2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桜と武術(part39スレ)
- 2010/11/29(Mon) -
26 :日出づる処の名無し:05/01/23 06:11:16 ID:EN/YsZGW
北斎の神奈川沖の高波の浮世絵がイタリアで津波支援切手の図柄に採用だって。
その波は津波じゃない、という批判はともかくとして、この切手ほしいなあ。
(※リンク先消滅)

27 :日出づる処の名無し:05/01/23 09:57:38 ID:570ksveI
>>26
北斎「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」
ですね。
(※リンク先消滅)

28 :日出づる処の名無し:05/01/23 10:08:40 ID:15QnK1Bc
確かに津波じゃない絵なんだけど、波の凄さを表している海外の作品って
あまりないだろうからなぁ。思い出そうとしても思い浮かばない。

29 :日出づる処の名無し:05/01/23 10:11:44 ID:15QnK1Bc
「波 絵」でイメージググってみたら、綾波ばっかりがHIT・・・ _| ̄|○

30 :日出づる処の名無し:05/01/23 10:29:45 ID:ev0b7/WS
ま、消去法で選ばれただけだということか。

31 :日出づる処の名無し:05/01/23 11:33:46 ID:XZh+b6Dt
印象派のクールベが
よく迫力ある波を描いてたけど、
高波や津波みたいなのはなかったな。

43 :日出づる処の名無し:05/01/24 17:20:57 ID:Nel/Q0H6
雪化粧の富士山くっきり 山梨県忍野村から絶景
絶景かな絶景かな。
(※リンク先消滅)

44 :日出づる処の名無し:05/01/24 18:03:49 ID:NkDH89JG
キレイね~

45 :日出づる処の名無し:05/01/24 18:09:07 ID:m6S3vgLh
やっぱ富士は静岡側からだよ。むかしからそういわれている。

46 :日出づる処の名無し:05/01/24 19:00:08 ID:+ELiq06a
まぁ富士山は静岡の物だし。

48 :日出づる処の名無し:05/01/24 20:36:58 ID:ljHRre7B
富士登山する場合は北側の方が面白い。
夕方になると、夕日に染まった雲海に
富士山の影が映ってメチャ綺麗だ。

49 :日出づる処の名無し:05/01/24 21:05:10 ID:c3JD/ktQ
日本人のさ、富士山と桜を眺めるときの気持ちって何か特別なものがあるよね。
とくに桜。花でも豪奢なバラや堂々としたヒマワリも美しいと感じるけど
桜に対しては、それが花というだけでは言い表しようのないものを感じる。
春に散る桜を眺めるだけで日本に生まれて良かったとさえ思える不思議。

53 :日出づる処の名無し:05/01/24 22:06:57 ID:o5EI1LPc
>>49
富士山はたいして観たことないけど、桜は良いよな。

55 :日出づる処の名無し:05/01/24 22:13:35 ID:eQvLqxkK
>>49
東海道新幹線で富士山が見える時っていくつになっても「ワー富士山だー!」って
喜んで見てしまうよ。
もう仕事で1年に何回も乗ってるのにね。

56 :C級グルメ:05/01/24 22:35:20 ID:IgU67djU
>49
桜がらみのお気に入りの和歌も多いんだな。
ラスト・サムライでも桜の扱いは格別だったし、
日本人と桜の係わりは欧米人にも判るようだ。

57 :日出づる処の名無し :05/01/24 22:37:52 ID:o3lhhnvB
>55
それ、わかる!
家のベランダから(朝、空気が澄んでると)遠目に富士山が見えるのよ。
母親に必ず、富士山が見えるよ~と報告してしまうw

58 :日出づる処の名無し:05/01/24 22:49:39 ID:m6S3vgLh
わかるっていうか、、常識だろ?w

59 :日出づる処の名無し:05/01/24 22:59:30 ID:vNlicjtM
>>45>>46
いやいや、山梨側から見る富士山も良いものですよ。
仕事場が東京から山梨の甲府の隣の町の高台に移った時にはあまりの富士山の大きさ、
空気が澄んでいる時のくっきりと切り抜いたような佇まいに驚いたものです。
体感する大きさはひと昔前の銭湯のタイル絵ほどにも感じましたよ。

61 :日出づる処の名無し:05/01/24 23:07:53 ID:ZhcnWOjV
http://www.nipponrentacar.co.jp/freeroad/fuji1.htm
スカイラインから見た富士山が綺麗だった。
このコースで行ってきたよ。快晴なら最高。

62 :日出づる処の名無し:05/01/24 23:09:03 ID:eQvLqxkK
>57
家のベランダから見えるなんていいですねえ。

以前TVで富士山が見えるもっとも遠い場所はどこか?ってのをやってて
その場所が奈良の大台が原でした。
でも大台が原は1年のうち7日しか晴れた日がないくらい、
年がら年中どんより曇って雨が降る土地。
その時は確認できなかったけど、
地元の人が晴れた日に撮った写真にハッキリ小さく富士山が映ってました。
どんな場所からでも富士山が見えるとうれしいのが日本人なんでしょうね。

64 :日出づる処の名無し:05/01/24 23:22:52 ID:VjE/BUWr
富士山の麓に住んでても意外と見えないんだよな。
朝は見えても昼頃は雲がかかっちゃったりさ。

67 :日出づる処の名無し:05/01/25 00:24:20 ID:asW6Oh4R
>>49
激しく同意。
早く桜の季節にならないかな。桜の花が段々付いていくのを見るのも一興。

76 :日出づる処の名無し:05/01/25 02:33:29 ID:+PMzP7Dk
桜(染井吉野)、昔は好きだったんだけど、今は陳腐だとさえ思える。
だって、どこへいっても染井吉野、染井吉野、染井吉野、なんだぜ。
桜にはもっと色々あるだろ。なんで日本全国、単色で塗りつぶさなきゃならないんだ?

最後に。
富士山頂は私有地、という事実。
これってトリビア? 常識?

77 :日出づる処の名無し:05/01/25 03:55:56 ID:UKMkeO/P
染井吉野が多い理由があるのだよ。
それは日本人の必然の中に答えがある。

78 :日出づる処の名無し:05/01/25 03:56:45 ID:+XqZ5ekD
>>76
山には普通に山桜があるし
山じゃなくても違う桜もいっぱいあると思うよ~ 田舎だけ?
道沿いとか川原沿い、公園にあるのは染井吉野だけどね。

「桜前線」は全国に染井吉野があるから出せる予報だし
花が咲く前に葉が全くでないのはやっぱりキレイだと思うな
あと一本の木からここまで全国に広がったのもすごいと思う。

79 :日出づる処の名無し:05/01/25 04:57:38 ID:M8kEL/nO
というか、そもそも花は桜木オンリーじゃないんだから、
色々見たいならなにも桜の品種でバリエーション付けることはないよ。
他の花を愛でれば良いだけの話。

むしろ、北から南まで、全国津々浦々で盛り上がれる花が
数多の花の中で一種だけあるという事実がとても文化的だと思う。
それにソメイヨシノは年中咲いている花じゃないんだから、
一瞬の祭りの後は各自が自分の好きな花(ソメイヨシノ以外の桜も含む)へと
還っていけば良いだけの話。

80 :日出づる処の名無し:05/01/25 06:40:28 ID:Dk7C7CxG
ソメイヨシノは若いと、幹の黒の方が目につくし、そんなに寿命ないし。
広島中心部のは、どうしても戦後物だから、ということもあるけど。
センダンの方が好きなんだが、去年の台風でかなり死んでしまった。ソメイヨシノも。

81 :日出づる処の名無し:05/01/25 08:14:07 ID:etIuLlXa
ソメは見た目派手だし、これが桜だと思ってるからよく眼に入るだけでは?
中には黄色の花が咲くのもあるし、種でいったら葉桜の方が多いよ。
山でも山桜が普通。
元々日本には花を愛でる習慣があり、桜に限らないと思う。桜が終わったら
今度はつつじ、藤と続くし、そればっかになるよね。意識の問題では?
日本の園芸については、ロバート・フォーチェンの『幕末日本探訪記』をお薦めしてみる。

82 :日出づる処の名無し:05/01/25 08:27:52 ID:dNhXunHM
俺は紫陽花が好きだ。

83 :日出づる処の名無し:05/01/25 08:59:37 ID:teyLmKhw
大島桜もいいぞ、真っ白で。(白以外あるかな?ちょっとわからん
八重もなかなかいい線行ってるのだが、いかんせん、花弁が多いのがな~

84 :日出づる処の名無し:05/01/25 12:49:38 ID:l4HURbpn
桜咲くのは5月の終わり…_| ̄|○
しかもソメイヨシノじゃなくて千島桜

あ、関係無いけど韓国には桜前線ならぬ「キムチ前線」があるんだよね?
キムチの漬け頃を知らせるんだってwだっせーーーーー。

85 :日出づる処の名無し:05/01/25 13:02:14 ID:W6ZpMjLL
自宅で漬け物なんて過去の話になった日本からしてみれば
何にせよそういう旬を感じさせるものは大事にした方がいいと俺は思う。

ちなみに俺は梅干しや沢庵の漬け時期がいつなのかすら知らない。

86 :日出づる処の名無し:05/01/25 13:15:11 ID:l4HURbpn
15年くらい前まではうちの周りでもたくあんの為に大根干してた家多かったし
スーパーでも土付き大根を大量に売ってたけど、最近はめったに見かけない(´・ω・`)

87 :日出づる処の名無し:05/01/25 13:58:11 ID:RxjECML5
枝垂桜が好きな自分って変なんだろうか…

88 :日出づる処の名無し:05/01/25 14:09:14 ID:etIuLlXa
>87
なんで?綺麗じゃん。珍しくも無い種類だし。

90 :日出づる処の名無し:05/01/25 16:35:22 ID:uZB4gADN
土手に桜を植えるのは人が見物に集まって
土を踏締めさせるのが目的の一つってのがあったような希ガス。

ちなみに散った花びらが水面に浮かんで集まる様を「花筏」というそうです。
情緒ありますなぁ。

91 :日出づる処の名無し:05/01/25 17:15:35 ID:x8CjhBna
北斎の話題がでてたんで、ジャン・コクトーの言葉を紹介

どうして日本の画家や映画製作者たちは、天然色の漫画映画を作らないのだろう
君、ウォルト・ディズニーの波を見給え。あれは北斎の波だよ。
だから版画の伝統をもつ日本から漫画映画が外国へ輸出されないというのは
不思議なことだ。

昭和28年前後の言葉

92 :日出づる処の名無し:05/01/25 17:31:29 ID:oibsvpH7
>>90
どっかのやくざが土手に勝手に
桜を100本くらい植えて、逮捕されたはず。
木を植えると強度が弱くなるらしい。
引っこ抜かれてるだろうな。

93 :日出づる処の名無し:05/01/25 17:42:10 ID:uZB4gADN
>>92
その話にはワロタよ。ν速でもスレ立ってたな。

あ、>>90のはあくまで桜見物でたくさんの人が集まって
土を踏み固める結果としての補強ね。
桜自体はあんまり根元が硬いのは良くないらしいけど。

95 :日出づる処の名無し:05/01/25 18:07:55 ID:9KDdAZEX
そういえば大きな河の土手に木が植わってるはあんまり見ないな。
氾濫の恐れのない川なら柳や桜というの見るけど。
木の根が張れば強度が増すように素人考えでは思えるのだが。

96 :日出づる処の名無し:05/01/25 18:33:14 ID:o+Aef7l6
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
盆栽の基本です

97 :日出づる処の名無し:05/01/25 18:44:05 ID:Jg0Qww7p
桜の話で思い出したけど、さくらんぼが桜の実だって事、
意外とみんな知らないんだよね。
トリビアで金の脳取れるかな?

98 :日出づる処の名無し:05/01/25 19:04:23 ID:zAH048PL
流石に無理だろw

*********

210 :日出づる処の名無し:05/01/29 10:56:29 ID:Ci3uVB9s
Brazil's Japanese Preserve Sumo and Share It With Others
・大抵のブラジル人は相撲のことをちっとも知らない。
・日系移民が文化を守る目的で若い世代に教えている。
・90年代半ば以降は非日系にもぼつぼつ人気が出だして、アマ力士の70%以上が非日系。
・相撲連盟はブラジル全土で2000人以上のメンバーを抱えるようになった。

まあ、ブラジルは柔術や空手なんかの格闘技が既に盛んだから、
パイの喰い合い程度の意味しかないかも知れんけど。

と、柔術をジャポニズムの例として挙げたけど、
向こうはけっこう「ブラジル発祥の格闘技だ」って認識で、
出藍の誉れ的(?)プライドを持ってるんだよねー。

212 :日出づる処の名無し:05/01/29 12:11:28 ID:RqIHroOJ
> ブラジル発祥の格闘技だ
これはまるっと同意するけどな~。
日本の柔道がルーツではあるけど、もうすでに別物でしょ。
それこそ、インドのカレーと日本のカレーみたいなもんじゃん?

213 :日出づる処の名無し:05/01/29 12:21:48 ID:4WSeRjYE
うん、空手が中国武術の一派とは思わないように、
ブラジリアン柔術もブラジルの格闘技という印象だな~。

214 :日出づる処の名無し:05/01/29 13:01:42 ID:CxOVcAeQ
空手とカンフーとまでいうのは言いすぎの希ガス
見た目からして似ても似つかないし。

215 :日出づる処の名無し:05/01/29 13:12:36 ID:m3GTU9FZ
じゃぁ、柔道とサンボくらい違うということで

216 :日出づる処の名無し:05/01/29 13:59:15 ID:HaMtz+ok
それは妹と後輩の差ということですね

217 :日出づる処の名無し:05/01/29 14:25:49 ID:2JRbtZHu
お兄ちゃんと先輩・・・違う、違いすぎる、、

219 :日出づる処の名無し:05/01/29 15:32:30 ID:tm7AIyJi
ちなみにブラジルで最もメジャーな格闘技は柔道。

220 :日出づる処の名無し:05/01/29 15:41:11 ID:Nj1IY5bC
ブラジルが強い競技て、サッカー、柔道、女子バレー、F1
があるけど全部日本と深い係わり合いがあるね。
柔道、女子バレーは日本が持ち込んで強化したものだし、
サッカーは逆にジーコに強化してもらったものだし。

221 :日出づる処の名無し:05/01/29 15:58:29 ID:wZtCahcz
>>219
ホント?なんで五輪で大して強くないんだろ。

223 :日出づる処の名無し:05/01/29 16:32:45 ID:yJ+IZfH2
>向こうはけっこう「ブラジル発祥の格闘技だ」って認識で、
>出藍の誉れ的(?)プライドを持ってるんだよねー。

ここまで発展させて、さらに世界に広めたのはブラジル人なんだし、
そう主張されてもかまわないけど。

柔道と柔術が別モノって話になってるけど、
今の柔道とブラジリアン柔術を比べて話してない?
今の投げ主体の柔道から、ブラジリアン柔術が独自発展を遂げたと考えるのはちょっと違う。
その点についてちょっと言わせてくれ。

俺が昔興味をもって調べた限りじゃ、
柔道草創期の対他流派用の戦い方がそのまま残ってるってかんじだな。
もちろん寝技への入り方とか、入ってからの間接技とか、
ブラジル人が独自に開発した技術は
多々あるだろうけど、基本スタイルは初期型柔道と変わらないように思える。

なぜなら、柔術の選手はよく、両足を相手に向けた形でねっころがって寝技にさそうけど、
あれってアメリカでボクサー相手に柔道家が対戦したときに、確立した戦法だし、
(小説、姿三四郎でも三四郎がその戦法で白人ボクサーに勝つ話がある。)
同じく姿三四郎には、「昔の柔道は相手の揚げ足をとり寝技に持ち込むことが多かった・・・云々」
という記述がある。これも柔術の戦法に良く似ている。

前田光世が教えたのは、現在、みんながイメージするような柔道のスタイルではなく、
このような初期型の”なんでもありで他流派に勝てる”寝技主体の柔道の方だと言われている。
だからスタイルが全く違ってて当たり前。
実際に、グレイシー一族も
「日本人に教えてもらった事を、そのままやっているだけだ。」って言ってた。
2000試合無敗の男が、自身の体験の基で、これは有効だというものを叩きこんだのだから、
そりゃ強いわ・・・

長々となってしまったが、要するに、ブラジリアン柔術のような戦い方を
柔道は忘れてしまっているって事だね。
柔道は他にも打撃も忘れてるし(型だけは残ってるみたいだけど。)、
本家の方がスポーツ化して変わってしまったわけだから、
例えるならどうなるんだろう・・・・

224 :日出づる処の名無し:05/01/29 16:35:18 ID:yJ+IZfH2
蛇足

ちなみに、柔術関係者の間ではまことしやかに、
コンデコマ(前田光世)暗殺説がささやかれているらしい。
作家の夢枕獏が柔術の取材に行ったとき、
逆に、「コンデコマはやはり毒殺されたのですか?」と聞かれてしまったと
自身の著作に書いていた。
なんでも、柔術を外国人(ブラジル人)に教えてしまったため、
組織(?)に制裁を受けたと思われているとか。

225 :日出づる処の名無し:05/01/29 16:39:15 ID:RyXADT7L
ブラジリアン柔術って既に柔術じゃ無い気がするが。

226 :日出づる処の名無し:05/01/29 16:47:39 ID:Nj1IY5bC
>>225
何か独特な技とかあるの?
ブラジリアンキックって普通の蹴りと何がちがうのかな
いや知らないだけなんだけど。

227 :日出づる処の名無し:05/01/29 17:10:33 ID:RyXADT7L
>>ブラジリアンキックって普通の蹴りと何がちがうのかな
それはカラテ

228 :日出づる処の名無し:05/01/29 17:30:53 ID:tm7AIyJi
>>225
むしろあれが既に「Jiu-Jitsu」という新しい格闘技スタイルになってる。
ちなみにヨーロッパではスポーツ柔術という、古武術由来の競技格闘技がある。

229 :日出づる処の名無し:05/01/29 17:32:48 ID:IpHbijwq
>>223
俺の知ってるわずかな範囲の知識でも、223の書いてることは正確だと思う。
ブラジリアン柔術は、講道館柔道が確立される前の柔道=柔術の面影を
かなり忠実に残している、というのが定説みたいだね。

どっちにせよ、日本で失われた格闘技術を保存して発展させている
ブラジルの人々は偉い。ブラジルのもんだ!と威張られても不快感はまるでないな。

230 :日出づる処の名無し:05/01/29 18:13:57 ID:RyXADT7L
本来は柔術の元は剣術とセットなんだけどね。

231 :日出づる処の名無し:05/01/29 18:29:17 ID:2QtlPI0X
>>230
甲冑を着たまま相手を組み伏せ、喉を切るとか?
そこまでいくと、柔術ではなく体術な気がする。

何々流の剣術、槍術、弓術とか、多すぎて・・・
弓術一つとっても、小笠原流”流鏑馬”、居射とか、分類もややこしいし、
それぞれで特色があるのも・・・
伝統を残しつつ、共通ルールを作るのって大変なんだなぁ、とあらためて思った。
そういう意味では、西洋人はルール変更とかに抵抗がないんだね(皮肉を込めて)

232 :日出づる処の名無し:05/01/29 19:07:22 ID:jRXK9F0f
剣道やってたけど防具を着た上で相手を投げて押さえ込む組み討ちはしてたよ。
そう言うのを教えるかどうかは顧問の先生がどう言う所で剣道してきたかによるみたい。

233 :日出づる処の名無し:05/01/29 19:10:52 ID:1i/kL0+0
>>223
>柔道草創期の対他流派用の戦い方

燃える!

234 :日出づる処の名無し:05/01/29 19:13:09 ID:1i/kL0+0
>>232
世代がわかります。
今ではそういう師範はもう残ってらっしゃらないでしょうなあ。

235 :日出づる処の名無し:05/01/29 20:23:20 ID:Lz9Knu8i
鎧透し(浸透勁)とか本当かなぁ?

236 :日出づる処の名無し:05/01/29 21:34:45 ID:0ow01hjM
そういう系の技はロマンを感じる

237 :日出づる処の名無し:05/01/29 21:37:11 ID:vT+FikJr
そんな技術教えてくれるとこ行ったら
血尿、血便が待ってるけどな

238 :日出づる処の名無し:05/01/29 22:01:07 ID:hB07vUG8
>>233
実際、他流派をことごとく淘汰した上で普及したのが柔道だしな
もともと超実戦的だったのはまちがいないだろう

239 :日出づる処の名無し:05/01/29 22:26:34 ID:NDK4YGFr
剣道も組み打ち術を復活させてもいいような気がするんだよなあ。

240 :日出づる処の名無し:05/01/29 22:35:01 ID:Nj1IY5bC
床板の上でやったら痛そうだね。

241 :日出づる処の名無し:05/01/29 22:35:14 ID:jMgom3VC
剣道の防具の隙間から竹刀がすぱっと入ってキソタマに当たってもだえてる人を見ると
少し笑ってしまいそうになるのは秘密だった。

243 :日出づる処の名無し:05/01/29 22:59:33 ID:TZ83Cggo
ある武術を修行中の日本人が、外国人の武術家に会ってこれが中々強いときてる。
それでその外国人が言うには、「日本には私が指一本触れられない老人が居る」とか。
たしか太気の澤井健一の事だったかと。
後マイクタイソンが日本に来て日本の伝統武術を見たいと言うので
塩田剛造の養神館に行ったら演武中足元ばかり見ていたとか。
色々な細かい逸話は楽しいぞ。

244 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:06:32 ID:UnmB90YE
日本は、いや江戸は、技芸の宝庫なんだね。

245 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:07:30 ID:IYohhBDw
>>231
柔術ってのは剣術の「裏技」だと聞いた。剣を持たない剣術、だと。
戦場で丸腰になったときになんとか生き延びるために発生したとかなんとか。
なので、柔術の流れを組む武術は武器を持った相手に対処する技が存在していたような。
確かブラジルの柔術にも存在していると思った。
あと、おまけだが居合い(抜刀)術ってのは、自分が抜刀しておらず
相手は抜刀している不利な状況をなんとかするための術らしい。
つまり、想定するそれぞれの状況に対処するための技術をお侍さん(?)はつくってきたと。

246 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:11:09 ID:IYohhBDw
>>塩田剛造の養神館に行ったら演武中足元ばかり見ていたとか。
演舞のビデオ見たことあるけど70過ぎの爺さんの動きじゃないね、あれ・・・

247 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:13:17 ID:TZ83Cggo
合気の原理ってのは一般人には未だにファンタジーの域を出て無いから。
そろそろ解放して科学的に体系づけて学校の必修科目とかに入れられないもんか。

248 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:21:43 ID:73RvHZb0
フランス代表だったジダンは、子供のころやっていた柔道の経験が
試合中の体捌きにも役立ってるそうだ(ホントかどうか知らんが)。

今度新しく出来ると言うサッカーエリート中高一貫教育の学校でも
柔道か合気道かを必修で教えたら、日本代表が異常に強くなるかも、
という妄想ロマンに燃えた今日この頃。やってくれないかな・・・。

252 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:27:24 ID:3bpk5ULl
>>247
そんなこともないだろ。
昔の合気道の達人なんかのビデオ見て思ったのは
「こりゃ鬼ごっこに似てるな」ってこと。

2メートルくらいの大きさの円の中で相手に背中を見せずに鬼ごっこしたら
足さばきだけは合気道に似てくるんでない?
そして、子供の頃の経験から言えば鬼ごっこの天才ってのも結構いるもんだからね。

279 :日出づる処の名無し:05/01/30 12:24:16 ID:BUQewSBt
>>252
あのね、向かってくる人間を遠すぎず近すぎずの間合いで捌いて、
有効な角度と力の入れ具合で技をかけるってのはすごい難しいのよ。
これだけは、やってみないとわからんね。
やってみたら鬼ごっこなんて、とてもじゃないが言えない。
まあ、「発達しすぎた科学は魔法に見える」に近いものがあるのかもしれん。こういうのは。

253 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:28:34 ID:vT+FikJr
>>247
科学的やら常識やら言っても結局個人の
「信じる」「信じない」の信仰のレベルだから意味ない
マニュアル作っても因果関係が証明できない

256 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:34:49 ID:Lx7BVfZh
・・・つか、合気道って、
精神修養じゃないのか。

262 :日出づる処の名無し:05/01/29 23:58:55 ID:GZZdTNaJ
>>248
一対一での間合いの取り方はサッカーと柔道で近いものがあるかもしれんな

263 :日出づる処の名無し:05/01/30 00:02:47 ID:Nj1IY5bC
>>247 >>253
「科学的」の定義は、誰が何時何処でやっても同じことが再現できるということ。
あの人でなければ、あの時代でなければできない、
というようなことが多ければ多いほど、その技術は「非科学」に近くなる。

例えば山嵐という技は西郷四郎でしか実行不可能、となればそれは神秘の領域
に近いものになるが、そういうものを切り捨て
努力次第で誰にも習得可能な体系に整理したのが柔道だ。
つまり合気柔術を体育科学に仕立て直したのが柔道なわけだから、
それはすでにあるのでは。

264 :日出づる処の名無し:05/01/30 00:07:55 ID:UDMDR7Kp
中国武術がすべて胡散臭い件について

266 :日出づる処の名無し:05/01/30 00:30:15 ID:bWkvn0YC
>>248
そういえば甲野とかいう武術家にヒントをもらって
進学校である桐朋高校のバスケを強くしたというようなことを
ものの本で読んだことがある。

267 :日出づる処の名無し:05/01/30 00:32:33 ID:bWkvn0YC
>>263
それではまだ科学とは呼べない。

269 :日出づる処の名無し:05/01/30 01:40:46 ID:GeZYCNxi
木刀稽古を復活させれば剣道は強くなるよ、残った者だけがな。

270 :日出づる処の名無し:05/01/30 01:52:17 ID:Zr17Vwua
剣道やってた俺からすると、互いに尊敬しあう柔道とJu-jitsu の関係は
非常にうらやましい。どうして日本の隣にはブラジルがないんだ……

271 :日出づる処の名無し:05/01/30 02:20:54 ID:BlbN+JIr
>>270
詳しく

272 :日出づる処の名無し:05/01/30 02:24:19 ID:LDWtt82M
>>271
かの国の話だろう

274 :270:05/01/30 03:02:16 ID:Zr17Vwua
>>271
韓国人が剣道をちょいちょいと変造し、
韓国風にコムドーと読み、世界各地で「これが韓国1500年の伝統武術、
コムドー ニダ。剣道はコムドーをスポーツ化した模造品ニダ」と嘘を吹聴して回ってる。
しかも外人、剣道を知らないもんだから信じちゃうし。

カリフォルニア大学の武術課程じゃ、既にコムドーを教えてる。OTL
 (OTL の起源も韓国だって主張してるし)
http://www.sportsclick.jp/combat/04/index.html

275 :日出づる処の名無し:05/01/30 04:09:16 ID:lFxSjIRt
リンク先読んだけど、カリフォルニア大みたいな大きな大学で
どうしてクムドーみたいなまがいものが真面目に教えられてるのか理解に苦しむ。
だが同時に、
どうして日本から剣道の先生が教えに行かないのだ?と腹立たしさも感じる。
日本から本物の剣道の指導者が行けば喜んで受け入れられるだろうに。

278 :日出づる処の名無し:05/01/30 09:26:27 ID:7gkiE6Kp
>>275
アメリカではタイガー森の伝統はすたれてしまったのだろうか。

282 :日出づる処の名無し:05/01/30 14:54:19 ID:7YB89nRU
>>279
俺、合気道やってたけど、まさにそんな感じ。
はたから見てる人は「芝居みたい」に見えるんだろうけど、
受け身がちゃんと出来ていない奴が合気道やったら骨折ったりする危険性が高い。
だから投げられる時に受け身とるんだけど、それが芝居っぽく見えちゃうんだな。
実際に師範に俺も投げられたけど、受け身下手だと危ないよ、背中とかモロに打つし。

283 :日出づる処の名無し:05/01/30 15:19:23 ID:IMVvZ0Dd
>282
大学の時の知り合い(女性)で、合気道部に入ったのがいて
ムチャクチャ練習がハードだと苦笑いしていた。
全身にあざを作っていると言っていたが、おそらく
投げられたときの受け身がまだヘタだったんだろうな。

284 :日出づる処の名無し:05/01/30 15:45:34 ID:7YB89nRU
>>283
受け身でも学ぶ段階があるよ

正座して片足ずつ地面に擦りつけながら前進する

慣れてきたら立って右手を左足の先っぽを触る感じに前に倒れて前方回転、
頭は股の間に入れる勢いで

これを飽きるぐらい何回も何回も左右両方やる、
師範の人か先生の人がつきっきりで姿勢を見ていてくれたら一番良い

実際に合気道の技をかけられて前方回転で受け身をする

後方回転の受け身

側面回転の受け身

以下応用

こう言う順序で学べばさして体ケガする事も無く受け身習得出来るはず。
その人がどんな練習してたかは知らないけど、
あざが出来るって……教え方が悪い気がする。
受け身は合気道の基礎中の基礎だから、これが出来ないとそもそも合気道が出来ない。
小学生の時から合気道やってるけど、体にあざが出来た事なんて無いよ。
手首をひねった事はあったけど。

285 :日出づる処の名無し:05/01/30 17:25:37 ID:SdmkjvvA
高校生の頃、合気道部の友達に技かけてもらった事あるけど
ムチャクチャ痛かった!ガマンできるレヴェルの痛みじゃないね。
プロレスごっこの関節技とは大違いだった。

286 :日出づる処の名無し:05/01/30 17:31:59 ID:KlTkjRnU
合気道が知りたい奴は四段くらいの人に組み手やってもらうんだな。
技かけてもらうだけなら1、2段でもいいけど。

287 :日出づる処の名無し:05/01/30 17:42:57 ID:8im4IBCH
塩田剛三
塩田剛造
どっち?

288 :日出づる処の名無し:05/01/30 18:08:15 ID:XySX3pVo
>>287
塩田剛三。知ってる人は知ってるが、バキのあの人のモデル。

291 :日出づる処の名無し:05/01/30 18:40:39 ID:GeZYCNxi
合気道って格闘技と呼ぶには優しすぎネェか?
受身取れないような固め方で投げたりしないだろ。

292 :日出づる処の名無し:05/01/30 18:54:05 ID:3cTl/Tdv
合気道が優しいねえ。ものを知らん奴は怖い怖い。

294 :日出づる処の名無し:05/01/30 19:11:18 ID:WlVQ8ZCI
師匠に9段といわれても自分の強さがいまいちピンと来ていなかった塩田剛三が
実際に戦時中支那で支那人相手に合気道を使ってみたら、
相手の骨が折れる折れる・・・

299 :日出づる処の名無し:05/01/30 20:02:42 ID:mo60gqLm
>>294
それって剛三ジョークなんじゃ・・・
「ほかの連中は殴り殺すのに苦労していたが、俺は地面が使えたんで楽だったよ!がははは!」
って感じの・・・

304 :日出づる処の名無し:05/01/31 07:21:39 ID:jD4Ef0nl
普通にライフル持っているのにわざわざ投げ殺す意味が分からんが、
まあ合気道の達人なんだから彼だけ銃を持たずに戦場に出たのかもしれん。

305 :日出づる処の名無し:05/01/31 07:33:29 ID:A3rLJoTl
銃剣がわりってこった
下士官が剣術学んだりしてたし

306 :日出づる処の名無し:05/01/31 07:38:01 ID:jD4Ef0nl
>>305
銃剣があるのに何で銃剣を使わずに投げるんですかあ?銃剣使えばいいのに。
まあ、合気道の大家ですから銃剣も持たないんでしょう。
それでいいじゃん。

308 :日出づる処の名無し:05/01/31 08:32:11 ID:TCNtj8o/
>>304
弾が無かったのでは。
日本陸軍は、機関銃を狙撃銃として使ってた程ですから。

310 :日出づる処の名無し:05/01/31 09:38:49 ID:2AU+I2qJ
塩田剛三がシナ人やっつけた話はフランス租界での話。
戦場じゃないから銃剣なんて持ってないよ。

295 :日出づる処の名無し:05/01/30 19:17:29 ID:l3T7sYd5
強い弱いは個人の問題だからな
今の日本でプロになってご飯食べていけるわけでもないのに
貴重なお金と時間を武道に費やすというのはそれだけでも大変。

296 :日出づる処の名無し:05/01/30 19:47:39 ID:g4RTXHEe
>>295
たしかに武道にお金と時間を費やすのは大変だけど、
少なくとも一目置かれるというか尊敬を得られると思う。
日本ではひとつの道を追求することに対して、
尊敬する伝統は失われていないのはいいことだと思う。

326 :日出づる処の名無し:05/01/31 20:51:02 ID:4ErjIALi
すこし、遅れた話題だが、上の方で柔道と柔術の違いを語っていた勘違い野郎ども!!
おまいら、公道館柔道の教本を読んだ事が有るのかと、小一時間、問い詰めたい!!
特に、初期の頃の奴な。

元々、柔道には、拳も蹴も頭突きも、普通に技として乗っているぞ。
元々、柔道は、総合格闘技なんだよ。
裏負い系(後頭部から叩きつける系統の技)とか、
投げ関節(関節をきめながら投げる)とか、本当に命や身体に危険の有る技はともかく、
それ以外の技が、一般的で無くなったのは、一重に、「大会ルール」の為。
袖口や蟹鋏の禁止なんて言語道断。
襟を掴みながらの拳や、肘や膝で崩して投げるなんて、本来、常識以前の繋ぎ技だったんだよ。

試合で使えないから、使う人も、教える人も、居なくなっただけで、
本来柔道は、柔術の1流派であり、
危険極まりない、実戦的な武道って事を忘れない方が良い。

ちなみに、いわゆる「警察柔道」は、その片鱗が見られる。
一度、警視庁で見学することを、お勧めする。

330 :日出づる処の名無し:05/01/31 21:24:52 ID:mEPcllvf
背負い投げも、一度ヒジで当身をしてから投げるってのは聞いたことある。

331 :日出づる処の名無し:05/01/31 21:29:14 ID:/OGd20Sz
>>326
大会用柔道でも怖いが、
本来の柔道は凄く怖い。
柔術家が柔道をやるともう手をつけられない。
この記事のURL | ジャポニスム | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<センチメートルの規律【前編】(part39スレ) | メイン | 囲碁と数学的思考(part39スレ)>>
コメント
-  -
>308
機関銃て狙撃の世界記録(2.3Km)出したカルロス・ハンコックさんをディスってんのか?
2010/12/05 04:25  | URL | #CGSys/Bo[ 編集] |  ▲ top

-  -
高校時代、機動隊に入った先輩と練習したが…あれまだ手加減してたのかな…
2010/12/04 07:50  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
有効性と保存をかねて、警察では実践型柔道を復活させるとかやらないのかなぁ~

スポーツに特化してしまって弱体化するのは正直本末転倒だと思うので、何らかの保存はしてほしい
2010/11/30 10:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/244-f5a66360
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。