2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
茶から見る韓国(part45スレ)
- 2011/04/07(Thu) -
455 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:14:19 ID:o33fUVcc
素朴な疑問なんだが、中国って本当に成長してるのかな。

456 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:16:33 ID:rDaErBc6
70年代から世界経済は慢性的に不況。
あちこちでバブルが起こってる状況。
先進国が財政赤字で膨らましてるだけ。
中国は最後に来ただけで、すぐに潰れる。

457 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:20:56 ID:5Lcj5CnW
まさか。
ただの、欧米日の資本というソースをかけられて喜んでる豚肉だろ。
無邪気にも自分達が何の問題もなく発展するとか考えてる。可愛いもんだね。
食い散らかされて、経済成長が鈍化したとこで共産党潰れて終わりの終わり。
そして楽しい楽しい国家分裂ショーの始まり始まり。
深入りすると火傷するから、適当に美味しい思いさせてもらって帰るのが吉かね。

458 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:21:21 ID:q5jlEM5v
>>455
成長率が10%だ何だいっても、毎年何千万人という人口が増えてるから、
富がいきわたるのかと単純に疑問に思うね。もう永遠に無理かとw

459 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:29:46 ID:aumU/YF8
>>457
日本は深入りさせられすぎた。
アメリカに。

460 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:30:56 ID:aumU/YF8
>>458
自分たちで積極的に極端な人口増加させたんだから自業自得。
飢え死にか疫病で適度にへらさざるを得ない。

461 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:34:55 ID:cxsndzKF
>>458
その経済成長率の出所は中国の機関じゃないの?

462 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:46:40 ID:hua3NzC1
最近みんなロシアに乗り換えつつあるようだけど

463 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:47:42 ID:5Lcj5CnW
インドやベトナムにもね。
リスクの拡散万歳。

464 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:48:50 ID:q5jlEM5v
>>461
そうでしたw
成長率はもっと低いのかな。それと人口も農村では何人も生んでるのが実態
らしいし、なんだかなー。

動物の世界では、増えすぎた個体はある時点を境に急激に現象する事に
なるけど、中国人にも過去に実際に起きたから不思議だね。

465 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:49:30 ID:efFbUZtZ
積み木崩しや黒ヒゲ危機一髪みたいなゲームだな。
いつかはガラガラと崩れる砂上の楼閣。
だから共産党幹部が膨大な金を着服して海外の口座に移したり、海外不動産を買いあさったりしてる。
ヤバくなったら一族郎党を引き連れて海外にトンズラする予定。

466 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 19:53:18 ID:rDaErBc6
男女比不均衡でいらいらが溜まってるんじゃないのか?
えらい大きな問題らしいよ。日本のマスコミは完全にスルーだけど。
将来本当に女性を奪うために戦争になるかも。

467 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:08:54 ID:L6b6LpQR
最終的に中流&富裕層の一億という市場にみんな魅せられてるんでしょう。
このまま経済成長すればね。
だから欧米日も投資している。
例え貧困層が膨大でもなにしろ国内植民地だからな。
で内政干渉とかふざけたことを言う。

恐ろしい国だよほんと。

468 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:16:53 ID:zcM/+dYb
なんでこのスレで、しかもよりによって中国なんぞの弁護をせにゃいかんのかとおもうけど。
>>455
もちろんしているよ。純粋に、生産物の量が増大している。
"成長"って、究極的にはそういう意味だからね。

問題は、"豊か"になったかどうかだが、
これを決めるには豊かさの定義をしなければならない。

豊かさを決めること、幸福の定義をすること。
個人においては価値観の決定であり、
社会に置いてはもっとも本質的な政治の機能だ。

で、中国は豊かになったか?
傍目にはあんまりそう見えないんだよなぁ。

469 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:19:09 ID:XAFrTu96
向こうの中流&裕福層ってそうそう犯罪に遭わないのか?

470 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:29:10 ID:q5jlEM5v
スレ違いが続くが、単純に考えて人口が日本の十倍という事は、
社会が日本のように秩序だつには、法曹人口も、警察官、教職者も10倍の人が必要。
10倍だよ!何百年かかるのか・・・

471 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:30:23 ID:5FaPu4Jg
民主化しても対日感情が良くなることはないだろうね('A`)
15億の敵

472 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:32:11 ID:3bkqkh9G
中国は文革の争乱期に比べたらましに見えるな。
歴史を振り返ると権力闘争と住民への圧制がいつでも起きていたわけで、
ここ10年ぐらいの現代の食うのに困らない時代っていうのはずいぶんましな時代なんじゃない?
元が悪すぎただけに、ちょっとよくなるとすごい発展したように見えるw

日本のように大きな争乱が起こらず、食うのにも困らない時代のほうが
当然の国から見たら、中国はずいぶん大変な国に見えるが。

473 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:33:23 ID:5Lcj5CnW
むしろ始末が悪くなるだけだろう。

>>470
諸葛亮や甘寧は偉かったな。
・・・中国の分裂恐怖症を治す手立てとかないのか?

474 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:38:21 ID:aumU/YF8
>>471
いや、分裂民主化すれば親日国がひとつはできる。

475 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 20:43:38 ID:L6b6LpQR
まずは金持ちの華僑と仲良くなろう。
少なくとも話はわかる。

>474
タイワンみたいにね。
香港も親日ではないけど普通に文化交流できてたんだけどね。

476 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 21:08:32 ID:p9g4NIsQ
>>472
>中国は文革の争乱期に比べたらましに見えるな。

文革は内乱で済んだ。これからはどうかな?
原潜、資源調査船、蛇頭、不法滞在、中国の内圧は出口を求めている。

477 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 22:41:32 ID:MaauRNyc
>>473
なぜそこで甘寧がでてくる。

478 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 22:43:00 ID:5Lcj5CnW
>>477
甘寧も分割のヴィジョンを持っていたのですよ。
中々に頭の良い人間だったと思います。

479 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 23:55:38 ID:pfbiWicz
ベルリンの壁崩壊以後の旧チェコスロバキアとか旧ユーゴとか見ても、
無理矢理1つにしとくってのは大変なことなんだな。

480 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 00:24:52 ID:WOT2wuAo
>478
魯粛じゃなくて?<分割案
三国志って今でも向こうの人って読んでるのかな

481 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 00:34:21 ID:orbQToEF
中国は自らわざと分割して緩やかな統合をつくったら長持ちしそう。
どんな意見にでもどんな立場にでも対応できる。

482 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 00:50:29 ID:QKvvju62
分割統治した方が間違いなく安定するし、繁栄すると思う。
なぜ中国人があれほど分裂を恐れるのか不可解だ。

483 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 00:54:34 ID:zplZgXH2
軍閥同士の騒乱が始まると思ってるからだろ。
そうなるよりは共産党のほうがいいと

484 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 01:15:27 ID:orbQToEF
>>482
内乱と内戦でそ。
どっちも経験してるからね。

485 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 01:39:21 ID:k+2eW/xS
>>480
とりあえずチャットで話した台湾人は三国志好きだった。
というかオレよりKOEI三国志の最新作の情報に詳しかったw
そして無双厨だった。

486 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 02:00:02 ID:wwe6BINb
三国志くらい昔の中国なら、
本省人にとっては自分らの直接の先祖になるから親しみも湧くんじゃないかな。

488 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 02:11:30 ID:MFIbRHpO
物語としての三国志と史実としての三国志は違うんだけど、
史実だと有名武将の子や孫、一族郎党が皆殺しにされてるケースは少なくないんだよね。

489 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 02:34:55 ID:rhQViUZB
>>484
>内乱と内戦でそ。
>どっちも経験してるからね。

あと、周辺に住む遊牧民に対する恐怖も少しは混ざっていると思う。
(その遊牧民から見れば、膨張し続ける中華文明に対抗せざるを得なかったんだろうけど・・・)

490 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 02:43:55 ID:TqozseKJ
>>480
> 三国志って今でも向こうの人って読んでるのかな

台湾はともかく、大陸の文盲率や識字率ってどれくらいなんだろ?
あと、古典を読もうと思う人がドレくらいいるのか…。

491 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 02:50:28 ID:orbQToEF
>>490
ただでさえ読めない上に習ったのが簡体字では読めるわけもなく。

493 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 04:12:23 ID:OwUHD1mr
横山三国志を翻訳してるかも。

************

567 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 20:07:30 ID:dzp5bIlp
今日、ラーメンを食ってる時、ふと思ったんだが。
よく日本人は中国人よりラーメンが好きで、
もはやラーメンの本場は中国より日本だとまで言われているが、
日本人って昔はさっぱりしたものを好んで、あまり脂っこいのは食べられていなかったんだよね?
マグロですらトロは「脂しかねぇじゃねえかい!」
「江戸っ子がトロなんか食えるかい、赤身だせ!」みたいな感じで捨てられていたのに、
ラーメンなんて「あ、油が浮いてる!」「こんなの食えるかボケ!」みたいに
あまり一般に広まるもんじゃなかったと思うんだが。
それがここまで国民的な人気を得たのにはどういう意味があるんだろうか。
やっぱりカップ麺とかが出てきたのも影響してるのかな?

568 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 20:09:45 ID:y/KkOa1T
日本人の嗜好は統一されてたわけじゃない。

569 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 20:09:57 ID:xTys1APo
>>567
まあ、かなり脂っぽい天麩羅蕎麦とかがあったわけだしな。
その延長だと思う。

570 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 20:51:42 ID:gHqMpODW
ラーメンは日本食だと中国人も言ってる。
中国にはああいう面はないらしいし。
うどん蕎麦文化があったからこそできたのがラーメンだな。

571 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 20:51:43 ID:CKOQw9+p
戦後、食料が少ない時代に少しでもカロリーがあるものを求めたんじゃないかな>油が

572 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 20:55:38 ID:IV77ToZi
当初日本では「支那そば」と言ってたのに今や中国で「日式なんとか」と呼んでいる。

573 :日出づる処の名無し:2005/06/18(土) 21:06:22 ID:b5rXnzce
カツサンドは、日本以外で食えるんだろうか?

578 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 00:14:25 ID:XNK7VE6w
昔の日本人の食習慣で今を語っても無意味だな。
江戸時代の人間が激辛ブームを見たらキチガイだと思うだろう。

583 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 02:59:36 ID:fb/RADeK
どうでもいいけど、カップ麺の残り汁にごはん入れるの好きなんだよなぁ…
人前ではできないけど。

585 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 08:57:20 ID:Liq+roDA
>>583
俺もだw
実は以外に好きな人多いんじゃ無いかと思ってるw

586 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 09:23:12 ID:/mkmSsSa
コレステロールは非常に危険。頭の回転も鈍ります。
DHAで除去しませう。

588 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 09:49:25 ID:8xgvxlyv
>>586
コレステロールがすべて悪いわけではない。
よく読むように↓
http://plaza.harmonix.ne.jp/~lifeplus/text/colest.html

589 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 10:37:31 ID:KUEvT7fG
いまだに「コレステロール完全悪玉論」に引っかかってる奴がいることに驚いた。

590 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 10:59:30 ID:qLekukPk
そこの解説、コレステロール神話が真っ赤なうそだとわかってきたといいながら、
結局すべきことは大差無いみたいねw 魚や野菜を食べてビタミンや食物繊維をとる、、

591 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 14:40:42 ID:9gys4jrQ
日本人なら納豆食べなさい!

577 :My name is Netsu=Zou:2005/06/18(土) 23:50:22 ID:Oi37tvJv
【国内】「日韓の距離を身近に」 韓国茶道と舞踏を楽しむ催し(京都・城陽市)[050618]

城陽市国際交流協会は18日、同市寺田の文化パルク城陽で
「韓国の茶道と舞踏」を楽しむ催しを開いた。
京都府の城陽市は韓国・慶山市と姉妹都市の関係にあり、日韓国交正常化40周年に合わせ、
韓国の「静と動の文化」茶道と舞踏を紹介しようと計画した。

同協会は英語やハングル語などの語学講座を開いたり、
韓国に中学生を派遣するなどの活動を行っている。
歴史問題などで日韓関係が揺れる中、草の根の文化交流を通して互いの理解を深めるのが、
今回の催しの目的という。

色鮮やかな衣装をまとった韓国舞踏が披露されたあと、
京都市在住の韓国茶道家、尹道心さん(48)の解説で、韓国茶道の作法や点前を実演し、
会場を訪れた人たちに茶や菓子をふるまった。
尹さんは「日本の茶道とは作法や味などは違うが、心の部分で通じるものがある」と説明した。
最後に朝鮮舞踏研究所「ナレ」(京都市)の権日善所長(42)が
「文化を通して日韓の距離をもっと身近にしたい」と話した。
ソース(京都新聞)
(※リンク先消滅)
(※以下関連スレ省略)

579 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 00:35:51 ID:FYvRbEPl
>>577
>韓国茶道の作法や点前を実演し、

 ほほう素晴らしい。50年位の伝統ですかな。

580 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 00:54:03 ID:nlWp6SZf
文化パクルに見えた人~

581 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 01:46:11 ID:azl7+tcG
叔父がお茶やってるけどな。裏千家だけど知ってる人達ともよく話すが、
韓国茶道なんていかに噴飯もののイカサマか、知らない人には想像もつかないと思う。
国辱ものといってよい完全な犯罪的文化泥棒だよ。100%そんなものは存在していない。

582 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 02:22:41 ID:N1j0ALPX
>>581
そう思っていても、表だって口に出さなければ、
知らない人は知らないし、知ろうとしないんだから、認めたのと同じ結果になっちゃうよ。
剣道や柔道みたいにね。
日本人だけが了解していればいいという時代じゃないから、尚更やっかいだ罠。

584 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 06:08:37 ID:u7ZbrPbU
剣道は最近になって騒ぎ出したな。

592 :579:2005/06/19(日) 14:44:50 ID:xsNG8rgJ
>>581
空手に対するテコンドーみたいなもんで、
戦後位の伝統はあるかと思ったが、50年どころか、
つい最近、日本への対抗心だけで、お手軽、かつ、無様にでっちあげた様なもんなのね?
クソチョン共、鬱陶しい。

595 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 14:55:16 ID:ow18laNq
>>592
つい最近どころか去年できたものだ。
去 年 

597 :579:2005/06/19(日) 15:09:32 ID:xsNG8rgJ
>>595
去年・・・・それで
「日本の茶道とは作法や味などは違うが、
 心の部分で通じるものがある」と云ってるのか・・・・

詐欺漢か馬鹿だ。しかし、それを有難がってる京都の人間は世界一の馬鹿だ。

602 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 19:08:27 ID:U4y9K3d9
>>597
> 心の部分で通じるものがある」
と云ってるのか・・・・
奴らは全く分っていない。

少し前に、WEB上であちらの茶道とやらの写真を見たことがあるが、
なんとなく和気あいあいとした雰囲気は伝わった。
だが、日本の茶道は違う。
「もてなす」という心を具現化するために500年の歳月をかけて考え抜き、
磨きに磨き、洗練され、指先一つの動きに、茶碗の厚み1つに、
寸単位で計算された躙口etc・・・に、結晶した。
そして、そこには日本で磨かれた禅の深い思想が根底にある。
茶道の代々の家元は参禅し、茶の究極の心を求める。
奴らは、形は違えど、これをたった1年で習得したというのだろうか?

603 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 19:14:17 ID:SWOv5B2i
>>602
表面だけパクッたんですよ。
なんせ先進諸国を真似て水洗トイレを導入してみたら、パイプが小さく紙を流せない国ですよ?
そして今でも韓国のトイレは紙は流さず備え付けのゴミ箱にポイ。
彼らは表面だけしか見えないかわいそうな人種なんですよ・・・

604 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 20:19:01 ID:JX44hVfs
そういうのはWeb上に記録を残しておかないと駄目だな。
ほうっておくと起源を捏造して嘘を指摘すると「証拠を示せ」
といわれるからな。
存在しなかったことの証明は非常に難しい。

606 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 20:29:37 ID:nWcAN7ki
悪魔の証明ってヤツだな。
まあ「無かったって言う証拠を示せ!」なんて発言する事でどういう風に見られるのか
理解できないのが、彼の国のクオリティだろうが…

607 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 20:52:28 ID:Mdg3bH0T
どこかで見た(ここかも?)だけど、
韓国に茶の文化が無かったのは、骨董市を歩けばすぐわかるんだって。
急須の古い物が全く出てこないから。
日本の骨董市に行けばありとあらゆるものが出てくるんだけどね。

608 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 21:03:52 ID:K9LDyGK3
>>607
まったくってことはない。
すげーまれにあることはある。

609 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 21:15:03 ID:LqRYdYUb
だって韓国茶道ってヤカンでお湯煎れてるもん。

610 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 21:18:33 ID:tVsmDM7l
>>609
揶揄のつもりかね、それとも擁護かね?

611 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 21:22:55 ID:9oaWY6vr
264 :日出づる処の名無し :2005/06/07(火) 04:28:51 ID:nCjvvAH0
朝鮮にお茶文化があったなんて、すぐ嘘だとわかりました。
私は骨董品が好きでアジアのもたまに見たりしますが、
日本中国の骨董では腐るほどあるティーポットが、朝鮮骨董では見当たりません。
昔から「お茶文化がないんだな」と思ってました。
(ゼロではありません、ごくわずかにはあるようです)

あんなわかりやすい嘘をよくまあ吐けたものです。
もしあちらが朝鮮が祖、と主張するなら、
おまえんちの物置に古い急須があるかと言ってやってください。

イギリスで紅茶離れ、日本の緑茶が主流に

やっぱりごく僅かに急須は存在するようです。

613 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 21:57:04 ID:OdL7hzth
そういえばノムヒョンが香炉をプレゼントされて、お茶をいれて飲みたい発言で
失笑をかっていたね。韓国人てろくに急須の形も知らないんじゃないの?

614 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 22:07:01 ID:FZAjyR9M
韓国人に普及してる茶って、トウモロコシ茶とかそんなんじゃなかったっけ?

615 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 22:11:59 ID:CosVKx9v
>>614
そして、古代朝鮮帝国は北米大陸をも版図にとか・・・

616 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 22:41:04 ID:uofMNxh+
>>614
ゆず茶だよ。
マーマレードにお湯注いだやつ

617 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 22:46:32 ID:mDB/r+Id
ご飯のおこげのお茶だよ。
本物のお茶なんて高級なもの飲めなかった。

618 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 23:16:39 ID:JNq0v92f
>617
それはそれで香ばしそうで美味そうではあるがな
つーか、そういう文化があるならそれを誇りにしろよな
無理に背伸びして、高尚なの身に着けようとしたって無理だって

19 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 23:51:59 ID:zVjYMHKG
ご飯のおこげのお茶って、昔読んだ「狼のまゆげ(まつげ?)」で
貧乏でご飯もろくに食べられない老夫婦が食べてたな。
お金持ちの家の使った後の鍋を毎日借りて、お湯を入れて沸かし、
こびりついたご飯をふやかしてこそぎ落として食べるの。鍋こすり、って。

ゆず茶は山田養蜂場のが美味しいらしい。
(※リンク先消滅)
多分これかな?国内産で安全なので買うならこれがいいなー。
柑橘系の皮って輸入物は特に農薬怖いし。
韓国産中国産のは毒と言ってもいいと思う。

620 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 23:55:29 ID:OFeAFGuf
朝鮮はね、えーとえーと、高句麗?の時代に仏教を廃止して
儒教を国教にした時点でお茶を飲む文化も捨てちゃったの。
いまでも普段からお茶を飲む習慣はないです。ゆず茶が基本。

621 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 00:21:13 ID:L10832Kv
>>618
そこなんだよねぇ。>そういう文化を大切にしろ
でも、そこで無理に背伸びして肉離れ起こすのが韓国クオリティ

622 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 00:46:09 ID:KUZ4JuwH
朝鮮に急須がないのは秀吉軍がウリナラの茶文化に嫉妬して叩き壊したニダ
それ以降作られていないのは職人が連れ去られたからニダ
日本の茶道はウリナラ起源スミダ

623 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 00:58:06 ID:x52tMnk4
なんか韓国擁護かと思われるかもしれないが、ちょっと思いついたので言わせてくれ。
文化っていっても、一般民衆に広まった大衆文化と
やんごとなき人たちの宮廷文化ってあると思うんだな。
朝鮮は大衆文化はほとんど育たなかったけど、宮廷文化はそれなりにあった。

朝鮮の茶道ってのは、そんな宮廷文化を指して言ってるんじゃなかろうか。
コリアンだって、宮廷人はお茶(もしくはそれに近いもの)を飲んでたろうし。
こんな意見だけど、どうよ?

624 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 01:02:11 ID:q6a/7MR5
文献がないのと韓国人の国民性を鑑みるに信用できないというのは自然なこと

625 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 01:14:53 ID:BwU+KJzM
>>622
その後朝鮮に帰った職人も何人かいるんだろ?
その人達はどうなったんだろう。

626 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 01:17:54 ID:gej9EEmp
よくネタにされたり、オチに使われてギャフン、ってパターンが多いが、
上の”おこげ茶”もそうなように、朝鮮半島文化も改めて見れば
いっぱしのものもけっこうあると思う。
ただ、彼らは自分らで自分らの文化を貶めてしまうんだよな。
そして、隣の庭に咲いている花が欲しいとねだってばかり。

すこしは自分の庭に咲く可憐な花に目を向けてやれってんだ。
もし時流がかわり、それこそが求められる文化になったとき、
「あんなものとっくに抜いて捨てちゃった」なんてことになったら
それこそバカみたいだぞ。

627 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 01:26:49 ID:q6a/7MR5
いっぱしのものが支那の野完全コピーが殆んどなのがコンプレックスになってるが故の捏造だろう。

630 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 02:17:12 ID:GcszJVpM
絡んでくるから仕方はないのだが、、なんつうか韓国みたいな腐った格下と日々付き合ってると
どんどん自分らのレベルが下がっていく気がする。
もともと日本て西欧文明と互角に渡り合おうと切磋琢磨して勝負してきたのだし。

631 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 03:08:09 ID:RKVjwfAB
白人にウケた日本文化を片っ端からパクるからムカつくんだよなあ。
それまでは武道でも娯楽でも馬鹿にしてたくせに。

632 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 03:12:42 ID:8j1Zd948
>>631
それは朝鮮にも言えるよ。

633 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 03:14:04 ID:ET72KFep
>>631
むかつきもする。
が、軽蔑が膨らむ一方だな。自分たちの独自の価値基準がなくて、白人や日本人が物差し。
それが一番情けないだろう。

635 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 03:53:33 ID:9zJmNlCq
>>623
確かに宮廷文化は結構きちんとした形であったらしいね。
でもあまり注目されないのは結局は文献という形で明確に残ってないからかと。
あとは伝聞や相伝なんかだけど、例えば韓国の宮廷料理を再現したレストランなんかはある。

>>626
>ただ、彼らは自分らで自分らの文化を貶めてしまうんだよな。
>そして、隣の庭に咲いている花が欲しいとねだってばかり。

哀しいが日本も少し当てはまる・・・ OTZ
でも日本では完全に捨て去らずに最低限の種子は残しておくので、
もう一度咲かせようとしたときの労力はそれほどかからない。
そこが朝鮮との大きな違いだね。

636 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 03:57:38 ID:6nPIACyN
>>630
福沢諭吉も友達は選ぼうって言ってるしね

637 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 04:17:09 ID:GcszJVpM
>>623
>朝鮮の茶道

文献も無く、口伝で伝わる伝統もない。それでも何かはあったはずという根拠は何よ?
はっきり言おう、ゼロだ。 茶くらい飲んだかもしれない。でも朝鮮茶道は全くのフィクション。

638 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 04:23:49 ID:xRHObpkd
併合時代に生まれたんだよ。
だから、フィクションではない。

646 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 15:49:11 ID:tukXWFwe
>朝鮮茶道
喫茶の習慣くらいあるだろ。中国の影響あるから。
でも独自の文化とまでは昇華してないよ。
料理なんかは朝鮮儒教と連動して特有の文化になってるけどね。

ウリナラの歴史捏造を真に受ける日本人や
裏を知りつつ宣伝するサヨが馬鹿なだけ

647 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 15:54:47 ID:diQcy2o/
お茶(茶の葉ね)って、仏教と関連深かった覚えがある。
だからって何なんだ、だけど。

648 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 16:11:30 ID:9u8AOa3K
>>646
普通は自前で生産できないようなものがその国の文化になる訳がない(イギリスは特別)
現代とは違うんだから。
高い金払って外国から輸入しなきゃ茶なんて飲めないんだから、
習慣自体があったとは到底思えないんだけどね。

650 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 20:02:20 ID:JaiCPmGt
>>635
>韓国の宮廷料理

これもそれなりにスゴイものだったらしいな。
特に李朝末期などは相当贅を尽くしてたらしい。
朝鮮では食い物を残す事に満腹感とか喜びとかを感じるそうだが、
それもこの頃の両班(朝鮮の貴族)の名残なのかもしれんね。

…もっとも。たいして裕福でない朝鮮で、上がこんな有様だったから、
下々の生活は困窮したわけだが。
それに比べ、日本の皇室の質素な生活はちょっと引くぐらい徹底している。
明治天皇などは和歌をお作りになるさい、練習用の紙として
使用済みの郵便封筒を裏返して利用していたそうだ。
そんな明治天皇が全幅の信頼を寄せていた乃木将軍は、幼少時の昭和天皇に
「一に御質素、二に御質素」と厳しく教育したらしい。
それが現在のにも受けつがれている皇室の「質素な生活」の伝統だが、
個人的には「もう少しだけ」豪華さを諸外国に見せびらかして欲しい気持ちもあったり…。
なんせGDP世界第二の経済大国なんだからさ~。

651 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 20:36:48 ID:5LIdBlCT
>>650
使う金額は質素でも身の回りに重文クラスの物がゴロゴロしとるやん。
これが本当の贅沢ちゃうの?

652 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 20:57:37 ID:JaiCPmGt
>>651
「使う金額」でも、もうちょっとだけ「見せつけてほしい」と感じた、
いち貧乏庶民の戯言だよw

683 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 22:52:45 ID:shBE4LMj
皇后の衣服で、十分文化の程度は伝わってるのでは。

653 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 21:08:26 ID:yS7D5PgJ
>>646
朝鮮は寒冷なので、茶はつい最近品種改良されるまで栽培できなかったと聞いている。

654 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 21:50:16 ID:hk//lBTx
>>653
それは米じゃなかったっけ?

655 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 22:00:22 ID:yS7D5PgJ
>>654
米は全羅道当たりで栽培可能だったが、お茶は無理だったらしい。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<日本は好かれて嫌われて(part45スレ) | メイン | 日本のイメージ、外国のイメージ(part45スレ)>>
コメント
-  -
626が言ってた
>隣の庭に咲いている花が欲しいとねだってばかり。
>「あんなものとっくに抜いて捨てちゃった」なんてことになったら
それこそバカみたいだぞ。

って桜で実際やっている。
伝統ある自生種の桜をを片っ端から抜いてソメイソシノを植樹して「桜の起源は韓国ニダ」。
でもソメイヨシノは改良種だからDNA鑑定すれば一発で「日本産」ってわかるんだけどね。
2011/04/10 14:56  | URL | 通りすがり #dzY8bSq.[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国のは「美味しいお茶の入れ方」
朝鮮に至ってはブランドとなるお茶の品種すらない
この時点でまあアレだ
2011/04/09 10:24  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
朝鮮は中国と隣接してる関係から宮廷の作法や儀礼、文化が完全な「中国化」してしまって朝鮮独自のものが卑賤な文化として抹消されてしまったっていう話はあるね。
なので朝鮮宮廷料理はただの「中華風宮廷料理」になってしまって朝鮮独自の文化としての宮廷料理の文献はのこっていないそうな(現在、宮廷料理といってるのは中華の文献から創造されたもの)。
金属の薬缶やトイレットペーパーうんぬんっていってるは「韓国式茶道」のイベント紹介の画像で茶道具のなかにさも当然のようにトイレットペーパーのロールとアルマイトの薬缶がはいっていた画像のやつですね。
まあ、チャングムで宮廷料理の調理場に携帯ガスコンロがまじってたことにくらべりゃw
2011/04/08 16:51  | URL | k #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
日本では裏千家かじって、
台北と北京でお茶教えてもらったけど両方面白かったよ。
茶器にこだわったり茶葉の選び方・香りのかぎかた、
煎れ方や煎れた後の香りをかぐ等々。
茶道と作法の違い、イマイチよくわからないけど
日本も中国・台湾もそれなりに興味深い。

韓国は・・・ゆず茶は好きな人いるだろな、くらい。
2011/04/08 13:20  | URL | #MQk5VSMM[ 編集] |  ▲ top

-  -
本物を継承し外へ発信する努力は必要だろうな
ニセモノと本物、長い目でみれば大雑把な欧米人も見分けついてるしw
2011/04/08 12:06  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
中国のお茶を飲むときにちっさいお茶器をあっためて最初に淹れたお茶は捨てたり・・っていうおいしいお茶を飲むために徹底してるなーとはおもた。
2011/04/08 04:20  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 茶道に金属のヤカンどころか
茶道でトイレットペーパーがロールのままで出てきます・・・
2011/04/07 23:53  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
626の話で済州島の王桜を思い出した
大丈夫だろうか
2011/04/07 21:34  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ごめん分断じゃなくて断絶だった
何で間違えたorz
2011/04/07 20:58  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
岡倉天心の茶の本を漫画版でもいいから読んでみるといい
中国も朝鮮も道教と仏教が廃れた時点で
日本が継承しているいわゆる「茶道」の文化は分断している
中国にあるのは茶道じゃなくて作法でしかないし
韓国のは言わずもがな
2011/04/07 20:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
茶道におに金属のヤカンが出てくる時点で向こうの茶がどういうものかわかるだろ・・・
2011/04/07 19:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/287-19cad6a5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。