2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タイに見る人種論(part58スレ)
- 2011/10/31(Mon) -
769 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:15:01 ID:+ePfHGbM
タイの日本観

770 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:16:45 ID:sM41FEu3
タイ大嫌いと自分の立場を明確にしてるあたり、日本人の公正さを良くあらわしてる。

771 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:25:30 ID:FeAglYyU
>>769
長いのメンドイな・・・

772 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:33:54 ID:6ScxTtUF
特亜や日本のマスコミの反日活動に巻き込まれるのが嫌だったんじゃない?
日本がイギリスやフランスに割譲されたタイの領土を取り戻すことを
条件に連合国に宣戦布告して日本が負けると日本に脅されたから
宣戦布告したんだって言い訳してなんとかタイ国王の戦争責任
免れたからあんまり親密にしてると特亜連中が騒いで戦争責任追及されかねないしさ。
それにしても東欧歴訪に比べるとかなり外交辞令を欠いている映像ばかりだったな。

773 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:34:19 ID:Z6lim7P2
タイは元々民度が低い国だし、
華僑の影響か、反日の傾向が出てきてるんだ。
それにしても陛下に対するこの無礼は許せないな。

774 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:34:52 ID:9xypyrQj
こういう事すると意外と地味に報復を喰らうって事をタイの人は知ってるのかね。

775 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 00:44:29 ID:qjEkSkum
>>774
その報復が、猫のパンチ程度のつもりで放ったら、相手にとっては虎の一撃だったとか。

776 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 01:25:09 ID:WFOlS4QU
こうなったのは、タイの文化と、近世の日本の文化のせいだと思う。
政治に手を出せず、国民の信頼が低い天皇家と、
庶民から政治家まで、西洋や欧米文化ばかりを真似ているのが、
下品に見えたんじゃないかと。
タイがなりたがっていた(昔の)中華も、タイ人が尊敬する西洋(白人)は、
日本と比べて、伝統文化をかなり守っていて、誇りに思っている。
日本も日本らしくなれば、評価上がるんじゃないか。

777 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 01:27:06 ID:klx/IEZw
>>769
てかその人の白人観は俺とかなり似てるなぁ

781 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 02:29:23 ID:wZwK56JY
>>769
はじめて読んだけどなかなか興味深かったよ。
全面的に信用する気はないが、一つの判断材料として参考にさせてもらうわ

この人完全な反タイというより、アジアでやりたい放題やってる白人と
自国人すら犠牲にしてそれに媚びるタイのあり方に批判的なだけでしょ。

783 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 03:34:44 ID:sWPQA5s+
>>769は、
タイのような国で長期にわたって生活してると
隠された白人の傲慢さ醜さみたいのがクローズアップされてくるんだろうな。

もっともタイに遊びにいくような白人というだけで、かなり母集団がそれなりの
連中に限られてくるんじゃないかな。そうでもないか。

796 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 12:57:23 ID:IQ25gfcb
>>769
これは久しぶりに読む価値のあるブログだな
タイを「微笑みの国」などと勝手にもちあげている日本人の大半は
リアルなタイ人を知らない。つーか、もれも知らない。
白人がタイを絶賛する理由が分かった気がする。
要するに本国ではクズ扱いの自分がタイでは王様扱いをうける、
白人として生まれた特権を享受できる、というところに好意の訳がありそうだ。
そういえばタイでは、賢い子供を褒めるときに「ヨーロッパ人みたいだね」と言うと
聞いたことがある。
結局、タイ人も白人と剣を交えて戦うことを回避したアジア民族でしかなかったということか

797 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 13:20:44 ID:G8RKI9ye
>結局、タイ人も白人と剣を交えて戦うことを回避したアジア民族でしかなかったということか

日本人は白人と剣を交えて戦かったが、お前は関係ないだろう。
何をエラそうに上から物言ってんだ。

798 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 13:24:16 ID:u/zvKcEp
何が関係ないんだ?
>>796が日本人じゃないなら確かに関係ないが

800 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 15:00:30 ID:IQ25gfcb
>>797
>何をエラそうに上から物言ってんだ。

いるねえ、こういうチョンなみの脊髄反射動物がw
感情を吐くだけでなく、ちょっとは長い文章でも書いてみろや、アホが

804 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 17:10:59 ID:bd1YTWO9
まぁ>>797も十分エラそうなんだけどな

805 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 17:18:16 ID:G8RKI9ye
そうか、すまんかった。
白人と剣を交えて戦かったのは先人であって、自分がやったわけでもないくせに、
トラの威を借りてあれこれ言ってたのが鼻に付いたんでな。

808 :日出づる処の名無し:2006/07/11(火) 18:20:03 ID:wZwK56JY
>>805
別には>>796トラの威を借りてあれこれ言ってるわけじゃないだろ。
タイの現状について語ってるわけだし、そもそも先人とかは関係ない。
噛み付く要素ねーじゃん。

>結局、タイ人も白人と剣を交えて戦うことを回避したアジア民族でしかなかったということか

だって、あきらかに単なるたとえだし、
白人に媚びずに自立した社会築くことだって、りっぱな戦いだと思うが

835 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 07:56:44 ID:fSowu6Wk
タイは若者の日本ブームを伝える記事がいくつかあったし、
日本でも独立を守り抜いた同じアジアの王国に好感を持つ人は多い。

だから>>769のようなタイ批判のブログをみつけてきて、待ってましたとばかりに
ここでタイ叩きをはじめるやつがいれば、いつもの見飽きた離間工作かいな
と思われても仕方がない。

だが>>769のブログの真髄が、タイ人そのものへの批判でないのは読めばわかる。
世界の表舞台では民度が進んだ白人だが、欧州の裏庭では本性をむき出しにした
野蛮人であり、またタイ社会もそれを受け入れ順応してしまってるということだろう。

837 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 09:42:19 ID:xViLKzwS
>>835
白人を野蛮人と認識してしまう時点でもう負けてるよ

841 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 11:59:55 ID:xCawfj5k
>>835
その白人にやられっぱなしの日本は野蛮人以下だな。

844 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 13:52:31 ID:ShDuWKKY
>>837
白人は決してスマートな連中じゃないだろ
過去の歴史では世界の中でもトップレベルの野蛮性だったし
今では振る舞いこそ文化的だがえげつないことを平気でやる
「もう負けてるよ 」じゃねーよ、
お前みたいな奴はずっと負けるだろうけどさ、そんな考えじゃ。

>>841
日本は経済力2位、アメリカ以外の白人国家にもまさってるけど?
お前の国に帰れよ朝鮮人、文字通り野蛮人の国にな

851 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 16:08:02 ID:yV5uDzwA
>>844
>日本は経済力2位、アメリカ以外の白人国家にもまさってるけど?

国際的な発言力や影響力はGDPが何分の1のイギリスやフランスや
ロシアよりずっと下だけどな。
>>837が言ってるのは、白人は残忍で横暴だけど、
今の世界のルールを作っている支配者だって事だろ。
日本の栄華もそのルール中の話で、白人と違って自分でルールを作ったり
改変する事はできない。
白人を嫌うのは自由だが、見下すのは滑稽。

852 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 16:13:32 ID:tpdwpLYe
今回のテポドン騒動でも市井のアメリカ人的には
日本は西欧社会の側の人でアジア側の人ではないみたいだしな。
負けてルールを変える側よりも、常にルールの中で勝てる側であれば良いんだよ。

853 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 16:16:02 ID:yV5uDzwA
まあ胡散臭い大亜細亜論はもう御免だわな。

854 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 16:36:04 ID:jlZDTB9B
半可通の幼稚な議論はうんざりです。

855 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 16:46:39 ID:P3rMkRyy
>>852
君にとってアジアとは、中国と北朝鮮のことなのかい?

856 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 17:19:59 ID:4AJO9vo6
世界は特亜とそれ以外で成り立っている
・・・と、思うときがしばしば。

862 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 22:31:44 ID:AVxXBj1Y
>>851
自分達が作ったルールの中で日本に負けてるのか。ショボいな。
非白人がルールに口出しできるようになったら白人はもうダメかもわからんね。
中国にも抜かれそうだし。

863 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 22:46:13 ID:QghvhyR2
洋画をたくさん観てる人ならわかると思うけど、
休暇でタイへ遊びに行くというシーンはしばしば登場する。
(最新だとステルスという映画があった)
おそらく日本や中国、アフリカなどへ遊びに行くいうシーンは一度も見たことないだろう。
遊びにゆくといっても、景色を見に行くのではない。
はっきり言ってしまえば、白人が女や男を買いにゆく場所がタイという国だ。
そしてタイの人々も、それに反発するというよりは商売にして依存している。
西欧人にとってはタイとはそんな国でしかない。

864 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 23:03:53 ID:Wg/jKOwE
>>862
というか、日本人はルールを作る必要性を感じないだろう。
後発でも勝てると無意識に確信してるし。寧ろ、新しいルールが
海の向こうから来ると嬉々として学び、消化・発展させて
自分のモノにするのに夢中になる性分。

865 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 23:06:25 ID:4V7JMUZk
>>862
ルール作りにばっか奔走してそれに頼り切ってるから。
いつまでも植民地を持ってる気分なのでは。

でも日本も締結前に未来予測をおおざっぱにでもしろと。
あまりにもなしくずしだらけ。

866 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 23:33:21 ID:idhLZ9T5
>>864
日本に不利なルールになっても、それに対応しようと頑張っちゃうからな。

867 :日出づる処の名無し:2006/07/12(水) 23:57:03 ID:lXGH42RV
不利だと頑張っちゃう日本を骨抜きにするには
逆にミサイルだの拉致だので刺激せず最低限の貿易だけで
ずーっと島国という孤立環境で眠らせておけば…
あ、それやったら260年くらいまったり繁栄しちゃってたっけ。

868 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 00:29:55 ID:NAo67wBw
蒸気機関・エンジン・飛行機・ロケット
白人だ

幾何学・代数学・微積分・集合論
白人だ

天動説・万有引力・相対性理論・量子力学・進化論
白人だ

カメラ・蓄音機・コンピュータ
白人だ

すごいね白人は

869 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 00:30:59 ID:j/sp1yos
白人を作ったの誰か知ってる?

870 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 00:31:25 ID:ysEh6UIC
だって250年かけて戦国時代にはあった騎馬技術も鉄砲の技術も
捨て去った軍事政権だもの。
そして開国時一年ほどで学びなおしてるけったいな国だし。

871 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 00:54:36 ID:MNFO200v
>>868
ちょwwwwテラスゴスwww
手加減しろってwwwwww

872 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 01:08:28 ID:ezuYH1u3
>>868
いや、理屈抜きに白人は凄いと思うよ。
アングロサクソン・ゲルマン・ラテンと持ち味は違うが、
概して闘争心があって、かつ、知的・組織的だ。

873 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 01:11:05 ID:0derzsCI
そして江戸時代の和算家がやっていたように、白人達の学問的成果も、
決して同じ事ができないというわけではない。
もちろんそれらはヨーロッパではガイシュツなんだが。

874 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 01:29:28 ID:LspwLwaX
日本にとって新しいルールとは、トレーディングカードゲームでの
最新パックにしかすぎないんだなぁ・・・

875 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 01:58:43 ID:R2UChh4w
挙げられたのってつい最近のものばかりだけど、白人って大器晩成型なんかね。

876 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 02:02:06 ID:wggNiN7P
日本の最大の不幸は切磋琢磨できる黄色人種が周りにいないことだな。

877 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 02:40:53 ID:hQQO9TbY
強敵と書いてともと読めそうなのはいないものなあ

878 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 03:07:30 ID:meTPo1U3
< ヽ`∀´>

884 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 08:11:48 ID:2j+AOc8g
>>875
古代ローマは凄かったよ。
それから西洋は長い停滞期に入ったけど。

885 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 08:17:33 ID:qMoHjOho
>>876
かつては中国がいたじゃん
攻めなかったし攻められなかったから切磋琢磨しなかったけど

886 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 08:24:11 ID:f53Sln7a
むしろ鎖国してくれないかなぁ…。
反日な日本人と反日な外国人はとっとと出て行ってもらって。
まったりしたいよ。

891 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:19:16 ID:bh3iL5Fg
>>876
あんまり調子に乗るなよ。
日本の歴史上、世界的に日本が先進国だったのはここ百年程度。
それ以前は中国や欧米の模倣をするだけの未開な野蛮人だっただろ。
衰退しても繁栄を繰り返す中国のほうがよっぽど偉大だ。

892 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:23:41 ID:laIRYbf1
江戸時代が中国や欧米の模倣しかできない野蛮人の時代だった事が新発見されたそうです。

893 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:28:50 ID:CxEqHNwe
後進国の井の中の蛙教科書で学んだ人がきてるね。

894 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:31:27 ID:Lme5hiXl
まぁ再興するたびに文化も民度もどんどん落ちてったけどな。中国は。
今中国にあるのは、古代の残滓と毛沢東の呪いと西欧文化だけ。
それ以外は頭数ぐらいで何にも無いよ。マジな話。

895 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:33:47 ID:0/AAoVTV
欧米の模倣をしたのが100年位前、
中国の模倣をしたのは1500年以上前だな。

896 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:37:45 ID:Ea63LagC
>>891
中原を制したのは全然違う民族で文化も言葉も違うやんけ。
あんなのが継続した国と言えるかよ。

897 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:44:26 ID:Us9SV64b
>>891
>衰退しても繁栄を繰り返す中国のほうがよっぽど偉大だ。

繁栄してもすぐに駄目になるってことだろwww
いつも負けて異民族に征服されてんだからさwwww

898 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 10:56:46 ID:0Sfo2IIF
中国は地域のポテンシャルが大きいから、文明が発展しやすかった、
というのは真実であり、そこの民族が優秀だから発展した訳じゃない。
大河と広大な沃土があったから大人口を支える事が出来たのであり、
その結果としてだけだ。
で蓋を開けて見ると様々な民族がその地域を支配している事が判る。
大多数を占める漢民族以外による支配の期間が一体どれだけあることやらw

社会制度は古代的な律令制君主国家の枠から一歩も出ることなく終わったし、
大衆文化などの発達も日本と較べるまでもなかった。

日本は欧米をマネしたと馬鹿がほざいてるが、
社会制度がそれに合わせて成熟していないと技術や政治制度だけを導入しても
大抵改革は失敗してしまうのだ。

何故かって?それら社会の構成員たる市民の民度が低すぎると
信用や契約の概念に裏打ちされたそれら近代社会は成立しえないからさ。
だから今の韓国でもとても法治国家とはいえないし、中国や北朝鮮は言わずもがなだ。
で中国の場合別に共産主義ではなくても同様だ。
国民党時代でもあまりにも腐敗が横行した為に民衆の支持を得られず
台湾にたたき出されたのだからな。つまり中国に民主主義を導入しても、
民度が低すぎるから絵に描いた餅にしかならないだろうってこと。
こればかりはどうしようもないだろうw

900 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 11:17:51 ID:J//2WwyC
中国を歴史的に考えるなら一国としてではなく
ヨーロッパのように文明圏として考えるべきでは?

901 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 11:22:06 ID:lBAixRtj
江戸時代の日本の都市を見習えというのが世界中のエコロジストの主張だったりする。
あの時代に上下水道を完備し完璧なリサイクル社会を作り上げ
識字率が70%を超える文化都市があったこと自体が驚異的なことらしい。

902 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 11:25:49 ID:tf/3wh0g
>>900
そうかも。中国は国というより文化圏だなぁ

903 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 11:26:03 ID:8ykrYZhX
>>901
上下水道なんかローマ時代からあるだろ w

904 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 11:32:11 ID:s73JGz9n
簡易な上下水道なら縄文時代からあるだろ

912 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 13:49:03 ID:BJxdxbY8
>>901
みんなリサイクルリサイクルいうけどさ
実は江戸を含め当時の日本の都市部は死亡率が非常に高かった
当時の統計を分析すると農村は多産小死で人が溢れ返ってたけど
これが逆に都市部では小産多死で逆転していた事がわかっている
農村で溢れかえった人が都市に流入してそこで死を迎えることによって
一定の人口抑制効果があったわけだ

いわば死の都市でもあったといえる

913 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 13:50:40 ID:Lme5hiXl
リサイクルと死亡率に何の因果関係が!!?

914 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 13:58:12 ID:LwaRS0mf
都会は梅毒脚気が蔓延してたみたいだからね。リサイクルとどう関係するかは知らんが。

915 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:01:25 ID:0Sfo2IIF
>>912
その当時のヨーロッパの平均寿命とかを考えるなら、
日本だけが異常、なんてとてもいえないのだが?
勘弁してくれよ今の医学や社会と比較してモノを語るのはさ。

特亜なんぞはパールバックの大地を読むまでも無く、
奴隷として貧乏人は扱われてたりしたのはスルーか?
人権も糞もなかったんだからな。

あとイギリスなんかも労働者の生活はそれはもう酷いもので、
更に植民地にされていたアイルランドではジャガイモ飢饉の時に大量の餓死者が出て、
それから逃れる為に新大陸へと渡っていった人々も多い。

日本はその意味においては未だましなほうだぞ。

916 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:12:51 ID:N54oOpLK
なんといっても江戸は当時世界最大の人口で漏れかえっていた都市だしな。
生存率が低いということはないだろう。

917 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:17:52 ID:laIRYbf1
>>912
最後の一言が情緒的過ぎる上最初の一言と結びつかないから
トンデモ系になってしまってるが
ようするにただ美しいだけのリサイクルだけではなく
人口(人命)の循環もあったんですよ・・・
と言いたいのではないかと・・・

918 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:25:50 ID:JuVJ32rM
あと、江戸は慢性的な女性不足だったって話もあるわな。

919 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:31:20 ID:0Sfo2IIF
>>917
現代社会を除いて、19世紀以前のどの地域であっても
人口増加に対しては飢えや疫病で自然と頭打ちになっているのだから、
日本を殊更に取り上げる時点で悪意があるようにしか思えないのだが?

農業革命によって農作物の生産力が上がって自然と人口は増加していくが、
それでも限界点に達した時点で頭打ちとなるのは別に日本に限った事ではない。
後はその限られたパイを奪いあうことになり、
そのしわ寄せが社会的な弱者に寄せられるだけだ。
でそれらの人々は餓死や移民などをよきなくされるって訳。

ヨーロッパの場合、新大陸というはけ口があったので
それらの成長余力はアメリカに向かった(それでも大量の餓死者が出ている)
訳だが、日本の場合は国内で循環していたので頭打ちになったのは事実だがな。
(それでも緩やかに人口は増加していた)

無為無策な半島などの場合、
逆に17世紀から19世紀にかけて人口が減少していたりもする。
その辺を考えるべきだろうな。

920 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:58:41 ID:laIRYbf1
>>919
何が言いたいか良くわからん文章だし(悪意を隠す事に失敗?)
「死の都市」にセンスがないのだけは確かだが好意的に解釈してみた。

921 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 15:09:30 ID:JuVJ32rM
生産性の向上と、人口の増加には、
一致する関係は無いね。
現象として。

むしろ、生活が豊かになると、
人口の減少が問題になるし。

貧困国の人口爆発が問題なら、
余裕のある国が、よってたかって豊かにしちまえば、
貧困の問題も、人口の問題も、解決できる。

たぶん。

922 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 15:28:21 ID:t6BzNikK
アイルランドではジャガイモの生産高と人口増減が
連動していた時期が長いと聞いたことがある。

増えた人口を死なせないために新大陸だの植民地だのの
獲得合戦になったのが近代の一側面。
遊牧民も、食い尽くすと次の土地に移動するよね。
中華の皇帝様の中には、「人が大杉だから
ならず者がちょっと声上げただけで何万もの反乱軍なんぞに膨れあがるんだ
ちょっとは減ればいいんだ。殲滅!」という発言録もあったり。

せまい島国をせっせと開墾したり品種改良しつつ
間引きによって人口調整していたのが中世の日本。
今は間引きの必要もなくなって、ちょうどいいじゃないか。

923 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 15:30:50 ID:gv/JRTl3
西欧以外で微積分を独自に発展させたのが、江戸時代の日本。

928 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 16:13:16 ID:0Sfo2IIF
>>921
個人の趣味や娯楽が多様化してそれを享受出来るだけの豊かな近代社会で、
それらのライフスタイルを個人の我侭で追求するあまり、
子育てをしないという少子化と、
それ以前の社会とをごっちゃに論じている時点で無茶苦茶なんだが?

貧困国といいながらなんで人口が増加していると思う?
それは20世紀に入って更なる農地の生産性向上と医療の向上によるものだ。

即ち、貧困国といいながらも人口が爆発的に増加するのを支えているのは
それらによる恩恵に拠る所が大きい訳。
だから違う意味において、豊かになったから人口が増えたとも取れるな。
そもそもパイが限られていた場合、人口が増えるも糞もないだろ?

余剰生産力が上がったからこそ増えることができる訳なのであってな。
その逆はありえないってこった。

まあ、余裕のある国がよってたかって
それらの貧困国を豊かにしちまえばと簡単にいうがな、
豊かにしたくとも連中の民度が伴ってなければ
近代社会なんて絵に描いた餅にしかすぎないってこったな。
村同士で戦争(部族紛争)をやってるような国すらあるぐらいだ。
そこの住人に近代国家の為、選挙や契約・信用の概念を
一から教えるところからはじめなくてはならない。
そうじゃないと、援助した金モノは有力者の懐に納まるだけだ。
だからそれらの国では近代化に苦しんでるの。
簡単な問題じゃないのよ。

930 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 16:23:06 ID:JuVJ32rM
人口を維持できる状況じゃないのに、
医療技術の向上やら援助やらだけで、
無理して支えちまってるだけじゃん。

人口を支えることが可能な余裕も無く、
ただ人口が増えて、無理して生かしてる。
だから貧しい。

生産可能性が小さく、
実際の生産も追いついて無いのに、
人道上の趣味で、人口増加を支えてるだけじゃないのか
この記事のURL | ジャポニスム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<日ユ同祖論(part59スレ) | メイン | 海外でのビジュアル系(part58スレ)>>
コメント
-  -
世界史板とかだとすぐに訂正入る無知な発言が当然と受け入れられてて笑ったw
数学はインドやペルシャの発明品で、ローマが武力で奪ってきたものなのにねwwwキリスト教の野蛮な十字軍も同じく文物文明を奪った。
アレクサンダーの遠征と破壊のせいで数学の発展が数百年遅れたと言われてるし。地球儀だって紀元前150年ごろにトルコでつくられたのが世界最古。
文明が発達したら人は理性や知性を重視し野蛮さを失う。で、野蛮な外的民族に制服されるの繰り返し。アメリカが文明最先端でありながら資本主義を純化し、弱肉強食原理を失わないようにしているのは、確かにある意味理にかなっているのかも。最強であるためには野生性を殺してはいけない。
理性的理知的なエコロジスト方面にいくと、また野蛮な拝金帝国主義の多国籍企業TOPとかに征服されるんだよね。ヨーロッパがアメリカ金融支配層に負け続けてるのはそのせいだと思うよ。
2011/11/22 03:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 そういえば、タイで反日のドラマが放映されたって記事がありましたね・・・
2011/11/07 22:16  | URL | #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
欧米、それこそ白人社会では、
タイは幼女売春をしに行く国ってイメージがついてる。
2011/11/05 21:16  | URL | 名無しさん  #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>国民の信頼が低い天皇家
むしろカリスマだろ
2011/11/01 04:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「野蛮」という言葉の捉え方が違うと議論が噛み合わない印象。
・文化の遅れた(享受する側の)地域=武力や影響力の面で弱者とは限らない
・弱肉強食で常に争いの耐えない社会、そこに暮らす民族
・差別用語。野蛮なんて言葉を他者に使うのはけしからん
とそれぞれ違う前提を持ってるように見える。
2011/10/31 23:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
俯瞰して見たけどタイに関する議論より白人と黄色人種って感じになってるな。
2011/10/31 22:08  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>903 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 11:26:03 ID:8ykrYZhX
>>>901
>上下水道なんかローマ時代からあるだろ w

じゃあどうして江戸の寿司文化を不衛生と罵ったのか
それは自国の衛生観念が低くて、窓から汚物を投げ捨てるのが当たり前で下水道を理解しなかったからだろ

>912 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 13:49:03 ID:BJxdxbY8
>>>901
>みんなリサイクルリサイクルいうけどさ
>実は江戸を含め当時の日本の都市部は死亡率が非常に高かった

これ冬場の火事の死亡率だよ
お江戸で特筆すべき死亡例なんてそれ位
じゃなきゃ地方から人が流入し続けたりしないよ

>918 :日出づる処の名無し:2006/07/13(木) 14:25:50 ID:JuVJ32rM
>あと、江戸は慢性的な女性不足だったって話もあるわな。

これも火事が多発する冬場だけ
女性と子供だけが疎開して、江戸の湿度が戻ると帰ってくる


ローマ時代から西洋は発展してるって言う人らって、その後の野蛮ぶりを何だと思ってんのかね
俺的には基督教の侵略に負けてから、上から下まで荒廃していったと思ってるんだが
2011/10/31 19:46  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
発明家らと底辺白人を同一視するのは、ジョニーデップとマイケルムーアを同一人物と定義して白人は総じて美男と言う様なもんだろ
2011/10/31 19:22  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/356-beba032d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。