2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
紫式部は腐女子?(part50スレ)
- 2011/07/12(Tue) -
282 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 19:46:33 ID:Qre9U8t3
いい悪いはともかくとして。
流派ってのは有効な型が変化しないための保存方法だよな。
進歩なら新しい流派として生まれるんだから問題ないし。
そこから良いのが残って、効率悪かったり賛同者が少なかったりするのが消える。

292 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:18:41 ID:RwsSviRA
>282
日本の火縄銃は幕末には世界一の水準にまで登りつめた。
でも欧米じゃ先込め式はとっくに姿を消し元込め式に変わり
機関銃まで実用化されていた。
日本の火器は進化の袋小路にはいっちゃたんだな。
これは流派が悪いほうに働いた例だと思う。

進化の袋小路といえはアンモナイトって知ってる?
普通は巻貝の形をしているんだが日本では変な
進化を遂げ蛇がのた打ち回っているような異様な姿の奴が多数出土する。
日本古生物学会のマークにもなっている。
(※リンク先消滅)
太古の昔から変な磁場があるのかもしれんな(w

293 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:23:23 ID:yROE9DTK
>>292
待て、もしかして変異アンモナイトって
日本のまわりにしかいなかったのか?

294 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:27:30 ID:6uc/nrgo
>>292 ニッポニテスは、複雑に見えるが不規則ではない。
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1995collection2/tenji_nantai1_19.html

アンモナイト全体が滅んでしまったので「進化の袋小路」というのだろうが、
それは結果論に過ぎない。進化そのものが偶然の結果なのだ。

295 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:27:36 ID:w5qdc5WZ
>>292
実戦で鍛えられないから、技術の革新が起きないで、究極化しちゃうんだな。
あの異常巻きアンモナイトは、生物としてなんか間違ってるような気がする。
まるで日本のサヨクのようだ。

296 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:30:59 ID:RwsSviRA
>293
学名にnipponites ってついているぐらいだし。
日本固有種ということで日本古生物学会のマークに選ばれたと昔聞いたのだが…

297 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:32:25 ID:walbNxTR
どう見ても野グソにしか見えないな・・・

298 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:32:37 ID:s8PDRCdA
サザエのトゲと一緒で日本海の荒波に耐えるためには
複雑な形じゃないと生き残れなかっただけでは。
つーか、当時日本海とかあったのかどうか知らんけど。

299 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:37:51 ID:haMvEeVx
>>292
日本人は合理化の能力は低い方だと思う
代わりに最適化の能力はダントツだけどおかげで手段が目的化しがち
火縄銃も人を殺傷するために作ってることを忘れちゃったんだろうな

300 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:41:35 ID:hwMsvJOg
蒸気や機械の力を借りずに最高レベルのシステムにまで練り上げたのが江戸時代

301 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:52:20 ID:IftrSLhe
いろいろ技術開発が規制されてたからだろ。
グライダー作って空飛んだら逮捕された時代だ。

302 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:57:44 ID:n3mZ8Iwn
>>301
船もそうだね。
外洋船は禁止されてた。

キリスト教布教に伴う欧米諸国による侵略(植民地化)を防ぐために
外国人の入国制限、日本人の出国制限はあの時代止むを得なかったと思うが
貿易政策の転換を行っていたら
蒸気船を製造するのも早かったのではと思う。

303 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 21:59:27 ID:RwsSviRA
>294
ニッポニテスって結構広い範囲で見つかっているんだ
ありが㌧。勉強になったよ。でもそのページ書いてあること
半分も理解できない… orz

304 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 22:03:30 ID:l5ZDWMhD
スループ程度なら洋式帆船の運用を許してたら後世違った世の中になったろうね。
大船禁止令には引っ掛かからないでしょ? スループ程度の大きさなら

305 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 22:18:49 ID:sDaRAF+U
>>302
田沼意次のとき鎖国を解いて外国の技術導入しようって話しもあったとか。
もしそのときだったら蒸気機関が発明される頃だったので、日本が日本のまま
近代化してた可能性が高い。薩長の糞侍に日本を壊されなくて済んだのに(ノД`)

308 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 22:51:44 ID:JKHORim+
海外の情報を得ていながら、海禁政策を改める時期を見誤ったのが惜しかったな。

313 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 23:12:19 ID:RwsSviRA
>305
吉宗の代にも蘭学禁制が緩くなりましたが、緩くなっただけ。
やはり「家康の遺訓」というドグマから逃れらなったですね。
薩長のよるぶっ壊しは必要だったと思います。
日本はずっとそうやって袋小路から抜け出してきたんですから
大化の改新、鎌倉・室町・江戸幕府と新しい時代の前には
必ず打っ壊屋がいます。でうまく整地された処にちゃっかり座った奴が新しい時代を作って行きますな。
尊王派だって土佐・水戸・佐賀といたはずなのにおいしいとこは
薩長に攫われてしまいました。

314 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 23:57:49 ID:gA/2i3ZS
水戸は哀れだが,佐賀はうまくやった方だと思うぞ。

316 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 00:18:10 ID:H3LBAyDA
>314
一応、佐賀藩士の末裔なのですが
恨み節を聞かされていたもので…
まあ不平士族として佐賀の乱に
加わったらしいので冷や飯食わされて
当然なんでしょうが。

321 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 01:22:09 ID:WMm9yxGL
>>302
>蒸気船を製造するのも早かったのではと思う。

だが、世界中で蒸気機関を見ただけで、まがりながらも
作り上げたのは日本人だけだったりする。
しかも、3つの藩がそれぞれ独自開発・・・。

この話、アメリカの史学者あたりには有名だそうなんだが
一般には全く知られてなかった為、敗戦後、日本メーカーの団体がアメリカに視察に来たとき、
機密も何も関係無しに見せまくった・・・のが、アメリカ産業界壊滅の遠因では、
とヤングレポートに書いてなかったっけ?

322 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 01:31:45 ID:blANZFEe
>>321 くわしく。

323 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 01:39:55 ID:avDV7IPL
家電の場合、もともと欧州勢に押されていたというのもあるけど
日本からの輸出攻勢で文字通り産業が消滅したわな。
そりゃ自動車・ハイテクで保護主義になるわって思た。

324 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 02:00:58 ID:fzl5aq9g
消滅したのか…凄いな

325 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 02:11:39 ID:m/QziIeL
>>323
保護政策のせいで、インプレッサがジャガー並みの値段になるから凄いよな。
もっと凄いのは、それでも買う奴がいるってことだが(笑

327 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 04:41:29 ID:kDsT3thh
>>323
消滅って、お前はGEの冷蔵庫とか見た事もない田舎者か?
フーバーの掃除機はどうだ?
ブラック&デッカーの電動工具は?
RCAやゼニスの高級AVシステムは?
もしかしてBOSEってメーカーがある事も知らないのか?

328 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 05:35:22 ID:avDV7IPL
>>327
君のような人が現れるのを寝ないで待ってたんだ。

…いかんぞ。ヴァイキングのレンジと
ワールプールの洗濯機が抜けてるではないか!!

それらは殆ど業務用の括りで凡そ「家電」のカテゴリーじゃないように思うよ。
専用品は堅実に生き残ってるけどニッチ化してるでしょ。
かつて日本が入り込んだ白物も最近はLGとかHaierが伸びてるんだけど,
これはアメリカに其処を拾う産業が無いということでもある。
日本でそれらがあんまり伸びてないのはその逆って事。

話が噛み合ってないのは…僕は総合家電で捉えていて
君が個々の製品で捉えてるというのが根底にあるんだろうがね。
森が無くなったと言ってるのに木が生えてるじゃないかって言われてもなぁ。

329 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 06:20:27 ID:+cWz6kaI
LGは買ったらダメ、すぐ壊れる。
以下参照のこと
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/kaden/1031938208/

330 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 06:33:06 ID:wSxciAMb
>>328
デロンギも仲間に入れてくれ。・゚・(ノД`)・゚・。
エスプレッソマッシーンの可愛さは異常だぞ(*´∀`*)
オイルヒーターも素敵マシーンだしな
って言っても、どっちも、日本ではカフェやホテル向けな気はする(´・ω・`)

331 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 08:20:19 ID:cMzFCPPW
今は、
安物…アジア製、
一般~高級品…アジア&日本製、
最高級品…日本&欧米製
ってイメージある。

332 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 08:31:33 ID:h1zpFD/8
高級品…アジア

例をだしてくれ、高級品からはアジア製なんぞ考えられん。
日本を抜きにして

333 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 08:42:19 ID:UrKo5+Kr
韓国&中国製は悪くないのもあるがせいぜい一般レベルだろうしなぁ。
高級に達するのもあるのか?
IBMだかを買った中国企業あたりかな?

334 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 08:42:25 ID:Ic0p5wfN
>>331
> 今は、安物…アジア製、



>最高級品…日本&欧米製

はわかるけど

>一般~高級品…アジア&日本製、

ってどういう意味?

335 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 09:33:05 ID:I2iLcpeU
>>327
関係ないが、BOSEとBOSSとを間違える奴は多いよな。

336 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 09:46:23 ID:cMzFCPPW
331だが。
スマソ、書き方が悪かった。
普通レベルの商品にもアジア製(主に中国製)があるって意味。アパレル商品とか。

安物~一般…アジア製、一般~高級品…日本製、最高級品…日本&欧米製

こう訂正して。

337 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 10:02:07 ID:cMzFCPPW
そういや以前「ガイアの夜明け」で、
日本のアパレル会社が、今まで日本でしか出来なかった男性用の高級シャツを
ベトナム人に作らせるというのをやってた。

アパレル品に関しては、べトナムと中国ならいずれ高級品を作れるだろう。
忍耐力もあるし。
それに飯が上手い国の人間は概して器用だと思う。

338 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 10:06:14 ID:Ic0p5wfN
トルコ人もフランス人も中国人も器用なイメージはないなあ

339 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 10:07:26 ID:Cu9XPatU
今こそ日本は、極安商品で輸出攻勢をかけるべきだと思ったりする。
車なんざ丈夫で燃費がよけりゃそれでいい、ぐらいの思想で。
採算の取れる価格性能ポイントと輸出先があるはず。

340 :名無しさん:2005/10/11(火) 11:27:31 ID:ZHiZ7RUs
それやったら今まで築き上げてきたメイドインジャパンブランドを潰すことになる。
それこそ今のソニー状態。
サムソン製品にソニーのロゴ付ければ高くても売れると踏んだがこの始末。

ベトナムは可能性あるが、中国その他は無理だろ。あくまで国民性の問題。
例えば農業。有機農業は人手と手間がかかるが、安全な食品ということで先進国に高く売れる。
人件費が安く人海戦術をとれる国では有機農業はビジネスとして成り立つはずだが実際は無理。
安全のために手間をかけるのに、彼らは絶対手抜きをするから。

341 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 14:05:17 ID:vwDsHrIY
>>339
賛成。
>>340
別ブランドで出せばいいのでは?ソニーではなくアイワ、トヨタではなく大発とかw
日本人くらい高品質にこだわる人はそう多くもないみたいだし、
チャチイけどとりあえず壊れないくらいの性能だったら韓国メーカー駆逐できそう。

342 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 14:08:52 ID:nS9UJsbg
>>341
しょせんそういう市場は大きくないんだよ。
サムスンの売上なんて10倍しても日本の電機メーカー大手9社
の合計にかなわないんだから。

344 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 14:22:18 ID:rc0191OR
>>339
そんなことをしたら、技術が無くても資金力のある方が勝つだけ。

345 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 14:31:20 ID:sDNoAZDm
扇風機は中国製になって価格が安くなったけど品質は悪いね。"微風"がすでに
強風だったり、始動が弱かったり。世の中は高品質より低価格か。

346 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 14:35:08 ID:ZHiZ7RUs
ああ、扇風機は実感したね。ホームセンターで買った1980円の安物。
微風が中風レベル。首振りにするとギシギシ五月蠅い。
リモコンなんかつける前に基本性能をまともにしろやと。

347 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 15:24:56 ID:YwR5IX7d
顧客の信頼や高い要求をこなして子や孫曾孫まで商売を続ける。コレがほんとのブランド。
明日の儲けよりも今日の小銭。信頼なんて価値がない。コレが厨国商売。

349 :日出づる処の名無し:2005/10/11(火) 16:15:56 ID:+sWhH2H+
アメリカじゃ、車産業も怪しくなって来てるな。
消滅はすまいが。
車は全ての工業のキモじゃないか。

***********

419 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 10:22:34 ID:MswhcpuV
女は男に比べて脳重量が低いため著しく知能が劣ります。
その証拠に人類社会が文明を築いてきた現在に至るまで、
女は全くと言っていいほど文化、科学、芸術、歴史において功績を残していません。
つまり、女は人間として知的能力が欠損した我が儘で自己主張の激しい
男にとって醜い寄生虫に過ぎないのです。
女には人間社会において子を産む以外の能力しか保持していませんので、
それのことを深く理解し謙虚な姿勢で男に尽くす心構えを持たなければなりません。

420 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 10:27:33 ID:ap0XMPIJ
ネアンデルタール人乙

422 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 12:58:47 ID:xwydfEX8
>>419
でも子を産み育てる行為にくらべたら
人間の生み出した文化なんてカスみたいなもんかもしれない。

432 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 15:44:35 ID:61I0RuJl
>>419
お母さんのこと、嫌いなの?(´・ω・`)

424 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 14:17:24 ID:sKzRfUoL
>419
つ 「源氏物語」
一条帝中宮上東門院彰子(藤原道長息女)に女房として仕えた紫式部が作者

425 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 14:34:39 ID:9+kRiCev
>>424
>>419の言う事に同意はしないが、
まれな例を持ち出して相手の言う事を否定するのは詭弁に類しないか?

426 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 14:38:07 ID:i3x75Al8
>>424
世界最古の恋愛小説らしいな>「源氏物語」

427 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 14:45:26 ID:QuxXc/Vc
源氏物語って恋愛小説なのか?
分類はポルノな気が・・・

428 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 15:15:33 ID:7snQZ/Ni
というか同人誌みたいなもんだな。
女房連中とキャーキャー妄想しながら書いたんじゃなかろうか。

430 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 15:28:01 ID:Wbx7/VPN
紫式部は日本初の腐女子だったわけか

431 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 15:44:12 ID:zRil5gEF
つまり腐女子は大昔からやることは変わってない、ということか

433 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 15:46:47 ID:BYMgUqWc
ホモあったっけ?

434 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 16:09:15 ID:8K+S5J0o
妊娠・出産以上に凄いことを自分ができるとは思えない

435 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 16:26:11 ID:bpSi3PJn
>>434
感動することができるのはもっとすごいよ。

436 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 17:45:06 ID:MgcaV2zh
そういえばむかし姉貴がどこで仕入れたのか女の脳は男より軽いそうだ、
それって馬鹿ってことか?と親に問いただして困らせてたの思い出すw
それを聞いた中学生の俺が、
象やクジラの脳は人間の数倍の重量を持つ。脳の重さと知能はかんけーないと
思いっきし姉を馬鹿にしていたのも思い出したw

437 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 18:16:06 ID:8ACkd5WC
>436
体格と関係あるのは間違いないけど。
更に言うなら頭部のでかさね。

438 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 19:02:31 ID:VWF+NHJc
いくらなんでも紫式部が腐女子って事は無いと思うんだが

439 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 19:16:57 ID:f2GGoKAP
これが極東のマジレスクオリティ

440 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 19:25:17 ID:efb348U8
>>438
最新の学説によると、
適齢期を過ぎても嫁に行かず、同人誌を自費出版していたことで、分かっています。
専属の挿絵描き、これも筆致から、同僚の腐女子であることが分かります。
チョッパリが、誇らしいですね。 、サ、サ、サ
http://www.fben.jp/bookcolumn/archives/2005/09/post_852.html

441 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 19:28:35 ID:3PdTM1ed
>>438
日本における腐女子の模倣子は、紫式部を源流としていることでわかっています。(ウソ

442 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 19:47:18 ID:ewCqWr1q
太古からオタクが日本の文化を支えてたのかw

445 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:16:01 ID:7P98NuhI
江戸時代にはその源氏物語のエロパロ同人誌まで発行されたしなw
大奥の腐女子に大人気w

446 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:23:20 ID:8ACkd5WC
>>445
フォモで?

463 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 21:21:38 ID:ap0XMPIJ
>>446
偽紫田舎源氏のことだとおも。
当時で一万部売れたらしい。

447 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:37:56 ID:0R2z9wTl
>>419
ひらがなとかって、平安時代の宮中の女官が作ったもんじゃないの?

448 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:41:29 ID:D2LhfQG7
ドイツでも女性の大統領が誕生したし、これから考えても男より女の方が優れてるのは明白。
日本でも、土井たか子や田嶋陽子、福島瑞穂といった
優れた代議士を輩出しているので疑う余地はないでしょうね(クスクス

449 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:43:20 ID:3PdTM1ed
選民思想?
ナチスか?

450 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:43:53 ID:HuiL43GE
田嶋って速攻で辞めてた気がするけど何やりたかったんだろう

451 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:44:40 ID:tGjWoQWE
>>448
>ドイツでも女性の大統領が誕生したし
女性の首相だよ。

452 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:48:07 ID:qHTMfr3h
優れた女性はたくさん居るとは思うが
「土井たか子や田嶋陽子、福島瑞穂といった優れた代議士」というのは有り得ない。
女性に対して失礼だよw

453 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:52:25 ID:pOyp44mb
>>447
なあ、ふと思ったんだけどもしかしてひらがなって腐女子文字?
丸文字とかギャル文字みたいな。

454 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:58:04 ID:HuiL43GE
ひらがな使った男は女じゃねえんだからひらがな使うなよプゲラッチみたいな扱いされたとか

455 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 20:59:00 ID:ZVI4oDl6
なんつうか漢文でエロ小説書かれてもいまいち萌えんよな。
ひらがなはあったほうがよいな。

456 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 21:01:18 ID:0uQKoKUR
「嗚呼、射精寸前」男悶絶。「口内発射可?」
「不可」女曰。「貴殿射精場所即我膣内」
女舌技停止。萎縮物即硬直、聳立。先端、先走汁有。
「騎乗可?」女訊。男頷了解。
女、硬直物添手、潤滑繁茂地帯誘導。
「嗚呼」女悶。「我膣内、巨大硬直物挿入完了」
女下半身躍動開始。一、二、三・・・
「嗚呼」男短声。「謝罪」
女呆然、運動停止。「貴殿既射精!?」
「汝舌技巧妙故。御免」
「最低!! 三擦半男!!」女絶叫。「亀頭鍛錬不足!! 貴殿包茎手術経験者!?」
「何故汝知其事実??」 男墓穴。
以後、男、性交時避妊具二重着用

457 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 21:04:30 ID:YEgrIkzL
>>456
ワラタw

458 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 21:08:37 ID:WEuM93G2
ハゲワロス

459 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 21:12:43 ID:ZVI4oDl6
>>456
漢字だけのエロはストレートだなw

460 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 21:17:30 ID:wroY6KM9
>>456
ワロタ w 天才だよ。

467 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 22:24:35 ID:cU2ECZn+
>>453 実際、「女手」と呼ばれて漢字より一段低く見られた。「女子供の文字」と…
それを逆手にとって女のふりして書いたのが、紀貫之「土佐日記」と。
なんとネカマも日本発祥w

468 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 22:35:22 ID:8ACkd5WC
>>467
そんな当たり前な事をわざわざ説明せねばならないジャポニスムスレ。

469 :日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 23:11:12 ID:KvYCVFk6
>440 つっこむようだが、紫式部が源氏を書き始めたのは
結婚してダンナが死んで、その後からだからな
一般教養として知っておいてくれ。
それから源氏を書いてる間は藤原道長の愛人だったという説もある
それにヤリマンの和泉式部がマブダチだったんだから、単なる同人女ではないぞ

472 :日出づる処の名無し:2005/10/13(木) 01:21:13 ID:b6BTiNAg
>469
やりマンてあーた、当時は通い婚の時代で男が夜這い
(語弊があるかなwww)を仕掛けてくる時代なんだから
モテテタということであって自分からイケイケなわけじゃないし・・・

源氏物語などを読んでみて、ふと疑問に思ったんだが
夜這いの際にバッティングしたりしなかったのだろーか?
まあ、侍女などでスケジュール調整してたとは思うけど。www

504 :日出づる処の名無し:2005/10/13(木) 14:20:58 ID:VzGJn2Li
>472 もちろん、そういう時代背景は承知の上で、複数の男と
やるのが当たり前の時代にあって、それでも和泉式部はヤリマンなんですw
「和泉式部」「ヤリマン」でぐぐってみ。
それでダメなら「和泉式部」「恋多き女」で。
紫式部も「あの子はちょっとヤリすぎ」とあきれている。

***********

658 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 21:10:42 ID:QX2C0RUQ
NHKで琵琶湖の話始まったよ。イタリアの何たら賞取った奴

659 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 21:33:47 ID:QV8ZJANa
しかしこの生活と一体化した文化はいつまで残るのだろう。

琵琶湖周辺に生息する野生のクマネズミの毛を使った蒔絵筆は断絶の危機にある。
クマネズミの捕獲を引き受けてきた漁師さんが
引退してしまったのも原因の一つだったと記憶しているのだが。

662 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 22:17:45 ID:HW+WZ6yb
琵琶湖の見た。録っときゃよかったorz
NHKだから再放送するよね?(´・ω・`)

しかしながらあれほどのもんはそう無いね。
これからもああいう風景が減っていくか、残っていくかは
今を生きる日本人の自然に対する価値観にかかっていると思うな。

自然と生きられる事が、いかに底知れぬ『安らぎ』である事を
これからの現代人は思い出せるのだろうか……。

663 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 22:21:18 ID:p0p7OLaz
>>662
http://www.nhk-ep.com/view/10926.html


676 :日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 06:54:31 ID:vDEujzNT
>>662
● 10月15日(土)放送の
「映像詩 里山 命めぐる水辺」
→【総合テレビ】にて
  10月18日(火)午前0:15~1:07(17日(月)深夜の放送です)

664 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 22:28:15 ID:hOO/2zAD
しかし、視点がミクロ過ぎるなあ。
もう少し周辺との水の循環を描いて欲しかった。

665 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 22:34:57 ID:OtvZnjDa
>659
蒔絵筆は残念ながら断絶したと言っていいんじゃないか?
材料がなければ手仕事の技は終わってしまう。
琵琶湖のネズミが筆に用いられたのは毛先が擦り切れていないから。
しかし護岸工事などの影響で毛先が痛んでいて使い物にならなくなった。
人工繊維での代替や中国産のネズミはどうかとかやっているが
どれもうまくいっていないという話。

666 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 22:37:22 ID:yA0ZAJPt
>>665
たしか微量ながら在庫があってそれをちょこちょこ使いながら作っていたはず。
まあ断絶の危機には変わりないけど。

668 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 23:26:09 ID:lXWFc49B
ネズミが必要ならネズミを養殖すれば良いんじゃないかな?

669 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 23:36:01 ID:OtvZnjDa
>668
ネズミの毛って先が凄く細いのよ。
電子顕微鏡でなけりゃ確認できないくらい。
ケージなんかで飼っても毛先が痛んでいて使い物ならない。
だから「自然環境で育ったネズミ」に拘っている訳。

670 :日出づる処の名無し:2005/10/15(土) 23:43:13 ID:OHrj8d50
>>668
蒔絵の細かいのは、その細いネズミの毛の先の透明な部分(水毛といわれる)、
それも先っちょにまとまった3本の毛だけで描かれる。

671 :日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 00:04:59 ID:4nUv57a6
なんかで読んだ蟲の腸を集めて編んだマフラーを思い出した・・・

673 :日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 01:33:54 ID:TDiIl7Yj
しかも意外に飼育が難しいみたいだしな。クマネズミ。
そこらのドブネズミと種類は同じだったよな。
まぁ、諦めずに専門家と養殖の手段を探るしかないとは思うが。
それが今までの日本人が取って来た道だし。

714 :日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 20:10:47 ID:WqvHNNll
>蒔絵筆

何度見直しても、萌絵筆と読んでしまう・・・

722 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 01:56:52 ID:ZYZp3+8M
>>676
番組を見た中国の指導部が水不足解消のため、日本侵略を決定した模様です。

725 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 06:23:17 ID:jONiG6ae
>>722
さすがに島国から水は引けないよ。
それなので奴らはヒマラヤという巨大な水源のあるチベット等を抑えようと躍起になってる。
バイカル湖も狙ってるみたいだけど、こちらはさすがに交渉だね。

でもNHKスペシャルでシルクロードとかやってるけど、
西夏とかあの砂漠に埋もれた文明もったいないねぇ。

726 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 07:37:51 ID:6iwcBhjz
三峡ダムがあの体たらくだから根本的に解決しないんじゃないのかな

727 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 10:27:36 ID:g/mJgzws
つーか、お人好しな日本の協力がなきゃ砂漠化だって止められんだろうにな。

728 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 12:01:53 ID:4UOpp81b
中国の砂漠化は数千年の灌漑による土壌の塩類化が原因だろね。
西アジアやエジプトが今砂漠になってるのもそのせい。
もはや人間の力でどうこうできる段階ではない。

729 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 13:10:53 ID:TkdjFSUb
穀物生産は水を使いすぎる。まず家畜に最初に穀物を食べさせるのは止めなければ。

730 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 13:49:50 ID:baE81blJ
>>727
中国の砂漠化を止めないと、日本もえらいことになります。
ていうか、もうなってる。

731 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 14:08:54 ID:7YGaIVsY
>>730
黄砂うざいよね。
コンタクトしてるから、目が痛くなる。

734 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 16:26:32 ID:9NPHuzXC
納豆樹脂で砂漠をかもそうぜ!

740 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 21:37:38 ID:O31qKeHU
>>728
韓国は雑草退治に塩撒けといってるぞw
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/12/20050112000007.html

741 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 22:51:25 ID:Y8WwOqwk
日本でも雑草退治に塩を撒くよ。
生活の知恵かな。
よく見かけるのが墓場。
そう毎日行けるような所でもないし、草枯らしとかの薬品撒くには抵抗がある場所だからね。

742 :日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 23:50:27 ID:7TIayjFy
>741
清めの塩ってかw

744 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 00:24:08 ID:c5jvhNBt
塩分は砂漠化の原因の一つだからな。
大量に摂取すれば人間でも死に至る物だし。

745 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 00:27:56 ID:DFEplRZn
我が町では金時人参の栽培で畑に海水撒いてる。もちろんちょっとだけだよ。

746 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 01:45:37 ID:ECN3NB/Y
塩まけば確かに雑草対策になるけど作物も育たなくなるよな。
塩害の地域みたいに絶えず水で塩分を塩湖に洗い流すみたいな方法で
農業しないと完全な砂漠化だなw

747 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 07:20:51 ID:GXbva3nm
塩は確実に土中に染み込むからね
それが蓄積されて今の砂漠化につながっている

748 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 07:50:34 ID:OtrWfYt8
今砂漠化著しいところは、岩塩の鉱脈があって地下水の塩分濃度が高いのだそうだ。

749 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 12:23:49 ID:TYEHWWbr
>>745
ただの塩水じゃ駄目なんでしょ?

750 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 14:56:40 ID:F2poFIni
井戸掘ると海水が出る東京でも緑は在るのに。

751 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 18:43:36 ID:RVYEIIT+
灌漑をくりかえすということは、地表を潤しては乾かすということを何度も繰り返してる
ことになる。これによって毛細管現象によって地中深くの塩分が地表に湧き出てくる。
これが塩害となる。
井戸を深く掘って塩水が出てきても、地表には塩分がないわけだから大丈夫。

752 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 19:07:10 ID:4gi1qnX7
塩害はいくつもの農耕文明を滅ぼしてるしなぁ。
日本はなんだかんだで大量に淡水が空から流れてくるから
ちょっとやそっとの塩なら大丈夫ってだけなんだろう。

753 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 20:37:07 ID:HeNRmpc3
確か台湾にダム作った時、
農地の塩害を防ぐため水路を二本、給水用と排水用を作ったと聞いた。
一度使った水は捨てるシステムで、今もきちんと使われているらしい。
場所にもよるだろうけど塩害は防げるんだよ。
しかし、やっぱ問題は水の量なのか。

755 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 23:35:50 ID:hFCHFHOB
地下の塩分が濃くて地上に上がってきても
それ以上の水分で流してしまえば大丈夫ってことか。

756 :日出づる処の名無し:2005/10/19(水) 00:56:06 ID:PWBLulP9
昔は海の中だった土地もたくさんあるからのう
この記事のURL | ジャポニスム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<「世界が尊敬する日本人100」は妥当な人選か(part50スレ) | メイン | 武道の流派と進化(part50スレ)>>
コメント
-  -
田嶋は馬鹿にしていたが、北朝鮮がらみの問題で社会党に「今までの話し全部ウソだったのか!」と怒鳴り込んで辞めたというのを聞いてから、少し見方が変わった。
2011/07/23 17:32  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ところで、オタクと萌え豚は違うのか?
よく分からん
2011/07/16 13:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
つか「腐女子」ってのは、やおい(男×男)が好きな女達が、
自虐を込めて自分たちのことをこう称したのが発端。
だから女オタを腐女子と呼ぶのは完全なる誤り。

その辺よくわかってない奴が間違って使って、
それを指摘されると「今は女オタの総称になってるんだ!」
と逆ギレして屁理屈こねるわけだ。
2011/07/14 21:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ノーマル好きの女オタが↓のような主張で怒ってるの何度かみたから、自分の中では腐女子は801好きと認識してたわ。
ググったら一義的には801嗜好の人で、場合によっては女オタの総称でもあるらしい。
女オタかというと確かに紫式部はそれっぽい雰囲気があるから、そう言えなくもないかなぁ
2011/07/14 21:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
腐女子は男同士の恋愛を好む女性のことですよ。
男女の恋愛を好むのはノマ者(ノーマル者)ですので、まったくの別物です。
2011/07/14 00:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>紫式部=腐女子は良く見る見解だけど、どの辺からきてる説なんだろう?

オタ=はまっている趣味のものを集めたり、それに関連するグッズを集めたり。
腐女子=はまっている趣味のものからエロ妄想爆発させる人たち。
これが前提で、

こんなカンジの超イケメンな皇子サマがいたとしてぇ~、
あーんなシチュエーションやこーんなシチュエーションでおにゃのことイヤンイヤンww
やだちょっと萌えるぅ~
っつーBL描いてるお姉ちゃんがたを思わせるようなノリで書いたんだよね?
という見解。(多分)
2011/07/13 23:46  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
当時の天皇の前で源氏物語奏上したんだよな…
今で言うとジャニオタ腐女子が元ネタのジャニの前で
自分の妄想ストーリーを肉声で述べさせられたに近い、んだおw

紫式部おつ!
2011/07/13 22:03  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
小君って空蝉の弟だっけ?姉ちゃんが思い通りにならないから代わりに的な話だったような…。うろ覚えでスミマセン。
紫式部=腐女子は良く見る見解だけど、どの辺からきてる説なんだろう?自分も違和感を感じるんだが。
女オタと腐女子はよく混同されてるからかな
2011/07/13 18:21  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
源氏は小君ともやってたな。
でもホモメインじゃないから紫式部は腐女子というより
ナマモノドリーム系同人女だな。
2011/07/13 00:52  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ネアンデルタール人の日本語があやしいw
基地外キリシタンか?
2011/07/12 18:15  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/319-4c025cea
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。