2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
南蛮奴隷の規模(part54スレ)
- 2011/09/07(Wed) -
638 :日出づる処の名無し:2006/02/04(土) 23:10:40 ID:TLzFlK8m
ブロードキャスターで今やってたが、ど根性大根が枯れそうになって、
高野山が蘇生祈願のお経を読む一方で、クローン作成に着手したそうな。
宗教と最先端科学が大根を救おうとするとは、日本ってほんと神秘の国だなw

639 :日出づる処の名無し:2006/02/04(土) 23:25:14 ID:TkAgDOqQ
しかも救うのが大根だからな・・・

640 :日出づる処の名無し:2006/02/04(土) 23:47:11 ID:UgN1x9j+
平和だなぁw

642 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 00:29:41 ID:jA8oanDr
大根が萎れてニュースになるってのはもはやジョークだよな。
タマちゃんのニュースを見た外人が「日本スゲェ!」って言ったらしいが
そうすると、今度のニュースではどういう反応をするのだろうか…

643 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 00:40:58 ID:ISkQuREF
それだけ平和と考えればいいのか、
重要なニュースを逃していると考えればいいのか……

644 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 01:12:25 ID:EtgCQ/is
「マスコミが常軌を逸するほど馬鹿」
真実はいつもひとつ

645 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 01:43:14 ID:Em6VePkW
>>638
>宗教と最先端科学が大根を救おうとする

こういう日本が大好きだ。
伝統と最先端科学が同居し
いつまでもお互いがいい影響をし合う国であってほしい。

646 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 01:56:29 ID:aht94X56
大根っつっても、アスファルト突き破った、大根史に名を残す名大根。
サッカーで言うとペレ。

647 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 02:24:09 ID:5pohRgy0
偉大だ・・・

648 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 03:23:59 ID:vvibB1ZQ
そのうち大根神社か大根地蔵が出来る。

652 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 07:29:09 ID:utPaIpYM
>>648
あなたのお肌が真っ白に!

649 : :2006/02/05(日) 03:38:11 ID:Z0R/uUdw
各種グッズも

650 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 03:52:52 ID:EtgCQ/is
「大根たん」とか

651 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 04:42:17 ID:6YxVpe+R
青首大根の立場が…

653 :日出づる処の名無し:2006/02/05(日) 10:46:52 ID:vNjDC9NY
ねりま大根ブラザーズの病院の壁を突き破った大根は、
あながちネタではなかったわけか。

***********

686 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 00:28:44 ID:Tb4ir21m
世界の中の日本の……不在についてなんだが……
「キリシタンが日本の娘を50万人も海外に奴隷として売った事」

この娘たち、どうなったの? 世界のどこにも、何の痕跡も残さず消えたの?

687 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 00:33:13 ID:aAaPFUfQ
>>686
人数の規模については確証が無いので知らないが、
日本人女性が人身売買の対象になっていたのはちゃんと歴史書にも載ってるよ。
歴史の教科書には載ってないかもしれんけど。

688 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 00:39:49 ID:78J3T79G
>686
上手く貴族や商人の妾になったりした人も居たそうだが
普通は、船備え付けの性欲解消役だったり、労働力だったり
南方アジアで売春やらされたり、アフリカで売春やらされたり、
欧州で売春やらされたりしたらしいよ
又聞きだけどな

689 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 00:50:49 ID:WDinXFBC
鹿児島とか宮崎とか長崎とかの郷土史をたどると、記録が残ってる。
色々あった末に日本に戻ってきた女性の証言とかもあったはず。

690 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 01:29:27 ID:iVWVJRzK
昭和三十年代の時代劇映画では伴天連坊主は否定的な描写がみられる。

戦前は教育で、伴天連が土地を自国の領土としたり、
奴隷貿易していたことを教えていたから、映画制作の面々は常識として知っていた。

負けた後の教育では伴天連宣教師への否定的情報は教育から消えたから、
負けた後の教育世代が製作側に入って来始めて以降、
宣教師連が平和の使徒であるかのようなドラマがでてきている。
ニッポウキョウのドラマなど露骨。

691 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 02:11:13 ID:Y+EOVQvG
>>686
5百人とか5千人ならともかく、50万人はどう考えてもガセだろう。
当時の日本の総人口や、一度に船に乗せられる人数から考えても。

692 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 02:18:56 ID:3WhL4GlU
うむ。50万って数字はちょっとな…。常識でわかるだろ普通。

693 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 02:21:41 ID:iz3kZKc/
日中戦争で3500万死んだと信じてる人も多いぞ

694 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 02:46:33 ID:lD5H0Fc7
>>693
日本人並の知能がない人たちのこと?

695 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 03:11:42 ID:646/xm/q
>693
ああ、全部繋げたら戦争に負けたのが不思議になる奴か。

696 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 03:44:52 ID:l8sSkY2y
多死多産だった事を考えても無理があるな。
秀吉から徳川の時代の間も含めて三百年以上の間の総計
としても、年間数千人規模ってことだからなぁ。

697 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 04:04:06 ID:XRL0Mi3O
ポルトガル船が、日本に就航するようになると、
ただちに奴隷貿易を持ち込み、特に日本人女奴隷を多数積込み、
南アジア、アルゼンチン、メキシコ、アメリカまで売りとばしていた。
1571年、長崎開港の年、ポルトガル王は日本人奴隷取引き禁止の勅令を出しており、
また1587年、秀吉は伴天連追放令で
黒船が日本人を買い取ることを禁じている。それで止まったわけではなかった。

18世紀後半のイギリスの奴隷船総数は192隻、
輸送能力4万7146人であった。
1783年から93年までに、リバプールの奴隷船は
30万3737人の奴隷を運び、純利益は1229万426ポンドで、
利益率は30%であったという。

アフリカからアメリカに運ばれた黒人奴隷は、
300年の間に1500万人といわれる。
また、輸送中の奴隷の死亡率は、平均的には
4分の1から3分の1といわれるので、
300-500万人が海に捨てられたことになる。

1700年2月24日、エクセターのダニュル・アンド・ヘンリー号が
奴隷船としてダートマス出帆して行った。
乗組員は45人であった。

ある港では、4枚のキャンバス、火薬1バーレルが奴隷男1人と女2人、
鉢19個が少女1人、カービン銃7丁とカトラス剣1本が
男1人と交換されている。
最後に、ポイヨンに着き、8月15日まで錨を入れて、
主として女奴隷を254人買い取っている。
さらに、フランス領ギニアのセント・トミーで奴隷を手に入れ、水や食料を補給して、
9月6日奴隷452人を連れてジャマイカに向けている。
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/hansen/page008.html

698 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 05:20:44 ID:3WhL4GlU
>>697
>キリシタンが日本の娘を50万人も海外に奴隷として売った事

この50万って数字が問題ってだけで、日本人が奴隷として売られた事や、
白人が黒人を奴隷として大量にアメリカ大陸に送った事などは否定してないと
思うが?欧米の奴隷貿易について云々したいなら他の板でやりなさいな。

699 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 06:08:50 ID:XRL0Mi3O
>>698
人数を問題にしてるから、奴隷船でどのくらい
人を運べたのかなと思っただけ。
あんた、気にしすぎ

700 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 08:30:11 ID:7eZ1/6aQ
奴隷船は身体が重ならんばかりにぎゅうぎゅうづめで
寝かせた状態でずーーーーっと航海したんだよね。
近代まで白人は有色人種を動物以下扱いしてたからさ。
白人の植民地は数百年にわたっている。
アメリカ、特に中南米が黒人だらけなのは、
皆大量に運び込まれた奴隷の子孫。
おかげで現地人が絶滅している。
何年かにかけてなら、50万人はあながち嘘ともいえないかもよ。

701 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 08:31:38 ID:7eZ1/6aQ
寝かせた状態で、っていうのは、たとえるなら
出来たてのパンをならべた薄いコンテナを
何段も重ねるように、棚のような船室をつくり
そこに並べたってことです。

702 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 09:51:33 ID:VFbbQB7a
数年後、その描写が、某強制連行wのデフォになってるキガス

703 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 10:00:31 ID:KhBdI7BK
ほんとサヨクの業界は「想像力」を「創造力」にする力が必須だぜー(AAry

704 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 13:05:19 ID:oW9x/DCP
>700
>701
ソースは?

705 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 14:14:04 ID:6NN0Ty67
ソースはない。
奴隷船については昔読んだ黒人奴隷関連の本&TVの説明からだ。
書名その他も覚えてないので、それが間違っているかどうかも判らない。
中南米のある地域の人々が絶滅したというのはTVからだったな。
だから700-701が自身の思いこみじゃない証明すらできない。
それにもし、たとえその本&映像を出せたとしても、
それ自体が正しいかどうかもわかんないしな。
ついでに言うと、日本人の奴隷がいたという話も、記憶にあった。
要は700-701は単に自分の記憶を語っただけ。なので聞き流してくれて結構。

706 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 14:30:29 ID:qrcZz7R5
このブログの引用みたいだな

キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、
ローマ法王のもとにいったが、その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が
世界に及んでいることが証明されよう。
『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。
ヨーロッパ各地で50万という。
肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、
奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。鉄の伽をはめられ、
同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、
白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や
師父が硝石(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている』と。

日本のカトリック教徒たち(プロテスタントもふくめて)は、キリシタン殉教者の悲劇を語り継ぐ。
しかし、かの少年使節団の書いた(50万人の悲劇)を、
火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇をどうして語り継ごうとしないのか。
キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を無視し続けるのか。
数千万人の黒人奴隷がアメリカ大陸に運ばれ、数百万人の原住民が殺され、
数十万人の日本娘が世界中に売られた事実を、今こそ、日本のキリスト教徒たちは考え、
語り継がれよ。その勇気があれぱの話だが」。
(以上で「天皇の回ザリオ」からの引用を終ります)

712 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 18:02:59 ID:78J3T79G
>>706
いや、そのblogが発端なんだがw

707 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 14:42:49 ID:zgsP3nSs
>>700
>おかげで現地人が絶滅している。

事実関係間違ってる
現地人が絶滅したから黒人運び込んだってのが正解
ちなみに絶滅した原因の大部分は天然痘

708 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 15:15:55 ID:ZMrCLH7h
それらもあるかもしれんが、混血で純粋な人々がいなくなり絶滅した。

709 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 15:47:14 ID:zgsP3nSs
>>707
むちゃ言うな
文字通り死に絶えて、酷使する人間がいなくなったから黒人連れてきたんだろ。

なんで原住民がいるのに遠くから黒人奴隷連れてこないといけないの?

710 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 15:57:08 ID:KhBdI7BK
しむら~
レス先、レス先~

711 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 18:00:33 ID:dQLTQQ6q
教科書にぎっしり奴隷が寝かされて輸送されてる絵が載ってたよ。
(※リンク先消滅)
さがしてみたらこの絵だった。
特に下の先端部分に斜めに寝てる人は強烈に覚えてる。
(※リンク先消滅)
層になってたのはこの絵でわかると思う。
全ての奴隷船がこういう運び方をしてたかどうかは知らない。

714 :>>711:2006/02/07(火) 20:28:35 ID:YyHgg27l
私が見た本は、何段もある狭い棚に寝かされて、たくさん並んだ
抽き出しのようにして運ばれている絵だった。
ゾ~ッとした。

717 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 22:00:41 ID:ijJraKiv
そんなに積み上げたら、食事も出来ないし下の処理も出来ないしで
生きた状態で連れて行けるわけないだろに

当時の船はせいぜい数百トン(千石舟が150トンくらいか)
貿易や船の上での食料、水などの荷物を考えたら一船に100人ものらんだろ
船一隻にせいぜい50人連れてけばいいほうか。
伴天連追放令までとかんがえても万の位に乗るかどうか。

さすがに徳川300年の間ずっと続いたら50万いっても不思議じゃないが。

718 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 22:55:12 ID:3WhL4GlU
>>717
中国人の数と一緒にしているのかもしれん

719 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 23:07:49 ID:x/09JVGv
たしか山本七平の本だかで読んだか。 
奴隷貿易をしてる船は相当遠くから強烈な匂いがしてたらしい。
理由は大小垂れ流しで、おまけに劣悪な環境で奴隷がすぐに死ぬかららしい。 
上記の積むだけ積むのは途中で人が死ぬから減る分みこして積んどくらしい。 
たしかルーツとかいうアメリカtvドラマで奴隷貿易が出てたような。
アメリカ大陸にいるアフリカ系が身体能力が高いのは
奴隷貿易船での過酷な運命に耐えられた人の遺伝子を受け継いでるから
というのもどこかで読んだ。

720 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 23:10:16 ID:/Wpt976N
>>717
糞尿は当然上から下に垂れ流しで衛生状態激悪だった…と何かで読んだ。
真偽を疑いつつそんなもんかもなーと思ってソースを確かめたりはせず。
まぁ南京なんかもそんな感じで流布しちゃうんだろうね。

ちなみに昔の資料にかかれてる万人単位の数字は
だいたい一割とするのが妥当だと歴史家の誰かが言っていた。
…すまん、全部伝聞だw

721 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 23:15:12 ID:nhyWKpT6
>>720
>ちなみに昔の資料にかかれてる万人単位の数字は
>だいたい一割とするのが妥当だと歴史家の誰かが言っていた。

そういえば、「史記」の戦死者数を足し合わせると、
紀元前3世紀で中国人は絶滅してる気がしないでもない。

722 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 23:24:40 ID:SfGEI1bb
中学の時だったか社会科教師に
アメリカの奴隷解放は所詮政争の具だとか
解放された奴隷がアフリカに帰ってリベリアを建国したが
やったことは文明化された黒人による,黒人の奴隷支配
…とか聞かされてなんかションボリした記憶がある。

地動説や進化論を反キリスト的と批判したが宗教よりも
社会ダーウィニズムの方が征服に都合が良いと気付くや,
彼らは古いコートを捨てて何食わぬ顔で科学のコートをまとった。
変わったのはコートだけ。内面は支配の論理しかない。
彼らは得てして綺麗事を言う。だが彼らは何も損せず
犠牲を相手に強いる仕組みになっているのだとか何とか。

お陰で性格がプチ歪んだぜ。

723 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 23:52:05 ID:AMkXy2Rc
>>722
いい先生じゃん。

724 :日出づる処の名無し:2006/02/07(火) 23:54:49 ID:aS3WD4zC
珍しいな、社会科教師は日教組系のキチガイばかりだと思ってたよ。

725 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 00:09:38 ID:tWrZ/YbD
リベリアか・・・。 ロード オブ ウオーって映画で主な舞台になってたな
あいつらのDQNぶりはすごかったな。 
やはりなんとか欧米と対等にまでもっていった明治の人々は偉かったね。
それに同じ植民地といっても独立したから、
なんとか中進国にもってった韓国と台湾は日本の教育制度のおかげで
官僚やら経済界の人々が充実してたらしい。
それにくらべて新聞で読んだパレスチナ政府の高官たちが
海外からの援助をふところに入れて捕まらなかったのは海外に逃げたらしい。
ああいう人たちってヨーロッパのいいところに留学してたりするのに
道徳とかならわなかったのかな。 だからハマスに政権とられるんだよ。

727 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 01:24:33 ID:vt9Fesde
>>721
じゃあ三国志とかででてくる軍勢100万だの150万だのっていうのは一桁削って考えたほうがいいの?

728 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 01:32:59 ID:6BIg7yG6
いや…アフリカは部族社会だったから、文明化関係なしにそんなもんだよ。
そもそも奴隷貿易が盛んだったのは、抗争中のアフリカ人同士が敵を捕まえて
売り飛ばしたからなんだ。奴隷を売った金は、銃を買うのに充てた。
銃の生産を始めるより、買うほうが手っ取り早いし売りつけに来てたからなんだが…
日本も、かつて銃に飛びついた時期があったわけだから、結構危なかったかも。
火縄銃が伝えられたときより、幕末だね。幕末に漸く国家意識が芽生えなかったら、
他人事でなかったかもしれないよ。

729 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 01:54:45 ID:5lJr+ypT
>>720
いや。ネットでは見つからんかったけど、俺も何度か見た図がある。
当時の奴隷船の床面図みたいな奴。その資料自体古い。
甲板直下の層だと思うけれど、ビッシリと、見てるとサブイボが
出来そうなほどビッシリと、小さな蟻の様なものがみちみちと
黒く描いてある。よーく見ると全部歪な形になった人間。
船の端の方なんか、船体の湾曲に合わせて人間も曲がってるのな。

こんだけ積めましたって自慢した資料か客観的な歴史資料か
事務的な配置図か知らんが、吐き気のする内容で、ちょっとだけ白人種に殺意を感じた。

733 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 09:10:51 ID:a36cM0Mh
>>727
赤壁の軍勢100万は、実際には15万人くらいという考証がありますよ。

734 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 09:25:07 ID:j7ub8y6N
まあ100万もの兵隊を数ヶ月~数年食わせるための食料を
用意するだけで国が傾くだろって考えれば分かりそうなもんだな

735 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 09:32:11 ID:siNGmSZc
>>734
その時のための人肉食いだろ
あの孔子すら人食いをおkしてたし、
将軍が非常食用に難民の関所通過を見逃してた話があったはず
中国じゃ今だって死刑囚の肉を配る慣例が残っとるし
闇臓器移植、人身売買のルートは中国がメイン
「人体の不思議展」だってあの剥製ぜんぶ中国人だぜ?
“生前に許可はとってあります”とか、どこまで本当なんだか。

736 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 12:32:57 ID:/Z214o4r
>>727
三国志演義はフィクションです。
(演技と言う言葉が小説に類する意味)
吉川栄治その他の三国志ものの小説はその演技をベースにした小説です。

>>733
赤壁の時の魏軍は30万。呉軍は5~6万じゃなかったかな。

737 :日出づる処の名無し:2006/02/08(水) 12:35:26 ID:acHY/cRQ
○万と「号す」=白髪三千畳

************

922 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 02:26:37 ID:8tg2RDG+
U2 のボノは、「日本の雑誌ロッキン・オンから来ました」というと露骨にイヤな顔するそうな。
理由は、渋谷陽一に最もハードな質問を受けたからなんだと。
単純に、評論家の資質によるんじゃね?

923 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 03:35:31 ID:o9hFaLZl
>922
相手が渋谷だとハードの内容がかなり異なると思う・・・
本場の外人相手に己のロック原理主義をぶつける様を見るにいつも涙する。
あれは日本の恥だな

924 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 07:13:19 ID:IUBv0Bev
>>923
申し訳ないが、外人と言う言葉は自粛して貰いたい。
外国人と言って欲しい。

925 : :2006/02/13(月) 07:45:05 ID:h8XIQyPP
言葉狩りはやめようよ

926 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 07:50:35 ID:0iG2VIxo
>>924
申し訳ないが、レスを自粛して貰いたい。

930 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 09:49:17 ID:UEYsuMUt
>>924
外国人の略が外人なだけだろw
中華人民共和国を中国と言うのと変わらん。

931 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 09:53:36 ID:IvWDBQW2
中国の古典では「外人」は「外部の人間」だったかな?

932 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 10:40:22 ID:4gd2v6kk
でも略すことによってニュアンスは確かに悪くなったね。
偶然なのだが、外という形容詞が国にかかって外国の人だったのが、
略すことによって外部の人の意になってしまった。

934 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 11:08:21 ID:eDdJqvG0
そもそも「外国人」は良くて「外人」がダメな理由って何だ?同じ意味だろうに。

935 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 11:11:45 ID:kx8moNxz
>>934
「そとのひと」と排斥している傾向にある言葉なので禁止

だっけか、なんかそんな感じの理由。
ある種「言葉狩り」。

936 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 11:46:02 ID:W/gfWsuf
> 「そとのひと」と排斥している傾向にある言葉なので禁止
うわー、全く妄想に基づく思い込みで…ウザイ事この上ないね。

外人 外人 外人 外人 外人 外人 外人 外人
外人とは、単に外国人の省略形。
省略されるのは別に差別的ではないと思うけどなあ。
ほんとに嫌いなものは、具体的に言わないよ。あのアレ、とか呼ぶし。

937 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 11:47:25 ID:8S6Btsy6
>省略されるのは別に差別的ではないと思うけどなあ。

Are you Jap?

938 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 12:04:17 ID:zaLUgWO+
ジャパンの正しい省略はJPNだろ

939 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 12:13:26 ID:e0Txik0v
外人は「そとのひと」じゃなくて
「はずれたひと」かと思ってた。

940 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 12:17:52 ID:E2xFMAdR
日本語、日本人はひらがな4文字に略するのが好きだと聞いた憶えがあり。

941 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 12:25:51 ID:/wsgTAco
はいはい、実際に仕事で昔の漫画を校正して、「外人」を「外国人」に
いちいちネーム修正している漏れが通りますよ。

元は外人さんが「なにかっつーとガイジンガイジンうっさいんじゃボケがぁ!」みたいな
日本の排他的な文化による差別用語(と受け取るらしい)への反発に、
「じゃあコチラも配慮(つか自主規制)しましょ?」って事で、
理屈で反論できる「外国人」に修正してるって感じですな、イマのトコロ。>現場

個人的には、ばっかばかしいよねーとは思うけど。
本当に、ただ単に「外国人」の省略系なだけなのに。

942 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 12:26:17 ID:/0d3z2cs
異邦人。略して異人。
人とは異なる。
異人さんにぃつ~れられ~て逝っちゃ~たぁ~。
宇宙人に拉致されたのだな。

944 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 13:39:18 ID:5KgFce1y
ガイジン=よその国から来た人
サンコンみたいに日本に永くいると納得できるみたいだね。

945 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 14:18:54 ID:HnLa0p/t
頭の悪いガイジンが、「外人=人の外」だと思っている。
ただの外国の人の意味なのに、勝手に勘違いして、バカを晒してる。

946 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 14:39:27 ID:QdW/1Bk+
発音の響きが悪いんじゃなかったか?<ガイジン
意味は別にして、外の人が聞くと差別的な響きに聞こえると聞いたが。

947 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 14:56:39 ID:JIXJdYfx
言葉を音韻は密接に関係する。
それは言わば、かつて珍走云々という言葉がプチブームになったように、
音韻を変えることで印象を動かす場合というのは確かにある。

学術的には不詳だが、恐らく ガーイジーンと呼ぶのと
がいこくじ~んと呼ぶのでは、侮蔑するのに
前者が適しているからと思われる。

948 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 15:22:13 ID:M3q+yN8n
そんな表音文字圏のルールの表意文字圏に押しつけんなよ。
倭→和で平然と使い続けてるという証拠がある限り
書かれていることが全て。

949 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 15:29:16 ID:JIXJdYfx
まあ大陸的にはそうかもしれんが
日本の文化では韻をふむのはとても大切なこと。
五音と七音の組合せで話せば意味も通じやすくわかりやすい。
どもりの人とかってそれができないから駄目なんだよな。
文字が全てと言っちゃうと、対人関係が構築できなくなる。
文章は会話の延長。大陸ではどうか知らんが

953 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 16:24:12 ID:Oq3ikHzs
昔、どっかのテレビ局が日本ではガイジンと呼んで差別する
などと報道したらしく、ウンナンがヨーロッパ行った番組で
「お前らは俺たちをガイジンとバカにするらしいな」などと
いちゃもんつけられてた。

こないだイラクで殺された日本人傭兵のニュースでも
「フランス外国人部隊」って言ってて違和感バリバリ

954 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 16:39:49 ID:12R1hNKI
言葉の印象なんて、それこそ受け取り側で変わってくるのになぁ。

空港でのエイリアン表記も、あの映画が流行るまでは普通にあったけど
映画のせいで別な表記になっちゃったんだろ?
この記事のURL | ジャポニスム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<富士山談義(part54スレ) | メイン | 宇宙人が攻めてきたとき、日本人は・・・(part54スレ)>>
コメント
-  -
 外人でも外国人でもさ、漢字を充てる時に
害人、害国人って言うのが日本のやり方。
 外国人を外人といって単なる短縮以外の何物でも無い。
 まぁ、「アレ」「ソレ」としか言われなくなるよりはjapでもnipでもマシだと思うけどねぇw
2011/09/10 08:47  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>そういえば、「史記」の戦死者数を足し合わせると、
>紀元前3世紀で中国人は絶滅してる気がしないでもない。

南京だったっけ?
当時の街の人口より殺された人の数(中国側の自己申告)の方が多いのって
わざと多く言ってるだけなんだろうけど
絶滅してるとか当時の人口より死人が多いとかホラーすぎるなw
あと、今でも死刑囚の肉を配ってるって話はホントなの?
わざわざ解体してるのか知らんが恐いな
2011/09/09 22:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ジャップもイエローモンキーも言葉自体は嫌じゃないけど、それをいいながらニヤニヤされるのが嫌。
要は言ってくる人間から悪意を感じるか感じないかだな。
外人が差別用語だなんのという前に、言ってくる相手の感情を読み取ることもできんのか、と外人を見てるとよく思う。
2011/09/09 06:43  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
奴隷制度云々のところは9.11の後のイスラム教徒や容疑者の扱いとダブった。異文化・異宗教を人間扱いしないのはキリスト教徒のさだめか。
また、この思想がイルカ漁やクジラ漁へのバッシングになってるから面白い
2011/09/08 12:20  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ジャップは蔑称だから嫌だよ
外人は略語だがね

何なの?
ジャップをやめて欲しければ外人をやめろ的な事?

嫌がらせをやめて欲しければ譲歩しろとかハロウィンみたいだな(笑)
2011/09/08 03:35  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
と、エイリアン表記の事を書いたら、真上にすでに書かれてた(汗)

つか、この中でジャップって言われて本気で腹立てる人っていやはりますか?中学生の時に先生からアメ公発言をとがめられたんだが、まあ相手が嫌がるのはわかるんだが、ジャップって言われても、まあそういう略し方もあるわいなってくらいにしか思えん。言えば言うほど言ってるヤツがバカに見えてくるという、そういう意味ではアホらしさきわまる言葉だわな。
でも、それを考えると「蝶線人」自体が差別語になるってのはとてもスゴイことなんだよな。
2011/09/08 01:56  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「ガイ黒人」だと反応された方がいたってネタがあってですね。それと、昔の成田では外国人ではなく異邦人と表記されていて、それが随分と評判が悪かった。
フォーリナーではなくエイリアンって表記だったわけですわ。でも、もともとの意味ではエイリアンでおkな筈で、明け透けにガイコクジンと言わずに「地域外の方」って意味でエイリアンだった。ところが、みんな知っての通りとある映画の影響でエイリアンがみんなの思うエイリアンになってしまったわけですわ。日本人と外国人におけるぶっかけの意味の違いどころやないわけです。
実は柔らかい言い方の筈が、どうしてこうなったって話。
2011/09/08 01:39  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
英国人が恣意的に広めたんだっけ外人は差別用語って
なんて言うか、それ程までに確固たる蔑称が無かったんだろうな
2011/09/07 22:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>937 :日出づる処の名無し:2006/02/13(月) 11:47:25 ID:8S6Btsy6
>>省略されるのは別に差別的ではないと思うけどなあ。

>Are you Jap?

これが答えだわ
つまり、英語話者が自分達の習性を他国語に当て嵌めてブチキレてるだけ
略し方の慣例も知らずに「俺は日本語が分かるんだぞ!分からないと思って外人と言ったんだろ!」と凄む外人のなんと滑稽な事か
日本人の言動を統制できると思ってる奴の言い掛かりを受け入れるなんて愚昧だよ
2011/09/07 22:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ああ、また「奴隷貿易は黒人が売ってたのがいけない。白人は買っただけ」論者が湧いてるな
2011/09/07 22:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/338-9bacf362
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。