2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ニホンミツバチの大和魂(part49スレ)
- 2011/06/18(Sat) -
139 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 01:55:02 ID:uSEmxA/f
真剣な話、

古代系ジャポニズム=漢文化 でもある。
しかし中国文化では決してない。
漢文化を、日本に倭の大将軍位として文明的に共有して、
それが、1500年継続させ
精緻を極めたのがジャポニズムである。

中国文化は、その日本が属する漢を、北方から侵し滅亡させ、
後の世で吸収していった異民族文明である。漢文化は変貌を遂げて
今日の中国文化に至り、漢文化は精緻を極める事なく形骸化していった。

140 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 03:09:25 ID:xWZVI6St

台湾原住民系の文化とかは?

141 :大清国属高麗国旗:2005/09/08(木) 03:58:31 ID:fqOIpiTL
あの中国ですらインドから多大な影響受けてるもんな。
すごいなインド。

142 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 05:25:31 ID:yteRcQXf
>>139
いや日本列島には独自の文化はあったよ。
ただ今日からみて日本の古代が漢文化からの分岐で始まるようにみえるのは、
それ以前は文字が無かったから。
日本語はもちろんあったのだが(訓読みとして証拠が残ってる)、
文字がなければ物以外伝承の手段がない。だからそうみえる。

143 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 06:15:34 ID:BZ4IngnC
日本や韓国を育ててくれてありがとう中国
中国を育ててくれてありがとうインド

149 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 19:44:14 ID:g2FR/5zG
>>142
日本文化豆腐にがり論ってあったね。
日本文化を豆乳、中国文化をにがりにたとえて、
どろどろに固まってない状態の日本文化が、
中国文化というにがりを加えることによって固まったという。

150 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 20:39:51 ID:RnUONeqI
文化が素通りするだけのストローみたいな役目の国もあれば
互いに影響を与え合う国もある。
____________________
その一つの事例として中国での村上春樹ブームを紹介している。
1989年といえば天安門事件の年、中国語訳された『ノルウェイの森』(離江出版社)はその後、
重版をかさね2003年までの累計で72万部にもなるベストセラー、ロングセラーを記録し、
2002年、上海訳文出版社は村上春樹の小説作品のほとんどを網羅する
20巻の「村上春樹文集」を刊行。

「中国の若い作家たちの間で『村上の子どもたち』と自称する人が
数少なくない」というほどの影響力をもっているという。

林少華氏の特別寄稿・論文
「中国における「春樹現象」の文化的意義
――村上春樹は中国の若者に如何に読まれているか」は、
精神の糧を求める行動として村上春樹が読まれている考察が紹介されている。
(※リンク先消滅)

151 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 21:30:22 ID:+sDMgvRa
現代中国語には日本から逆輸入された単語も少なくないしな。
パクッたうんぬんでなく、漢字文化圏どうしの交流は大切にしたいね。
中国の古文とか、向こうの学者が日本の漢文に詳しい学者を頼りにするって場合もあると聞いた。

どこかの国は漢字捨てたけど。

152 :日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 22:42:58 ID:/koH32k0
まあ漢字を作った頃の漢民族と今の奴等とはもはやほとんど別もんという見方もw
欧州でも今のギリシア人は、偉大な哲学者を輩出していた頃のギリシア人とは
関係ないと見られてるとかw

153 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 02:17:15 ID:Aov+rOcb
>>139 の文脈は >>152と同じだろ。 
日本=漢文化の継承国  漢帝直系国 太夫(魏志では自称周王の系譜)
中国=漢文化の略奪国  非漢民族の子孫

漢文化は、中国大陸からだが、中国人からでは全くない。

168 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 10:09:15 ID:YJo8jlPG
日本にも固有の文化は沢山現代にも根付いていると思うのだが・・・・・・
神社は一体何なんだ?やおよろずの神ってのは?

日本が漢文化からおおいにインスパイアされた事は事実だが、
それをいうなら丁度イギリスとローマ帝国との関係に近いんじゃないかな?

イギリスも現代までケルトやゲルマンの文化がまだ残っているし、
それらと合わせてローマにブリテン島南半分を直接統治されていた関係から
ローマの影響も多大なものを受けている。

そんなことを言い始めたら現在の先進諸国文明は
全て4大文明の亜種バージョンと強弁することも出来なくは無い。
日本もそれだけで独自文明と言い切ってもいいんじゃないかな?

というのも民族特性が、大陸諸民族と極めて異なっているし、
自分の表現の仕方(日本は自分を表す時、
 人差し指で自分をさすが、大陸は手を自分の胸に当てて表現するのが一般的)や
姓氏(苗字):(武士・貴族階級しか苗字を名乗ることが許されず
 それ以外の階級は名前のみ名乗った)の考え方などが
シナ・朝鮮というより東南アジアとの共通項の方が大きいぐらいである。

漢字を使うから中国に多大な影響を受けたように見えてしまうが、
根本的に根付いている文化は極めて大陸と相違があるのは
間違いようの無い事実なんだから。

169 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 10:20:59 ID:YJo8jlPG
あと、もう一つ言える事としてローマ帝国時代のローマ人と
その後のイタリア人の変遷を見るにつけ、
かつて偉大な文明を残した民族の子孫(かなりの混血が進んだが)達が
それらを継承し続けていけるかどうかは、また別の問題といえるな。

もっともイタリアの場合、政治的にはともかく、
文化的にルネサンスの輝ける栄光など充分中興というににふさわしい繁栄が又起こったが、
それらの先進文明の遺産の賜物といえるだろう。

中国にもそれらの可能性はないことはない。
(一般的な大衆の民度はともかくとして、
 人口数からいっても優秀な人間を輩出する要素と
 文化的な重層性及びポテンシャルがあるのは否定しようが無い。)

半島は・・・・・・ まあ、なんだ、頑張れよとしかいいようがないな。(ニガ笑

170 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 10:30:16 ID:MBMIGZFw
中国の雑技団見ると、中国人すごいなって思う。

171 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 10:37:04 ID:l+1NR9e6
>>169
中国も唐代宋代の文化などは
充分中興と言ってもいいんじゃないかな。

172 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 10:44:55 ID:YJo8jlPG
>170
そりゃ日本の10倍も人間がいるんだ。探せばもっととんでもない人間もいるかもしれんぞ。www

173 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 10:53:10 ID:2uG6NL2b
>>170
雑技団って他の国なら幼児虐待とか児童虐待になるんでねーかと。

177 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 13:12:07 ID:2QPlGAYp
中国雑技団が凄いんじゃない、
中国人が凄いんだ!
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/img/m57947.jpg
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/img/m91341.jpg

**********

176 :蜂に垣間見るジャポニスム:2005/09/09(金) 12:50:14 ID:QVmN64DX
183 :ディスカバリ チャンネル :04/11/17 05:04:07 ID:cgGi9Ibb
>>179>>181
この間 ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで
「世界の猛毒昆虫(蜘蛛・サソリ他節足動物含む)」を見ていたら。
サソリやヴェネスエラのタランテラを抑えて、
日本の「オオスズメバチ(GiaiantHornet)/日本固有種・通称くまん蜂」が堂々横綱格で紹介されていた。
米国代表である数年前大発生し全米中を震撼させた「Killer Bee/アフリカ蜜蜂」の駆除のために
真剣に輸入が検討されたらしいが、そのキラービー(殺人蜂)より
もっとヤバいと言うことでその導入planはボツになったらしい。

ちなみにオオスズメバチは30匹で
3万匹の蜜蜂のコロニーを僅か小一時間で全滅させると言っていた。
またその戦力差は、三万人の素手の人の群れを30台の新型戦車で蹂躙し
虐殺するようなものだとも言っていた。
世界中で日本の蜜蜂(ヤマトミツバチ種)だけが47度Cの蜂球を作り
中にオオスズメバチを入れてボコボコにして『熱死』(オオスズメバチは46度C、
 ミツバチは48度Cで熱中死)させる術を知っていて
偵察のオオスズメバチをわざと巣の中に誘い込み生きて帰さない。
それとても僅か温度差2度Cのギリギリの作戦であり
囮役や蜂玉中心部のガッツリ押さえ込み役の働き蜂も死ぬ、正に「神風特攻作戦」である。
きっとこの漫画の「ブル隊長」のような蜂が先陣切って指揮してるのだろうか?
日本人より『大和魂』を持った蜂、それが「ヤマト蜜蜂」だった。
TV見ててこの漫画思い出してあまりの健気さに泣けてきたよ。
養蜂に使われる「西洋ミツバチ」や既出の「アフリカ・ミツバチ」にはこのまねはできないそうだ。
何故ならDNAにオオスズメバチと戦ってきた記憶が刻まれてないからだ。
改めてオオスズメバチという世界に誇れる?日本固有の猛虫を生み出した日本の自然と
有史以来それらと戦ってきた大和蜜蜂に驚きと敬意を抱いた1時間番組だった。

【地域】スズメバチ来襲 ミツバチを大量虐殺 1日で巣箱1箱が全滅…長野

178 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 13:28:37 ID:ZiSL6TJj
>>176
うわぁああああん(泣
なんでこの国は蜂までけなげなんだよ!!
ヤマト蜜蜂たん‥‥

179 :178:2005/09/09(金) 13:35:54 ID:ZiSL6TJj
これも追加しとく↓
67 名前:名無しさん@6周年 メール:sage 投稿日:2005/09/08(木) 11:06:32 ID:PFCUoTL10
>>50
>古くから使われていたニホンミツバチに比べより多くの蜜を採集するセイヨウミツバチが
>1877年に導入された。セイヨウミツバチは繁殖力も旺盛なことから
>野生化しニホンミツバチを駆逐してしまうのではないかと言われた。
>実際養蜂のためにセイヨウミツバチを導入した北米では野生化している。
>しかし日本ではオオスズメバチの存在があり現在まで野生化できない。

オオスズメバチは、日本の生態系の守護者。
かっこええやん。

180 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 13:48:16 ID:+lJLSC+s
>>179
ああ、かっこいいな。
ザリガニとか川魚とかは外来種に駆逐されちゃったからなあ。

181 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:44:14 ID:CqPjpldz
確か世界最大の蜂だったけ<オオスズメ
毎年よく家の中に入ってくるけど。もう慣れたもんだから
窓開けとけば勝手に出て行ったりする。

182 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:44:16 ID:YJo8jlPG
>180
只今、日本固有種の民族も獰猛な大陸系民族に駆逐されようとしているぞ・・・・ 
いや、冗談ではなくマジで・・・・・

183 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:46:14 ID:Q8F/wNXj
>>182
古来種は2000年前に駆逐された。

184 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:52:02 ID:YJo8jlPG
>183
つりにしては、餌がしょぼいな・・・・・・

185 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:53:48 ID:a7fuv8ig
>>182
なんでもそっちの話題に持っていこうとするのはどうよ?

186 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:56:49 ID:Q8F/wNXj
>>184
ん?釣りか?
縄文vs渡来(弥生)の戦争を知らない?

187 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:57:36 ID:CqPjpldz
今調べてみたけどスズメバチとの戦いって
殆ど人間とやってる事変わらん…。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81#.E3.82.AA.E3.82.AA.E3.82.B9.E3.82.BA.E3.83.A1.E3.83.90.E3.83.81_Vespa_mandarinia_japonica
>日本産亜種であるニホンミツバチを含むトウヨウミツバチの巣を襲撃した場合には、
>集合フェロモンにより同じ巣の働き蜂を集結させて集団攻撃にはいる前の
>単独の働き蜂による偵察段階で、
>ミツバチの働き蜂が集団で押し包む行動、即ち蜂球を作られ、
>その状態でミツバチよりわずかに低いスズメバチの致死温度まで代謝熱を上昇させて
>蒸し殺されることにより撃退される場合が多い。
>また、偵察段階での撃退に失敗して集団攻撃を受けた場合には、トウヨウミツバチは幼虫や蛹、
>蓄えた蜜や花粉などの貯蔵食糧など巣から持ち出せない資源の防衛を速やかに放棄し、
>そ嚢に収められるだけの貯蔵蜜を体内に確保した女王蜂と働き蜂だけで逃走する。

>>183
駆逐されたと言うより。古来種が吸収した感が強いから安心汁

188 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 14:57:55 ID:2idRMrTP
>>182
ハイブリッド種ができて優秀なのは
必ず日本側につくから大丈夫。
いつもそうやって日本は生き残ってきた。

190 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 16:01:25 ID:DbAc3QMa
>>187
個体の能力ではなく、「戦術」を駆使して生き延びるタイプだな。
GPMを思い出す・・・

191 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 16:10:17 ID:lRTM0Kew
>>186
ていうか縄文と弥生が戦争といえるほどのもの無く同化してしまったのは
日本史の謎とされてきた。

けど実は謎というより考え方が逆だったんだな。
縄文人のほうが大陸へ進出して国を作っていたんだよ。
それが後に中国勢力によって押し返され大陸側はほぼ絶滅、
列島に残った子孫が今日の日本人ということだ。

192 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 17:17:53 ID:N47j5oMe
んなことより弥生=渡来人なんて最近できた定義なんか信じるな
この定義そのものが半島系の捏造まるだしなんだから

193 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 17:28:19 ID:X3DJ8hx6
>>176
「クマンバチ」と「スズメバチ」は違うでしょ…?

とオモたら、どうやら「クマバチ」と混同されて使われてることが多いのね…。
>クマンバチ=オオスズメバチ
私ずっとクマバチ=クマンバチだと思ってたよ。あの、黒くてコロコロしたヤツ。

ところで、以前「ニホンミツバチ」で検索ことあるんだけど面白いね。
飼ってる人とか結構居て、サイトが幾つかある。
飼ってる人みんな蜂に愛があってw ちょっと萌えた。>ニホンミツバチ

あと、なんでもニホンミツバチのみが誘われる蘭があるそうな。
他の蜂は無反応なのに。そういうのって面白いね。

194 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 17:30:57 ID:MFmfZVn8
つーか虚虚実実で古代史とかもーよーわからん

195 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 17:56:44 ID:RlBIFNtn
>>193
混同っていうかそういう風に呼ぶ地方がある。

196 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 18:21:22 ID:qbtwy3UP
>>180
ニホンザリガニは外来種に駆逐されたんじゃなくて、環境悪化が原因だからなぁ。
ぐぐれば百科事典的な知識がすぐわかるけれども、生息域が違う。

ニホンザリガニ  = 岩魚・山女

アメリカザリガニ = 鯉・鮒

199 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 22:21:06 ID:MFmfZVn8
つーか日本ザリガニって絶滅しちゃったの?
うえーん

202 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 22:49:14 ID:RlBIFNtn
なんか、いろいろ誤解があるようだが、
もちろんニホンザリガニとアメリカザリガニは生息圏が違うが・・・

ニホンザリガニと(アメリカ原産の)ウチダザリガニは生息条件が被る上に
病原菌を媒介するし、ウチダザリガニが直接ニホンザリガニを捕食までするぞ。
人なんかめったに入らない北海道の湿原の奥地にまでウチダザリガニは侵食してる。

208 :日出づる処の名無し:2005/09/10(土) 00:26:58 ID:91eNXnKV
日本大好きだ。
蜂まで健気。しかも世界一凶暴な蜂までいる。
どっちも日本っぽい。

216 :日出づる処の名無し:2005/09/10(土) 01:49:59 ID:08YyHVLE
オオスズメバチを半島に持ってって繁殖させたい

217 :日出づる処の名無し:2005/09/10(土) 02:07:59 ID:yhy0sU4+
>>216
オオスズメバチになんか恨みでもあるのか?
酷いこと言う奴だな。
半島で生まれるオオスズメバチの気持ちとか考えてるのか。

218 :日出づる処の名無し:2005/09/10(土) 02:23:31 ID:8LsRvWIX
:.,' . : : ; .::i'メ、,_  i.::l ';:.: l '、:.:::! l::! : :'、:i'、: : !, : : : : : :l:.'、: :
'! ,' . : i .;'l;' _,,ニ';、,iソ  '; :l ,';.::! i:.!  : '、!:';:. :!:. : : : :.; i : :'、:
i:.i、: :。:!.i.:',r'゙,rf"`'iミ,`'' ゙ ';.i `N,_i;i___,,_,'、-';‐l'i'':':':':‐!: i : : '、
i:.!:'、: :.:!l :'゙ i゙:;i{igil};:;l'   ヾ!  'i : l',r',テr'‐ミ;‐ミ';i:'i::. : i i i : : :i
:!!゚:i.'、o:'、 ゙、::゙''".::ノ        i゙:;:li,__,ノ;:'.、'、 :'i:::. i. !! : : !:
.' :,'. :゙>;::'、⊂‐ニ;;'´          '、';{|llll!: :;ノ ! : !::i. : : : : i :
: :,' /. :iヾ、   `        、._. ミ;;--‐'´.  /.:i;!o: : : :i :
: ; : ,' : : i.:      <_       ` ' ' ``'‐⊃./. :,: : : O: i. :
: i ,'. . : :',      、,,_            ,.:': ,r'. : , : : !: :        あやまれ!!
:,'/. : : . :;::'、     ゙|llllllllllllF':-.、       ,r';、r': . : :,i. : ;i : :     216はオオスズメバチにあやまれ!!
i,': : : :.::;.'.:::;`、    |llllH". : : : :`、    ,rシイ...: : ; : :/:i : i:!::i:
;'. : :..:::;':::::;':::::`.、  |ソ/. : : : : : : ;,! ,/'゙. /.:::: :,:': :./',:!: j:;:i;!;
i. : .:::;:'i::::;':::::::::i::`:.、;゙、';‐ 、,;__;,/ノ  . :,/.:::: :/. : :/.:::i. j:;;;;;;;;
l .:::;:'::;':::;':::::::::::i::::i::`:,`'-二'‐-‐''゙_,、-.':゙/.:::: ;ィ': : :/.:::::i: j、;;;;;;;
.:::;:':::;':::;'::::::::::::::i:::i:::::..`'‐、、、-<゙.::::::::/.::: ://. : /.:::::::i :j::.'、:;;;

***********

263 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:28:06 ID:9mrcWnhP
NHKスペシャルの巨大飛行機製造みた?
二次大戦においては精度の高い工作機械がなく,優秀な機体を製造できなかった
戦後50年経ってその負けた相手に超高性能な3D-NCフライスを輸出するお話

今の開発に巨額が動く飛行機業界では難しいだろうが
是非とも機体設計も日本でやったやつを見てみたい

返す返すもYS-11の後継機計画を無思慮な非難で世論をあおってぶっ潰したマスコミと
それに便乗した通産省はマジで逝ってよし!!!!

いつの時代もマスコミは癌,特に技術,理系記事はほんとに明後日の方向に向いてる

264 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:37:46 ID:LQJ2F79a
宇宙開発関係なんか、予算の事とか無視して批判するからなぁ…

265 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:38:17 ID:v5oNxUsW
>>263
みた。ボーイングが買わなかった工作機械をエアバスが速効で買って
そしたらまたボーイングが買いに来て、ってのおもしろかった。

266 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:26:02 ID:MC+Pej8i
素朴な疑問なんだが、どうして日本は航空機産業だけは伸びないのかな。
アメリカがよく思わず、それを懸念する経産省の見えない圧力とかあるのかな。

267 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:27:50 ID:vJxCrPkJ
敗戦以降、航空機開発はタブーになったから、かな。
代わりに、鉄道技術が伸びたけど。

268 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:29:38 ID:CQnWnpmV
航空機をあまり使わない国だから。

269 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:41:43 ID:vJxCrPkJ
使わないと言うか、
使わせてもらえなかったと言うか。

270 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:47:04 ID:HYzdFg7y
フランス国鉄の技術開発担当の副総裁フィリップ・ルムゲール氏

「日本の新幹線の建設には本当に刺激を受けた。
 それもあって私は新婚旅行の目的地に日本を選んだ。
 日本滞在中に新幹線についていろいろな人々と語り、資料も読んだが、
 最も強い印象を受けたのは島秀雄氏のリーダーシップと鉄道技術研究所の存在だった。

 第二次大戦中に軍隊の研究所にいた人たちが戦後、鉄道研究所に移り、
 その人たちの理論と研究が新幹線の実現に大きく貢献したということが非常に印象的だった。」

271 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 04:43:45 ID:MC+Pej8i
なんか日本のロケット開発もわざと失敗ばかりさせられてるような気がしてならない。
うまく言えないが、実験や予算を制限されてそう仕向けられてるというか、
日本が本気になったらすぐに世界最高性能のロケットくらい作れそうに思うのだが。

272 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 04:49:09 ID:bvghPYIY
どの分野か忘れたけど
工場で何か作り出すと「原因不明の出火」
つー話がけっこうあったな。

273 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 05:39:49 ID:UfmuP3dd
三菱は飛行機に工作されたり建造中の豪華客船に火を付けられたりしてたね。

274 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 06:10:55 ID:151nZI1a
日本のロケット開発は、費用対効果から言えば大成功なんだけどね。

275 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 06:55:03 ID:HbJsOiGQ
まあ予算が悲しいほど低い状態で、他国に同情されるくらいだからな。

276 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 07:28:16 ID:mmvyFZPV
ずーっと土建国家だったから。
土木系利権に比べれば航空産業や宇宙産業利権は小さいし。

277 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:18:42 ID:Cfrpzt7Z
>>263
比較的大きめで最近のやつ。
(※リンク先消滅)

http://www.asagumo-news.com/graph/PXCX.html

278 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:05:18 ID:mjn4x23J
>271
東大阪の商店街が自分達だけでロケット作れるくらいだから
日本製ロケットなんてすぐできるが、結局日米安保に関わってくるんだろうな。

279 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:11:14 ID:7meYbRy3
衛星じゃない?
町工場じゃない?

280 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:33:18 ID:gM7SQmiu
>>271-273
アメリカの仕業でしょ。

281 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:06:31 ID:hEZZZcQq
>建造中の豪華客船に火を付けられたり

日本の造船業の足ひっぱって得する連中って誰だろ?

282 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:41:15 ID:80P6/mVb
>>280
そんなことしてアメリカに何の得が?

283 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:07:56 ID:iVZhvZS/
>>281
日本は隣の某国と造船生産高・売上高・市場占有率を競ってる。
日本国内には某国籍の香具師らが数十万人いる。
日本はスパイ天国。
以上のことから推論してみよう。

284 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:13:44 ID:YgluxLz4
戦後しばらく航空機の開発を禁止されてて、ジェットの黎明期に乗れなかったのが大きい。
機体生産はいいところまで来ているけど、エンジンがダメ。

285 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:24:36 ID:zMvqJ8vO
>>278
>>279
「まいど1号」だよね。
ACの広報で知ったときはネタかと思った。

286 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:30:33 ID:MtKWFJP8
っていうか、当時のNASA(NACA)の航空機開発に関する死に物狂いっぷり
を見ていると、「そりゃ落ちこぼれるだろ」と普通に思ってしまう。
軍事駆動分野だもんね。

287 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:34:11 ID:sUd3Y2vx
>>284
hondaに期待

288 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:31:07 ID:BLemAnLB
F-2のごたごたもエンジンが原因だしな

289 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:13:08 ID:wNBvIShu
日仏の次期コンコルド共同開発のニュース記事で、
日本に最大マッハ5.5を出せるエンジンがあるからと書いてあったけど、
何でも小さくしてきた日本の技術でも戦闘機用に小型化するのがむづかしいんだろうな。

290 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:39:08 ID:I/9AkPtK BE:281510584-##
逆だよん。
日本にはラプターのような戦闘機に載せるエンジンの実験施設はないよ。
ただエンジンの研究は続けているし、ある程度のものは作れるようになってきているけど
アメリカとの差はとてつもなく大きいね。

291 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:07:29 ID:sHkMc/dL
アメは同盟国だから勝てなくていいんだよ
それ以外の国の戦闘機を瞬殺する国産戦闘機キボンヌ

292 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:07:56 ID:mmvyFZPV
ジェットエンジンもロケットエンジンも飛ばして壊してじゃないとよー分からんのだわ。

293 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:46:23 ID:Qb1O4PMD
例えアメでも最先端のものを作ろうとしたら
エンジンで無くとも他の部位で日本に頼る部分は出てくるしな。

297 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 01:49:04 ID:p+PRZmUg
さすがアメリカ
実戦経験と予算が違うわ

298 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 08:16:48 ID:9y3mhefm
日本は新技術の研究する前にスパイ防止法創ったほうがいいよ

300 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 09:40:36 ID:vItnh1Dl
>>290
確か日本の最新の高出力ジェットエンジンが
推力30トンくらいだっけ?
で、欧米では10年くらい前に開発されたエンジンでさえ
50トンオーバーのもあるw

騒音とかは別としてもこの差はでかすぎ

301 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 09:43:20 ID:FUe2W3Qc
>>291
良いわけ有るかよ。
同盟国だって『仮想敵国』と想定して対策練るもんだ。

302 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 09:53:21 ID:8US+G1D2
>>300
42トンです。
まあ、それでも差は大きいけどな。
トヨタやホンダが触手動かして軍需産業に成りたがってるのが、面白いところか。

303 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 10:06:15 ID:FMxYeGZR
どこかで読んだけど、ロケット打ち上げ関係の記者会見で外国人記者が、
「予算がずいぶん安いですけど、これって本体全部の価格なんですか?」」
と質問して、「ええ、それプラス打ち上げ関連の費用全部込みです」
って担当者が答えたら記者がポカンとしてたとか。

304 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 10:17:26 ID:r5zrBPgq
「リレーって何ですか」

なんて聞いた馬鹿記者よりいい質問だ。

305 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 10:23:04 ID:uMR4svHt
>>301
じゃあ無理
日本の航空産業を過信しないように

306 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 10:23:55 ID:8US+G1D2
>>303
アメリカやロシアの学術的航空宇宙技術にはとてもじゃないが追い付けないんで
(追い付くには航空宇宙技術への投資額が毎年 6兆~8兆円必要)
日本は民間宇宙旅行を視野に入れた、市場競争力を伴った航空宇宙技術を発達させてる。
「日本はもっとロケットに多額の投資をしろ」なんて言う人いるけど、
多額の投資なんかしたら、コスト高になって、
そう言った面での技術ではアメリカやロシアと差別化を図れない。
低予算宇宙開発だから意味があるって理解している人は少ないと思うぞ。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<他文化の流入と日本【前編】(part49スレ) | メイン | 世論調査はいいかげん?(part49スレ)>>
コメント
-  -
>防衛戦に特化した戦闘機
迎撃機と言うカテゴリーがあってだね……
(まぁ、日本じゃ制空戦闘機並の航続距離が必要だが)
2011/07/06 17:40  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
「素晴らしい文化」とかスレでは誰も言ってない件。

縄文系文化の存在は、否定できないレベルで明らかになってないかな? 少なくとも個人的にはそう思う。
世界で最古の土器が発掘されたとか、何か浪漫を感じてしまう。
2011/06/24 12:06  | URL | #iqcMLOeU[ 編集] |  ▲ top

-  -
はやぶさは、100点満点で500点って言われてるとおり
そこまで成功するかは判らない部分も有ったからなぁ
その辺はNASAの研究員を責めるのはちょっと違うと思う
まぁ文句言う人はその辺判らないんだろうけどさ

詰め込みすぎだろって位色々詰め込まれていたからなぁ
はじめはイオンエンジンってだけでわくてかしてた

窒息スクラムがオオスズメバチに効果が薄いのは
野生化しないって事で証明されてるかと
2011/06/21 10:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
西洋ミツバチにも「窒息スクラム」があるんじゃなかったっけ?
オオスズメバチに無効なのか?
2011/06/20 17:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
NASAの連中、政府からこう言われてるとか。
「日本はあんな少ない予算ですごい成果をあげている。
君たちはナニをやっているのか?」って。
2011/06/20 17:18  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
反論する奴がいないとここまで斜め上な会話が続くんだな、
と感心すらしてしまう記事だな。

日本には文字が輸入される前から口伝による素晴らしい文化があった?
まあ、そうかもしれんが、それじゃ朝鮮人のダンクン神話の主張とかわらないだろ。
スズメバチも、それに対抗できるトウヨウミツバチも大陸にいる。
ニホンミツバチはトウヨウミツバチの一種でしかない。



2011/06/20 16:43  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
宇宙開発費の低さにぽかーんとした記者さんは、ハヤブサの成功を聞いてこういったに違いない。
「この国なんか変だよ!」
2011/06/19 16:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
これは2005年だけど、この後日本は、
はやぶさプロジェクトを成功させて世界をアッといわせるんだな

「とてもじゃないが追い付けない」はずの日本が
NASAでもできなかったことをやり遂げた
2011/06/19 05:52  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
216に対する217と218の反応にワラタwww
2011/06/18 22:29  | URL | #ZKOmeVts[ 編集] |  ▲ top

-  -
はやぶさや飛行球体はその流れを汲んでるんだな
2011/06/18 19:51  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 国産の戦闘機用エンジンってアメリカにあるんだっけ?w
 国内で検証する設備が無いからw
 純国産の戦闘機に期待(性能はアテにしないけど、どっか変態的な部分がありそうだから)してるよ。
防衛戦に特化した戦闘機なんて思想は日本以外に有り得ないだろうから、絶対に爆笑させてくれる機能が付いてくる!・・・と信じてますw
2011/06/18 19:02  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/311-2e9e3a81
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。