その話おもしろそうです
藤原氏の権力があまりにも巨大だったがために今の日本にも藤の字をもつ苗字がとても多いのだと大原大次郎が語っておりましたが、それに似たようなケースが中韓にもあるのでしょうかね?
2009/04/18 13:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ハンガリーがウンコってことはわかった。奴らは日本に対して何か恨みでもあるのか?
人名に関しては、日本人も名前には大層な字(聡,秀,美,姫など)を使うし、中韓を非難するのは苦しいんじゃないかな。
2009/04/18 13:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国って李と王だけで3億いんじゃなかったっけ
2009/04/18 12:43  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本は二大苗字、中国は三大苗字、韓国は五大苗字と呼ばれる人口に占める比率の高い苗字がある。
ただし、日本の場合も中国の場合もそれぞれの苗字が人口に占める割合は数%なのに対し、韓国の場合は五大苗字が人口の60%以上と極端に多い。
二人の韓国人がいれば、その中の一人は金・李・朴・崔・鄭の中のいずれかの苗字だという計算になる。
2009/04/18 12:10  | URL | 名前は未定です。 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
いくら何でも適当すぎるぞお前。3種類って一体どの国の話だよ。
2009/04/18 09:15  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
だがDQNネームはいただけない。
2009/04/18 04:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米2404
はい、そうでおます・・・
見づらくて申し訳ない
2009/04/18 02:13  | URL | 2403 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
『東』と書いて、『あずま』と読むのか『ひがし』と読むのか……
四月一日で『わたぬき』とか、小鳥遊で『たかなし』とか、言葉遊びもそこまで行くとすごいよなw
2009/04/18 01:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>日本人だと千・万・億と来るから、ちょっとややこしく思っている人が多いだろうけど、

江戸時代では万の十倍が億、というように、十万とか百億とか無かった。
昔の一億=十万で、一兆=百万。
なぜ4桁区切りかは知らないけど。
2009/04/18 01:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
確かに日本人の苗字は多いよね。
あと読み方もあるし。
『河野』と書いて『かわの』さんと『こうの』さんがいたり。
『かわの』は身内にいて、『こうの』は大学の友人にいた。かなり戸惑ったし、ごっちゃになってうっかり間違えることもしばしばあった。

でもま、自分の名前に誇りを持てないヤツらは可哀想だよ。
2009/04/18 01:02  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
↓なにこれ?
コピペミス?
2009/04/17 22:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>彼の国は、名字が3種類
いやいやいや 3種類ではなく3桁ですよ 
ちょっと思い出しただけでもキムパクリーチェの4つ浮かびましたし。

・・・あれ?ソースどこだっけかな・・・?

まあ、これはいいかげんな記憶なので忘れてもらうとして、あの国の苗字がやたらめった少ない理由をあげてみます。

あの国にも、昔は部落差別というものが存在しておりました。でも、何かのきっかけ(忘れた)で部落差別をなくそうということになりまして、被差別部落の人々が皆貴族の苗字を名乗ったのです。家系図をねつ造したり、創作したりして。まじめな人たちは買ったそうですけど、そんなお金がある人が本当に被差別部落民かってーと微妙ですよね。(この見方自体差別的かもしれませんが)
で、貴族・平民・被差別民の構図が貴族・平民になってしまったと。となると自然と貴族から平民に対する差別が発生する。だから平民も先を争って貴族の苗字を名乗るようになった。こうして韓国人・・・正確には朝鮮民族の苗字の種類がガタ減りしたというわけです。

彼らを馬鹿にする意見が出てきてはいけないので日本でも起こった似たような事例をあげておきます。
「>彼の国は、名字が3種類
いやいやいや 3種類ではなく3桁ですよ 
ちょっと思い出しただけでもキムパクリーチェの4つ浮かびましたし。

・・・あれ?ソースどこだっけかな・・・?

まあ、これはいいかげんな記憶なので忘れてもらうとして、あの国の苗字がやたらめった少ない理由をあげてみます。

あの国にも、昔は部落差別というものが存在しておりました。でも、何かのきっかけ(忘れた)で部落差別をなくそうということになりまして、被差別部落の人々が皆貴族の苗字を名乗ったのです。家系図をねつ造したり、創作したりして。まじめな人たちは買ったそうですけど、そんなお金がある人が本当に被差別部落民かってーと微妙ですよね。(この見方自体差別的かもしれませんが)
で、貴族・平民・被差別民の構図が貴族・平民になってしまったと。となると自然と貴族から平民に対する差別が発生する。だから平民も先を争って貴族の苗字を名乗るようになった。こうして韓国人・・・正確には朝鮮民族の苗字の種類がガタ減りしたというわけです。

彼らを馬鹿にする意見が出てきてはいけないので日本でも起こった似たような事例を。
「>彼の国は、名字が3種類
いやいやいや 3種類ではなく3桁ですよ 
ちょっと思い出しただけでもキムパクリーチェの4つ浮かびましたし。

・・・あれ?ソースどこだっけかな・・・?

まあ、これはいいかげんな記憶なので忘れてもらうとして、あの国の苗字がやたらめった少ない理由をあげてみます。

あの国にも、昔は部落差別というものが存在しておりました。でも、何かのきっかけ(忘れた)で部落差別をなくそうということになりまして、被差別部落の人々が皆貴族の苗字を名乗ったのです。家系図をねつ造したり、創作したりして。まじめな人たちは買ったそうですけど、そんなお金がある人が本当に被差別部落民かってーと微妙ですよね。(この見方自体差別的かもしれませんが)
で、貴族・平民・被差別民の構図が貴族・平民になってしまったと。となると自然と貴族から平民に対する差別が発生する。だから平民も先を争って貴族の苗字を名乗るようになった。こうして韓国人・・・正確には朝鮮民族の苗字の種類がガタ減りしたというわけです。

彼らを馬鹿にする意見が出てきてはいけないので日本でも起こった似たような事例を。
「菊桐禁止令」で検索してください。(手抜きー
2009/04/17 22:35  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
確か名字の種類が一番多いのはアメリカで、いろんな国から移民が来てるからとからしい。日本は二番だった気がする。
違ってたら申し訳ない
2009/04/17 21:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんとなく
英語の人名の意味一覧などを貼ってみる。
ttp://www.efendi.jp/rq/script/languages/ancient/names/english_names.html
ttp://www9.wind.ne.jp/chihiro-t/royal/henka.htm
2009/04/17 19:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
確かにこれだけ多種多様な苗字があるのは日本くらいか。
自分ら勝手につけたり、村の和尚さんにつけてもらったようなものが大半らしいけど…住んでた場所や職業からつけたものが多いことを考えると、それだけ故郷や自分の職業に愛着があるといえるのかな?
苗字とはまた別だけど、今でも地方なんかでは屋号で通じるね。
2009/04/17 19:05  | URL | #xTS9.2nI[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本人でも姓と苗字の違いを理解してない人がおおいからなぁ…
2009/04/17 18:32  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
一番ゲット?
彼の国は、名字が3種類しかないんだっけ?
2009/04/17 17:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/46-21de4de8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。