2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
じいさまの話(part40スレ)
- 2010/12/26(Sun) -
436 :日出づる処の名無し:05/02/17 09:21:33 ID:U8MjHOeb
「ここがヘンだよ日本人」に出いていたイギリス女性が書いていたが
日本人男性と踊っていたら、アメリカの白人がやってきて
「どけ、彼女はおまえにはふさわしくない」と押しのけてきたそうだ。
日本人は英語がわからなかったので、すんなり引き下がったが
彼女はそのアメリカ人を怒ったって。アメリカ人にはそういうのも多いと書いてた。

437 :日出づる処の名無し:05/02/17 10:14:26 ID:vtvBTox/
>「どけ、彼女はおまえにはふさわしくない」
ハリウッド映画とかでよく見かけるシチュエーションだ

439 :日出づる処の名無し:05/02/17 13:27:21 ID:pdrEqFBE
>「彼女はおまえにはふさわしくない」

なんかこれって一瞬、“おまえのような素晴らしい男にこんな女はふさわしくない”
って意味かとオモタw
そんな女捨てて俺と付き合え。ウホッ
「おまえは彼女にふさわしくない」ならすんなり納得するけどさ。

441 :日出づる処の名無し:05/02/17 13:47:18 ID:LkwtHgrt
>>436
それ読んだ記憶があるが、もっとはっきりとした言い方だったよ。
「彼女は俺たちと同じ種類の人間だ」みたいな

443 :日出づる処の名無し:05/02/17 19:48:35 ID:KozD5kW0
>>436
これがイギリス系白人女性じゃなく
日女の組み合わせならリアルだったけどな。
戦後進駐して来た米兵にぶら下がって
日本男子を「敗残兵!(W」て罵ったんだからな。

444 :日出づる処の名無し:05/02/17 20:20:29 ID:YlOJ+W0Z
真っ赤な口紅塗って米兵にぶら下がってるとこみて、で後藤田は思ったらしい。
あぁ絶対に負けるもんじゃないなと。
by 日経 私の履歴書

とりあえずJapan as No.1とやらはどこへ行ってしまったんだろう。

445 :日出づる処の名無し:05/02/17 20:22:57 ID:nUOgbWbJ
パンパンガールとかオンリーさんってヤシだな。
死語だなあw

446 :日出づる処の名無し:05/02/17 20:37:19 ID:YNesfws4
>>443-445
パンパンのおかげでおまえたちは私生児にならずに済んだのだ。
ベルリンの悲惨さをみよ。ソ連とアメリカは同じく強姦兵だらけだった。
感謝しこそすれ、嘲るなかれ。

447 :日出づる処の名無し:05/02/17 20:57:56 ID:CwJHfGhI
でもロシア兵は特別では。最凶のレイプ魔(だった?)というのは有名だね。

450 :日出づる処の名無し:05/02/17 21:55:48 ID:YNesfws4
>>447
ソビエトの悪行が酷すぎたのとそれがよく喧伝されたことで
アメリカが目立ってないだけで、アメリカ兵もレイプ魔だらけだった。
そんなことも知らんのか。
これだから戦後生まれは…


452 :日出づる処の名無し:05/02/17 22:35:13 ID:uXA75wct
>>446
> パンパンのおかげでおまえたちは私生児にならずに済んだのだ。
> ベルリンの悲惨さをみよ。ソ連とアメリカは同じく強姦兵だらけだった。

アメリカはベルリン入城直前に、前線を形成していた消耗部隊を引っ込めて、
エリート部隊と交替させたんだよね。

でも、ソ連占領領域では、女はみんな毎日どこかへ連れていかれて
泣きながら帰ってきたり、あるいは帰ってこなかったりして、
レイプ場の壁際の、股間から血を流して頭をぶち抜かれている裸の女の死体の山が
毎日だんだん高くなっていったんだよね。
そして万年筆をみんな持っていかれた。

483 :日出づる処の名無し:05/02/18 08:36:31 ID:8J2tTAOO
ソ連軍の伝統は今でも生きてる。
チェチェンでのロシア軍もやりたい放題だそうだ

490 :日出づる処の名無し:05/02/18 11:34:03 ID:L5EIQEj0
遅レススマソ
>>450
進駐軍が寺とか神社とかから色んなものを持ってった、という話は聞いたこと有るな。

491 :日出づる処の名無し:05/02/18 11:48:16 ID:D4LYUePP
>450
西尾幹二がデーブスペクターに読み聞かせたやつだっけ。
それまで日本=悪、アメリカ=正義で得意げに語っていたデーブが
思いっきり鬱になっていたな。

493 :日出づる処の名無し:05/02/18 13:07:10 ID:ZLbIH2Ch
>>490
鉄製品の回収を逃れた国宝級の日本刀も、
武装解除の名目で、アメリカ兵「個人」が持って行きおった。
しかもなんの意味もなく美術品まであさっていきおった。
敗戦国とはいえ国民や国家の財産を侵害してよいわけなかろうが。

勝てば敵民族を強姦・拷問・人間狩り・虐殺・略奪する。
とても近代軍とは思えぬふるまい。

アメリカとソビエトの兵隊の規律の悪さはそれは酷かった。
二百年後の世界史では、第二次世界大戦では最悪の国が勝って、
戦後に2つの悪の国が好き放題の蛮行を行ったと記されるであろうて。
勝てば官軍とはようゆうたものよ。


494 :日出づる処の名無し:05/02/18 13:07:57 ID:ZLbIH2Ch
>>491
>デーブスペクター

あの毛唐は、アメリカの下っ端スパイじゃよ。


496 :日出づる処の名無し:05/02/18 15:27:53 ID:D4LYUePP
>493
・日本兵やドイツ兵の死体の歯を折って、金歯を戦利品として持ち帰る。
・日本兵の耳を塩漬けにして戦利品として持ち帰る。
・日本兵の頭蓋骨を戦利品として故郷に送る。
何世紀の蛮族だろうと思ったらアメリカ兵ですた。
映画「プレデター」の宇宙人のモデルはベトコンだとか日本兵だとか言われてるけど
アメリカ兵の方が近いような……

500 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:18:46 ID:DWD0o8bT
>>496
>何世紀の蛮族だろうと思ったらアメリカ兵ですた。
>映画「プレデター」の宇宙人のモデルはベトコンだとか日本兵だとか言われてるけど
>アメリカ兵の方が近いような……

自らの蛮行と性癖を相手に投影しておるのじゃろうて。


497 :日出づる処の名無し:05/02/18 16:59:45 ID:EsgihIsa
>>493
戦後の日本の美術品の買入は、GHQが政策としてやってたんだよね。

501 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:22:38 ID:DWD0o8bT
>>497
非常に厳しい情報統制(情報統制をかけていると悟られないほどの情報統制)が
しかれておったから今の人間は知らんだろうがな。

GHQは、のちに日本政府自らの手で戦後統制の重要文書が
すべて時限的に破棄されるように仕向けおったしの。


498 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:04:48 ID:a+042LQ3
へ~、アメリカ軍はそんなにひどかったんだ。
でも昔の事だしアメリカには守ってもらわなくちゃいけないから仲良くしないとね。
中国とも仲良くしないと怖いよ~。政府は早く対処してくれ!

499 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:18:07 ID:t8EvZBO0
試しに逆をとってみると、、

アメリカ軍はそんなに酷くなかった。
アメリカに守ってもらわなくともよいしそのために仲良くする必要はない。
中国と仲良くしなくとも怖くはないよ。
こっちのほうが現実に近いなw

502 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:26:08 ID:imen5N8i
朝鮮戦争の頃、北九州方面米兵の行状凄かったらすい。
北九州に住んでた親戚が、県外に住んでる親戚に「女性は昼間でもクルナ」と
言ってた時期があったってさ。
だからその頃は親戚付き合いも来てもらう一方だた。

504 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:36:59 ID:DWD0o8bT
>>502
アメリカはそういう行状の記録をすべて破棄させおったからの。
残るは伝聞のみとなり、時代と共に都市伝説のたぐいとして扱われるようになるのじゃ。
アメリカは情報操作にかけては本当に長けておる。


503 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:35:10 ID:t8EvZBO0
>>501
>非常に厳しい情報統制(情報統制をかけていると悟られないほどの情報統制)
>がしかれておったから今の人間は知らんだろうがな。

で、あなたは元CIA職員でしたとかw

505 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:38:05 ID:a+042LQ3
>>499
へ~、アメリカ軍はそんなにひどくなかったんだ。
でも昔の事だしアメリカには守ってもらわなくてもいいから仲良くしなくてもいいんだ。
中国とも仲良くしなくてもいいよ~。政府は早く対処してくれ!

506 :日出づる処の名無し:05/02/18 17:44:40 ID:DWD0o8bT
>>503
アメリカにしっぽを振らねば死なねばならん時代だったからの。
エリート組はみな組み込まれていったようだ。
わしは体だけが自慢の砲兵連隊の下っ端だったもので
あほうだからお呼びはかからなんだよ。

出征した同郷人はすべて死んでしもうた。
わし一人生き残って申し訳ない思いが常に頭にもたげておる。


507 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:06:50 ID:a+042LQ3
>>506
へ~、戦争経験者のじいさんかい?
2ちゃんは学生の溜まり場って聞いてたからちょっとビックリしたよ。
でも安心していきなさい。僕が日本を救ってあげるからさぁ。
政治家になったらまっさきに中国と仲良くするよ。
今中国が熱いのになんで日本は神社参拝いくんだよ!!
仲良くしてくれーって小泉さんに叫びたい!!!

508 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:12:13 ID:5c0ZThwu
別に、神社参拝しても、
中国と仲悪くなるわけじゃあるまいに。

509 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:16:02 ID:JUUHNT88
>>508
まったくだ。
ワロス。

510 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:16:21 ID:a+042LQ3
>>506
あ~それとじっちゃん。「最近の若い者は・・・」みたいなのは自分が悪いの気づいてる?
日本人の質の低下は教育のせいだよ。環境が悪すぎ!!
天皇って何でいるのかわからんし、そのうちなくなりそうな気もするし。
国の金を使うなよ!!結婚するからって金渡すなよ!!

511 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:18:11 ID:rVtMO7ky
>>503
当時はCIAじゃなくOSSな。

512 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:19:00 ID:41oDzIbh
>>506
できれば、自分の経験したことを、きちんとした形で残して欲しい。
それが、戦争で生き残った者の義務だよ。

513 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:19:12 ID:+A7YtYIl
ID:a+042LQ3年寄りには相応の口の利き方をしないと、ネタにしてもきついぞ。
どあほが。

515 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:24:30 ID:gNl6jFph
つーかアメリカ兵の話でムカつくのは
日本刀の装飾の「金」の部分だけ持っていって
本当に価値のある「刃」の部分を捨てたことが許せん。
国宝級の業物が海に捨てられたらしいし。

516 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:25:59 ID:nVGtxPWK
>>515
>国宝級の業物が海に捨てられたらしいし。
ウソだと言ってくれ~

517 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:27:10 ID:JUUHNT88
>>513
でもなんか碌に知識も無く世間も知らず
偉そうな事言ってみてただけの消防時代とか思い出せるよ。

518 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:28:51 ID:sEsLusa1
そういやあるお寺に置いてあった歴史物の槍も、アメリカ兵が槍投げで遊んで
損傷したっての聞いたことがあるな。

でもまぁ・・・これが戦争に負けるってことだね。
前大戦の教訓としては絶対に勝てる見込みのない戦争は起こさないことと、
もし戦争が起こったら何が何でも勝ち馬に乗れってことかな。

556 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:51:54 ID:DWD0o8bT
>>518
>これが戦争に負けるってことだね。

そんなことはない。
近代戦ではそんなことはあってはならんのだ。
結局、日本を新興国家とみられアメリカに嘗められたのであろう。
皇紀2665年を数える日本が建国200年のアメリカに!


519 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:30:31 ID:WJpZawCa
>>515
あの人達アホだから、掛け軸とか巻き物を保存する為の桐箱も「邪魔だから」
って捨てちゃったんだよね。
環境の変化とか、防虫にあれ程対応できる保存法法はないのに・・。
お陰で、アメリカ行った日本の文化財は劣化と虫食いで目も当てられない有り様に。

価値がわからないなら買うな。

520 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:34:24 ID:9pXdHGTo
大英博物館のある国とは
えらい違いだな

521 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:35:43 ID:a+042LQ3
>>513
何?お前偉そうだなw俺の方が将来有能な人間になるのにその態度!!
職無しの団魂野郎に言われたんじゃ一生の恥っ!!切腹~~w
それとあんまりアメリカ批判するなよ。日本軍も虐殺や従軍慰安婦問題があるでしょ?

522 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:36:06 ID:YR/54mqA
>>506
砲兵連隊の下っ端だったら今は70代後半ぐらいでしょうか。
そんなお方が2chにカキコ?しかもsageでw
あ り え な い !

557 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:58:52 ID:DWD0o8bT
>>522
もうすぐ米寿じゃ。
まあだまだ死なぬわ。上寿を目指すぞえ。

戦前の教育をなめるでない。
儂は尋常高等小学校しか出て居らんが、
読み書きはぬしゃらより達者ぞ。

孫に超漢字搭載の儂専用マシンももろうたで
体力の続く限りは書き続けられるわえ。すこうし眼が舞うてきたが。


523 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:39:50 ID:mXTxuvd2
>>521
いまいち面白くないな

524 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:41:15 ID:a+042LQ3
>>523
面白くないって何が?

528 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:44:08 ID:JUUHNT88
>>523
面白くないというより…
 つ ま ら な い

秋田から透明阿梵。

525 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:42:01 ID:5c0ZThwu
日本が中国に行ったときは、
文化財に敬意をはらったらしいけどね。

526 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:42:34 ID:+A7YtYIl
もうすぐ、70になる親父が2ちゃんをよんどる。
70を過ぎた、伯父も2ちゃんねるをよんどる。
(この伯父はニフティからの強者で、ネット歴は私より長い)
ありえない、なんてのは、世間をしらんだけだぞ。

529 :日出づる処の名無し:05/02/18 18:45:07 ID:UArMclzQ
>>501
米兵による強盗やレイプがあっても、報道規制で米兵と新聞にも書けなかったんだよね。
だから仕方がないから、「犯人は六尺以上の大男で」とか、
残った足跡から足のサイズが30cmぐらいとか、
犯人がどう考えても日本人じゃないな欧米人だなと推測できるような記事の書き方をしてたらすぃ。
行間を読めというか、読解力必要w

558 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:03:58 ID:FgQaMmk7
>>529
儂の嫁は幼い頃に田んぼの真ん中で、米軍の艦載機に機銃掃射され居った。
いわゆる、人狩りじゃ。

相手は子供しかもおなご。
まわりは標的にすべき武器庫も工廠も要塞もなかったのに、じゃ。

あきらかに楽しんで人狩りをやって居ったのであろう。
毛唐は所詮蛮族じゃ!


533 :日出づる処の名無し:05/02/18 19:39:52 ID:YCGkMn9Q
米軍人の美術に対する無教養さを物語るモノして有名なのはこれだな

559 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:09:55 ID:FgQaMmk7
>>533
>◆もちろん、米沢上杉神社の槍十筋も実戦に使用された形跡はない。
>ただあちこちに擦り傷がめだつ。太刀打ちの朱塗り部分も所々はげている。
>地元の話では、終戦直後、米沢市に進駐してきた米軍兵士たちが、
>槍投げ用に使ったということである。残る十筋はこの時に接収されたともいわれている。

これじゃな。
ほんに毛唐はものの価値も道理もわきまえぬ奴らめよ。


534 :日出づる処の名無し:05/02/18 19:49:26 ID:3I4lwnn/
京都とか鎌倉とかは爆撃はしなかったのはきちんと計算してたからというのは嘘か?
東京も大空襲があったわけだけど、残すべきとこは残してるみたいだし。
指揮官は別として、底辺が無教養なだけか。

561 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:15:21 ID:FgQaMmk7
>>534
京都が残ったのはたまたまじゃよ。
それより、おぬしら考え方がおかしいぞ。

「京都や鎌倉は文化財が多いから、アメリカは爆撃を避けた。」
よいか、残されたことを喜ぶより、ほんの数都市を除いて、
全国すべての街という街を焼き払い、爺婆と女子供を焼き殺しおったのだぞ。

南京虐殺?
聴いたこともないわ!
満州では暴れ回って随分と非道いこともしたようじゃが、
アメリカの目的を持った大虐殺に比べればかわいいものよ。


537 :日出づる処の名無し:05/02/18 20:12:48 ID:Uk0AqtLL
>>534
都市別なのは原爆投下時の評価用に攻撃しないでおいた。
大都市でも被災地区をはっきりさせたのは爆撃精度を誇示して威圧するため。
というネタがある

540 : :05/02/18 21:57:53 ID:Alt2ol/5
>>518
次アメリカと戦争したときに倍返しでリベンジだな。

562 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:18:30 ID:FgQaMmk7
>>540
毛唐に成り下がることはない。
それよりはやく大日本帝國に戻しておくれ。
今の日本は国家の体をなしておらん。


542 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:19:29 ID:H5V0PDJ7
>>540
というかアメリカに壊すものなんてあるの?

543 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:33:29 ID:M9F39otF
あれだ、大統領の岩に肉って落書きしよーぜー

544 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:36:08 ID:WJpZawCa
>>543
落書きではないけど、ワタスもあの岩を思い浮かべたよ・・。
でも、あの山も元々インディアンの聖地だったところを勝手にあんなにしちゃったんだよね。

563 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:21:19 ID:FgQaMmk7
>>544
すべての「有色」人種よ。分かたれることなく、赤鬼どもをを滅ぼせ。


545 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:37:38 ID:hQRFrG3v
自由の女神のたいまつをウンコに替える

546 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:38:11 ID:52z+ynqu
>>534
戦略爆撃の目標選定には、学者連中も口出したりしただろうから。
末端の兵士が滅茶苦茶なのは、アメリカ映画でもよく描かれる(主人公は止めようとする)

547 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:38:59 ID:SAmrBUS1
とりあえずマックのベンチに座ってるドナルドに石投げつけようか
あいつにだけは何をしても罪悪感がわかない

548 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:42:58 ID:PN2jaYrS
>>543
>>545
逆に喜びそうだな、ヤツラは。。

549 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:45:08 ID:u9Y2x9/S
>>545
某名を言うを憚る半島国の中の人が大喜びの予感

550 :日出づる処の名無し:05/02/18 22:45:17 ID:hQRFrG3v
ホワイトハウスを黒く塗る。漆で。

551 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:28:40 ID:H5V0PDJ7
>>550
それいいね!
元々ホワイトハウスって火事の煤で真っ黒になったのを隠す為に白く塗ったのが始まりだとか。
漆塗りだからジャパンハウスだ。

552 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:28:53 ID:/Q3BpoSq
>ホワイトハウスを黒く塗る。漆で。
いいねぇ、これこそ白人支配の象徴だ!とか適当にイチャモンつけてな。

553 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:29:17 ID:JUUHNT88
>>550
贅沢すぎる…

564 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:22:39 ID:FgQaMmk7
>>550
まっくろでつやつやと美しいことで・・・・・
荘厳にしてどうするんじゃ!


554 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:31:37 ID:xi4D+ZN3
警官の持ってる刀を、米兵が「おみやげ」として
ぶん捕って行ったってのは聞いたことあるなあ。
日本人のおかれた状況が悲しいほど分かる。

555 :日出づる処の名無し:05/02/18 23:49:38 ID:D4LYUePP
>550
何その高級感。
まあ、次にアメリカと戦争するようなことになったら、
日本の技術もより進歩しているだろうから、
ホワイトハウスは天空の城(非武装)にしてやろうかと思う。
アメリカ人には大ウケだと思うね。

565 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:25:14 ID:FgQaMmk7
>>555
儂の予感ではもうすぐ核兵器遠隔自爆装置というものができるぞ。
これで核大国は自滅じゃ。
アメリカは大陸ごと不毛の地になるじゃろうな。
できれば白人すべてをアメリカに避難させてから
発動させたいものじゃ。


566 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:28:27 ID:qOBdW8Db
>>561
の言う通り、偶然から出たデマ。
焼け残った各地の城も米兵の卑猥な落書きだらけになり
売春窟にまでされていた。

571 :日出づる処の名無し:05/02/19 02:32:55 ID:tYnB06AS
>>550
黒漆は今、100g1万円くらいするんだが・・・。

572 :日出づる処の名無し:05/02/19 02:39:22 ID:TED7VQi+
日本は優しく誠実でありすぎるから戦争に向かないんだろうな。
流言の類は恐ろしく下手だし。
まぁ それが他国にない魅力なんだろうけど・・・

せめてイタリアの半分くらい狡猾さと冷徹さがあれば・・・

573 :日出づる処の名無し:05/02/19 03:12:33 ID:4Vgbqjtc
>>572
砂漠で美味しいご飯を炊くために、水をじゃんじゃん使用するようになりますがよろしいですか?

574 :日出づる処の名無し:05/02/19 03:14:03 ID:2l7nejeE
それにしちゃ日本は戦争強いし、イタリアは弱いね。

もっともローマ帝国時代のイタリアは無敵だったけど、あれは狡猾だったからではなく
誠実と寛大を徹底させたせいだったからと思うけど。

586 :日出づる処の名無し:05/02/19 09:52:09 ID:fKwj7B+H
>>573
それに関しちゃ、「戦闘糧食Ⅱ型」で解決済みだ。
簡易加熱材付きのレトルトパックで水がなくても米が食える。
味もUNTAC参加国による糧食コンテストで一位をとるほどだ。
食うことに関しちゃ日本は改良が早いかもしれない。

602 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:22:48 ID:XIdXrRfA
>573 名前:日出づる処の名無し 投稿日:05/02/19 03:12:33 ID:4Vgbqjtc
>>>572
>砂漠で美味しいご飯を炊くために、水をじゃんじゃん使用するようになりますがよろしいですか?

勘違いしている人が多いが、ご飯は「炊く」ので水分は米に殆ど全て吸収されるので
トータルの水分補給という意味では何も問題は無いよ。
パンだったら、結局は足りない水分は水で補うわけで、
どっちにしてもトータルでの軍の水使用量は変わらない。

スパゲッティは茹でるだけだから、しかも捨てるから、

604 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:30:45 ID:ECpidl9a
捨てずに、飲むというのは、どうか。
茹で汁を。

605 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:31:53 ID:x6A3YMz9
>>604
まずいじゃん。
スープにしてスープスパならどうか。

575 :日出づる処の名無し:05/02/19 04:14:15 ID:T6PUYl/k
''戦闘''には強いが、それと比べて''戦争''には弱いってことだろ。

しかし戦争も強いほうだと思うよ。
よってたかってボコ殴りにされてここまで耐えられる国なんてそうはないもん。

576 :日出づる処の名無し:05/02/19 05:16:24 ID:fKdr3lcl
>575
戦争以前の政治的な駆け引きが弱い>日本
この弱点が戦後未だに克服できていないことが問題かも。

577 :日出づる処の名無し:05/02/19 05:38:44 ID:XInW8aj7
特別弱くはないと思う。対アメリカでは、手持ちのカードの差があっただけで
戦後の問題はまた別次元だろう。GHQのWGIPの成果だし

580 :日出づる処の名無し:05/02/19 08:17:55 ID:tsSbb980
日本は対外戦争が少ないから強い弱いは判断できないんじゃないの。
むしろ戦績から見れば、十分強い。
世界最強のアメリカに負けたからと言って弱いとは言えない。

581 :日出づる処の名無し:05/02/19 08:28:28 ID:SA8YFoKN
>558
> 儂の嫁は幼い頃に田んぼの真ん中で、米軍の艦載機に機銃掃射され居った。
> いわゆる、人狩りじゃ。

親父とか叔父とか小学校の頃の先生に直接聞いた話なんで、疑う余地も無いんだが、
終戦間際になると、米軍は普通に戦闘機で人(上記のひとだから要するに当時子供だ!)を
狙って機銃を撃ってたみたいだね。

ちなみに場所は名古屋で機種は名前は忘れたが、
双胴の戦闘爆撃機。ライトニングだっけ?

戦略的な理由なんてある訳ないんで、要するに爆撃か偵察をやった後のついでの
「お楽しみ」なんだろう。
米軍は今も昔も規律(それ以前の人間性とか道徳の問題だが)が劣悪な訳で、
戦闘力とは別の次元で錬度が低い。

俺も昔はサヨクだったんで、旧日本軍てのは、
いかにもそういう残虐行為をやりそうだというイメージを持っていたんだが、
実際は違うね。えらい規律が高く、現地の人にも優しい軍隊だ。
辛抱強く苦難に耐えて「お楽しみ」なんか求めない。
戦闘力とは別の次元で錬度が高い。イラクの自衛隊そっくり。

607 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:38:51 ID:FgQaMmk7
>>581
>旧日本軍てのは、
>えらい規律が高く、現地の人にも優しい軍隊だ。
>辛抱強く苦難に耐えて「お楽しみ」なんか求めない。
> 戦闘力とは別の次元で錬度が高い。イラクの自衛隊そっくり。

そのとおりじゃ。
イラクの自衛隊は日本軍を研究して情報戦として
より一層規律正しく相手を尊重しておるようだ。


582 :日出づる処の名無し:05/02/19 08:48:39 ID:6k3U8XXy
>>581
自分達が民間人を機銃掃射したりするものだから、
当然、日本軍もやったはずだと思うわけだ。
念のいったことに、わざわざ映画で描写したりね。

609 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:53:50 ID:FgQaMmk7
>>582
>自分達が民間人を機銃掃射したりするものだから、
当然、日本軍もやったはずだと思うわけだ。

テロ自作自演侵略戦争→大日本帝國は悪の軍国主義国家
原爆都市壊滅人体実験→南京大虐殺
日本民族絶滅焼尽作戦→ホロコースト
田んぼの子供マンハント→「パール・ハーバー」での零戦機銃掃射
年端もいかぬ娘の強姦→日本人ペドフィリア情報操作

すべて、アメリカ自身の投影。
アメリカが自身の行いや性癖を日本に投影したもの。

『国家の発する悪口には、その国家自らの本質が表れる。』


584 :日出づる処の名無し:05/02/19 09:39:31 ID:IeqvPxHz
>>581
まえに『日本のよふけ』でスペシャルやったときに、ゲストで
ドラクエの作曲家と、岡本太郎の奥さん?と、もう一人だれかの3人が
来た回があったんだけど、偵察機?の機銃掃射の話してたなぁ。
みんな当時小中学生くらいの子供だったそうなんだけど、
子供が犬追い掛け回して石投げるような感じで撃たれてたって。
操縦席のパイロットの顔が見えるくらい近い距離だって言ってた。
「まだ若い米兵がね、笑いながら撃ってくるのが、見えるのよね」って。

その話でナニが凄いと思ったって、皆さん笑い話のように話してること。
つーか、尋常でないのでもう笑うしかないという感じなんだろうけどorz

あーいう、元気なジジババの話聞くようなTV番組、もっかいplz。

588 :日出づる処の名無し:05/02/19 10:54:17 ID:1aEOQOfJ
>>584
幕末の外国人が書いてたものを何かで読んだけど
その頃から日本人は悲惨なことがあってもヘラヘラしてたらしいよ。
火事も身内の不幸も、なんでも茶化してしまうってあきれてた。
「日本人の無頓着な性格によるものであろう」だって。

589 :日出づる処の名無し:05/02/19 10:55:57 ID:NlzvFx+q
>>588
単なる不安のごまかしに過ぎないと思うけどな

590 :日出づる処の名無し:05/02/19 11:08:39 ID:2l7nejeE
>>588
それもしかしてデンマーク人の海軍の人で横浜地震の記録じゃなかった?
名前忘れたが。
家とか壊滅状態になっても絶望することもなく、
黙々と復旧に励む姿に驚嘆したとかなんとか。

591 :日出づる処の名無し:05/02/19 11:15:25 ID:iEpgtbJ8
似たようなこと神戸の時フランスのテレビ局がやってた。
被災者の主婦にインタビュー。
意外とああいう事のすぐあとって、頑張んなきゃって気持ちが強くて元気がいいんじゃない?
日にちがたつほどにだんだん絶望的になってきたりして。

592 :日出づる処の名無し:05/02/19 11:18:38 ID:vOPCLxqw
そこで「火垂るの墓」なんだよなぁ。
外人も意図的に民間人が狙われた事をそれで知ったとかって話は聞いた。
日本のリベンジじゃないのかな。

611 :日出づる処の名無し:05/02/19 18:01:49 ID:FgQaMmk7
>>592
>日本のリベンジじゃないのかな。

リベンジもなにも、アメリカの自滅じゃ。
アメリカは今でも強い情報統制をしいて、
第二次世界大戦の悪行を合衆国民に隠しておるからの。

その隠蔽しておった事実が、ほんの一部アニメ化されただけじゃ。
日本がリベンジするなら、広島長崎の原爆投下の状況と、
都市傷痍作戦の状況をリアルにアニメ化すべきじゃな。


593 :日出づる処の名無し:05/02/19 11:59:05 ID:fKdr3lcl
>592
逆にあの映画が海外で紹介されるまで、
民間人が標的になった事実が知られていなかったことが驚きだ、
野坂の原作はさておき、アニメは戦争犯罪のアピールに有効かもね。

612 :日出づる処の名無し:05/02/19 18:03:54 ID:FgQaMmk7
>>593
>民間人が標的になった事実が知られていなかったことが驚きだ、

アメリカは譲歩操作にかけては超一流じゃからな。
最近の、三菱叩きや雪印叩きも、アメリカの国家ぐるみの投機を目的とした仕手じゃろうて。


595 :日出づる処の名無し:05/02/19 13:30:15 ID:d7HGMvTX
>>581
レシプロ戦闘機の時代の機銃は、加熱状態になると、ちょっとした衝撃で暴発した。
着地の衝撃で暴発する事故も起こった。
機銃が熱を持っている場合は、冷めるまで上空待機するか、
着陸する前に残弾を撃ち尽くすのが慣例だった。
民間人ねらい打ちは つ い で だったのだろう。

596 :日出づる処の名無し:05/02/19 13:36:13 ID:fKdr3lcl
>595
マジでか。
女子どもを狙うくらいなら海に棄てていけよって思う俺は甘ちゃんかな。

597 :日出づる処の名無し:05/02/19 13:43:37 ID:M8NcsWU/
>>596
女子供を狙うってのは、精神的な効果もさることながら、
単純に相手の未来を先細りさせられるからな。
本気で絶滅させる気なら民間人の、それも女子供を狙うのは理に適ってる。
小銭を貯金箱に入れるような、お得な行為だったんじゃないかな。
無論、倫理的には思い切りNGだけどさ。

613 :日出づる処の名無し:05/02/19 18:10:12 ID:FgQaMmk7
>>597
>本気で絶滅させる気なら民間人の、それも女子供を狙うのは理に適ってる。

実はあの戦争は、第二次世界大戦でも大東亜戦争でもない。
「日本人絶滅作戦」だったのじゃ。
猿のくせに新興国家として伸びておった頃じゃからの。
日本の指導者であったイギリスにとっても
世界覇権をとろうとしていたアメリカにとっても
黄色い猿は相当目障りだったのじゃろう。


598 :日出づる処の名無し:05/02/19 14:15:38 ID:jRjAzb5Z
インディアン抹殺と全く同じやり方だな。

567 :日出づる処の名無し:05/02/19 00:48:21 ID:1EShmuAi
「南京大虐殺は、シナが情報操作の過程で『ユダヤの悲劇』をパクって捏造した作品。
その作品に、日本への原爆投下や無差別爆撃等を正当したいアメリカが便乗した。
結果まともな検証もされないまま世界に広がった政治宣伝ですよ。」

結論をコンパクトにまとめてみました。

606 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:34:54 ID:FgQaMmk7
>>567
>「南京大虐殺は、シナが情報操作の過程で『ユダヤの悲劇』をパクって捏造した作品。
その作品に、日本への原爆投下や無差別爆撃等を正当したいアメリカが便乗した。
結果まともな検証もされないまま世界に広がった政治宣伝ですよ。」

簡潔にして要。

2ちゃんねるの情報分析力侮りがたし。


608 :日出づる処の名無し:05/02/19 17:53:28 ID:ECpidl9a
そもそも、今回の対応は、
旧軍の対応を参考にしてるし。

610 :日出づる処の名無し:05/02/19 18:00:50 ID:ECpidl9a
その国家が厭う事柄が表れる、
じゃないかな。

617 :日出づる処の名無し:05/02/19 18:45:36 ID:2WALxWrG
>>613
戦前の教育を誇るなら
「~じゃ」「~からの」みたいな
嘘臭いジジイ言葉を使うな。
正確で美しい国語を使え。

618 :日出づる処の名無し:05/02/19 19:34:40 ID:5o79oIeG
>>617
そういう本人が敬語を使わない罠。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(18) | TB(0) | ▲ top
<<アイルランド:英国=韓国:日本?(part40スレ) | メイン | デュアル炭水化物論争(part40スレ)>>
コメント
-  -
>日本人は悲惨なことがあってもヘラヘラしてた
ジャパニーズスマイルってやつかね
外人さんにゃわからんよ、しゃーない
2011/12/09 22:02  | URL | #zlAQJbYM[ 編集] |  ▲ top

-  -
停戦交渉の話は日本の夜更けで瀬島龍三さんが言ってたねえ。ネプチューンの名倉が自主的に見学してたのが印象的だった(出演するのではなく、終始スタッフ側に立ってね。写ったのは番組冒頭で南原がふった一回きり)。本になってたから探せば見つかるかも。

ホワイトハウス漆塗りの話だが、日本各地の黒塗りの城は漆塗りで耐候性に難有りで毎年塗り変えコストが高いと聞いた事がある。(だから昔はそれだけの財政基盤がある事の証明だった訳だが。)
2011/01/19 00:32  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
ポツダム宣言の受諾はキチンと条件を付けた有条件降伏だよ。
この宣言がなされた昭和20年7月末にこの宣言を受け入れるか、少なくとも交渉を開始していればより有利な条件も引き出せただろうけど、「黙殺する」という政府声明を出して「拒否」と取られてしまったあげくに、原爆投下とソ連参戦という事態に至ってより条件の悪い降伏になったわけで、この辺は国家首脳の意志決定のまずさと言われてもしょうがない。

ケンカに負けたとき、完全に叩きのめされて土下座して這いつくばって許しを請うのと、戦闘能力を維持した状態で手打ちをするのと、どっちを取るべきかって話。

こっちが抵抗力を持っていれば、本土進駐や徹底した武力解除、統治・行政権の制限という屈辱的な処置を受けずに済んだ可能性も考えるべき。
2011/01/01 17:11  | URL |    #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
停戦を受け入れなかった自国政府に責任があるって言うけどさ、
空襲や機銃掃射を女子供や年寄り相手でも平気でやるような相手が敵国だったなら、少しでも降伏に条件を付けようとするのは当たり前だろ
結果としては無条件降伏という形になったけど、さっさと降伏していたなら、アメリカが経験する日本兵との戦闘も(それに伴うアメリカ兵の死者も)少なくなってたわけで、もっと日本を嘗めてやりたい放題やられた可能性はないの?
停戦しないのが悪いって言う人って、何故かアメリカの倫理感を高く見積もるよね。当時がアメリカがインディアンを虐殺してた時代からどれだけ離れてると思ってるんだ?
2011/01/01 05:13  | URL | なんで? #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
米国は我が軍門に下れ、ってのが停戦要求なのならそうなんだろうね。

現状認識があさっての方にすっ飛んでっている国家首脳をまずどうにかしな毛りゃならなかったのに。
2010/12/31 15:20  | URL |     #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
まともな脳みそ持ってれば当たり前に考える事なんだけど、当時の日本政府だって当然、和平交渉を打診したさ。
それは飴の新聞にも載ってる。
飴政府が拒否した事も含めてな。

「情報統制」というのはそういうことだよ。
今尚連綿と息づく「飴は止めたかったのに日本が止めなかった」という発想こそ、その最大の成果であり犠牲者なんだよ。
2010/12/31 11:25  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
あまりにも豪快なネタスレなんで読んでて笑った。

空襲を受けたり機銃掃射されたりとかを非難するんだったら、そんな状態になっても停戦を受け入れようとしない自国の政府に問題があるってだろうに。
2010/12/29 04:54  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
管理人さんいつも乙です
じいさまの話も含め非常に興味深い記事だったな

じいさま、本当に戦中世代の方なのかは分からんが、本当ならもっともっと詳しい話や考えを聞いてみたいと思う
日本の戦中世代は沈黙しすぎだ

あと、ホワイトハウスを漆で塗りつぶす流れには笑ったw
アメリカが日本の富士を塗りつぶそうと計画してた話もあるけど
高級すぎる漆とでかすぎる富士
実際にやろうとしたらどっちの方が予算が高くなるのかがちょっと気になるww
2010/12/28 13:26  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
……自称米寿のキャラたてが作りすぎてて引く。

信じさせたいなら、もう少し『書き言葉』として考えないと。
2010/12/27 17:41  | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
強姦事件の数とかは隠し切れてないよね。
RubyApplicationArchiveのつもりでRAAと打つと毎回出てくるもの。
2010/12/27 10:44  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
「満州では暴れまわって」あたりで化けの皮剥がれておる。
他の地域ならともかく、満州は日本統治時代はむしろ治安良かったんだよ。あそこが荒れたのは日本軍が撤退してソ連兵が来てから。
2010/12/27 09:58  | URL | #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
米軍の飛行機が民間人を狙うのは有名な話。
攻撃の帰りにあまった爆弾を落としていく。
というか爆弾あまるか?多分遊びなんだろうな。
本当に余ったら海に捨てれば良いのだから。
親の家族が経験した話だから間違いない。
2010/12/27 05:04  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ID:DWD0o8bT
の文章は、じいさんというよりもおっさん臭がする
2010/12/27 01:54  | URL |     #a8Yy4Q6U[ 編集] |  ▲ top

-  -
スレのじい様が私の祖父と同い年なんだが…まさかな。

昔この国に生きた方々が必死に守り、発展させてくれたおかげで今の日本があるんだよね。
2010/12/27 00:59  | URL | 名無し #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 生きてりゃ70越えの親父がCOBOL使いだったからマシン語を手足の如く使った世代のオヤッさんか
 久しぶりに婆ちゃんの戦争話を思い出したよ
機銃掃射の話も戦争とはそういうもんだって感じで淡々と語っていたよ
(爺さんは戦争に関しては一言も言わなかったけど)
2010/12/26 22:16  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
仕返してどーするw
2010/12/26 21:28  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
もっとスレに出来てきたような、おじいさんのお話を聞きたい。
ネット環境にあるのならブログとかやってほしいな。
2010/12/26 21:07  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
5年前に米寿か。
今も現役で、学徒出陣経験有りのコテが某板にいて
普通に2ch用語を駆使してるな。
もちろんネット上のこと、真偽の証明しようはないが
戦後の焼け跡で部品拾い集めてラジオ作ってました、
みたいな元祖メカオタ理系少年ならネットくらい軽いだろう。

んで何に驚いたかって、大正生まれの人だと
「子供の頃には、○○藩で◎◎していたという年寄りがいて、
江戸時代の話を聞くことがあった」ってことだった。
考えてみれば当然の話なんだけど、歴史が続くとか
文化が積み重なるってこういう事の繰り返しなんだなって言うか
すごく不思議な感慨があった。
2010/12/26 20:37  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/253-761d878d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。