2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本音楽は世界で受け入れられているか?(part72スレ)
- 2012/05/19(Sat) -
10 :日出づる処の名無し:2007/04/30(月) 23:48:44 ID:kLRaRz/W
ところで俺は最近強く思うことがあるんだ
日本のアニメや漫画、ゲームは本当にレベルが高くて
海外にも受け入れられているので、うれしいのだが
日本の音楽だけは全然海外に受け入れられていないのは
すごく悲しい・・・
どうして音楽だけは進化しなかったんだろう・・・

12 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:05:25 ID:omYc3XUo
>>10
ジャンルによるのでは。
ゲーム音楽はとりあえず外国といっても英米が主催しかみたことないが、
ゲームミュージックのライブがかなりでかいのをやってるらしい。
そういうショーマンシップは向こうは早いな。日本はオーケストラではやってた方だけど。
まぁオタ受けだと思うが。
アニメからというのも多いしね。

やっぱ映画とドラマがクソだからどうしてもそっちからは伝播しないんだろうな。
歌手についてはどうしようもないね。島唄くらいでがまんしようや。

13 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:07:32 ID:BjPQ6Bqc
勉強も運動も得意で絵も上手、でも音痴ってくらいのが萌えるじゃん。

J-POPも受け入れられてる地域はあるみたいだけど
「海外に受け入れられたその国独自の音楽」ってのは
アメリカのジャズとかヨーロッパのクラシックとかそういう定義?

14 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:07:52 ID:3Ilpzewa
>>10
欧米各国つーか英米は国内だけで供給過剰だったから
入り込む余地が無かった、でしょうなやっぱり。

あと、アニメゲーム漫画がオリジナリティを獲得できたのに対して
言っちゃ悪いが邦楽は洋楽のパクリから脱出できてない。
そういう意味ではジャニーズとかモーニング娘とかの方向性は全然ありだった、
つーのが歴代このスレの解釈だっけか。

ゲームはアタリショック後任天堂が市場を掌握してソニーが欧州で販路を拡大した。
1億台を超えたのはFC,GB,PS,PS2だっけ?
でも最近は米製つーかElectircArtsに市場の半分以上を持ってかれた感じ。

アニメや漫画は似たのがあったけど差別化できてたから
新しいものとして受け入れられた、てところでしょうか。

アニメはTVがネット放映に移行して中間搾取を減らして制作費上げられれば
もう一段階上にいけるんじゃないかと妄想してますw

16 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:23:42 ID:LSDPFewz
ゲームとかアニメの音楽って結構高度で面白い曲が多いと思う。
Aメロ+Bメロ+サビみたいなお約束に縛られていないのも強みだろう。
人に歌わせるという縛りをなくすとなぜ面白くなるのか…、
最近東方ProjectのアレンジCDばかり聞いてるんだが。

17 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:39:42 ID:3Ilpzewa
>>16
ゲームやアニメ音楽発で
交響組曲何某、てCD結構出てるんだよね。

知ってるだけでも久石譲、ガンダム、FF、DQ、鬼武者。
女神さまやサクラ大戦の劇場版も名スコア?ぞろいだし
大手ゲームメーカーの大作ゲームは音楽的なハズレは殆ど無い感じだし。

FFの作曲者、植松氏によると昔では考えられない
音楽大学で作曲学んだ人が面接に来るらしいし。

18 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:44:43 ID:uBiWGuj6
日本の音楽と聞いて、jぽpとかの話になったり
サブカルと絡めたりするのは、切り口が良くないのでは?

喜多郎とか東儀とかはどうよ?

19 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 00:56:05 ID:3Ilpzewa
よく知らないんですよねぇ。
シルクロードとNスペのテーマ曲ていうイメージぐらいしかない。
武満徹は意味不明だし。

鬼武者のサントラは和楽器をふんだんに盛り込んでて
能の前口上?てのがあるかどうか知らんけどw
それに続いてメインテーマとか、音楽的にも面白いんじゃないかと思う。
基本オーケストラだけど笙(ぷあーて鳴る奴ね)だけの曲とかもあるし。

一番びっくりしたのは作曲者の耳が聞こえないって事だけどw

すまん、話を戻してしまった。もう消えます。

21 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 01:17:39 ID:LNSda5Uo
三味線の兄弟とかヨウベツであったよ。
ただ欧米受けじゃなくて香港?に受けてるっぽいかな?
尺八はだれかわざわざ勉強して吹いていた外国人がいたような気がするけど。
メジャーにはなれないけどそういうちょこちょこっとしたファンや演奏者がいるのでは?

22 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 01:41:07 ID:BjPQ6Bqc
小学校でたて笛とピアニカ習っても
鼓や三味線は触る機会もないからねえ。

音楽や体育や美術や技術家庭科って、諸外国ではどういう授業なんだろ?

28 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 09:02:55 ID:YEYZxZhy
>>12
日本ではオタク関連に対して偏見があるしな。
大概の人たちは自分の感性より流行かどうか売れてるかどうかで聴くだろう。
新居昭乃は世界最強だっつーのな。

29 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 09:41:02 ID:DHeNuH6c
>28
日本語って割と「捲くし立てる」のに向いている言語だと思うんだよ。
早口の電波ソングを聞いていると。
英語って早口になると何となく発声がぐじゃぐじゃ~となって
曲とは別物として歌ってる感じになる気がする。
日本語は早口になっても音が濁らないからスパパパパッと歌っても汚くならないというか。
あと強勢を無視できるから声を楽器して扱い易いように思える。
つまり声を楽譜に合わせることが出来るわけで。

35 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 13:20:19 ID:hY7bgdOR
>>10
本来音楽は民族的特長が顕著に出やすい芸術だからじゃないかね。
そうなると完成度の高いヨーロッパのクラシックとか
強烈な個性を放つアメリカの黒人音楽なんかが抜きん出て優れているから
欧米が世界中に影響力を持ってるのでは。

反対にゲームやアニメは無国籍風であることが特徴だから
それらの音楽はボーダーレスの芸術という面で捉えられるかもしれん。

36 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 13:49:14 ID:N5t0AYeI
結局突き詰めると、
楽器が西欧発祥のモノがディファクトスタンダードになってしまっているから
全て洋風に聞こえる訳で・・・・・・・・・
尺八や和琴などは所詮ローカル楽器だしな。

39 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 14:39:46 ID:uBiWGuj6
自分が持ってる喜多郎のCDに、グラミー賞受賞とか書かれていたのを思い出して調べてみた。
http://columbia.jp/kitaro/profile.html

ノミネートだけなら11回もあるらしい。
グラミー賞はアメリカ様の文化賞の様だし、喜多郎は米でも評価されてるみたいだ。

45 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 16:56:45 ID:OoYX6HKw
>>10
音楽は歌を歌うというのなら仕方がない部分だと思う、
言葉って壁がなんだかんだででかいと思う、
自分とかは歌詞を重点においちゃうからどうしても外国のは好きになれないし
(わざわざ意味調べてまで~とかないからね)
日本の中でだってそんなヒットしてるの?って感じだし
ビートルズがーとかの時代を知らないからかもしれないけど
洋楽ファンだけに流行ってる感があって
全体的に日本でもヒットしてる歌手がいるとは思えない

BGM的なのならゲームソングみたいなのなら
向こうでも口ずさめる人はたくさんいると思うよ

46 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 17:25:44 ID:COc0JeJO
日本語は音が綺麗だと外人から言われるけど、
和語だけではなく、外来語もそう思われてるのか?

47 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 17:37:57 ID:fzZcYuw9
なんだかんだで575的なリズムに乗せてしまえるからかと。

50 :日出づる処の名無し:2007/05/01(火) 18:03:23 ID:COc0JeJO
>>47
逆に日本語も、中国語で表記するとリズミカルになるのかもな

79 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 12:42:52 ID:FtNdVDcO
>>10
遅レスだが
総体的な頂点(プロ)の高さは裾野(アマ)の広さに比例する。
そして誰もがまず模倣からその世界に入っていくが、
参入障壁が高ければ当然裾野は広がらない。
で、音楽界の惨状は……、まあ、そういうことだ。

色々と文句はあろうが、
同人活動を容認してくれている漫画・アニメの版権者には感謝してもバチは当たらんだろう。

80 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 12:54:43 ID:3SJ0jZFp
>79
同人市場から作家が生まれ、商業市場に移行して、
その作品に刺激されてまた同人市場に作家が…というサイクルになっていますね。

週刊系の大型作家などはそのサイクルからは外れ気味ですが、
市場から言えばまったくの無影響ではないかと。

自分も同人から商業に行った口ですが、
色々な意味で同人というものが果たしている役割は大きいと思います。

81 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 12:58:55 ID:590fO3ru
>79
音楽界の裾野というと、アマチュアのバンドが
好きな曲をコピーしてライブハウスで、とか(実物知らないけど)
あと学校の部活動や地域のサークルでしょうか。

鼓笛隊や吹奏楽部、管弦楽部のある学校は多いですし
ある程度の規模の自治体なら市民楽団やママさんコーラスもあり、
クラシックの本場を除けばかなり恵まれていると思うのですが。

漫画アニメの同人誌活動については同意w
規模や質はともかく、調べれば田舎の公民館でも即売会が開催されている。

82 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 13:22:14 ID:jLiZgD2N
>>79
後、漫画は、漫画雑誌+単行本という形態が素晴らしい。
利益率から言えば、売れている作家の単行本のみの方がずんと良いのだが、
それでは新しい芽は育たない。
売れっ子作家の威力で何とか利益を取りつつ、新人を育てて
そいつがまた売れっ子になり・・・という形態は巧妙だ。

欧米だとイキナリ売れるレベルでないと本は出せない。

83 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 13:50:04 ID:RVPWaRH2
>>81
>規模や質はともかく、調べれば田舎の公民館でも即売会が開催されている。

うちの田舎にもあるよ。年一回、市民会館の一室借りて100人くらいの参加者数規模のが。
一度行ったことあったけど県内の高校の漫研や美術部が作ったコピー誌ばかりだったw

84 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 14:10:27 ID:PVAFZ4/E
>>81
>好きな曲をコピーしてライブハウスで、とか(実物知らないけど)
そんなことしたら某音楽著作権管理団体がお金を徴収しにきますよ。JASR(ry

>>79
日本は同人誌を扱っていたり専門だったりする中小印刷業者も存在します。
欧米にはこのような業者はいるんでしょうかね。
このような中小印刷業者は同人誌を支える主柱なわけですから。

85 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 14:39:28 ID:EwuhTkgz
日本の場合だと識字率が昔から割りかし高かったってのもあるかも。
江戸時代頃からの流れなんかなぁ。漫画もこの頃からあるし。
「明星」や「アララギ」なんかもそうか?<同人誌

今調べてみたら何万円とかで本出来るんだね。
もっと金かかるのかと思ってたよ(10何万とか)。

92 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 18:10:26 ID:z8g32w3h
ポップミュージックに関しては、世界規模のヒットが生み出せるのは英米の二カ国だけだ。
アメリカはともかく、今のイギリスのポップシーンなんてクソだから、
世界的ヒットと音楽性の高さにあまり因果関係がないのは明らか。
つまり英語じゃないと世界的なヒットは無理ってこと。
そりゃ日本はメチャクチャ不利だろうな。

実際にインスト分野では日本もそれなりに活躍しとるし。
まあインスト自体の市場が檄せまだけど。

93 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 18:23:04 ID:FtNdVDcO
>>84
実際にあるかどうかまでは知りませんが、供給は需要しだいという面もあるから、
規模しだいでしょうねえ。
日本でも、専門業者が出来たのはコミケが始まってから少し立った頃だったはずですし。
日本の場合は、パソコンとプリンターの普及で大きく縮小傾向だった中小印刷業界が、
羽振りが良くて拡大傾向にあった同人印刷にこぞってシフトしていったと言う面もあるかと。

102 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 22:03:59 ID:M8lsDp7W
土壌っていうのか文化というのかアメリカだとバンド組んだり歌ったりするのが
日本で言うジャンプ読むのと変わらないくらいごく普通の生活って印象はあるな

日本の場合英語がダメ、人前で演奏恥ずかしい、この洋楽かぶれといった部分があるけど
漫画とかは日本語で内輪で盛り上がって、しかもうまい奴多いからどこまでも突き進めるって感じ

関係ないけど大河ドラマのOPくらい当時の和楽器にしてよと思うよ
もう違和感ないけど、交響曲バックに武士が戦うってなんだかね

103 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 22:13:36 ID:VTXX7Qxa
>>102大河ドラマや時代劇のBGMが奇妙だと納得させたいなら、
昔のヨーロッパが舞台の映画を編集し、BGMを日本や中国のにした動画を見せたらどうだろうか?

104 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 23:12:34 ID:iXgur1W1
>>102
>日本で言うジャンプ読むのと変わらないくらいごく普通の生活って印象はあるな

それは感じたことないな
カラオケ大好き日本人は結構誰でも歌えるという印象だが米人は音痴っていう印象
昔外人にカラオケさせて日本人爆笑なんていう番組もあったし
音楽が浸透してるという印象は無い
まあ今はどこの国でもカラオケ位あるからそうでもないだろうけど

105 :日出づる処の名無し:2007/05/02(水) 23:22:20 ID:4P2ZYciZ
DDRが出たばかりの頃だっけな、
日本のゲームが世界で評価されてるっつー話が当時もあって
そこで言うゲームっつーのはスト2だったりSN系だったりの格ゲーだったわけだが

誰が言ったか覚えてないけど、お偉いさんだかの考察&経験で
「DDRとかのリズムゲーは”絶対に”海外で流行ることはない!」って
言われてたんだよな

根拠は、リズム感が必要なゲームになると黒人が上手くなってしまうから
そうなったら白人系は絶対に負けるようなゲーム楽しまない
むしろ、こんなくだらないもの持ってくるなと怒り出すだろう

っつー変な理由だった

なんで少し考えれば「いや、それはおかしい」と気付くようなこと
当たり前に信じてたんだろ、俺

115 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 10:26:30 ID:NsryPIgL
>>102
それはあくまでも、現代人の観点から見てるから違和感を感じてるんじゃないか?
今の交響曲を当時の数奇武者に聴かせたりしたら、
「この“ズドギュッ!”とした音は一体何だ!?」
とか結構喜ぶかもしれないぞ。
センス自体は実のところ、現代よりも幅広いのではなかったかと思ってる。

116 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 10:45:06 ID:DsWXpscC
>>102
まぁNARUTOの方が和楽器使ってるわな・・・
ギターとかそいうのも入るなんでもありの方がかえって潔い気がする。

117 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 10:50:39 ID:yIo0pJhE
>115
へうげもの読者と見た。

119 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 10:58:14 ID:o0W1uioy
>>102
東京だと路傍でギター弾いてる奴は結構いるよ。
八王子に住んでるけど駅北の巨大歩道橋上に常に何グループか居る。
ただ、どことなく暗い。陽気な奴って見ないねえ。

120 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 11:06:49 ID:qQaXUZfq
若大将なみの明るさっって望めないのかねぇ
弾き語りって暗いのばっかでいやなんだけど。
まだバンドブームの方が明るかったかも。

>>119
最近は女の子もキーボードもって歌ってるけど、
マイクは騒音かと。
うまいんだけど駅周辺はやめてもらいたい。
どっか週に一回くらい皆集めてのコンテスト形式とかにしてもらいたい。

121 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 11:33:39 ID:nsOhzDnZ
>115
へうげものかよww

122 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 14:00:33 ID:UcN+4hp6
>>121
信長にワグナー聴かせてみたいのう。

123 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 14:56:25 ID:lTFTLwKl
>>119
それは「東京に結構いる」んじゃなくて、
「八王子に何グループかいる」だろ。

124 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 14:57:59 ID:0/ZuMiEI
>>120
やっぱりカヒミカリィとか聴くウォシャレさんぽかった?

125 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 15:42:14 ID:pCfB5N9e
路上ミュージシャンなんて日本中いたるところの駅前広場におるよ。
東京、千葉でも総武線や中央線の主要駅ではだいたい見かけるね。

126 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 15:50:19 ID:BEFxYD2Z
ゴダイゴあたりからだと思うが、英語混じりの歌詞が多くなったな。
さすがに、子供対象の番組主題歌まではやらないと思うが、
どんな意味があって、やっているのだろうか。
英語発音がきれいな人ばかりではないのに。

127 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 16:59:11 ID:ZjKzNRJZ
>>126
昔のロボットアニメ「バイファム」は、主題歌全編英語だったよ。
当時はさすがにびっくりした。

128 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 17:22:08 ID:ITQwMU7S
>>127
子供向けのアニメに英語をはじめとして外国語を入れてはいけないと思うのだよ。
歌えないじゃん。

129 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 17:29:33 ID:q3bCgEN9
どうでもいいよ、そんなの

130 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 19:08:14 ID:8SCRngog
>>128
空耳アワーのネタになる。

132 :日出づる処の名無し:2007/05/03(木) 19:27:11 ID:CDYMA4Xo
>>128
何のアニメか忘れたけど振り仮名ついてた。

148 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 05:48:13 ID:QNU/nEUt
>>128
1985年版オバQの主題歌は、いきなり英語からだったな

45 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 02:25:39 ID:MOh80n3Z
>>115、116
なら、昔の西洋人が今の中国の音楽を聴いたら気に入るかも知れないから、
洋画のBGMを中国風にしてもよいと?

155 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 16:24:23 ID:HSAKQbF7
>145
いや、気にしなきゃいかんのはお客だから過去の人はどうでもよかんべ。

要は、そういった視点で作品を楽しんでみるのはどうか?
という提案なんじゃないかなと。

こんなの当時あるわけないだろ!じゃなくて
あったら面白いな、意外とこの場面に合うな、という
ポジティブな視点というか

156 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 17:11:33 ID:MOh80n3Z
その割には、その他の国の音楽を使ってみようとか、
日本の伝統的な音楽を使ってみようとかいう試みはないのな。
和の雰囲気を味わいたいから時代劇を見る人が多いんじゃないか?

157 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 17:39:47 ID:JOE8ex1d
遠山の金さんも、水戸黄門も、昔から西洋楽器なのに何の違和感もなく見てたな・・・

158 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 18:31:59 ID:RxrhOxm9
>>156
和のふいんき(ryを味わいたいとかそういう抽象的なことじゃなく、
血湧き肉踊るから、とかナントカという偉人が好きだから、とか習慣だから、とか、
テンプレお約束展開が安心できるから、とか
超時空夫婦の一生を最後まで見届けたいから、とか、
時代劇を観る理由は人それぞれでまったく違うと思う。

159 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 18:48:22 ID:y0bEuf2o
和の音楽と言うと雅楽になると思うけど、プロで雅楽の楽器を演奏出来る人って、
宮内庁式部職の人しかいないんじゃない?

今度のドラマのテーマソング演奏して、なんて頼めるのかな?

160 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 18:50:29 ID:R8kNiHcV
>>159
雅楽は和の宮廷音楽な。
庶民の暮らしの中にはどんな音楽があったのでしょう?

161 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 18:54:26 ID:NKEaFEnY
三味線じゃねぇ?
下町そだちの婆ちゃんは長唄とともにできたけど。

162 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 19:12:02 ID:RxrhOxm9
>>159
雅楽はむしろ大陸直輸入音楽じゃないの?
本国では滅びたけど日本に残ってる、という類の。
(日本で作曲されたものもあるだろうが)

163 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 19:36:57 ID:MOh80n3Z
なるべく和とは言ったが、さすがに日本の雅楽まで和とは別だと言われたらキリがない。
三味線も元をたどれば中華になってしまうしな。

164 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 19:51:19 ID:PGLfrMID
>>160
古今洋の東西を問わず、手拍子・足拍子・掛け声・口笛、各種太鼓・鐘等の打楽器、
ほら・角笛、口琴、リードの無い縦笛・横笛、パンフルート・風琴等。

165 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 20:00:25 ID:nXCZ4Ada
日本は各年代の伝統音楽が並立して現存しているという世界的にもまれな国。
各人が思い浮かべる伝統音楽がまちまちなのはしかたない・・・つーか、贅沢な状態なんだよ。

166 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 20:03:19 ID:MOh80n3Z
時代ごとに当時のでいいか

167 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 20:05:27 ID:NKEaFEnY
中華というよりシルクロードというか。
そこまで言うならペルシャも入るんじゃ

168 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 20:20:24 ID:MOh80n3Z
キリがない

169 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 21:14:02 ID:vaXlkLz5
>>157
昔「ジャズ忠臣蔵」って映画があってね・・・。

170 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 21:46:46 ID:MOh80n3Z
三味線白雪姫とか、ガムラン西部劇とか以外と流行ったり…

171 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 22:07:15 ID:ci0l/2h1
そんなのあったの? ジャズ大名なら知ってるけど
>>169

172 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 22:11:09 ID:BoHQ/5OR
ベルリン忠臣蔵なら見たことがあるけれど

173 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 22:14:03 ID:RFUvzDE3
ひとり忠臣蔵なら知ってる
http://www.nicovideo.jp/watch/sm117417
(※リンク先動画消滅)

174 :日出づる処の名無し:2007/05/04(金) 22:38:44 ID:FA52xrDN
>>10
亀レスだけど日本の演歌なんかは中央アジアで人気あったりする
カザフとかで与作が聴けたりするw
 
私見だけどジュディマリとかチャラとか日本語のままでドイツで流行ると思うんだけどね。
何せメルヘンの国だからね。 
旅先で会ったドイツ人にジュディマリ聴かせたら大絶賛してたよ。

175 :日出づる処の名無し:2007/05/05(土) 00:06:59 ID:JbQojv5j
太鼓、三味線、篳篥、琵琶などの伝統楽器を使った
バンドだったら海外で受けるかも

176 :日出づる処の名無し:2007/05/05(土) 00:18:09 ID:ZM3Pg3Yk
沖縄にはそんなバンド結構いるけどね

192 :日出づる処の名無し:2007/05/06(日) 02:24:05 ID:zMLouJ+e
和楽器を使った曲と言えば新八犬伝のOPですよ。
子供心にも、あの曲と辻村ジュサブローの人形が強烈だったなあ。
残念ながらyoutubeで探したけど見つからないんだよね。
サンダーバードやひょうたん島なんかの人形劇の曲を集めたCDに入ってるらしいんで、
持ってる人は聴いてみて下さい。

198 :日出づる処の名無し:2007/05/06(日) 10:05:02 ID:F8VS/nqn
>>192
新八犬伝は、ビデオテープの使い回しをしてしまったので、
NHKにも映像がほとんど残っていないらしい。
本当にもったいない。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<東京の町並みの美醜(part72スレ) | メイン | 郷に入れば(part71スレ)>>
コメント
-  -
>日本だと子供のころから「静かにしなさい」とか「声をださないで!」とか大声を出すような文化じゃないから、歌のうまい奴が少ない。よって全体のレベルの歌下手になる。
 んー?? よくわからんが、腹から声出し慣れていないとかそういうことか?
 これって日本語が胸式呼吸で発声できるからとかは関係ないのかねー。
 てかむしろ一般レベルだとカラオケの普及率も手伝って歌い慣れてる方だと思うがw
2012/05/22 13:39  | URL | #Pg6Ch65A[ 編集] |  ▲ top

-  -
なぜ北欧があがらないのだ…
2012/05/22 03:24  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
楽器なのか歌なのか旋律なのか。
そしてありがち意見だが、日本一国と欧州全般を比較するのはどんなもんだろうかと。
英独仏伊、あと墺とか露? それ以外の国で有名な音楽体系ってどこかあるっけ。
2012/05/21 09:52  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
甘ったるい歌詞が欧米人には嫌われてる
特にengrishが大不評
2012/05/21 04:15  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本と欧米?の生活様式の違いもあるんじゃない?

日本だと子供のころから「静かにしなさい」とか「声をださないで!」とか大声を出すような文化じゃないから、歌のうまい奴が少ない。よって全体のレベルの歌下手になる。
2012/05/20 22:02  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
別に受け入れられなくておk
「聞いてくれ」「受け入れてくれ」の押し付けは
拒否反応になるだけ
2012/05/20 20:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
映画のMAD動画とかで時代劇ものやファンタジーものにロック合わせてるようなの見てると、あーこういう取り合わせもあるのかと感心することも。

日本のダンスミュージックというかディスコミュージックというか、ああいうのも結構いいと思うんだけど、見ようによっては模倣に過ぎないと言われちゃうんですかね・・・
2012/05/20 16:24  | URL | G #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本のポップミュージックが受け入れられて無いって言うより
日本のポップミュージックはまだ、未熟過ぎて評価されてないという気がするけどね。独自色というか練り込みが足りない。
 まだ「模倣」の段階か、「アレンジ」レベルであってオリジナリティまでたどり着いて無い。
・・・10年以上前から、メジャーのポップはみんな同じに聞こえるんだよ(同じ歌手の歌だと特に)

 
2012/05/20 14:13  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
欧州圏でもポップスは人気で、しかも寸分狂わずアメリカのポップスをやってるのに、特有の色が付いた日本のポップスだけ模倣扱いなのは、どうも腑に落ちない
2012/05/19 22:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「パクリだから」って意見は全く的外れですよね。
じゃあ個性があれば人気が出るのかっていうと、インドネシアの伝統音楽ガムランやが世界で大人気なんて話は聞いたことないですからね。
今日本ではK-POPが売れていますがオリジナリティがあるから人気があるのでしょうか?
やっぱりオリジナリティと人気は無関係ですよね。
2012/05/19 18:19  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今検索したら、初音ミクが2007年8月発売だったのな。ミクのおかげで作曲とかの裾野はずいぶん広がったよな。
2012/05/19 17:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ジャズ忠臣蔵?ジャズ大名じゃ・・・

・・・両方ありましたw
さすが不思議の国ニッポン
2012/05/19 17:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/423-08fd72e9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。