2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九州大学生体解剖事件(part46スレ)
- 2011/04/16(Sat) -
45 :日出づる処の名無し:2005/06/27(月) 23:51:13 ID:9vzR76cm
51名前:名無しさん@5周年 メェル:sage 投稿日:2005/05/04(水) 18:44:35 ID:KKLsb5Th
殴り殺すのは理解できるけど、生きたまま解剖して摘出した心臓と肝臓を
醤油で味付けして喰った話は理解できない。
ちなみに戦後にその事実がアメリカ当局によって暴かれ、
関係者は処罰された記録が残ってるので作り話じゃないよ。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=GGLD%2CGGLD%3A2004-31%2CGGLD%3Aja&q=%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80B29%E3%80%80%E8%A7%A3%E5%89%96&lr=

46 :日出づる処の名無し:2005/06/27(月) 23:57:57 ID:ch++qJUp
>>45
それが何か?当時はアメリカ人なんて“鬼畜”な訳だから、
何がいけないの?って感じだろ。

47 :日出づる処の名無し:2005/06/27(月) 23:58:21 ID:ch++qJUp
アメリカ人の生け造り一丁!

48 :日出づる処の名無し:2005/06/27(月) 23:59:12 ID:ch++qJUp
今やったら基地外だけどな。

50 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 01:40:32 ID:0gdg0JQ6
>>45
南京と同じくらい胡散臭い話として有名。
水質調査が目的のはずの731部隊の人体実験に教授が興味を持った為・・・とかあきらかに嘘。

51 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 01:49:52 ID:o/j6rCfJ
生体解剖そのものの事実はある。

が、その後標本として取り出した臓器を食べたというのは
初めて聞いた。ひどく疑わしく感じるが、確証はない。

52 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 09:02:40 ID:wIQvlndO
もともと日本人は大陸の人間や西欧人とちがって肉を食べる習慣が少ないから、
人肉を食べるなんてことに対する嫌悪感がおそろしく強い。
風説はいくつかあるが、極限状態にでも陥らない限りありえないだろね。

53 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 09:14:01 ID:/1i1qCs6
つーか日本人が豚でも牛でも
活け作りの内臓を醤油つけて食べる、ってのが想像できん。

54 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 09:32:06 ID:Y/i7mnEU
>>53
内臓なんて所詮ホルモン=ゴミだからな。

55 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 09:37:07 ID:Gjka39kW
>>53
昔から日本では、捕った鯨を骨以外全て利用したことから考えると、
言うほど不思議なことでもないと思う。

56 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 09:39:46 ID:D88hYuIx
>>55
鯨と人肉食は違うと言うこと理解してから書け

57 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 10:01:24 ID:MhWMv95x
つーか捏造

58 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 10:15:01 ID:wIQvlndO
>>55
鯨なんて昔の日本人からしたらでっかい魚くらいに思ってただろうし、
そう日常的に捕らえられるものでもない。
豚や羊にしてもさばく時の抵抗感は大陸の人間とは比較にならないくらいあったと思う。
それができる人を社会的に差別さえしてきたくらいだから。

59 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 10:22:34 ID:Sas7UArt
日本人のことを大して知りもしなかった当時の偏見があったからこそ通じるデマだろ。
つい最近まで生の魚を食う気持ち悪い奴という印象が殆どだったし、
今でも女体盛りを本気で信じる馬鹿も居るぐらい。

こんな情報化された時代を創造できなかったためか、バレないと思って適当な嘘をつき過ぎたな。
日本文化規制の中で堂々とパクリをやって今恥をかいている過去の韓国アニメみたいww

60 :55:2005/06/28(火) 10:31:57 ID:Gjka39kW
>>56-59
すまん、前後見てない発言だった・・・orz
俺は、>>53-54の流れのみで、ホルモン「だけ」に反応してた。
ホルモンすら食べる日本人は、鯨のように資源を無駄にしない国民なんだ、
って言いたかった。牛なら生のホルモンもあるし。豚は無理だけど。

人肉はもちろん、食べる訳無いと思っています。正直、すまんかった。

61 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 11:52:12 ID:NZO3tUlE
>>58
> 鯨なんて昔の日本人からしたらでっかい魚くらいに思ってただろうし、

戒名さえ付けて葬ってますけど。。。。

62 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 11:54:48 ID:0VwR8yAm
魚の王くらいの認識だろ。

63 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 12:07:21 ID:u3wtC6cw
鯨食うから人間食うってか?
人間食うのに抵抗ないなら先の大戦で日本兵の餓死者はもっと少なかっただろうな。

64 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 13:57:24 ID:tM0k+4AU
つうか、ホルモンって昔から食べてたのか?
俺は戦後の食糧難で広がったんだとばかり思ってたのだけど。

65 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 14:20:24 ID:4a5dPJ/W
ホルモン料理なんて戦後だよ。
江戸時代、肉類を調理した鍋でさえ不浄として3日程
天日干しにしてたくらいなのに。
もしも昔から食ってたってのがいるならそれは被差別階級の人だけだと思う。

66 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 14:21:10 ID:Vjouy6NB
放るモン→ホルモン
つまり昔は捨てる物だったってこと

67 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 14:29:50 ID:u3wtC6cw
どうかな。煮込みぐらいならあったかもな

68 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 14:57:30 ID:umTWU91a
なんだ、ここは>>66すら知らずにジャポニズムを
語っていた香具師ばっかだったのか・・・少し幻滅

69 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 15:01:40 ID:BXfoHB/c
>>65
ウチの戦争前の話みたいだけど、
子供に肉食べさせるのは成長のうえでは必要と認識があったので
食卓に出してたけど、調理も洗い物も全部外でやって、台所でやらなかったらすい。

70 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 15:07:29 ID:u3wtC6cw
>「ホルモン」料理のマチガイを取り上げておこう。関西で内臓肉のホルモンとは、
「ほうるもん」つまり捨てるものから来たのだと金時鐘氏が
「差別―その根元を問う」(朝日新聞社、1977年)対談集で
……朝鮮人が言った朝鮮人語なんですよ……としたことから来ている。

>これはマチガイである。ホルモンとはドイツ語、英語で、
精力を連想させることでつけられたものである。内臓肉を食べれば健康に良いとしたのである。
41年大阪難波の「北極星」の経営者、北橋茂雄氏が「ホルモン煮」という商標登録をとっている。

(※リンク先消滅)
ホルモン自体には諸説あるじゃないか。
ガセピア流すなよ

71 :66:2005/06/28(火) 15:24:45 ID:Ssj8pES9
正直スマンかった
ラジオで聞いたんだよ(´・ω・`)

72 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 15:39:20 ID:WGzrsoLw
人肉を常習的に食べる習慣があったならヒカリゴケ事件であんなに大騒ぎしないだろうな。

73 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 16:34:47 ID:bPEZXRvD
日本では、人を喰って強くなるって考えは、他国程強くないような気がする

74 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 16:40:15 ID:xaTh2qRH
さて、>>70を見た>>68の感想を聞こうか。

75 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 17:41:46 ID:jrJX6zD6
一番恥ずかしいのは>>68

76 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 17:54:08 ID:xnuIO+F+
>>68はチョン

ちゃんと謝ることができたら日本人と認めてやってもいい

77 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 19:55:05 ID:1QYOMTPy
そもそも動物の肉食を、仏教的な禁忌で明治の初めまで行わなかったのが日本人だ。
例外的にウサギは食用としていたが、
(屁理屈であれは鳥と一緒であるということで今でも1羽2羽と数えるのもその名残。)
それ以外は鳥や魚を主な動物蛋白源としていたのは動かし様のない事実である。

またそれ故に、牧畜の技術も発達せず、
皮革工業も特定の賎民階級に行わせていたのが実情である。
(これによる部落差別は現在も続く大きな問題として別浮上しているが)

それらの風習を色濃く残す日本という風土の中で、大飢饉時ならいざ知らず、
それ以外で積極的なカニバニズムが行われたというのは想定しがたい。

大陸や半島などのような、古来から肉食を行い、儒教文化圏という仏教的禁忌に無縁な地域なら
有り得る話しだが、日本は其処まで儒教に侵されてはいなかったはず。

三国人のデマなのではなかろうか?

彼等は平気で日本軍が、住民を虐殺しその肉でギョウサにして食った等と、
自分達の観点でうそをつく連中だからな。
(餃子を主食にするチャンコロとは違うってゆーの、日本人は。
 うそをつくならもっとましなうそをつけと言いたい)

78 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 20:39:53 ID:oB6dT3OQ
もし極限状態で、食べられるものが
自分の家族と他人の肉しかなかったら、どっちを選ぶ?
これを想像して小一時間本気で悩んでる。

79 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 20:42:23 ID:QE/ZTW02
>>68
ホルモン → 放るもん

極東版では既出過ぎるほど既出ですが?
(ガセネタかどうかはここでは問わない)
2ch初心者ですか?

80 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 20:42:38 ID:XbAqUYUq
普通に食わずに死ぬよ。

81 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 20:44:27 ID:vN8oJIvv
>>78
悩むくらいなら自分が自殺してその肉を両者に喰ってもらえばいい

82 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 21:06:24 ID:oB6dT3OQ
>>81
両者共に死んでる時。自分ではウサギになれないなあ。
(※リンク先消滅)
↑この話読んでから考え中

83 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 21:07:34 ID:I4rJCzWH
そこで土粥です。

85 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 22:35:16 ID:79tOtm7c
おが屑パンに、何故か憧れに似た物を感じる俺…

87 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 23:45:34 ID:oR1WYuVL
平成17年6/28現在恐らく西方沖地震の影響により、こんなんなってます。
福岡市城南区の油山観音山中にて、大東亜聖戦自刃の碑
(※リンク先消滅)
現在

(※リンク先消滅)

88 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 23:46:41 ID:oR1WYuVL
>>87のような物があるかと思えばこんな話もあり、事実この周辺の一部の住民の方々は
非常にサヨッキーな気質の人間がいて、山登りをする人間にいきなりこの事件を聞かせるという
中々細かい活動をしておられる。
http://www.being-nagasaki.jp/genbakutaikenki/yosida-fukusyuusurunakare.htm

例の有名な終戦末期に起こった油山事件、つまり生体解剖の一件
(B29を撃墜して捕えた捕虜たちを福岡郊外の油山の山中に連行し、
 生きたまま解剖に付して、その生肝を一同ですき焼きにして食った)
その驚くべき残酷な犯罪を問われたのである。
彼らは横浜でアメリカの軍法会議にかけられる身となった。
その中には当時の九州大学医学部の教授とか看護婦に至るまでが含まれ、
数十名に及ぶ人数であった。

89 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 23:55:50 ID:pXjkkuJa
>捕虜たちを福岡郊外の油山の山中に連行し、生きたまま解剖に付して、
>その生肝を一同ですき焼きにして食った)

また違うパターンが出てきた。
まるで都市伝説だな。

90 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 00:03:01 ID:oR1WYuVL
ありえねー

91 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 00:29:15 ID:41yb83lt
オーストラリアで手荷物に麻薬を入れられて、長期刑を食らってる日本人観光客と同じだな。
虚脱状態と言語の壁でハイハイと言ってるうちに妙な書類にサインさせられてしまう。

92 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 00:29:34 ID:FlYUdYR0
ガイジンの内臓にかける思い入れがようわからんね。
喰うなら肉でしょ普通。

93 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 00:35:30 ID:FyNQt3vO
>>88
軍法会議って・・・
本当にあったら普通に東京裁判モノだろこれ。

94 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 00:43:23 ID:u1j7GwCs
本当にあったかどうかは問題じゃない。
裁判になったから、本当だったって理屈なんだろ。

この裁判をネタにして、
遠藤周作も何か書いてた気がする。

で、本当に、そんな裁判があったの?

95 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 00:45:46 ID:BMHPEpZl
>>91
尋問のVTRみたけどあれは同情の余地無し。
戦後民主主義の象徴みたいなオバサンが、泣けばいいと思って
尋問で泣いて、「泣いて反省してる」として監獄にぶち込まれてるw

謝ったら終わり、泣いたら終わりという概念を教育でたたき込むべきだな。

96 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 03:07:47 ID:u1j7GwCs
・・・いや、せめて、
「外国に行くなら、日本の常識は通じない」ってことくらいに。

97 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 03:22:39 ID:Bb8akRwA
>>95
> 泣けばいいと思って

同性の自分が言うのもなんだけど…「女だから」じゃないかな、ソレ。
日本の女(というか、戦後日本の社会風習?)って「泣いたもの勝ち」なところがあるじゃん。
真実事実の関係なく、「泣いたら許される」甘やかしっていうか。

…と、子供の頃に同性とケンカするたび煮え湯を飲まされた漏れが私怨交じりに言ってみるw
どっちが正しいとかじゃなくて、泣いた方に同情が行くんだもんなぁ…orz

99 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 06:39:41 ID:aLWK7JWR
>>97
男でも泣き落とし使ってくる奴いる・・・・・。
そいつのこと優しくする奴もいるが、あまりによく泣くんで嫌がってる奴も多い。
と言うより、女より男の方がよく泣くと俺は思う。
大学の授業で、教授の質問に答えられないと泣く男いるし
(答えられないと言うだけで泣く女は見たこと無い)
予備校でも、授業一回欠席しただけで泣いてた男いたし(欠席しただけで泣いた女は見たこと無い)

男がふやふやだから女も調子乗ってる・・・・・のを通り越して呆れてるだろ、実際。
男の俺から見てもイライラする。

100 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 06:47:41 ID:M7eVDaMA
子供の頃には確かに泣く女はいた気がするけど
大学生位になると、泣く女なんて、単なる馬鹿としか見られないような気が。
最近は愚痴る男も増えている気がす。気のせいか?コレ。

101 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 07:59:49 ID:OhIONRDr
>>99
>大学の授業で、教授の質問に答えられないと泣く男

こいつが泣いた事で事態が好転したりしたんだろうか。
「泣き落とし」とは、泣いて見せる事で
事態を自分の有利な方にもって行く事なんだが。

103 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 08:14:11 ID:WuG1Z6RY
>>77
>皮革工業も特定の賎民階級に行わせていたのが実情である。
>(これによる部落差別は現在も続く大きな問題として別浮上しているが)

事実誤認が甚だしい。
彼らは新平民となり特権を失ったことによって焦って暴れ続けてきただけだ。

106 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 08:30:44 ID:vFVGGFUh
弱い立場ってのを利用する点でチョソとフェミ女って似てる。

108 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 09:39:44 ID:M7eVDaMA
>>106
こういう場合はフェミよりも馬鹿女が泣くべさ。
チョンには泣き女ってのが文化としてあるけどね。(葬式での出陣なのだが

112 :日出づる処の名無し:2005/06/29(水) 11:21:44 ID:xuyMItdP
泣いた事情にもよるかと。男には同情して貰えるかも知れないけど
女同士だと結構「あいつ泣けばいいって思ってない?」とか言われる場合が…。

119 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 09:51:44 ID:4c2eqVGK
>>95
同情の余地なしとまでは言いすぎだが、海外旅行をなめすぎてたね。
尋問をビデオに記録しててマスコミに公開するというオーストラリアも自信あるんだろうが
日本語通訳がうまくいかなかったため、まるで話がすすまなかった。
(英語もできずにオーストラリアに行った以上、そのへんは覚悟しておくべきともいえるだろうが
日本大使館が助けようと動いた形跡がないのも情けない)

「カバンに麻薬が入ってることを知ってたのか?」の質問に
すっかりパニックになってるようで泣きじゃくりながら
「もし知ってたら、はなからそう言ってます」とか答え、
通訳は意味がわからず「はなから?」と聞き返すと
女は「も・し・知・っ・て・た・ら・は・な・か・ら・そ・う・言・っ・て・ま・す」
とまったく同じフレーズをゆっくり繰り返すだけのDQNぶりだった。

120 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 10:16:45 ID:qTj4KtJz
自称女の>>97が漏れとか言っている件について。

122 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 10:57:59 ID:1E4xdb7H
>>120
俺女もそこそこはいいものである。
まあボク女のパワーには遠く及ばないのであるが。。

123 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 11:51:28 ID:Q0TE1Db0
>>120
女ねらーが「漏れ」を使う率って凄く高いんですのよ、ご存知ありませんでしたか?
わたくしは「俺」を常用しておりますけれどもね。

124 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 11:57:37 ID:j5ZWvsmY
下手に「私」とか使われると、ネカマではないかと疑う漏れガイル

125 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 12:09:25 ID:U/KUYUTw
>>123
「俺」女も「漏れ」女も
どっちも気持ち悪い

126 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 12:45:06 ID:a20kHNyy
確かに”漏れ”や”でつ”口調の女ねらーは多い。
男口調の中で、女口調を消して溶け込もうとはするものの、男言葉を使うまではしたくない。

そこで漏れだの顔文字だのを多用する・・・・・・・・が、かえって浮いてるんだよなw
2ch初心者が2ch語連発するように。

128 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 14:30:43 ID:95IeLWcX
一人称の代名詞はつかわないようにしてる
必要な時は「自分」
文章の流れで仕方のない時は「私」
でも代名詞つかわなくても大抵は大丈夫だよね

129 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 15:35:19 ID:8bCeEOU0
英語もできずに外国にいくんは危険やっちゅうこっちゃね。覚悟完了。

130 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 16:28:27 ID:M7frx7uy
大使館に電話させろって言えればそれでいい

131 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 16:28:47 ID:oBb1YG1k
「漏れ」は俺から来てるからなあ。
俺が女なら別な言葉を考える。

133 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 18:52:44 ID:xZWZ8GFu
>>124
板によるだろ。
オレは「漏れ」使ってるヤツは女と見る。
>>131は女。

134 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 19:51:54 ID:rVvZWea7
2ちゃんのしかもこんな板で性別なんぞ気にする香具師が一番キモイと思うage

135 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 20:36:21 ID:qXZBUw9u
>>119
>「もし知ってたら、はなからそう言ってます」とか答え

「もし知ってたら『とっくの昔に』話しています」じゃなかった?
何度聞かれても泣きながら同じ言葉を繰り返すあの女には正直イライラしましたね。

136 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 21:09:16 ID:rVvZWea7
根本的に馬鹿なんでしょう。
でも、通訳の不備を理由に有罪っていうのはどうなんだろうな。

137 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 23:03:06 ID:CX2XECCq
でも身に覚えの無い事で頭から犯人扱いを外国の権力からされたらそれくらい
パニクっても不思議じゃないよ
オーストラリアは捕鯨問題といいクソ

138 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 23:23:31 ID:hj8TpsUb
みんなここはひとつ 攘夷 つーことで。
○○勤王党でも立ち上げなきゃ....。夷敵を追い払うのだよ

139 :131:2005/06/30(木) 23:43:58 ID:tNHsosDR
>>133
はずれ、男です。

140 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 23:58:06 ID:9PWEpne3
元は、俺漏れもだからなあ…
普通に「私」と使っていて、女って前提ではなしているつもりなのに
よく「おまいは男か?女か?」って聞かれるよ。
でも、男も女も一人称統一だったらいいのになあ、てたまに思うわ。風情はないけども

141 :日出づる処の名無し:2005/06/30(木) 23:58:08 ID:x6quCz9b
白豪では取り調べ時に弁護士呼んでくれないの?
「全て否認する」
「黙秘権を行使する」
「日本大使館に連絡してくれ」
「あんたの責任において国際問題になるぞ」
と言えばいいのに。

142 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 00:04:50 ID:1HHJc4ri
>141
そんな上等な知恵が回る奴は
バイニンにヤクねじ込まれたりしない罠
向こうだって人見るさ

144 :141:2005/07/01(金) 00:15:46 ID:EzGSzbzL
俺はこれって高校の授業で習ったんだけどね。
やっぱ教育って大事やな~。

145 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 00:26:06 ID:LmdgmmNS
カバンを旅行中に盗まれて、知らないうちにクスリを隠してありました。
・・・これを言われたら自分でもまず下手な言い訳しやがって、くらいに思う。
はいそうですか、お気の毒でしたね、なんて警察はオーストラリアに限らずないでしょ。
それでも一応事情を聴いてみようとなるが、そこで泣きじゃくりながら
ろくに受け答えもしなかったらアメリカや日本でも有罪になるのとちゃうかな。

147 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 01:27:45 ID:h5XHcW9m
馬鹿日本人もどうかと思うがなんせオーストラリアは後進国だからな

148 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 02:07:34 ID:IdnEJZQu
海外でなにかあった時のためにその国の言語で
「日本大使館に連絡してください」は必ず言えるようにしておけ。
ってのは聞いたことあるな。

150 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 02:50:30 ID:kQ7X1/nH
アメリカなら容疑者の属する州の下院議員やそのスタッフが現地に駆けつけて
白だろうが黒だろうが目一杯力になってくれるのに

151 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 02:59:24 ID:QotI73YM
>>150
なんでそんなあからさまな嘘をつくん?

152 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 03:39:19 ID:QRVI6aFr
なんで蛍すぐ死んでしまうん?

153 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 09:26:47 ID:9QMpQZGf
なんでチョンはすぐ朴るん?

154 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 09:49:03 ID:DvrrYgPe
女が漏レとか使う件について

女だって判ると荒れるスレや板もあるんですよ。
2ちゃんに限らず、他のBBSでも。
変に粘着してくるやつやアラシを呼んでしまう事も・・・

なので、ねらー歴アンドPC歴長くなるほど、
性別が判らない書き方をするようになります。

スレを荒らさない為、粘着されないための一種の防衛策。
その辺、判って頂けると有難い。

ちなみに自分は、板やスレによって文体をかなり変えます。
一人称を「私」って書くのは、既女板や女性スレぐらいかと思います。
あとは、女性と判ってる人にレス返すときぐらい。
スレチガイスマソ。

155 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 09:56:42 ID:pkWoWwku
漏れでも俺でも良いだろ、過剰反応するヤツの方がキモイ。

157 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 11:41:45 ID:ZWsz17Lv
たしかシンガポールかマレーシアで
オランダ人が麻薬所持で捕まったときは
オランダ政府や、はてはオランダ女王の親書まで出して
助けようとしてた

158 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 12:32:54 ID:2loPXf+n
>>157
日本だって、昔は軍艦出して漁民を助け出したりしたですよ。(遠い目…)

159 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 12:51:18 ID:7xIycO9e
>>157
捕まった人はなんらかのコネがあるはず。
ルーシーブラックマンさんも旧貴族だったはず。

160 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 13:04:00 ID:s9+0j/Sj
貴族の娘が日本で水商売ねえ
つうかイギリスはまだ貴族制度あるから
貴族は貴族で旧貴族ってことはないんじゃないの?

161 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 13:09:28 ID:cwRmt03S
>157
連中は有色人種に裁かれるのが嫌なだけでしょう

162 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 14:34:25 ID:OHvMEEdH
オランダ人だと違和感ないな。あそこは麻薬が合法だし。

163 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 16:08:50 ID:QSIgLh7g
日本の警察も相当犯人したてあげについては外人からびびられてるだろうな

164 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 16:27:59 ID:7mFAEMAE
163の日本語が微妙な件について。

165 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 16:52:13 ID:ri+yyev1
>>163
なんとか大丈夫だと思う

169 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:10:15 ID:9ZjvDoY/
ついでに漏れに代わる女用の言葉を考えてみた。
漏らし (わたし)
遠慮なく使ってくれたまえ。

170 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:11:14 ID:VyZttGcj
>>169
ことわる!

171 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:12:38 ID:aZsKK91t
>>169
もまえが使え

172 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:13:20 ID:QSIgLh7g
濡れ (ぬれ)
ならいいんじゃないかな

173 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:21:19 ID:9ZjvDoY/
>>170
せっかく考えたのにぃ~
因みに 
漏らし(わたし) でセットだから。
よろしく。

178 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:42:48 ID:VyZttGcj
>>173
ことわる!
よらしくされても困る!

179 :173:2005/07/01(金) 17:45:36 ID:9ZjvDoY/
>>178
じゃあ 漏らくし(わたくし)でどう?

180 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:49:25 ID:+T2eDhsZ
その呼称は萌えるんだな。キボンヌ。

181 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 17:55:29 ID:VyZttGcj
>>179
なんかやだよ
つか>173がいやだ

182 :173:2005/07/01(金) 18:02:10 ID:lXQAe8tT
>>181
我侭な奴だな。
だったら 漏○○ なら良いんだよ?
それから少しは漢字使えよ。

183 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 18:21:49 ID:VyZttGcj
>>182
ほんと申し訳ない
最初に軽い気持ちで「ことわる!」なんて書いて悪かったよ
「漏らくし」でいいよ
オレは多分つかわないけど

184 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 19:48:59 ID:A730nB3A
うちのいなかでは女も一人称はオレだ。
母も祖母も地元の住人同士ではオレと言ってる、他地方の人間が驚くであろうから
そういう人との会話ではわたしになっている。
ちなみに二人称複数は“ねら”だ。

186 :日出づる処の名無し:2005/07/01(金) 20:32:54 ID:z9B0BhPB
>>184
私の田舎も男女共に、一人称単数は「オレ」ですね、複数は「おいどう」
二人称単数は「わあ」複数は「わあどう」又は「われどう」
唯の親子の会話を聞いていた旦那から「喧嘩をやめて~」と言われた過去がある。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(15) | TB(0) | ▲ top
<<大阪とノモンハン事件(part46スレ) | メイン | ネコミミとタマネギ(part45スレ)>>
コメント
-  -
まぁ、でもこの話は『九州大学』でっていうのがミソで、『肉食文化』と関係ないところで南九州じゃ『戦場の死体の生き胆を抜いて喰う』って話が昔があったんだよ。度胸試しもコミでな(中国南部の古い文化の影響もあるんじゃないかとも思うが)。
江戸時代までは人の肝は薬に使われてたぐらいだから、人肉食いとは別のところで『肝臓食い』はあったかもしれん……っていうのが、この話が信じられてしまった原因だと思う。
2011/04/23 00:50  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
2chヲチブログというのは流行ってるらしくて
ネット上でも数多くみられるけど、
それらをみていて時々に不満に思うのは
ブログ主が自分の意図に沿うレスだけ抽出して強調してしまってるため
若干オリジナルのスレの流れとは違うものになってしまってることだ

その点ここはできるだけ元のスレの流れを忠実に残そうとする意図が感じられて自分としては好ましい
これくらいの分量なら軽い読み物としてもすぐ読めるし、これでいいと思うんだが
2011/04/18 17:51  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレ違い、いや、もう板違いでgdgd
ジャポニスム関係ないな
2011/04/18 02:07  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
まとめるならもうちょい削っても良いんじゃないかな。
さすがにどうでもいい事が多すぎる。
2011/04/18 01:40  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>というかまとめとか言っているくせにまとめてなくていつもグダグダなんだ?

まとめてるっていうかきりのいい所で一つの記事にしてるのはここの管理人さん
このスレ自体は議論か話題提供が主みたいなので結論出ないことはままある
2011/04/17 17:08  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
在日朝鮮人は、既に幕末から明治初期にかけて牛鍋が大流行してたことなんか知らないのだろうなぁ
そもそも焼肉で使われる薄切り肉は、日本の刺身包丁がないとほとんど切るのが無理なんだけどね
そんな高度に発達した刃物が昔の朝鮮にあるはずもなく
タレつけて網焼きなんてのも、日本人が昔からやってる典型的な焼き方だね

日本の焼肉は在日が戦後韓国から持ち込んだとデマふりまいてるけど、
じゃあ日本人が焼肉食べはじめたのは、ほんの数十年前からってことかいw
ふつうに戦前から食ってるって

2011/04/17 15:45  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
焼肉(肉食)文化は
モンゴル(羊の肉?)→朝鮮(元寇時代)→在日朝鮮(日韓併合)→戦後の在日の商売(主にホルモン系)
って広がったってCBCラジオで言ってた。
カルビは韓国語だとかなんとか。
2011/04/17 12:29  | URL | (´・ω・`) #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレがまとめていない件について。
というかまとめとか言っているくせにまとめてなくていつもグダグダなんだ?
2011/04/17 04:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレが途中から呼称論議になってるw



いくら戦時中に食料難が発生してたとしてもいきなり人肉に行き着かんだろ
牛豚からチャウチャウみたいなルートを隔ててないのが不自然すぎる
2011/04/16 23:32  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
九大事件は生体解剖したってだけで、後の話はでっち上げだろう。

人肉食事件だったら父島事件があるんだし、もっと騒がれていたはず。
2011/04/16 22:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
最初にあったURLからウィキに飛んでみたけど
人肉試食疑惑は「GHQのでっちあげ」ってちゃんと書いてあるな
死刑宣告をされていた5人は無罪放免になったともある

この事件の人食に関してもそうだが、南京で日本人がおこなったと言われている蛮行も
どちらかというと日本じゃなく相手の国の文化なんだよね
当時の敵国である日本が
自分たちと同じことをやらないはずがないと思ってたのかもしれんが
敵国の蛮行として擦り付けるってことは心の底では罪の意識みたいなものがあるんだろうか
2011/04/16 21:27  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
なんでこんなレベルの低いツマラン話題をとりあげたのか、理解に苦しむ。
2011/04/16 20:04  | URL |   #XpQ4iSVM[ 編集] |  ▲ top

-  -
女体盛りが存在しないなんて…。・゚・(ノД`)・゚・。
2011/04/16 19:45  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 江戸時代までは4つ足は禁忌で食べないと言っても食べて無い訳じゃ無い。
 うさぎが一羽、二羽って数えるように
猪はぼたん、馬はさくら、のように隠語として残ってる。

 ただ、人の内蔵を食べる風習は中国がね、医食同源で健康な内蔵は・・・なんで調子が悪い部分を治すのに健康な人の同じ部分を食べれば治るなんて風習が生まれたのか理解出来ない所ではある。
2011/04/16 19:17  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
とりあえずレバーを醤油で食すという時点でだめだな。
2011/04/16 17:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/290-79a249c2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。