2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
地域差と民族論(part63スレ)
- 2011/12/24(Sat) -
14 :日出づる処の名無し:2006/10/19(木) 18:24:18 ID:PuP0Lq3A
卵かけご飯ウマー

15 :日出づる処の名無し:2006/10/19(木) 18:26:37 ID:k/THOoLt
味噌汁ぶっ掛けご飯もオマー

16 :日出づる処の名無し:2006/10/19(木) 18:37:24 ID:wm3P1KMV
牛乳かけご飯マズー

17 :日出づる処の名無し:2006/10/19(木) 19:13:16 ID:XzZ7N5Wf
塩鮭だけのお茶漬けンマー

18 :日出づる処の名無し:2006/10/19(木) 23:55:42 ID:4JngxcCn
保育園で「米粒も残さず食べろ」と麦茶をぶっ掛けられたが、アレは糞不味かった

19 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 00:05:17 ID:v+15NxZQ
ご飯にお茶ならお茶漬けだからまだいいじゃん。
小学校の時、給食食べるの遅い子のご飯に牛乳かけて食わせてた
女教師がいたな。あれはSだったと思う。

20 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 01:07:00 ID:TKvC1L/O
なんで牛乳かけるんだ? 流動食ってことか?
パンと牛乳はやってたけどご飯には無理だな

21 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 01:09:20 ID:3r4uPx1I
牛飼ってた母方じいちゃんちじゃ
朝の牛乳ご飯は普通だったがな。
あの地域じゃ戦前から食ってるはず。

22 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 01:30:20 ID:wDLtShyx
紀元前数世紀の昔にはお釈迦様がな、
スジャータという娘に一服盛られたらしいぞ。

23 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 01:44:31 ID:9xEEva2U
あれはミルクじゃなくて油という説もある。

24 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 02:14:23 ID:SgIY3vQJ
>>19
麦茶ってお茶じゃないでしょ?

25 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 04:40:50 ID:Gdm90N0W
小学生のとき、「世界の料理週間」みたいなのがあって
インド料理だったかな?なんか白いアマーな液体に浸かったご飯が出てきたの。
それがすごいまずかったのを思いだした。牛乳ご飯よりもはるかに。

26 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 06:52:51 ID:RnOkVEPv
俺はガキの頃、好んで牛乳かけご飯を食ってたわけだが。

27 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 07:39:16 ID:Kc4zlUU8
ご飯に牛乳って罰ゲームじゃないのか

28 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 08:37:16 ID:EgtXHZ0G
水と牛乳半々でお粥を作り、コンソメの素で味付け。
(゚д゚)ウマー

29 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 08:40:14 ID:MRs2a05p
(゚д゚)ウ、マーズイー

30 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 08:56:29 ID:gwOXidCG
>>28
おかゆじゃなくて、あっためた牛乳にコンソメ溶いて塩コショウして
それをご飯にかける、ってのは学生の時よくやったなあ。
あの頃は一週間を2000円で生きてた・・・・

31 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 09:03:52 ID:CSig8Fti
それだけの材料費があったらもっと美味いもの食えるのに。
納豆とか卵かけとか。

32 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 10:29:38 ID:9xEEva2U
食い物を粗末にするともったいないオバケがでるぞ(´・ω・`)

33 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 12:29:36 ID:zIMvSmOK
                  / ⌒ヽ
                  /  'A`l <もったいないけどマンドクセ
                 /     .l
                /      l
            __ノ      l
           ヽ、         l
              "''-      /
                 "''ー-‐゛

34 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 12:52:16 ID:dWH1qNYC
だれですか?

35 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 14:27:44 ID:Dnr7Qu04
つまりうまずいちゅうわけやね。

37 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 19:05:08 ID:tImI+qx6
麦茶漬け、美味しいのに(´・ω・`)
あとウーロン茶やほうじ茶でもやる。
でも麦茶が一番うまい。
緑茶のように麦茶も認められると思うな。

38 :日出づる処の名無し:2006/10/20(金) 20:51:49 ID:kcz64HIU
麦とご飯は相性いいように思えなくもない

88 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 17:50:43 ID:CMnvSOnc
ところでお前ら、納豆は粒とひきわりどっち派?
俺はひきわり。

89 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 17:56:46 ID:PHZ4PWE1
>>88
ひきわりはゲ●みたいだから嫌い

90 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 17:59:05 ID:8MCSPuTq
ひき割りは、御飯に載せるときは広げやすくていいけど。
単品で食べるときは、大粒なほうが拾いやすくていいな。

91 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 18:05:54 ID:Soikbbxo
国産・大粒・黒豆納豆が最近のお気に入り。

92 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 18:14:22 ID:Tnfcpkiz
納豆に味噌を混ぜると、びっくりするほどご飯がすすむ

93 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 18:18:01 ID:ai3EO+ye
納豆には大根おろしとネギ、醤油だろ?

94 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 18:26:30 ID:76DKh9Z0
>>88
粘りが出やすいからひきわり。

95 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 18:57:20 ID:/JHG1v2v
小粒の納豆+生卵+芥子+醤油

96 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 19:13:15 ID:PHZ4PWE1
納豆にはめかぶも結構合うぞ。

97 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 20:41:37 ID:2lY6YlYq
どっかで極限まで納豆をかき混ぜるテストしたページがあって笑ったな。
最後にはピーナツバターみたいになってたよ。

98 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 20:49:50 ID:2hFhnyK5
納豆は好きなんだが、食うまでがめんどくさい。
かき混ぜてあって、味も付いた状態で
売られてないかなぁ。

99 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 21:01:05 ID:7V26SKbl
〉98
切り干し大根いり納豆は
混ぜてあったような。
納豆県のサービスエリアでみた。

100 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 21:09:36 ID:91VETbtT
>>99
納豆味のスナック菓子はまずかった。

101 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 21:21:36 ID:2l9c4X3T
諸君!
各地方毎に異なった納豆があっても、それは全て納豆である。
我が「納豆の光」を開かれた開祖様はこう言われた。

・・・と、言う言葉が溢れそうになりました。
「とりみき」の「るんるんカンパニー」に登場した教団だったよな・・・

102 :日出づる処の名無し:2006/10/21(土) 21:46:45 ID:SKc9CFKF
うまい棒の納豆味が大好きで箱買いした

106 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 07:15:55 ID:pbHp4V8s
納豆には、ネギ、醤油、砂糖だな。

107 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 07:24:45 ID:a9lMOBtP
砂糖??イラネーよ。
付属のタレとネギだろ。

108 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 08:51:24 ID:Uw17YvxO
納豆茶漬け( ゚Д゚)ウマー

115 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 19:45:48 ID:OTGEqBgC
しじみって身も食べるよね?この前、そんなの名古屋人だけだって言われたんだけど
捨てるなんてもったいない

116 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 19:49:03 ID:/83Yhc6d
>>115
身も食うだろ・・・常識的に考えて・・・

117 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 19:55:44 ID:CjlTpczh
おれは小さい頃はしじみの身はマンドクセだったから食べなかった。
砂が入ってたりしたし。

しかし、成人してからは必ず食うように変わった。しじみ( ゚Д゚)ウマー

118 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 20:20:04 ID:6VDYyAod
確かに小さすぎて味わうと言うのには物足りんが。

123 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 21:45:18 ID:OTGEqBgC
良かった
やっぱりしじみは身を食うもんだよね

139 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:39:12 ID:ynJFdeEu
もっと美味しいエサが良い…。
ところで今御飯食べてるけど梅干ってやっぱいいね。
今日はキュウリと裂いた蒸し鳥を、叩いた梅肉と火を通して酒気を飛ばした日本種、
昆布だしで梳いたタレで絡めて副菜に。美味しいわー

150 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:51:36 ID:gbZS+0To
>>139
このグルメめ・・・
嫁に恋

************

130 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:07:50 ID:NTZ9z6Nw
ついに発見した。
韓西を叩けば日本はバラバラになるw

131 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:11:59 ID:a9lMOBtP
なんで発狂してんのかと思ったら、自民が2連勝したんだね。
ま、民主みたいな売国政党じゃどう頑張っても勝てないよ。

133 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:23:43 ID:NTZ9z6Nw
北海道や東京を叩いてる人権派・平和主義者はアホ。
日本の悪事を美化し、アジアの人々を苦しめ続ける歴史修正主義者に
正しい歴史を啓蒙するためには韓西を叩けばいいのだ。

134 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:30:25 ID:NTZ9z6Nw
あと蝦夷やアイヌを持ち出せば、「日本民族」なんてのはウヨの妄想だということがすぐバレる。

135 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:31:59 ID:e+jO6y7e
自分らがものすごい地域差別してるからってここでやられてもねー。
しかもその差別の原因は1000年以上前の百済とか新羅によるって。
1000年前から進歩してないって言ってるのといっしょだぜそれ。

136 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:33:21 ID:NTZ9z6Nw
>>135
韓西人ですか?
それとも蝦夷?

138 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:38:31 ID:NTZ9z6Nw
法隆寺や古今和歌集に蝦夷は何の関係ありません。

140 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:40:09 ID:e+jO6y7e
おいおい、俺はサヨだぞwww
なにしろ赤の勢力が強い北海道に住んでるからなwww
北海道を叩いちゃだめなんだよね?>>133
ほらきちんと擁護してくれよ。

141 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:41:19 ID:NTZ9z6Nw
ウヨ=異民族の百済文化を誇る基地外チョンw

142 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:44:07 ID:NTZ9z6Nw
>>140
どんどん叩け。
てか、俺も叩いてたw

143 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:44:49 ID:CjlTpczh
なんか香ばしいのが湧いてるな。

148 :日出づる処の名無し:2006/10/22(日) 22:50:24 ID:NTZ9z6Nw
いい加減目を覚ませ!
「日本民族」なんて幻想なんだよ。

151 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 00:49:14 ID:P6BziwaL
私と彼とは思想は異なるが、彼が言ってることはそれなりによく理解できる。
たとえば、支那人が「中華民族4000年の歴史」と叫ぶとき、
我々日本人は「それは鮮卑やモンゴル、女直人の歴史であって、
 おまえたち漢民族の歴史ではない」といって彼らを揶揄したりする。
また、チベットについても、漢民族とチベット人は別個の民族であり、
漢民族が「中国」の名のもとにチベットを領有するのは怪しからんといって非難したりもする。
確かにその通りなのかもしれない。

では、我々日本民族の方はどうなのだろう。
たとえば『源氏物語』を例にとると、
あれは皇室を中心とする関西地方の言葉で書かれた小説であって、
蝦夷や毛人と呼ばれた人々が喋っていた言葉ではないのだ。
なぜなら大和と蝦夷は全くの異民族だからである。
当時の蝦夷や毛人がどういうものだったのか今となっては判然としないのだが、
書紀や風土記を見る限り、
どうやら大和とは身体的にも風俗的観点からも異形の民だったようなのである。
少なくとも、朝廷側がそう認識していたということだけは間違いない。
要するに、「日本国」という言葉で隠されてはいるが、
大和と蝦夷、毛人、土蜘蛛、アイヌ、熊襲、隼人、琉球とはそれぞれ別個の民族なのである。
支那でたとえるなら、それら異形の民は、
漢民族に侵略されたチベット人や、清朝に支配された漢民族のように、
大和の軍事力に抵抗しながらも、大和に支配されていった被支配民族だということになる。
我々は簡単に「日本民族」というが、我々日本人は本当に支那人のことを嗤えるのだろうか。

152 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:00:11 ID:P6BziwaL
そういう私は奈良県民です。

153 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:25:46 ID:EzQNbIph
そもそも何処に【日本民族】なんて主張があるんだ?

起が不明なのに、
承転結と話を進める不思議な論法。

154 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:28:29 ID:EzQNbIph
むしろ結果ありきで、
結転承と逆になっているようにすら見える。

155 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:29:43 ID:wGiPNNpH
理屈は判るが、三百年の江戸鎖国体制で遺伝子も文化も均一化されたしなぁ・・・・
特に、参勤交代が日本の端までの交通網と宿場を整備し、内国海洋流通網が
安く大量に物資や人を移動させていたのを忘れてはいかんな。

まぁ、平安時代の文明レベルで開国した国の理屈だと思うけどな>>151

156 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:30:48 ID:2R4zqbTm
>>151
はぁ?
中国の雑種どもと違って全部日本に1000年前からずっといる民族じゃん
なにか問題でも?

157 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:32:48 ID:P6BziwaL
清朝末期には、満洲族と漢民族も均一化されていたのではないでしょうか。
公的な差別はなくなっていたと思います。

158 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:33:29 ID:x4wMpGqZ
ヒント:「民族」という単語が大好きな人達

160 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:43:18 ID:P6BziwaL
関西人は、他の地方に行くとやっぱり違う文化に来たような気がします。
それは、やはり言葉が違うからなのだと思います。
三島氏も指摘しているように、言葉というものは重要なのだと思います。
福井県や香川県、徳島県、三重県あたりまでだと、それほどの違和感はないのですが。

161 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:47:00 ID:kSD3z0e5
どこの人間だって他の地方行くと違和感あると思うぞ、普通

162 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:50:50 ID:P6BziwaL
言葉の抑揚が違うのです。
東日本は当然ですが、同じ西日本でも九州や中国地方とも異なります。
関西人なら解ると思いますが、近畿地方だけが独特の抑揚を持っているのです。
九州や中国地方の抑揚は、むしろ東日本に近いと感じます。

163 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:51:01 ID:EzQNbIph
>>160
違うのは言葉じゃなくて話のテンポですね。

今の時代、若い人たちの話す単語に違いなんてあまり無いよ。
話のテンポが違うから、
語尾にあわせる言葉が違ったり同じ単語が違う言葉に聞こえるのがほとんど。

164 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:55:01 ID:wGiPNNpH
それを言うなら、フランスやイギリスはもっと違う。
ちなみにロシアも。
日本ほど文化と遺伝子の平準化と地方毎の特色が調和している先進国は
無いと思うぞ。

165 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:55:53 ID:ssNrQW4z
王朝(体制)が連続してるか断絶しているかが決定的に違う。
「中国4000年」は中国という国の歴史ではなく、ユーラシア大陸の
中国という地方の歴史に過ぎない。

166 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:56:42 ID:kSD3z0e5
結局何が言いたいのかよくわからん
関西特別論?
まあ、ある意味特別だが

167 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 01:58:28 ID:P6BziwaL
>>163
もしかしたら、最近はテレビの影響でそうなのかもしれませんが、
私の周りの子供は今でも関西弁を喋っています。
奈良や京都、大阪弁がチャンポンになった関西弁ですが。

168 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:00:19 ID:P6BziwaL
>>166
まあそうですね。
日本民族なるものが本当にあるのかは甚だ疑わしいと。

169 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:04:39 ID:A3CqyOxm
>>168
そんなことを言い出したら、「民族」自体の存在を疑うしかないぞ?
おまえの「民族」定義を示してごらん。

170 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:17:56 ID:EzQNbIph
>>168
まず【日本民族】なんて言葉は何処から取り出してきたの?

このスレの中だけで見ると、
日本民族という概念を誰も出して無いのに、
いきなり「日本民族と言う概念は虚構だ。」
という話が始まっているように見える。

171 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:19:36 ID:G+GYm4EM
日本民族=大和民族・アイヌ民族・琉球民族・その他
これら3つの民族に同化された少数民族の総称。
中国で言う中華民族みたいなもんだろ。

172 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:22:01 ID:EzQNbIph
論があって反論があるならわかるが、
論が無いのに反論が始まっている。

むしろ反論から書くことによって、
論があるかのように誤誘導しようという悪意が感じられる。

173 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:23:50 ID:kSD3z0e5
で、関西人は純粋の大和民族で他民族の血脈や文化は一切流入して無いとでも言いたいのかな?

174 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:31:12 ID:P6BziwaL
今まで何となく感じていたことを率直に書いたつもりですが、
それについて、おそらく批判を受けるだろうということは十分覚悟しております。
ただ、一日本人として、一関西人として、自分の言葉に嘘はなかったと思っております。

175 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:32:17 ID:wGiPNNpH
それを言ったら世界中で「民族」というものが存在しなくなるな・・・・
スラブにしろラテンにしろゲルマンにしろ漢族にしろ
少数民族の併合と血の混入で勢力を拡大したなれの果てだからな。

日本でそう言う問題は戦国時代と呼称される16世紀まで続いた百年戦争で終わっている。
・・・日本を名実共に統一国家にしたのがあの時代だった。
ちなみに、北海道は植民地で沖縄は併合した属国だがそれでも150年は経ているから
今更、民族問題の持ち出しようが無い。
「純血民族」とやらがあそこにいるかな?

それから関西と関東と言うが、上は将軍家、板東武士と公家との婚姻、
果ては、行商人と土地の商家の娘の嫁入りに至るまで無数の結婚が行われてきた以上
関西と関東に地域文化以外の差があるのかな?
少しは頭と想像力を働かせなければ早くボケますぞ

176 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:32:21 ID:3+BM6x++
>王朝(体制)が連続してるか断絶しているかが決定的に違う。

これが全てだな。

177 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 02:45:48 ID:x4wMpGqZ
日が変わったから、今度は逆方向から工作?

178 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 04:17:27 ID:Jui/169Q
アイヌはともかく、琉球は民族的にも日本人。言語体系も日本語の方言の
一種と位置づけられている。昔の熊襲や土蜘蛛も異民族と言うより、
他部族と言う方がしっくりくるんじゃないか?

そもそも、歴史にも種類がある。
地域の歴史⇒中国大陸の歴史、これなら4000年の歴史と言える。
民族の歴史⇒1000年奴隷の朝鮮民族も、被征服民族の漢民族も記録が残っていれば
 歴史だろう。それが誇らしい物かどうかは解らんが。
国の歴史⇒言うまでも無く、中韓ともにやっと半世紀。

世界中どこの国でも、この3つの歴史が入り混じっているのが当たり前。
この3つの歴史が全て同一で違いが無く、
しかも断絶していない国は日本以外に俺は知らない。

179 :日出づる処の名無し:2006/10/23(月) 14:22:02 ID:qnKSBkDe
大和朝廷の征服事業によって本土全体にわたって
政治的安定とそれによる民生の安定が築かれたという事実を無視してはいけない
被征服側としてもその恩恵をこうむっているわけだよ
もし列島内で幾つもの小国や民族に分裂したままだったら、
もっとも大変なことになっていたし
結局どこか海外のより強力な勢力に征服されたかもしれん。
それは江戸時代になってから併合されたアイヌや沖縄にしてもいえることで、
日本国家の内側に取り入れられることで、中国やロシアの脅威から防衛できたともいえる。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<果物と折り紙(part63スレ) | メイン | 地域間対立もええじゃないか?(part62スレ)>>
コメント
-  -
遺伝子的に見れば、列島全体に縄文系(古モンゴロイド)がベースとしてある。その上に現在の太平洋ベルト(要するに昔からの日本の中枢部)及び大陸に面した西日本沿岸を中心に弥生系(新モンゴロイド)が混じり合ってるわけだが、特に明治以降は人の流動と都市部への流出を始め、相当新古の系統は混じり合うようになってる。

でも混ざり合うまでであって、縄文系の血脈というか遺伝子が絶えたわけではなく、この縄文系遺伝子を持ち合わせている者は日本人だといえるくらいに、日本人的な遺伝子らしい。東亜諸民族の混血だろうといった戦前の説よりかなりネトウヨ的な話ではある。
2012/01/01 00:08  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
納豆は大粒派です
2011/12/27 03:04  | URL | 流れぶった切りスマソ #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
キムチは
『国籍≠民族』
この概念が分からない知障だからなw
2011/12/25 00:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 *1
だが、あ奴等は、根こそぎぶっ壊すって事に関しては天災的だぞ
 ま、それはさておき血統に縛られすぎるとユダヤ人が怒るぞwww
2011/12/24 23:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
文明的な各種概念すら土台にないから頓珍漢なことを言い出すのはキムチの特徴

マジ「まともに取り合うな大したことは言っていない」状態
2011/12/24 19:19  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/374-bb040c6e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。