2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海外進出する日本流の学校制服(part50スレ)
- 2011/07/18(Mon) -
766 :日出づる処の名無し:2005/10/20(木) 23:30:35 ID:tE3VEew7
日本のハイブリット技術がウリナラ起源となる第一歩か?
ほんと~に、特許というものを理解してない劣等民族ですね
(※リンク先消滅)

776 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 13:40:16 ID:oDAuLj/P
>>766
特許は技術を独占する権利じゃないぞ。
本当に技術を独占したい場合は、特許は取らない、
特許を取ると技術仕様を公開する義務が生じるからな。
特許は訴える為の権利だぞ。

780 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 18:59:48 ID:7FqNjGZz
>>776
> 特許は技術を独占する権利じゃないぞ

いや、独占する権利だろ。

> 特許は訴える為の権利だぞ

権利がなきゃ訴えられないし・・・。

781 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 19:37:23 ID:l50WeQ9H
特許は独占しないための制度だよ。
だから軍事技術なんかは特許を取らずに非公開にする。

782 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 19:57:12 ID:UGx5SxpM
>>781
特許は「利益」を独占させる代わりに「知識」を公開させる制度だと思っていたが

783 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 20:09:27 ID:7FqNjGZz
>>781
そもそも特許権は発明者を保護する目的で作られたものだよ。

784 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 20:26:58 ID:l50WeQ9H
>>782
あーそれは上手い表現だね。その通り。
少なくとも「技術を独占」というのは完全な間違い。

785 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 20:29:06 ID:xt75u1gG
産業の発達には秘密主義は良くない。
発明者に財産権を認めるかわりに
発明を広く公開すればそれから産業が
盛んになるだろうという趣旨だろ。

だから発明者の権利と公開の均衡が重要なのだ。
ガウンタッチさんは哀れだけど,特許ゴロは死ねと思う。

787 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 21:35:26 ID:oKEWQIhp
ケンタッキーフライドチキンのスパイスなんかも特許とっていないね。
秘伝じゃなけりゃ他の人間に真似されるからな。

788 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 21:48:18 ID:xt75u1gG
つーか,そういうのは特許の要件をそもそも満たさないと思う。

789 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 22:16:55 ID:c0kxSHls
特許をとる
メリット:20年の独占権
デメリット:技術を公開する必要がある→特許が切れたら他人に自由に使われる
                       
特許をとらない
メリット:技術を公開しなくていい
デメリット:機密保持がすごく大変。他人がたまたま同じ技術を開発してもなにも文句言えない。

790 :日出づる処の名無し:2005/10/21(金) 22:32:51 ID:qCEmkOBZ
特許って昔、専売特許って言われてなかった?

801 :日出づる処の名無し:2005/10/22(土) 00:06:58 ID:Ya8IURm/
技術の種類にもよるけど、特許を取得するのも命取りになる事があるよ。
例えば、中小企業が薬品とか化学物質とかの特許をとると、
公開された成分に、無害かつ不必要な成分を加えた物を大企業が売り出す。
中小企業は太刀打ちできず泣き寝入り。

**********

845 :日出づる処の名無し:2005/10/22(土) 22:41:26 ID:jDDc0TRV
Hi Hi Puffy Ami Yumi Showを見た。
字幕が出るわけでもなく普通に
「ほんまおおきに~」とか日本語が混じってて笑った。

これ見て育ったアメリカの幼女が
10年か20年後にまた第二・第三のジャポニズムの波を起こすのかなぁ?

846 :日出づる処の名無し:2005/10/22(土) 23:36:50 ID:i9X+7k2d
ラーメンといい、日本文化って「感染力」強いよな。
アメリカ文明と双璧を成すって感じだ。司馬遼流で云えば、
普遍性を持った文化ってのは「文明」と呼んでいいはずなんだが、
日本の場合はやはり「文化」の方がピッタリ来るな。何故か。
トインビーさんは区分けとして「文明」と呼んだみたいだけど。

847 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 00:21:29 ID:63xoDHev
>>846
世界第2位(今は3位?)の経済規模をもっている以上、文化も発達するさ。
それが続けば文明にもなるさ。
既に”日本文明”になりつつあると思うね。

848 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 00:36:18 ID:Js6+NdU7
一応言っとくけど、”日本文明”はすでにいわれて久しいけどね。

ハンチントンらによると日本文明は一国、一民族、一宗教で一文明を成した
非常に奇特な例だそうだ。

849 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 01:16:18 ID:DiqIGj/d
>>848
日本文明の起源はウ(ry

850 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 01:23:26 ID:2EgX9EpQ
百年ちょっと前にも
ジャポニスム(日本趣味)シノワズリー(中国趣味)
なんて言葉が生まれる程、魅力あるもんな。
すげーよ。

856 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 02:35:03 ID:Js6+NdU7
ふと気付いたのだが、もしかして>>849は、、

“文明の衝突”のハンチントンと、“神々の世界”のハンコックを勘違いしてないか?

前者の唱える日本文明と、後者が主張する超古代日本文明は全然別ものだぞ。

857 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 02:40:18 ID:63xoDHev
>>856
そんなの貴方だけッスよ。>>849は全然そんな事書いてないじゃん。

「ジャパネスク(日本趣味 ≒ 和風?)」ってのもあるよな。

858 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 02:45:31 ID:Xpy3kc36
>>856
もしかしてアンカー間違えたのか?

859 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 02:56:25 ID:Js6+NdU7
いや>>849は起源なんて書いてるから、なんかおかしいと思って。
ハンチントンはただ、
現代に至る日本を一つの文明として区分することを提案したんだよ。
起源は中華文明から分化したものとされている。これが日本文明ね。

860 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 03:04:34 ID:nHnymfQM
中国もすごいけど、
中国文化に多大な影響を与えたインドもすごいな。
ただ現在の中国は中の人がいれかわっちゃってて残念。

861 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 03:58:31 ID:uDbyzj6x
共産党崩壊がマルちゃんして欲しいな。

862 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 04:04:09 ID:gIRaprEv
>>859
あなたあまり極東馴れしてない人だね。
「〇〇(日本関係のモノ)の起源は」ときたら
「韓国・朝鮮半島・ウリナラ」と続くのがお決まりなのさ。
この手のスレになるとよく見られる書き込みなんだが、
日本人の釣りだったり、アチラ国籍の人の
本気だったりいろいろするわけだけど、
>>849の場合はまあ、お遊びで入れた合いの手だね。

863 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 04:13:31 ID:RBtfMDkt
ネタにマジレスが極東クオリティ
>>856は良い板住人になるだろう

864 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 04:36:55 ID:vUbVmbWN
>>862
中華な工作員には我慢できなかったんじゃね

865 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 05:45:47 ID:CCQxEPjH
最近は数字板にまで来るからなぁ…>中華的工作員

866 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 06:30:53 ID:A5wgPe/3
>865
しかもスルー出来ない住人('A`)

868 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 07:48:10 ID:fWfXXgnS
短期的にみれば日本が独自の文明であることは間違いないが
単独国しかない文明では「文明圏」とはいえない。
一歩まちがえればどこの文明にも属さないただのヘンな国に
いつでも転落する虞れがある。
そんなことに気をつかいながら生きる事が幸せなのか?

日本は独自の文明の一つというよりも、もっとすごい何かなような気がする。
北方文化とシナ文化と南方文化の交差点にあって
世界でも特殊な境界領域だったんじゃないか?

869 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 08:11:46 ID:Iau8saCv
>>868
ハンチントンの本をちゃんと読んでから発言した方がいいのでは。

871 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 08:37:52 ID:exOqNWnw
>>868
少なくとも「文明の衝突」における定義では、文明とは他と区別し得る
最も大きな文化圏であって、ヨーロッパのように多数の国家からなるものや
日本のように単独国家だけで形成しているものがある。もちろん時代によって変化するが。
だからどこの文明にも属さないヘンな国でも一つの文明として数えられる。

と、流し読みしただけの人間が言ってみる

872 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 12:22:35 ID:p5gH6Aiw
シヴィライゼーションでも立派に11代文明のひとつに数えられてたな。
ズールーとかはじめて聞く名前があって
最初ははぁ?とかって思ったけどw

873 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 12:46:08 ID:oJ5627l/
でもハンチントンは、いずれ日本文明は
中国に吸収されると見てなかったか

874 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 12:58:29 ID:K53GmKCk
今までを見る限り吸収されるわけは無かったのだがな。
今後は解らん。インターネットの普及がすべての文明を一つにするような気がする。
(文明としては)脆弱な日本文明は一番最初に吸収されるかもな。

875 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 13:01:41 ID:GC72npQq

     大清国属

877 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 15:42:20 ID:VU6zFOpy
日本文明なんて元から無いだろぅよ。
あくまでも中華文明の一派に過ぎん。

878 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 15:46:18 ID:eFQQvxCc
>>877
何をおいて「文明」とくくるかで、人それぞれ概念のズレが生じそうだな。

漏れは「漢字文化圏」ではあるが「中華文明」だとは思わん。
シナからしたら、自分の目の届く範囲が「中華」の内なのかもしれんが。

879 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 15:48:40 ID:GacGgiEJ
>>877が次に書き込むときはIDが変わってるとみた。

880 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 15:53:56 ID:VU6zFOpy
やは。ノシ

881 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:17:03 ID:PSCb+dDY
日本は米国に吸収されるよ・・・ていうか
「日本がアメリカの51番目の州になったら」という本が出てるな。

読んでみると判るが、米国にとって領土・市場・資本・文化・技術
全ての面で美味しい合併であり、米国はダントツで世界最強になる。

しかし、日本民族は、その超最強国家の新米国で3割超を占める、
教育が高くて、裕福で民度が高く、一致団結できる一大集団になるので、
実は日本民族にとってさらに美味しい合併になる可能性があるそうな。

北方領土も歴史問題も速攻で解決するしな。
ついでに在日韓国人を放り出してくれるなら、俺は大賛成だよ。

882 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:19:23 ID:GacGgiEJ
>>881
>ついでに在日韓国人を放り出してくれるなら、俺は大賛成だよ。
今以上に朝鮮人が増えると思う。

883 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:36:53 ID:6JE4siEk
>>881
当然天皇陛下は合衆国皇帝になるんだよな?
じゃなきゃ話にならんぞ

884 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:39:16 ID:oyEQ0zaD
日本にとって美味しいわけないだろw真性?w

885 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:53:01 ID:fIzhEtrZ
>>881
あほかw

886 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:53:10 ID:vx+zs17X
何か奴隷根性丸出しだなーw

887 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 16:59:01 ID:C7d0YsYB
日本との併合を維持して、その日本で力を持つニダーってか。
似てる。

926 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 13:22:52 ID:pijl+9GL
>>881-884
それを回避したのはアメリカ自身だったりする。
単独民族では日本人比率がドイツ系イギリス系をぶっちぎってバランスがえらい事になってしまうし、
白人全体としてカウントしても過半数を取れなくなってしまいかねなかったから。

そんな、国が崩壊しかねない博打を平気でやる国は当時日本くらいしか。

888 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 17:14:28 ID:bBaTcK+x
小泉の靖国参拝は、アメリカの内諾を得て、日-中、日-韓関係の
悪化を引き起こし、東アジア統一経済圏の確立を邪魔するために行われている。

いっぽう、中国、韓国での反日運動も、アメリカが操っている。
天安門の首謀者が反日デモをしているのはそのためだ。

日-中、日-韓関係の悪化を引き起こし、東アジア統一経済圏の
確立を邪魔することこそが、現在、この地域からパージされつつある
アメリカにとっての「国益」だからだ。

889 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 17:27:50 ID:GacGgiEJ
東アジア統一経済圏を確立することが日本にとって国益かどうかという問題があるのだが。

891 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 17:41:41 ID:qNUIOIzn
>>874
吸収されたあげく、妙に存在感のある隠し味になりそうだ。

それじゃ隠れてないって。

894 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 18:21:45 ID:Qmx+duFm
>>873
うろ覚えだが、日本文明が中国に吸収されるというよりも、
日本はアメリカを離れ、やがて巨大化する中国側に付く、
と書いてあったような気がする。
結局は同じ人種同士で結束するような感じだったような。

半珍惇は分かってね―な。
中国と日本は民族が完全に違うのだけどな。

896 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 18:52:10 ID:y5YcJcRB
中国って、意外に起源フェチってのか、
中国で生まれたもの、日本で生まれたもの、
中国で生まれて日本に伝わって別のものに発展したものとか分かれている。

910 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 21:59:15 ID:heLfAuM4
日本は国自体が文明そのものであって、中国は国のふりした文明だっけ?
それはともかくとして日本自体についてはそれ程知日派では無い印象だった>ハンチントン

911 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 22:39:25 ID:jl+BVH3a
ハンチントンの「日本文明」で思い出したんだけど、
首里城とか「ねぶた」とかって、中華の影響を受けてるけど、
中国人が見たら「これは違う」と思うんじゃないかな。

日本は文化圏として、中華に隷属しているわけでもないし、
他の文化圏から全く孤立しているわけでもない、ということを
うまく説明する方法はないものか…

912 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 23:04:21 ID:ilnUUQh1
ねぶた・・・ええい1あのくそいまいましいウリ(ry

913 :日出づる処の名無し:2005/10/23(日) 23:13:42 ID:at0MK12Z
ウリンガ?

**********

932 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 17:12:15 ID:dF+aMNbS
タイの高校で日本のセーラー服が人気

マンガブームに見られるように今や文化面でも輸出大国となった日本ですが、
こんな意外なところにも日本文化が進出しています。
セーラー服を着て登校する高校生たち、日本ならどこでも目にする見慣れた光景ですが、
ひとつだけ違うところがあります。ここはタイのバンコク。
セーラー服に身を包んでいるのはいずれもタイの女子高生なのです。(後略)
(※リンク先消滅)

933 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:21:09 ID:k4+J24Lp
制服で登校する国って世界にどれくらいあるのかな。
もしかして日本だけ?

934 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:38:44 ID:hO4LWo73
>>933
>制服で登校する国って世界にどれくらいあるのかな。

どれくらいかは分からないけど、タイがそうだよ。
アメリカとかにだってあるだろうし。

935 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:43:40 ID:NthnEa8I
>>933
ヨーロッパの寄宿者学校って今も制服かなぁ。

936 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:44:23 ID:kOHXdLoL
>>933
イギリスは結構制服の学校多いイメージがあるけど
実際どうなんだろ。

937 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:50:19 ID:oWAvoZCO
制服もそうだけど、日本は「型」を重視しつつ、そこから逸脱するスタイルも許容する。
型は伝統を生み、次の新しい伝統の揺籃ともなる。

938 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 20:00:26 ID:T2ipLdJd
アメリカにも制服あるよ。
アメリカも有名私立校とか制服だったような。
(映画のセント・オブ・ウーマンとか)
ブリトニーのあのプロモ見る限りそこまですごい学校じゃなくても何校か制服あるのかも?

イギリスも旅行行った時見かけたのは小学校くらいの子達が同じトレーナー着ててかわいかった。
あれは公立っぽかったけど。
イギリス本家本元じゃないのかな寄宿学校とか制服とか。
他の欧州の学校ってどうなんだろう。

それと確かイギリスでコスプレみたく制服着てクラブ行くのがちょっとはやったニュースなかったっけ。
もちろんセーラー服じゃないけど。
結構仮装パーティーとか好きな国みたいだし。

939 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 20:19:15 ID:fwyDL7LN
アメリカは銃の乱射事件があってから制服にしたら犯罪が一気に減ったって
ニュースをどっかで見た希ガス

941 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 23:03:19 ID:ZG4lPAo1
アフリカは金持ち学校が制服らしい。

942 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 23:18:07 ID:7vtp1vle
アメリカで制服を導入した学校って
日本を見習ったんじゃなかったか

944 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 23:56:02 ID:ZPA+jZoX
金があるから制服なんてこと平気で出来るんだよな。
貧乏国で制服強要なんて出来ないよ。

945 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:06:46 ID:X7Fgm3mD
>>944
そこで国連の例の事件ですよ

946 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:07:39 ID:3182vHLN
けっこうアフリカでも都市だと制服の学校多い気がするんだが・・・

947 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:13:32 ID:Jl+ZqhYi
制服指定なしの学校でも日本だと
結局みんなどっかの制服着てくるらしいな

948 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:13:43 ID:p6XSc8qj
昔欧米の学校について調べたことがあるんだけど、結構制服のある学校は多かったよ。
日本みたく上から下まできっちりきまってるとこもあるけど(イートン校とかみたく)、
ドレスコードっていうの?
シャツは白、スカート・ズボンは紺、みたいな決め方してるとこものあった。
セレモニーや対外試合の時はジャケットとネクタイ着用とか。
イギリスの私立の学校のマントみたいなコートがかわいかったなー。

そもそも制服っていうのは、貧富の差や身分の区別を学校内に持ち込ませないためと聞いたので、
意外と多いかも。

949 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:14:04 ID:r0ejr8L2
制服とか標準服って
貧富の差を感じさせない役割も持ってるよ

950 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:15:49 ID:r0ejr8L2
>>948
最近ニュースで観たんだが、
制服きてたほうが集中力が高まるってことで
米の学校でも(伝統校じゃない)導入してるとこが多いらしい。

951 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:20:01 ID:vmQkfdg9
>>944
逆、逆、小(制服なし)→中・高(制服)→専門学校(制服なし)と歩んできたけど、
制服ありのほうが家計には断然優しいのですよ。
何故かと言うと制服は一通り揃えると数万と高く見えますが、
3年間(一番上を脱着するくらいで)季節関係なく同じ物を使うことを考えると逆に安上がりです。

もちろん転校なんかで ブレザー⇔学ラン とチェンジするとなると話しは別ですが。

952 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:32:40 ID:6KiXxHnu
>>951
>季節関係なく同じ物を使うことを
冬服と夏服の違いがあるわけだけれども・・・・

953 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:40:01 ID:hVStjRzZ
>>952
つっても大体はズボン・スカートは夏冬一緒で
上着脱いでシャツを半そでにするくらいじゃん?
今はどうなのか知らんけど。

954 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 01:00:12 ID:I2xvZcYS
>953
夏用スカートと冬用スカートがあったよ@昭和46年生まれ
上はブレザー脱いで半袖シャツになるだけだけど。

955 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 01:15:37 ID:D06T/hH9
もうずいぶん昔だけど、
うちの親戚の男(高校生)が転校したんだが、
それまでファッションなんかまったく興味なかったのに、
新しい学校では2日続けて同じ服で行くとバカにされる
みたいなとこで急に服を気にするようになった

956 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 01:21:22 ID:juaYyBm4
学ランってファッションとしても格好イイですぜ。

957 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 02:20:09 ID:wc3xXkP3
征服って絶対ぼってると思うわぁ。
あんな安っぽい素材を使っておいて7~8千円とかするし。

958 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 02:21:00 ID:wc3xXkP3
制服ね。7~8千円はズボンの話。

959 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 02:28:13 ID:Tn+rgcKQ
征服の核のボタンを
下級生達にねだられて
頭掻きながら逃げるのね
本当は嬉しいクセして

960 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 02:29:09 ID:nCjnVmgM
私服学校行ってたけど、服装についてはいつも頭痛かったなぁ。
自意識過剰満々の頃だから周りのチェックも厳しくて、服選びは切実な問題だった。
それなりに体裁保とうと思うと、毎日の事だからけっこうな出費になるんだよ。
今思えば激しくアホくさいが。

制服なら髪や小物に気を使う程度でサマになるからイイよ。
私服よりも確実に勉学に集中できると思う…。

961 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 03:17:14 ID:DDd0ygOM
>>960
うちの兄貴もそんな事を言ってた。
で、学ラン着てってた。

962 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 03:59:50 ID:BBvZoiDU
学ランはけっこう似合う似合わないがあるんだよ。
俺は似合わなくてダサくなるから嫌いだった。
その点、セーラー服など制服が似合わない女の子ってまずいないからイイヨな。
だれでも着ればかわいくなれる。

963 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 06:46:07 ID:Ue7VC2iv
メロン板に褐色肌の学ラン集団がアキバに現れたって前に書いてあったな。
この集団実はインド海軍の青年将校だったらすぅい

964 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 07:25:41 ID:DbWAFpXh
アメリカのスラム辺りの場合、制服は犯罪者と間違われない為
だと聞いたことがある。

965 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 09:01:46 ID:6KiXxHnu
>>962
>セーラー服など制服が似合わない女の子ってまずいないからイイヨな。
8割は似合うかな、2割は兵器として使える。

966 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 09:50:45 ID:FQwREscn
ベトナムは白のアオザイが制服って学校が多いね。
ブラのラインが透けてちょっとドキッとするんだけど
向こうではオシャレのひとつなので問題無いらしい。

967 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 09:54:47 ID:lgQ5buf5
ブレザーのほうが似合うに会わないの差が激しいと思う。
ガリガリが着てると本当にかわいそうな感じ。

968 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 10:01:38 ID:uqNQH4l9
ちょっと前だが、ベトナムで女子高生たちにアオザイの下に
下着を着けないのが流行して大問題になってる、というニュースがあったな。
雨季にずぶ濡れになったおにゃの娘なんか透け透けになるんじゃないか?

ところで、ベトナムの雨季入りはいつからだ?

969 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 11:16:53 ID:r0ejr8L2
漏れが通ってた高校は

セーラー式ブラウス(女子だけ) ネクタイ ズボン(スカート)
白ブラウス、ニットベスト、ニットセーター、
ベスト、ブレザー、コートがあって
これを組み合わせてたんで、一見みんなバラバラだけどトーンは統一。

幼稚園のときは
ベレー帽から靴下までびっちり決められてたなー…
  
970 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 11:43:12 ID:2TSNb2kB
>>957
ユニクロじゃああるまいし、普通礼服として使える代物でそんな安い服のが少ないよ。
生地が安かろうとね。
それに一定の時期に少量発注、ある程度丈夫な生地ときたらそれだけかかるだろ。

973 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 14:22:29 ID:DDd0ygOM
>>967
>ガリガリが着てると本当にかわいそうな感じ。
胸が痛(´・ω・) ス

974 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 14:31:08 ID:C4cpM4wL
服って殆どの場合ガリガリ君の方が似合うと思うよ
まぁ肩幅とか胴回りをきちんと仕立ててないブレザーなんかを着ると貧相さが際立つかもしれんが

975 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 15:51:31 ID:lgQ5buf5
>服って殆どの場合ガリガリ君の方が似合うと思うよ

これが本当なら欧米人より東洋人のほうが洋服に会うはず。

976 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 15:54:18 ID:SOWzXTtj
モンゴロイドよりコーカソイドの方が、
コーカソイドよりニグロイドの方が体脂肪は少ないですが何か?

977 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 16:06:29 ID:lgQ5buf5
>>976
で、君の目にはモンゴロイドよりコーカソイドやニグロイドの方がガリガリに見えるんですか?

978 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 16:31:59 ID:ZxQNqcPa
痩せてるのとはちがうけど、なで肩だとブレザーが似合わないというのはわかる。
肩パットが多少入っていても肩が落ちた感じになるんだな。

983 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 21:13:19 ID:8jtdizR5
ベトナムのアオザイも独特だな。
ただし韓国のチマチョゴリの制服は・・・・
大正女学生のがはるかにまし。

984 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 21:24:50 ID:hVStjRzZ
>>983
「まし」という言い方が失礼だ。
女学生の袴にブーツはムチャクチャ「萌え」の対象だぞ。
比べるまでもない。

985 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 21:27:37 ID:ZxQNqcPa
確かに“まし”とは聞き捨てならんw
大正女学生の袴姿はあれもまた日本の制服のひとつのステイタスではないか。
卒業式では定番だし、海外でもサクラ大戦その他アニメを通じて有名なスタイルだ。

986 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 21:55:01 ID:8jtdizR5
スマソ。

987 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 22:13:50 ID:hVStjRzZ
いやこっちも言い方がきつくはなかったかと反省している
スマソ

988 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 22:28:11 ID:7r63NKa1
制服にセーラー服を採用する学校の次に流行るのは、
女子もガクランを選択できる学校ですよ。

989 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 22:29:15 ID:e3/xKQ/z
それはねえな。あっても速攻廃れる

990 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 22:40:39 ID:lj+9Mneo
袴とブーツの相性の良さの前では、何者も敵わない。

991 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 22:59:11 ID:meFAIenN
どうでもいいわ。

992 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 23:01:45 ID:pTeluruY
中学校の体育祭に行ったら、
女子が学ラン着て、応援合戦やってた(チアはなし)

993 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 23:06:50 ID:xNsWFSpO
女子中学生に学ランは俺のメガヒット

995 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 23:15:23 ID:hbrAuUUR
女の子の学ランって、なんか倒錯的な魅力を感じるよな

996 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 23:16:38 ID:vlrQmFbg
>>992-993
「学生時代の一時の気の迷い」
つか
それぐらいの年頃だと、そんなもんらすぃ
この記事のURL | ジャポニスム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<残酷な食べ物(part51スレ) | メイン | 「世界が尊敬する日本人100」は妥当な人選か(part50スレ)>>
コメント
-  -
担任が制服の便利さを力説してたなぁ

●冠婚葬祭、これひとつでOK
●天皇陛下やエリザベス女王陛下の前でも全く問題なし
●そんなに高くない
●制服で隠れる「個性」など、んなもんはどーでもいい個性
2011/08/05 18:16  | URL | (´・ω・`) #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
貧乏だからこそ制服が欲しい。
学校に行くときに着るもの、履くもので家の経済状態が分かってしまうみじめさとか、着ていく服がなくて学校に行けない辛さとかがぴんとこないくらい日本は豊かになったんだなあ。
2011/08/03 11:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
制服はかなりキッチリ作られてるよ。安物を使ってたりはしないはず。その証拠に3年間着られるわけだし。

うちの中学では制服バザーというのがあって、卒業した学生の制服を新1年生が譲ってもらう形だった。(新品がいい人は買っていた)
実際譲ってもらった制服を3年間着たけどずっときれいなまま使えたよ。経済的にも嬉しい。
2011/08/02 04:19  | URL | #vQU5PwVA[ 編集] |  ▲ top

-  -
>2011/07/19 19:22

何か「日本女性のお洒落な重ね着がパっ子に好評!」ってテレビが言ってた時に、
盛んにネット報道各社が
「西洋人は体型が完璧で単純な服装で格好が決まっちゃう!
 だから日本のように悪い体型を隠すという発想が今まで無かったんです!
 日本の重ね着は珍しくて目を引きます!
 日本が得意の『難隠し』が巧を奏していますね!!!」
って発狂してたのを思い出した
2011/07/21 02:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ホント、学生服はオールマイティーさがいいんだよ。
大学に入った途端に、冠婚葬祭にあう服をそろえないといけなくなった時、心の底からそう思った。別にダークスーツでもいいんだけど、そうはいってもなあ、やはり場に合わせた恰好は必須だからな。
2011/07/19 20:28  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
基本的に西欧人や黒人は洋服が似合うんだよね
コーディネートなんか考えなくとも、
適当にパンツルックにTシャツ着てれば、何でもさまになってしまう

だから、制服だと服を選ばなくて助かる、
みたいなメリットが、あちらではあんまりないんだろうな
2011/07/19 19:22  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
944 :日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 23:56:02 ID:ZPA+jZoX
金があるから制服なんてこと平気で出来るんだよな。
貧乏国で制服強要なんて出来ないよ。

945 :日出づる処の名無し:2005/10/25(火) 00:06:46 ID:X7Fgm3mD
>>944
そこで国連の例の事件ですよ

高校生がたしなめられたってやつの事ならデマだよ
2011/07/19 17:33  | URL | #zT9WZZGs[ 編集] |  ▲ top

-  -
学生服は冠婚葬祭でも通用するから
ほんと助かるのよね。
2011/07/18 23:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/321-45b7b90a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。