2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
扇子と八雲(part40スレ)
- 2010/12/17(Fri) -
21 :日出づる処の名無し:05/02/09 03:38:15 ID:bmPSM82r
89 名前: ピントム 投稿日: 05/02/07 15:23:51 ID:PWqh/M9V
>>51
うちわは中国伝来の物だけど扇子は日本で発明されたんだよ。
19世紀後半にジャポニスムがヨーロッパで流行したのです。
ちなみにマダム・ジリーの衣装は日本から取り寄せた着物でできてるんだって。
パンフレットに書いてあった。何か日本の文化が取り入れられてるのって嬉しいですよね。
ますますはまりそう。オペラ座セットとか地下湖のセットを実物で見てみたい!
映画村みたなところに全てのセットがとってあったら
イギリスに行く旅があったら絶対見に行く!
冬ソナツアーみたくファンがガンガン来ると思うんだけどな。
いくら通っても飽きなさそう。全部破壊されちゃったのかなぁ。
シャンデリアはどこに展示してあるんだろ。

映画板オペラ座の怪人スレより。
仮面舞踏会のシーンで扇子乱舞の場面があるんですわ。
見慣れない人なら鳥肌立つくらい凄いです

22 :日出づる処の名無し:05/02/09 06:10:28 ID:48o6Z297
てことはフラメンコの扇子もジャポニズム以降なのかな。
民族舞踊に取り入れられてるのはうれしいね。

23 :日出づる処の名無し:05/02/09 07:24:29 ID:ncC67LBr
[中国,ヨーロッパの扇]

日本で発明された扇は平安時代末に中国にも渡り,
中国でもその精巧優美なことを称されたが,
宋時代より粁畳扇 (しようじようせん) がつくられるようになり,
いわゆる唐扇ができて,骨に竹以外の白檀,黒檀や象牙などを用い,
金銀を飾った中国風なものが生まれた。

15 ~ 16 世紀のころからヨーロッパ人の東洋への関心とともに,
東洋交易の潮にのって中国の扇がヨーロッパに知られ,
17 世紀にはフランスのパリを中心として扇がつくられるようになった。
ルイ 14 世,15 世の時代には美術工芸の粋をつくして,
象牙,真珠貝,べっこうの骨に羅,レース,絹あるいは羊皮を張り,
いろいろの風俗などを描いた半円形にちかい扇などもあらわれた。

日野西 資孝

『世界大百科事典』

24 :日出づる処の名無し:05/02/09 07:25:45 ID:ncC67LBr
扇子 - Wikipedia

団扇を折り畳んで携帯に便利な扇子にするというアイデアは、ずっと時代が下り、
紀元8世紀頃の日本で発明されたものである。
扇子の着想は、一説には、木簡を束ねて一端に穴を開け、
紐などでつないだものが起源という。

平安時代ごろから、扇子(扇)はあおぐという役割だけでなく、
儀礼や贈答、コミュニケーションの道具としても用いられた。
具体的には和歌を書いて贈ったり、花をのせて贈ったりしたことが、
源氏物語など、多くの文学や歴史書に書かれている。

日本で発明された扇子は、コンパクトに折り畳めるという利点が高く評価され、
のちには中国を経由して西洋まで輸出され、後に西洋で独自の進化を遂げると、
上流階級の女性のコミュニケーションの道具として大流行した。

ヨーロッパで発展したものには、羽根扇やレースを編みこんだ洋扇などがある。

25 :日出づる処の名無し:05/02/09 08:34:54 ID:s9+cmN4B
扇子のオリジナルは日本だが、ヨーロッパの
ごてごて飾り立てたのは中国が元ってこと?

26 :日出づる処の名無し:05/02/09 08:51:28 ID:OWTlQMN8
ま、ウォークマンみたいなもんだな。

28 :日出づる処の名無し:05/02/09 10:59:46 ID:FL7MsJ+1
昔から小型化するのがうまかったんだな

29 :日出づる処の名無し:05/02/09 11:02:16 ID:bmPSM82r
機能美というやつですな

30 :日出づる処の名無し:05/02/09 12:27:03 ID:K++bPsnP
手のひらサイズに愛着を感じるのって、日本独自の感性なのかな?
PDAを「カワイイ(・∀・)!!」って言い切っちゃう女子大生とかいるし。

38 :日出づる処の名無し:05/02/09 19:34:16 ID:/HQJ7jyi
>>24
扇子は単に風を扇ぐ道具としてだけじゃなく、コミュニケーションの道具という
いわばソフトの面でも海外に影響を与えたのかな?
だとしたら平安時代の日本の文化水準はかなり高かったといえる。
同じ貴族文化でも李朝朝鮮とは一味も二味も…

40 :日出づる処の名無し:05/02/09 20:40:47 ID:irXPYFje
>同じ貴族文化でも李朝朝鮮とは一味も二味も…

なんで最後にわざわざ召喚魔法を唱えるかなぁ?

43 :日出づる処の名無し:05/02/09 21:54:32 ID:93HrYYrN
俺はシンプルな日本の扇子が好きだけどね。
中国のそれはケバい。

44 :日出づる処の名無し:05/02/09 22:37:17 ID:LAYQegMp
扇子って、お土産にちょうどいいよね。
自分でも贈られたら嬉しい。

45 :日出づる処の名無し:05/02/09 22:54:23 ID:z6CDqP5A
ジュリアナのセンスもジャポニズムだね

46 :日出づる処の名無し:05/02/09 23:36:36 ID:CSYVBQDK
扇子の起源は(ry

***********

47 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:06:39 ID:9IpOQHMt
愛・地球博が催されますが、過去の万博に日本が展示したもの調べると面白いよ。

48 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:15:32 ID:/gT/UkhF
江戸時代のパリ万博だっけ? 日本はなんと3つの藩が別々に出展したとかw
そのときの薩摩藩が持ち込んだ醤油が元で、

醤油=ソイソース → 醤油に使う豆=ソイビーンズ → 大豆=ソイビーンズ
と大豆の英名が決まったとかw

49 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:19:37 ID:Swg0sMld
醤油は江戸時代のもっと前から輸出されてたはず。欧米じゃ人気だったって、既出でしょ。
日本の有田辺りのコーヒーカップも人気で、絵柄の注文まで受け付けてたらしい。
意外に江戸時代は交流があったんだよね。

50 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:21:16 ID:RnPOnviV
しかしその日本が誇るべき醤油の原料である大豆の大半が
輸入に頼っているという事実(確か自給率10%未満)。

51 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:24:35 ID:/gT/UkhF
>>50
大豆は飼料としても輸入してるから加工食品用のだけにすればもう少し上がる。
けど、結局は全然自給率には足りないんだよなぁ・・・OTZ

52 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:27:00 ID:i8X2QZST
さて、そこで遺伝子組み替え大豆なわけですが
と書くと変な方向に・・・

53 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:44:23 ID:SfySUjb7
人類がプリオンを発見して以来、毒性がない=危険でない
と言い切れなくなったからな。

54 :日出づる処の名無し:05/02/10 00:59:03 ID:mNo4CNNq
>>49
呉服屋さんが着物生地でドレス作って輸出してたらしいよ。出島から

59 :日出づる処の名無し:05/02/10 11:55:17 ID:53MY086b
アメリカで栽培されている大豆はペリーが日本から
持ち帰ったものだとか。最近は遺伝子組替えで怪しくなってきたが....。

***********

71 :倭人哀れ(藁:05/02/10 18:39:52 ID:NC+FQNoM
イギリスに住んでみて、気が付かされたのがこの国での日本に対する関心の低さです。
「日本は香港にあるんでしょ」や「日本は中国のどこにあるの?」。
日本人だと言っているのに、その後に「中国のどこから来たの?」といった
質問を昔受けた時は冗談かと思いましたが、そうではないと気が付き唖然としました。

http://www.soccerphile.com/soccerphile/archives/wc2002/fo/co/ksobf.html

75 :日出づる処の名無し:05/02/10 21:13:43 ID:TU9gIRy6
>>71
ワールドカップ後はイギリスは親日になりました。

76 :日出づる処の名無し:05/02/10 21:29:56 ID:zqHOyT85
>71
イギリスは植民地の人間のイギリス本国への移住を多く受け入れ過ぎた為に
今の日本のように自虐史観に基づく教育をやっちゃって
学力が一気に下がったんだってさ。
この人の接したイギリス人ってそういう世代のイギリス人なんじゃないかな?
自国の歴史を意図的に教えない様にするには世界の地理やら世界史そのものを
教えないのが一番てっとりばやいもんね。

77 :日出づる処の名無し:05/02/10 21:37:59 ID:w9LvxTiD
ロンドンに留学してた友人が
「アジアに帰れ~!」って卵投げられて喧嘩になったんだけど
投げた相手はほとんど失業者だったって。しかもヨーロッパ人であって、
英国人ではない(彼らもまた他国から来てる)
友人は25過ぎて渡英してたんで外国人の労働者と思われたみたい。
学生とつるんで歩いてるとなにもないそうです。

78 :日出づる処の名無し:05/02/10 21:57:14 ID:gryQAwim
>>77
アジア人女性と一緒につるんで歩いてただけで襲撃された男の人もいるそーな。
(襲われた方も襲った方もイギリス人らしい)

彼らのアジア観の一部はこんな感じ。
【国際】「昭和天皇、人格歪んでる」 英BBCの歴史検証番組、放送前から波紋★2

・「韓国は2頭のクジラに挟まれたエビ」英FT紙
英国の有力日刊紙フィナンシャルタイムズ(FT)が1日、
韓国の投資環境を集中的に紹介しながら、韓国が過去の
保護主義に戻りつつあると指摘した。
(中略)
同紙は特に、北東アジアの金融・物流ハブ(中心)を目指す
韓国を「2頭のクジラに挟まれたエビ」に例えた。
2頭のクジラは中国と日本。
(※リンク先消滅)
あとノムヒョンが訪英した時、連中は犬食いネタでコリアをからかってた。

79 :日出づる処の名無し:05/02/10 22:01:46 ID:+DnEUoNk
>>75
あれだ、日本にもフーリガンが居ると思って戦々恐々と来日したら、
実はそんなことなくほとんど祭り気分だったんで、拍子抜けしたとか言う奴?
最終的にみんな飲み明かしたとかどうとか。

80 :日出づる処の名無し:05/02/10 22:25:56 ID:WJM38nfp
>>79
ちっが~う
イギリスの所謂フーリガンってのは余所の国で騒ぎおこしまくって
それに引っ張られて一般サポーターも他国で白眼視されてんの

ミーハーな報道によるベカーム人気で日本人が優待してくれたから
喜んでる一般英サポが居るってだけの話

基本的にイギリスは無教養から来るストレートな差別や
上流階級の選民意識は強いところだよ

81 :日出づる処の名無し:05/02/10 22:27:19 ID:+DnEUoNk
>>80
ちごたか。すまにゅ。

84 :日出づる処の名無し:05/02/11 00:21:23 ID:k3VQUEJk
>>78
韓国については別に間違ったことはいってないかな。
一応、鯨と違って日本人にも犬食いをからかう気持ちは分かるしw

86 :日出づる処の名無し:05/02/11 01:15:04 ID:TZxNvRnR
犬食いを文化だと言うのならそれは否定しない。
しかし、苦しみに悶絶しながら絶命した狗肉が美味いという理由で、
犬を吊るして撲殺することは文化なのか?
俺は吐き気がするね。

87 :日出づる処の名無し:05/02/11 01:20:10 ID:TmiWY8pI
うん。
まぁ捏造や文化泥棒は論外としても
生粋の文化は尊重すべきだと思う…
ドナドナで泣いたって牛食うわけだし。
何が言いたいのか自分でもようわからんわけだが。

88 :日出づる処の名無し:05/02/11 01:24:42 ID:ocNeGH95
>>86
暴れさせたほうが血抜きが早いとか
逆に一撃で殺らないと毛細血管が破裂して生臭くなるとか
動物によって処理の仕方はいろいろですよ。

89 :日出づる処の名無し:05/02/11 01:55:48 ID:KJdiGpeS
>>88
いや、朝鮮についてはそのような合理的理由があるのかどうかさえ
疑わしいと個人的には思っとるよ。
犬料理と関係なく、
「弱っている動物がいると大人も子供もその動物を虐め殺す」みたいな記述が
明治期頃の外国人の朝鮮紀行書(イザベラバードだったか?>識者)に
記述されてたのを憶えてるしな。

90 :日出づる処の名無し:05/02/11 01:55:58 ID:LrBEi+f/
問題はその屠殺を公衆の面前でやり、あまつさえ野良・飼い犬問わずに食べたがるところ。
殺し方は動物によって違うけど、だからって目の前でやれば普通の人は誰だって引くし、
牛にしろ豚にしろ飼い主の前で「食べさせろ」なんて言わないし断られてもゴネない。
食文化の前に"公私"の区別がついていないから嫌われるんだよ。

91 :日出づる処の名無し:05/02/11 02:00:17 ID:KJdiGpeS
ああ、そういえば1年くらい前にも
自分の会社の社長だかの犬殺して食って首になって裁判沙汰とか、
そういう事件もあったな。
あと、人の飼い犬殺して食った事件もあったような。

92 :日出づる処の名無し:05/02/11 02:06:35 ID:zukqOqGT
>>88
> 暴れさせたほうが血抜きが早い

これどんな動物ですか?

94 :日出づる処の名無し:05/02/11 03:14:14 ID:E2mk1LFO
犬は習性として飼い主になつくはずだから、それを惨殺して楽しむ「文化」があるとしたら、
その社会が他にどのような関連する「文化」を生み出し、
どのような人間関係、政治体制を持つか、ある程度は想像できるだろう。

で、実際その想像通りの社会が構築されてるわけだ。とりわけ北には。

95 :日出づる処の名無し:05/02/11 04:12:26 ID:RbjM8Nkg
まあ、犬は人間にとって特別だからな。
愛玩動物の象徴でもあるし、かなり昔から人の横にいたようだし。
そういった存在を「食物」の範疇に入れるのは、どこか抵抗感がある。
(人によっては生理的嫌悪感か?)
文化とか倫理とか道理とか言っても、まずそれが大なり小なりあるわけで。
人のそういった「食物」と判断する基準と、
それに関する抵抗感などといった心理(?)に詳しいエロイ人たのむ。
そういった切り口から、日本人とかの国の人との差異を分析するというのも・・・

そういや犬の鳴き声には魔除けの効果があるとか聞いたことがあるが、
日本文化における犬の歴史やら位置づけやらの話を誰かたのむ。

96 :日出づる処の名無し:05/02/11 04:18:05 ID:C7ywnWHe
すげー高い要求するクレクレ君だな
自分でお勉強しろよ
何も身に付かねーぞ

**********

346 :日出づる処の名無し:05/02/15 07:57:29 ID:6Y8yq5tI
それはそれとして、今晩のNHKで世界に進出する日本ホラーの特集。
見る人は感想よろ。

362 :日出づる処の名無し:05/02/16 00:14:03 ID:Sbt5ZGs8
>>346
見た。
世界に進出する日本ホラーっていうのは導入の部分だけ。
後は日本のホラー文化についてだった。

うろ覚えなのだが簡単にまとめ

大ヒットの呪怨(リメイク版)はアメリカで2週連続興行収入1位、これは黒澤明以来の快挙。
日本のホラーは今やアメリカでもてはやされていてハリウッドが競ってリメイク権を買い占めてる。
だが日本のホラーブームは今に始まったわけではなく100年前にさかのぼる…

それはイギリスの新聞社から(アメリカだったかな?)から
一人のオカルト記事専門の記者が日本にやってきたのに端を発する。
彼の名前はラフカディオ・ハーン、後の小泉八雲である。
彼は日本で取材をするうちに江戸時代から盛んになった
みんなで集まって怖い話をする「怪談」の文化にのめり込み、各地で怪談を収集する。
彼は怪談の名手小泉節と結婚、夜な夜な節に怪談話をせがむ。

それの集大成としての「kaidan」が世界で刊行され版を重ねる好評ぶり。
中でも「雪女」の話が非常に人気があったとの事。

ハーンが考えた日本の怪談の怖さは「音」で恐怖を表現する事云々…

あとは妖怪の話とか、現代でもメールなどで怪談話を交流したりするのが盛ん…などなど。

363 :日出づる処の名無し:05/02/16 01:05:31 ID:u60Ok3iW
ラフカディオ・ハーンはフェノロサと並んで美術論でも有名なんだけど、
この人によると世界三大美術大国は日本、フランス、ギリシャなんだそうな。
ハーンはギリシャ生まれだから少し身びいきなものを感じるけどね。

364 :日出づる処の名無し:05/02/16 01:46:27 ID:oJnUpVwV
kwaidan

365 :日出づる処の名無し:05/02/16 01:48:33 ID:D2DiYTaa
ギリシャは彫刻が
多いな

366 :日出づる処の名無し:05/02/16 01:49:17 ID:M5Jsz5pQ
>この人によると世界三大美術大国は日本、フランス、ギリシャなんだそうな。

ギリシャを外してオーストリアを入れるべき

367 :日出づる処の名無し:05/02/16 01:50:48 ID:HkB9384r
朝、下駄のからんからんという音と共に目が覚めるのが好きだった。
という話を聞いたことがある>ハーン氏

368 :日出づる処の名無し:05/02/16 02:03:17 ID:oJnUpVwV
世界三大美女とか世界の七不思議とか絶対自国の事物・人物を1つ入れるのな

369 :日出づる処の名無し:05/02/16 02:19:41 ID:u60Ok3iW
>>366
オーストリアは音楽じゃないか?
音楽で最強なのはたぶんゲルマン(ドイツ、オーストリア、イギリス)だと思う。
絵画、造形といった美術の才となるとフランスや日本のライバルとしては
イタリア、スペインあたりではないか。

370 :日出づる処の名無し:05/02/16 02:33:48 ID:gu6HTO07
朝鮮はどうよ?

371 :日出づる処の名無し:05/02/16 02:36:53 ID:2uIk0t+n
クソなめじゃね?

372 :日出づる処の名無し:05/02/16 03:49:45 ID:k1aWK4+a
>>369
> 音楽で最強なのはたぶんゲルマン(ドイツ、オーストリア、イギリス)だと思う。

イギリスがなぜ出てくるのか理解できない。
音楽家みんなが憧れていたイタリアがなぜ入っていないのか理解できない。
どういう基準ですか?

373 :日出づる処の名無し:05/02/16 03:53:01 ID:WmKUK4+t
グィターだろ。 >イギリス

374 :日出づる処の名無し:05/02/16 04:36:20 ID:fKB0RMn3
小泉八雲は、死に様がかっこよかった気がする。
「人間臨終図鑑」で。

375 :日出づる処の名無し:05/02/16 04:56:11 ID:S2QNppK5
むかしNHKの『銀河テレビ小説』(だったかな?)で、
小泉八雲の家族をモデルにしたと思われるホームドラマやっていたのを憶えてる。
今思えばハーフっぽい役者さんが八雲演じていたけど、だれだったのか思い出せない。
でも奥さんが英語の翻訳ができて、夫の良き補佐という設定だったから八雲じゃなかったのかな?

376 :日出づる処の名無し:05/02/16 05:34:12 ID:fKB0RMn3
調べると、「日本の面影」(山田太一)という小泉八雲ドラマがあったらしいが。

377 :日出づる処の名無し:05/02/16 07:25:56 ID:FrFgmJRJ
>376
レスどうもです。
今ググッて調べてみたら、八雲役が『ウェスト・サイド・ストーリー』の
ジョージ・チャキリスだったやつですね。
このドラマは鮮明に覚えてるんですけど、上に書いたやつじゃないんですよ。
これじゃないドラマで、4人家族、父外国人、母日本人、女子高生の娘と
小学生の弟という設定で、お父さんは小説家というのがあったんです。
でも母も父のお仕事を手伝っていて、
父が「あなたの方が柔らかい日本語を書けるから」と母に手伝いをお願いするセリフがありました。
時代背景が大正から昭和初期っぽかったので、
八雲の話じゃないでしょうね(記憶曖昧ですいません)
子供たちはまわりの子供たちから「外人、外人」とからかわれることがあって、
ある日娘が「こんなのファッショだわ!」と切れる場面がありました(苦笑
ホントに何のドラマだったんだろう。

378 :日出づる処の名無し:05/02/16 07:44:37 ID:fKB0RMn3
実在の人物?

379 :日出づる処の名無し:05/02/16 07:50:35 ID:FrFgmJRJ
ついでにドラマ「日本の面影」の方は、チャキリスの熱演が印象に残ってます。
節が話す怪談話の中でも、行ってはいけない「滝」の話が怖かったです。
赤ん坊の弟を背負った女の子が何かの理由でその滝を通って近道をするんだけど、
無事家に戻ってみるとなんだか様子が変であることに気づく。
八雲が「それでどうしたんだ?」と続きを聞くと、
節役の壇ふみが冷たい声で「子供の首がもげとったがね」(だったかな?)と答えて・・・。
思わず八雲は目を閉じてふうっと深い溜息をつくんです。
怪談話をしてる部屋がこれまた灯明しかない暗ーい部屋だから効果満点でした。
NHKドラマはこういう画面の暗い場面の演出は上手ですね。

380 :日出づる処の名無し:05/02/16 07:53:13 ID:FrFgmJRJ
連投スマソ
>378
詳細は一切憶えてないんですけど、どうも実在の人物の話だったような・・・。
いや、ある役者か女優の子供の頃の思い出?をドラマ化したものだったかも。
やっぱりはっきり思い出せません。ゴメンなさい。

381 :日出づる処の名無し:05/02/16 08:05:55 ID:fKB0RMn3
がむばれ

http://www.asahi-net.or.jp/~uk9o-tkzw/tvgindra.html
これで記憶を辿るか、NHK板なりドラマ板なり時代劇板なりで訪ねるしか。
こういうのは思い出しとかないと、すっきりしないし。

382 :日出づる処の名無し:05/02/16 08:21:47 ID:FrFgmJRJ
うわー、なつかしのドラマが一杯。
「愛、信じたくそうろう」中1だったのになんでこんな古いの覚えてるんだ>自分
というより、銀河テレビ小説じゃなくて、
数週間に渡って45分ずつ放送されていた一般ドラマだったかもしれない・・・。
余計こんがらがってきました。(夢千代日記も銀河と思ってたし)
とりあえず徹夜明けなので一眠りしてからまた探してみますです。

386 :日出づる処の名無し:05/02/16 10:16:44 ID:eA+u2cDf
小泉八雲は本国に宛てた手紙で日本の事をボロクソに言っていたような・・・・
どんな晩年だったかは知らないけど

391 :日出づる処の名無し:05/02/16 12:33:26 ID:fO+CiK5L
>>369
>音楽で最強なのはたぶんゲルマン(ドイツ、オーストリア、イギリス)だと思う。

ゲルマン音楽はイタリアのパクリ

392 :日出づる処の名無し:05/02/16 12:41:03 ID:hUkRH7cB
国じゃなくて、音楽家で考えよう。
チャイコスフキー、ベートーベン、浪速のモーツァルト、が妥当なセンだろ。

393 :日出づる処の名無し:05/02/16 12:44:31 ID:FFNMl/HP
>ドイツ音楽
ドイツ!ドイツ!ドイツドイツジャーマン!・・・ごめんなさいもうしません。

394 :日出づる処の名無し:05/02/16 13:44:04 ID:M8a4LTWJ
>>392
キダタローかよw

395 :日出づる処の名無し:05/02/16 13:45:50 ID:M8a4LTWJ
>>392
キダタローかよw

396 :日出づる処の名無し:05/02/16 14:14:50 ID:h/Ez9kHQ
>>394-395
ふかわかよw

397 :日出づる処の名無し:05/02/16 14:39:22 ID:M5Jsz5pQ
>音楽で最強なのはたぶんゲルマン(ドイツ、オーストリア、イギリス)だと思う。

ロックとかパンクとかも含んでるんじゃないか?

398 :日出づる処の名無し:05/02/16 15:16:56 ID:BZ6sKc+g
>>397
ロックなら英国よりアイルランドだろー

399 :日出づる処の名無し:05/02/16 15:27:17 ID:OcJh4NBW
ただの「音楽」じゃ幅広過ぎて好き嫌いでしか語れないづら。

404 :日出づる処の名無し:05/02/16 17:44:36 ID:ClDLfA5/
小泉八雲のプロフィール。
(※リンク先消滅)
非常に不幸な生まれ育ちをしていて、寂しい影のつきまとう人だったようです。

出雲出身の入沢康夫という詩人が、「死者たちの群がる風景」(名詩集です)
の中で、ハーンのことを「永遠の遊行びと」と呼んでいますが
まさにそういう生涯を送った人ですね。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<日章旗の掲揚は禁じられていた(part40スレ) | メイン | 運転マナーと反日祭り(part39スレ)>>
コメント
-  -
小泉八雲は日本批判した友人と一生絶縁したとかいうエピソードがあったな。
あと妻が知識が及ばずなんかの言葉を訳せなかった時、涙をこぼして謝ったのを見てその健気さに感激したとか何かで読んだ。なんだったんだろう・・・?思い出せない。
2010/12/26 00:20  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
他の文化への影響力という点でもギリシャは評価できる
演劇・詩なんかはヨーロッパ内にとどまったけど
彫刻はシルクロードを通って東アジアの仏像の技術にもなった
唐草模様も元を正せばギリシャの装飾
2010/12/19 15:52  | URL |   #ZK2KxqfE[ 編集] |  ▲ top

-  -
>うっ血させて売る時の目方水増し

増えるもんなのか?
仮にそうだとしても叩く労力に見合う値段になるんだろうか?
2010/12/19 09:12  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
>>94 :犬は習性として飼い主になつくはずだから、それを惨殺して楽しむ「文化」があるとしたら、 その社会が他にどのような関連する「文化」を生み出し、どのような人間関係、政治体制を持つか、ある程度は想像できるだろう。
で、実際その想像通りの社会が構築されてるわけだ。

あんた、ストレートに言い過ぎだwwww

2010/12/18 12:57  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
視覚的な芸術に絞ればギリシャは有りだと思うね。
まあ、ほぼ彫刻ってイメージだけど。
ハーンが日本をボロクソに言ったっていうのは、彼の愛した江戸文化の面影がどんどん失われていくことを嘆いた話じゃない?
あと、ハーンは松江をこよなく愛していたんだけど、東京や小倉だったかな?松江から余儀なく引っ越さざるを得なくて行った土地は好きではなかったみたい。
2010/12/18 10:10  | URL |   #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-  -
マジチョンアワレーヌw

犬撲殺もキムチの生態を見知れば食味理由じゃなく
うっ血させて売る時の目方の水増しか脳内麻薬摂取中毒だろうなとしか思えなくなる罠w
・・・半島は文化の全てが犯罪由来なんじゃね?
2010/12/17 21:43  | URL |   #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
ずどーん、どすーん
っていうあの重苦しい雰囲気のロシア音楽が入っていないだとぅ?
2010/12/17 19:09  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
小泉八雲が日本を批判したって言うのは日本が西洋文化の影響を受けて変わって行き古い文化を否定するのを批判してたんじゃなかったっけ?
2010/12/17 18:59  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
71 :倭人哀れ(藁:05/02/10 18:39:52 ID:NC+FQNoM

名前を見れば召喚魔法の効果が抜群てことがわかるな
2010/12/17 17:29  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/250-cb47e3fa
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。