2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
沈黙は金、雄弁は銀(part55スレ)
- 2011/09/19(Mon) -
415 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 15:29:01 ID:AlQJcblz
(※リンク先消滅)
特報! ヨーロッパ初の神社がフランスに!
2006年3月25日10時 地鎮祭

416 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 15:45:50 ID:Aa0vg7Un
その後
(※リンク先消滅)
特報! フランスに建立されたヨーロッパ初の神社はウリナラ起源!
とかなるんじゃね?

417 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 15:46:22 ID:2RMroZ9T
わからねぇ~~~~!!!

418 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 17:15:42 ID:OYhxjzCk
>>415
2枚目の写真の左側の人物の他の写真やおっさんと一緒じゃない写真は
無いものだろうか?
え?いやいや、純粋に神道に興味があるのだよ。

419 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 18:33:46 ID:oA+NxFoG
赤い袴は?赤い袴はないのですか?

420 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 18:39:16 ID:3c94LNij
巫女さんがいないなら意味ないやい!

421 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 20:04:40 ID:Ph0SUEtV
金髪碧眼の巫女さんを何とか連れてくるというのであれば認める。

422 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 20:29:37 ID:qEB/xYD2
予算の関係上、金髪碧眼の神主さん(マッチョ)で我慢して欲しい。

423 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 20:46:12 ID:MLQmSZ2E
鳥居無いと神様が出入り出来ねぇじゃん

462 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 17:40:11 ID:ky/kT07V
>>415
ご朱印の為だけに訪問してみたい。

425 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 21:45:44 ID:TnfYEkyj
http://www.flapter.com/hirofumi/photos/2005-trip/dscf1256.jpg
アメリカには数カ所あるようだね神社。欧州にいままで無かったのは意外だ。

426 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 22:36:32 ID:5rv6z8+v
アイルランドとか似合いそうだ。>鳥居
精霊の居る土地だし。

427 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 23:14:33 ID:3c94LNij
>>426
神道と精霊信仰って似てるしな
でもクー・フーリンってあんまり英語圏っぽくない名前だよな?

428 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 23:20:06 ID:KiIoXQX7
ケルト語ではないですかね?
ティルナノーグ!

429 :日出づる処の名無し:2006/03/02(木) 23:51:38 ID:n9CjSse4
オランダにも神社無かったか? それともフランスの方が早いのか?
ヨーロッパ初って。

430 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 00:36:02 ID:GAEhY5yo
>>427
あれ?神道って精霊信仰じゃなかったの?
土着の原始宗教に近いと思ってた。

431 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 00:51:50 ID:hvZuJd9R
万物全てに神が宿るって考え方だな。

432 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 01:08:27 ID:J6rYFrxY
なんでもあり、
バース神社wとかがアリだったんだから
ドイツに守護神カーン神社があっても……

433 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 01:11:57 ID:m7Iek6NQ
>>430
古神道と神道でもまた違う‥‥らしい

438 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 03:06:49 ID:A0HGF75z
>>432
「なんでもあり」つったら、やっぱアレでそ。
モ ノ リ ス 大 明 神 。
日本人は未来永劫、原始と魂が通じてるとオモタw

441 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 05:39:48 ID:aE7p8GyO
日頃から日本ではなく日本国と呼ぶように心掛けてるんだけど
他にも日本国と呼ぶ人はいるのかな?
国というものを一番理解できる瞬間が日本国と呼ぶ瞬間だからね。
日本だとただ漠然と自分が住む地域感しかないんだけど
日本国だと国を意識できていいんだよね。

神道もいろいろあるからね。伊勢神道とか神社神道、吉田神道とか。
神道って宗教っぽいけど実は宗教というよりも実情日本人の生活の一部だから奥が深い。
大体は祖先神を祀ったのが始まりで、
新田開発で出来た村なら勧誘したり、神宮とお寺を併設した神宮寺があったり、
明治時代には合祀したり。
神道の本は読めば読むほどいいね。人によって微妙な解釈の違いがあってそこに良さがある。

442 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 07:24:40 ID:3qxKue6A
>>441
現実の世界で、普段わざわざ「日本国」って言うやつはちょっと気持ち悪い
まあ人それぞれの考え方があるとは思うけど、空気の読めない奴にみえる

443 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 07:43:49 ID:3U5jsxvc
いずれ静かの海神社とかオリンポス山神社って出来るんだろうなあ。
正月にはロケットに注連飾りをつけてと。

444 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 08:55:04 ID:gjkYWzH0
(※リンク先消滅)
50周年記念・特別連載 ペンシルロケット物語
ベビーR型の1号機の時には、いつも糸川の愛用車を守っている
方位神社のお守り札がロケットに乗せられて打ち上げられ、
搭載カメラと一緒に回収された。海水に濡れたお守りを手のひらに乗せて、
世界初の海上回収の喜びを語る糸川の写真が、翌日の新聞を飾ったことは言うまでもない。

445 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 08:58:19 ID:gjkYWzH0
人事尽くし、神頼み
(※リンク先消滅)
完成したロケットが、発射場の種子島宇宙センター(鹿児島県)へ船で輸送される前日。
コンテナに納められたロケットに、熱田神宮と飛行神社(京都府八幡市)のお札が添えられる。
ビニールの袋に入れられ、エンジンの保護カバーに粘着テープで固定される。
三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所飛島工場(愛知県飛島村)の
ロケット組み立て職場が、航海の安全と打ち上げの成功を祈って輸送の度に行う慣例だ。

450 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 10:11:35 ID:0P24R5Ab
とある会社に自社のサーバをハウジングサービスしてもらってるんだけど、
広いフロアにずらりと並ぶ巨大なサーバ群の端っこに神棚を見つけたときはワラタよ。

451 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 12:05:38 ID:rhAxmXoC
そろそろ神棚も合体変形する時期だと思うんだ、俺は

452 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 12:31:21 ID:h6pdV7pO
伊勢神宮の地下から巨大ロボ 天 照 が現れたほうがいいよ

453 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 13:00:04 ID:lo8SKXSq
>452
こんなこともあろうかと思ってね
伊勢神宮創建以来、地下基地でずっと作りつづけていたのです
この日本が最大の危機が訪れた時に役に立つようにと

それがこの時なのです!!ドジャーン

454 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 13:00:06 ID:dumBA2Vc
神田明神はこんなアイテムがw

秋葉原電気街を氏子にもつ神田神社独自のコンピューター、携帯電話のお守りです、
当社はソフトウエアー会社やIT関連会社からも厚い崇敬を受けております
(※リンク先消滅)

463 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 17:43:23 ID:ky/kT07V
>>452
出雲大社の地下からは巨大な蛇型のロボットですか

464 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 18:35:04 ID:TcUqnTxw
月には誰も知らない社があるの…

466 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 18:42:18 ID:3oYI2U6N
御神体は地元の現役女子中学生を希望

480 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 20:53:36 ID:dg1jSZgl
>>454
将門公もITの神様になるとは夢にも思わなかったであろう。

481 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 21:28:32 ID:3s2baEkb
>>454
漏れ、そのIT守り、今年の初詣に買ったw
小っさいシール状のは、自宅のPCに貼っ付けてある。
あと、ビジネス用(仕事で勝つってか?)の名刺入れ型守りもあったなぁ。>神田明神

************

203 :日出づる処の名無し:2006/02/20(月) 22:33:30 ID:G9qbfNui
なんか技術上のトラブルがあったりすると、「日本人なら解決できるだろう」と
言われるそうだからな・・・
もし、国連常任理事国問題でも、分担金でも旧敵国条項でも日本政府と日本人が
本気で怒って世界との関わりを絞り込んだらあっさりと解決しそうな気がする。

中国も、日本が全ての投資を引き上げて人の交流も断絶し、
軍備拡張を行い始めたら態度を改めると思う
・・・国内の売国勢力がいなけりゃなぁ

218 :日出づる処の名無し:2006/02/21(火) 06:23:11 ID:w5AbaQf5
>>203
>もし、国連常任理事国問題でも、分担金でも旧敵国条項でも日本政府と日本人が
>本気で怒って世界との関わりを絞り込んだらあっさりと解決しそうな気がする。

以前、内々に分担金減らすつったら、びびりますた>国連
今まで文句ひとつ言わなかったからねぇ、日本は。

479 :日出づる処の名無し:2006/03/03(金) 20:46:46 ID:8zkUwAxw
>>218
雄弁は銀、沈黙は金。
ひたすら不言実行する日本の発する言葉は重い。
その重みを活かす殺すもおまえたちの双肩にかかっている。

485 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 00:11:52 ID:l/idIcdO
>>479
「沈黙は金、雄弁は銀」って、本来は「言うべき事はちゃんと言え」って意味だぞ…と、混ぜっ返してみる。

486 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 00:34:42 ID:5mKMNmPC
少なくとも銀では有るからな

487 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 01:04:12 ID:NQ14Z5q4
違う、金よりも銀の方が価値が有る時代に出来た言葉だからだ

488 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 01:09:30 ID:Q/Fo2RpN
そういやフランス語ではお金という時には銀だな。
いつの時代なのかはよくわからんが。

489 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 01:10:49 ID:+sCnBTKy
へぇ~*17
補足トリビア待ち

490 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 01:28:35 ID:pelMKsiy
ところで、「銀行」って言葉の由来は日本かな?
中国でも使ってるみたいだが。

491 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 02:04:46 ID:udb611rQ
日本では銀のほうが価値が高かったからじゃないの?
「金座」じゃなく「銀座」というのもそのため。

492 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 02:14:39 ID:8T/yBXh8
知ったかぷり乙

493 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 04:11:39 ID:ouaR2Fyn
日本では、江戸時代は関東では金、関西では銀が使われていて、
江戸に下ってきた関西人が、銀を金に換えに両替商に行くことから、銀行になったんじゃなかったっけ?

494 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 04:40:20 ID:9milZYrB
へええええええ

495 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 05:07:07 ID:HUtICkpp
いや銀座は貨幣を鋳造してたところだろう。
当然金座もあった。

497 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 09:16:28 ID:q9AIykIn
>>485
>「沈黙は金、雄弁は銀」

俺は
雄弁は銀→実用的。食器や通貨として大量に使用される。
沈黙は金→装飾的。見た目に良い。よって「沈黙は金メッキ」と解釈すると良い。

ひろさちや先生の教えです。

498 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 09:43:54 ID:DTPDqr4b
銀より金のほうが性能はいいと思うよ
ただ希少なだけで

499 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 11:06:13 ID:RpUUhVPQ
>>497
>「沈黙は金、雄弁は銀」

賢しらに論を述べ主張するよりも、
不用意に旗幟を鮮明にしないのが、
本当の知恵だって意味だと思うが・・・

まぁ、お米の国には通用しないが。

500 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 11:54:31 ID:Q/Fo2RpN
>>498
熱伝導率だけは銀のほうがよかったような……
あと、食器に使えば毒と反応して、というのもある。

>>499
現在そういう解釈になってるのを全員が知った上でトリビア出し合ってるので
よけいな心配せんでくれ。

501 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 12:04:04 ID:q9AIykIn
ああ、御免。
>497 は欧米での解釈の話ね。
雄弁のほうが価値がある、と一般に捉えられているらしいとのこと。

502 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 12:25:48 ID:5mKMNmPC
そういや金メダルって金メッキなんだよな。

503 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 15:02:53 ID:dv/uJaMt
>>502
しかも大部分は銅です。

504 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 15:06:25 ID:GjvJbhvp
>>493
関係ないが江戸時代に関西なんて言葉は無かったわけだが。
(関東もおそらく無かったのでは)

505 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 15:15:40 ID:Q/Fo2RpN
関が有ったのは江戸時代なわけで、
関西という言葉はなくとも別の言葉で区別されてたんじゃないか?
上方とか。

506 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 15:16:46 ID:GjvJbhvp
>>505
畿内だろう。上方は大阪付近限定かな。

507 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 15:31:18 ID:Mje8Eb16
>>504
坂東、関八州

508 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 15:32:49 ID:1bhAxH+3
つか関東管領とか知らんのかね?

519 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 18:54:28 ID:/sVeFonS
>>504
関は機内より東夷のところをいうんじゃないの?
だったら奈良時代からあったはず。

520 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 19:05:19 ID:Nxl+pL5H
関東の関は箱根の関所

521 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 20:17:43 ID:PIMZkpxl
そういや「坂東武者」って言葉は鎌倉時代にはあったみたいだね。
平安期の将門の乱にも使われてたかな

522 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 22:08:57 ID:DeQtdaF4
>>487
古代ギリシャの雄弁家の言葉らしいね。

> 出典は紀元前4世紀のギリシャ・アテネの弁論家デモステネスですが
> 当時は金よりも銀の価値の方が高かったと言われています。
>
> ギリシャなどの地中海沿岸諸国における金と銀の価値の違い(比価という)は
> 金:銀=1:13.3 に相当していたといいます
> 以下参考文献を参照してみてください。
>
> ●参考文献●
>
> ■デモステネス■
>(※リンク先消滅)
>
> ■ことわざに関する文献■
>http://www2s.biglobe.ne.jp/~ipsenon/kk6.html#S45
>http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=643393
>
> ■ギリシャの金銭価値・貨幣単位に関する文献■
>(※リンク先消滅)
> タレントの語源はギリシャの貨幣単位に由来するんですねぇ~
>
> ■金と銀の価値の違い(比価)■
>(※リンク先消滅)
>http://www.mercury-jp.com/about%20silver.html

523 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 23:39:14 ID:pZ6ImVLQ
沈黙は禁なり。
と本気で思っていた俺は話に参加できない。orz

524 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 23:42:19 ID:qW8NFxN7
>>523
ワロタw

525 :日出づる処の名無し:2006/03/04(土) 23:52:19 ID:DeQtdaF4
>>523
だがそれも(・∀・)イイ!!

************

808 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 13:02:14 ID:K4dS36CL
イギリスで赴任した日本人の奥さんが子供達に算盤教えたら
その子たちの数学の成績が一気に上がって
あちらの数学教育熱に火を付けたって話、どっかで読んだけどソース忘れた。

809 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 14:42:42 ID:mz016HvS
算盤で数学の成績は上がらないだろうな。
上がってもせいぜい算数までだろう。
中学以上は代数になるから算盤が役立つとは思えない。

810 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 15:40:00 ID:fcBCwDgO
>>809
ある計算するのに一秒かからない人と一分以上考える人では数学でも差がつくよ

811 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 16:03:57 ID:+l8ZyVdB
算盤を足の裏に敷いて滑って遊んでた俺って一体・・・

812 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 16:32:12 ID:fbSUr4Z9
算盤やると集中力がつくから、証明とかにも役立ちそう。

813 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 16:59:54 ID:12ZrKugy
ソロバンてすらすら出来るようになると気持ちいいよね。

814 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 17:29:29 ID:HOmF2d/G
>>813
そうだな。スーパーのレジに買い物かご置いた時点で
支払う代金を手に握り締められるぐらいの快感はあるな。

816 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 17:38:30 ID:X3WcZSu1
そろばんやってた友達が、算盤板無しで手だけ玉弾いてる動作で
パパッと計算してた時には、子供心に便利だなぁと思ったもんだw

817 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 18:22:43 ID:rKQ0YU13
>>809
実体験として算数は凄く上がるね。
数学レベルの学力を上げるためにも、算数レベルを無意識でやっちゃえる様にすべく、
算盤はやらせぬよりやらせるが吉。

818 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 18:37:02 ID:PEBUVXUh
中学のときにそろばん3級までとったけど、
それが特に数学に役立ってるという実感はなかった。

だが大学入試の時、終了間際に瞬時に三桁の暗算をする必要にせまられたことがあった。
そろばん知らなくてあの暗算が果たしてできていたかと考えると、やっぱり助けられたと思う。

819 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 19:01:03 ID:rKQ0YU13
後、子供の教育ってこと考えると、算盤はいいよ。
小学校高学年で算盤をやらせると、算数の成績がスッと上がる。
すると子供は「俺って頭良くね?」と勘違いする。そこで手を抜く奴も居るが(w
大概はもっと勉強するんだよね。結局、勘違いは真となり本当に学力がつく。
その代り、小学校高学年までは成績は気にせず、遊ばせて柔軟な地頭を作っておく。

820 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 19:18:31 ID:MdmjrtW8
>>819
>「俺って頭良くね?」

まずは言葉遣いを直させろ(w

821 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 19:32:03 ID:PEBUVXUh
>>818
中学じゃない、小学生の時だったあれはw

822 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 20:15:19 ID:0ezS52pZ
今の子供で結構位取りの感覚がない奴がいるんだよ。
10や100を掛けるのに、いちいち筆算する奴がいる。
算盤のてのは、数の感覚を養うのには最適だな。

829 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 23:29:05 ID:Ik/bKkXI
>819
まぁ計算=算数に対する忌避感は確実に薄れるね。
俺は算盤やらない人が普通の計算をどう処理してるかが全く解らないw

831 :日出づる処の名無し:2006/03/12(日) 23:36:02 ID:yIPs1XFU
算盤はやらなかったけど代わりに公文行った

832 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 00:12:20 ID:PhSdOumr
>>831
公文てどう?

そういや、海外にも公文て進出してるんだっけ。
…とスレに沿わせてみる。

833 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 00:46:18 ID:uTIk0g1e
>>832
とにかく量をこなすという感じ
このおかげかどうかわかんないけど
暗算は得意だった

834 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 00:50:39 ID:znrbwQxU
自分が子供の頃は計算速い奴は算盤か公文やっているかのどちらかだった。

835 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 00:55:11 ID:PhSdOumr
>>833
勉強の基礎体力を付ける様な感じなのかな。

>>834
そうだね。
ただ、公文てちょっと得体が知れないような印象が個人的にはあったw
算盤と違って、明確に何やってるかわからなかったからさ…。

836 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 00:57:49 ID:2OE2+Iko
一瞬で10桁暗算しちゃうような人は
算盤なんか不要だったらしいけど、まあ少数派だろうな。
頭の中には電卓みたいに一瞬で答えの数字が見えるらしい。
たぶん早すぎて本人にもその過程が映像としては見えないんだろう。

算盤者は玉が動くのが見えるよね。手を動かせばなお確実。
習い始めにやったのは、1桁の数字が縦にずらっと並んだドリル。
「足すと5になる数」「足すと10になる数」をひたすら書く。
(2と書かれた隣には3、みたいに)
しまいには考えるより早く脊髄で書けるくらいになる。子供だから慣れるの早い。

そういえば、お金の数え方が10進法なのはいいよね。
ペンスやシリングはわけわからん。

837 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 01:02:56 ID:vC8kJQdw
勉強はとくに「苦手意識」でやる気がなくなるからね。
自分で「苦手だから」と思い込むことで。
算数の段階で苦手意識があるのとないのとで、最終的にはかなりの差になる。

838 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 01:04:04 ID:zQJyw3S7
DSトレーニングに近いものを感じるな

840 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 01:37:58 ID:YHIFsnlj
算盤は基本的な計算だけだから、逆に弊害もない。
悪いが公文は、微積などの高等数学までパターン練習するから、それでいいと思う奴がでる。
所が、そういうレベルの問題では、計算だけじゃ駄目で、工夫したり考えなければならん。
で、そこまでではパターン化できない。だから、多少難易度の高い問題には手が出ない。
だから、ほどほどで止めるのがいい。

841 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 02:06:31 ID:F9OPlko1
私はそろばん授業でいじった程度しかやってない。
暗算は頭の中にある「10になる一桁の整数の組み合わせ」のパターンを
なんか自分でも良く解らんけど組み合わせて行う。
でも割と早いらしくて、3桁位ならそろばんやってる人と同じ位の速さで出来る。
4ケタになるとさすがにムリだけど。

でも数学は嫌いだ。

842 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 02:37:10 ID:A0GH8Nd2
数学得意な人でも暗算は苦手ということは多いね。
大学で計算テストやったら数学科の学生が一番成績悪かったって話も聞く。

843 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 03:31:13 ID:/bn29ipa
子供のころ算盤習ってたけど、電卓みたいな感覚だったよ。

電卓→ボタンを押して元の数を入力、自動計算で答えを出す
算盤→珠を弾いて元の数を入力、入力後珠の配列を見て答えを出す

あと算盤式の暗算は頭の中で計算するのではなく、空想の珠を作り上げて
それを実際に算盤のように弾いて計算する。

852 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 16:02:19 ID:i0XJWDRP
算盤はデジタルだっけ?

854 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 18:10:19 ID:8iDcPrzU
>>836 あ~そうそう。私はドリルはやらなかったけど、
常につ5にいくつ足した、引いた数か、10からいくつ引いた数かが頭に入ってるんだよね。
7は5+2であり、10-3であるみたいな。

855 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 18:53:10 ID:eZPk7nie
>>852
算盤=非電子的デジタル計算機
   =非電気的デジタル計算機

856 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 20:10:40 ID:TzpYo6Vy
>>855
何で二回言うの?
何で二回言うの?

857 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 20:11:17 ID:TzpYo6Vy
ごめん見間違えた
ごめん見間違いだ

858 :日出づる処の名無し:2006/03/13(月) 21:17:50 ID:eZPk7nie
>>856-857
計算機の歴史

非機械的非電気的デジタル計算機 
 小石→小石使い(アフリカでは19世紀まで現役でヨーロッパ人より計算がうまかった)
非機械的非電気的デジタル計算機 
 アバカス→算盤
非機械的非電気的アナログ計算機 
 計算尺
機械式アナログ計算機 
 戦時下になるとさかんに開発された
機械式デジタル計算機 
 パスカリーナ→タイガー計算機
電気式デジタル計算機 
 Z1
電子式デジタル計算機
 ABC
電子式プログラム内蔵型計算機
 The Baby→
 人工知能 なし→

計算機の歴史Ⅰ
(※リンク先消滅)
この記事のURL | ジャポニスム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<日本史と沖縄に見る女性のテリトリー【前編】(part55スレ) | メイン | あなたの地域ではイルカを食べますか(part55スレ)>>
コメント
-  -
>タイガー計算機

象印計算機は?
2011/10/02 16:02  | URL | 774 #wF3nM8Gs[ 編集] |  ▲ top

-  -
 銀行ってのは、その当時日本国内に金が無くなっていたからでは?銀となら交換できるから銀行になったと。

 中国は近代、日本から言葉を輸入していたからね。
2011/09/23 01:17  | URL | #UwJ9cKX2[ 編集] |  ▲ top

-  -
フランスで祀られる神様なら、
まあちょっとくらい遅刻しても構わないよねって言いそう
2011/09/23 00:29  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
海外からとはいえ会議に遅刻はまずいわなww神様も大変だなあ
2011/09/22 15:30  | URL | #zlAQJbYM[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんかのトラブルで出雲に遅刻した土地神の昔話?(民話)があったようか気がする
2011/09/20 06:51  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>10月とか神様どうすんの?
>出雲まで飛行機で来るのか?

毎年9月末と11月頭の飛行機には密かに神様が乗ってるのかもね。
火山の噴火とかで飛行機欠航とかになって「ちょw、神無月遅刻するww」とか。
2011/09/20 04:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
公文式のおかげで勉強が徹底的に嫌いになったなー
ネグ親に家から追い出す手段に使われてたからかもだが
2011/09/20 04:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
フランスに神社なんて有るんだな。
10月とか神様どうすんの?
出雲まで飛行機で来るのか?
2011/09/19 21:48  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/342-2510fcbb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。