2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
戦艦大和を語る(part47スレ)
- 2011/05/22(Sun) -
679 :日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 22:41:46 ID:mpgcTKTY
97 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2005/07/27(水) 21:22:28 ID:enMpSGti
ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
一通りの祝いの言葉の後に、 自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を 掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。
同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき
神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」
と尋ねると、新郎は小声で「大和です」
それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。
私はその後は仕事になりませんでした。
ウェイトレスの女の子達は不思議そうな顔をしておりましたが。
http://www.history.navy.mil/photos/images/h63000/h63433.jpg
http://www.history.navy.mil/photos/images/g700000/g704702.jpg

680 :日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 22:49:58 ID:e0C8S47d
>>679
随分前からあるコピペだよな、それ。
出所は何処なんだろ?軍事関連っぽいが・・・

687 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 04:55:16 ID:K6Tux9/N
>>679
大和じゃなくて海防艦○○号とかだったらどうだったんだろう。
海自は未だに大艦巨砲主義なのか。

689 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 05:21:21 ID:XqkfO5Zl
>>687
言ってる意味がワカラナイ…
「大和が誕生しなければ海自は大艦巨砲主義のままかも」ってこと?

それだったらないよ、大和は結局戦局には寄与せずに終わったもの。
大和の悲劇のひとつに、世界最大最強の戦艦として生まれながら、
誕生の一週間前に世界は空母機動艦隊という新しい可能性に気づいてしまったこと。

695 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 10:39:06 ID:K6Tux9/N
>>689
読解力ないな
「大和」に異常反応してる自衛官たちへの皮肉なんだが
果たして「駆潜艇」とか「海防艦」のような艦だったらどういう反応だったのかなと言ってるんだよ
「すっ転ぶような勢いで直立不動で敬礼」したのかなと

699 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 11:24:10 ID:JqKUEm2o
でも大和の乗組員って精鋭を集めてたんじゃないの?

710 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 20:07:23 ID:rr3w9qNy
>689
空母機動艦隊という新しい戦術を開発したのは山本五十六で、
初めて実行したのは真珠湾ですが。

つまり日本は自分で大艦巨砲主義を葬って、そのために自分のくびをしめてしまった

714 :689:2005/07/28(木) 21:27:53 ID:XqkfO5Zl
>>695
ああ、そういうことか。
でも艦艇には命名基準というものがあって、大和はそれに習ってたまたま「大和」になったに過ぎない。
(「大和」だから戦艦として作ったのではなく、戦艦に順番に当てる名前が「大和」だっただけ)
もし世界最大最強の戦艦が違う名前なら、その名前に反応したんじゃないかな。
それともし他の戦艦、たとえば長門とか陸奥でも海自の人は反応すると思う。
つか、「大和に反応したら大艦巨砲主義」っておかしいよ。

>>710
>空母機動艦隊という新しい戦術を開発したのは山本五十六で、
>初めて実行したのは真珠湾ですが。

そのとおりだよ、真珠湾でアメリカも航空機の有効性に気付いてしまった。
完全に確信するのはPOWとレパルスの撃沈だけど、真珠湾攻撃でそれまで補助的な役割だった
空母機動艦隊が海戦の主戦力になりうることが知れた。
誕生から一週間っていうのは、大和の就役が真珠湾攻撃から1週間後の12月16日って意味。

715 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 21:32:22 ID:div2kd7b
あいや、通りすがりのもんだが、
「大艦巨砲なフネの名前に脊髄反射してしまう海自の人たち」
ってことではないかと。

716 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 21:37:11 ID:vOvb1WMz
大艦巨砲うんぬんではなく、悲劇的な最期で詳細がよく知られているからだろ。
重巡三隈でも伊33潜水艦でもでも同じ事はしただろう。目撃したホテルマンの印象は変わっただろうが。

717 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 21:47:22 ID:div2kd7b
でも、邪推かもしれんが、
やっぱ「大和」の一言は、
強烈に効くと思う。w

718 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 21:55:40 ID:Vwx9NU1K
「ヤマトっていうと、あのイスカンダルまで往復した?」

719 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 22:10:54 ID:bMCOuaC8
>>718
女子乗組員の制服なんであんなにエロいの?

720 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 22:17:44 ID:rY8br9Hc
俺の親父は退役した元海自だが、大艦巨砲主義者でも何でもなく
大和って船には理屈抜きで響く何かがあると言ってる。
当時の戦術のトレンドには合致しなかったが、当時の日本を代表する
一隻ではあるだろうよ。

俺は大和と言えば「ヤマトの諸君」「デ、デスラー!」な奴だが。

722 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 22:35:30 ID:SqHjJc0i
>>720
刀に心を奪われて銃で撃たれた侍みたいだな
格好良いが銃後の人間にとっては迷惑な話だ

730 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 23:48:10 ID:CK2Bsw0W
>>722
「主義関係なく理屈抜きで」っていってるじゃんよ・・・

723 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 22:42:39 ID:5aGW4XvX
>>720
>俺の親父は退役した元海自だが、大艦巨砲主義者でも何でもなく
>大和って船には理屈抜きで響く何かがあると言ってる。

それは軍人に限らない気がするな、わかる気がする。
まあ、俺様もヤマトというと、さらば~地球よ~
と唄いたくなってしまうクチなわけだが。

727 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 23:24:54 ID:wExynNSW
うちの母方の爺さんが戦時下で海軍の戦艦乗りで、
東シナ海を航行中、潜水艦だかの一撃で撃沈されてしまい、
3日も大海原を漂って、本当に奇跡的な確立で救助され、
そしてだからこそ、今俺がここに居るわけだが。

そんな爺さんが、
大和ってのは、やはり特別な存在、象徴だったみたいなこと
生前に言ってましたな。

>>723
軍艦マーチの節で
♪戦艦大和に毛が生えて~
ってのもあるw

729 :日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 23:38:06 ID:5aGW4XvX
>>727
知ってる、それw

732 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 00:18:36 ID:SGpde2JF
戦艦大和が沈む時
○○○○が逃げ遅れ
ぼろぼろパンツで平泳ぎ
着いた所は野糞島

子供の頃誰かに聞いた軍艦マーチ

733 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 00:48:42 ID:iw1wmn8p
ドラえもんでやたらリアルな戦艦大和がでてくる話があるんだよな。
それで戦争ゴッコやっちゃう。
http://hendora.com/hendora/hendora08/hendora8.htm
http://hendora.com/hendora/hendora08/jiman.gif←スネオの戦艦大和

宇宙戦艦ヤマト見たことない俺にとってはこっちのが馴染みがある。
今の時代、こういう話はドラえもんではアニメ化しづらいだろうな。

734 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 00:53:31 ID:1dWBTBMF
最近の小学生は戦艦大和のことちゃんと知ってるんだろうか

735 :733:2005/07/29(金) 01:27:58 ID:iw1wmn8p
昔の子ども雑誌は戦闘機特集とか戦艦特集とか多かったみたいだね。

そのうち、かっこいいものが特撮モノとか、バイクとか車とかになって今に至る、みたいな。
途中、SFブームで宇宙戦艦ヤマトとかのリバイバルがあるんだけど。
今は何回目かのリバイバルかもしれない。戦争特撮映画がたくさんやってるし。

参考

736 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 01:35:29 ID:WMf1PnSt
そういやここ2,30年子供向け雑誌で現代戦闘機だの戦車だのの特集は見たこと無いな。

>>733
その話はのぶドラ当時にアニメ化されてたと思ったが。

737 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 02:27:15 ID:rJKRJdgr
>687,695
戦艦大和には日本海軍内の名人クラスの人材が
選抜され配属されていたってことを知らないのかな。

海自の中の人なら、新郎のおじいさんは誰もが目指してやまない
最優秀な技能を持っていたことぐらいすぐわかる。
だから「すっ転ぶような勢いで直立不動で敬礼」したんだよ。

738 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 02:35:49 ID:f/g/8eK3
昔は連合艦隊全百科(ドラえもんとかと似たようなの)とか普通に売ってたんだけどな。

739 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 02:37:15 ID:9tjNCKMF
アニメのヤマトというと、いろんな人がグダグダしてキモイ、
ミットモナイというのが大向こうの捉え方だと思う。

740 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 03:14:31 ID:zawleTdY
>>739
おまいは真田さんの素敵さを知らん可哀相な香具師だ…。

741 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 04:25:51 ID:WMf1PnSt
>>737
でも、たしか学徒兵とかも乗ってたような。

742 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 08:25:08 ID:aMUzWwlw
ヤマトといえばもう波動砲。これ。
艦橋の全員がサングラス、古代グリップ握ります。
エネルギー充填120パー、シリンダー装填、どでかい砲の穴に光の粒子?が。
イヨッマッテマシタ!発射。圧力でシリンダー逆戻り。
いや~撃った撃ったスカっとした。

743 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 08:25:10 ID:W3arthTb
>>710
しかも、レイテ沖海戦では、空母機動部隊を
おとり艦隊として使って、敵の主力を戦場から
引き剥がすことまでやってる。
作戦としては、ほとんど成功寸前までいったんだが・・・

744 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 09:18:42 ID:chRO8kiv
航空主兵の時代に制空権無しじゃ、戦艦はいい的だったな。
もし日本がアメリカ並みにレーダーを装備しVT信管を持っていたら、
相当善戦出来たと思うが、残念ながらその力は日本には無かった。

745 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:15:29 ID:aivJclTN
>>710
空母機動部隊はその前からイギリスが運用してるよ。
山本が参考にしたタラント奇襲も行ってるし。

むしろ日本が先鞭をつけたのは空母の集中運用。
これは最後のGF長官である小沢治三郎提督が上申して実現した。

746 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:44:32 ID:s6yi4DO6
ウゼー
日本の敗因は生産力とマンパワーが劣っていたから
陸海対立や大鑑巨砲主義など他は付属的なものに過ぎん
アメリカと日本の司令部がそっくり入れ替わっても上記に劣るものが負ける

747 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 11:23:56 ID:NWAsUMIH
生産力や物量ということなら日露戦争のときだって圧倒的差だった。
まあマンパワーなんて抽象的なもんはどうでもよい。
だが日露戦争は米国や英国、ドイツといった欧米の強国が味方だった。
逆に太平洋戦争はそれら全部が敵だった。
講和で仲裁してくれる大国も期待できない、敗戦はほぼ決まってるような戦いだった。

748 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 11:33:51 ID:TuedRPmY
>>747
>逆に太平洋戦争はそれら全部が敵だった。

ドイツも敵?

749 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 11:49:11 ID:1dWBTBMF
揚げ足うざいよ

750 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 12:23:39 ID:s6yi4DO6
枢軸対連合の時点でマンパワーが負けてるだろ

751 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 12:30:12 ID:s6yi4DO6
>>747
ああ日露戦争と第二次世界大戦が同じ戦争だと思ってるのね
ベトナム戦争とかとどう違うかわかる?ボク?

754 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 13:16:23 ID:C3HwLvts
そういえば、うっすらと覚えてるが、
70年代の少年誌には、巻頭カラーで小松原画伯の描いた軍艦イラスト
なんてのが、よく特集されてたな。
当時は懐かしの歌謡みたいな番組でも
軍歌を唄ってたの覚えてるし、まだ戦後は終わってない時代だったんだなと、
今更ながらに思った30代。
80年代に一掃されちゃったけど、これも意図的なもんだったんだろうというのも
今更ながらに思ったり。

755 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 13:23:49 ID:t3jDWu1U
>>727
それは金剛だと思う

756 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 13:35:41 ID:iw1wmn8p
>>754
ドリフも軍歌の替え歌が多かったみたいだね。

757 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 14:34:42 ID:fZWIVqIw
>>754
今じゃ「武蔵」を知っているのが
クラスに一人いるかいないかだからね。
そして武蔵を知っていれば奥深くまで入り込んでいるタイプという・・・。

趣味の細分化? まあ、そうなんだろうね。車だって好きなのはクラスに1,2人だったしな。

760 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 15:35:46 ID:9tjNCKMF
むかし、真珠湾攻撃を、日本の100隻くらいの空母から発進した
10万機のゼロ戦によって行なわれ、真珠湾にいたアメリカの戦艦を
1000隻も沈めたと説明した子供を見ました。

761 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 15:42:25 ID:nAhRs/o1
すごく、たくさん、
って意味だな、きっと。w

762 :重爆:2005/07/29(金) 15:51:28 ID:jkJJr2Vq
>>757
対空用戦艦で無いのに魚雷二十本耐えた戦艦を知らぬとは・・・
まあ、あんな教科書では当たり前か、
>>760
うわ~空母一隻辺り100機の零戦って・・・

自分が挙げたスレ、情報には・・・(以下略)に打とうと思ったら・・・
・・・なんだよずっと人大杉ってのは・・・

763 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 15:57:57 ID:lv2TbyTF
旧海軍にはマクロス級の戦艦があったと主張したいんだろう<空母一隻辺り100機の零戦

764 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:02:06 ID:C3HwLvts
>>763
子供の頃の記憶処理能力ってあいまいで出鱈目だから
どっかで現実とごっちゃになってる奴とかマジに居るからなぁ。
マクロス当時にガキだった人の当時思ってた戦争感とか、
近いもんあったりして。

765 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:06:18 ID:DafpR1VE
マクロス級があったら戦争には負けてない。

766 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:09:09 ID:DR7vL8oR
>>762
大和だか武蔵は日米の資料で被弾した魚雷の数が違うとか。
日本側は6本でアメリカ側は30以上だっけ?

>>765
そもそも戦争になってない。

767 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:23:00 ID:HVSR80uY
作ろうぜ、マクロス級と言わずボドルザー級くらいの。
気化弾1000発くらい食らっても沈みそうもないぜ。
シーレーンも安泰で造船業界も大助かり。

768 :重爆:2005/07/29(金) 16:38:15 ID:jkJJr2Vq
>>766
30以上って・・・うわ硬っ
そんなのが二隻いっぺんに出て来られたらアメリカはうんざりするな、
しかも二十ミリ三連装機銃が四十ミリボフォース二連装機銃(VT付き)になってて、
主砲には三式弾+VT信管とかになったら(ありえないですがね)・・・

769 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:42:14 ID:9tjNCKMF
>>767
> 作ろうぜ、マクロス級と言わずボドルザー級くらいの。
> 気化弾1000発くらい食らっても沈みそうもないぜ。
> シーレーンも安泰で造船業界も大助かり。

はやく反戦カルトが流布した燃料気化爆弾に関する情報操作から脱すること。

770 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:47:57 ID:hVjkJUlk
大和だろうが武蔵だろうが戦艦なんて、潰すのに手間は掛かるが脅威にはならない。

771 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:55:06 ID:Ph29T74d
>>742
科学の粋を集めて作った波動砲。
でも発射前には、腕まくりして片手にスパナ持ったハゲ機関長が走り回るんだよな。

772 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 17:25:18 ID:XM5O4P6J
>>766
普通、戦艦でも魚雷一発で沈むのが珍しくない。
30発でやっと沈んだと云うのは驚異なのである。
確か、武蔵が20発以上は受けて沈んだと思うのだが、
米国が賞賛して日本が謙遜してるのだろうか・・・・

それとも、米国が当てたと云い日本は避けたと主張してるのか?

773 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 17:35:00 ID:WMf1PnSt
被弾数と発射弾数じゃねーの?

775 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 17:56:30 ID:qs2hP1dk
詳しくは知らないが、武蔵と大和は攻撃のされ方が違ったはず。
武蔵は全体を攻撃されてなかなか沈まなかった。大和は艦の片側に魚雷を集中して受けた。

776 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 18:52:54 ID:vsUEv2si
正確には武蔵が全体攻撃で中々沈まなかった教訓を生かして
大和には片舷攻撃を徹底させたんだったよね。

777 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 19:10:21 ID:t+hjlMwl
>>775
武蔵の沈み方を参考にして、大和の攻め方を変えたということでいいんですか。

778 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 19:15:06 ID:t+hjlMwl
ちなみに、先日放送されたNHKの「その時歴史が動いた」戦艦大和の最後
は、NHKにはめずらしく自虐史観なしの普通に見れる出来ですた。(軍オタの評価は
知らないけど)

スケジュールどおりなら来週木曜深夜に再放送です。

次週はソ連の参戦で満州で何が起きたか、だと。これは要注意ですかね。

779 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 20:16:26 ID:/4iRWlX4
今は大和ですら教科書に載ってないのか?
昔の話だが、厨房のとき先生が戦艦大和の話になった際
「戦艦よりも小型の種類のフネをなんというか知ってる者いるか?」といった。
少しは戦艦に興味のあった漏れは、あぁ高雄級のことだなと思い手を上げて指名されたが
「巡洋艦」という言葉がでてこない。
しょうがないから「重巡」と答えたんだが、これが先生にヒットしたらしく
以降授業中になんとなく目をかけてくれたような気がする。
あくまでも気がするだけだがw

780 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 21:07:05 ID:9tjNCKMF
まあ、俺的には、超弩級戦艦というのは、軽巡洋艦を50隻、
コルヴェット艦を50隻搭載しているやつのことを指すわけだが。

781 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 21:44:48 ID:HVSR80uY
「片道分の燃料で」って言ってたようだが… >>778で言及されてる番組
でも「それって嘘」って話も聞いたような気がする。

真相は? >軍ヲタ各位

782 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 21:53:51 ID:Bu65CJ+C
すこし前の朝まで生テレビに出てた元整備兵の爺さんも嘘だって言ってたよ。
ただ、燃料タンクになってるフロート(?)を外して
一番大きな爆弾を搭載したりしたので、その場合は飛行可能時間が短くなるとかなんとか……

783 :782:2005/07/29(金) 21:57:36 ID:Bu65CJ+C
あ、ゴメン。大和の話か。
脳髄反射で書き込んじまった。スルーして下さい。

784 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 21:59:55 ID:0/niv9Hx
>>781
漏れも朝生で聞いた。片道分ってのはウソだとはっきり言ってた。たしか、
そこらへんのタンクからあるだけかき集めたとか…。大和の話だよね?
785 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 22:07:31 ID:W3arthTb
>>781
これが詳しいんではないか?

786 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 22:11:17 ID:4EpEdlvc
>>781
むしろ満タンにしたとかって話だろ
まぁサヨクの嘘が一般化した典型だな「燃料片道分」ってのは。

787 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 22:14:19 ID:BV8xv2VQ
>786
『大和と武蔵』なる本でも否定されていたな。
「これから戦いに行く飛行機に半分しかメシを食わせない話があるか」
と、給油担当があちこちから油を集めたとか。

788 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 22:20:08 ID:s6yi4DO6
つーか必ず会敵できるわけでもないし、特攻すればガソリンは爆発するしな

789 :781:2005/07/29(金) 22:26:00 ID:HVSR80uY
どもどもです >皆様
やっぱり「片道分」てのは嘘みたいですね。
NHKてば、相変わらずそれを言い切ってましたよ、
ゲストが勝手に言ったとかではなく、松平ナレーションで。

790 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 22:30:28 ID:2l6y2Lec
>>789
実況スレでも
「片道分の燃料だと火力が減るからありえない」(スピードが遅くなるって事か?)
って言ってた

791 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 23:07:38 ID:J9dhpuQI
>778
今回の大和は以前やったやつの再放送なのかな。
前に満州/ソ連参戦もやってたけど、確か堺屋が
「ソ連に攻められたら持ちこたえられない>ソ連に攻めて欲しくない>
 ソ連は攻めてこないだろう>ソ連の参戦は無い!」と希望と憶測の3段活用で国策を誤った、
みたいなセリフで締めてた希ガス。

792 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 23:10:10 ID:FutBthu4
駄目左翼、調べ難くて足の付かない嘘を吐き

795 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 23:57:30 ID:/vo9UM2P
今、NHKが戦艦大和を取り上げるのは反米感情をかき立てるのに好材料と考えた部分もあるだろう。
日米離間工作は中国や北朝鮮が望んでいることだし、チャイナ・スクールのNHKは当然この路線。

という事とは別に、映画も作られるやら終戦記念日も近いやらってことなのかな。

796 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 00:24:19 ID:MGORmNHS
片道分じゃなくてタンク半分とか
聞いた気がするけど・・・。 うろ覚えだから多分違う。

でも十分往復は出来たみたい。5~6往復も可能とか見たような。

797 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 00:26:54 ID:Ar0ZIl8m
来週再放送されるなら訂正されるんじゃないか?

798 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 00:30:18 ID:fnSbg2l8
>>795
そんな事でしかあの番組を見れぬとは、何と視野の狭さよ。
疑い深きは、時に世を見えなくするのだなぁ。

799 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 00:33:39 ID:z/wvtJIQ
世界最大の戦艦「大和」は有名だけど
世界最大の潜水艦「伊401」はさほど知られてないね。
やっぱり潜水艦って格好良くないっつうか、地味だからかな……

800 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 00:43:00 ID:wHdTyKVP
大和復元するとえらい金かかるけど、ゆきかぜあたりならなんとかならんのだろうか。
タイタンで眠っているほうでもいいけど。

801 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 00:54:06 ID:6/cOrV1b
そこで独立国家大和ですよ
この記事のURL | ジャポニスム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<団塊Jr.世代が子供のころに流行ったもの(part47スレ) | メイン | 文章の書きかた(part47スレ)>>
コメント
-  -
大和はじめ、乗組員を犬死させたのは戦争オタクの昭和天皇でいいんですよね?
2011/06/30 15:43  | URL | 大和魂 #fsTTlcLw[ 編集] |  ▲ top

-  -
亀すぎてもう見てないだろうけど>※5
答えは造ろうとしたら戦争が始まって計画が遅れて、もたもたしてる間に真珠湾がおきたから。
あと大和よりでかい船をつくると入れる港やドックが限られたり、存在しなかったりで運用に支障をきたす。
2011/06/30 02:50  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
…なんでこの話で海自の方がすっころぶ勢いで敬礼したかが判らない人が多いのかが信じられない。

大鑑巨砲主義も優秀さも関係ないよ。
日本海軍最後の「あの作戦」に参加して「あの戦場にいた」ということだけで、海自にとっては「特別な人」になるんだよ。
ナポレオンの言葉に有名な言葉にこういうものがある。
『「アウステルリッツの戦いに加わっていた」と言いさえすれば、こういう答えを受けるであろう。「ああ、この人は勇士だ!」と』。

大和の沖縄特攻をはじめ特攻作戦は軍事的には無意味な作戦だったかも知れないが、その後の百年(あるいは千年の?)日本人に『伝説』と『神話』を与えるという意味で成功してしまった作戦だとおもう。


2011/05/28 17:36  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ミサイルが実用化されるまでは戦艦って有効な兵器だったんだけどね


つか空母中心に転換しようとしてもパイロットも飛行機も足りないって話が…
2011/05/25 07:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「歩留まり」の考え方って問題もあるんじゃなかろうか。
最高度に物量と技術と予算を注ぎ込んだ、超高級品を創ることを目指すよりも、実用上充分な能力を持った平均的な高級品を造ることを指向した、とか。

あと連合国側にとって、太平洋戦争開始当時の重要な戦場って、ナチスドイツのいる欧州大陸だから、海戦の必要性が重要視されていなかったんじゃない?
2011/05/24 08:03  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
大艦巨砲主義は世界の海軍における思想だった、、みたいなことよく書いてあるけど
それに対応する英語表現が見当たらない
ほんとに世界の思想だったのか?
もしかして、日本だけがそう思い込んでただけじゃないのか
理屈で考えても妙なんだよね
もしそんな思想が世界にまかり通っていたのなら
なぜ日本よりはるかに経済力、工業力に勝っていた欧米各国が
大和なみの戦艦を作らなかったんだ?
本当はそんな思想なんか無かったんじゃないのか
2011/05/24 07:28  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>刀に心を奪われて銃で撃たれた侍みたいだな
>格好良いが銃後の人間にとっては迷惑な話だ
撃った奴の後ろなんだから別段迷惑でもなんでもないのでは?
とか考えてみた
2011/05/23 21:42  | URL | ('A`) #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
大和船員に対する尊敬と大艦巨砲主義結びつける意味がわからない…
普通に歴史上の重要艦であって、乗員もエリート。そういった人たちに対する敬礼だろ
国歌を歌ったら皇道派か?ww
こういう理性と感性がごっちゃんなってるやつが精神だの根性だので勝てると思って戦争起こすんだろうな
2011/05/23 15:48  | URL |         #uMbUx.Uw[ 編集] |  ▲ top

-  -
ある漫画家の人が言ってた
大艦巨砲主義は終わったと言うけれど終わったのは巨砲主義だけで大艦主義は終わって無い
実際、空母は大和よりさらに巨大じゃないかって書いてた
2011/05/23 08:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
すっ転ぶ勢いでってのは「大和に乗っていた=精鋭中の精鋭」ってことだからだと思うけどな
2011/05/22 17:20  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/302-ea64984e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。