2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
Powered By 画RSS
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
民主主義と立憲君主制【前編】(part38スレ)
- 2010/11/11(Thu) -
310 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 00:27:46 ID:YKlWQua9
More than three-quarters of the members of the Yamaguchi Gumi,
Japan's biggest underworld organization, are said to be burakumin or ethnic Koreans.
(※リンク先消滅)

315 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 03:48:03 ID:BAhYkhjd
>>310
それは住吉会系の話じゃないの?
山口組はもともと三国人が戦後に、関西方面で暴れまくってたとき、
頼りにならない警察の代わりに、組長が奮起して地元の商売人の保護なんかして
勢力を伸ばした。…と、以前、阪神大震災の時に聞いたことがあるよ。

大阪で、やくざ勢力が強いのになっとくしたので覚えていた(w

316 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 15:09:09 ID:fRD/6s1Z
ヤクザが戦後の一時期、無力化した警察に変わって三国人に対抗したのは事実。
日本中、山口組も関東の組織もそうだった。
しかしその後、連中は排撃したはずの三国人を配下にして、組織を大きくしていった。
結局は、闇市から繁華街へと街の容貌が変化する中での利権争い、
組織巨大化の過程に過ぎなかったと言われてもしょうがない。
ほんの一時期の行動だけを切り取って、ヤクザが愛国者であると評価するのは愚かです。

317 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 15:35:18 ID:dfOW7UxG
>>315
山口組は神戸

318 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 16:06:56 ID:ItFCx8mh
>>316 ヤクザを弁護する気はないんだけどね。
ヤクザの奥さんって組長クラスになればなる程地元の清掃活動とか熱心にやるんだと。
サラリーマンの奥さんが嫌がってやらないようなことをすすんでやってくれる。
だからヤクザの奥さんってその地域に古くからいるお年寄りとかには重宝されてる。
以前住んでた街の婦人会の会長さんがそう言ってた。
地域に根付いてるヤクザってのはそれなりに愛国心や地域愛もあると思うよ。

319 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 17:20:27 ID:yp5XAA4j
>>318
昔気質のヤクザならそうかもしれない。
家が昔世話になってたてきやの親分さんは地元では随分と信望が厚かった。
だれも親分さんのことをヤクザだとは思ってなかったよ。
その配下にはやっぱり新平民の人が多かったが、悪い人らではなかったよ。
ことを頼む時に徒党を組む悪い癖というか連帯感が強いところがあったがね。
いつからヤクザが消えて暴力団とか外国マフィアが幅をきかすようになったのかねえ。

320 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 19:56:08 ID:JtIbU+ou
人を脅したり、騙したりでしか金を稼げない奴は基本的に軽蔑する。
例え法にひっかかってないカタギでも法スレスレなら五十歩百歩。

321 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 20:28:48 ID:7tp+0CWF
>>320
こんにちは、弁護士です。

322 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 20:43:10 ID:sMKVAfTQ
官名詐称罪キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

323 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 21:14:15 ID:9kmWNf/L
失礼な、私はちゃんとした弁護土だ

324 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 23:30:40 ID:UzwxdoKw
>>317
山口組も、関東の組織もって読めませんか、そうですか。
山口組は一時期反覚醒剤で動いていたけど、ヤク扱ってる組の上納金が
今やごついことのになってるから在日系の組が幅をきかせてますな。

愛国については裕仁の「近頃は愚連隊が右翼の真似事をしているようだが…」
にある種凝縮されてるだろ、戦後右翼の本質が。

325 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/11 23:45:27 ID:JUiV1TSl
>愛国については裕仁の「近頃は愚連隊が右翼の真似事をしているようだが…」
>にある種凝縮されてるだろ、戦後右翼の本質が。

それはなあ・・・GHQの工作とか言われてるけどどうなんだろ。
単なる陰謀論か?

326 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 00:58:52 ID:XDdWsDI4
>>324
>「近頃は愚連隊が右翼の真似事をしているようだが…」

要するに街宣右翼は「右翼じゃない」と言っているように
しか読めないのだが。

327 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 01:33:47 ID:+wAW78Na
だから戦後右翼と書かれてるんじゃないのかねぇ…

328 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 12:31:16 ID:cFQYI1jl
>324
スレ違いだけど、当時の山口組は神戸の港湾事業と芸能関係、
紛争調停やみかじめ料で生計を立てていた比較的まっとうなヤクザだった

他のヤクザ団体に覚醒剤を扱われると、ライバル団体は莫大な資金を持つし、
警察や市民とうまく行っている山口組も覚醒剤を扱っているヤクザと同じに見られて、
本業がやり辛くなるから、相当マジメに叩いていたんだよね

戦後の朝鮮人の振るまいが大嫌いだったから、
朝鮮人の扱う覚醒剤を嫌ってた部分も多い

329 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 14:30:04 ID:RZ85MsRN
その…家が商売をやってたので「比較的まっとうなヤクザ」
という表現に無茶苦茶違和感を感じる。
覚醒剤を扱おうと扱うまいとヤクザはヤクザ。
同じ穴のムジナだよ。

今は暴対法ができて商売もやりやすくなってるけど。
http://www.web-sanin.co.jp/gov/boutsui/mini20.htm

330 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 15:08:31 ID:/kJx03PI
>>324
>大阪で、やくざ勢力が強いのに
~~~~~~~~
ここだろ。
神戸は兵庫県。大阪は関係無いぞ。

331 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 15:58:19 ID:XDdWsDI4
>>327
戦後右翼であってもまっとうな右翼もいるだろうに。
そういった右翼と区別するためにも「街宣右翼」という用語があるというのに
わざわざ「戦後右翼」と称したいのは何か意味があるんだろうか?

332 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 16:58:41 ID:dq3WRDif
右翼=街宣右翼のイメージが強いからだろ

333 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 17:11:26 ID:leWLhlRQ
昔、児玉と言うCIAの職員がおりました。
戦争中は 軍部の調達に関わり大儲けしました。
戦争に負けて今度はGHQと言う所の下請けになりました。
自民党なる政党は彼がアメリカの指示で作りました。

彼は もうひとつ 御主人から重大な命令を受けておりました。
日本国天皇を日本民族と分断する。
すなわち、日本人が天皇の名のもとに再び結集する事の無いように、と言う事でした。
彼が選択した手段は、社会的に信用の無い、ゴロツキ達に天皇の名を叫ばせるというものでした。
彼は青山のユナイテッド鉄鋼とかいう所から貰った金で、
暴力団・事件屋・在日朝鮮人・ゴミ屋さん等などに声をかけました。
右翼団体の誕生です。ゴロツキどもは天皇の名を叫ぶと、彼からおこずかいがもらえました。
右翼団体が、ゴミ処理の利権に絡んだり倒産整理に介入したりするのは、そんな訳なのでした。
今のところ、彼の作戦は、とてもうまく成功しています。
普通の日本人はゴロツキと同じと思いたくないので、天皇や国旗をうさん臭いものと感じています。

334 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 17:29:02 ID:/kJx03PI
>>333
国旗はどこから出てきたんだ?

335 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 19:15:56 ID:gMrpIW1B
>333
別に普通の日本人は天皇をうさん臭くは感じて無い。
「天皇を持ち上げ悪用する」人をうさん臭く感じてるんだよ。
そこは間違えちゃいけない重要なところなんですがね。

336 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 19:30:41 ID:9FhEurNB
君が代や愛国心という言葉にうさんくささを植え付けれればいいんだろ

337 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 20:29:01 ID:6DysnIL4
左翼も天皇に対して同じことやってるな。叫ぶ用語は違うけど。
過去から日本人の精神的な支柱となっていた天皇の権威を壊すことで
自分たちが活動しやすくしたいということなんだろうな。

338 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/12 20:42:19 ID:xsXriA8+
活動しやすくしてもあの様か、、

340 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 02:46:12 ID:C8tMxUK/
現実に天皇支持が九割しめてるわけで。
「天皇」ではなく「天皇の権威を騙って恫喝するやつら」がうさんくさく見られてるだろ。
戦前でも青年将校の暴走を、軍・民共に、ある程度同情的だったのを
「朕、自ら近衛兵を率いて鎮圧せん」と激怒したのは先帝だし、
戦線不拡大政策を無視して支那の戦域を広げる一方だった関東軍を抑えられず、
手をこまねいていた田中内閣に引導わたしてるし。

341 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 02:50:59 ID:C8tMxUK/
そういえば「人権」や「平和」という、本来とても大切で守らなければならないものを
うさんくさく感じるようになったのはサヨクの功績だなw
「人権派」や「平和団体」という呼称がいかん。
きちんと「犯罪者の人権のみ守る派」とか
「日本を侵略しやすくする為に平和を利用して軍縮を進める団体」って名乗れよ。

358 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 12:04:12 ID:kinMkelj
>>340
その二件と終戦の時だったか。
君臨すれど統治せずの立場からは出過ぎたことだったと述懐していたじゃん。

359 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 12:38:27 ID:HQdPc36B
>>358
もともと天皇制は緊急時の安全装置なんだから、いいんでないかい。
むしろ昭和帝は、権威の行使に慎重過ぎたかもしれん。
まあ、乱発するよりは一億倍はマシなんだが。

360 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 12:53:14 ID:kinMkelj
開戦時にやっていたら幽閉されていただろう云々との整合性を考えると、正直保身の香りがする。

366 名前:日出づる処の名無し:05/01/13 23:34:37 ID:XlGqzlat
最善の政治体制は 専制君主制
最悪の政治体制も 専制君主制。
民主主義は、最善ではないが、最悪にはならない
次善の政治体制なのだ と言ったのは誰だったか・・・?

日本では、議会政治より専制君主制のほうがよい気がするのは気のせいだろうか。

367 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 23:38:41 ID:WTNKic/p
>>366
内政に関してはそれでも良いかもしれないけど、外交という点ではやはり専制君主制はまずい。

368 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 23:45:53 ID:ToUK5MNB
>>366
立憲君主制じゃなくて?

369 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/13 23:48:00 ID:JmprMMF6
>>366
日本人に専制君主制は合わない。
天皇であれ征夷大将軍であれ、個人が絶対的な権力を握る状態は長続きしなかった。

374 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 03:29:36 ID:T+IDTOmN
>>369
つ、釣りですか?

375 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 03:30:32 ID:uJ0he9C/
>>374
釣り?

376 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 04:09:06 ID:cGPanvYY
>>375
つーか江戸時代で長期じゃないとすれば
世界中に安定した時代はほとんどなかったということじゃないの?

377 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 04:58:29 ID:TTe61pTv
江戸時代の大半は、個人が権力を行使することは少なかった、といいたいんかな?
江戸だけじゃないけど。
将軍じゃなく、田沼やら井伊やら酒井やらが実権を握ってたこともあったし。
>>369は、もうちとリライトしてくれんとわからんな。

378 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 05:33:54 ID:cGPanvYY
>>377
そこまで解釈を緩くしちゃうと世界中で絶対権力が長期的に続いた例はないと思うんだけど(w
既に「日本人には合わない」というレベルでなくなっているし。

379 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 06:23:21 ID:xvs09AB1
面倒だからってお上に丸投げしちゃお終いよ。
ようは国民一人一人が社会貢献の意識をもったり、勉強したり、徒党を組めばいいだけ。
時代に逆行してどうする。

380 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 07:51:02 ID:gOXkwFDg
日本史上最高の専制君主って秀吉じゃないかな
で、数年間
次に秀頼を殺した家康が死ぬまで一年ほどぐらいか
個人では長くは続かんね

382 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 13:27:49 ID:ai7e5EtG
>368
今は立憲君主国ですよ。
>366
専制君主制はまずいでしょう。
バカ君主になったら国民はえらい迷惑。

383 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 13:32:28 ID:LoBmL8Lx
よく民主主義(民主議会制度)は一番優れている(破綻が無い)という人がいるし
アメリカ人なんか殆ど宗教のように他国にも押し付けるけど俺は疑問なんだよね。

だって民主主義なんて出来てから何百年かの歴史しか無く、
その間にも民主主義体制の国家もボコボコ破綻しているわけで
別に優れた制度とは言えないと思うんだよね。
滅んだように見える共産主義ですら中国が残っているし(あそこに自由選挙は無い)

民主主義マンセーの人に言わせると理論的には最善の制度だと言うんだけど、
それってあくまでも机上の理論だしな。
ローマにしても中国にしても日本にしても平和な統治期間の方が圧倒的に長いわけで
独裁制でも階級性でも必ずしも悪い制度と決め付けるのは愚かに見える。
結局どんな制度を取ろうと
国家というものはそれなりに国民の幸福を考えるように働くものだと思うから。

384 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 13:35:43 ID:LoBmL8Lx
専制君主制といったところで結局は皇帝も周りの人間の意見は聞くし
何でも思い通りに強権を発揮できるような人間は稀だしね。
ローマ皇帝も市民の機嫌を取らなければいけなかった。
徳川将軍家も将軍が勝手気ままに出来たわけではない。
つまりそういう事だと思う

385 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 13:35:55 ID:uJ0he9C/
>>383
中国や北朝鮮の共産主義は建前。
中国の皇帝の代わりに共産党が、朝鮮の王の代わりに
金家が居座ってるだけで、政治形態そのものは
数百年、あるいは数千年前からほとんど変わってない。

386 名前:日出づる処の名無し:05/01/14 13:59:52 ID:f6ayAnQ4
>>383
ところがだ。
その民主主義すら機能してないとしたらどうだ。
アメリカの言ってることなんて嘘っぱちだらけだってことになる。

実際はどうか?
アメリカの民主主義は機能していない。
特権階級が情報操作と不正選挙で傀儡を立てているだけ。

387 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 14:03:03 ID:sMMvTG6C
>>385
昔の支那帝国と違うところと言えば、合法的に国家の意思で人民の私財を
どうこう出来るようになったところかな?

389 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 14:13:16 ID:hU5MJrSn
そういうこと言い始まったら、結局のところ
その国の民度の問題なんじゃないかと思ってしまうね。

民主主義だって、愚民がやれば暴走、混乱、破綻するわけで、
共産主義もまともな国(があれば)もしかしたらもっとうまく運営できるかもしれない。

大事なのは優れた指導者を生み出す社会、教育ではないかと。

ローマみたいに民衆の機嫌を取るために財政破綻させてちゃだめじゃん。
そのためには国民一人一人が、賄賂で動くことを否定できなくちゃならん。

390 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 14:20:58 ID:YwV+KfqS
>>385
そういう説もよく耳にするが、少なくとも歴代王朝とは違って
共産党内部ではちゃんと選挙があるだけ別物扱いでいいと思う。
少なくとも王朝制は選挙で頭を決めるわけではないから。

391 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 14:26:43 ID:YwV+KfqS
>>389
全く持って民度の話だと思うよ。アルゼンチンみたいに国家破綻する民主主義国家なんて
珍しくないわけだから。

だからアメリカ人の宗教的情熱&他の国の制度を頭から馬鹿にする態度は
馬鹿げた事だと思う。
あの国には歴史が無いからなんだけどね。

俺は民主主義の良い点は、国の行く先が地獄だろうが天国だろうが、
結果としてそれは自業自得だねと言える事だと思っている。
要するに多数決なんだから、
確かに反対意見のものも居たろうけど総体としては全体の意志の結果と言って問題ないから。
専制主義の良い点は、地獄行きになった時、責任は全て上に擦り付けられるとこだな。

393 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 14:35:16 ID:YwV+KfqS
結局のところ、国民にとっては体制がどうだろうが、
自分達の暮らしが豊かであれば何も不満は無いんだよね。
じゃなきゃ選挙に行かない人が常に国民の半数近く居るという現実が説明つかない。

貴族が居ようが、将軍が居ようが、それが豊かさの問題に波及しなければ関係ない話だよね。
そこで民主主義マンセー派の人は
「確率的に善政を続けられる率が高いのは民主主義」と持ち出してくるのだが、
これはあくまでも理論上の話でしかないからね。
現実の歴史が証明しているのはどんな独裁体制でも
結局はそこそこ上手く運営されるようにローカライズされていくという事だよね。

どうも、こういう考えに至ってからというもの、
テレビとかで「民主主義最高!キャッホー」と叫ぶ学者や政治家を見ているとアホらしくなってしまった。
イラクもイランもミャンマーも中国も、別に民主主義になんぞなる必要ないし、
ならないから野蛮人みたいな難癖はどうかと。

394 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 15:08:33 ID:ai7e5EtG
>383
だから中国は今や共産主義を目指してすらいないと何度言ったら...
金もうけしようと必死じゃないすか。経済的平等なんてない。
共産党独裁なだけだよ。

395 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 15:29:52 ID:1v15XMAG
独裁体制がいいとか言ってるやつはキチガイか?それとも新手の荒し?

396 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 15:40:18 ID:LQM6oqh3
>>395
池沼だから気にするな。
そんな暴言を吐けるのも表現の自由が保障されている民主主義だからという
単純な理屈がわからないんだからな。

397 名前:日出づる処の名無し:05/01/14 15:40:53 ID:oIcWFJA3
政体循環論というのをマキャベリ(1469~1527)が提唱しているらしいよ。
君主制→僭主制→貴族制→寡頭制→民主制→愚衆制→君主制
良い政体
君主制、貴族制、民主制
は間単に悪い政体
僭主制、寡頭制、愚衆制
に移行するという理論。で、悪い政体はクーデターや革命で良い政体に移る。
まあ、古い理論だけどなんとなくわかるでしょ。

398 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 15:58:33 ID:LQM6oqh3
>>397
まぁ、あれだな。
風が吹けば桶屋が儲かるってやつだな。

399 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 16:10:25 ID:mjG6a/FV
>>393
同意。
イデオロギー馬鹿が騒いでいるけど放っておきなさいw
立派な論旨だよ。

400 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 16:13:34 ID:PMqDN4mM
>>396
民主主義体制である事と、表現の自由はセットでもなんでも無いのだが?
脳みそに蛆でも涌いたかな?

401 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 16:15:19 ID:lq8OkrIo
>>391
そうだよね、自分達が決めた結果なんだから、あきらめがつくという利点はある。
中々含蓄があるね。

403 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 16:27:00 ID:ny549o3F
>>393
久しぶりに人の意見に賛成を表明しようという気になったよ。
自分と同じ様な考え方の人が居るというのは嬉しいもんなんだね。

404 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:11:05 ID:1v15XMAG
アホが多いので反論
>>400
セットだっての。民主主義の根幹じゃねえか。
「民」が全て「主」であれば言論の自由が約束されるのは当然だろ。
明白かつ現在の危険の基準が認められれば例外となるけどね。
まあ、社会的なタブーというものも多数存在し、言いたいことが全て言えるとは限らん。

>>393
>結局のところ、国民にとっては体制がどうだろうが、自分達の暮らしが豊かであれば
何も不満は無いんだよね。
独裁国家が避けたいと思うことは、国民が不満を持つことではなく、
体制崩壊につながるほど国民が不満が増大することだからな。

405 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:11:10 ID:1bg66QXW
>393
>選挙に行かない人が常に国民の半数近く居るという現実が説明つかない。
現状、日本は選挙に行かなくても投獄されたり死刑にならないし、
投票しても世の中が変わらないと思うヤツは行かない。
どんな国家体制をとろうが、この手のバカは我が身の危機を感じなければ選挙には行かない。
要は世の中ナメてるだけで、国家体制とか主義の問題ではない。

>イラクもイランもミャンマーも中国も、別に民主主義になんぞなる必要ないし、
>ならないから 野蛮人みたいな難癖はどうかと。
民主主義じゃないから野蛮なんて言ってるのはキリスト教徒くらいじゃないの?
個人的には、社会主義だのの前に、中国および中国人の野蛮ぷりったらないと思うけど。

406 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:16:15 ID:1v15XMAG
>>405
キリスト教徒もそんなこといってない。

407 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:19:23 ID:LQM6oqh3
>>400
そういう奴がでてくると思ったよ。
表現の自由がない民主主義というのを見てみたいもんだ。

408 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:24:13 ID:8tnBsIkI
小学校のとき、先生から教わった。

「民主主義はいまのところ一番マシなしくみです。でも一番いいものではありません。
本当に理想的なシステムは、善良で間違いをしない一人の支配者が
国を収めるシステムです。でも、そんな人はいないので、いまは民主主義です」

四半世紀も前の話さ。
当時は「そういうもんかなー」くらいにしか思わなかったけど、いまは同意してる。

409 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:24:58 ID:LQM6oqh3
まぁ、一応はっとく。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1

表現の自由(ひょうげんのじゆう)は、自己の望むところを望むままに表現する自由をいう。
精神的自由権の典型とも言うべき権利である。
民主主義にあっては、政治上の意思決定は終局的には国民によってなされることとなるが、
適切な意思決定をなすには、その前提として十分な情報とそれに基づく議論が必要となる。
情報を得、また議論をなすためには表現の自由は必要不可欠な権利である。いわば、
表現の自由は、民主主義の根幹をなしているのである。

出典がウィキペディアなのはご愛嬌ってことでw

410 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:26:41 ID:LQM6oqh3
>>408
その先生の名は「ヤン・ウェン・リ-」というのか?

411 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:27:13 ID:vdo2HWnQ
>>408
小学生にそんな話をするのか?とオモタ。

412 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:27:49 ID:pzad619P
>>404 前段
「民主主義」が「言論の自由」とセットなのは同意。
ただし、これには「言論の自由」によって保証された、
何が良いのかを判断するための「正しい情報を入手する権利」と、
それを咀嚼して自分の考えを持つための知識や判断力等、
知的基盤を作るような「教育を受ける権利」もセットでなければならないと思われ。

これが抜け落ちた時点で、>>397における「衆愚制」のできあがり。
ちなみに日本ではこの2つが不十分、というか失われつつあるわけで。

413 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:28:09 ID:+T0K+Mki
>>407
>表現の自由がない民主主義というのを見てみたいもんだ。
つ、釣りなのか?
言論弾圧国家に認定された自称民主国家が、隣にあると言うのに・・・

414 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:30:01 ID:LQM6oqh3
自称民主国家
~~~~~~~~~~~~~~
すべてを物語っておるがな。

415 名前:日出づる処の名無し:05/01/14 17:30:29 ID:1xbOcbRY
>>408
> 小学校のとき、先生から教わった。
> 「民主主義はいまのところ一番マシなしくみです。でも一番いいものではありません。
> 本当に理想的なシステムは、善良で間違いをしない一人の支配者が
>国を収めるシステムです。でも、そんな人はいないので、いまは民主主義です」

ペリー・ローダンは現実にはいないと……

416 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:30:41 ID:sMMvTG6C
>>413
自由じゃないか。
北半分と反日思想に迎合した論調を張る限りは、自由だぞ。

417 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:34:01 ID:LQM6oqh3
>>416
他国の国旗を燃やす自由もあれば、
他国の大使館にうんこを送り届ける自由もあるぞw

418 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:42:13 ID:vNjBGuPu
朝鮮学校とか教会という報復対象があるよ
一気に何十人かは殺せる
襲撃されるのもそう遠くないだろう

419 名前:405: sage 05/01/14 17:43:48 ID:1bg66QXW
>>406
そうか。「中国は民主主義じゃないから野蛮」とフランスとオランダの
キリスト教民主主義者が面と主張しているのを観た憶えがあるので。
まぁ、こいつら死刑廃止論者だから過剰だったのかな。

>>413
北側はマイクを向けられたら敬愛する将軍様について存分に語る自由があるし、
何よりも投票率100%でトップが選ばれる完璧な民主主義の国だぞw

420 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:44:44 ID:1v15XMAG
朝鮮関係が絡むと変な方向にスレが進むな。
まあ、そもそもすれ違いの話題なんだけど。

421 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:46:36 ID:1v15XMAG
>>419
選挙が行われることが民主主義であることにはならない。無記名で無ければね。

422 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:48:14 ID:8tnBsIkI
>>411
その先生も俺らが分かると思って話したんじゃなくて、持論を述べただけだと思う。
当時は今に輪をかけて民主主義マンセーな時代だったから、
民主主義の意味や大事さをきちんと教わった上で出てきた話さね。
そういう教えは異端だったし、教わってた当時の自分たちもそれはわかった。

脱線するのが大好きなせんせーだったんだね。
結局いまは、その教えだけをよく憶えているわけだが。

423 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:51:59 ID:1v15XMAG
>>413
体制は自分の都合の悪いものは排除しようとするからね。
何処の国でも程度の差はあれ多少はやっているんだろう。
そういう意味では、民主主義的かそうでないかは相対的なものだな。

424 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:54:03 ID:RAAa64EA
>408
>一番マシなしくみ

って考え方は今までの中ではしっくりした。
今の日本にとって民主主義があっていると思うのはいいけど、
それが一番正しいと思うのはどうかな。
日本が民主主義に移行したのは20世紀の国際関係上、結果的に良かったのであって、
普遍的なものではないのかもしれない。
もしまた時代が変わった時にはもう意味のないものになる可能性だってあるとおもう。
幕末、日本は鎖国を止め、西洋の資本主義を柔軟に受け入れ変わらなければいけなかった。
幕府は貧困にあえぎ、諸藩を抑える力は衰えていたし、
変わらなければ、西洋の植民地になってしまっていたかもしれない。
でも、それまでの江戸時代がひどい時代であったわけではないよね。
ただ、時代と噛み合わなくなっただけなんだと思う。
江戸時代に何も問題が無かったわけじゃないけど、それはどの時代のどの制度にも言える事。
もしかしたらそれを制度に求めること自体が間違っているんじゃないかな。
完璧な制度を求めるのではなく、「今」、自国に合っているものは何かと考えるべきでは。

425 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 17:55:33 ID:8tnBsIkI
話がずれてしまうのは、みんな違う国を思い浮かべながら
議論してるからだな。

日本やヨーロッパの歴史上の体制を主に想定しながら話してる人と
現在の中国や北朝鮮などを想定してる人とはかみ合わない。

426 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 18:05:12 ID:qSYbfToC
だから政治体制を語る前に「被統治」資質が問題になる。
じつはリーダーよりも統治される民衆によって、体制の良し悪しが変わってくるの。
統治される側が賢くないと、衆愚政治になちゃうから、
民主主義体制に移行する前に必ず民衆を啓蒙しなくてはならない。
明治維新直後に福沢諭吉がやったのがまさにこれ。
民主主義と啓蒙主義は表裏関係にあるの。

427 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 18:12:26 ID:K4oPnkkQ
おまいら政治体制で盛り上がるのは構わんけど
せめて日本との比較をしてくれよ。ジャポニズムスレなんだし
封建制の比較とか皇室と王室の比較とかさ

428 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 19:40:36 ID:EAJUfEpQ
結論つーわけでもないがこのスレの性格上
今の日本の立憲君主制が一番良いっていこうことかなー
議会で君主の横暴は抑えられるし、議会が糞でも君主を担いで政権を作ればいいんだし。

429 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 19:50:15 ID:RAAa64EA
>428
異議なーし。もういいや、それで。

431 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 21:04:34 ID:tgxR1Xpc
アメリカ人の不思議なところは民主主義を失う恐怖に怯えているところ。
国家としての成立過程を思えば理解できないこともないけど、
あの押し付けがましい民主化要求はその裏返しなんだろうな。
あっちの近未来を描いたSFものなんか見てるとそんな気がしてくるよ

433 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 21:55:49 ID:qSYbfToC
>>431
アメリカでガンコントロールが何度も叫ばれており、
実際多くのアメリカ人があまりにも膨大な銃が出回っている事に疑問を感じながらも、
諸外国並の規制ができないのは、アメリカライフル協会のロビー活動よりも、
根源にファシズムに対する恐怖感があるらしい。
もし、世界で唯一の超大国がファシズムに走ったら、
世界のどこも止められない。
どんなに銃による殺人件数が増えても、ファシズム体制下では、
けた違いの死者数になるし、被害は世界に及ぶ。
イラク戦争に見られるとおり、国連だって抑えきれない。
その切り札として、政府にコントロールされない市民が武装すべきだ、という考えがある。

434 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 22:12:18 ID:fdPAtwXH
>>411
昔、子供向けアニメ(小学3.4年くらい)のキャラクターが
国民が求めているのは善良で有能な独裁者だ、ってセリフを言っていた覚えがある。
ある島の国王だったんだけど、ようするに自戒を込めて使ってた。
逆に言えば、民主だ、多数決だっていう仕組み以前に、良いことをしよう、責任を持とう、
努力しようっていうメッセージとして伝えたかったんじゃなかろうか。

435 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 22:27:00 ID:4AqdJ3F2
逆から考えてあまり学級委員長(死語?)なんかやりたがらないでしょ。
やるからには見返りがないと。もちろん使命感というのもあるけど。
善良なる独裁政治なんて誰がやりたいと思う?
それこそ自己犠牲かロボットみたいな人しかできないよ。
要するに民主主義のほどほどさ加減が一番ましな政治なんだよね。

436 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 22:30:44 ID:4AqdJ3F2
↑独裁政治は私利私欲に走りやすいってことね。
もちろん民主主義でも起こりうるけど、まだ最後にどの人が一番ましかという国民の審判がまってる。

437 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/14 23:21:28 ID:L/ogqIen
民主主義は衆愚政治に走りやすいという危険がある。
特に現代のような情報化社会では、情報の信頼性を評価できる人間は少ない。
デマに流されて、政治判断を誤る危険性もある。

一番マシなのは、民主主義で制限選挙をすることだな。
そうすれば、宗教団体が組織票で当選することも少しは防げるだろう。

438 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 00:18:40 ID:ft/dGbrZ
漏れは独裁よりも衆愚政治の方が怖い。
独裁ならば独裁者を倒せばいいことだけど、衆愚はなぁ…。

439 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 00:30:55 ID:MqLcGna9
>>437
ネタなのかな……。
マジレスするけど、制限選挙で民主主義とは言えない。
宗教団体にも参政権はある。

>>438
独裁者を倒すって……かつてのイラクや北朝鮮でそれが出来た奴居ないじゃん。
日本の歴史でも、権力者を倒したのは権力者だし。
民衆が権力者から権力を奪った歴史なんてほとんどない。
衆愚政治よりも独裁政治に俺は恐怖を抱くよ。

440 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 01:14:52 ID:dOSdzGTa
すくなくとも独裁政治のもとでは、2ちゃんはできないな。

441 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 01:38:00 ID:7ALXqW/h
>>440
同意(w

442 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 03:02:23 ID:lDLV4FUB
>>440
アホか・・・・

443 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 03:05:59 ID:lDLV4FUB
結局昼間の>>393が一番まともだよな。彼は大人だった。

445 名前:日出づる処の名無し: sage 05/01/15 03:09:12 ID:a0Q1IMoX
>>443
同意。
「民主主義が一番マシなんです」という結論が先にあって、
それに合わせるために理屈捏ねている厨房はどうかと。
くだらねえガキどもだよ。

この記事のURL | ジャポニスム | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<民主主義と立憲君主制【後編】(part38スレ) | メイン | お弁当談義(part38スレ)>>
コメント
-  -
2010/11/12 09:06
 被支配者階級になるに決まってるだろ
体制が変わるような騒乱でのし上がれる実力があれば愚民の巣窟の現状のほうが良いところまで行けるんだからさ
 実力が無い上に勘違いしてる奴だけが体制批判をしてる訳じゃ無い。

 ただ、支配階層にはそれなりのレベルと実力を求める被支配者にはなるだろうね
(江戸時代の農民や商人のようにね)
 
2010/11/12 23:11  | URL | 2010/11/11 22:56 #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
民主主義を批判している人は、1人の例外も無しに
次の体制の支配者を自分にしている人です
2010/11/12 09:06  | URL | #6q1fnEqo[ 編集] |  ▲ top

-  -
もうすぐ表現の自由がない民主主義国家になりそうなんだが。
2010/11/12 06:24  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
民主主義は(国民や政治家とかが)手を抜いたらすぐに健全に機能しなくなる脆い制度って俺の恩師が言ってた

あ、あと民主主義は馬鹿が責任者(権力者)にならないって(有権者は馬鹿を見抜ける)前提で出来たシステムだから馬鹿がそれなりの地位になると暴走するとかも言ってたw
2010/11/11 23:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
 民主主義なんて糞の役にもたたんものだよ
何か他の体制から変わった初期だけで後は衆愚政治へ移行していくだけの実にくだらない体制

 今の老人、中年を見てそう思わんかね?
人とは自分で自分を律しきれるものでは無いし、自分を律しきれてない人の影響を排除しきれるものでもない。
 まぁ、民主主義と言うより基本的人権が猛毒だと言うべきではあるが基本的人権の無い民主主義も考え難いだろうからね。

 
2010/11/11 22:56  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

-  -
政治家は主義の実現につながらなくても、その何倍も現実の問題に対処していかなければならないのに…
2010/11/11 20:36  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://japonism2ch.blog57.fc2.com/tb.php/238-f73263b4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。