2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本はどこにあるの?(part61スレ)
- 2011/12/09(Fri) -
795 :日出づる処の名無し:2006/09/23(土) 21:44:46 ID:OF6SPPnp
「まだまだまともな日本」フロリアン・クルマス著文芸春秋刊
ドイツ人社会言語学教授、12年間の日本での生活で日本社会の荒廃現象を憂えていたが、
ドイツに帰ってみるとさらにひどくて、カルチャー・ショックをうけるといった話。

796 :日出づる処の名無し:2006/09/23(土) 21:48:00 ID:2YnyJil6
ちょwwww
ドイツ、なにがどうなってんだwww

825 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 15:15:18 ID:xpl4NdSH
>>795
これですか。

827 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 16:12:57 ID:4+bOhiR3
>>825
>訳者あとがきには「そもそもクルマスは、白人、大学教授、そして日本語ができるという、
>特権的な立場で日本に住んでいたわけで、日本の社会がすべての外国人にとって同じように
>心地よいわけではない」とあるが、これは的を射ているだけでなく、おそらく本書に描かれている
>著者の心情の多くには、著者が日本にいたときの特権的な立場を失い、
>「ドイツ人のなかのただの1人のドイツ人」になったということが大きく影響しているだろうと推測する。

これは残念ながら事実ではないと思う。
たまたま大学にいたドイツ人留学生と、
毎日のように日本とドイツについて議論したから否定できる。
俺は初め、そのドイツ人のあまりの自虐ぶりにマジでびびってしまった。
映画で小説で、世界中であらゆるフィクションで悪役の定番にされ、
国でも大戦の反省を念入りに洗脳されるドイツ人に、
かつて日本人が尊敬し崇拝したあの自信に満ちたドイツ人の姿はない。
ほとんど必死になってドイツのカッコよさ、凄さを拙い英語で説明してる自分が情けなくなった。
ドイツの悲惨さは日本の比ではないよ。

828 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 16:15:52 ID:CgDdPKmU
というかほんとドイツ第一次大戦から分割だらけだしね。
ナチスドイツは批判されてもいいけど、
プロイセンとか否定されちゃかわいそうだし、
ドイツの音楽や芸術くらいは日の目をみせてあげたい。

829 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 16:51:30 ID:dBR8A+YG
>>827
ピューリサーチセンターの世界調査では、各国の人にかなりの人気だよドイツ。
英国、フランス、スペイン、日本、ロシア等で好感度1位。
(※リンク先消滅)
ドイツに対するネガティブキャンペーンを繰り返す連中がいたとしても
ドイツの良さや魅力が分かるひとはちゃんといる。

830 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 17:30:37 ID:5Oqj3uEl
>>827
俺もそう思う。松原久子の体験とか聞くと特にそう思う。

832 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 18:02:42 ID:A0h08rgq
凱旋門賞に出てきそうなシロッコはドイツ産馬だな。
どうでもいいが、鉄血宰相てフレーズはかっこよすぎ。

837 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 22:03:05 ID:bPLzXqcu
>>832
ドイツのサラブレッドといえば、平成7年JC王者のランド。
「ドイツ産駒は日本の高速馬場では通用しない」というジンクスをものともせず優勝。
生のゲルマン魂を発揮、いいレースを見させてもらいました。

(個人的には、ヒシアマゾンを軸にしておきながら、なぜ切ったのかという後悔が…)

838 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 22:57:14 ID:ge0p/lkM
>>825
その本読んだけど、日本の便利な生活に馴染みきった人が
ドイツで暮らしてその不便さに辟易しました、みたいな話だったよ
確かに日本語ができるというのは、日本人とまるで同じサービスを
受けられるという点で特権的かもしれないけど、「白人、大学教授」は
あまり関係なかったように思った

日本⇒ドイツへの引越しの際、日本の引越し業者は見積もりから始まって
新聞や電話、ガス等を止めるタイミングをアナウンスしてくれて、実際の積み出しも
時間通りに来てとっとと積み出し、家具には傷も無かった
ドイツについたら予定日の予定時間に荷物は届かず、電話は繋がらず
家は傷つき、指示された部屋に荷物は届かず適当に山積み

子供は幼稚園で先生から「お片付け」を指示されないのを不思議がり、
先生に訊いたら「明日も汚すから片付ける意味が無い」といわれ、
アバウトぶりに子供が幼稚園に行くのをぐずりだす始末
日本同様に昼間路上でボール遊びをしていたら近所の人にうるさいと怒鳴られたそうだ
特に学校の宗教化が激しく、そこをとても心配していたよ

***********

839 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:10:32 ID:dYh3WsRd
このスレまとめて読みながら思ったんだけど、
たぶんみなさんって、普通の人じゃないですか。
中には研究者の方もいるんでしょうけど、おそらく多くは、
研究者とかではない、まあ、一般人というか。自分も含めてね。

なのにみんな、いろんなこと知ってるよね。
一般人の知的レベルが異常に高いよなあ。

840 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:16:09 ID:vcUxPZRl
>>839
たぶん年齢が高めの人が多いと思われw

841 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:17:51 ID:DgWRJ1u4
ちなみに漏れは42歳。

842 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:19:59 ID:dYh3WsRd
うはは、そういうことか>年齢高め
でも、若人たちがここ読んでいろんなこと知ってくれたらいいよなあ。
これからも勉強させてください!(自分も年齢高めですが)

843 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:29:47 ID:+aRNs+qT
>>839
> 一般人の知的レベルが異常に高いよなあ。

学びたい、知りたいと思ったら、
あまりお金がなくても、
どんなに年を取っても可能である、という
それ自体がすごいことなんだよな。

844 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:32:54 ID:WAGshF0P
日本人ほど本好きな民族も珍しいらしいしな

こんなに毎月ありとあらゆるジャンルの新刊が山ほど出版されて、
本屋が賑わいまくってる国に生まれることができて幸せだ

845 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:48:52 ID:lgem+Bf3
神田神保町は、世界一の古書街だしね。
いったことないけど・・・

846 :日出づる処の名無し:2006/09/24(日) 23:49:39 ID:j8j1uS9B
人口と年間出版数を比べてみると日本は異常だからねぇw
オタ臭い話になってしまうが、同人誌専門の印刷会社まであるんだもん
日本人の書籍に対する執着は凄まじいものがあるよ。

850 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 00:08:46 ID:RmukKyLg
>>845
あそこは行っても案外つまらないぞ。
探してる本があってもコツをつかまないと見つからないし、大手書店行っても面白くないし。
行きつけると結構面白いと思う。

852 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 00:20:57 ID:GSgyH1R9
>>850
コミケ会場が100倍になったような街だから
慣れてないとどこに何があるかわからないからね。

853 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 00:51:14 ID:2e9rqKyv
>>845
外国人多いよ。
一度行ってみれ。

854 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:00:51 ID:LwkuLdI9
>>839
24だけど、別にそんな知的レベル高いと思わんが。普通でしょう。

>>844
ロシア人も書痴だよ。

855 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:01:52 ID:zN5VN9VA
>>853 kwsk。日本の古本屋街なのに、なんで外国人が多いんだ?
秋葉原から徒歩で移動中なのか??

856 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:05:22 ID:GSgyH1R9
そうか?
そんなに外人みかけないけど?
神保町には毎日いってるけどなぁ

857 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:11:00 ID:Cv9/OjZo
神保町の古書店で、
日本の歴史書買い漁ってる中国の外交官(大使館ナンバーの車使ってたんで)見たことあるよ。
何に使うんですかって秘書官らしき人に尋ねられてて、
南京大虐殺記念館に使う資料集めだって言ってた。

858 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:30:22 ID:KlWSaFht
ドストエフスキーの本の厚さとか見ると、たしかにロシア人は本好きそうな気がしてくるな

859 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:32:45 ID:rv86wbWP
ロシアの冬なんてウォッカ飲むか
本読むかしかすることなさそうだもんな

860 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:33:18 ID:Ti7Y48d1
冬は家で本読むくらいしか出来ないからじゃねーの?って偏見かw

861 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:39:48 ID:LwkuLdI9
>>858
ロシア人の別名は「読む国民」。
年間書籍発行量も日本と同程度(ソ連時代はその倍はあった)。
ドストなんかは娯楽小説としても優秀なんだけどなぁ。
登場人物の多さと名前の複雑さで混乱するけど。

862 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 01:47:12 ID:6CIPk3Xk
>>855
古書が割と残ってるからじゃなかな?
中国なんかは文革で古書の類はなんにも残ってない状態だった見たいだし。

そういや「世界中の古書が読みたければ日本語を覚えて神保町に行け」
ってジョークとかあるしね。

863 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 02:43:08 ID:TViQ9z+k
>>854
>ロシア人も書痴だよ

それは音痴や運痴と同じく書物に疎いという意味ジャマイカ?

864 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 03:01:41 ID:Ti7Y48d1
しょち 1 【書痴】
(1)読書ばかりしていて世事にうとい人。
(2)書物収集狂。ビブリオマニア。
だそうだ

865 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 03:02:40 ID:+MEydD30
神保町よく行くが、そんなに外人多いかな。
稀に見かける程度だよ。
実際行ってみて、なーんだデマかよと思われるのもなんだし。

866 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 03:16:35 ID:1STqMlLP
ロシアの識字率は99.6%とかなり高いほう。
ただウォッカなど飲んでいたら、本を読む暇も買う金もないような気がする。
才能がある作家がいても、それを理解する人間と市場がなければ存在しないのと同じこと。
小説に限らず、漫画、同人誌、エロビデオでも同じ事。

867 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 03:19:40 ID:KlWSaFht
最近は若者のウォッカ離れが進んでいるという。

868 :日出づる処の名無し:2006/09/25(月) 04:45:32 ID:a3mIYTuT
暖房設備のせいだな

912 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 13:19:33 ID:cSt49Krc
村上春樹氏にフランク・オコナー国際短編賞
(※リンク先消滅)
アイルランドのマンスター文学センターは24日、
2006年のフランク・オコナー国際短編賞を日本の作家、
村上春樹氏(57)に授与すると発表した。
村上氏は今年のフランツ・カフカ賞(チェコ)の受賞も決まっており、
国際的な文学賞をダブル受賞する快挙となった。

フランツ・カフカ賞の04、05年の受賞者はいずれもその年にノーベル文学賞を受賞している。

選考委員会は声明で、村上氏が「常に誤解に直面している人間の困難な状況」を
見事に描いていると評価。「散文小説の名匠による真に素晴らしい作品集」とたたえた。

914 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 15:24:28 ID:g+anaXIf
今年あたり村上春樹にノーベル賞くるか?
まぁ死ぬまでに貰うことは確定しているけど、早いに越したことはないからな。

915 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 15:39:30 ID:DyT+yGEe
>>914
村上春樹がどうしてこんなに評価されるのか
よくわからない。
一応、全部読んでるつもりだけど
フーンって感じがする。
ガツンとこないなぁ。

916 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 15:42:29 ID:wKsWBLEC
・・・よく分からんけど、

経済発展を遂げてきた地域で、
若者に読まれるようになるんで、
一種の指標として云々・・・とか。

中国とか、韓国とか。
でも、なんで?
って気はする。

917 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:16:16 ID:PIDNlvUV
深く突っ込むな。ノーベル文学賞はあの大江健三郎が取った賞だ。

918 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:19:01 ID:g+anaXIf
>>915
まぁみんなが好き・面白いって言われているものになじめなくてもいいんじゃない?
自分の感性は特別なんだって気楽に思っていればいい。実際村上アンチもいるしね。

ただ村上春樹が世界的に人気なのは紛れもない事実。
>>916は適当なこと言ってると思う。経済発展を遂げた云々…は的はずれ。
別に中韓だけじゃない。欧米でも非常に人気があるよ。
現在生きている日本の作家で一番人気があり評価されている作家だろう。

919 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:28:38 ID:wKsWBLEC
いや、俺が言ったんじゃないって。w

920 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:39:01 ID:wKsWBLEC
台湾や中国で、村上春樹人気が高まってることに関して、
経済的な発展に伴う都市化による、生活環境の共通性が・・・、
っていう話。

なぜ普遍的な人気を得られているのか、
と言うことに関しては、日本的でない、と言うか、
都市的である、とかなんとか。

921 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:41:31 ID:YIs8+W07
>>920
日本語うまいね、君。

922 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:46:48 ID:wKsWBLEC
だから、俺に文句を言うなよ。

中国人や中国寄りの人が、
村上春樹の作品が、中華圏で人気あることについて、
そういうことを言ってるだけなんだから。

特徴的なのは「日本的であることの否定」なんだけど、
どういう心理的抑圧があっての結論なのかは、俺ぁ、知らん。

923 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 16:52:29 ID:ZL/RLdmP
単に中韓は日本文学が流行するのに
言い訳が必要なだけなんだよ。

日本文学って昔から欧米の知識層には受けてたし。
日本であることの否定というよりは、私はむしろ逆で
最も日本的小説の正当性を汲む作家としてのスタンスを
確立しちゃってるブランド効果があるんだと思うわ。

951 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:51:21 ID:KOejahCR
村上春樹は英訳が神じゃない?
英米圏での評価は半分は訳者のおかげでしょ
あとは新潮社ががどれだけ金使う気があるかってことだけど
キチガイ大江のときにあれだけ金使ったんだから
村上春樹にはもっともっと金使うべき。貢献度も段違いだし

***********

924 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 17:26:16 ID:emJ5oI7N
イギリスに住んでみて、気が付かされたのがこの国での日本に対する関心の低さです。
「日本は香港にあるんでしょ」や「日本は中国のどこにあるの?」。
日本人だと言っているのに、その後に「中国のどこから来たの?」
といった質問を昔受けた時は冗談かと思いましたが、そうではないと気が付き唖然としました。
http://www.soccerphile.com/soccerphile/archives/wc2002/fo/co/ksobf.html

925 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 17:30:39 ID:wKsWBLEC
まあ、そんなもんだろ。

中東やアフリカや南米の事情について、
すらすら持論を述べられる日本人だって、
そんなにはいないだろうし、

東南アジアに関してだって、あやしい。

926 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 17:37:19 ID:C819qc0Z
>>924
世の中大体そんなもん
「日本って車で何時間?」って真顔で聞く奴が居るくらいなんだから。

928 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 17:44:04 ID:RrhsFKed
つうかそれ以前に、イギリスの事情にどれだけ日本人が関心持ってるんだよ?

929 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 17:46:16 ID:wKsWBLEC
北アイルランドって何?
の世界だわな。

930 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 17:46:20 ID:lHYDD4jN
ピューリサーチセンターによる世界世論調査
(※リンク先消滅)
・(米、独、仏、日、中のうち)イギリス人が好感を持つ国
1位 ドイツ 74%
2位 日本 68%
3位 中国 65%
4位 フランス 59%
5位 アメリカ 56%

935 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:02:08 ID:iH5f4Tvj
イギリスには
かつて中国に阿片売りまくって国中ヤク中にした挙げ句
一方的に戦争しかけて香港ぶんどった過去があるな。

936 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:06:14 ID:wKsWBLEC
でも、連中のイメージでは、
アヘン=中国、東洋の伝統文化だよ。

ヒッピーが麻薬でラリるってのも、
東洋の神秘な麻薬でラリって瞑想、みたいな、
ねじれがあるんと違うかな。

939 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:14:19 ID:iNtRVbWC
>>936
あの頃のヒッピーはLSDとかじゃね。
東洋つってもインドもあるし。(仏教&ヨガはインド生まれ)

940 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:15:48 ID:SsyW5s3r
「茶葉を買う為に」阿片売ったんじゃなかった?
自分の国にも阿片中毒多かったみたいだし、そのことはなんとも思わなかったんだろう。
ティータイムの方が優先される。

941 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:15:50 ID:wKsWBLEC
っていうか、
トルコから東は、
全部、アジアなんだよな・・・。

943 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:18:59 ID:TzUK7xUu
>>940
当時の政府があまりの中毒者続出に阿片を禁止しようとしたら
イギリスがキレて戦争しかけてきたんじゃなかった?

>>941
イギリスでアジアっていわれて即座に思い起こされる
のは「インド」らしい。

944 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:24:48 ID:wKsWBLEC
エゲレス、

最初はエロ絵とか売ってたんだけど、
清国政府に取り締まられて、
アヘンに乗り換えた。

んで、派手にやりすぎたんで、
さすがに清国もキレて、特命官吏に対処させたら、
アヘン倉庫を押収して焼き払っちゃったんで、
今度はエゲレスがキレて、

大英帝国の財産を燃やしやがった!
とか言って戦争した。

んで、領土を分捕って、
堂々と麻薬を売り続けましたとさ。

945 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:28:28 ID:wKsWBLEC
ちなみに、
これでビビったのが日本。
幕府が、あれほど外国に対して慎重になった原因が、
アヘン戦争。

だって、麻薬を売りつけて、
取り締まったら戦争だよ。

まともじゃねーわな。

それ以前に、
インドが、じわじわと乗っ取られる経過も、
ちゃんとオランダ経由で見守ってたし、
警戒する理由には、事欠かない。

946 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:30:48 ID:5VXsvnsA
>>945
よくプリンスオブウェールズ沈めたな日本軍は。
チャーチルは「あの戦艦が!」と絶句したらしい。

947 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:34:46 ID:SsyW5s3r
シャーロック・ホームズはヤク中。これ常識。兄貴は蜜中なのに。
コカインがメインだったか?
作品内に阿片窟とかよく出てた気も。

948 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:37:52 ID:5VXsvnsA
「バリツ」っつー柔術の使い手だったらしい>ホームズ

949 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:39:37 ID:wKsWBLEC
あっちの、白黒の映画とかには、
阿片窟が出てきたりするわな。

なんか、
スパや瞑想施設みたいなイメージで。

べつに、哲学や宗教は関係ないし、
深い意味も、伝統も関係ないんだけど、
なんか、そういう感じで出てくる。

誤解の素。

950 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:46:18 ID:5VXsvnsA
映画「ラストエンペラー」でも誰か中国人が中毒になってた。
映画「ラストサムライ」ではそんなシーンなかった。

952 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 18:59:59 ID:5VXsvnsA
あ、そういやアメリカ人のオルグレンが酒におぼれてたか>映画「ラストサムライ」
その後、侍達と関わっていくなかで立ち直っていった。

953 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 19:02:58 ID:SsyW5s3r
そういえばアメリカンネイティブも酒で土地騙しとられたような。

954 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 19:20:39 ID:rK74dTsF
アヘン戦争よりもその後日本人が一目置いている中国人がクーリーと呼ばれる奴隷として
家畜の如く扱われたり奴隷運搬船に乗せられる様を目撃した知識層が
これは不味いって思ったからじゃなかったっけ?

955 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 19:30:20 ID:hea0o3DZ
中国人を阿片漬けにして土地ぶんどる。
えげつなー

956 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 19:51:54 ID:Bth3/7Dr
アメリカにも似たような事をやっていたから、ある意味イギリスは公平だな。
アメリカ人はキレて紅茶を窓から投げ捨てた。

957 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 20:19:51 ID:6yrs600L
ボストン茶会事件

960 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 22:37:16 ID:N+cKJ/e2
>>946
これ?
「日本人に対し無理難題を押し付けても、笑って譲歩してくれる。
 但し、交渉もなく受け入れられては外交の得点にはならない。
 故に議会側は更に無理難題を吹っかけるように言ってくる。
 それを何度か繰り返すと、日本人はそれまでの笑顔からは一変して
 『貴方はなんて情の無い人だ。無理に対して譲ったのに更に難題を押し付けてくる。
 事ここに到っては刺し違えるしかない。』と言う。
 その結果、我が国は南太平洋で日本軍に戦艦を二隻撃沈されるなど甚大な被害を被った。
 日本にこれほどの力が有るのなら、交渉途中ではっきりと発言すべきだ。
 日本は外交を知らない。」byチャーチル

それにしても、ペリー来航の時に結論を一年先延ばしにした上、
その一年後も結局結論が出ていなかったりとか、
日本て外交と言うか交渉が下手だな。みんな平均して人が良過ぎる。

961 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 23:09:27 ID:gu0K83jI
>960
協調裏切り戦略で、全面的な協調戦略を主軸にしている日本と
裏切り戦略が当たり前の世界各国が交渉したら、そうなるのが当たり前だよな。
下手とかそういう事ではないと思う。

962 :日出づる処の名無し:2006/09/26(火) 23:53:53 ID:ovYHeggl
>>960
つか、それは日本との交渉役だったチャーチルが戦艦沈められた失態
のいいわけ、というか、愚痴でしょ。
真に受ける必要なし。

963 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 00:58:16 ID:mWtyfCIn
怒るにしても外交上の芝居が必要なのにさあ、日本って
寸前まで何も言わずに笑ってたのに突然キレて、
戦争おっぱじめたらえらい強くてウチの戦艦やられちまった。
そんな軍事力があるなら最初っからそう言えよ、やってらんねえやもうヽ(`Д´)ノ

…大意はこんなんじゃないの?チャーチルのは。
この場合、ほんとの外交上手・下手の話じゃないだろう。

964 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 01:01:25 ID:K6lLdMlO
あれで大英帝国を筆頭に欧州勢力のアジア利権に終止符が打たれたからな
戦後、日本人ビジネスマンが英国に行ったら差別されて大変だったそうだ。

965 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 01:57:19 ID:uFn+C9Km
戦前戦中の日本人を擁護する人多いけど
戦後の復興期に世界に散ってmade inJapanを
ここまで持ってきた戦後世代もすごいよな
並大抵の努力じゃなかったんだろうなぁ、想像も付かない

北朝鮮が今日から民主化、急激な経済成長
何十年後には世界中にmade in north Koreaがあふれかえる
みたいなもんだろ?

966 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 01:58:41 ID:lkCk+oHI
>>ここまで持ってきた戦後世代もすごいよな

戦中世代が頑張っただけだが

967 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 02:56:44 ID:/LVRBERU
戦後世代は戦中世代の頑張りに乗っかってたって感じかな。
高度成長期の日本の構図は、
「会社を牽引する戦中世代」+「示された方向に脇目もふらず突き進む戦後世代」
のタッグって感じ。
戦後生まれの人たち(団塊世代)は、
引かれたレールの上をがむしゃらに突き進むことは得意だった。
だが、自分で方向を見定めて暗中を進むことには慣れていなかった。
よってバブル崩壊と共に戦中世代が引退すると、
日本の財界はリーダー不在に陥って迷走することとなった。
バブル崩壊してから日本経済が復活するのに15年もかかってたのは、
そういう理由もあるらしい。

968 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 03:30:58 ID:qiG/Qtsi
戦後世代って日本の伝統や文化を捨てることを良しとしてきた連中?

969 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 03:59:26 ID:otHbKFFm
>>925-926
今、俺んちにちょうどイギリス人の学生がホームステイしてるんだけど
イギリス人が日本のことをよく知らなかったり、誤解してるのは事実だけど
日本と中国の区別もつかないようなやつはバカすぎる。
イギリスでも最低レベルって言ってたぞ。

970 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 04:20:51 ID:FjFpzyiU
日本人ほど外国の地理や歴史を義務教育で勉強させられている国民はいないそうだ。
他の国では自国以外の地理や歴史を知らないのは普通のことで
興味があるなら自分で勉強しろってスタンスらしい。
だからこそ日本に興味を持つ人は日本人以上に日本について詳しくなっていたり
日本に興味を持たない人は
日本がどこにあるのかすら知らなくても当たり前のこととなっている。

日本の常識は世界の非常識ともいわれるが
他国の地理や歴史についても同様のことがいえるようだ。

971 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 04:48:11 ID:aPa+z5o/
お前らだって、
スコットランドと
ウェールズと
イングランドと
アイルランドと
北アイルランドの
区別つかないからお愛子様だよ( ^ω^)

972 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 04:53:24 ID:m7tD+13y
連合王国は、
ややこしくて、かなわん。

・・・女王陛下って、
基本的には、イングランドの女王様なの?
みたいな。w

973 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 05:06:23 ID:KwztWTlY
でも一応世界史選択しなくても高Ⅰのころもらった世界史に
一通り箇条書きでものってるからやっぱりそれなりにすごいのでは。
勉強熱心で目を通せば・・・。
もともと理数だったのとカタカナ覚えるのやで世界史はとらんかったけどね。
もちろん歴史ってその上っ面じゃない戦略的なものとかかんがえるべきなんだろうけどね。

それとヨーロッパはエリート主義だからなぁ。中国はまだ日本みたく全人に教育をだけど。

974 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 05:28:26 ID:45nEFpiA
ちょっと待ってくれよ……

街角で聞きましたで、地図を見せて「アメリカはどこ?」と聞いた
時にどんな結果に至るか……

975 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 05:46:01 ID:DQ5jyXMB
>>966
戦中世代とは戦争を起こした連中のことかや
根性もへったくれもないじゃん

976 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 06:03:13 ID:kHDJO486
こう言うのが一杯いるのが今の日本なんだよな

977 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 06:13:44 ID:KZbj8Jda
>>960
シーボルトもペリーに
日本人にいきなり武力で開国しろ!と迫ったら頑なになるから
1年猶予を与えれば、必ず譲歩してくれるだろう、と進言してたな。
日本人の性格を良く分かってたんだな。

978 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 06:16:12 ID:2S/xvLoT
>>974
ああいうは答える方のウケ狙いでしょ
個人的にはちっとも面白いとは思わないけど
バラエティなんだかそういうのがないと盛り上がらないだろ?
アメリカの場所がわからない馬鹿女が高校行けるわけねーじゃん

979 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 06:30:10 ID:KwztWTlY
>>975
戦中世代ってどこまでいうのかにもよるんじゃ。
吉田茂や白州、松下とか、後物理の朝永とかって戦中とは言わないのかな?
大正生まれとかは戦中?本田のように戦中子供だった世代ってどうなんだろう。

まぁ戦争起こしたというより
その後の交渉の仕方とかなにやらでろくでもないといえばろくでもないけど。

980 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:03:17 ID:2TBNoDA0
私TBSに出入りしたことあるから知ってるけど
ああいうバラエティ番組で
偶然道でインタビュー受けてバカ丸出しの回答をする女子高生とかって
オーディションあるよ。
よくテレビ局の入り口に場違いなギャルがいっぱいいるなーと思うと
「○○のオーディションの皆さんこちらです」って誘導があって
そのあと○○を見るとあのときの子が

タレントにばったり路上でいんたびゅーされてという態で
バカ回答して笑われてたりすることが何度もあった。
放映時間5秒くらいの子でも「オーディション」ですよ。
ありゃ売れないモデルとか劇団員とかタレント養成所の子達だ。

981 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:19:33 ID:aPa+z5o/
別にあんたに言われなくても・・・

982 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:31:15 ID:Jt7xa4VJ
>>980
そーいう裏話がネットでどんどん暴露され広まっていくので
年々視聴者が減少しているのだな。
先日、企業の広報戦略としてのテレビのコストについての
セミナーが関係者の間であったが、スポンサーをしてあれだけの
費用を払う必要があるのか、という意見が多かった。
ファミコン出現以降TVは衰退していると言われてきたが
ネットと携帯の普及が更に拍車をかけている。
リアルでテレビを見ている人間の絶対値が年々減っている
オールドメディアにあまり金は出せないな

983 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:40:33 ID:UWA3AM0F
日本人だってヨーロッパの白地図を見せて
国境線を引けと言われても誰一人として出来ないと思うぞ。
アメリカの白地図でも多分無理だ。

まぁ俺も愛知県と名古屋県の違いが判からなかったりするが。

984 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:41:28 ID:UWA3AM0F
愛知県と愛媛県だ

985 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:49:09 ID:eCMPPgQV
>>983
日中の違いが分からないことと、ヨーロッパの白地図に国境を引けないことが同レベルなのか。

986 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:49:14 ID:aPa+z5o/
>>983-984
(´・ω・`)・・・

987 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:50:50 ID:O9usmO5U
愛知と愛媛の違いが判からないのはやば過ぎるだろw

988 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:52:35 ID:GWQmMw6X
名古屋県wwwww

989 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 09:55:41 ID:k9fdNJ9E
愛知(県)と愛知(郡)
漢字で書くと、読みを混同してしまう事と言ったら。

990 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:01:48 ID:30vYbxPh
日本人の知識が世界一だったのは
70年代まで詰め込み教育が当たり前だったから。
今の40代までのこと。

それ以降は日教組と文部省がゆとり教育だなんだと
めちゃくちゃにしたからバカばっかりだろ。

991 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:02:25 ID:b3zYzYXd
>>983
旧ソ連とか、東欧の一部以外ならごく普通に引けるけど?
白紙に陸地のアウトラインを引くことから出来るし。

大学受験レベルでも世界史か地理をまじめにやれば、
勝手に身につく芸だと思うけどなあ。

漏れが受験した1992年当時のでよければ、東欧の国境線も
引けそうな気がする。中途半端にアップデートされたもので
上書きされているので間違う可能性が高そうですがw

地理受験じゃないし、重要性がないのでアフリカの国境線は引けないけどwww

992 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:09:33 ID:eE+gi7dW
>>990
映画板で、十字軍の映画をわけがわからんという人が結構いたのが、
それこそわけがわからなかったのだが、
(学校の授業を起きて聞いていればわかるだろうと)
今の授業内容ってそんなに貧弱なのか?

993 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:10:12 ID:O9usmO5U
いやヨーロッパの国境線引くのはさすがに難しいぞ、
(ていうか俺は自信ないw)
すでに境界線がある白地図で国名を示すのはできそうだけど。

994 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:12:50 ID:g99xHBqk
>すでに境界線がある白地図で国名を示すのはできそうだけど。

欧州は分かるが、中央アジアの○○スタンは難しい。

995 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:30:10 ID:b3zYzYXd
>>993
西ヨーロッパは、英仏独伊西の国境線を引けば、あとは残りの領域に
小国の線を引くだけなので、簡単だと思うけどなあ。
北欧の国の数なんて知れているし。

バルカン半島と旧ソビエトの独立国周りは、国境線関係がごたごたして
いたので、ちょっと面倒だとは思いますけど。

996 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:46:53 ID:078s9RZK
小学生のときに買ってもらった世界地図帳と日本地図帳、
片や冷戦終結で国境線が変わり、片や市町村合併で
全然使い物になりません。それぞれ3000円もしたのに(´;ω;`)

997 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 10:56:01 ID:IHA/nLj3
>>996
(・∀・)イイ!!

998 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 11:32:22 ID:wcO8JiR+
最近戦略ゲーのDoomsdayやってるから間違った国境線引きそうだ。

1000 :日出づる処の名無し:2006/09/27(水) 11:38:30 ID:azqMS52X
1000
この記事のURL | ジャポニスム | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<ジャンクフードの話(part62スレ) | メイン | 日本人の宗教観(part61スレ)>>
コメント
-  -
自分はサッカーファンだから、バルカン半島の国名のほとんどやキルギスタン、トルクメニスタンなどの中央アジアはいうに及ばずパキスタンの州まで覚えてしまった。
好きが一番だ。
それが高じて、バルカン半島のなかのラテン文化、ドイツ文化圏、元ロシア領、イスラムの文化がどこでどのように及んでいてそれが政治経済にどのように影響されているか大まかにつかめるようになった。
中央アジアも、調べるとどこもすごく面白い!
意外な歴史とつながっている。
いまでは中央アジアのどこが唐やペルシャ、オスマントルコやロシア、日本とどうかかわりがあったとか、浮かんでくるようになった
インドも広いから地方を見ていくと面白い。
アラビアンナイト、帝釈天、ショーペンハウアーなど、色々なつながりが想起される。
2011/12/13 01:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
バルカン半島、特にギリシャの国境線が素で書ける人は正直人間じゃないと思う。
あのラインは「火薬庫」の名にまさにピッタリ。
2011/12/12 01:45  | URL | #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

-  -
自分は今年から大学生になる女子なんだが、ここでは大変勉強になってる。
ゆとり世代て名前は切ないが、がんばって日本を支える人材になりたい。
よろしくお願いします先輩方!
2011/12/10 00:51  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
歴史上の事件を理解するためには地理の知識が必要になる。
ロシアが南下政策を採ったのは「北国だから」だし、
ドイツがポーランドに侵攻したのは「隣だから」だし、
日本が仏印に進駐したのは「資源のない島国だから」だ。
歴史をちゃんとやってれば地理は自然に頭に入ってくる。
あと、日本が中国の漢字を使っているのはなぜか、
英語にフランス語の影響があるのはなぜか、など、
語学の知識にもつながっている。
そもそも知識を学科に分割するのが間違いなのかもな。
2011/12/09 21:28  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
俺も966に1票。
プラスで、地球儀も入れてくれ…。
変わりっぷりに涙。
2011/12/09 21:23  | URL | #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-  -
本スレ996がデジャヴュすぎる。
中学入学した年に東西ドイツ併合。その後もソビエト崩壊や国境と国名変更で地図帳訂正の嵐。
教師も「地理どうしようか」という始末。3年の先輩たちは、もうどうにでもなーれ状態。

ビルマとかファイブスタンで国名を覚えた自分は、アジアすら危ういわーw
2011/12/09 18:32  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
そもそも授業は聞いてないやつが大半、聞いていても興味ないと忘れちゃうんだよ。
自分も歴史は好きだから今も覚えてるけど、数学の公式なんて全部忘れたw
2011/12/09 18:12  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/369-93601261
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。