2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
核の抑止力(part75スレ)
- 2012/07/09(Mon) -
571 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 16:21:00 ID:vYPevU+B
・・・BS1で、
またアフリカ支援の話を流してるけど、

日本とかケチな話じゃなくて、
効率と効果を考えれば、まず、
ヨーロッパが支援すべきだと思う。

ヨーロッパは何をやってるのか、
そのへんを知りたい。

572 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 16:25:20 ID:aJ8AfDrX
アフリカを食いつぶしたのはヨーロッパだからな

576 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 18:12:10 ID:RO4Os5oU
>>572
アフリカを食いつぶしたのはヨーロッパ・・・×
アフリカを食いつぶしてるのはヨーロッパ・・・○

現在進行形で武器売って代金として資源食いつぶして借金させて、
さらに日本を始めとする債権国(国際援助としての貸付)に対して
「可哀想だから借金棒引きしてあげようよー」とさも人道ぶって
いい子ちゃんの振りして、更なる武器購入ループを仕掛けようとしてるのがヨーロッパ。

578 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 18:34:31 ID:vYPevU+B
貸した金を返さないとか、
本当は、どうでもいいんだよ。
返せないもんは、しかたがない。

ヨーロッパ、なにやってんだ。
成果を出すにはヨーロッパが適切、
だと思うのに、何かやってんの?

ああ、医療活動とか、そういうのはどうでもいい。
病気の何のってのは、結果のほうに近いんだから、
原因対策はどうかって話。

そのあたりの努力を、しっかり説明してもらえんと、
アフリカに対する援助は、無駄になるとしか思えない。
約束があるそうだから、それだけ果たしたら、
あとは、ヨーロッパに任せればいい。

常任理事国になりたいだけじゃねーのか?

579 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 18:52:45 ID:Slq/Zz8g
>>576
実際現在もアフリカは欧州(とアメリカ)の植民地なんだよな…。
あまりに狡猾に白人が搾取のシステムを構築しちゃっていてどうにもならない部分がある。
まぁ一番の問題は一握りのアフリカ人が白人とつるんで富を独占していることだと思うが。

しかし中国がちょっかい出すようになってますますアフリカはダークネスだな…。

580 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 18:59:30 ID:5/Fpyi7g
自立させるための援助でなく、自立させないための援助w

581 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 19:02:57 ID:SqfSv+Kc
それもヨーロッパの伝統だからしょうがない

583 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 19:25:01 ID:asDJqFhU
3年ほど前、スペインの南のほうを10日間の日程で500キロくらい車で走ったけど、
どこまで走ってもハゲ山しかなかった。
日本だったら、500キロも車で走れば緑こんもりの山がもりもりあるから、
その気分で走ってたけど、そのうちだんだん虚しくなってきたのをよく覚えてる。

その後、ヨーロッパ猛暑の話をニュースで見るたび、森が無いから貯水できなくて、
地熱があがりすぎて、夜になってもクールダウンできないからだろと思うようになった。

586 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 20:15:06 ID:asDJqFhU
そんなわけで、自国の面倒すら見れないヨーロッパ人が
アフリカのことを真剣に考えろっていっても無理。

オーストラリアの大干ばつのニュースを見ても、
白人は自分が生きている程度の将来のことしか考えられないの。
もう少し拡大しても自分の子供が死ぬくらいまでの将来までしか考えないの。

日本人がそうじゃないのはどうしてかと考えるに過去の歴史が長いから、
歴史はこれからも延々と続いていくと感じて生きてきたからじゃないかと思う。

584 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 19:45:28 ID:qR2iMwUT
東京もヒートアイランド現象で夜も気温下がらない地獄の夏だけど、
数十キロいけば高尾山みたく山がいっぱいあるんだよねえ。

585 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 19:57:23 ID:QSOpphAD
>>578
わかっとらんな。
ヨーロッパ諸国はなるべく植民地時代同様アフリカから絞り取りたいのさ。
もちろんアフリカンの自立なんてもってのほか。
そこら辺の神経は貧民にパンを施して教会に絶対的に依存させていた
中世カトリックと何ら変わらん。
だからアフリカに日本式の「魚を取る方法を教える援助」をされる事を警戒してる。
それやると日本がアフリカンの自立を促して
ヨーロッパ諸国の力を削ごうとしてると見なされる。
実際欧米の植民地だったアジアはそうやって日本が独立させてしまったし。
「ひとんちの裏庭に入って勝手に家畜に智恵付けさせるな。
 やるなら俺の言うとおりに餌をやれ!」ってことさ。
アフリカの自立の道はまだまだ遠いな。

ま、最近支那が資源分捕りに裏庭に侵入したおかげで、
いろいろ変化がありそうではあるが。
そういう支那に対抗するため、日本は裏庭に大使館を増やしたな。

つか、最後の一行が唐突で意味不明。

587 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 20:34:40 ID:+cSDcE5R
と、いうか、ヨーロッパ人も大概だが、アフリカ人自体も大概な人らだからねえ。

588 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 20:46:24 ID:vYPevU+B
ヨーロッパが、きちんとアフリカを支援してるのか、
やってないなら、日本が支援しても、おそらく無駄になる。

そういう疑いを抱いてるんで、
義務だの責任だの、雰囲気で流さないで欲しい。
それなのに、なぜか一部のマスコミは、
まず支援する結論があって、視聴者の説得にかかってる。

誰がやってんのか知らんけど、
アフリカ支援でヨーロッパにゴマをすれば、
常任理事国になれるとか思ってんじゃないかなと。

589 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 21:07:04 ID:g+/2KQfK
もうアフリカ票は中国独占だからな
借金まで帳消しにしてもらってんだから日本の支援などいらんでしょ

592 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 22:16:44 ID:qrRdSwyD
>>589
そうでもない。アホじゃないアフリカンは邪な中国の意図を見抜いている。
問題はアホなアフリカンが山ほどいるという。

593 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 22:19:17 ID:QSOpphAD
>>588
そういう事はマスコミに直接電凸メル凸すれば?あと政府にも。
疑問に思ったこと箇条書にしてさ。
まあ今までの例から言えばやたら支援の要請があるのは
NGOや何等かの利権絡みで動いてる可能性大だが。

常任理事国入りに関して言えば、雨が日本に常任入りの条件を出している。
その一つが日本が普通の軍隊を持つ普通の国に成ること。
じゃないといざ国連軍が動くって時に
理事国同士の軍事バランスが取れなくて逆に危ないから。
そして今の自衛隊には軍事法廷が無い。
これが自衛隊が軍隊じゃないと言い張る理由になっている訳だが、
独立行動が基本的な軍にとっては致命的。もし犯罪者が出ても裁けない。

支那や露の反対もあるが、一番厄介なのは国内に巣くう反日勢力だと思。
この前日本は日本とドイツだけなら、という案を押し切って
ブラジルとインドを追加して常任入りを見送られた。
これは、日本国内のそういう反日勢力の一掃と、
自衛隊の国軍化に向けた法整備の為の時間稼ぎと見ることも出来るんじゃないか。

596 :日出づる処の名無し:2007/07/01(日) 23:57:22 ID:VHIyQUJ5
>>593
常任理事国入りのアメリカ側が提示した条件はそれだけじゃないよ。
・国連軍への参加(アメリカにとっては普通の軍隊とかはどうでも良くて、
 国連軍に実効的に参加するなら形態を問わない)
・拒否権は持たない(準常任理事国)
・現在の常任理事国全ての全会一致
・非常任理事国の 3分の2以上の賛成
・次の国連改革時に常任理事国入りするのは日本だけで、
 他の候補(インド、ドイツ、ブラジル)は次の次の国連改革時まで保留
 (三カ国はこの案に絶対反対する)
アメリカ側が日本とインド、ドイツ、ブラジルの引き離し工作やってるのが分かる。

あとロシアは拒否権を持たないと言う前提で日本の常任理事国入りに賛成してる。
中国は反対しているんじゃなくて「態度の保留」と言う表現。

まとめると
アメリカ、ロシアは条件付き賛成。
イギリス、フランスは無条件で賛成。
中国は態度の保留。

597 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 00:03:23 ID:jLft7PFs
韓国は反対だっけ。韓国が反対したところで、常任理事国入りが危ぶまれないよネ!

598 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 00:17:02 ID:3HOKvrGV
おれ常任理事国にならんでもいいと思ってるんだけど
分担金さえ減らしてくれるなら
つか国連いらない
なんでアフリカだのアジアだのの訳のわからん小国の議決なんぞに
いちいち行動制約されにゃならんのだ
サミットがありゃ十分

599 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 00:22:56 ID:3IqmT2EW
>>598
国連憲章という物があってだな。
これは明確に侵略行為を否定しているので、ある程度の抑止力になっている。
国連に加盟していない国は当然これの保護を受けられない。

で、国連に参加している以上は議決に参加する義務があってだな。
常任理事国でない国は自分たちにとって不都合な議決であっても
賛成せざるを得ない状態に追い込まれたりする訳よ。
たとえば先の韓国人が国連事務総長に就任する際の議決とかな。
もし日本が常任理事国だったらフツーに否決させるか、
認める代わりに別の議決での譲歩を求める事とかができたわけだ。

まあそういうこと。

600 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 00:30:49 ID:tq/ZHX+v
拒否権の仕組みがある以上、常任理事になったところで
日本の国益になるとはとても思えないけどな。
たとえ理事になれたとしてもその責任・義務を果たす覚悟が
日本人にあるとは思えないんだが。

国連に幻想抱いてる奴多そうだな。

601 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 00:44:49 ID:3IqmT2EW
>>600
その拒否権があるからこそ、別の議決で有利に運べる訳よ。
しょうじきどーでもいい議決にとりあえず反対しておいて、
相手の譲歩を引き出すという形を取れば、「借り」ができる。
拒否権を持たない国ははっきり言ってその他大勢に過ぎないので、
一票程度の議決権なんて常任理事国の工作で簡単にひっくり返る。

幻想とか言うが、残念ながらその幻想で回っているのが今の世界なんだよ。
この幻想から目を背ければ、政治でも経済でも孤立するだけ。
だから国連を無視できるのは、資源を持ち、核を含む圧倒的な軍事力を持つ国だけ。
湾岸戦争時のアメリカのようにな。

602 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 02:03:48 ID:CAv/+89t
別スレでアフリカで一仕事してきた人がレスしてたけど
現地のなんちゃってNGOみたいな団体は
ヒッピー崩れのような欧米系と赤軍派の残党みたな反日日本人が
母国を馬鹿にしつつこき下ろしつつカネはむしり取って
現地で正義の味方気取りしている雰囲気らしい。

603 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 02:16:44 ID:3HOKvrGV
NGOって国から活動費用貰ってんの?
国には頼ってないのかと思ってたんだが

604 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 02:32:30 ID:CAv/+89t
>603
活動費用として正式に貰っているんではなく、援助されたカネなり人なりを
その地域のどこにどう分配するかの過程で、不透明な部分が大きいと。
まともなNGOや海外協力隊員などと、現地の人たちの間を取り持つという建前で
実はどちらにも寄生しているような人種がいる、との事でした。
母国より「いい思いができる」から住み着いてるような連中もいるわけです。

605 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 03:37:58 ID:y7MIa+2V
>>603
アメリカじゃ税金対策だろ。
グリンピースも食肉産業から貰ってるんじゃね?

606 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 03:53:36 ID:8XVOz1SE
アフリカの借金云々で思い出したが、某イカリングで大騒ぎしてた奴らは
今何の感慨も無くウルトラ消費生活をエンジョイしてんだろうな。

608 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 04:10:10 ID:PO84YgMx
>>601
>しょうじきどーでもいい議決にとりあえず反対しておいて、
>相手の譲歩を引き出すという形を取れば、「借り」ができる

これこそ幻想だろ
日本こそがそのどーでもいい議決を出してる側だからな
核廃絶決議案を日本の提案で毎年成立させているが
実は他の国の出している核廃絶決議案に対しては廃案工作を行っている
知ってると思うが何の効力もない無駄な決議案だ
外務省は貸し借りをこういった無駄なことで使ってる
ちなみに核廃絶決議案を毎年成立させてる理由は
「毎年やることに意味がある」だそうだ

609 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 04:17:03 ID:3vmbWh7B
>>608
それは無意味とはいえないだろうね。
まあ、拒否権はあった方がないよりいいに決まっているがな。

610 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 04:23:23 ID:42TXwyPf
既得権を持った連中の中に割り込むなんざ普通は無理だっての。
少しずつ提供する資金を減らして距離を取ればいい。日米欧印豪あたりが中心となって、
民主主義先進国連合作る方がましだっての。
ロシアと中国が拒否権持っている時点で機能不全は明らか。

611 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 04:26:41 ID:PO84YgMx
無意味だぞ
毎年米国は反対票だが理由は「何の効力もなく無意味」
オレは現時点での核武装は役に立たないという立場だが
核廃絶アピールという実績作りは
核武装反対派の反対理由の一つになっていて無意味より性質が悪い

612 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 04:47:58 ID:3IqmT2EW
核が無意味だなんてなんて平和な…。
核に限らず兵器という物は、敵対している双方が同じ物を持っているからこそ無意味になる。
使ったらお互いが滅亡するからね。
それを抑止力という。
でも片方だけが持っていた場合、それは無意味どころか、万能の外交官に変貌する。

北朝鮮がアメリカやヨーロッパにまで到達する核兵器を開発成功したとき、
「明日、北海道の原野に核兵器を撃ち込む。
 それを見て降伏し金正日総書記の奴隷となるか全員死ぬかとちらか決めろ。
 もちろん拒否したり、何らかの軍事行動を取った場合、次の攻撃目標は東京だ。」

…なんて言われたとしたら、日本が取れる行動はない。
アメリカが自国に核攻撃を受ける恐れがあるというのに
報復核を打ち込むわけがないのだから。
(これはイギリスやフランスがペンタゴンに対しての質問書を送りつけた際に
 回答できなかった事からも明らか)
核はおろか、弾道弾も巡航弾も持たない、敵地攻撃力を持たない日本は
朝鮮人の奴隷として永遠に生きていく以外に道はないね。
別に朝鮮だけじゃない、中国、ロシア相手でも同じ事。
EUというくくりで守られるドイツと違って、
力を持たない日本はご機嫌伺いをして生きていくしかないのさ。

613 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 05:18:23 ID:PO84YgMx
>>612
核武装派と軍オタは抑止力を盲目的に信じ過ぎてて痛いんだよなあ
米国・ロシア・中国と日本の面積比べてみればわかる
同じ一発でも被害の割合が比べ物にならない
それともう一つ
アメリカなら自国民の命を考慮するだろうけど
ロシア・中国が米国と同じように自国民の命を扱うわけがない

614 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 05:41:08 ID:K5FtFwVl
>>613
防御の効率と言う観点で行けば面積は小さい方が良い。
大体、今日の水爆の威力なら一発で大陸国家を壊滅できる。
質による短期決戦なら日本に勝てる国はこの地球上に存在しない。

615 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 05:53:05 ID:l0XhMHbC
>>614
>大体、今日の水爆の威力なら一発で大陸国家を壊滅できる。

無理。
無知にも程がある。

>質による短期決戦なら日本に勝てる国はこの地球上に存在しない。

量で攻められたり、長期決戦に持ち込まれたらどうするの?w
短期決戦で最強からして非常に疑わしいが。

616 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:01:31 ID:42TXwyPf
>>613
とは言っても北京・上海・ニューヨーク・ワシントン・モスクワに核攻撃できるなら、
それは相当の抑止力はあるんじゃね?

617 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:02:46 ID:lsiduqor
抑止力ってのは、基本的に、
核兵器に対する抑止力じゃないのか。

困ったもんだな。

618 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:15:12 ID:OH4td/q7
>>615
おまえバカだろw
長期決戦に持ち込まれたら、それは短期決戦じゃないだろ

619 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:19:10 ID:tIRLwC3/
核戦争の技術論は結構難しいね。
実際日本はその国土の小ささは決して有利な材料にはならない。
周りを海に囲まれているから、潜水艦からの攻撃も守りにくい。
東京・大阪・名古屋などの大都市もかなり狭い範囲に集中しているのも
核攻撃に対する脆弱性の一因といえる。

米・中・露のような大陸国家と日本が核で殴り合ったら、
文字通り皆殺しにされかねない。確かに核を持っていれば
向こうの大都市のほとんどを破壊することはできるかもしれないが、
皆殺しにするには広すぎる。もちろん数百発撃ち込めるなら別だろうが、
そんなことしたらそれこそ地球全体が持たない。

中国なんかは本気でこの狂気の計算をやっていたようだけどね(いや米露もか?)。
「こちらは90%破壊されたが、敵は99%破壊した。我が方は10%も残っている!
これなら我々の勝ちだ!」という馬鹿馬鹿しいとしか思えない勝利を模索していた。
でも日本にはこういう勝ち方は出来ないだろう。

620 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:22:42 ID:42TXwyPf
>>619
その計算は破綻していると思うな。
何も無くても環境汚染が激しく食料を輸入している中国で、
残った一割の人間がどうやって生きていくの?共食いして滅ぶしかない。

621 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:28:47 ID:jLft7PFs
日本ならすんげえ威力がでっけえ純粋水爆でも作れんじゃね?

622 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:40:06 ID:lsiduqor
喧嘩するにも、限度があるんだよ。

623 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:41:03 ID:MVPlBB71
>>619
なんか、よく勘違いしてる人がいるけど、
戦争って殲滅が目的になることって殆どないよ?
日本が核もっても抑止力にならないって言う人多いけど、
相手の首都なり拠点のいくつかに向けて、
撃つかもよって姿勢しめすだけで、相手側からの攻撃を躊躇わせることができるだけで
充分抑止力になるでしょ。

624 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:46:16 ID:lsiduqor
相手を全滅させれば、勝てるじゃん、って、
そういう無茶苦茶な話を本気で考えてるから怖いね、
って話でしょう。

625 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:47:20 ID:PO84YgMx
それは日本のようなまともな理性をもった国に対してだろ
中国を同じような国と認識してる時点で間違ってる

626 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:58:20 ID:MVPlBB71
ん?中国に対して核は抑止力にならんという根拠としては薄いんじゃないの。
拠点に核向けられてたら、さすがに躊躇うでしょ。
支那大陸の人間が全滅しないということと
共産党首脳が中華人民共和国を維持できるかどうかとは別の話だし。

627 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:59:02 ID:tIRLwC3/
>>620
>>623
核戦争では「敵は殲滅を目的としてやってくる」と考えていたんだよ。
特に冷戦期はね。だからこちらもその殲滅戦にどう生き残るかを、
今となっては馬鹿馬鹿しいまでに真剣に考えていた。
その結果が国力のあるアメリカの巨大な核シェルターであり、
中国の膨大な人口による最終的な勝利論(?)であるわけで。

もちろん抑止力としては相手の大都市のほとんどを破壊できる能力があれば
充分なんだがな。冷戦時代の米ソはその抑止力を信用できずに
途方もない量の核兵器をこしらえたわけだ。

イギリスとかフランスとかは最低限度の抑止力で「ま、いっか。こんなもんで」と
思うだけの余裕(というか国力上の限界)があるんだが。
アメリカやソ連、そして今の中国みたいに、世界の頂点に立つ連中は
「本当に核戦争になっても絶対相手より有利な状況を作る、俺たちは勝ち残る」
ことを模索している。
普通に考えれば相手の99%を壊してもこっちの90%が壊されちゃ
「お互い負けだろ?」と思うんだが(それが抑止力なんだが)、
大国っつーのはその10%残せるかどうかにこだわるわけだ。
そして日本にはその10%を残す勝ち方は厳しいってわけだ。
まぁ数字はあくまで例えだけどな。

それと…生き残った中国人の食料?知るか。共食いでもするんじゃねーの?w

628 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 06:59:33 ID:MVPlBB71
あ、もちろんオレは「核は中国に対しても抑止力になりうると考える派」な。

629 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:03:38 ID:jLft7PFs
純粋水爆って放射能が出ないんでしょ?放射線は出るけど。
放射線で後々から被爆で殺すのは卑怯な感じするから。

630 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:03:46 ID:MVPlBB71
>>627
>>620

> 普通に考えれば相手の99%を壊してもこっちの90%が壊されちゃ「お互い
> 負けだろ?」と思うんだが(それが抑止力なんだが)、大国っつーのはその
> 10%残せるかどうかにこだわるわけだ。そして日本にはその10%を残す
> 勝ち方は厳しいってわけだ。まぁ数字はあくまで例えだけどな。
>
> それと…生き残った中国人の食料?知るか。共食いでもするんじゃねーの?w

自分でも書いてらっしゃるが、残った10%ってのが国の形を維持できるとは
到底考えられない可能性がおおきい中国は、核戦争に勝てないわけで。
ここに相互確証破壊はなりたつわけで。
なので抑止力になると思うわけ。核を持つ事の是非は置いてな。

とりあえず、相手に核ボタンを押すことを躊躇わせることができれば良いと思うのさ。

631 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:04:24 ID:lsiduqor
「奇麗」な核兵器なら良いってもんじゃないよ。

632 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:06:00 ID:lsiduqor
核兵器は、効率的なのが特徴だけど、
基本的には都市に対する爆撃と一緒。

633 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:08:24 ID:tIRLwC3/
>>626
>>628
日本が核を持てばもちろん抑止力になるよ。
俺だって中国の、共産党の幹部連中はそんな馬鹿じゃないと思う。
自分たちのせっかくのいい身分を捨ててまで戦争する気概はないだろう。
毛沢東時代の貧しい中国ならいざしらずね。

ただ軍人とかはまた別の考え方をするからね。
特に今の人民解放軍は結構ヤバメな発言する幹部もいるから。
それと今の歪んだ愛国教育を受けて育った若者が
これからどういう方向へあの国を持って行くかわからんからね。

99%核は使わないと思うけど、1%ぐらいの可能性で「使うんじゃねーかアイツらは」
とも思う。言うまでもなくこの1っていう数字は常識的に考えてかなり「高い確率」だ。
台湾とかのことになると歯止めきかんしアイツら。

634 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:10:22 ID:tIRLwC3/
>>630
数字はあくまで例えだよ。国の統制が完全に効かなくなったら、それは0だろ。

635 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:12:21 ID:PO84YgMx
>>626
普段どういった情報に接してると中国の理性を信じられるんだ?
ここからが違うな

636 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:15:41 ID:MVPlBB71
気違いに刃物って言葉があるけど、刃物を持ってるのが気違いだから
あきらめろっていってるように聞こえるのがどうかとおもうのさ。
中共の核はまさにそれだし。
もちろん、気違いは見境なく刃物をふるってくる可能性は高いのだけど、
それに対しての身の守りそのものを無駄と考えるのはどうかなあ。
刺されるにしても出来る限りの事をした上でなければ死んでも
死にきれるもんじゃないわな。

637 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:19:18 ID:MVPlBB71
>>635
> >>626
> 普段どういった情報に接してると中国の理性を信じられるんだ?
> ここからが違うな

だからさ、気違いの刃物にさされる可能性があって、刃物もってるのが
気違いだからというだけで諦めろっていってるように聞こえるのさ、
あなたの言い方だと。
理性を信じられないならなお、こちらでできるだけのことは
やっとかんといかんでしょ。

638 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:20:08 ID:lsiduqor
中国に対峙してるのが日本だけならね。

639 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:22:37 ID:PO84YgMx
>>636
実際そのとおり現時点では諦めるしかないだろう
その上で対処するしかない
オレの頭で考え付くことは二つだけ
核の数十倍の威力をもつ兵器の開発
そしてもう一つこちらが大事
中国共産党首脳に核戦争を躊躇させるほど日本人は恐いと信じさせること
具体的に思いつくのは特攻隊の徹底した賛美だと思う
日本人は根絶やしにしなければたった一人でも命を投げ打って闘うと思わせるしかない

640 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:23:24 ID:tIRLwC3/
>>630
あと俺が言ってるのはその「相互確証破壊」の束縛からなんとか相手を
出し抜こうと、いろいろ悪あがきしているのが超大国ってことだ。

実際技術的には相当難しいMDにしても、「できたらいいな」と思っている
から米は研究やってるわけで、「できたらいやだな」と思っているから
ロシアや中国は過敏になっている。

日本が核を持って「これで俺たちも核抑止力持ったぞ!」と思っても、それが
北京・上海・天津・重慶程度しか破壊できないものなら、場合によっては
中国はそれを相互確証破壊とは思わないかもしれない…そういう不気味さが
あることにも気を止めておくべきだろう。
また日本が中国全体を破壊するだけの核を持つのは経済的にもかなりの負担になるから
それこそ無理な話だろうね。

641 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:25:38 ID:tIRLwC3/
>>637
>気違いだからというだけで諦めろっていってるように聞こえるのさ

ハッキリ言ってそれはお前さんの早とちりだ。そんなことは言ってない。

643 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 07:54:13 ID:LKhlRdsM
>>640
相互確証破壊ではなくても、失うものが大きいから少し躊躇う・・・それで十分だろ。
100%阻止できないなら意味が無いと誘導したいように思えるのだが。

644 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 09:25:00 ID:YbJUVNz9
>>627
マジレスすると、冷戦時代でも核は殲滅目的じゃなかったよ。
アメリカは「工業力を半減(目標値50%)させる」を目標として核戦略を建ててたし、
ソ連は「確証性(確実に破壊出来ると言う確証)を高めて、アメリカの戦略都市を叩く」
を目標としていた。

>>640 
>>643
アメリカもロシアも今は相互確証破壊を核戦略に取り入れていない。
今は「段階的報復(選択的戦略目標)」って言う核戦略が主流。
未だに全面報復戦略を取り入れているのは中国だよ。

646 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 11:35:07 ID:Wp5+Zc5A
まあ核が威嚇にしか使えない以上、自前で核を持とうが核の傘に入
ろうが同じなんだな。攻撃する立場なら、本当に米が反撃しないと
確信がない。まして万が一にもMDで打ち落とされると思えば。
じつはMDって不完全でも核並の抑止力があったりする。

647 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 11:38:48 ID:lsiduqor
基本的に核は、
相手の核を使わせないために使うもんであって、
それ以外に使うもんじゃないよ。

こんなもん、無けりゃよかったのに、
できちまったもんは、それこそ、しかたがない。

648 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 11:45:15 ID:Wp5+Zc5A
日本が核攻撃されても米は反撃しない、という話なんだが、
それはそれだけ核攻撃のハードルが高いという事なんだと思う。
まして先制核攻撃なんてできるのかって話だよ。
それを考えるのが危機管理なんだろうけどさ。
現実的には体制が崩壊しようが核攻撃なんてできない。

649 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 11:45:47 ID:lsiduqor
MDも、技術が完成したら、
すべての核を持つ国に配備しなければ、話が通らない。

核を持つ相手が信用できないから、
こっちも核を持ってるわけで、

こっちが相手の核を防げるなら、
相手も防げるようにしないと、
釣り合いがとれない。

偽善ですが。

650 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 11:46:47 ID:lsiduqor
あるいは、MDが完成した時点で、
一方的に核を廃棄するか。

651 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 11:58:06 ID:3IqmT2EW
>>646
同じのわけないじゃん。
前にも書いたけど、自国を核攻撃される危険を冒してまで
核攻撃をするほどアメリカはお人好しではない。
イギリスとフランスが、核攻撃された場合の具体的な報復攻撃についてのプランを
アメリカ軍幹部に問うた事がある。
その高官は絶句して二の句が継げなかったそうで、
それが両国が独自の核開発に至った決定的事件だった。
いざというときにはアメリカは同盟国を見捨てるって事が分かったって事だからな。

MDは核保有国以外には役に立たないというのが一般的評価。
なぜなら10発程度の当たるか当たらないか分からないようなMDなんて、
お話にならないから。
飽和攻撃をされたら終わりの防御兵器にはなんの価値もない。
MDが有効といわれているのはあくまでも核保有国のみの話。

最初の核ミサイルの撃ち合いが始まった場合、
MDを持っている方はもしかしたら打ち落とせるかも知れない。
持ってない方は一方的に攻撃を食らって、
反撃能力を奪われるかも知れないという事だから。
日本のように核を持たないでMDを持つだけというのは実は全くの無駄であり、
せいぜい気休め程度の物でしかないってわけ。
だって、相手が保有しているMDの分だけミサイル(核弾頭でなくても良い)を打ち込んで、
弾切れを起こさせてから本番の核弾頭を打ち込めばいいだけの話だから。

652 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:03:13 ID:lsiduqor
・・・つまり、

相手の撃った核をMDが叩き落した後で、
ポケットに手を突っ込んだままニヤリと笑って、
「撃ったな」とか言ってから、打ち返す。

そういうもんだわな。

654 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:14:59 ID:7S5RXWNL
そもそも日本に対して飽和核攻撃が出来るのは米露だけなわけで。
支那と朝鮮からの核攻撃への対抗手段としてはMDは有効だ。

655 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:15:06 ID:3IqmT2EW
>>652
そういうこと。
北朝鮮が数発の核弾頭しか持っていなくても、
ダミーのミサイルを撃ち込みまくって、
日本がMDで反撃しなくなって着弾し始めて(つまり弾切れを確認して)から
核弾頭で攻撃できるという事。

何せ日本はミサイルが放たれたという確認はできても弾頭なんて分かるはずもないから、
すべてを撃ち落とさなくては意味がない。
そしてその能力はない。
おまけに反撃核はおろか、弾道弾も巡航ミサイルも対地攻撃用長距離航空機も持っていない。

つまり今の日本は素っ裸で強盗団の隣にいるようなもんだ。
アメリカという用心棒も近くに住んでいて、みかじめ料を払っているが、
事が起きたときに動いてくれる保証はないって言う状態。

656 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:25:01 ID:lsiduqor
でも、力のインフレに天井はないし、
そういう時期は、もう終わってんだけどね。

ついていかれない人たちが、
新しい方法を開発しちゃうのは、
ある意味で当然なわけよ。

戦う前に嫌われてれば、
戦った後にも嫌われてるよ。

日本は、むしろ悪い例だったと思う。

657 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:31:22 ID:3IqmT2EW
終わってないよ。
その証拠に北朝鮮やイランが核開発をしている。
文字通りの絶滅兵器である核という物が兵器の最終到達点である事は間違いないのだから、
それを保有していないという日本は、
保有している敵対国を持つという点においてきわめて脆弱。

軍事は嫌う嫌われるの問題でもない。
生きる生き残れるかの問題なんだから。
たとえばアメリカは世界中から嫌われているけど、だから何か問題でも起きているかな?
力を持っている国は好きとか嫌いとか、そんな事なんて全く気にする必要がないんだよ。
それが現実。

658 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:31:44 ID:lsiduqor
>>653
監視っていうか、そりゃ見てるだろ。
誰でも、見られる。

でも、実際に見られてるのは、
舞台の上や裏側で働いてる人たちのほうだよ。

659 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:33:44 ID:lsiduqor
だから、核兵器が兵器として意味を持つのは、
国家が国家の名において、正々堂々と使うときだけだって。

見えない相手に、核兵器は使えないんだよ。

660 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:42:28 ID:3IqmT2EW
>>659
???

661 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:44:11 ID:lsiduqor
所在不明の敵は、ほぼ完璧なMDを持ってるのと同じ。
ってことよ。

662 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:47:21 ID:3IqmT2EW
>>661
はい???

663 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:49:42 ID:lsiduqor
・・・ごめん。
まいった。

つか、言えないって。

強調しておきたいのは、
やっちゃいけないことをやれば、
みんなどんどん離れてくってこと。

664 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:58:22 ID:3IqmT2EW
なんのこっちゃ…?
見えない敵ってテロの事でも言ってるの?
何で突然そんな話が?

やっちゃいけないことって、戦争でそんなの糞の役にも立たないのに。
日本を核攻撃&無差別爆撃大虐殺をしたアメリカをどこかの国が非難決議でも動議した?
強い力を持つアメリカやソ連からどこかが離れていったかな?
何百年後の歴史は評価するかも知れないけど、
生きたまま焼かれる人間にそんな事は関係ないわな。

世界の軍事的対立の中では名誉とかなんて鼻糞並みの価値しかないってのに。
勝った物が正義、負けた物は悪。
歴史を見れば明らかでしょ。
もし名誉や道義がその国を決定づける物だとしたら、
アメリカはとっくの昔に世界から孤立してなければおかしいのに、
今でも世界のトップに君臨し続けている理由を考えてみればいい。

665 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 12:59:14 ID:ZfzoJWSf
きっとイスカンダルの人に助けてもらえばいいんだよ~(*´∀`)ウフフ

666 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 13:14:45 ID:zbdOBOLJ
核の抑止力がゆるぎないのは冷戦のときくらいだろ。
911以降そういう意味でも世界は変わったんだからいつまでもどうしようもない話してんなよ。

667 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 13:17:52 ID:3IqmT2EW
>>666
じゃ、そのゆるぎなくなった世界において、
6カ国協議までやって核を放棄させようとしている理由を
400文字原稿用紙3枚以内でお願いします。

668 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 13:27:19 ID:lsiduqor
四カ国協議だろ。
実質、二カ国だけど。

北朝鮮は中国が管理する。

でも、それじゃ絶対に収まらない。
だから、考えなきゃいけない。

669 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 13:28:26 ID:xwinjk5H
ここ何スレ?

670 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 13:41:07 ID:lsiduqor
・・・ジャポニスムスレです。
すいません・・・。

671 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 13:46:09 ID:octVvrmO
じゃあ創価学会について語ろうか

672 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 14:05:47 ID:jLft7PFs


681 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 17:51:48 ID:5J/2MDJ5
そんなに核兵器が好きなら核と結婚すればいいじゃない!!

684 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 19:34:43 ID:octVvrmO
核と日本の文化になにか関係があるのかもしれないじゃないか。
核について話すのはいいけど日本文化との因果関係をハッキリさせてからにして、
興味もてないから

685 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 20:07:12 ID:O49/BH7t
一応ヒロシマというのは、フジヤマ、ゲイシャなみに世界に知られてる
日本のキーワードの一つだからね。唯一の被爆国でもあるし。
ジャポニスムを語るなら、核と日本の話題は避けて通るべきではない。
また重力や電磁気力と並ぶ、宇宙第四の力である核力を発見したのは日本人だから、
そのへんも知っておいてほしい。

686 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 20:24:27 ID:dGCNWB7e
うるせー!くそムシ!

687 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 20:41:07 ID:TohWXU5q
「核家族」って英訳すると「Nuclear family」になるんだって。
なんか危ない家族だな。

688 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 20:56:25 ID:t1C9vDYr
その昔、ガイドラインに核家族ってスレがあったな。

689 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 22:33:19 ID:CAv/+89t
そういや核家族は禁止ワードにならないんだね。
大学の研究施設で、核磁気研究所みたいなのを山中に作ろうとしたら
すごい反対運動が起きて、しょうがないから磁気研究所にしたって話もあったのに。

690 :日出づる処の名無し:2007/07/02(月) 23:49:03 ID:yXz0phsv
「核」でNuclearなら、「核爆弾」はNuclear bombなるんだよな?
「核爆弾」がNuclear bombって意味だと知ってるアメリカ人が
「核家族」って言葉を知ったら、
ちょっとキケンさを感じるんだろうか?

691 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 00:16:14 ID:IihO8RMx
僕の家族は核家族です。
この前アメリカの科学者が我が家を訪れました。
(続く)

692 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 00:17:03 ID:k07mYZMr
かくかぞく3 【核家族】
〔補説〕 nuclear family
一組の夫婦と未婚の子だけから成る家族。
アメリカの人類学者マードック(G. P. Murdock (1897-1985))によって
人類社会に普遍的に存在すると主張された。

693 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 00:56:51 ID:hw544aES
>>690
アトムとウランちゃんとコバルトくんと……

694 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 01:00:07 ID:Pqy7jHTs
U20サッカー日本代表にアトムが。

695 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 01:49:29 ID:4iRRpp+M
>>693
考えたら戦後直後の漫画に核にまつわる名前使うってスゲーな
ヤマトの時はヒダリマキが反応したらしいが
アトムには反応しなかったんだろーか?w

696 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 01:52:56 ID:zg0AjgpQ
>>695
左巻きはインテリには滅法弱いからなー。

702 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 03:05:42 ID:Hka6mUK4
>>695
核廃棄物問題や原発の事故なんかが槍玉に挙げられなかった時代は、
核の平和利用てのは気功術とか対消滅みたいな扱いだったから、
放射能漏れなんかは気にしてなかったんですよ
進歩的文化人の大好きなソ連が土木工事や船舶用、人工衛星用に
積極的に使ってたおかげで批判できなかったせいもあるけど

697 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 02:16:25 ID:e1wdfw/p
初めて新聞を読むことに挑戦しはじめた小学生の頃、
ガンダムのような戦争美化する作品はけしからんと言う投書があって
ムズカシイ言葉使ってカッコつけてるけど
大人はTVと現実を一緒にしちゃうんだなあと呆れた思い出があります。

698 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 02:29:49 ID:nib+Fxdg
っていうか、そもそも戦争を美化していないんだけどね。
美化してるのはヘルシング。

699 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 02:37:15 ID:Pqy7jHTs
美化してるようには思えんが、ヘルシング読んだことないだろ?

700 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 02:42:37 ID:z6/+F02+
あれは美化だったのか
てっきりテメェ勝手な持論で世界をオモチャにした挙句
勝手に自滅していくテロ集団とミリオタを
生あったかく見守るマンガと思ってた

今回の記事の出典元
この記事のURL | ジャポニスム | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<甘い世の中(part75スレ) | メイン | カレーは和食?(part75スレ)>>
コメント
-  -
 国際競争力を持った企業がラ国で自衛隊向けの兵器を作って、
プラスアルファで偶に世界が驚くような物を作れば直近は十分だと思うけどね、
と言うことで今度は「歩くガンダム」をどっかが作ってくれw
 マクロスのディフェンダーとかモンスターでもok
2012/07/12 00:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本は小さく着実に進めば良い。
落ち目の家電企業に軍事転用できそうな技術があれば、その全てを国が高額で借りれば良い。

ロシア、アメリカにも負けない軍事技術を持ち、家電製品のように次々と新兵器を開発すればそれだけで相手は圧倒される。
軍事費GDP1%じゃ絶対できないけどな。
2012/07/11 18:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
核持つだけで世界中に金をばら撒く体質が治ってくれれば
核兵器を維持、開発する金額なんて帳消しになりそうなんだがな。

でも、そんなことには絶対にならないどころか
核を持つ条件として、もっと金をせびられる気がするんだよね。
結局、今の状況の方が幾分かマシってこと。
2012/07/11 00:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
何を言いたいのかよく分からんお花畑が何人かいるってことがわかった
2012/07/09 23:23  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/441-39d47261
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。