2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なぜこれを食おうと思ったのか(part46スレ)
- 2011/04/22(Fri) -
272 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 18:55:40 ID:YBJG9B86
ふぐみたいな民族なんだろう。
その毒に気づかずに食べてしまって日本死んじゃった。

273 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 19:09:56 ID:jO/SFQAp
日本は負けても落ち込んで投げやりにならずに、失敗や経験を生かして発展してきた。
まあ、めげない民族だなとは思う。
でもさ、食い物に関してはちょっとどうかしているんじゃないかってくらい
目の色が変わるのはなぜなんだ。別に食い物に困ってるわけでもないのに昔から。

274 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 20:34:55 ID:Omsy83jc
>>273
意味不明。
がっついてるってこと?
食にこだわりがあるってこと?

275 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 20:35:32 ID:MmSl0Wz3
>>273
そうかな、食べ物に関しては中国人にはかなわないと思うけどな。
貪欲さとか執着心とか。

276 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 20:35:51 ID:/UU9Puqi
>273
既に答えを言っているじゃないか

>日本は負けても落ち込んで投げやりにならずに、失敗や経験を生かして発展してきた。
>まあ、めげない民族だなとは思う。

277 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 20:48:34 ID:9HD20ucd
>>273
目の色が変わるといっても摂取するカロリー量は西欧人に比較したらかなり少ないよ。
これは日本へ来る旅行者をしばしば悩ませることになってる。
それにもかかわらず日本人が食い意地はってるとみられがちなのは、
おそらく魚介類を主蛋白源にしてるめずらしい食習慣だからではないか。
イタリア人やフランス人も魚介類は食べるが趣味的な高級食材としてだろう。
でもそれを世界中から買いあさって毎日食いまくるのだからそんなイメージになるのでは。

279 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 20:59:36 ID:+SMAxRuu
>>273
海・川の物限定ですよw

292 :日出づる処の名無し:2005/07/02(土) 23:40:40 ID:x2LXF+E5
>>273
>食べ物

なんていうか、根性入りすぎw
既出だけどコンニャクとか河豚とか。
出来上がるまでの過程で、触れたらかぶれて危険なようなものを
なぜそうまでして喰おうと思うのか…。いや、好きだけど。>コンニャク
ホヤとかナマコとかも…フツーにグロイだろうと。

293 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 00:31:50 ID:Mjh+DLlZ
俺はフグを食うことにビビるw
今のような形で食べるようになるまで一体何人の犠牲が出たんだか。

294 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 00:38:05 ID:/x/+P8Un
貝塚にもフグの骨がある

295 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 00:42:13 ID:IICxO04+
>>294
そんな昔からギャンブラーが…。

296 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 00:45:31 ID:yZ0P7S2x
食って、死ぬ場合と、
死なない場合がある、
・・・ってところから、
食える部分や調理法を確立したのかな。
経験の蓄積によって・・・。

297 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 00:59:15 ID:oNxEf+kp
トライアンドエラーでどれだけ死んだんだって感じだ。
良くもまあ食うのを止めなかったものだ。
河豚はくいたし命は惜しし、というくらいだからな。

298 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 01:03:12 ID:nz54KqMy
わらびや葛から澱粉を取ろうってのも、すごい手間な気が。

299 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 01:06:26 ID:mu8Hg+AO
>>273
日本が食い物に困らなくなってきたのは近代化後だと思う。
江戸時代だけでもどれだけ飢饉の記録が残ってることか。
古くは氷河期明けから獣が減って渋い木の実なんかを食べないと生きていけないから
土器も発達したのだし。

300 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 01:08:08 ID:mu8Hg+AO
>>292
古い物の食べ方は栄養的にも道理が通ってるってのが多い中、
コンニャクだけは謎な気もする。
栄養ないのに。

301 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 01:19:36 ID:b8tui1Xy
>>300
約97%が水分で、あとは繊維と、カルシウムも意外と(牛乳の半分くらい)ある。
まあ、確かに手間をかけて食べるほどのものとは思えないが…

302 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 01:36:47 ID:+on8U/so
>>301
そのうちコンニャクキナーゼとかが見付かって
先人の偉大さを再確認する事になるんじゃないかなあ。
俺が生まれてからの間でさえその手の発見が続々出てるわけだし。

303 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 02:26:22 ID:yZ0P7S2x
とりあえず、腹の足しには、なってるわな。w

304 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 02:43:12 ID:nz54KqMy
刺身こんにゃくを酢味噌で食う。日本人だな~。

305 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 02:49:10 ID:b8tui1Xy
単に好きなのかねー。日本の料理に合うとか。

>>304
ものすごく食べたくなったぞ! この夜中にどうしてくれる!

306 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 02:49:47 ID:IICxO04+
>>304
美味しいよね。
今のところ、役に立ってるといえば「ダイエット」方面でなのかな…。

347 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 22:26:37 ID:597WY3K8
>>306
お菓子で役に立ってるじゃないか、「蒟蒻畑」うまいぞ。

307 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 02:51:10 ID:WP5Jf8ao
冬は味噌おでんだ!味噌こんにゃく!味噌こんにゃく!
味噌、醤油、出汁がなければ生きていけない。あと米。

ところで、こんにゃくに切れ目を入れてオナーニって本当にやる人いるのだろうか?
なんて罰当たりなんだろう…と、ふと思った。

310 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 05:52:45 ID:AJ83fLcq
>>299
昔読んだ考古学の本だと
縄文・弥生時代の人骨より江戸時代の人骨の方が栄養状態悪いのが多いらしいけど
今はその説がどうなってるのかは知らん

311 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 05:58:52 ID:O467N/gb
江戸より鎌倉時代の方が体格がよかったというのもあるしね。
その頃肉食ってたみたいだけど。

312 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 06:03:40 ID:9VmyAqOw
こんにゃくはダイエットの最高の友。
普通の糸こんにゃくがだいたい一袋で200~300グラム入りなんだけど、
100グラムで5カロリー!おかずにまぜるだけで満腹感はあるのにカロリーは無し。
しかも旨いし。

ふぐは縄文時代にもさんざん死んでるみたいだけど
それでも食い続ける日本人ってw
でもそれだけ食べてたって事はその時代には既に食べても死なない調理法が判ってて、
それに失敗した人だけが死んでたって事なのかな。
今の時代でもうっかり死んじゃう人はいるし。
カラスミとかも良く考え付いたよね。

313 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 06:30:16 ID:8qnasBbZ
食いもんの話になると必ずスレが伸びる。
日本人は食い意地張ってんなw

314 :べ:2005/07/03(日) 06:30:27 ID:VduZM2gA
こんにゃくは欽明天皇のころ大陸から伝わったらしい。
原産地はコーチンシナ 現在のベトナム メコン川流域とされている。

江戸期前は輸入が主で元禄年間に国内栽培が中心になった。
以上鬼平料理帳から記憶に頼って抜粋(いいかげんやなw

刺身こんにゃくもいいけど田楽柚子味噌も捨てがたい。
個人的には冬場の豚汁にこんにゃくは必須だぞい!!

315 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 07:08:11 ID:YDQNpzhl
>>310
日露での陸軍の病死者と同じ、白米信仰による脚気だろう。そんだけ白い飯はうまいわけだ。
脚気と瘡っ気、つまり梅毒は江戸で蔓延してたらしいが。

316 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 09:14:19 ID:i1RVyGCX
河豚の場合、「俺内臓嫌い。苦いから腹の中まで洗っちゃう」って奴のおかげかと。

317 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 09:37:43 ID:CdaTPDvI
大豆は更年期障害や動脈硬化に効くイソフラボンが大量に含まれ
健康に良いのだが、喰いすぎると、甲状腺ホルモンの原料である
ヨードの排泄を促進してしまうので、これまた困った事になる・・・が、
日本の惣菜では昔から、大豆は大抵ヨードが豊富な昆布と一緒に煮物にするので問題ナッシング。

問題は昔の日本人がどうやって、この組合せを発見したかである。
採れる所も全く違うし、組合わせる理由なんて何も見つからないが、
野生の勘なのか・・・・

318 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 10:46:27 ID:i1RVyGCX
大豆と昆布の煮物なんて食べたことない

319 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 10:51:12 ID:IQTKPymX
作らないけど、真空パックの佃煮みたいなのを買ってた来て食べるよ。

320 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 10:56:06 ID:7BQpeGvC
わからんけど、昔から一緒に組み合わせて食べてたものって
実は科学的に最高な組み合わせってのが多いよね。
ざる蕎麦の後の蕎麦湯も、実は溶け出した蕎麦の有効成分を余さず摂取するのに最適だそうだし、
寿司桶の中に笹の葉を敷くと殺菌効果が高くなったり。
昔の人ってすげー。

322 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 11:58:18 ID:s/MtPByx
昆布ではないがひじき煮に大豆入れるのは家ではデフォ。

324 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 14:20:01 ID:3/vNgRmO
刺身のわさびも殺菌効果が高いからで
辛さ目当てでコチジャンつけるのとは意味が違うわけで。

326 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 14:21:20 ID:o9biY+kp
おでんやった時とか、でっかいだし昆布食べるのが楽しみ。
外人って海草食わないっていうけど、もったいないなぁ。

327 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 14:43:28 ID:i1RVyGCX
>>326
ちょっと待て。あの昆布は食うもんじゃないだろう。

328 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 14:50:02 ID:BvJDQzs+
いや、食うのが昆布の達人らしい
ガッテンでやってた

329 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 14:54:19 ID:9gD1ZZhN
海藻の類は食べ過ぎると体に悪くなかった?
普段食べる量のレベルなら問題ないだろうけど

330 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 15:18:25 ID:7Tgd9C45
なんでも食べすぎは良くないんでは。
野菜だって脂溶性ビタミンとかある品。
ミネラル過多も問題ありだから、海藻もほどほどがいいだろうね。

331 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 15:29:29 ID:CdaTPDvI
>>329
海藻類は喰いすぎると、ヨードを摂り過ぎて、
やはり身体によくないのだよ。そこで >>317 へループ。

昔の日本人は神ですな。大豆と海藻を一緒に喰えば、
ヨードの摂りすぎも不足も避けて(微調整は身体がやるだろうし)
大豆と海藻の他の有効成分はキャッチ出来るのです。
イソフラボンやタンパク質やミネラルも摂りすぎは良くないんでしょうけどね。

海藻を最初から食い物と見做してない西洋人は不幸だと思う。
長期航海における壊血病(ビタミン不足が原因)克服に凄い苦労してるし。
ビタミンの存在を知らなかった時代は、経験からライムジュースを積むとか
色々工夫してるが、ビタミン不足を一気に解決する食品が、
壊血病で地獄絵図の船の外には死ぬほどあった訳で・・・・
縄に鉤を付けて曳航すれば幾らでも取れたんだよなあ。偏見って怖い。

332 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 15:52:04 ID:9gD1ZZhN
>>331
そうそうヨードだった
漁師町の人とかはヨードの取り過ぎで病気になる人が
内地の人より多いらしいと聞いた覚えが。
なんでも程々ですな

333 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 16:08:42 ID:aCXXN/AU
>>331
海藻の主成分ってミネラルじゃねぇ?
と思い調べたら、・・・・海藻って豊富なビタミンを含んでるんだ。
ワカメがVC豊富なんて知らんかった。
盲点だったよ。

334 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 16:15:58 ID:+on8U/so
植物だもの

335 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 16:42:36 ID:HZfct1Gi
>>332
逆に足りなさ過ぎるとセムシになっちゃうんだっけか>>ヨード分

338 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 18:23:54 ID:8HxvWauq
>327
自分のやり方だけど、出汁昆布(一緒ににぼしや鰹節を使った場合それも一緒に)
の出汁を取った後のものを適当に細かめに刻んで、
しょうゆと砂糖と酒で煮るとご飯のおかずに最高だよ。
しょうゆと梅干の種数個で煮ても旨い。
お弁当に入れて良し、そのまま食って良し、上からお茶かけて茶漬けにしても良し。
冷凍保存も出来ます。
一回やってみると良い。ハマるから。

339 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 18:38:36 ID:WP5Jf8ao
>>338
美味そうだなー
昆布とかひじきって、食べると髪の毛が黒く濃くなって良いと昔聞いたので
本当かどうかわからんが、子供の頃はそればかり食べていたら
今すごく毛深い。ちょっと引くくらい濃い。夏は辛いよ、むだ毛処理…

340 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 19:18:31 ID:h7aIEviP
>>320
昔の人って、今自分に何の栄養素が不足してて。
何を食べれば補給されるかある程度自覚できたんじゃないだろか。

自分が一時、少ししか物を食べなくなって生活してたら感じたんだけど。
必要最低限の食べもんで生活してたら。
味を感じただけでその食べ物、料理がどのくらいのカロリーか。
体にとってこんな栄養素が入ってるだろうっていうのが
感覚としてだんだん分かってくるようになってくるよ。

341 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 19:22:13 ID:1F5t5AXf
おでんには、昆布ではなく大根だろう!と言ってみる。
そういや、寿司以外の家庭料理系の料理店は
海外には進出しとらんのだろうか?

342 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 19:24:42 ID:1F5t5AXf
>>340
何となく「体が欲しがってるもの」ってあるよね。
一人暮らししてみて実感した。
もともと実家でもジャンクフード食べてなかったから
ってのもあるかもしれないけど。

343 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 19:46:50 ID:oNxEf+kp
男なら多少毛深い方がいいよ。
俺は体毛が薄いからな。髪も余り濃くない
レディだったらごめんね。

344 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 20:02:52 ID:04NOk7OG
>>341
うちは大根も昆布も入れるます

345 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 20:34:00 ID:IQTKPymX
うちの地方では、うどん屋とか行くと、具の一つとして
出汁昆布を折り畳んで串にさしたのがある。
先に滑り止めかコンニャクのちっちゃいのが刺さってるの。

346 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 21:04:56 ID:kEc6HLYP
昆布、つまりヨードをいくら摂っても髪の毛一本の黒さは濃くなるかもしれないが、
毛根の数とは関係ないし、髪の毛本体はキューティクルとかいうタンパク質だそうだし、
毛は濃くならないと思えるのだがどうだろう。
それともヨードにそれらタンパク生成を促す作用でもあるのかな。

349 :日出づる処の名無し:2005/07/03(日) 23:53:39 ID:LPuBXZyW
>>340
俺は昔超貧乏だった。
明日の食事に困るくらい。
その時に「米を食えば力が出る」というのは嘘だと体感。
茶碗一杯の米より2切れの肉食った方がはるかに力が出る。
ラーメンも駄目。

350 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 00:56:34 ID:HJkhOVvE
>>349
高校レベルの知識で考えてみたんだが、
肉=タンパク質、脂肪
米=炭水化物(デンプン)
であって、脂肪は分解してもブドウ糖にはならない。
デンプンはブドウ糖になる。そして脳の活動にはブドウ糖が必要とすると、
どっちかのみ食べて数日間くらすことを考えたら米の方が安全な気がする。

でも、たまに体がタンパク質を欲する感じがするんだよなぁ。やっぱ必要なんだな。

351 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 00:58:05 ID:fWT5ERsT
米は腹もちがいいから空腹を感じにくい、ってことだと思うけど。血糖値の問題。
そりゃ米だけじゃどうしようもないが。

352 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 01:08:50 ID:KSQ0LqCN
瞬発力は肉、持久力は米、てとこなんでは?

353 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 01:12:07 ID:fWT5ERsT
「米を食えば~」ってのはあくまで昼飯での、パンや麺に対してじゃないか?
うどんだけだとすぐ消化して空腹感が早くくるから、むすびも食う。そういうことだろう。

354 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 01:22:54 ID:5WyLYje9
俺も高校生並みの知識で>>349を考察してみたのだが、
思うにこれは人間の成長の時期によるのではないか。
二十歳前後までならまだ成長期であるからタンパク源という栄養素に即効性がある。
だがそれを過ぎると既に肉体は完成期にあるのだから、
米とかの炭水化物が有効になると思う。

355 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 01:54:40 ID:mKP++hz2
肉ばかり食べてると体臭がきつくなるんじゃなかったけか。
それは嫌だな。

356 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 02:15:01 ID:hMdH0l0Q
空腹時なら肉よりおにぎりの方が力出るに決まってんだろ

357 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 03:46:31 ID:Rge7ztoU
鄭和の大航海の際、壊血病が見られないことに不信を抱いてキチンと食物を調査した研究があって。

確か、船の中でもやしを水耕栽培しては食べてて
全然ヴィタミンには不足を来さなかった、という結果だった記憶がある。

コレを聞いたとき、むしろ壊血病にならざるを得ない食事ってのは
ヨーロッパ文明にひどく固有の存在何じゃないかと疑った。
もともとヨーロッパの食材、凄く貧しいし。

358 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 03:48:50 ID:fj9coN78
>341
海外にも定食屋があればいいのにな。
現地食に飽きたらそこで和食が食える。(゜Д゜)ウマー

359 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 03:55:49 ID:wRsjUmCL
コリアン和食がな!

360 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 07:20:58 ID:kFiv2Wgk
牛丼屋で良いじゃん
362 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 07:59:55 ID:ABE0tXrY
>>360
肉じゃなくて、魚とか野菜とか盛られたのがいいんだよぅ。
大戸屋みたいなの。

363 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 11:12:26 ID:an90vbT+
米は穀類としては最も多くたんぱく質を含むというぞ。

364 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 13:53:22 ID:MkeLUpvL
>>363
玄米はマルチ食物と聞くから、白米ばっかてのがイカンのかな?

365 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 13:54:40 ID:ZIiu7uLD
白米ばかり食べると脚気になる

366 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 13:59:27 ID:Dr6Umu4I
>>363
最近の玄米は、農薬などの成分が玄米のぬか?部分に濃縮されているので
玄米を食べるときは、無農薬または減農薬の玄米を選ばないと危ないよ。

367 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 15:24:05 ID:wnaPKo+G
市販の米で本当に無農薬なんてたぶんないよ。
自分のとこで食べる米を無農薬で作ってるけど
3~5%ぐらい虫食い、病気、未成熟の米粒が混ざるし、
これらを取り除くのは凄い労力使うから割に合わない。

368 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 15:37:36 ID:0zUo84r/
家の父は以前自家用の米を作っていたが、
いろんな栽培法を試していた。ま、趣味のようなもの。
ある年、完全無農薬にしてみたら、ムシが大発生。
収穫量激減。パン焼き器を買ってパン食になっていた。
その後は鯉を放し飼いにしたり、あいがも農法をやったり、
そこそこ成功したみたい。

369 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 16:14:00 ID:V3MsoKvg
中・高校生の時は、肉~、って感じだった。
だけど今は肉イラネ。食べても量食えない。

372 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 17:46:01 ID:rf2TZOKE
肉が米よりも力がでるというやつは、オ○ニーのやりすぎでたんぱく質不足になってるんとちゃうか?
普通は炭水化物の方がエネルギーとして即効性があるんだが。

380 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 20:41:39 ID:rzXTg4xW
>>367
取り除くのは全自動でできる。
昔と違って、現代の市販の米に小石が混じってない理由を考えればわかるだろ。

386 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 21:46:21 ID:KTlYEP9S
>>367
少なくともコシヒカリでは非現実的だな。
アレは味のみを優先したドーピング必須の虚弱品種だから。
無農薬で育ててた古来種をどこかかから引っ張り出して育てるとかじゃないと。

389 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 22:00:57 ID:9oy0Ejia
農薬といってもな・・・
今の農薬は時間が経てば分解するから、一般の店頭に並んでるのは検出限界以下。
問題なのは、中国みたいに出荷直前にかけたり、アメリカみたいに船倉に入れてから
殺虫剤をまくと残留しちゃう。

390 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 22:13:24 ID:8w7u/J5y
農薬が気になるなら亜鉛のめ

412 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 03:27:34 ID:yKpOkJG2
>>372
栄養学的にはそうなんだが
肉は脳に作用して元気を出すという説もある。
(※リンク先消滅)

428 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 15:58:50 ID:WdrTqgG5
米の話題が出たので
新農法で布団農法というのがあるよ
これは無農薬らしい
この前のWBS(?)でやってた
廃棄処分となる綿くずで米を挟んだもの薄いシートを田んぼに敷くだけ
水の管理さえできれば、雑草とりや害虫駆除をしなくていいらしい
(※リンク先消滅)
429 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 16:20:57 ID:8rK78h4U
>>428
すごいアイディアだ。なぜもっと広まらない?

430 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 16:49:38 ID:9EZQ4WIP
農薬業者とそれに癒着している農協が困るから

431 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 17:29:42 ID:ETvnV2um
無農薬は雑草や病害虫の発生を完全に抑えることはできない、
というか、最初から強い品種を使うんで少しくらいの発生なら問題ないんだが。
でも、隣の田畑はその少しで場合によっちゃ壊滅する。

逆に、農薬の空中散布があるからそのエリアでは無農薬という選択肢が不可能な場合もある。

だから某D村みたいに俗世から隔離された土地を用意するか、
地域一体で転換を検討しなきゃならない。

432 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 17:56:32 ID:/u5mwxRd
>>364
日本の軍隊草創期、脚気が問題になった
で、白米から玄米に変えたりパンを食事に加えたら直った
吉村昭の「白い航跡」に詳しい

(※リンク先消滅)
↑は自分が感心した農法。不耕起栽培でググったら日本でもやってるみたい

437 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 20:56:04 ID:vtPMeU+v
>>429
まだ試験的と書いてあるね。
それに説明をよく見たけど意外に手間が掛かっている。

例えばモミを撒くタイミングだけど、これは最初からロールに仕込まなきゃいけない。
そうすると機械作業の分どうしても各農家のモミの量が均一になってしまう。
そうすると農地に合った量だけ撒くということができない、これは結構痛い。
それにこのロール綿と布だから管理が悪いと腐りかねない。
あと根付く前に台風などで強風が吹くと寄ってしまい、芽が密集してしまう。

これらの点を改良するには時間が掛かるだろうね。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<宮崎アニメの評価(part46スレ) | メイン | 大阪とノモンハン事件(part46スレ)>>
コメント
-  -
430の、
>必要最低限の食べもんで生活してたら。
>味を感じただけでその食べ物、料理がどのくらいのカロリーか。
>体にとってこんな栄養素が入ってるだろうっていうのが
>感覚としてだんだん分かってくるようになってくるよ。


これわかる。食糧事情が極限になると、食べた途端、必要な栄養素を得られた部位にジワ~っと足りなかった物が染み渡る充足感が拡がるよ。

349の、
>茶碗一杯の米より2切れの肉食った方がはるかに力が出る。

これもわかるよ。どんなに成長期を過ぎても、タンパク質だけは不足し過ぎたときは、口に入れただけで満ち足りた気分になる。ビタミン類だって、不足し過ぎたら口とかの粘膜全体が剥がれだしたりしてグロやばくなるし、知能の維持さえもすぐ限界が来るし。
本当、食い扶持って大事なんだよねぇ。
2012/05/11 13:19  | URL | ぽち #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
脂肪がブドウ糖にならないっていってるやつがいるけど、ブドウ糖にはならないが、TCAサイクルに入ってエネルギー産生するぞ。出なきゃ脂肪が高カロリー食なんていわないだろうが
2011/05/25 03:03  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
もやしもん読め、無農薬がいかに現実的じゃない幻想かわかる
2011/05/14 08:06  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
無農薬栽培は一軒だけやっても、周りの農家に迷惑だけ。
“奇跡のりんご”も、当初はそれで揉めてなかった?
無農薬栽培や有機栽培は都会人の幻想WW
2011/04/28 01:31  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
某D村とか脚気(JIN)とか
リアルタイムだw
2011/04/25 12:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>米3
既に縄文時代から食べられている。
すなわち、ある程度は『食べてはいけない部位』が分かっていた。とも言える。

>>フグの調理免許
身内にフグ調理師免許持ちがいます。
当人曰く、
『免許を取っても、すぐに調理が出来るようになるわけではない。』
『更にそこから最低二年間の実習を市場などの専門処理施設で受けなければならない。』
とのこと。
『鉄砲』の名の通り、当たればほぼ死亡ですから、管理も厳しい……はずなんですけどねぇ。
無免許の料理人が調理したフグ料理で、東北か北関東の方で、中毒死した人いましたよね。

しかし、それよりも驚くべきは、フグの毒の最も濃い部位である肝臓から毒抜きをして食べるって事だと思う。
2011/04/24 23:49  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
フグの毒はプランクトンや貝を介して体内に蓄積するので
今は海ではなく水槽で無毒のフグの養殖ができるように
なって、肝の刺身も食べられるようになりつつある
そうですね。
やはりいろんなものが食べられるという選択が多いのが
素晴らしいことだと思う。
鯨食うなとか大きなお世話だと思うわ
2011/04/23 11:54  | URL | 2011/03/25 08:35 #CtWoh.26[ 編集] |  ▲ top

-  -
調理師のものですが
調理師免許以外に河豚は専門の免許が別に必要です
外国人にも
日本じゃ安全に食べれることを理解して次のブームになるように
アピールするべきだね~
2011/04/23 04:46  | URL | あじさば #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本の栄養学って小学生から始まってるよね
下手したら幼稚園くらいからか・・・
海外では基本的な栄養学って教えてるのかな?
(まぁ教えていたら巨大デブ生まれてないか・・・)
家庭科って結構大事な授業だったと今更ながら思うわ
2011/04/23 01:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
大豆がすごすぎると思う。

ごはんのお供に納豆+醤油、大豆+大豆のダブルコンボ。
味噌汁に豆腐が入ってお揚げが入って、大豆+大豆+大豆のトリプルコンボ。
さらにおかずに、卯の花や煮豆、大豆もやし、凍り豆腐に湯葉、
おやつに炒り豆、きなこもち、枝豆。
んで豆乳を飲む。

大豆好きだよなあ。
日本人は米と大豆が無くなったら絶滅するんじゃなかろうか。

2011/04/23 01:11  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
フグはそこまでして喰おうと思うって時点でアレなんだろう。
植物とかなら「他に食べるものが無かった」ってケースもあるだろうけど、
フグが釣れるなら他の魚介類も採れる状況だろうし、
「これは毒があるから食べられない」で片づけても良さそうなものだと。
2011/04/23 00:22  | URL | #QMnOeBKU[ 編集] |  ▲ top

-  -
河豚って、別に人間が食べんでも、
他の生物に試しに与えて
どこが食べれて、どこに毒があるか
判別していった気がするのだが・・・
毒があるとわかった時点でそれくらいの知恵は
あると思うんですがね。
2011/04/22 23:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
無農薬栽培って、それを目当てに虫が集まってきて、周りの田畑にも飛んでいくから近所から苦情が来るらしい。
2011/04/22 22:13  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
江戸時代に肉食を禁止したのは
畜産を抑えて供給カロリー増やし、江戸の人口増に備える為
っていう穿った説もあるよね

都市が発展する条件の一つだったような
2011/04/22 22:11  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/292-6b1f2dc9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。