2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
富士山談義(part54スレ)
- 2011/09/10(Sat) -
743 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 17:25:11 ID:toyTqbhF
【中国】中国人富裕層調査で日本は行きたい国のトップ…温泉、雪景色に魅力

744 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 18:03:56 ID:bgsI+8Je
>>743
中国人は富士山をものすご~く見たいらしい。
日本に行くなら「絶対富士山見てやる!」ってことで、大抵新幹線やバスで
静岡-山梨あたりを通るルートを組み込むそうだな。

745 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 18:39:09 ID:tVWDyvkX
中国にはヒマラヤがあるだろうに

746 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 18:51:59 ID:OhrJCRAG
昔話の絵本に出てきそうな変な形の山もあるじゃんねー

747 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 18:56:43 ID:bCG8vfZW
霧にぼやけて観える尖がったヤツな。

748 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 19:13:35 ID:a+ANsYaX
>>745
ちょ…

>>746
今でも仙人はいるんだろうかw

749 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 19:20:44 ID:/Z214o4r
>>748
文革で死んだか、台湾に逃げた。

750 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 19:33:28 ID:a+ANsYaX
>>749
さすがに共産党員の仙人はいないか…。

751 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 20:00:48 ID:BI7cKHbr
>>744
富士山には徐福伝説があるからかな?

752 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 20:27:11 ID:Bamg6pxR
>>754
記憶違いだったらスマソだが、
確か中国では日本人は徐福とその子弟1000人の男女の
子孫だって教えてるらしいね。
だから栄えてるとかナントカ。

753 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 20:47:47 ID:a+ANsYaX
>>752
色んな処の子孫認定されてるなー。>日本

755 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 21:00:26 ID:Y3lgXD/p
>>753
結局のところ、朝鮮人の言うところの「韓日同祖論」と根っこは同じなんじゃね?
つまり「(発展した)あいつらの祖先は俺たちと同じだ=だから自分たちは/も優れている」ってヤツ。

756 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 21:01:13 ID:MgmCY8wJ
>753あいつらが、そう思いたいだけのひがみ。
実際は根本から気質や価値観が違うんだけどね。

757 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 21:16:32 ID:BI7cKHbr
一応、日本の富士古文献(宮下文書)が根拠らしい。
でもこれだと、支那震旦国の正統な支配権は日本に有る事になるから、
自称漢民族にはオススメ出来ない。
日本は神国で、大陸や半島の勢力を何度も返り討ちにしているという記述もあるし。

758 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 22:33:50 ID:69sDuHBY
なんかでも幕末頃のヨーロッパ人達も妙に富士は気に入ってる。
旅行記が多いからちょと大袈裟なのかもしれんけど。
正直何がそんなにいいのか、わからんね、見慣れてるからか。

759 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 22:39:10 ID:xCQtMOTS
その頃の日本人の富士山信仰が凄かったからじゃないの?
観光地の近くに住んでる人は、なんでこんなものわざわざ見に来るの?にちかいのかも

760 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 22:45:34 ID:69sDuHBY
>>759
いやそういうなんか知的な判断が入った感じじゃないんだよね。
ただ、単純に凄く美しいと感嘆してるって感じ。

761 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 22:54:30 ID:mWW3oU8f
富士は世界的に見るとソレほど高くない山なのに、
その偉容が美しいという事も人気の理由の一つらしい

762 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 23:02:10 ID:HFXkmona
いや、普通に富士山は美しいだろ。
周りに余計な山が無いのもいい。

763 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 23:05:01 ID:ypFEOwpG
ヒマラヤみたいにプレートの移動でせりあがったもんでもなく、
ハワイの山みたいに海底火山の噴火で、できたもんでもなく、
大陸部の活火山が成長してできた単体の山の大きさとしては
結構珍しいんじゃなかったっけ?富士山って。

764 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 23:09:38 ID:3HNRVHLQ
うちの近辺から唯一見える山が富士山。
ビルの谷間からその雄姿が見える。
天候によって見えたり見えなかったりするが、見えた時はラッキー!と思うな。
この時期、富士山の後ろに陽が沈む。そして後光が差す。かなり凄い光景。

765 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 23:14:16 ID:xCQtMOTS
日本が欧米に紹介された頃のイメージがいまだに生きてると思うな
中、韓には欧米の日本観が又聞きで入ってる感じ
中韓の日本人が出っ歯なのもwおまえらそれアジア人のイメージだしw

766 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 23:17:02 ID:6F1Y52S7
そういえば映画「ラストサムライ」の富士山はとてつもなくデカかった。

767 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 00:11:16 ID:CXBgOGeW
こうなると富士山の双子で、富士山よりもう少し高かったと言う山の存在が惜しまれるな。

768 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 01:15:05 ID:z8ZQA/od
先進国の、しかも世界一の大都市のすぐ近くにそびえる綺麗な火山で、
冬には雪を頂き、単独の高い山が珍しくないと思う人がいるとは思わなんだ・・・

769 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 01:32:16 ID:w3VL47sM
富士山綺麗なんだけどさ、あの途中までのジグザグの道路が
遠くから見るとキズつけられたみたいでちょっと痛ましい。

770 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 02:06:38 ID:4c5VTy/t
富士山て偶然にしては出来すぎの奇跡としか思えない。
あれだけ綺麗な山が日本一高い山だったなんて。
人々は山そのものより、その偶然に何か神秘性を抱いたのではなかろうか。

771 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 04:23:31 ID:yYzlfjA2
>>768
富士山て一年中雪を頂いてるイメージがあるが、さすがに夏場は溶けてるのか?
フト思ったが富士山と日本刀の美しさってなんか似てるよーな‥。

772 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 04:39:08 ID:bxJQK8y3
夏は雪無いよ。

773 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 04:41:02 ID:I2fgc3/o
見慣れていない者からしたらとんでもなく、心を鷲掴みにされるくらい美しいよ・・・

774 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 05:37:56 ID:XEMjQwk8
噴火して頭のてっぺんが削られる前は
富士山より大きかった赤城山のことを誰か思い出してあげてください…

775 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 06:08:26 ID:k1S0l2lJ
俺は富士山を単なる山というより一個のキャラクターとして見ているふしがある
富士さんというか
阿蘇山とか他の山だとそんなことはないんだが

777 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 06:38:54 ID:Dyb2RiAJ
富士タン阿蘇タン穂高タンハアハア…いいかもw

富士山を歌った詩やなんかは沢山あるけど、未だ万葉集の

天地(あめつち)の別れし時ゆ 神さびて 高く貴き駿河なる
富士の高嶺を天の原 振り放け見れば渡る日の
影も隠らひ照る月の 光も見えず白雲も い行きはばかり時じくぞ
雪は降りける語り継ぎ 言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は

ってのが一番富士を見た感動をあらわしてて好きだな。
ちなみにこれの返歌が、百人一首に載ってる
「田子の浦に打ち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りつつ」って奴。

そういえば、日本人でも富士山はなかなか描けないらしい。
子供が単純に書いても富士と解る特徴的な形と美しさゆえに、
本当に腕が良くないと凡庸な絵にしかならないから、
師匠が認めるまで書かせて貰えないらしいよ。

778 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 07:02:06 ID:SaDcVSEe
不死の御山
ってのが竹取物語のオチにあったな

779 : :2006/02/09(木) 07:10:19 ID:FlXPpjXk
今は空気が汚いから、首都圏から富士が見えることがほとんどないために
日本人にとっての富士山のイメージがかなり弱まっているけど、
晴れた日に横浜港から富士山をみれたときに、富士山のでかさにびびった。
もっと遠くにあるもんだと思っていたけど、その存在感って大きいんだね。

江戸時代には毎日その大きな富士山を拝んでいたんだろうし、
富士見坂はいろんなところにあるし、船で江戸にやってくるとまず、
地平線にみえるのは富士山の頭になるわけだから、
外から日本にやってくる人にとって富士山のインパクトが大きなものになるであろうことは、
想像に難くない。

どっかにしゃしんないかな?

780 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 07:32:16 ID:SaDcVSEe
>>779
http://images.google.co.jp/images?q=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E3%80%80%E6%A8%AA%E6%B5%9C&hl=ja&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2

781 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 08:42:19 ID:Q2QdM7OB
>779
空が汚い、というのもあるかもしれんが、
一番大きいのは建物が建ちすぎて見晴らしが利かないことが一番の要因のようなキガスル。

782 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 09:52:44 ID:YKiXxDyw
しばらく前に富士山の地下の溶岩流が活発になって来たとか
ニュースになってなかったか
東海大地震と重なったら超コワす

783 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 09:58:08 ID:yFSpqxWA
なんかこないだのテレビで反対側は結構崩れてたけど…。
将来大丈夫なんかな。富士山

784 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 10:00:22 ID:HTuYpbmA
>>782
東海地域は震源域でスロースリップが続いてるからねぇ、
言ってる間に地震が発生するかも知れん・・・

>>783
噴火して溶岩が流れれば大丈夫です(マテ

785 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 10:33:12 ID:kFZgdKZA
見える位置からの相対的な高さも、人気の要素とオモ>富士山
エヴェレスト、K2とかは見るだけでもえらい目にあわにゃならん。

786 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 10:35:43 ID:NNrtItjK
ここで富士山の姿がリアルタイムで見られる(他にもいくつかのHPで見られる)。
今日は晴れていて、空気も澄んでいるようで、非常に美しい。
本当に美しい。

787 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 12:45:20 ID:HJdeYVZL
あまりに美しいので某国の車のCMに使われるわけだなw

788 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 12:58:32 ID:1ZENzl9i
絵に見えるが写真

789 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 15:06:01 ID:E7tkJGvc
空気感じちゃう。

790 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 15:24:58 ID:/G8buAX/
尋常じゃねえな
さすがは霊峰

791 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 15:34:45 ID:bxJQK8y3
赤富士の美しさも捨てがたいぞ

792 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 15:47:21 ID:sjAe8JzP
赤富士といえば、燃えプロゲッターズが消滅したのが惜しまれる。

833 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 02:47:37 ID:dMkdg1Ay
富士山かどっかでやってるクラシックカーレースみたいなのを
テレビでやってた。
参加したイタリア人が、
「みんなが富士山をなぜほめるのかよくわかった。
イタリアにもアルプスがあるが、遠くから見て
こんなに美しい山は他にない」
と言ってた。

834 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 06:18:30 ID:OwYJv4Xq
「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア」のことかな?

835 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 11:01:24 ID:Ef7YsFp7
葛西からも冬の晴れた日は富士山が見えるよ。やっぱり感動する。

836 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 11:33:52 ID:quCeoPAR
年に数回だが、福島県からも富士山見えるっす。

793 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 17:53:28 ID:0an+8dm+
中央線(吉祥寺)のホームで見た、夕焼けに浮かぶ富士は綺麗だったなぁ

794 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 20:15:15 ID:OentJ/Qi
富士は遠くから見るのが最高だよな

795 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 22:26:28 ID:Czky97Ts
新幹線から見る富士山のでかさと美しさに圧倒された。

801 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 23:53:52 ID:YrXztxTs
>>779
冬は空気が澄んでよく見えるよ。
晴れた日はいつも電車の窓から拝みつつ出勤。

802 :日出づる処の名無し:2006/02/09(木) 23:56:23 ID:ml/DXpgz
>>794
富士の山
遠くに望むべかりけり
路銀もいらず
くたびれもせず

だっけ。

812 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 03:01:52 ID:n3ZycoCR
吉祥寺駅から富士山って見えるっけ?毎日使ってるけど気付いてなかった。
どこからどっちの方向に見える?

813 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 03:17:36 ID:BUtlrRrr
>>812
静岡はおまいの住んでるトコロからどっち方面だ?

815 : :2006/02/10(金) 11:10:53 ID:hGmj1WFh
>>801
何線?京王線?JR?

816 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 12:18:42 ID:554RT6of
げ、ゲッター線…

817 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 15:20:49 ID:NS6lyT/5
わかりま線

818 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 15:23:57 ID:/L8QG/oz
生命線?

819 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 16:03:44 ID:hwp+6hYH
線昌夫

820 :日出づる処の名無し:2006/02/10(金) 16:28:59 ID:EV+myhkT
1000!

**********

848 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 16:34:45 ID:Kb6wNnQU
【歴史】 日本の銅鐸のルーツ? 中国で青磁器の「鐸」出土 [02/09]
朝鮮人の劣等感爆発!!

860 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 22:27:20 ID:7IXnUnA3
>>848
最近の研究で、このテの話ってよくあがってくるよね。
定説では「古代朝鮮からいろいろなものが日本に伝わった」とされているけど、
実は「中国大陸から直接日本に伝わっていた」という真相。
米作なんか、6000年前ぐらいには長江流域からダイレクトに日本に伝わった
とされているよね、今では。

さらにもう数年経てば、古代でも日本からいろいろなモノが朝鮮に伝えられて
いたという研究結果が、たくさん出てくるんじゃないかな。

861 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 22:29:44 ID:QSOCRiv5
>>860
なんでいつも素通りされるんだ?

862 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 22:39:29 ID:lZla2SQX
いいものは他人に伝えようしないから保持も広まりもできないんだろ。

863 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 22:58:26 ID:JiJn+4r3
>>861 条件が悪すぎるのでは?
稲作は長江流域に始まったらしいが、もともと稲は熱帯性の植物。
半島では寒すぎて、ろくに育たない。南はまだいいが、北では話にならない。
従って、北方から流入したという話は生物学的にアウト。北海道より寒いのだから。

864 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 23:00:55 ID:t9CvzS/o
実際、歴史上朝鮮発で日本に伝わったものは何一つ存在しない。
日本には中国から伝わったものしかない。

865 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 23:10:22 ID:hlgkKn3P
>>861
そりゃ、劣化コピーを防ぐために決まってる。

866 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 23:39:08 ID:C7awfveB
>>864
そういやそうだな
中国から来たものはわりとあんのに“朝鮮のもの”ってよく考えたら見当たらない

867 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 23:40:00 ID:0a6j5PON
>861
遣隋使や遣唐使も、半島は素通りだよな。
政情不安定ってのもあったのかもしれんが

868 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 23:49:52 ID:3XI8Oem9
米に関しては、寒い所から伝わるわけが無いんで。

869 :日出づる処の名無し:2006/02/11(土) 23:57:09 ID:YsvKza6V
>> 868
イネの研究をしていれば寒いところから伝わるわけないじゃんというのが当たり前だが、
何故か歴史の教科書では「朝鮮半島→日本列島」というのが
最近まで当然のようにいわれていたわけで、、

870 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 00:34:22 ID:x7wyxXac
普通に考えると、乗り物の無い時代に陸路で文物が輸送されることはないよな。
最後まで陸路で行けるわけでもないし。中国からは沿岸伝いに直接来たはずだ。

871 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 00:36:34 ID:uAFhDw3B
中国では南より北のほうが人口多いらしいけど何で?

872 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 00:41:25 ID:cryjUGaN
唐辛子も何故か遠回りして
日本から半島に伝わった。

873 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 00:43:19 ID:/kjs2sDn
>>871
なんでここでシナ畜について聞くんだ?
ついでにここは検索所でも辞書でもお前の学校でもないぞ。
何でだろうと思ったら、自分で調べて、それでもわからなかったら、
該当するスレに行って、こうやって調べたけどわからなかった、どうやって調べればいいか
を聞けよ。

874 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 00:46:14 ID:k6b7mc75
米もそうだが、お茶もそうだね。

875 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 00:53:49 ID:uAFhDw3B
>>873
別にそこまでして知りたいことでもないから(スルーされても気にしないレベル)
三国時代でも国土の違いを差っぴいても魏の人口がダントツだったと聞いて
当時の主食が米かどうかは知らないが
米だとしたら稲作が北から伝わってもおかしくないかなと思ったもんで
まあ時代が違いすぎるから参考にはならないと思うけど

876 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 01:03:57 ID:dSbbmqIT
>>875
中国の北部と南部の主食の違いは中学の地理でも習うぞ

877 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 01:05:08 ID:Csg77qN3
>>868
昔の気候はわからないから、そういう断定はよくないよー
たとえば、イギリスなんて寒いのにぶどうができないから
ワインなんてできねーよ、って言うけど
かなり昔はイギリスでもワインができるくらい暖かい時代もあったんだし
昔の船の技術じゃあ、朝鮮半島経由で大陸文化が伝わったんだって考える方が、
自然だったんだよ
断定するにはいろいろ研究していって、確証が持ててはじめて教科書に書かれるんだから、
あまり教科書を責めてやってくれるなよ

でも、特亜や現代史に関してはいいかげんだよな、教科書・・・

879 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 01:16:25 ID:m+BEc+9e
>>872
唐辛子は唐の字が入っているけど、
南米原産でポルトガルから伝わったらしい

880 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 01:17:38 ID:uAFhDw3B
>>876
北が小麦で南が米か
習ったかどうかすら忘れたよw

881 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 01:22:37 ID:7V7ZAJBD
>>877
>かなり昔はイギリスでもワインができるくらい暖かい時代もあったんだし

温暖化でまたそうなりつつあるらしい。

883 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 04:05:54 ID:EV7ybhMO
北麺南飯…だったかな

884 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 08:42:20 ID:Jvl8/x/o
そういや朝鮮の亀甲船って運用された形跡、記録、まるでないらしいね

885 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 09:18:10 ID:ikvd/Rnf
秀吉がすべて焼却したことになってるんじゃない?

886 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 09:22:02 ID:nL7AiLJu
そもそも人がいなかったのでは?民族と呼べる人達が。
他からやってきたんでしょ?あの辺りの人達は。

887 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 09:41:57 ID:lbn9QhuL
>>884
…オイオイ、さすがにそれは間違いだろ。どこで仕入れてきた知識だ?
一応朝鮮人だって記録ぐらいはつけてるぞ。「李舜臣行録」という、
李舜臣の甥が残した記録に亀甲船も出てる。

ただ現在復元された形や実際の活躍なんかについては大いに疑問の残る
ところだが…。あと朝鮮人がよく口にするような鉄で覆われた船ってのは
完全な間違いらしい。朝鮮人の研究者自身が結論つけてた
(まぁ普通に考えてあの時代にそんな船が造れるわけ無いのだがw)。

888 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 10:03:19 ID:4jalwdPw
鉄で覆われた船は織田信長がすでに作ってるよ。
http://www.jsanet.or.jp/seminar/text/seminar_309.html

まあ、朝鮮で(以下略

889 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 10:11:28 ID:lbn9QhuL
>>888
あぁこれは俺の書き方がまずかった。鉄でできた船って言いたかったんだわ、
スマソ。よく朝鮮とかの亀甲船のイラストで上部構造物全てが
鉄でできてるようなものとか見たことあるからね。

信長の鉄甲船は有名だね。ただ、これも誤解のないように補足すると実態は
薄い鉄で覆われていただけで、構造自体は木造…火矢対策だろう。

890 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 11:18:14 ID:54B1r+N0
実際あの形で上部が鉄だったら戦う前に転覆してアボーン。
例えあったとしても写真のようなあの形はありえない。<朝鮮船

894 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 12:53:45 ID:CChczzxJ
>>888-889
鉄甲船を作ったのは九鬼嘉隆な。

895 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 13:33:10 ID:DrqWpJA3
>>877
>昔の気候はわからないから、そういう断定はよくないよー

昔の気候は解明されていますけど・・・

>>887
>…オイオイ、さすがにそれは間違いだろ。どこで仕入れてきた知識だ?

書き方が本当に悪い。認定されても文句は言えない。

>>889
>薄い鉄で覆われていただけで、構造自体は木造…火矢対策だろう。

丈夫で薄い鉄はどうやって作ると思う??朝鮮に作れたかな?

896 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 13:38:55 ID:7V7ZAJBD
木製でもドーム状になってるだけで焙烙対策にはなると思うのは甘い?

897 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 16:01:43 ID:+COBIYbB
>>887-889
「李舜臣行録」によると、
亀甲船が“鉄板”で覆われていたなどいう記述はどこにもない。
単に“板”で覆われていたと書いてあるだけ。
つまり亀甲船が鉄板で覆われていたというのは完全なデタラメ。

899 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 17:02:22 ID:hw4rUz0W
朝鮮人の脳内妄想は物理法則すら覆す。

900 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 17:41:11 ID:8z01kl4n
だって宇宙の起源は朝ry

901 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 20:04:10 ID:T+S9Khyl
亀甲船の補足
鉄は使われてたが装甲されてたんじゃなくて、
板張りの屋根に鉄釘のような物が植え込まれてあって、
敵が乗り移れないようになってた。

912 :日出づる処の名無し:2006/02/12(日) 23:39:48 ID:lbn9QhuL
>>897
だから>>887でも書いたけど、朝鮮人の研究者もそう結論づけていたって。
まぁこれは模型だけど構造的にはこんな感じだったんだろう。
(※リンク先消滅)
ただ日本側の記録に残されている絵(ちょっと下手なんだけど)では
帆は描かれてなかったから、帆に関しては後付っぽい。
完全にオールで移動していたんじゃなかろうか。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<拒絶から人気へと変化した日本食材(part55スレ) | メイン | 南蛮奴隷の規模(part54スレ)>>
コメント
-  -
富士山と言えば……

ディズニーの誘致の候補に静岡があったとか。
下見の際に、『あれどけて』と富士山を指していったとか言う噂を静岡の人に聞いた。

ディズニーが霞む、富士山の魅力。
2011/09/18 22:01  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
上京して、はじめて富士山を見たのが立川。ちいさかったけど嬉しかったな!その後、江ノ島から見た富士山に心臓わしずかみされたがw 他にも、川崎の梶ケ谷からも見れた。意外と色々なとこから見えるもんだな。
2011/09/17 00:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
横浜鎌倉寄りに在住
撃ちのある山の峰で、唯一残された富士山ビューポイントに家が立つ
時流とは言え、そんなに家建ててどーすんのと思う。
開発デベロッパーは死に絶えれば良いのにと本気で思うよ
2011/09/11 10:29  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
韓国:渡来人は半島人。日本を作ったのは自分達の祖先。(韓日同祖論)
中国:渡来人は大陸人。徐福と1000人の同行者が日本を作った。(徐福伝説)
ユダヤ:神道とユダヤ教の共通性。失われた10氏族は日本にたどり着いた。(日ユ同祖論)

確かにいろんなトコから同祖扱い受けてるなあ。

個人的には氷河期に日本に移ってきた古代ブリヤート人(古モンゴル):縄文人をベースに、
大陸から移ってきた渡来人:弥生人
・東南アジア系や大陸人やその他モロモロが定期的に日本に移り住んでくる
・時々大陸で易姓革命が起こるたび多数が亡命してくる
のハイブリットだと思ってるんだけど。
2011/09/11 01:52  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
富士山は麓が都会(世界基準)でそこにいきなり生えてるってのが相当のインパクトらしい
2011/09/10 22:09  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
台湾の新高山は観光誘致とかやってないの?
2011/09/10 19:39  | URL | ニイタカヤマノボレ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/339-5d08f78e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。