2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
赤信号でも道路を渡る?(part49スレ)
- 2011/06/27(Mon) -
576 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 09:23:32 ID:qxOU9R1y
外人が、日本人のわからないことの
ひとつとして、車がまったく来てないのに、
赤信号で待ってる歩行者というのがあった。
もちろんほめてるんじゃなく、なんでそんな無駄なことをというもの。

577 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 09:36:04 ID:wD8XZsY2
本当にそんな奴いるの?

578 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 09:47:23 ID:bxtxBu1o
国によっては車優先が激しくて、歩行者は車の列を縫うように横断してるとこもあるらしいね。
若い頃はそんなことも可能だろうが、年取ると大変だろうね。
動作が鈍くなって車との距離感も変わる。

579 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:09:48 ID:ALy1/AHl
>577
こどもが居たらそうしますが。
子どもは大人より視界が狭いから、自動車が来るかどうかの判断ができない。
だから、車が来ていないと思っても、原則どおり赤信号でとまった方がいい。
だけど大人が目の前で赤信号で渡ったら、子どもは混乱する。
だから、こどもの前では信号無視しない。例え、一台も車が通らなかったとしても。

580 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:19:18 ID:E7B0Ew3L
>579
えらい!

>577
あんたは関西の人か?

581 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:24:30 ID:7QHBJ1Qy
車のこない赤信号で、幼児連れが横断歩道の前で待っていると
廻りの大人は、渡りたいけど何か渡らないで
青になるまでガマンしてるよ~な風景を時々見る。

582 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:33:24 ID:wD8XZsY2
ああ、確かに子供がいる時は渡らんね
ただ子供が居ない状況の方が多いし
そういう状況で律儀に待ってる日本人なんて
あんまり居ないと思うけど

583 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:36:11 ID:4B3ewQRI
関西以外は皆信号を墨守してるのか

584 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:37:47 ID:bxtxBu1o
>>582
元発言の外国人がどういう光景を観たのかわからない以上、
あんまり詰められる話じゃないような希ガス。
律儀な人も中にはいるかもしれない。
発言者は、そういう光景を見て日本人すべてをわかった気になる人だったかもしれない。
どうだかわからん。

585 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:39:09 ID:KIZAChVK
だって、おてんとうさまが見てるから・・・

586 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 10:43:27 ID:SVG5FSfX
いや、こどもが居なくても一応そうしなさいよw

>>575
ちょっと上のレスで出てた、キリスト教的な思考とアジア的多神教の差が
バックボーンにあるんだろうね。
抽象的な絶対があるという前提で論理を組み立てていくキリスト神学は、
近代科学の生みの母みたいなとこあるから。
日本の神さまはどっちかと言うと現世利益中心で、
日本人はわりと目の前にあるものやすぐに結果が出るようなことしか信じない、
ある意味、プラグマティックなとこがある。

日本人が、目の前にある道具を工夫改良する技術や、
ややこしい実験を成功させて結果を出すようなことには強いけど
抽象的な理論を生み出すことには弱いのはそういうとこがあるかも。

587 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 11:39:39 ID:CHf0bKus
>>586
>日本の神さまはどっちかと言うと現世利益中心で

あんたは輪廻転生を意図的に無視してるのか?
輪廻を否定しているキリスト教の方が現世利益的だ。

588 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 11:40:14 ID:/RmDlml7
近代科学の合理主義が必ずしもプラスに働くとは限らない面もある。
仕事に極端に効率化を計れば、人手が要らなくなって職を失う人がでてくるし。
医学が発達して死亡率が下がれば、人口の急増で食糧不足等の問題が出てくる。

今みたいに他国との大規模な交流が出来なかった(輸送面の問題等)
時代にはそれらを解決する事は殆ど無理だと思う。

『木を見る西洋人、森を見る東洋人』って本が
西洋人と東洋人の思考パターンの違いを詳しく分析してんだけど。
それ読んで俺は、

西洋の主流の考え方は
理想(利益)追求による進歩主義。

東洋で主流の考え方は
目前の問題を解決し、社会の安定を図る現実主義。

と云う風に感じられた。
進歩を追及すると、既存の秩序を壊さなければならない。
かといって既存の秩序のままでは進歩は出来ない。

西洋と東洋の違いはそのどちらかを重視するかに違いがあると思う。

589 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 11:44:26 ID:E7B0Ew3L
>588
西洋と東洋って言うか
西洋と日本って感じですねw

590 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 13:54:38 ID:HdGJbdFa
>>579
えらいなぁ。「大人」として素敵。
ウチの親父なんか幼稚園児の漏れの前でも
赤信号渡ってやがったですよ。
漏れは母と2人で親父の行為を責めていたが。
(勿論、母とは青まで待った)

>>585
日本人が「宗教という規範が無いのに道徳を守る変人」w みたいに
外人に言われるのは、そこら辺の信仰が根っこにあるからだろうね。
あと、アニミズム関係有るのかな?
自身も見てるが、自身以外の周りの存在全てが自分を見てる、という。

591 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 14:16:57 ID:pj4O/Wz9
>>590
ばぁちゃんに言われたこと思い出した。
”誰も見ていなくても、お天道様が見てる。”

592 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 15:34:15 ID:XDiGuIQq
他人に嘘をつけても神様にうそはつけないってのは、それこそキリストの教えなんじゃないの?

593 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 15:41:54 ID:2P8gssQk
神様は懺悔すれば許してくれるんでねーかと。(w

594 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 16:04:00 ID:fYDb5OBg
善悪など、勝手に人間が決めていること。○には関係ありません。
それと、○の名をみだりに唱えてはなりません。書くのもいけません。

595 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 16:34:13 ID:HdGJbdFa
>>593
免罪符買うとかね。
西洋版「地獄の沙汰も金次第」w

596 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 17:18:16 ID:SVG5FSfX
>>587
だから「神さま」と一応書いたんだけど。。。
輪廻転生は仏様の方だからね。

597 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 17:22:05 ID:oQr3ZAQV
ヨーロッパでは殺人などを犯した後、
罪の意識に苛まれて自首する人が極めて稀だそうだが本当なのだろうか?
罪悪感からたまらず自首する人がいると警察はまず精神鑑定にかけるとか。
なんでも倫理は神と個人との契約で個人同士の契約じゃないから
日曜日に懺悔したら罪が消えるからだとか、本当なのか?
教えて偉い人!

598 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 18:57:36 ID:OkQ5SuxZ
>>597
風が吹いたとか、いつも笑わない婆さんが微笑んだとかで
勝手に「神が許したもうた」とか
摺り替えるからな。

599 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 19:03:01 ID:zNb5BUTe
>597 倫理は神と個人との契約で個人同士の契約じゃないから

キリスト教  神 →← 人間の契約  悪いやつはテテテキに最後まで悪い
仏教     仏 → 人間の慈悲   悪い奴でも救済の可能性大

このへんの違いが厳しさと優しさの違いになっているんでは?
オカルトや化け物映画を比較するとよく分かる

600 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 19:54:38 ID:Q7a3IeD4
言わなきゃ分からない文化ですから。
どこか生来的に鈍いんだろーな…

601 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 20:00:23 ID:CEZIGgcq
>>600
でもそれが世界の大半だから、日本は不利なんだよなぁ。
大陸なんか民族が生きるか死ぬかの世界だから。

ある意味平和な民族なんだよね。
都市国家に城壁がなかったのは日本だけと見ていいのかな。

602 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 20:06:00 ID:qa5hgaX5
>>601
京都に秀吉が築いた壁があるよ。
(※リンク先消滅)
そのうちいらなくなって撤去されちゃうけど。

603 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 20:44:33 ID:qxOU9R1y
>>602
天下統一後に作ったんだから、
想定した外敵というのは、国内じゃないな。

604 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 20:50:00 ID:M+ULzJQ4
亀だが、自分は横断歩道は青までまってますねぇ。
どうしてと言われると困るけど、なんか赤で渡るといけないことをしたなーと、
ちょっと感じるものがあったりなんかして。
それこそ、お天道様がみてるってことなんでしょうか。

もうすぐ十五夜ですね。
近くのコンビニでは「ご自由にどうぞ」ってススキがおいてありますよ。
お団子も買ってお月見でもしようかと思案中な自分がいますw

605 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 21:14:59 ID:apLA0Mx2
そういや日本でも天国(極楽)と地獄の概念あるよね。あの世の事を天国ってよく言うし。
その辺はやっぱりキリスト教から入ってきたの?

606 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 21:27:56 ID:SmXCGK8w
天国と地獄の概念は仏教だよ馬鹿者め
仏教の閻魔大王は何の為にいると思ってんだ?

608 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 21:34:17 ID:8lITzROO
>>605
臨死体験から同時発生じゃないかな?

609 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 21:39:43 ID:2G1B0quX
極楽浄土ってようするに清い世界なんだろうけど、
楽しいところとは断わってないよな(たしか)
もしかしてすごく窮屈で苦痛に満ちた世界の可能性だってあるんじゃね。
いや考えてみれば、キリスト教の天国だってきっと欲望を満たすこととは無縁の
ただまぶしいだけの死ぬほど退屈な場所だろうよ、きっと。
なんでみんなそんなとこに行きたがるんだろうな。

610 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 21:43:23 ID:8lITzROO
>>609
現世が地獄だからじゃね?
なんでって思うのは現代人だからだろう。

611 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 21:47:17 ID:GrkOi1AB
信号機の赤で渡らない話はトルシエの話じゃないか?

615 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 23:03:35 ID:psXtvj+C
宗教の問題はこの前井沢元彦の「逆説日本史」の信長編に結構詳しく書かれてたな。
何にせよ諸外国の徹底的に1神教を信じて
他勢力(イスラムとか)と血を血で争うその姿を見て、
「何でそこまで・・」と日本人が" 思える" ある意味大らかな感性は、
信長の貢献が大きいとか。

616 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 23:10:33 ID:XDiGuIQq
>>615
あの本、面白いけど、どうなのかな。

617 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 23:13:20 ID:2GQqjfmp
>>604
赤信号は束の間の一休み。

627 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 00:31:57 ID:IO9fBEgS
以前何かの本で、「人はこの世をどう捉えているか」というテーマで
・仏教徒はこの世の自分は仮の姿であの世で幸せになると思っている(極楽浄土)
・キリスト教徒はいつかは分からないがこの世は滅びると思っている(終末論)
・日本人はこの世はとりあえずダラダラと続いて行くものだと思っている
という話があった。
このように日本人は最も現実的かつ科学的な考え方をしていた、とあったな。

628 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 01:14:59 ID:ffL6xHPT
>>592
神は信号を守れとは言ってないだろう。
オリンピックのルールもころころ変えてくるのと
共通する考えか。

10年以上前だけど、町の中心の片側3車線の大通りで
両側に数十人が信号待ちしてた。
たまたま車の流れが途切れたら、むこう側にいた
背の高い白人のおっさんが当然のように横断し始めた。
5,6歩進んだところで自分以外、誰も渡ってないことに
気付きちょっとドギマギしているようだったが、
なにくわぬ顔で渡りきった。
他の人は信号が変わるまでずっと待っていた。
地方都市の話です。もちろん大阪ではありません。

629 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 01:18:48 ID:1hadvzqT
赤信号で車いなくても待つなあ
別に待っても1~2分のことだから
慌てるもんでもないかなと思ってる

遅刻しそうなときとかは別だけどw

630 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 01:41:20 ID:p0TjA38F
死後の世界なんて、
漠然としか考えて無いわなぁ。

つか、率直に言えば、
死んだらそれまでだと思うし。

ただ、人が死んでも世界は続くわけで、
問題になるのは、この世界だけ、っつーか。

634 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 08:36:35 ID:jtQA2huL
狭い路地でもう向こう側が目と鼻の先なのに、
何故か信号があるようなところは赤信号でも渡る。

637 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 11:47:48 ID:DrXeG5zp
歩いてる時は結構信号無視するな
オレは確認せずとびだして、ひかれるほど間抜けじゃねぇ
って感じでw

逆に車に乗ってる時は絶対無視しない
危ない

638 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 12:37:02 ID:UB/1Mf1c
車で信号無視する奴は極めて少数だろうな
事故ったら加害者になるしリスクが高すぎる

***********

885 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 02:08:54 ID:FHciruIk
和製シンドラーこと杉原千畝がドラマになるみたい。
(※リンク先消滅)

887 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 02:23:24 ID:BYjigNOb
>>885
昔、加藤剛がやってたけど新しくつくるのか。
いい加減オトポールの樋口&東條もドラマ化されんもんかねぇ

888 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 02:29:01 ID:pg9cn0Bi
救ったユダヤ人がパレスチナ人を殺しまくってるんだから世話ねーな

889 :中道左派 ◆o9lPGPzE5. :2005/09/27(火) 02:35:06 ID:7n76iI42
杉原千畝って政府の命令に逆らったので
外務省クビになったんだろ。
いわば非国民だな。

890 :↑:2005/09/27(火) 02:39:11 ID:7sBp+Es7
また捏造か。

891 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 03:13:15 ID:qWzWWSFB
>>889
仮に事実だとしても、外務省クビ⇒非国民
これがいかにもチョンらしい。
そういう人物こそ国士として日本では尊敬されるのだよ。

892 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 05:28:48 ID:W9sWx35h
確か反町が主演するんだよな。
リトアニアで現地ロケしたはず。エキストラ大勢呼んでたよ。
紹介番組みたいなのを一月ぐらい前に見た気がする…。

893 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 08:08:27 ID:eUXe5llf
なんかこういうのってドラマになると仰々しくなって白けるんだよな…
なんていうかドラマ的にキャラによらないで、俯瞰的に撮ってほしいんだけど
予告編見る限りダメっぽい。

894 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 09:03:11 ID:l/cJVg9b
まぁ朝鮮じゃ戦争になると支配者層は国民置いてトンズラ、何て日常茶飯事だったからな。
例えば朝鮮戦争で大統領がご高説ぶった後、ソウルから政府要人が退去した挙句、
避難民諸共に橋を爆破した「歴史上の事実」があるし、
それ以前だって「攻められたら南下」を繰り返してた訳だし。
だから>>889な発想しか出来ないんだろう。

ま、そんな事はさておき。

杉原千畝は人道的英雄で、当然それを世に広く知らしむべき事は確かなのだが、
いかんせん、ドラマにすると演出家が下手糞なのか知らんが、演出が仰々しくて
白ける事この上ない。
「落ち着いた演出」が出来ない限りは、正直駄目かも。

895 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 09:17:07 ID:Wlo6KZ/V
政府の命令に逆らって発行された筈のパスポートで日本に入国できた事の矛盾を
サヨクは理解してるのかね。

896 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 09:31:34 ID:l3dKO10r
杉原がその件を理由に外務省クビになったのは事実だよ。
ただ、戦後になってだけど。
非国民と呼ばれるような頃は、その後も各地の大使館で働いてる。

897 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 11:54:21 ID:aSJCa3j0
大日本帝国は千畝の違反をスルーしたのに、
アメリカ占領下日本がクビにしたのか。ひでえなw

でもこの件では無かった気が・・・
政府機関全般において
アメリカに都合良い人材への入れ替えがあったというように聞いたおぼえが。

898 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 12:18:13 ID:0O+So+uy
国が人として間違ったことをしようとしてるとき、
それに逆らっても人道的行為を貫くのはいつも愛国的な人物だね。
シンドラーも杉原も、それによってドイツ人や日本人の尊厳を守ったことになるのだから。
ところでサヨがこういった人道的救済をすることはめったにない。
こういう場合サヨというのは政府転覆とか要人暗殺とかそっちのほうへ動く。

899 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 12:23:44 ID:l/cJVg9b
>>898
サヨクの場合はむしろ 「弱者を出汁に援助要求」 ではないかと。
「他人のために自分は動かない」がデフォなんだし?

900 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 12:44:22 ID:XVVjtpjo
>>887
> 昔、加藤剛がやってたけど新しくつくるのか。

あれ見て加藤剛の加齢を実感して泣いた漏れがいる…。

901 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 14:41:41 ID:QRd+LK+f
ポーランド孤児ドラマもそうだけど、
こういうのは日本人主役で作っちゃダメなんだよ。

主人公は助けられた側にしないと。
日本が金出して、むこうに作ってもらうのが正解。

902 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 14:58:17 ID:ZYXLMP+A
つーか、助けられた方が今じゃいくらでも金持ってるだろwwwっうぇw

903 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 15:01:39 ID:ZYXLMP+A
まぁ、大日本帝国自体は選民主義みたいのとは逆路線だったしな。
あくまで同盟の手前は非可触だっただけで反対意見は出てたし
杉原千畝以外にも救済に動いた人はいるよ。

904 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 15:02:31 ID:st9DTKtg
この手の話の何に一番感動したって、助けられた側が
忘れずに語り継いでる部分にだわ。それがもう新鮮でw
もちろん偉大な先祖の存在にもじーんとするけど、
それ以上に「あー忘れてないんだーすげー」って。
ありがたいやら気恥ずかしいやら、身が引き締まる思いやら、
ごっちゃになって感激した覚えがある。

905 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 15:30:42 ID:ZXHrXiR1
そういったユダヤ人を受け入れる態勢が日本や満州にあったという事にも、
もう少し注目が行って良いはずなんだけどなぁ。
なぜか無視されるよなぁ。特に満州。

906 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 15:49:22 ID:0sWw2a70
>>901
その件のフラッシュ逢ったと思うんだが…
誰か知ってる人いませんか?
クレクレ厨で申し訳ないが。

907 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 15:58:19 ID:l/cJVg9b
>>906
http://10e.org/flashchiune/chiune.htm
5分と長いぞ気合入れて見るが良い

908 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 17:41:06 ID:XVVjtpjo
>>905
同意。
不思議だよね、それ。>無視
何となく理由がワカランでもないけども。

909 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 19:11:51 ID:u6fzyQei
>>908
河豚計画は、日本側がユダヤ人が米国を支配しているという考えで
出てきたものだからじゃないか?

910 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 19:50:17 ID:qokdQN07
>>909
その頃は今ほどひどくないんじゃない?
あやしげなのは禁酒で儲けたアイルランド系もいるしイタリアンマフィアもいるし。

911 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 22:20:09 ID:mJdyf+9y0
>>905
>>908
>>909
 満州のは東條英機の英断が鍵だからまだ無理でしょうな

912 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 22:42:08 ID:30n7lhv4
すんなり受けいれたわけでもないところはあるよ。
千畝のビザにしたって、発給条件満たしておらず日本で入国拒否されるケースもあったようだし。
(ドイツと同盟だった手前、当時、ユダヤ人へのビザ発給条件は厳しくされてた)
日本国内の団体が身元引受人になったりして、結局は入国できるんだけど。
まあ、そこらへんはいかにもお役所仕事という感じですな。

今で言うと、クルド人が虐殺されてるからと、現地の大使館が
勝手にじゃんじゃんビザ出しちゃうようなもんで、まあ大胆な決断ではあったと思う。

913 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 23:05:35 ID:ezDiXm8k
あとまぁ樋口閣下が徴用せよといったのに
一般企業側が中国、朝鮮の出稼ぎ労働者と同様の扱いして
顰蹙かったらしいからそこら辺もあるのかも。
樋口閣下がいなくなると必ずしもよい扱いを受けられなくなったらしいから。

914 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 23:07:23 ID:fHQT9Xfi
クルド人を虐殺するトルコ人・・悪魔である。

915 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 23:09:05 ID:zDZynB/q
杉原って終戦後GHQのいうこと聞いてりゃよくなった日本の官庁が
いらなくなった役人減らすリストラの一環で退職したはずじゃなかったか?
首になったの? よく知らないんだけど。

916 :日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 23:50:22 ID:eT/ZO5SY
本音(ユダヤ迫害不同意)、建前(同盟保守)が当時の日本人の一般感情だったんじゃないかな
もし、徹底的に同盟を第一に考えれば、これほどの日本国通過は無理だったろう。
入国担当者も書類に不備がなかれば知らん顔してスルーして、
問題があれば裏から引受人に手引きしたりしないと、この実績はあがりそうにないな。

リストラの時は、相手の弱いところの突きあいになる。
GHQがリストラの人事に関与していれば杉原は退職することはなかったろう。

917 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 14:57:24 ID:hAmTrpv3
>>916
それは逆じゃないか?
アメの正義が揺らいでしまう。

918 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 16:30:14 ID:ecIjJTml
アメリカの正義    か・・・・・世界で最も短いブラックジョークだな

919 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 16:42:57 ID:ej8gLFUW
>>918
よほど素晴らしい正義をお持ちのようで
僕にも分けてもらえませんか?

920 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 17:06:30 ID:dBohPdn9
アメリカの正義がブラックジョークなら
中国の正義は便所の落書きだなと思った。

921 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 17:17:44 ID:Hl3WWInG
>>920
>中国の正義は便所の落書き

新手の呪術か妖術じゃないの?>中国の正義

922 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 18:54:49 ID:UdQclec2
>>918
だがアメリカは他国への派兵や援助に政府が金を出すのに
納税者が納得する数少ない国のひとつ。
たいていの国は自分の国のことばっかり。

923 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 20:40:22 ID:ecIjJTml
アメリカの国民は援助するときに自分たちの国は正義だと思い込んでいるし、
他国の国民もそう思うように宣伝されている。

しかし、本当に正義で動いているとすればアフリカの虐殺を助けに行っただろう。
ジェノサイドがが起こると国際法で救助しなければならないが、
アメリカは”ジェノサイド的行為”として屁理屈を捏ねて助けなかった。
言葉ではなく行動が、アメリカの正義というのは上っ面だけの建前でしかないことを示している。

かつてクリントンは 「アメリカは世界の警察」 と言ったが、
舌の根も乾かぬうちに国益が全てと言明し、実際に金にならない所には手を差し伸べたりはしない。

”国益で動く警察” ”アメリカの正義” というのは素晴らしいジョークの一つだ。
国家が国益で動くのは当然だが、正義の宣伝を本気で信じることは恐ろしく、
そしてそこが面白い所である。

924 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 21:15:55 ID:8vbDnk44

実現不可能な理想と極論を根拠に不毛な批判を喚く典型的左翼ですね
彼らはいつも現実を無視します

925 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 21:28:13 ID:uDw6HgSl
でもアメリカいなきゃ世界はめちゃくちゃだろうな。

926 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 21:33:54 ID:SwKjhm7V
ヤクザ

927 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 21:35:59 ID:SwKjhm7V
ヤクザ ソーホンブチョー

928 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 21:42:17 ID:Gm/dMCey
>>925
世界唯一の超大国にして覇権国として考えるのなら、アメリカはかなりマシかな。
他の強国が今のアメリカの地位にいたら、もっと鬱陶しい世界になっていそうだ。

929 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 21:58:29 ID:eSJK/Xhb
まあなんだかんだ言って多くの国が全面肯定とまではいかなくても
必要な国だと考えているんだろうな>アメリカ

930 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 22:18:45 ID:ZhAQVd25
アメリカが手強いのは、アメリカの正義を信じる国民と同じくらい多く
それに批判的な国民もいるというとこだと思うね。
世界で最も自己批判能力を持つ国の一つだろう。
日本もそんなとこあるのだが、日本の場合はサヨにつけ込まれて自己批判から外れて
自虐とかの方向へいってしまうことがある。

931 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 22:30:03 ID:XowwSRuX
世界一の移民国だし他国との歴史的なしがらみも少ないからな。
偏っては居るが一応世界中の民族の代弁者ではあるって妥協なんだろう。

日本が世界一成功してる社会主義国家と揶揄されるのと同じように
アメリカは世界一成功してる帝国だな。

933 :日出づる処の名無し:2005/09/28(水) 23:34:46 ID:goIJk2WE
>>923
同じ「ジェノサイド」でもクリントン政権が目を付けたのは「レイプオブナンキン」だったからな。
日本叩きの為の口実に過ぎなかった。

935 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 00:23:49 ID:c/c++4X0
>>923
そりゃソマリアで痛い目にあってから後の話。
マーク・ボウデンの「ブラック・ホーク・ダウン」にそうなった経緯が書いてある。
軍事介入による虐殺の阻止が事実上不可能であるとこの一件でアメリカは思い知らされた。

936 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 06:36:27 ID:MSvg1c74
「虐殺が続くのは、彼らが虐殺が続くことを欲しているからだ」

937 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 06:42:01 ID:if5lc16z
ブラックホークダウンって、映画は戦争映画としては反吐が出るほどの出来だったな。

938 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 07:41:39 ID:7FsEJqTa
>映画は戦争映画としては反吐が出るほどの出来だったな。
褒めてるの?貶してるの?

939 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 07:42:03 ID:7KG3s77q
>他の強国が今のアメリカの地位にいたら、もっと鬱陶しい世界になっていそうだ。

大日本帝国だったら、鬱陶しいのは当の帝国臣民だけで、世界は平和だったろうな。

940 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 07:50:02 ID:r4mmiPDk
>>939
いや、混迷を極めると思う。

941 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 08:11:19 ID:MSvg1c74
>>925
> でもアメリカいなきゃ世界はめちゃくちゃだろうな。

これは、「アメリカがいない」という意味や、「アメリカがいなかった」場合に
代わりに何がいるのかという点が未定義なので、肯定も否定もできないな。

要するに、めちゃくちゃだったかもしれないし、
とうに沈黙の惑星と化していたかもしれないし、もっと良くなっていたかもしれない。

平和な世界なんだけど、良く見ると特定の民族しか存在していないという
状態にもなっているかもしれない。

942 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 08:31:20 ID:qGdkTpKo
知ったか君のかほり……

943 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 10:05:44 ID:ogLOFJFY
>>923
警察というものを誤解してないか?
普通警察は利益のためなら悪事に手を貸すし、
利益にならないところに手を差し伸べるなんて事は無いぞ。
社会的弱者マスコミに見向きされないような暴力を振るっても良い相手には平気で暴力振るうし。

表向きには一応治安を守ろうとしてるが、
警察に守ってもらうにはマスコミや弁護士なんかとのつながりを持って、
自分を守らなければ不利益をこうむると思わせとかないと駄目だぞ。

まあ日本に住んでると警察は住民を無条件に守ってくれる存在と勘違いするかもしれないが。

944 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 10:42:00 ID:HgXe83Rp
>>943
はいはいわろすわろす(AAry

945 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 14:38:10 ID:KharrgOU
アメリカは正義とかいって実際は利益を追求している。
しかしそれって何か問題か? そりゃ正義とか抜かして戦争するのはむかつくことだろうさな。
でも実際問題、本当に正義とか言って世界中あちこちの紛争やら政治問題やらに口出されたり
軍隊派遣されてみろ、そっちのほうがよっぽど迷惑だろう。
(昔の共産主義がまさにそれなんだが)

まだ利益追求のほうが良いよ、話し合いが通じるものw

946 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 14:53:07 ID:r4mmiPDk
>>945
というか、戦争ってのはどんな理由があろうと人命を含めた巨大な浪費な訳で、
正義感で何の見返りも見込めない戦争なんてやられたら、その国の国民が堪らんよ。

947 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 16:26:02 ID:hqn2lJBC
ピューリタン的発想だと

利益を追求し富を得る

稼いだ金をバンバン使う

創造主である神の栄光を示すことになる

よって利益追求は正義

948 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 16:44:43 ID:0+jJTvh7
>>945
別に正義でないから問題だという論調はスレの何処にもないよ。
アメリカは正義か?という命題に対して、
アメリカの正義は建前であり国益を追求しているという実態が提示されただけ。

949 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 16:51:29 ID:MnKm25Zi
>>948
なんで正義と国益が対立軸になるんだ?
ホントお前は善か悪の2元論が好きだな

950 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 16:56:46 ID:0+jJTvh7
どこが善と悪の二元論なの?

951 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 17:06:25 ID:MnKm25Zi
>>950
定型文を使ったつもりだが間違ってるなら言いなおすよ
ホントお前は2元論が好きだな

952 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 17:16:27 ID:ybdhXG2/
幼稚としか言いようが
この記事のURL | ジャポニスム | CM(19) | TB(0) | ▲ top
<<フジ特番 日本の歴史が酷かった(part49スレ) | メイン | 他文化の流入と日本【後編】(part49スレ)>>
コメント
-  -
結局正しかったってどこが?
2011/07/10 22:38  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>627

>・日本人はこの世はとりあえずダラダラと続いて行くものだと思っている

今、関東に住んでいる日本人がそう

>このように日本人は最も現実的かつ科学的な考え方をしていた、とあったな。

報道の被曝の心配はありませんというのを信じて避難しなかった人たちがそうだとは思えません。
報道を100%信じず東京駅や羽田空港に殺到した人たちの方が結局正しかった。
ようするに車が通らない赤信号で渡る様な人たちの方が。
2011/07/07 21:06  | URL | #wF3nM8Gs[ 編集] |  ▲ top

-  -
車の来ない赤信号は子供とか関係なしに渡らない
どうしても急いでる時は、横断歩道じゃないところで車の有無を確認してから渡ってる

なんか子供を言い訳にするのは卑怯だなあという気がするのだが…
2011/06/30 23:13  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
追加ですが、私も子どもがいるときは渡りません。
子どもに私の考えが通じているとは思えないし、
単に、大人でもずるしてるからしてもいいや、
ぐらいにしか捉えられないと思うからです。
2011/06/29 19:12  | URL |   #XpQ4iSVM[ 編集] |  ▲ top

-  -
車に乗っているときは当然信号は守りますが、
歩いているときに全く車がいない状況なら当然赤信号でも渡ります。
何故なら信号や道路交通法というのは人間が安全かつ円滑に交通するために
人間が作った道具に過ぎないからです。道具に使われることはありません。
人間は判断力というものを持っています。
所詮人間の作った道具に支配されるほど愚かなことはありません。
お天道様が見てる云々と言っている人がいますが、
人が見ていないくても盗みをしないといった道徳的な話とは
根本的に異なる問題であると考えます。
2011/06/29 19:03  | URL |   #8Nf1.2hU[ 編集] |  ▲ top

-  -
安全性の確認…?
渡りたいけど悪目立ちしたくないからって赤信号待ちしてた人が、「他にも渡ってる人がいるんだし、自分が率先してルール破ってるわけじゃない」って便乗してる感じがします。
やっぱり基本的に「赤は止まれ」だから渡らないものって意識が強いんじゃないかなぁ…。
2011/06/29 07:09  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
それも現実主義者の日本人らしい判断だね
誰かが渡ってるのを見て、安全が保障されたと確認できたから渡ってるわけだ
2011/06/29 01:26  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
だが誰かが渡り出すとつられてわたり出すのも日本人
2011/06/29 00:23  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
たしかにオテントさまが見てるという考え方は日本にあるけど、
赤信号渡らない時まで一々そんなこと考えてるかな
自分の場合で考えてみると、
「そのほうが確実で安心だから、一応待っている」
というのが大きいように思う
一見、車がいないように見えても何が起こるかわからない
急いでないのなら、数十秒でも待って確実な安心を得たほうがいい
オテント様なんか意識してるのではなく、
日本人がより慎重な現実主義者であるからなのだと思う
2011/06/29 00:07  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
車こない赤信号は待ちますね。急いでたら渡っちゃうけど、子供がいたら我慢する。

外で何もせずにぼーっとする機会ってなかなかないから、車こない時に赤信号待つのって、余裕が持てるみたいで楽しいです。
2011/06/28 20:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
いちいち大阪を引き合いに出して気持ち悪い連中だな
2011/06/28 11:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 >ユダヤ人の入国拒否
 当時の情勢を考えれば仕方の無いとこもある。
 スパイがたくさん入国してたし身元がしっかりしない外国人をおいそれと引き入れれないでしょ。

 ユダヤ人についても全てが偏見と差別と言い切れない、彼等自身にも問題なところもあるし。

 千畝さんは表だって活動したから名が残ってるし凄い人だとも思うけど実際は名の残らない現場の役人や民衆レベルでも助けようと動いて他と思う。
2011/06/28 10:55  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ソマリアそっちのけでリビアにちょっかい出してる連中笑っちゃうよな。何が人権を守るためだ。
2011/06/28 02:29  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
急いでる時や早く家に帰りたくて堪らない時は、信号が赤でも渡る
でもやっぱり赤で待って、青で渡った方が気持ちいいんだよなぁ
幼児がいたらとりあえず遵守しちゃうよねwww
2011/06/28 00:23  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>600 :日出づる処の名無し:2005/09/16(金) 19:54:38 ID:Q7a3IeD4
>言わなきゃ分からない文化ですから。
>どこか生来的に鈍いんだろーな…

これ解るわー
「俺は知らなかったんだ!」とか、さも無知がこれ以上無い大きな権利であるかの様に主張できてしまえる所もズレてると思うわ
2011/06/27 23:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
輪廻転生が現世利益に反するとか間抜けにも程がある
転生先を豊穣にしておきたいと思う方が当然だろうが
2011/06/27 20:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
正義とは何か?
どっかの大学の講義みたいになってきた。

あなたは大虐殺が行われていると知っていながら国益に反するからと、これを見て見ぬ振りをすることは正義に反しないと考えますか?

君の名前は?
2011/06/27 19:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
大抵は青になるの待ってるけど
車と“人”がいない・見てないと渡ってしまうことあるな~
別に急いでるわけじゃないんだけど、
立ち止まると暑かったりする日は特についついやってしまう…
2011/06/27 18:41  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
》アメリカの正義

アメリカにとっての正義とは、アメリカの国益にほかならない。
そこに矛盾はない。
国家として当たり前の姿だ。
2011/06/27 18:39  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/314-821da0c3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。