2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
家で靴を脱ぐ文化(part51スレ)
- 2011/07/27(Wed) -
310 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 04:55:49 ID:xK1ucOR+
ガイシュツかもしれんが爺さんがつくった「竜宮城」
ゼニ金みたいな番組でよく取り上げられるタイプの何か変な不思議センス建造物だったんだが
爺さんが死んだあと、竜宮城ハウスの引き取り手がいなかったから取り壊しが決まった。
そして作業が始まり、取り壊しも順調と思われた矢先、大事件が起こった
物置の塗り壁の中から死体が出てきたのだ
調べてみればそれは死後10年は経過しており、さらに爺さんの奥さんだったことが判明。
ここまで言えばもう分かると思うが、爺さんが竜宮城を作ったのは、
キチガイの振りをして婆さんが死んだことを悟らせないようにしていたらしい

ちなみに婆さんは頭部に鈍器で殴られた傷跡があり、それが死因だと考えられている
誰が婆さんを殺したのかは、今となっては立証する術もない
爺さんの造った竜宮城の静かな狂気は、動機も真相も語られることなく姿を消してしまった

311 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 04:56:47 ID:xK1ucOR+
誤爆orz

312 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 05:39:25 ID:ZlbXgEZN
>>310-311
朝っぱらから何やってんだ。
回線切ってみんなの体操でもやってこい。

313 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 06:06:52 ID:/34ZfYCZ
>>310-311
面白そうな話だな。
体操見終わったら本来のスレ教えてホシス(´・ω・)

314 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 06:21:41 ID:xK1ucOR+
>>313
オカルト板の「今だったら絶対放送禁止なニュース」スレ
オカ板住人でも「これはエグい」と思うエピソードが多々あり
面白いけどオカルト板の、心霊系派閥に対する猟奇系派閥の最先方スレ…
世界が違って見えることうけあい
正直おすすめできない(´・ω・`)

まぁ、ジャパンホラーもジャポニスムですよね
ハリウッド呪怨DVDの、俳優たちの巻末トークはガイシュツですか?

315 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 07:40:08 ID:haJbekyt
>ジャパンホラーもジャポニスム

あー
そういや日本のホラーは姿かたちがなくても、日本人には恐怖になるが、
めりけん人には13日の金曜日とかみたく、直接的でスプラッタな方が恐怖だ。
ってな感じの話を聞いたような希ガス。

327 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 17:43:51 ID:pzI9nxXe
>>314
ジャパンホラーの特質は「水」だという記事を読んだことがあるな。
日本人は水に死のイメージを強く感じるとか。

328 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 18:53:47 ID:HNVQA18J
>>327
ダムとか足のつかない池とか川に入るの怖い。
なにかに足引っ張られるような感覚に猛烈に襲われる。

329 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 19:00:00 ID:Yt4CLeHh
水と裸のおねえちゃんの組み合わせがやたらエロく感じるのも日本人だからですか?

330 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 19:10:26 ID:yTIq161R
それは君だからだろう。
俺もだけど(;´Д`)

331 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 19:14:11 ID:pzI9nxXe
>>329
世界共通じゃね?

332 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 20:16:35 ID:ie7ahZKW
>>329-331
PLAYBOYのプロモは、やたらシャワーシーンが多いぞ。
日本独特というほどではないかも。

333 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 20:44:21 ID:4q0bBtef
・・・濡れたTシャツコンテストてのがあったよなあ。

334 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 21:08:28 ID:xK1ucOR+
>>327
その通りだと思われ
「死に水をとる」って慣用句があるぐらいだし

335 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 21:20:44 ID:JnkUFi4Y
なんか深いところ水中眼鏡かけて覗くと怖くねえ?

336 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 21:50:15 ID:D3mlX4Fl
ここで大人気のアレを投下。

337 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 21:54:09 ID:FQd1JSaH
>>336
なんじゃこりゃ!!
説明して

338 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 21:56:45 ID:haJbekyt
>>337
それは

  おーい、でてこーい

という事なのさ。

339 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 22:21:57 ID:22LYQ9kM
どういう仕組み?
喧嘩売ってんのこの穴

340 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 22:29:06 ID:pu5lRgPq
俺だめだ。こういう水のうねったの。
子供の頃、幅1mもない用水路の橋すら渡れなかった。

341 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 23:02:06 ID:mKvTxJ4z
初期の頃からあるダムの排水設備

342 :日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 23:16:06 ID:22LYQ9kM
すげー

345 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 00:48:06 ID:i8w362QH
ダムに排水設備ってよくわからんな、放水じゃだめなわけ?

346 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 01:04:31 ID:frzPbhch
巨大ロボとか出て来そうだな。

347 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 01:11:46 ID:afwaf1oS
>>340
俺も駄目だ。生理的に受け付けない。
どんな離れてても吸い込まれそうで怖い。

349 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 02:50:58 ID:Fxu9BVac
>>337
> >>336
> なんじゃこりゃ!!
> 説明して

これはダムのSpillway ― 溢れ防止排水口です。水面下にファンネルが
設置されています。

あれは、アメリカのカリフォルニア州にあるモンティセロダムにあるもので、
http://www.trophybassonly.com/id56.htm
を見ると仕組みがわかります。

このタイプは、Morning Glory Spillway とかいうらしい。アサガオ型。

クリティカルな状態の一枚

こんなのものある。

350 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 02:53:19 ID:Usa8gm6J
高所恐怖症ならぬ水所恐怖症ってこと? 初めて聞いた

351 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 03:40:04 ID:/DXFEGgu
ガキの頃、プールの中央にある排水溝が怖かったのを思い出した。
排水溝の無機質な鉄格子に足を触れただけで、
足をつかまれて引きずりこまれそうな恐怖を感じたあの頃…

352 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 03:49:31 ID:HlAaBELl
>>351
実際、ふたが取れて溺死した子供もいたからね。
用心するに越したことは無い。

伯母がナースなんだが、銭湯の排水溝に詰まった患者の救命をしたことがあると言ってたな。

353 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 10:08:50 ID:3XWdTGCA
>>350
俺、水所恐怖症(って言うの?)。
高所恐怖症は世間で認知されているが、こういうのはなかなか分かってくれない。
溺れる→氏ぬ→だから恐い
なんて理屈じゃなくて、ひたすら水面の様子が恐い。生理的に。
349の画像など、ヘタなグロ画像より強力。
夢に出そう。ってか夢に出ることがある。
大人な今でも橋を渡る時は足が萎える。

354 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 10:31:22 ID:RpqcMrdb
溢れ防止用排水孔か、日本のダムにもあるのかな?

355 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 10:43:54 ID:8ONVzfvg
>>314
> ハリウッド呪怨DVDの、俳優たちの巻末トークはガイシュツですか?

詳しく。

356 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 12:35:55 ID:Ew6Ubksn
水の穴にチンコを入れたら気持ちよさそうと感じるのは俺だけ?

いや、当然、縮尺は無視でなんとなく、
ズボボボボボ Oh~ Year ~ って感じがする。

357 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 12:49:13 ID:FflW7X+M
>356
風呂の排水溝にキャンタマ袋を吸わせると、気持ちいいと聞いたことがある。
抜けなくならない程度にどうぞ。

358 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 13:16:03 ID:+CfL0TKI
そのまま玉を持っていかれそうで怖いw

359 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 13:46:05 ID:jNO4rsS5
昔あったぼっとん便所は怖かったなー、大してると下から手が出てきそうでw
外国人にはあの恐怖はわからねえだろうなw(というか今の子供もか

360 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 13:56:05 ID:+CfL0TKI
ボットンは跳ね返ってくる汚水がケツにつくのが1番嫌だった。
親がボットンに備え付けるタイプの洋式便座を買ってきたときには感動した。
でも跳ね返り水の問題は解決しなかった。

361 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 14:00:25 ID:oxg5vgX7
>360
そこでトイレットペーパーでブリッジですよ。

362 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 14:53:37 ID:EscQl0dX
そこで朝立ち時の排尿方法ですよ。

364 :日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 15:36:21 ID:iu0/m2iW
>>362
おまえwwwww
あの伝説のスレかwww
やべ思い出し笑いしてきた

呪怨トークで監督や女優が映画の話をするかと思いきや
日本の思い出ばかり話しててほのぼのとした雰囲気になってた
こっちは撮影中の裏話や心霊現象を期待してたのに…

***********

417 :日出づる処の名無し:2005/11/07(月) 17:57:28 ID:iqV2a+uT
ブーム目前!? ニューヨークでいま、和風インテリアが静かな人気!
(※リンク先消滅)
>日本の生活様式や建築様式の影響は、
>ニューヨークでも見られるようになった。
>たとえば自分の家で靴を脱ぐことを習慣にしているニューヨーカーは多く、
>最近では深めの浴槽を好む人も出てきた。
>これらも日本の生活を体験して、その合理性や心地よさに気がついた人が増えた結果だという。

418 :日出づる処の名無し:2005/11/07(月) 19:01:19 ID:PkhGrNZs
>>417
日本がちゃんと理解されつつあるって感じだね。
今の流れはバブル以前の頃には考えられなかったけど、日本があの頃と変わったというより
あちらさんの他文化に対する意識が変わってきているんだろうか。

↓この記事も面白かった。日本の大衆居酒屋って料理のレベルが高くて旨いと思う。
(※リンク先消滅)

420 :日出づる処の名無し:2005/11/07(月) 19:41:31 ID:pcjZBu3C
>>418
日本を理解するチャネルが増えているというのも大きいかな。
1970年代まではヒッピーかぶれの薄っぺらいオリエンタルブーム。
1980年代からはエコノミックアニマルへのジャパンバッシング。
1990年代からは……

ヘルシー指向からの和食ブーム
オタクカルチャーの若者への定着
2000年頃からの東京の生のファッションの輸出
オリエンタルかぶれの若者がITセレブとなって社会的影響力が増加
 →以上、日本はかっこいいという文脈
学術・芸術(特に建築)などでの日本人集団の世界的活躍
日本企業が現地生産に入って地元民と融和
日本に来た外資幹部や外国語教師が生の日本文化を体験、持ち帰る
 →以上、生の日本を体験、という文脈

と、これだけチャネルが増えて、複数のルートから行ってる感じ。

421 :日出づる処の名無し:2005/11/07(月) 20:04:37 ID:xHT2iHv+
ウィキペディアで、「ゴスロリ」の解説なんかを見てみると、
日本語ページより英語ページの方が詳しいぐらいw

422 :日出づる処の名無し:2005/11/07(月) 20:08:56 ID:xHT2iHv+
>>421
自己レス。
しかし英語版のページに貼ってあるゴスロリ女の写真は
・・・
(( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!見ないでー

431 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 02:03:35 ID:AjQLr4cT
>>417-418
ケント・デリカットもユタの家を日本風(玄関で靴脱いだり)にしてたら
近所でも段々とそんな風習が広まってきた、みたいなこと言ってたな。
あと、本人曰く「靴脱ぐとラクだし、靴履いてたらキタナイし」とか。

しかし、靴脱ぐ生活って治安良くないと出来ないんじゃなかろうか?とフと思った。
ユタは治安いいのかな。

432 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 02:06:24 ID:06sUSfXT
>しかし、靴脱ぐ生活って治安良くないと出来ないんじゃなかろうか?とフと思った。
・・・・・・。

433 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 02:18:55 ID:sZ13T0SM
リビングにいきなり暴漢が突入してくる事態は一生に一度も無いと思うぞ。

434 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 02:23:43 ID:4y/Te/6E
突然ニンジャが突入してくる映画が最近あったな。

435 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 03:14:33 ID:AjQLr4cT
>>432-433
そうか、間抜けなレスだったか…。

でも、じゃあ何で靴脱がないんだろう?
逆に、何で日本は靴脱ぐんだろう?(トルコとか他にも脱ぐ国あるけど)
もちろん、清潔だからってのもあるんだろうけど。
敷居とか結界?の観念とかって関係あるのかな。

そういえば、どっかのガイジンが「手を洗うのは神道の影響」とか面白いこと言ってて
「へーそういう考え方(とらえ方)もあるのかー」と目から鱗が落ちたことがある。
清潔観念とかそういう合理的な理由以外にも、普段ナチュラルすぎてて
意外と意識していない作法やしきたりみたいなのがあるのかな、って。

436 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 03:16:06 ID:wx8wWbkN
イタリア人にとって、靴を脱ぐのは屈辱的なことらしい

437 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 04:54:32 ID:EE3y79Bz
トリビアの泉で、中世フランスでは、
刑罰として、人前で靴を脱ぐというのがあった

438 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 04:58:09 ID:1S7+817/
>>435
なんで夏でも服着てるんだろう。上半身裸の方が楽なのに。
ってことだろ。

最近は、家では全裸という奴も増えてるという。
そしてそれを信じられないと思う奴も一方でいる。

439 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 05:04:19 ID:zLZ83QDu
あずまんが大王じゃないが、ウンコ踏んだかもしれない靴で家の中歩き回るなんて考えられん。

440 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 06:32:05 ID:KC3TucQ6
>>436
靴を脱がない国って入浴も独立してる気がするから、
プライベート意識の延長かもしれない。
靴を脱ぐということは、裸足が触れるものを共有するということだよね。
変な話だけど、水虫の人が家族にいても靴を脱がなければ他にうつらない。
最近は日本の家屋でも自分の部屋以外ではスリッパを履くというケースも増えてるけど、
それは西欧文化が混じって結果そうなったということだし。

441 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 09:06:04 ID:xBE1V9R7
家の中では靴下履く事すら信じられん…たといそれが真冬のリビングだろうと。
まあ、後半は俺が南国住まいだからだろうケド…

442 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 09:42:48 ID:VIoZHFWO
>>438
> 最近は、家では全裸という奴も増えてるという。
> そしてそれを信じられないと思う奴も一方でいる。

10年毎くらいに「ブーム」を仕掛けている勢力があるよな、これ。

「最近は、若い女性は自分の部屋では全裸で過ごすのが一般的になってきました」
とかラジオから聞こえてきてビックリしたり。
で、テレビをつけると、汚ギャルの部屋に突撃レポートしてて。

443 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 09:53:29 ID:2qfjBxOC
>>441
家の中でそれやったらしもやけになる地方の人間に
喧嘩売ってるのか ゴラァ

・・・ただ、女性で冷え性の人は寝るときも靴下を履かないと熟睡できなかったり、
朝起きぬけに足の感覚がなかったりと大変らしいぞ

444 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 10:01:43 ID:IR4IpZ+u
>>443
冷え性は体質のように言われることが多いけど病気のような希ガス

445 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 10:03:40 ID:KPwdK6ZA
イタリアに嫁いだ親戚は、家の中で靴をはくことだけは
我慢出来ずにスリッパ履かせてるそうだ

450 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 12:58:18 ID:jXzv6zJD
>>435
もっと単純だよ。

日本は湿気が多いんで、高床式というか、家の床が必ず地面から浮いてる。
草履履いたまま土間に入り、上がり框で脱いで上がるという習慣は
この高さの差から来た内と外の感覚だろうね。

西洋に家で靴脱ぐ習慣がうまれなかったのは、わざわざ床上げて、
地面と離さなくてもいいからと思われ。

452 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 13:34:48 ID:2bFywKaj
日本は湿気が多いというが、イギリスのじめじめもかなりのもんだぞ。

453 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 13:37:45 ID:rJb/isz9
結界とかって深く考えすぎだし。
歌の歌詞を必要以上に深読みするやつみたいな。

455 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:17:37 ID:Mcom0Bam
>>435
・高床だから
・土足だと畳掃除するのめんどいから
・ベッドが無かったから
・配膳が一人ずつ分かれていたから
・機動力と武装を解除する場が必要だったから

というか、それぞれにも相関はあるからどれが要因とは言えないとも思うが。
とりあえず、すべては高床が原点だとは思うが。

456 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:23:05 ID:Mcom0Bam
>>453
漏れも深く考えすぎというのには同意だが、
そもそも高床というのは米を保管していた倉から来てるので古代からモロに神事に直結している。
また、なにかと高い所が高貴であると考える事は多い。
偉い人の台座とか山とか神棚とか・・・。

古代から連なっているものと考えれば近現代人が無意識にしている事でも
大元にはそういう宗教的な考えはあってもおかしくないとは思うぞ。

457 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:27:50 ID:wH8mVhdB
雨の日が多く舗装路が少ないので草履の裏に土が付きやすいのもあると思う

458 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:30:57 ID:aRn8/2aw
普通にいる場所より1段高い所に上がるときって、何となく靴を脱ぎたくならない?
私の場合、脚立とかでも脱ぎたくなる。
演壇とかはさすがに大丈夫だけど(笑)

明治時代、鉄道初期に汽車が出た後のホームに草履が並んでいたというのを聞くけど、
なんかすごく分かる。
日本の鉄道のホームが車体のドアと同じ高さであるのも、
それを意識させないためじゃないかと勘ぐるほど(w

459 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:41:37 ID:e43MHeJ4
裸足は野蛮人、靴をはいてるのは文明人と思ってるんだろう

460 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:42:02 ID:9fAbLG0u
>>443
悪いけど、東北太平洋沿岸だが、冬でも普通に靴下脱いで生活している。
コタツにゃはいるけどw

461 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:52:24 ID:o3rsc63S
>>460
俺も。
北海道だが、外が氷点下20度でも家の中では裸足でいる。

462 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 14:54:02 ID://KQIxti
>>435
トルコやイランなどのイスラム圏と日本に共通して言える事は
敷物が発達したからでしょ。
イスラム圏では絨毯が発達し日本では畳が発達したから
靴を脱ぐ必要性があったってこと。
韓国は敷物のかわりにオンドルが発達したから靴を脱ぐけど
中国やキリスト教文化圏では敷物関係では特化すべき発達がなかったから
土足文化だったんじゃないかな。
そのかわりに椅子が発展したし。

463 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 15:19:08 ID:SRKx4hNf
畳や敷物との因果関係は逆だろ。
元は板間だったはず、平安時代ぐらいまでは。
敷物が畳に変化したんだよ。それも最初は部屋の極一部。
貴族達は、家に上がるときは靴を脱いだはず。そうでなければ、ああいう服は生まれない。

殿上人とかも脱いだはずだし、神社にも脱いで上がったのではないかな。
そっちから来てるような気が。

464 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 15:29:55 ID:PNquttjH
>>462
半分合ってて半分は合ってない印象。

まず日本では、家の中で靴を脱ぐ生活が浸透していた安土桃山あたりでも板の間が主流。
これは大河ドラマレベルでの歴史考証でも当たり前のようにふまえられる。
よって日本で敷物原因説を主張するのは微妙。

一方トルコは、もともとトゥルクという遊牧民族であり、
イランやアラビア半島、アフリカのベルベル人あたりまで遊牧民族。
彼らは移動式のテントを住宅としていたため、
ベッドや椅子などを持つことが出来ず、
就寝時の防寒具は敷物に頼るしかない。
故に敷物を守るような生活が必要となる。

オンドルはよく知らないが、これも敷物説と同じではないかね。

465 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 15:40:42 ID:LaAmuLIR
あと日本人には「床(ゆか)=床(とこ)」という意識が
あると聞いたことがある。どこまで信じていいかわか
らんけど、床に布団敷くしね。

466 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 15:42:00 ID://KQIxti
>>463
物が発達しないと文化の発展はないよ。
物があるからそれに追随するように精神的な文化も発展していくもんだと思う。
まあ物を発達させるのも結局気候であり風土だしね。
先に精神論や思想があって物や文化はうまれるもんじゃないからさ。

467 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 15:51:45 ID:1BQrMazb
イギリスもじめじめした気候だが、日本と決定的に違う点がある。
それは夏の暑さだ。

唯でさえ蒸暑いのに靴文化が発達したなら・・・・・
水虫まみれになり、足の疾病に苦しむ羽目になるだろ。

靴を履いたままで快適な気候である外国と、そうでない日本との違いがやはり大きいんでないの?

あと風呂好きなのもそれが原因だな。直ぐに汗が吹き出てしまう日本。
その代わり水資源が豊富で水はタダという感覚が強い日本。

チベットとは全く逆だ。チベットで風呂に入りすぎると乾燥しすぎている気候のせいで
逆に肌が荒れる原因にもなり
また水が貴重で苦労しているという日本人の手記をどこかで読んだことがあったっけ。

まず、その土地から来る必要性から文物が発達し、
そしてそれが習慣として定着するのが正解なんじゃまいか?

468 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 15:59:04 ID:SRKx4hNf
>>467
まそうだろうけど、昔から革靴が有った訳じゃないからな。
草履程度だろう。貴族だと足を包んだようなものだったと思うが。

竪穴式だと土足、あるいは裸足のまま(外でも)、高床式、あるいは聖域では脱いだんでは。
お寺では、中国なんかどうしてるんだろ、裸足のような気がするが。
天皇の近くもそうだったろうし、それから発展して貴族、一般の下がって来たのでは。

469 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 16:12:07 ID:z0DrB0/9
>>417
何年か前に、ハイアット?が日本にホテルつくったときに
日本式の浴そうと洗い場の形を導入したんだけど、それが外国人利用客や
本国のスタッフにも好評だったので、いろいろと形を変えて
ジャパニーズスタイルってのができたってきいた。
浴そうはやや浅めだけど外に洗い場がついてるタイプの相称にしたとか。

473 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 17:58:36 ID:IR4IpZ+u
>>466
先に精神ありき

482 :日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 23:06:21 ID:ImzKTGBh
>>431
亀だがあながち見当外れでも無いかも。
連れ込み宿(としか形容の仕様が無い)みたいなとこで
部屋毎じゃなく玄関で靴脱がさせる作りは危険。
靴隠されたら逃げ出せないから…
と水商売やってた知り合いに聞いたことがある。
だから興味本意で入るなよ、と。

いや勿論切羽詰ったら裸足だろうが裸体だろうが逃げ出すだろうけど。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<手塚治虫に萌えてみる(part51スレ) | メイン | 続・J-POP崩壊序曲(part51スレ)>>
コメント
-  -
水と生死というキーワードからパッと思いついたのは"水杯"なんだけど、誰も触れてないな
2011/08/01 14:19  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
靴を脱ぐ習慣の話の前半を読んでたら

279 :名無しさん@ご利用は計画的に :2007/05/05(土) 00:32:08 (p)ID:RluX0KKX(2)
イタリア人が座敷の居酒屋で靴を脱いで座敷に座ったら
「靴を盗まれたらどうするんだ?」と心配してた。
日本人で他人の靴を盗む奴などいない、と教えてやったら感動してた。

っていうレスを思い出した。
2011/07/30 15:13  | URL | #SjI0BQSs[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本で広く使われてるスリッパは日本生まれじゃなかったっけ?
外国人に土足を脱いでもらうために(素足で部屋を歩き回らなくて良いように)発明されたと聞いたような…

高床式の倉って地面からの湿気を逃がして穀物だけでなく人間にとっても快適なので、段々住居も高床式になっていって、外と内との区別が明確になって外履きを脱ぐようになったのではないかって説があるらしいね。
欧米なんかでは家の中の床も基本的に外の地面と続いている感覚(?)で、ベッドや椅子の上面が日本人の感覚としての『床』に近いんじゃないかって。
それ見て、畳に布団を敷くことが庭に布団敷くのと同じような感覚で受け取られるなら、拒絶反応もわからんでもないかもとオモタよ。
2011/07/29 14:45  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
そういえば水のあるところには、霊が集まりやすいと聞いた事がある。
根拠は知らないが。
2011/07/29 05:33  | URL |   #ex3yOCrA[ 編集] |  ▲ top

-  -
家に帰ってきて靴脱ぐとホッとする。
特に今の季節は靴下も脱いで裸足になれないとやってられない。
2011/07/28 21:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本は靴→草履に移行だよ。
古代の装束を見たら靴を履いてる。おそらく木靴だろうと思うけれども。
草履に移行したのは、やっぱ足が蒸すからだろうなぁ。
2011/07/28 18:13  | URL |   #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
オンドルは白丁は暖房を持つことが許されなかったからw
竈の排気口ですよと言い逃れするための装置
2011/07/28 14:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>「死に水をとる」って慣用句があるぐらいだし

慣用句の意味を勘違いしてると思う。

まあでも水は日本人にとっては生死の象徴かも知れない。
池や沼、湖なんかは死を連想させる水。(静)
川や小川、湧き水なんかは生を連想させる水。(動)
水の動静で生死を感じ取ってるような気がする。

2011/07/28 14:48  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんで靴を脱ぐのかって、単純に考えれば「床に座って床で寝るから」でいいんじゃないのかね。
2011/07/28 03:15  | URL | 名無し返しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
家の中でも靴履きだとしても、外履きと上履きの使い分けする文化もあるよね。
ドイツのスリッパとかがそうだよね。
日本の学校の上履きに履き替える文化ってドイツあたりから来たってことかな。
体育館シューズとかよくわからないけどね,上履きのままでいいじゃん。あ、うちの高校の上履きはサンダルだからだったからだったわ。
ボウリングのシューズも謎。どうせなら安全靴に。
2011/07/28 02:55  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>435
てか宗教というのはもともと「生活の知恵」を伝えていく
という側面もあるんだよね
日本は湿度が高いから体や物を清潔に保つことが、
健康面から必要だった。
2011/07/27 19:27  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/324-cb219f6a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。