2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
安倍総理退任(part78スレ)
- 2012/08/11(Sat) -
217 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 22:24:36 ID:CRilFFsa
引退お疲れ様。安倍ちゃんよくがんばったよ。
先陣をきって拉致問題を明確化したのが、一番の功績だったね。
とはいえ、この辞任が北に対する誤ったメッセージにならなければいいんだけど。

韓国あたりでは、歴史認識で右翼政治家とバッシングしてたけど、
国民からすれば堅実な保守政治家は今の時代非常に貴重だったよ。
その点、次の総理になる人物には失言問題のない大臣人事を期待したいところ。。。
決意をもって退陣の道を選んだんだろうけど、
沈思黙考タイプだったのか、もう少し周囲に相談しても良かったのにね

218 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 22:45:24 ID:yOOFCvmM
安倍は、少し休んだ方がいいな。(辞任も健康問題が大きかったと言われているが)
・・・しかし、失政らしい失政もしなかったのに、何であんなに叩かれるのか分からん。
結局、既得権益に逆らったからとしか思えない。

219 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 22:46:46 ID:6g+bGvxC
失言問題てものはない。
それはマスコミが作るものであって、存在するものではない。
ただ小泉はマスコミの操縦が天才的に上手かったから、
付け入る隙を全く与えなかったというだけ。
小泉の真似ができるのは他にはいない。麻生くらいか。

220 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 22:57:32 ID:S/0q/lq3
小泉もレイムダックになる前のアメリカ大統領と懇意って
アドバンテージがあったからなあ
安倍はそういう意味でもアメリカ大統領の過渡期っていう難しさあったと思う
なんだかんだでアメリカとがっちりな印象付けるとかなり違うんだよね

223 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:05:46 ID:0f2GwfdV
安倍はこのまま終わらすのは惜しいがこの辞任は政治家的には自殺だよなぁ。
あと10年くらいしたらまた出てきてほしい気もするけどきついな。

226 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:09:52 ID:3npYpeiP
安倍は中国にもアメリカにも距離を置く自主独立派なんだよね。
で、この立ち位置だと敵ばかりになる。
ただ若さが出たと思うがね。
場合によっては再登場もアリだろ。

227 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:14:35 ID:wVMT82e1
しかし小泉の強運は凄かったな。ヤバイ展開は何度となくあったのに。
麻生閣下は漫画どうこうよりマスコミにさらりと嫌味が言えるところがカッコイイ。

228 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:16:39 ID:yA3SqxB1
外務大臣で復活してほしい。

229 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:16:42 ID:3npYpeiP
>>227
閣下は嫌味言ってもウィットに富んでいるから正面から反発できないんだよね。
安倍さんは真面目だから、反発も正面から来てた。

230 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:18:29 ID:L/pR1vj8
麻生さんならマスゴミの無能記者を晒し上げてくれそうだな。

231 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:19:04 ID:qmpmWH4c
安部さん、苦しかっただろうね・・・辛かっただろうね・・・
でも、あなたを縛るものはもう何もない・・・
元安部総理、安らかに・・・

232 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:21:57 ID:SNNjcg2N
なんかアメリカの価値観を保守する自称保守が多いな。

233 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:22:22 ID:bGxpAjHQ
殺すな。
阿部さんはトップに立つよりNO2の方があってたと思う。
休養してまたいつか復活して欲しい。
あとマスコミは自重しやがれ。

234 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:26:45 ID:3npYpeiP
前からクソだクソだと思っていたけど、今回の件でマスコミを完全に見限ったよ。
朝日はもう新聞じゃないな。事実を報道するより自説の方が優先なんだから。
安倍バッシングの醜い事。
年金選挙で民主党に自治労出身がいる事を報道しないんだから、
金輪際あいつらの言う事は日付しか信じないよ。

235 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:26:55 ID:yA3SqxB1
安倍さん自殺するかもしれないからなあ…
本当に心から復活を期待する

236 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:36:52 ID:0f2GwfdV
>>234
同感
公正さの欠片もない

237 :日出づる処の名無し:2007/09/12(水) 23:56:33 ID:on/amL8n
しかし、それは最初からわかっていたことだろ。

安倍だって自分が首相になって「美しい国づくり」を始めたら、
思いっきり抵抗されることはわかっていたと思うし、
それらと戦う覚悟がなければあんなデカイこと言わんだろ。
結局力がなかったんだよ、安倍さんは。経験や人を
見る目、マスコミをあしらうセンス、国民を惹きつけるユーモア、
そういったものがことごとく欠けていた。
まぁ首相になるに早すぎたとも言えるかもしれないが、いずれにせよ力不足だったのは間違いない。

238 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 00:11:14 ID:BljxHqWf
惜しむらくは「マジメな日本人」過ぎて首相に向かなかったんでしょうなぁ・・・

239 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 00:20:10 ID:se2e/tsq
小渕さんの時もそうだったけど、なんか毎回小沢がトドメ刺すんだよね
時の首相は小沢にヤられる

240 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 00:36:18 ID:dLfJhLX5
いい人は総理に向かないよ。

241 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 01:14:08 ID:KSp+lJD/
まあもう政治家としては終わりだろう。
参院選で自党の議席をガタガタにした上にこんな中途半端なところで放り出すようでは。
誰も二度と担ごうとはしないよ。

242 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 01:33:19 ID:Ifbo+ePM
美しい国づくりは良いと思うんだけどねぇ。

243 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 01:43:28 ID:mrnXrwA7
なんか真っ向勝負な「美しい国」ってフレーズがなあ…
ちょっと控えめに「結構いい国」とか「意外といい国」くらいだったらついて行けたかもしれん。

244 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 01:49:02 ID:qw1ZwpV9
日本人はストレートなの苦手だからね

245 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 01:53:09 ID:KSp+lJD/
>>243-244
真っ向勝負とかストレートってのは「国民所得倍増計画」みたいなのを言うんじゃないの?
「美しい国へ」じゃ何がしたいのか、支持して何のメリットがあるのか分からん。

248 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 03:47:03 ID:h0jW8bJN
安倍はなぜ辞めた!?

坊やだからさ…

これほどこのセリフがしっくりくる首相も珍しいな。

249 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 06:34:53 ID:6zcwjgQb
自分は好きだけどなあ、「美しい国へ」のフレーズ。
漠然としてるが故に、未来への夢というか希望も秘めてるような気がして。
戦後がんばって豊かになった分、人としての美意識というか美学を
失ってしまった今、次に目指すべきものとしてこれ以上しっくりくるものはないんじゃないかと思う。

250 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 07:31:09 ID:jxkglGst
>>249
オレもそう思う。

だが、安倍政権は失策が多すぎた。
政策は良いものだったのに、それらはマスゴミによって圧殺された。
彼らにとっては教育改革や外交が気に入らなかっただろうけど、
日本の国益の為には非常に有益だったのにね。

次は麻生氏だろう。「とてつもない日本」に期待しますよ。
「自由と繁栄の弧」の実現は数世紀を要するほどの難題だが、
誇大ともいえる大構想を打ち出したのは良い。
大風呂敷に終わるかも知れないが、日本も独自の国家戦略を持ち、
それが欧米やアジアなどを睨みつつ、日本の国益を最大化しつつ、
世界平和にも繋がるような形で実現していくことを望む。

麻生氏でダメなら、いよいよ小泉前総理の再登板だな。

251 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 09:18:32 ID:UaoIOBM1
政治生命に響きそうなほどの悪いタイミングの辞任だが、
満を持して再出発のはずの改造内閣でまた不祥事続出じゃ、行き詰っちゃうよな。
特措法関連をなんとかしてやめるのがベストだったとは思うけど。

252 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 10:11:46 ID:1/rVCtLC
次は、敗戦処理の繋ぎの総理だろ
麻生カードは虎の子だから取っておきたいし、小池あたりがベターだろ

何をやっても叩かれる、むしろ政策と関係ないところで足を引っ張りまくられて
マスコミの情報操作で総リンチ状態だった前政権、

そのイメージ壊せるし、女性っつーだけで、
調子に乗って叩きすぎるマスコミが逆に叩かれる側になる

どうせ任期は超短期で、政策やら結果やら期待されて無いんだし
民主が叩けば、それが逆風になって民主党自体の自壊を早める

253 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 12:40:24 ID:bUTtajtF
>249
売り物の本質が見えないキャッチフレーズってダメな広告の典型だろ。
センスが無ければ、小林製薬みたいにど真ん中の名前(秩序、忍従、寛容の国)で行くべきだった。

美しい日本?地方自治体のゴミ処理資金の予算を国が出してくれるの?(実はかなり苦しい)
美しい日本?無秩序なビルのデザインに対して建築許可が厳しくなるの?
(実は耐震ではマジで降りない)
美しい日本?耐える事?そんなの1990年からとっくにやってるわ。(氷河期&リストラ中年)
美しい日本?茶髪禁止?白髪染めてる中年が何をほざく?

俺は見てくれはアレだが中身はまともな女子高生が居る事を実感できる日本が好きだから、
見てくれだけの道徳観(或る意味北朝鮮的)で縛られた「見てくれだけの美しさ」は要らない。

254 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 12:55:14 ID:VdQ0re0M
ヒステリックで引くわ

255 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 13:00:19 ID:FF5levsc
思いついた日本の悪い部分を羅列してるだけだもんなw
安倍がいつ、茶髪は美しい国にふさわしくないからダメ、なんて言ったんだ?w

・・・もしかして著作に書いてあったりする

257 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 13:14:21 ID:bUTtajtF
>255
だから「美しい日本」なんてぶちあげられても、一意のイメージなんて沸かない物。
何が美しいかなんて決まってないし、「俺的にはこれは美しくない」と云ってしまえば全部通る。

今更、言っても何だけど、そういうキャッチフレーズをトップが付けてはいけないって事だ。
混乱と突っ込みしか招かない。

それに国民が安倍の著作を買わないと安倍の何たるかを理解できないとしたら、
それは自書を買わせる為の講義をするクソ教授並のクソって事だ。
実績で中身を示すのが社会人だろ。

258 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 13:20:35 ID:1eJpCvn5
>>257
一回でも自分自身で本を出版して、
その本が重版になるぐらいの人がそう言う事を言うのなら、
その発言にも重みがあるんだけど。

259 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 13:28:02 ID:wvetQzvd
安倍は政策外交はよくても
アピール力、そして政局の能力がまったくなかったな。

とくに前任者は後者が圧倒的に巧みだったから
よけいに悪くみえた。

政策本位の政治なんて無理なんだろうね。
そもそも政策を歌うマスゴミ自身がそれをしないのだから。

260 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 13:44:21 ID:bUTtajtF
>259
「風が吹けば桶屋が儲かる」って諺があるけど、
外人に言っても説明しないと意味を理解できないのと同じで、
政策本位で進める時は「これを変えるとこういう利益がありますよ」ってアピールする物。

例は池田勇人の「所得倍増計画」だな。
所得を倍増する為にこれとこれとこれを決めたい、と言うから政策本位で進む訳で、
「美しい日本」だけでは、限定しようがないので政策本位になりようがない。

261 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 14:03:31 ID:+8IXqzLz
風が吹けば、砂が舞う
砂が舞えば、目に入る
目に入れば、めくらが増える
めくらが増えれば、三味線弾きが増える ※昔のめくらは三味線弾きになるしかなかった
三味線弾きが増えれば、ネコが減る ※三味線の原料に猫の皮が使われる
ネコが減れば、ねずみが増える
ねずみが増えれば、木桶が噛まれる
木桶が噛まれれば、桶屋が儲かる

***********

262 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 14:11:01 ID:ogOPZWil
尊大な日本人へ
温総理の「氷を融かす旅」で日本国会で、温総理が言われた事を忘れたのか!
「食物、文化、文字、宗教、芸術、それら全ては、二千年前から中国が日本に教えたものである」
日本国会議員は、これを認めて、皆頷き、拍手で賛同したではないか。

瑣末な事を、針小棒大に取上げ攻撃してると、自らの首を締める事になるぞ!
恩知らずとは日本人の事を言うのだ。

263 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 14:25:05 ID:SqMosNpm
そもそも現在の中国人が伝えた訳ではないしさ。
古代の人間の崇高さは否定しないけど現在の中国人が何かしたと言う訳ではあるまい。

漢人や唐人が偉いのは認めるよ。
でも現在の中国人が偉い訳でもなければ現在の中国人は何もしてない。
大体、漢や唐といった古代帝国を引き合いにだす中国人は
虎の威を借りる狐であって、
自分がなにかした訳でもないのに他人のふんどしを借りて威張っているだけではないか。

現在の中国人が何かしたという訳ではないのに
今の中国人が偉そうに他人の威光を誇っても無意味なだけ。

265 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 14:34:43 ID:SqMosNpm
中国2,000年とかいう人間がいるけど
中国大陸に興る国家なんて国家の興亡を繰り返してきただけなのだから
漢と中国の国家としての繋がりはないし
中国史は基本的に既存の国家を滅亡させて新興の国家を興すという繰り返しの歴史だから、
中国2,000年とか言うのは基本的に誤り。
中華民国も中華人民共和国も清や明といった既存の国家を滅亡に追い込んで
起こした国家に過ぎないから厳密には過去の帝国との繋がりは無い。
中国の歴史は正確には60年もないし中華民国を考慮してもせいぜい100年もみたない。

266 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 15:06:47 ID:UaoIOBM1
地域の歴史と国家の歴史がご都合主義的にごちゃ混ぜになってるんだよね。
大陸は国境がころころかわるので、日本の感覚と違うのは仕方がないことなのかもしれんが。

267 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 15:18:33 ID:SqMosNpm
日本も似たようなところはあるがな。
縄文時代や弥生時代が日本史に組み込まれている事を考えると
日本史も地域史と国史がごちゃ混ぜになっているからね。

268 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 15:22:00 ID:bUTtajtF
>267
とはいえ、日本列島史と日本国史に分けるのも大変だしなぁ

269 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 15:28:26 ID:Sx1RJyGs
>>266
例えばこれが欧州大陸や中東あたりなら、
民族と国家が入り乱れて文化も分断を繰り返している、
という事に疑問を持つ人はいないだろう。
支那大陸だってそれと同じだというのに、
何故か民族も文化も分断されてないと思ってる人が多い気がする。
仏教は支那大陸から伝わったのに、今の支那で仏教徒などほとんどいない、
こんな事一つ取ってわかりそうなものなのに。

何が支那大陸のイメージを決定づけたんだ?その段階から間違ってるんじゃないだろうか。

270 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 15:29:14 ID:dabURgzI
>>267
日本の歴史は1万年、
なんて言ってる奴はいないから無問題。

271 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 15:34:51 ID:Sx1RJyGs
>>267
日本の場合分ける必要ないからな。
国境が海ってのは本当に便利だ。

273 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 17:16:29 ID:SqMosNpm
>>269
国家は断絶しているけど民族そのものは断絶している訳ではない。
大規模な民族移動が起こるわけではないし、
多くの死者がでる人的・天災的災害が起きても全人口が消滅する訳ではないし。
漢書とか明史とか編纂されているけど漢字で書かれているし基本、中国語だ。
漢書や明史を比較しても突如、他の民族の言語に変化している訳ではないし
漢字で書かれている点も同じだ。

歴史上の人物とかの名前を調べて見ると民族的な分断があまり無い事に気付くしな。
中華民国建国グループに孫文と言う人物がいるが、
孫姓の人物は紀元前にもいたし呉の孫権も孫姓だ。
清末期に李鴻章という人物がいるし李姓の人物は現在にも多くいるが、
唐の建国者や秦の政治家に李姓の人物がいる。
民族に大規模な変化が起きたというのなら
姓名に類似が見られないはずだが、紀元前と現在で類似する姓名をもつ人間は多くいる。
元や清が興ったけど支配者層が入れ替わっただけで、
国民が大規模に入れ替わった訳ではない。

清が滅亡して中華民国が建国されても
民衆の間で使われている言語が突如、変化した訳ではないし、
それは長い歴史を通じて同じ事がいえる。
民族も文化も分断されてないと思うのは別に間違いじゃない。
国家が滅亡しても民衆がいなくなる訳ではないからだ。

348 :日出づる処の名無し:2007/09/14(金) 15:41:56 ID:RQ+iAmij
>>273
シナで受け継がれているのは漢字という文字だけなんだが。

現代シナ人は古代シナ人とは完全に入れ替わっている。
古代シナ人は日本に逃れて大多数の縄文人と混血し日本人と化した。
そして、シナ人が信仰する北極星(天皇てんこう)の正統性も
北方文明と古代シナ文明の両方の正統後継者たる日本の
天皇陛下にだけある。

このあたりの事実が、実は、シナ人をしてイラつかせ、朝鮮人をして火病らせている、真の原因である。

274 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 17:30:34 ID:jlTZ5D0N
>>272
「右翼」≠「ウヨ」だよ。

275 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 17:57:00 ID:diUzFHuY
まぁ確かに断絶しまくってるって言い方は違うな。
必要以上に中国を貶めようという意識が働いてる気がする。

国家・文化の断絶っていうのは、エジプトやギリシャ、メソポタミアあたりの国を
指したほうが適当かもしれないね。

中国は異民族が攻め込んできても、いわゆる漢化しちゃってるからな。
チンギスハンを中国の英雄と言うのは無理があると思うが…フビライハンは
中国の英雄と言えなくもない。そういう変なややこしさがある。

まぁ国が変わるたびにいろんなゴタゴタがおきたのは事実だから、
日本のように綺麗に歴史が積み重なってる国とはあきらかに違うね。

276 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:03:07 ID:r3+Ovgb8
紀元前から幾度となく焚書、文革してる上
全人口の90%以上が漢族のくせに、標準語で会話できる人が50%強しかいない国だぞ?
                      ~~~~~~~~~~~~~~
まぁ、専用スレでやろうぜ?

277 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:11:31 ID:diUzFHuY
>>276
しかし、紀元前の書物がしっかり残っていて、いまだに多く読まれているのも事実だろ。
標準語って言ったってあれだけデカイ国でいろんな地方・民族があれば
統一するほうが不可能だろ。アメリカだって英語話せない奴いっぱいいるし。

まぁ、専用スレでやったほうがいいかもね。

278 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:21:40 ID:aO6Dd5r9
ん?
でも、その古代漢が読めなくってしまっていたところを
日本で保管していた写本が救ったんじゃなかったっけ?
隣に日本があって良かったな、って話じゃん。

349 :日出づる処の名無し:2007/09/14(金) 15:46:49 ID:RQ+iAmij
>>277-278
紀元前のシナの文書を読めるのは、
ひとつには日本の音読みの多様性により音が保存されたことと、
文書そのものが日本にしか残っていなかったことにある。

アメリカのバルバロイはもののわからぬ馬鹿だから文物の重要性をわきまえず
たかが戦争で儲けたい如きの私心のみにより
北方文明と西域文明の東端に位置した日本にあった世界的文物大多数を焼き払ってしまったが。

279 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:24:14 ID:jlTZ5D0N
一応日本に感謝するだけマシだわなぁ。
下を見すぎちゃいけないが。

280 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:33:49 ID:Ifbo+ePM
中国語は、文字で書いた場合に関しては滅茶苦茶通じやすいと思う。
西洋の言語や日本語は発音が変わるとスペルもそれにそって変わるが
(伊STAZIONE・英STATION、十三円:じふさむゑん→じゅうさんえん)
中国語の場合は漢字の読みと発音が同期しているので、表記そのものは変化しない。

281 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:38:00 ID:UaoIOBM1
>中国語の場合は漢字の読みと発音が同期しているので、表記そのものは変化しない。

本当?

282 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:40:36 ID:Ifbo+ePM
>>281
字の体が変わったり、同じ意味の単語に置き換わることはたまにあるが、
発音が変化しても表記はそのまま。

350 :日出づる処の名無し:2007/09/14(金) 15:49:02 ID:RQ+iAmij
>>280
>中国語の場合は漢字の読みと発音が同期しているので、表記そのものは変化しない。

シナ語の場合、発音は便宜上のもの。
文字そのものを書き表すことが重要。
だから言語と表記がまったく一致しない。

つまりシナにとって漢字の読みなどどうでも良いということ。

351 :日出づる処の名無し:2007/09/14(金) 15:52:49 ID:qACxonp9
科挙で古典を含めて徹底的に漢語をマスターさせる必要があったのは、
それさえ出来れば中華文化圏で言葉が違っても
筆談で意思の疎通や公式書類作成が出来たからだしね。

284 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 18:57:38 ID:Ifbo+ePM
「日本の中の中国」ってのは実際あるらしいな。
中国ではすでに途絶えている文化が日本文化の中にあるらしい。

286 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 19:12:42 ID:W0hXcrGz
確かに表面的には大陸文化を吸収したけど
古代から日本と大陸では根本的に文化が違ってたと思うけど。
例えば↓
http://www.geocities.jp/cato1963/jinkou996.html

人口崩壊という現象自体は、実は、世界的に見れば珍しいものではない。
中世のフランスは百年戦争の戦禍と黒死病の結果、人口が半減したと言われるし、
近世のドイツも三十年戦争の結果、全人口が三分の二に減少した。
近代における南北アメリカ大陸の先住民の激減と、タスマニア先住民の絶滅は
人類史上最悪の人口崩壊であった。

われわれ日本人は、一度も全国規模の人口崩壊を経験していない。
縄文時代の最末期に人口崩壊があったと主張する学説もあるが、それも有史以前のことである。
日本は、16世紀の戦国時代ですら、各地の大名の富国強兵策によって人口が増加していた。
あの過酷な第二次大戦のときですら、日本人の人口損耗は一割にも達しなかった。
人類史上の例外といえる。

一方、中国は何度も人口崩壊を経験してきた。
飢饉や戦乱による直接的な死者数もさることながら、乳児死亡率の急上昇と出生率の低下で、
人口は短期間に減少してしまったのである。
その「もろさ」の原因は、人口の構造的不安定さにあった。
そもそも中国に限らず、前近代社会の人類の平均寿命はおおむね二十歳代であり、
子供を5人生んでも大人まで育つのは2人か3人というのが普通だった。
ヨーロッパでさえ、たとえば産業革命期のイギリスの労働者階級の出生時平均余命は
20歳程度にすぎなかったという(エンゲルスのあげた数字)。

287 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 19:27:27 ID:T5YqVlvi

十で神童、十五で天才、二十歳過ぎてはただの人、二十五過ぎたらニートってのが中国だと思うw

288 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 20:18:38 ID:K5dKpfpE
>>284
まあ絶滅状態から日本からの逆輸入で復活させた伝統技術や文化って結構あるからな。

つうか中国で途絶えてるんならそれは中国じゃ無いものだ。
そういう欺瞞が中華文明の進歩を止めた重要な要因だと思うよ。

日本が古代支那の技術と伝統を受け継ぎ進歩させ、
中国は自らの選択で受け継がなかった。
それを日本の中の中国と呼ぶのはただ傲慢なだけ。

289 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 20:34:03 ID:SqMosNpm
>>275
フビライやヌルハチは別に漢化した訳ではないが、
異民族が大陸に帝国を興そうと
所詮は少数派でしかない。
支配層になっても多数派になる訳ではないのだから、
民衆の大多数である漢族は消滅しないし
少数の支配層になるだけでは
同化しなくても圧倒的大多数は漢族のままになる。

モンゴルや女真が大陸を支配しても
民衆そのものまでが変わる訳ではないのだから
断絶自体が無理。
それと国家が滅亡しても
民衆の間にある文化までは消えない。
明が滅亡して清が新たに興っても民衆の文化までは消えないからな。

290 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 21:23:26 ID:PoB0Ij+9
日本には異民族紛争ってのは、旧縄文系の蝦夷(えみし)、同アイヌ民族との軋轢があるぐらいで、
比較的早い時代に共通のアイデンティティを持つようになった。
まあ、蝦夷(えみし)系列の人々には文字文化がなかった、というのも理由の一つに挙げられるが。

中国など、絶えず異民族(それも極めて過酷な遊牧民族)の侵入があり、略奪・虐殺なんて
日常茶飯事だった。
ヨーロッパも一緒。絶えずイスラムの侵入という脅威や、宗教紛争、北からはバイキングが侵入など、
もう滅茶苦茶。

ぬるま湯状態の島国で、かつ容易に敵の侵入を寄せ付けない海洋と険しい山岳地形に彩られた国土。
長期的な物事でモノを見る事が出来、職人文化が花開いたのもまあ無理はないかな。

291 :日出づる処の名無し:2007/09/13(木) 21:28:13 ID:SniR+9j9
中国はインドから影響受けまくってるね。
仏教なんかもインドから伝わった。

292 :続き:2007/09/13(木) 21:34:59 ID:SniR+9j9
中国は、初心にかえって
インドから何かを学んだほうがいいんじゃないの。

【EU】EU、中国製品の輸入禁止を検討 [09/13]

2007.09.13
Webpostedat: 15:16 JST - CNN/AP
ブリュッセル──欧州連合(EU)で消費者保護問題を担当するクレバ委員は12日、
欧州議会の委員会で、安全基準を満たしていない中国製品を、
10月をめどに輸入禁止とする可能性を示唆した。

中国の年間玩具輸出額は昨年75億ドルを記録したが、
中国製玩具はここ数カ月安全性の問題を指摘され、
食品などと合わせて自主回収や輸入禁止の対象になっている。

クレバ委員は「これが最後の警告だ」と語り、来月予定されている中国当局の報告内容が
不十分だった場合、中国製品の輸入禁止を含めた措置を取る構えを示した。
具体的な対象品目は不明だが、EU関係者によると、玩具と予備部品が含まれる可能性がある。

EUはこれまで、製品の安全性をめぐる報告を中国から3回受けたものの、
いずれもEU側の懸念事項に回答していないという。

・関連スレ
【中国製】 基準超す鉛3年で40件、米での死亡例報告も~EUが監視体制見直し [09/08]

【米国】中国製食品83%が安全性に疑問…米国人調査[07/13]

【食品】「メイドインチャイナ」は危険商品の代名詞!
中国政府は自己弁護でなく信頼回復に全力を―在米作家


今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<人種間の人種観【前編】(part78スレ) | メイン | 外国人に話しかけるときは日本語? 英語?(part77スレ)>>
コメント
-  -
自民党も変わってるから問題なんだよね
まぁあれから変なのも出てったけど
良いのも入ってきてない気がするなぁ
どっちにしても再判断が必用なのは確か
ただし、マスコミに踊らされて入れないように注意しないとね
まぁ、個人的にはマスコミお薦め=マイナスポイントだから良いけどw

個別に判断といっても、党則で拘束されてしまえば、個人が良くてもどうにもならないのが政党なわけで...
少なくともアホやった政党にはいくら個人が良くても入れられないのが現状だとは思う
党首で判断ってのがやっぱり半分以上は占めるよなぁ
2012/08/14 03:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
安倍さんの何が悪かったかといえば、ただ「運が悪かった」のが一番じゃないかと思う。

でも個人的にはどれだけ真面目で頭が良くて能力が高くても、運の悪い人をトップに据えておきたくは無いと言うのも正直なところ。
2012/08/14 00:40  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
 次の選挙も一応自民に入れるだろうけど、09年以前とは別物と考えてないと駄目だろうね。
 立ち枯れやみん党、その他で人的資産(悪い方も含め)が流出してるからどうしても先鋭的になってしまうし、今までなら自分らでブレーキかけてた所が現行与党の乱行を見てる分自制しない可能性もある。

 日本の幕末維新、戦前戦後を見ても大きな変動の後は断絶してなくても持続してると言うにはあまりに大きな変化が起きてるから、二者択一では無い別の表現をしたほうがいいと思う。

↓さんへ、
 政党だけで括るのは間違いの元だと思うので中身に気を配る様にしましょうよ。
 小沢一郎も鳩山兄弟ももともと、自民で一大勢力を誇ってた党のウラの顔っすよ。

 次もボンクラ選んだら・・・今でも迷惑千万かけまくってるから堪忍袋の尾が切れると思う(ハル・ノート級の理不尽な要求が来ても驚かないよ)
2012/08/13 08:46  | URL | 魔法使い #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
文化大革命やらかしてる中国がXX千の歴史とか言えるわけもないわなぁ
中国人でさえ知識世代が断絶してて十年前とか困ってたのに

日本のある意味最大の武器の一つである文化をどこまでうまく使えるか、ある意味日本としては安全保障の一つでもあるのでうまく維持してほしい物でも有るけど
日本文化圏とまで言われたのは伊達じゃ無いところを見せてくれ

自民党はどうなるのかねぇ、次も国民があほ選んだら世界経済にまで悪影響がかなりでそうだ
それは戦争の引き金引いてるって事なんだがな...
2012/08/13 01:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/452-4d80bc24
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。