2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
囲碁と将棋と麻雀と(part54スレ)
- 2011/08/26(Fri) -
14 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:02:29 ID:QO2UvT/A
「ドイツの囲碁事情」 @第30期囲碁棋聖戦第一局二日目@ベルリン@NHKBS2

○ベルリンの小中高で毎日囲碁を教えるドイツ人
九路盤で小学生に囲碁の基本的な死活を教えるドイツ人。
18年前から囲碁に興味を持ち現在囲碁三級。
映像で移っていた小学生たちは24級ぐらい。
その小学校のほかにも小中高で約300人に囲碁を教えている。

王メイエン九段;「三級というのがいいですね。強すぎるといろいろ教えたがりますから。
 理想的な小学校の授業の風景で良いですね。子供たちの目が輝いています。」

○ドイツの囲碁の歴史
27年連続でチェスの世界チャンピオンだったドイツ人がいた。
彼は晩年に囲碁に興味を持ち囲碁を研究した。
そのチェス名人の伝記を書いたドイツ人がいた。
名誉五段のドイツ人:「ヨーロッパではそれまで囲碁の理論を説いた本ばかりだったが
 私がはじめて彼の囲碁に関する伝記を書いた。」
伝記を書いたドイツ人はドイツにおける囲碁普及の功績をたたえられ
後に名誉五段を日本棋院から授けられた。
授与を記念する写真では嬉しそうに日本語で書かれた免状を持っていた。

第二次世界大戦前囲碁はドイツのカフェで打たれ大ブームになった。
現在もベルリンの教会では囲碁が打たれている。
九路盤から十九路盤までさまざまな盤で打っている。
打っている層もヨーロッパユースチャンピオンの日本棋院囲碁三段の若者から
初心者の年配層までと幅広い。

王メイエン九段:「ヨーロッパの囲碁人気はひとえに日本の先達の苦労があってこそですね。」

○ヨーロッパで最大の囲碁人口を誇るドイツ
尼六段:「ドイツはヨーロッパで最大の囲碁人口を誇っています。」
王メイエン九段:「フランスの囲碁人口が大きいことは聞いていましたが
 ドイツはそれより囲碁人気が高いんですね。」
尼六段:「ヨーロッパでも囲碁の漫画が翻訳されたそうですからこれからが楽しみですね。」
王メイエン九段:「そうですか。「ヒカルの碁」が翻訳されたんですか。
 ヨーロッパで囲碁が大きく広がる契機になりそうですね。」
「日本の先達の苦労が報われていずれヨーロッパ棋院ができるところまで
 囲碁が広まれば良いですね。」

16 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:13:21 ID:QO2UvT/A
ヒカルの碁はマンガもアニメも恐ろしく綺麗にまとまっていたからな…
放送されればどこでもそれなりのブーム起こせるレベルだと思うよ。
日本でも子供が見る時間にもう一回放送すれば
以前ほどではないにしても結構子供巻き込むと予想。

17 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:14:44 ID:QO2UvT/A
ドイツでマンガやアニメのコンベンションが開かれると、
囲碁のコーナーというのがよくあるね。ヒカル碁の影響だろうか

19 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:16:17 ID:QO2UvT/A
友人のアジアマニアのドイツ人も囲碁将棋に興味持ってるよ。
私に何か聞いてくるが、私は囲碁と将棋の区別もろくにつかないので、
何で知らないんだって不思議がってた。
その後、日本国内で囲碁だか将棋の集まりに参加したらしいが・・・
「じーさんしかいなかったよ・・・。」
と言ってしょげて帰ってきた。
何で私が日本人なのに囲碁将棋に無知かわかってくれた。(私が知らなさ過ぎるんだが)
向こうの人は、日本ではどれが年寄りの趣味か、って知らないからね。

20 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:17:03 ID:QO2UvT/A
欧米の囲碁マニアにはよく数学者みたいな人がいるね。有段者もいたりする。
格子に白黒だけの駒を並べるというところに、
何か抽象的な数理的イメージがあるらしい。
そこに東洋的な神秘感も手伝って、きわめてクールなイメージができあがる。
日本のように暇を持て余した年寄りの遊びというのとは程遠いイメージだろね。

21 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 10:16:21 ID:ZJKj00hN
一人で楽しそうだな。

23 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 11:02:25 ID:QO2UvT/A
>>14補足・修正
○ドイツの囲碁史
ドイツ人チェス世界チャンピオン、エマヌエル・ラスカ展
チェスの展示が主なものだが碁についても展示されている
前人未到空前絶後の27年連続のチェス世界チャンピオンでありながら
晩年に碁に関心を持ち研究をしていた
展示会場の解説ドイツ人:もう少し早い時期に碁と出会っていたら
チェスをしていなかったかもしれない。

アマ六段:ラスカがもっと早く碁を知り碁の道に進んでいたら
チェスの才能を碁に振り向けていたら
ドイツの碁そしてヨーロッパの碁が変わっていたかもしれません。

アマ六段:やはり読むということでは碁とチェスと似ていますけど

王メイエン九段:そうですね。チェスは駒をいっぱい置いたところから始まりますけど、
碁は何にもないところから始まりますので、その辺に魅力を感じたかもしれませんね。
(解説:何もないところからはじめる、つまり布石を開発したのは日本です。)

24 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 11:03:11 ID:QO2UvT/A
ギュンター・シーソー氏:多くの人達は碁の理論を書いたが
私はデュバル先生の回顧録を書いた。

アマ六段:ギュンターさんはベルリン囲碁協会を設立した
フェリクス・デュバル(1880~1970年)さんを研究しています。

このフェリクス・デュパルさんは1930年ごろからベルリン囲碁普及活動に尽力し
ベルリン囲碁協会を設立しました。もう75年も前です。
さてこちらは日本棋院からデュバルさんに送られた名誉五段の免状です。

1930年 東京・日本棋院
瀬越憲作七段とフェリクス・デュバル氏の対局写真。本因坊秀哉名人の立会い。
デュバル氏は扇子を持っている。

アマ六段:それにしても当時ヨーロッパ人が碁を打つというのは
 本当に珍しかったんではないでしょうか。
王メイエン九段:瀬越先生は海外の普及に熱意がおありでしたし、尽力されましたね。

1938年 ベルリンで対局
鳩山一郎文部大臣とフェリクス・デュバル氏
アマ六段:この鳩山さんとはでんぽう碁も打たれたそうです。

ドイツのカフェでドイツ人が碁を打つ写真。
当時(1930年ごろ?)ドイツでは一大囲碁ブームが起きた。

王メイエン九段:ドイツで碁を普及してくれた人達がいて
 この対局(ベルリンでのプロタイトル戦)があるわけなんですけど、
 聴くところによるとドイツがヨーロッパの中では一番囲碁人口が多いようですけど
アマ六段:フランスなどもよく聴きますけども。
王メイエン九段:やっぱりお国柄的なことが出るんですかね。ドイツ的な碁とか。
 そのうちヨーロッパ棋院というか、
 (ヨーロッパ)各国にプロ組織ができる日が待ち遠しいというか夢ですね。
アマ六段:ヨーロッパの方と王九段は対局されたことは?
王メイエン九段:僕はフランスのトップの何人かとは遊んだことがありますが、みんな陽気ですね。

25 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 11:03:57 ID:QO2UvT/A
○現在の囲碁事情
ベルリン市内の小学校
囲碁の課外授業
指導者はカールハンス・バールドウィンさん(囲碁三級)
(黒板に漢字で「囲碁」「石」と書かれている)
子供たちにインタビュー
男子:このゲームは本当に気に入っている
男子:作戦をたてるゲームだから楽しい
女子:他の石を取れるから楽しい

ベルリン市内の教会
教会の中の囲碁クラブ
教会の青少年の施設で週三回月水金夜6時から8時まで打たれている
現在三段のヨハネス君14歳ベルリンユースチャンピオン
(眼光鋭い美青年。騎士のような風格。)
初段のセバスチャン君16歳
この夏日本にくる予定がある

30 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 12:01:03 ID:L1SnCYOQ
>>23-25
面白かった。ありがとう。

38 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:50:31 ID:TBsPp3R8
分化の伝搬者としての漫画か。
国内→海外だけでなく国内だけでも世代を超えたりするからね。
囲碁ブームの時TVで専門店の主人にインタビューしてたのだが
親と一緒に子供が安い碁盤買いに来ているの見て
こんなことは初めてだと泣きそうになってたからな。

40 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:21:09 ID:S9TuMTCx
>38
幼児期の教育の影響や漫画の破壊力が分かる逸話真弓だね

41 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:36:11 ID:KSXhidjC
変人よー♪
さよなーらー♪

42 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:10:55 ID:S9TuMTCx
親父ギャグで去るのも何なんで、インドネシア旅行に行ったときの話なんだけど
各所の生バンドバーに行くとサービスとして客の国の歌を歌ってくれた。
今更ながらウォウ・ウォー・トゥナイトとかなんだが
そのなかでもやけに五輪真弓の「心の友」が多くて、聞いて見たら
大ヒット中って話があったな。タクシーとかでもヘヴィローテーションだそうで。
魅了スレむけかな

44 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:27:43 ID:xIZPRbqd
>>35
ありがとう。面白かった。
戦前にドイツに囲碁ブームなんてあったんだね。

47 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:33:55 ID:jzDDlnzs
囲碁の話が出たんで将棋も。
ヨーロッパで将棋やるのはいいことだと思うが用語はどうしているのだろうか?
定跡にある「飛先不突矢倉」(ひさきふつきやぐら)とか
「角換腰掛銀」(かくがわりこしかけぎん)とかをどう説明するんだろう。
日本語で言わざるを得ないよなあ。

将棋を世界に広める会

■「将棋、ヨーロッパを行く」(田辺忠幸著)

48 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:15:10 ID:gGEbNdJ8
「キャッスル」とか言えばいいんでない?

49 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:54:40 ID:tGQC+beJ
>48
「ベア・イン・ザ・ネスト」とか?w

50 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:59:43 ID:beiE9Zbv
「ジェノサイド・イン・レストルーム」とか?

51 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 11:47:49 ID:PHdTARcX
>>50
雪隠詰めのことかwwwwww

52 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 11:53:50 ID:xfmf1sO3
必殺技っぽく、
レストルゥゥゥゥゥム ジェノサイッッ!!

53 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 11:54:26 ID:lZqB7avk
ベア イン ホール

54 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 12:04:03 ID:jzDDlnzs
>>49
>>53
穴熊のつもりらしいけど、
普通は「振り飛車穴熊」か「居飛車穴熊」と表現するんだよね。
飛車は多いんだわ、用語が。
「袖飛車」「捻り飛車」「十字飛車」「浮き飛車」「向い飛車」など。

55 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 13:30:03 ID:MCkX2YIl
包囲、籠城を指す「besieging」とかね

Mino style、Casle style、Hibernation's Bear style、Hujii System...

56 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 13:45:35 ID:tGQC+beJ
>>54
マジレスorz

57 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 15:21:34 ID:jzDDlnzs
>>56
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  ソリャスマンカッタ

じゃあ、「激辛流」と「鉄板流」の英訳は任せた。
ついでに「詰めろ逃れの詰めろ」も。

58 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 15:35:14 ID:MCkX2YIl
>57
インドスペシャル、バーベキュースタイル、Tom & Jerry Atack。

59 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:45:18 ID:R3fHpg6D
>Tom & Jerry Atack

不覚にも吹いた。

63 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 22:25:11 ID:gERMEmdy
★タイ 親子で『一休』ファン

・タイでは「ドラえもん」「Dr.スランプ」「ポケモン」「ドラゴンボール」「ワンピース」など
日本のアニメが子どもたちに大人気。「ヒカルの碁」が昨年放送されると、
タイ人の間でちょっとした囲碁ブームが起きたほどだ。

中でも根強い人気を誇るのが「一休さん」。
タイ人は、一休さんを「ネーン・ノーイ・ジャオ・パンヤー」(知恵を持った小坊主さん)と呼ぶ。
番組の冒頭で流れる日本語の主題歌を、
ほとんどの子どもが口ずさむことができるといっても大げさではない。
放送権を持つ「チャンネル3」が初めて放送したのは二十年以上前。
その後、繰り返し再放送している代表的な長寿番組だ。
現在は放送されていないため、子どもや母親からは
「次はいつ放送されるの?」と、局に問い合わせが相次いでいるという。 (以下略)
(※リンク先消滅)

>>16の書いた通りになっとるな。

64 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 23:52:40 ID:DFkuoLOz
幼少時の刷り込みはやはりでかいよな。

65 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:22:54 ID:bvi0prX3
一休さんの成長後の姿を知ったら、タイ人はどう思うだろうか。

・盲目の美女を愛人にして、エロエロ愛欲生活
・シャレコウベを若い娘に突きつけ、「お前もいずれこうなるのじゃ~」と脅かす変態趣味
・美女の死体を野ざらしにして、腐乱していくのを通行人に見せつける猟奇マニア
・酒、肉食・女買いはもちろんOK。美少年も好きよ
(アニメ一休さんくらいの年齢で、すでにアヌス開発されとったらしいよ。
水上勉の著書によれば)

66 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:28:36 ID:Z03QJVb5
まあ権力に屈しなかった所がすごかったかな

67 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:30:42 ID:X7HPy1HQ
愛を説いた人だろ。

69 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 01:18:01 ID:Qg2t7WUi
>>65-67
それだけ破天荒な生涯を送った怪僧が、賢くて可愛い子供の物語に使われてるのは何故だろう?

70 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 01:42:48 ID:Sub5mV8C
>>69
悩んだ時こそ頓智頓智

71 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:24:43 ID:Glr6/F1r
生前から庶民に人気あったからでしょう。

72 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 05:05:54 ID:64I0ujrQ
>>71
(生)暖かい眼で皆から見られてたんだろうな…

73 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 05:42:11 ID:aJ/tihnr
ビッケだって大人になったら普通に村々を襲って略奪強姦ほしいままにしたんじゃね?
て完全なフィクション?

74 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 07:18:08 ID:23lBYSw0
>>72
他の禅僧が権力や金に媚びまくって、金さえ積めば悟った証拠の印可を出したり、
口では戒律を説きながらこっそり女も抱けば小坊主の尻も掘るわ肉食も飲酒もするわ、
庶民と隔絶した寺の中で書画詩文にうつつを抜かすわで、
衆生済度には見向きもしない時代に
天皇の御落胤という高僧が庶民の間に入ってくれば、宗教的な衝撃は大きいわな。
しかも中国には奇行を繰り返した高僧に神通力があるという伝説があったから、
一休の奇行の中に奇瑞を見て、あれは布袋様のような生きた仏様だと思ってもおかしくない。
そのくせ飛び切り頭もいいから当時のインテリがこぞって一休の周りでサロンを成し、
その各々が一休から学んで現在の日本文化の大本を創造していった。

75 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 08:56:39 ID:2EpnToo/
NHKの大河ドラマ「秀吉」に出てきた足利義昭のキャラは
まんま一休さんの将軍さまだったな。

76 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 11:41:36 ID:85haHuVL
>>47
将棋は駒に問題がありそうな気がする。
漢字に馴染みがない欧米人には取っつきにくいだろう。
もっと視覚的に訴えるものにしないとねー。

77 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 11:48:15 ID:X7HPy1HQ
将棋と言えば、戦後にGHQが潰そうとしたらしいよ。

78 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 12:07:56 ID:QqeAYsvU
>76
なんか記号みたいな将棋の駒があった記憶が。
「I」とか「Y」とか、飾りのついた「G」みたいのとか。
これも正式な駒らしいが、模様がキモくてダメだった。

79 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 12:28:41 ID:s92u9yuL
>>77
日本人が「チェスなんざ女を戦場に出している!」って反論したんだっけ?

80 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 12:44:27 ID:Ex1nl+W1
>>76
麻雀牌も萬子はアラビア数字がふってあったりする。

88 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 19:36:24 ID:4oYGbCiB
>>80
「子」を極ナチュラルに「こ」と読んでしまったわけだが

81 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 12:53:42 ID:GqTdM8yt
>>79
女を犠牲にして王様が逃げるじゃなかったか。

82 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 13:38:16 ID:w8dzrwuw
チェスは相手の駒を取るとそれで終わりだけど、将棋は再利用できる。

米「日本人が捕虜虐待をした理由を象徴的にあらわしている」
日「んじゃチェスは捕虜を捕らずに殺しているようなもんじゃねーか」

狭い島国で、皆殺しを繰り返すわけには行かないという経験則な気もするが。
相手の駒の再利用が出来る分、
チェスより将棋の方が指し手のバリエーションが多いんじゃなかったっけ?

83 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:02:30 ID:RTdPvder
>>80
関係ないけど、麻雀を生み出した中国人はガチで天才だと思う

86 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 15:43:33 ID:KrKExCkf
>83
でも麻雀のルールって、たしか
中国→日本→欧州でようやく今の姿になったんだろ?

87 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 15:49:35 ID:ZFVk5X/4
仏教は
インド→中国→日本

89 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 20:11:24 ID:RTdPvder
>>86
う~ん、そりゃちと違うな。大元の仕組みってことでは、
ほぼ中国で生まれたままの姿だよ。
「日本と欧米を経て完成されたゲームになった」って言うには
無理がある。あえて言うなら中国で生まれ、中・日・米でそれぞれルールが
独自進化した…といったところだろうか。

麻雀のルールに関しちゃ日本と中国でかなり違いがある。一番の特徴は
役が多い。牌も少し多かったりする。最近になって統一ルールというのを作って、
オリンピックの種目にしようとしてるいらしい(←かなりマジw)。

それに比べ日の麻雀は役が少なめ。日本独自のルール(リーチや点数計算等)は、
中国麻雀と比べ、よりゲーム性を追求しているとは言えるかもしれない。
また日本の麻雀でも雀荘ごとに細かくルールは違ったりもする。

アメリカに至っては>>80の指摘してる通り、牌のデザインからして
かなり大胆に変更されている。欧州では比較的米ルールが多いようだが、
中国ルール、日本ルールも遊ばれてるみたいだな。

90 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 20:14:55 ID:RTdPvder
あ、あと台湾も独自ルール(中国・日本とは違う)が採用されてるようだな。

91 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 20:18:11 ID:kPV/bMwm
せめて牌の大きさと点棒くらいは世界基準で統一しろと。

93 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 20:51:56 ID:iRrMtINl
今度アメ公とシナ公に脱衣麻雀みせてやろう

94 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:06:55 ID:X7HPy1HQ
XBOXの時に外人が麻雀でしか云々って言ってた気がするが。

95 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:33:15 ID:Rs20GV46
お前らは、将棋と軍人将棋を混同してるだろw
将棋の駒は人間じゃなく宝物。だから金とか銀とかあるわけ。
王の駒も、一方は玉だろ?
だから、チェスとは根本的な考えが違う。

96 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:37:13 ID:wfmkn+5/
珍説

97 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:42:52 ID:82thii68
>>95
金銀玉以外の駒はどう説明するのか

98 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:46:23 ID:xSijKoUo
香木、肉桂だったかな

99 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:48:18 ID:bnyD9dnT
香車は槍だっけ?

100 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:48:40 ID:xSijKoUo
50 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2000/10/15(日) 05:56
>日本の将棋だけ死駒が無いのもそういう理由からです

日本の将棋は
玉(宝石)、金将(金)、銀将(銀)、桂馬(肉桂)、香車(香木)
を水の瑞獣、角行(犀)、飛車(飛竜)で守り
歩兵で相手の財宝を奪うゲーム

101 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:52:23 ID:4oYGbCiB
肉桂とか香木に瞬殺される歩兵カワイソス

102 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:02:28 ID:hmYS4cpG
>>101
しなない。財宝に目がくらんで裏切るだけ。

103 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:12:16 ID:VF0R3TcL
するとヒューマンは歩だけか。
将棋ってそんなヒエラルキーの存在しない平等なゲームだったのか。

104 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:14:36 ID:bnyD9dnT
金持ちの財宝の奪い合いにもてあそばれる下っ端か

105 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:22:54 ID:Rs20GV46
つまり、上記で出されている、GHQ相手にしたオッサンは、
かっこいい事いってるけど、根本的な間違いをおかして、テラハズカシス状態ってわけ。
お前らも、うっかり口すべらす前に、教えてもらえてよかったなwwwww

ウハwwwオレカッコヨスwwww

106 :日出づる処の名無し :2006/01/19(木) 22:24:23 ID:pwsppmfl
歩は前へ進むしか能がないから仕方無いね。
偉くなりたければ、金か銀くらい器用じゃないと、
まあ、歩はいいよ、香車なんて、存在すら忘れられているもん。

108 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:43:36 ID:xSijKoUo
たぶん、最初は他の類似ゲームのように単なる殺し合いゲームだったんだろうな
それを酔狂な豪族とかが賭博に使ってるうちに日本独特の将棋になったって訳だ

109 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:54:16 ID:VF0R3TcL
つかせっかくのネタ談義打ち切ってすまんが、
将棋って名前からして将だからな。金銀も、金将銀将の略だよ。

112 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:40:49 ID:oFqf0ukl
>109
恐らく貴重品の階級を将になぞられたんだと思うよ。
大昔は先手も後手も、玉将しかいなかったし。
つーか、既出じゃないかな。
過去ログあさってみたら?

110 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:20:13 ID:Ux+HSYAp
>>89
中国麻雀にはフリテンがないのが最大の違いと聞いたが本当?

111 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:31:58 ID:u7nuXO2d
俺は、ロンのみでも上がれると聞いた記憶があるが...
リーチもピンフもタンヤオも必要無し ロンのみ うーん

113 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:43:19 ID:6dXQNtl0
あっちじゃ四暗刻がタンヤオと一緒らしい

114 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:43:46 ID:X9CJvuQM
中国麻雀には色々役も多いらしい。ピンズマンズソーズの123でも面子になるとか。

115 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:50:18 ID:u7nuXO2d
ん...それって普通に三色じゃないの?

116 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:58:04 ID:lGcDHf1U
①二3だろ

117 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:04:32 ID:pE6HaRoO
>>112
いやもういいってw あきらめろ。
将棋の将を説明できないかぎり財宝説はいくら唱えてもムダ。

118 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:49:51 ID:DBuKdGK7
どちらとも意味が取れるようになってるのは混ざってる可能性を考慮するのが自然でしょ。
ちうことでwikiみて自分でしらべな。

119 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:00:20 ID:O/Sn305X
日本の将棋は戦争ゲームじゃなくて経済戦争ゲームであるってのは
「逆説の日本史」か何かで見たような。
ウソかホントか知らんが、取った駒の再利用も相手の資産を分捕って
利用することができる経済戦争っぽいとか。
いや、実際どうなのかは知らんけどねw

120 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:01:00 ID:6wnVvtdS
【用具】
長五角形の駒の形は日本独特のものである。
駒に文字を記して識別するのは中国、朝鮮と日本だけであるが、
金・銀・桂・香・玉は珍品佳宝をあらわす形容詞なので、
本来の駒の名称は将・馬・車・兵であった。
1980年に山形県の城輪柵(きのわのさく)遺跡から出土し、
鎌倉時代のものと推定されている〈兵〉と記した駒が、今のところ最古の駒であるが、
すでに五角形の駒である。

駒の素材はツゲを最上級としツバキ,マキ,ヤナギこれに次ぐ。
60年代以降はプラスチック製の駒が木製に代わって広く用いられている。
山形県天童市が駒の産地として江戸時代末期より著名である。
駒の字はツゲを薄く彫って漆で文字を盛り上げた盛上駒を最上級の駒とし、
字を彫った彫駒、書駒が次ぐ。

天童将棋ネット

金・銀・桂・香・玉は”珍品佳宝”をあらわす形容詞

122 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:33:46 ID:HV0TC/4B
将棋の取った駒の再利用の件だけど
海外は異民族戦争の経験が多いから取った駒(敵兵)の再利用の発想が無く、
日本は近代史以前の戦争は殆ど内戦ばっかだから
敵兵でも同じ民族だから再利用できるという考えからじゃないか・・・
と言う説をなんかで読んだ気がする。

123 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:36:20 ID:DIDXUFKv
麻雀分からんので、話についていけないよ~。
ドンジャラでよくね?

124 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:39:01 ID:dp1vV+L8
あれじゃね?「もったいない」からじゃね?

125 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:57:35 ID:Szu5OMH7
ああ、「貧乏性」ね。

126 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:51:38 ID:nhBCTlTm
ほんじゃアメリカ人の中にも
アニメのアカギを見て楽しんでいる奴がいるかもしれないんだ・・

127 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:48:59 ID:fy+Uv73z
>>126
…というより、逆じゃないかなぁ。
アニメのアカギを見て、「麻雀」ってゲームに興味を持ち出すパターン。
外人がヒカルの碁を見て囲碁に興味持ち出すみたいな。

135 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 13:56:29 ID:HV0TC/4B
>>122
> 将棋の取った駒の再利用の件だけど
> 海外は異民族戦争の経験が多いから取った駒(敵兵)の

ヨーロッパ圏の話だったら、時代によるな。
親戚内、兄弟同志ですら殺し合っていた地域/時代もあるし。

136 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 15:27:21 ID:qTxd/9be
飛車核

137 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 15:33:51 ID:y3JeYtK/
大量破壊兵器禁止

132 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 09:28:58 ID:iaX1UTqY
七対子は西洋で生まれた役だったような

138 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 15:38:47 ID:i88hMQ7c
>>132
緑一色はアメリカ。
三色は日本。
だったはず。

139 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 16:47:50 ID:iaX1UTqY
>>138
そうだっけ、うろおぼえだったのでありがとう。

140 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 19:38:45 ID:gXXIbuFR
3番

141 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 21:52:31 ID:yfb7fv0o
>>132
七対子はアメリカで生まれた役で、セブンスターズという呼び方だったらしいね。
リーチも戦後アメリカからきた。
緑一色もオールグリーンといわれていたようだ。

145 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 23:34:13 ID:ZWSf1vxM
>>141
セブンペアーズでしょ。

151 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 05:01:24 ID:AHQep11s
>>141
リーチは関東軍の復員兵からだろ
この記事のURL | ジャポニスム | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<モノに名前をつける意義(part54スレ) | メイン | 近世の武器と学問の進化(part53スレ)>>
コメント
-  -
ビデオゲームが普及する前は、中高生にとって手軽で金が掛からずに長い時間を友達と遊べるゲームってのが囲碁や将棋(場合によっては麻雀)しか無かったってことだろう。

鬼ごっこやかくれんぼを中学生になってもやってられるわけはないし、人生ゲームみたいなボードゲームも同じモノを何年も遊べるという訳じゃない。

囲碁や将棋は道具にこだわらなければ非常に安い値段で買ってこれる(場合によっては自作も可能)上に、その割に10年20年という長いスパンでも遊び続けられるというメリットがある。
2011/08/31 17:33  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
今の若い人とってテレビゲームが、昔の将棋や囲碁じゃないのかな
2011/08/30 23:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
将棋と麻雀は爺ちゃんに教えて貰ったからできるけど、
囲碁は爺ちゃん、途中で教えるの断念して五目並べだけ教えて貰って遊んでたなw
そんな爺ちゃんがめっちゃ笑顔で買ってきたオセロ。
なにげにあの戦前戦時生まれの年代ボードゲーム大好きだと思うわ。
年寄りで囲碁・将棋・麻雀のどれもできない人なんて見たことナイ。あと、花札ね。
若い人は全部出来ない人とかザラにいるけど。
2011/08/27 01:43  | URL | ゆとりある名無し #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
将棋の経済説の正当性はおいておいて
海外に出すにはユニークかも
歩=デイトレーダー
飛車=ヘッジファンド

技も
ホワイトナイトとか空売りとか
謝罪シルとか
2011/08/26 23:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>四暗刻がタンヤオ
カルメラ兄弟乙w
2011/08/26 21:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/334-7891b246
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。